現在地

山本 英弘(ヤマモト ヒデヒロ; Yamamoto, Hidehiro)

研究者情報全体を表示

会議発表等
  • Preliminary Analysis of the First-Ever Nationwide Survey of Neighborhood Associations in Japan: Part of the JIGS Project
    山本 英弘; Pekkanen Robert; 辻中 豊
    The 49th Annual Meeting of the International Studies Association/2008-03-26
  • NPO法人の活動志向性-NPO法人全国調査データの分析-
    山本 英弘
    第80回日本社会学会大会/2007-10
  • 市民社会団体の活動目的
    山本 英弘
    第54回東北社会学会大会/2007-07
  • Preliminary Analysis of the First-Ever Nationwide Survey of Neighborhood Associations in Japan: Part of the JIGS Project
    山本 英弘; Pekkanen Robert
    The 59th Annual Meeting of the Associations for Asian Studies/2007-03-28
  • 日本の社会運動と公共世界:イラク戦争抗議活動参加者とインターネット
    山本 英弘
    第67回公共哲学京都フォーラム/2006-03
  • 社会運動の制度化プロセス:ゲーム理論的モデルに基づく住民運動の動態の解釈
    山本 英弘
    第78回日本社会学会大会/2005-10
  • 社会運動のイベント分析における『イシューリレーションアプローチ
    山本 英弘
    第78回日本社会学会大会/2005-10
  • 社会運動の制度化と政治的機会構造:ゲーム理論的モデルによる考察
    山本 英弘
    第39回数理社会学会大会/2005-03
  • 反戦デモ参加者の諸相:IPPS調査報告(3)
    山本 英弘
    第77回日本社会学会大会/2004-11
  • イラク戦争抗議デモへの参加理由:質問紙調査における自由回答項目の分析
    山本 英弘
    第38回数理社会学会大会/2004-09
  • 自由回答にみる反戦デモへの参加理由
    山本 英弘
    第51回東北社会学会大会/2004-07
  • Linking Local-Historical Memories to Global Movements: The “World Peace Now” Movement in Japan
    Yamamoto Hidehiro
    A Conference on the Global Protest of February 15, 2003 and the Movement against the War in Iraq./2003-03
  • 抗議サイクルの形成論理
    山本 英弘
    第34回数理社会学会大会/2002-09
  • 新制度学派アプローチによる社会運動研究の可能性:政治的要因に着目して
    山本 英弘
    第48回東北社会学会大会/2001-07
  • 社会運動戦術の規定因:社会運動イベントの計量分析
    山本 英弘
    第73回日本社会学会大会/2000-11
  • 社会運動の発生と政治的機会構造:宮城県における社会運動イベントの計量分析―
    山本 英弘; 渡邊勉
    第29回数理社会学会大会/2000-03
  • 社会運動のイベント分析:宮城県における社会運動の動態
    山本 英弘; 渡邊勉
    第72回日本社会学会大会/1999-10
  • 社会運動への政治的影響因(1):政治的機会構造論の検討
    山本 英弘; 渡邊勉
    第46回東北社会学会大会/1999-07
  • 社会運動への政治的影響因(2):政治的機会構造論の検討
    山本 英弘; 渡邊勉
    第46回東北社会学会大会/1999-07
  • 生活公害における組織の取り組み:脱スパイク 動を事例として
    山本 英弘
    第45回東北社会学会大会/1998-07