You are here

Kusaka Hiroyuki

Affiliation
Center for Computational Sciences
Official title
Professor
URL
Research fields
Meteorology/Physical oceanography/Hydrology
Research keywords
Urban climate
Mountain meteorology
Numerical simulation
Climate in the Southeast Asia
Global warming
Research projects
気候変動に伴う都市災害への適応2019 -- 2021-03日下博幸環境省/環境研究総合推進費39,000,000Yen
領域気象モデルを活用した農地動態の広域熱環境への影響評価2019 -- 2020-03丸山篤志独立行政法人日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(B)1,300,000Yen
統合粒子モデル開発による水物質を介した気象変化と環境汚染の相乗効果の解明2019 -- 2023-03梶野瑞王独立行政法人日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(A)
発展途上諸国の急成長都市群におけるヒートアイランド現象の形成要因と将来予測2018 -- 2020-03村山祐司独立行政法人日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(B)/1,755,000Yen
極端気象予測を拓くビッグデータ機械学習基盤の研究2017 -- 2020-03建部修見独立行政法人日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(B)/600,000Yen
都市大気環境におけるトレードオフの推計と機構解明2017-11 -- 2019-03常松展充独立行政法人日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(B)/1,092,000Yen
地域適応コンソーシアム事業2017-10 -- 2020-03日下博幸環境省/受託研究:地域適応コンソーシアム事業/10,453,796Yen
東京首都圏における夏季ヒートアイランドと熱的低気圧・局地的豪雨の発生要因解明2013-04 -- 2017-03三上岳彦独立行政法人日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(A)2,000,000Yen
気候変動の影響評価等技術の開発に関する研究2015-12 -- 2020-03日下博幸文部科学省/出資金による受託研究/気候変動適応技術社会実装プログラム(SI-CAT)19,797,620Yen
電力系統出力変動対応技術研究開発/風力発電予測・制御高度化2014-06 -- 2019-02荻本和彦(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)/出資金による受託研究/電力系統出力変動対応技術研究開発事業163,421,000Yen
Career history
1997-04 -- 2001-06Central Research Institute of Electric Power Industry Research Associate
2001-07 -- 2006-04Central Research Institute of Electric Power Industry (CRIEPI) Research scientist
2006-05 -- 2011-01University of Tsukuba Assistant Professor
2011-02 -- 2016-10University of Tsukuba Associate Professor
2016-11 -- (current)University of Tsukuba Professor
Academic background
1991-04 -- 1995-03University of Tsukuba First Cluster of College GeoscienceGraduated
1995-04 -- 1997-03University of Tsukuba Graduate School, Division of Environmental ScienceCompleted
Degree
PhD in ScienceUniversity of Tsukuba
Licenses and qualifications
第二級陸上特殊無線技士
Academic societies
2018-01 -- (current)日本風力エネルギー学会
2009-04 -- (current)ARCHITECTURAL INSTITUTE OF JAPAN
2006 -- (current)Japanese Study Group for Climate Impact and Application
2005-07 -- (current)日本ヒートアイランド学会
2004-09 -- (current)THE ASSOCIATION JAPANESE GEOGRAPHERS
1995-05 -- (current)METEOROLOGICAL SOCIETY OF JAPAN
1998 -- (current)国際都市気候学会
2009 -- 2015-12THE JAPAN SOCIETY OF FLUID MECHANICS
Honors & Awards
2018-10第57回日本生気象学会.若手・学生発表コンテスト「優秀賞」熱中症患者搬送者数予測モデルのための温熱要素の調査
2018-09大気環境学会 平成30年度最優秀論文賞野焼き発生の時間分布調査および稲作残渣野焼きによる大気汚染物質排出量の日変動推計
2014-06数値風工学に関する国際シンポジウム 2014 ポスター賞Mechanisms of foehn wind and a recent record-breaking high temperature in the Tokyo metropolitan area using the WRF model
2013-11第52回日本生気象学会2大会.若手・学生発表コンテスト「優秀賞」日本における暑熱指標WBGT の地域特性と将来予測
2013-07日本ヒートアイランド学会 第8回全国大会 アカデミックセッション ベストポスター賞首都圏で発生した極端高温とフェーンのメカニズム 2011年6月24日の事例解析
2008-08日本ヒートアイランド学会最優秀論文発表賞熊谷猛暑の形成メカニズム -2007年8月16日の事例解析
Articles
Books
  • 日本気候百科
    日下 博幸; 藤部文昭
    丸善出版, 2018-01
  • 気候変動の事典
    山川修治; 常盤勝美; 渡来靖; 日下 博幸; 他79名
    気候変動の事典, 朝倉書店, pp.46-51, 2017-12
  • 見えない大気を見る
    日下 博幸
    くもん出版, 2016-11
  • 高等学校新地理A 指導資料
    日下 博幸
    高等学校新地理A 指導資料, 帝国書院, 2017-03
  • ヒートアイランドと風 -都市が風を変えるー
    日下 博幸
    ヒートアイランドの事典 -仕組みを知り、対策を図るー, 朝倉書店, pp.38-39, 2015-06
  • ヒートアイランド現象の定義 -熱の島、ヒートアイランドー
    日下 博幸
    ヒートアイランドの事典 -仕組みを知り、対策を図るー, 朝倉書店, pp.2-3, 2015-06
  • ヒートアイランドの事典 -仕組みを知り、対策を図るー
    日下 博幸
    ヒートアイランドの事典 -仕組みを知り、対策を図るー, 朝倉書店, 2015-06
  • 理科好きな子に育つふしぎのお話365-見てみよう、やってみよう、さわってみよう体験型読み聞かせブック-.
    日下 博幸
    誠文堂新光社, 2015-02
  • コラム 10 地球温暖化と都市のヒートアイランド
    日下 博幸
    地球温暖化‐そのメカイズムと不確実性‐., 朝倉書店, pp.96-96, 2014-12
  • 学んでみると気候学はおもしろい
    日下 博幸
    2013-08
  • Formation Mechanism of Urban Heat Island: Numerical Study on Flow and Heat Budget
    日下 博幸
    2002-7
  • 二つの温暖化
    日下 博幸
    2012-03
  • 地球環境学
    日下 博幸
    2007-04
  • 局地気象学
    日下 博幸
    2004
  • 都市環境学事典
    日下博幸・木村富士男; +日下 博幸
    朝倉書店, 1998-10
  • 局地気象学
    堀口郁夫・小林哲夫・塚本修・森牧人・松島大・桑形恒夫・黒...
    森北出版, 2004-11
  • 地球学シリーズ1 地球環境学 地球環境を調査・分析・診断するための30章
    浅沼順・植田宏昭・上野健一・恩田裕一・木村富士男・日下博...
    古今書院, 2007-04
  • Encyclopedia of Geography
    Kusaka; H. et al; +日下 博幸
    Sage Publications, Inc, 2010-09
  • 地球学シリーズ3 地球学調査・解析の基礎
    上野健一; 久田健一郎; +日下 博幸; 田中博; 山中勤; 若狭幸;...
    古今書院, 2011-04
  • 気象研究ノート第224号「都市の気象と気候」
    神田学・藤部文昭・近藤純正・亀卦川幸浩・大原利眞・森野悠...
    日本気象学会, 2012-02
  • シミュレーション辞典
    日下博幸; 相澤りえ子; 浅田洋雄; 荒木敏弘; 石井克哉 その他...
    コロナ社, 2012-02
  • 二つの温暖化 -地球温暖化とヒートアイランド-
    甲斐憲次; 日下博幸; 井上元; 神沢博; 木本昌秀; 栗原弘一; ...
    成山堂書店, 2012-03
Conference, etc.
  • WRFによる過去30年の気象庁全球数値予報モデルと同等データ の作成
    植山 秀紀; 日下 博幸; 佐々木 華織
    日本農業気象学会75周年記念大会
  • 領域気象モデルによる農地の熱環境のシミュレーション-水田灌漑の影響評価
    丸山 篤志; 根岸 もも子; 佐々木 華織; 桑形 恒男; 大野 宏之...
    日本農業気象学会75周年記念大会
  • 暑熱影響評価のための温暖化ダウンスケーラの開発
    日下 博幸; 中野 美紀
    日本地理学会2017年春季学術大会
  • 局地風「空っ風」の形成 に対する山脈の曲部の効果
    西 暁史; 日下 博幸
    日本地理学会2017年春季学術大会
  • 統合的適応策―ヒートアイランド研究と緑地機能の研究の統合
    市橋 新; 常松展充; 日下 博幸
    日本地理学会2017年春季学術大会
  • Climatological study of channeling flow focused on surface geostrophic wind.
    Ryogo Sato; Hiroyuki Kusaka
    ICAM2019
  • Possible impact of urbanization on the surface air temperature in Sendai City in the past 150 years.
    Vitanova L. L; 日下 博幸
    日本気象学会2019年度春季大会
  • 東南アジアの急発展する大都市の気候の将来予測:ホーチミンシティ都市圏を対象として
    Doan Q. V.; 日下 博幸
    日本地球惑星科学連合2018年大会
  • Study on the urban heat island in Sofia City: Numerical simulations with potential natural vegetation and present land use data.
    Vitanova L. L; 日下 博幸
    日本地球惑星科学連合2018年大会
  • Numerical Simulation of urban heat island in Sendai City with land use of the potential natural vegetation, 1850s and 2000s.
    Vitanova L. L; 日下 博幸
    日本地球惑星科学連合2017年大会
  • Impact of urbanization on the surface air temperature across Bulgaria.
    Vitanova L. L; 日下 博幸
    日本地球惑星科学連合2019年大会
  • DEVELOPMENT OF A WIND POWER RAMP FORECAST SYSTEM BY ASTATISTICAL AND METEOROLOGICAL APPROACH
    Okada Maki; Kusaka Hiroyuki; Ogasawara Norimitsu; Ichizaw...
    グランド再生可能エネルギー国際会議
  • Urban Heat Islands in the major Bulgarian cities
    Vitanova L. L; 日下 博幸
    2019年日本地理学会春季学術大会
  • Climatological study of south foehn in Japan: Dynamic, thermodynamic, or hybrid/scrambling type?
    Hiroyuki Kusaka
    The 35th International Conference on Alpine Meteorology(ICAM)
  • Contributions of Foehn winds and Urban Heat Island to the nocturnal Extreme High-Temperature Event in Niigata City, Japan.
    Nishi Akihumi; Hiroyuki Kusaka; Vitanova L. L.; Yuma Imai
    The 35th International Conference on Alpine Meteorology(ICAM)/2019-09-02--2019-09-06
  • Dynamical effect of topography of Aso caldera on “Matsubori-kaze”.
    Yuki Asano; Hiroyuki Kusaka
    The 35th International Conference on Alpine Meteorology(ICAM)/2019-09-02--2019-09-06
  • Climatological study of channeling flow focused on surface geostrophic wind.
    Ryogo Sato; Hiroyuki Kusaka
    The 35th International Conference on Alpine Meteorology(ICAM)/2019-09-02--2019-09-06
  • Climatological study of south foehn in Japan: Dynamic, thermodynamic, or hybrid/scrambling type?
    Hiroyuki Kusaka; Nishi Akihumi
    The 35th International Conference on Alpine Meteorology(ICAM)/2019-09-02--2019-09-06
  • Numerical Simulation of urban heat island in Sendai City with land use of the potential natural vegetation, 1850s and 2000s.
    Vitanova L. L; 日下 博幸
    日本地球惑星科学連合2017年大会/2017-05-20
  • Study on the urban heat island in Sofia City: Numerical simulations with potential natural vegetation and present land use data.
    Vitanova L. L; 日下 博幸
    日本地球惑星科学連合2018年大会/2018-05-21
  • Urban Heat Islands in the major Bulgarian cities.
    Vitanova L. L; 日下 博幸
    2019年日本地理学会春季学術大会/2019-03-21
  • Possible impact of urbanization on the surface air temperature in Sendai City in the past 150 years.
    Vitanova L. L; 日下 博幸
    日本気象学会2019年度春季大会/2019-05-15
  • Impact of urbanization on the surface air temperature across Bulgaria.
    Vitanova L. L; 日下 博幸
    日本地球惑星科学連合2019年大会/2019-05-26
  • How to project future climate by dynamical downscaling method?
    日下 博幸
    Climate Change Downscaler Training Workshop/2018-02-16--2018-02-16
  • How to project future climate by dynamical downscaling method?
    日下 博幸
    Climate Change Downscaler Training Workshop/2019-06-03--2019-06-03
Teaching
2019-10 -- 2020-02Internship AUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Internship AUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Graduation Research AUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Internship BUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Internship BUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Research Seminar AUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Internship Program in GeoscienceUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Internship Program in GeoscienceUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Thesis Seminar in Environmental Sciences 1F [Japanese]University of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Seminar in Environmental Sciences 1S [Japanese]University of Tsukuba.
Other educational activities
2019-06 -- 2019-06Climate change Downscaler Training Workshop学外
2016-03 -- 2017-03気象大学校 非常勤講師学外
2014-04 -- 2015-03気象大学校 非常勤講師学外
2018-02 -- 2018-02Climate change Downscaler Training Workshop学外
2018-04 -- 2019-03気象大学校 非常勤講師学外
2017-12 -- 2017-12スリランカ気象局でのWRF講義・研修 講師学外
2017-06 -- 2017-06清真学園高等学校・中学校 清真スーパーセミナー 講師学外
2016-06 -- 2016-06清真学園高等学校・中学校 清真スーパーセミナー 講師学外
2017-07 -- 2017-09ひたちなか市民大学 講師学外
2017-04 -- 2017-09名古屋大学 非常勤講師学外
Talks
  • 気候変動がもたらす暑熱環境の将来変化とその影響について ―暑さに対して私たちはどう適応していくべきか
    日下 博幸
    いばらきエコスタイルセミナー/2018-11-29
  • 見えない天気を見る,身近な天気から、未来の天候まで
    日下 博幸
    きのえね会/2018-12-03
  • 温暖化ダウンスケーラの開発と長野県への適用に関する研究会
    日下 博幸
    温暖化ダウンスケーラの開発と長野県への適用に関する研究会/2011-8-26
  • Developing Large Eddy Simulation (LES) model for urban meteorology
    日下 博幸
    2017 CCS-EPCC Workshop/2017-12-07--2017-12-08
  • 暑熱適応策への取り組み2 -地理分野における実践ツール開発
    日下 博幸
    第 6 回都市環境デザインフォーラム/2017-11-20--2017-11-20
  • Thermal Environment at the Time of Global Warming: Urban Heat lsland and Foehn Phenomenon.
    日下 博幸
    TGSW2017/2017-09-25--2017-09-27
  • スーパーコンピュータが拓く都市気象研究の最前線
    日下 博幸
    知の拠点セミナー/2017-08-25--2018-08-25
  • 適応策としてのヒートアイランド対策
    Kusaka Hiroyuki
    セミナー「地球温暖化への適応に向けて 都市生活分野(ヒートアイランド・暑熱)」/2016-10-12--2016-10-12
  • Climate change Downscaler Training Workshop
    Kusaka Hiroyuki
    Seminar/2016-02-16--2016-02-16
  • Climate change and its impact on big city
    Kusaka Hiroyuki
    Seminar on climate change impact projection and spatial planning/2015-05-29--2015-05-29
  • Climate change and its impact on big city
    Kusaka Hiroyuki
    Seminar on climate change impact projection and spatial planning/2015-06-03--2015-06-03
  • ヒートアイランドによる都市の気候変動
    日下 博幸
    特定非営利活動法人 科学工学技術委員会 特別講演会/2013-4-21
  • Development of a LES Model for Urban Areas
    日下博幸
    第六回日独都市気候会議/2012-09-23
  • 熊谷市で記録した日本最高気温のメカニズム
    日下博幸
    熊谷地方気象台談話会/2013-01-16
  • Numerical simulation across the regional scale, LES to RCM (招待講演)
    日下博幸
    台湾気象局ワークショップ/2013-01-29
  • H23年度T2K-tsukuba, PACS-CS利用による成果報告 H24年度T2K-tsukuba中間報告を兼ねた報告
    日下博幸
    第4回「学際計算科学による新たな知の発見・統合・創出」/2012-10-25
  • 数値モデルによる都市気候・局地気候の解明: WRFの特徴と適用範囲 (招待講演)
    日下博幸
    一般財団法人日本気象協会・技術研究会/2012-09-26
  • S8-1(2) 温暖化ダウンスケーラの開発とその実用化
    日下博幸
    環境省S8プロジェクト・第1回全体アドバイザリー会合/2010-07-07
  • 都市気候研究に関する2010年度の取り組み
    日下博幸
    筑波大学 計算科学研究センター 平成22年度年次報告会/2011-02-28
  • S8-1(2) 温暖化ダウンスケーラの開発とその実用化
    日下博幸
    環境省S8プロジェクト・第3回全体アドバイザリー会合/2011-10-26
  • 温暖化予測評価のためのマルチモデルアンサンブルとダウンスケーリングの研究
    日下博幸
    環境省S5プロジェクト・アドバイザリー会合/2011-09-05
  • S8-1(2) 温暖化ダウンスケーラの開発とその実用化
    日下博幸
    環境省S8プロジェクト・第2回サブ課題代表者会合/2011-07-06
  • S8-1(2) 温暖化ダウンスケーラの開発とその実用化
    日下博幸
    環境省S8プロジェクト・第4回全体アドバイザリー会合/2012-02-27
  • 環境省平成22年度地球環境研究総合推進費新規課題ヒアリング
    日下博幸
    環境省平成22年度地球環境研究総合推進費新規課題ヒアリング/2010-02-03
  • S5-3 都市モデルグループ2011年度の成果報告
    日下博幸
    環境省S5プロジェクト・アドバイザリー会合/2012-03-22
Professional activities
2018-07 -- (current)National Institute for Environmental Studies気候変動適応情報プラットフォーム構築ワーキングループ/委員
2017-06 -- (current)気象業務支援センターオリンピック・パラリンピック暑熱環境測定等検討委員会/委員
2017-05 -- 2019-05東京都環境局東京都環境影響評価審議会/委員
2016-04 -- (current)日本気象協会洋上風況観測システム及び洋上風況推定に関する検討会/委員
2015-04 -- (current)Science Council of Japan自然地理学環境防災小委員会/委員
2011-04 -- (current)日本エンパワーメントコンソーシアム熱中症声かけプロジェクト/実行委員
2012-10 -- (current)気象庁気候問題懇談会検討部会/委員
2012-01 -- (current)Japan Association for Wind Engineering査読委員
2010 -- (current)METEOROLOGICAL SOCIETY OF JAPAN講演企画委員会/委員
2009-04 -- (current)ARCHITECTURAL INSTITUTE OF JAPAN都市気候モデリングワーキンググループ/委員
University Management
2019-04 -- (current)計算科学研究センター 地球環境研究部門主任
Other activities
2019-08 -- 2019-08オリンピックの暑さ対策に関連して、日下先生の都市気象予測の研究が紹介されました。
2019-08 -- 2019-08新潟の熱帯夜に関する研究成果が、2019年8月6日の毎日新聞(新潟県版)と新潟日報に掲載されました。
2019-07 -- 2019-07熊谷猛暑とフェーンの研究成果が、2019年7月29日の毎日新聞夕刊に掲載されました。
2019-07 -- 2019-07民間気象会社「ウェザーニューズ」と共同で行っている都市気象予測モデルの研究に関する内容が、2019年7月25日の読売新聞朝刊一面に掲載されました。
2019-06 -- 2019-06熊谷市の猛暑に関する研究成果の内容が、6月17日の中日新聞WEBに掲載されました。
2019-06 -- 2019-06熊谷市の猛暑に関する研究成果の内容が、6月17日の河北新報オンラインニュースに掲載されました。
-- (current)熊谷市の猛暑に関する研究成果の内容が、6月17日の福井新聞オンラインに掲載されました。
2019-06 -- 2019-06熊谷市の猛暑に関する研究成果の内容が、6月17日の千葉日報オンラインに掲載されました。
2019-06 -- 2019-06熊谷市の猛暑に関する研究成果の内容が、6月17日の産経新聞夕刊に掲載されました。
2019-06 -- 2019-06熊谷市の猛暑に関する研究成果の内容が、6月17日の日経新聞夕刊に掲載されました。
Message
We have been studying on the environmental problems and natural-disaster such as urban climate, local wind, and global warming, using a new numerical weather prediction model, WRF. We are very interested in the numerical modeling as well as the numerical simulation.

(Last updated: 2019-10-16)