現在地

久武 幸司(ヒサタケ コウジ; Hisatake, Koji)

所属
医学医療系
職名
教授
URL
eメール
 
Fax
029-853-3929
研究分野
医化学一般
生物分子化学
研究キーワード
脂肪細胞
転写
遺伝子発現
クロマチン
転写制御機構
iPS細胞
再生医療
研究課題
Tcl1を利用したゲノム変異の少ないiPS細胞誘導方法の開発2017 -- 2018久武 幸司日本学術振興会/挑戦的研究(萌芽)6,370,000円
iPS細胞誘導過程でのKlf4による細胞形態と細胞機能のリプログラミング機構2017 -- 2020久武 幸司日本学術振興会/基盤研究(B)17,680,000円
iPS細胞誘導の初期段階での転写因子ネットワークの解析2013-04 -- 2016-03久武幸司日本学術振興会/日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(C)5,200,000円
新規コアクチベーターNF複合体の構成因子と制御機構の解析2010-04 -- 2013-03久武幸司日本学術振興会/基盤研究(C)4,580,000円
リン酸化酵素によるクロマチン修飾の制御機構の解明                2006 -- 2007久武幸司日本学術振興会/基盤研究(C)3,890,000円
新規コアクチベーターによる転写過程の包括的調節機構の解析            2006 -- 2007久武幸司文部科学省/特定領域研究8,700,000円
職歴
1991-04 -- 1994-03ロックフェラー大学 ポストドクトラル フェロー
1994-04 -- 1994-10ロックフェラー大学 ポストドクトラル アソシエート
1994-11 -- 2000-05埼玉医科大学 医学部 講師
2000-06 -- 2005-12埼玉医科大学 医学部 助教授
2006-01 -- 2011-09筑波大学 人間総合科学研究科 教授
2011-10 -- (現在)筑波大学 医学医療系 教授
学歴
-- 1985岡山大学 医学部 医学科卒業
-- 1991東京大学大学院 医学系研究科 第二基礎医学修了
取得学位
医学博士東京大学
所属学協会
2013-01 -- (現在)日本再生医療学会
2002 -- (現在)日本生化学会
1995 -- (現在)日本分子生物学会
2003 -- (現在)American Society for Biochemistry and Molecular Biology
論文
著書
  • 蛋白質解析法
    久武 幸司
    メディカルサイエンス遺伝子検査学, 2012-02
  • ヒストンのメチル化と転写調節
    福田 綾; 久武幸司
    生化学・社団法人 日本生化学会, 2007-04
  • c-fos 遺伝子の転写誘導時に起こるヒストンH3リン酸化の誘導機構
    嶋田美穂; 中太智義; 福田 綾; 久武幸司
    実験医学増刊 vol.25, No.10 羊土社, 2007-06
会議発表等
  • Klf4による多能性獲得はTcl1を介した代謝変化により起きる
    相澤 志穂; 西村 健; Nugroho Fransiska Liliani; 櫻木 佑...
    第17回日本再生医療学会総会/2018-03-22--2018-03-23
  • X染色体の再活性化をモデルとしたエピジェネティクス転写制御機構の解明
    相澤 志穂; Bui Phuong Linh; 西村 健; 久武幸司
    超異分野学会2018/2018-03-02--2018-03-03
  • Tcl1による代謝リプログラミングはiPS細胞の多能性を向上させる
    西村 健; 相澤 志穂; 櫻木 佑太; 林 洋平; 福田 綾; 久武...
    ConBio2017/2017-12-06--2017-12-09
  • iPS細胞誘導におけるX染色体再活性化機構の解析
    相澤 志穂; Bui Phuong Linh; 西村 健; 久武幸司
    ConBio2017/2017-12-06--2017-12-09
  • Mechanistic analysis of the initiation of retroviral gene silencing by reprogramming factors
    Linh Bui Phuong; Nishimura Ken; 久武幸司
    ConBio2017/2017-12-06--2017-12-09
  • Mechanistic analysis of the initiation of retroviral gene silencing by reprogramming factors
    Linh Bui Phuong; Nishimura Ken; Hisatake Koji
    The 6th Human Biology Symposium/2017-09-27--2017-09-27
  • Analysis of X Chromosome Reactivation During Reprogramming
    FUKUDA AYA; Yen Tran Thi Hai; YOHEI HAYASHI; KEN NISHIMUR...
    Tsukuba Global Science Week 2017/2017-09
  • UCP1発現脂肪細胞の非侵襲イメージング法の作製
    福田 綾; 本多志帆; 水野聖哉; 杉山文博; 岡松優子; 斉藤昌之...
    第40回日本分子生物学会年会/2017-12
  • Production of a non-invasive monitoring system of Uncoupling protein 1-expressing adipocytes
    FUKUDA AYA; HONDA SHIHO; SEIYA MIZUNO; FUMIHIRO SUGIYAMA;...
    Tsukuba Global Science Week 2017/2017-09
  • CARS spectral imaging of iPS cells~Toward visualization of pluripotency~
    米山弘亮; 瀬川尋貴; 西村 健; 福田綾; 久武幸司; 加納英明
    Taiwan International Symposium on Raman Spectroscopy/2014-06
  • Application of cytoplasmic RNA vector to mechanistic analysis of iPSC production and cell differentiation
    Nishimura Ken; T. Kato; D. Ayakawa; L. Oinam; E. Shiomits...
    The 1st National Taiwan University and University of Tsukuba (NTU-UT) Joint Faculty Conference/2014-02--2014-02
  • iPS細胞の多能性可視化に向けたCARS分光イメージング法の開発
    米山弘亮; 瀬川尋貴; 久武幸司; 福田綾; 西村 健; 加納英明
    平成26年度日本分光学会年次講演会/2014-05--2014-05
  • Manipulation of Klf4 expression produces snap shots of iPSC induction
    Nishimura Ken; T. Kato; L. Oinam; T. Narita; M. Ohtaka; A...
    CSHA/ISSCR Joint Meeting on Stem Cells in Science and Medicine/2013-10-14--2013-10-18
  • Manipulation of Klf4 expression produces paused iPSC stalling at distinct intermediate stages of reprogramming
    Nishimura Ken; T. Kato; L. Oinam; D. Ayakawa; M. Ohtaka; ...
    Keystone Symposia “Stem Cells and Reprogramming”/2014-04-06--2014-04-11
  • 初期化が途中で停止した細胞を用いたiPS細胞誘導過程の解析
    西村健; 加藤哲男; Oinam Lalhaba; 塩満鋭美; 成田孝仁; 大高...
    第13回日本再生医療学会総会/2014-03
  • Analysis of the Partially Reprogrammed iPS Cells
    Shiomitsu E; Nishimura K; Kato T; Oinam L; FUKUDA AYA; Ko...
    The 12th NTU-Japan International Student Mini-Symposium on Life Science/2013-12
  • iPS細胞誘導初期におけるメカニズム解析
    加藤哲男; 西村健; 塩満鋭美; 綾川大介; 福田 綾; 久武幸司
    第36回日本分子生物学会年会/2013-12
  • Klf4遺伝子発現量による初期化が途中で停止した細胞の誘導
    西村健; 加藤哲男; Oinam Lalhaba; 塩満鋭美; 成田孝仁; 大高...
    第36回日本分子生物学会年会/2013-12
  • Manipulation of Klf4 expression produces snap shots of iPSC induction
    FUKUDA AYA; Nishimura K; Kato T; Oinam L; Ohtaka M; Nakan...
    CSHAsia 2013 Conference on CSHA/ISSCR Joint Meeting on Stem Cells in Science and Medicine/2013-10
  • Regulated Induction of Partially Reprogrammed iPS Cells by SeVdp Vectors
    Hisatake K; Kato T; Oinam L; Narita T; Ohtaka M; FUKUDA A...
    Cold Spring Harbor Laboratory meeting on “Stem Cell Biology”/2013-09
  • SeVdpベクターを用いたiPS細胞の品質調節メカニズムの解析
    西村健; 成田孝仁; 大高真奈美; 高安聡子; 佐野将之; 福田 綾...
    第12回日本再生医療学会総会/2013-03
  • The RNA-binding protein complexes NF45/90 and NF45/110 activate c-fos transcription in a signal-dependent way
    Fukuda Aya; Nakadai Tomoyoshi; Shimada Miho; Nishimura Ke...
    第35回日本分子生物学会年会/2012-12-11--2012-12-14
  • QUALITY CONTROL OF IPS CELLS BY UNIQUE GENE TRANSFER SYSTEM
    Nishimura Ken; Ohtaka Manami; Takayasu Satoko; Sano Masay...
    International Society of Stem Cell Research 10th Annual Meeting/2012-06-13--2012-06-16
  • RNA工学とウイルス学の融合による簡便かつ高効率なiPS細胞樹立方法の確立
    西村 健; 大高 真奈美; 高安 聡子; 佐野 将之; 久武 幸司; 中...
    第34回日本分子生物学会年会/2011-12-13--2012-12-16
  • Heterogeneous nuclear ribonucleoprotein R (hnRNP R) cooperates with Mediator to enhance transcription reinitiation
    Fukuda Aya; Shimada Miho; Nakadai Tomoyoshi; Nishimura Ke...
    第34回日本分子生物学会年会/2011-12-15
知的財産権
  • 遺伝子改変非ヒト動物及びその使用
    福田 綾; HONDA SHIHO; KOJI HISATAKE
担当授業科目
2018-04 -- 2018-07基礎医学総論筑波大学
2018-04 -- 2018-07生化学特論筑波大学
2018-10 -- 2019-02医科学特別演習筑波大学
2018-10 -- 2019-02インターンシップI筑波大学
2018-10 -- 2019-02インターンシップII筑波大学
2018-10 -- 2019-02基礎医科学演習筑波大学
2018-10 -- 2019-02Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2018-04 -- 2018-08医科学特別演習筑波大学
2018-04 -- 2018-08インターンシップI筑波大学
2018-04 -- 2018-08インターンシップII筑波大学
学協会等委員
2006 -- (現在)日本生化学会評議員

(最終更新日: 2018-11-15)