Tsuruta Fuminori

Affiliation
Faculty of Life and Environmental Sciences
Official title
Assistant Professor
Research fields
Neurophysiology / General neuroscience
Molecular biology
Research keywords
synapse
microglia
astrocyte
developmental disorder
neuroinflammation
Research projects
HPRT1による性差特異的なミクログリア成熟の制御2022-01 -- 2022-12鶴田文憲公益財団法人 痛風・尿酸財団/600,000Yen
細胞外微小核によるミクログリア活性制御と創薬への応用2021-09 -- 2022-03鶴田文憲筑波大学/令和3年度シーディングプログラム5,000,000Yen
プリンヌクレオチド代謝による発達過程ミクログリアの形質制御 - HPRT1 変異はなぜレッシュナイハン症候群になるか? -2021-01 -- 2021-12Fuminori TsurutaGout and uric acid foundation of Japan/700,000Yen
非定型カドヘリンFat3を介したミクログリアによるシナプス制御2020-04 -- 2023-03鶴田文憲Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)3,400,000Yen
環境刺激による発達脳RNAスプライシングの制御2017 -- 2018鶴田文憲公益財団法人アステラス病態代謝研究会/研究助成2,000,000Yen
神経損傷の治療効果を改善させるためミクログリア活性阻害薬開発2017 -- 2018鶴田文憲T-CReDO/AMED橋渡し研究戦略的推進プログラム1,900,000Yen
Sparcl1/Hevinスプライシング変異体による発達期シナプス形成の制御機構2017 -- 2019鶴田文憲日本学術振興会/国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)15,210,000Yen
USP15による新規RNAプロセシング制御と神経疾患との関連2016 -- 2018鶴田文憲Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,810,000Yen
脊髄損傷の症状緩和を目指した創薬へのアプローチ2016-09 -- 2017-03鶴田文憲筑波大学 国際産学連携本部/つくば産学連携強化プロジェクト750,000Yen
脱ユビキチン化酵素USP15によるRNAスプライシング制御と神経筋疾患の関連性2013 -- (current)鶴田文憲内藤記念科学振興財団/内藤記念科学奨励金3,000,000Yen
more...
Career history
2019-02 -- 2019-03Stanford University School of MedicineDepartment of Psychiatry and Behavioral SciencesVisiting assistant professor
2018-04 -- 2018-11Duke University School of MedicineDepartment of Cell BiologyVisiting assistant professor
2009-10 -- (current)University of Tsukuba生命環境系助教
2004-09 -- 2009-08Stanford University School of MedicineDepartment of NeurobiologyPostdoctral fellow
2003-04 -- 2004-08東京大学分子細胞生物学研究所博士研究員
1998-04 -- 1999-12Mochida pharmaceutical Co., LTD.総合研究所研究員
Academic background
1992-04 -- 1996-03Tokyo Metropolitan University Faculty of Science 化学科
1996-04 -- 1998-03Tokyo Metropolitan University Graduate School, Division of Natural Science 化学専攻
2000-04 -- 2003-03The University of Tokyo Graduate School, Division of Engineering 化学生命工学専攻
Degree
2003-03博士(工学)The University of Tokyo
Academic societies
-- (current)American Society for Microbiology
2012-09 -- (current)THE JAPAN NEUROSCIENCE SOCIETY
2017-05 -- (current)Society for Neuroscience
2010-10 -- (current)日本分子生物学会
Articles
Books
  • USP15
    鶴田文憲; 金材炫; 千葉智樹
    脳内環境辞典/メディカル ドゥ/pp.142-143, 2017-3
Conference, etc.
  • プリン代謝による発達期ミクログリア成熟の制御
    照屋林一郎; 鶴田文憲
    第6回KTTライフサイエンス研究会/2022-05-28
  • 自閉症関連遺伝子Hevin変異体の機能解析
    武富巧; 鶴田文憲
    第6回KTTライフサイエンス研究会/2022-05-28
  • Propagation of Neuronal Micronuclei Regulates Microglial Diversity
    Tsuruta Fumnori
    Boston/online/2022-04-18--2022-04-20
  • アスコルビン酸噴霧による植物一過的タンパク質発現に おける壊死の抑制
    三浦 謙治; 野﨑 翔平; 金子 美華; 鶴田 文憲; 加藤 幸成
    日本農芸化学会2022年度京都大会/2022-03-15--2022-03-18
  • 発達過程におけるミクログリア成熟の制御
    鶴田 文憲
    TARA Biweekly Mixer/2022-01-07
  • HPRTの発現調節を介した新たなミクログリアの形態変化メカニズムの解明
    照屋林一郎; 岡島智美; 千葉智樹; 鶴田文憲
    第44回日本分子生物学会/2021-12-01--2021-12-03
  • 異常修飾SPARCL1は神経炎症の潜在的な起点である: 自閉症発症メカニズムの新たな可能性
    武富巧; 千葉智樹; 鶴田文憲
    第44回日本分子生物学会/2021-12-01--2021-12-03
  • Propagation of neuronal micronuclei regulates microglial diversity during brain development
    Tsuruta Fuminori; Yano Sarasa; Kubotani Hikari
    第44回日本分子生物学会/2021-12-01--2021-12-03
  • Prevention of necrosis caused by transient expression in Nicotiana benthamiana by applying high concentration of ascorbate
    Miura Kenji; Nosaki Shohei; Tsuruta Fuminori; Kaneko Mik...
    PMPAsia2021 The 2nd Asian Conference for Plant Made Pharmaceuticals/2021-11-09--2021-11-09
  • 神経細胞微小核伝搬による発達期ミクログリア多様性の制御
    鶴田文憲; 矢野更紗; 窪谷ひかり; 浅見奈都
    第94回日本生化学大会/2021-11-03--2021-11-05
  • Neuronal migration induces DNA damage in micronuclei
    Natsu Asami; Fuminori Tsuruta
    Tsukuba conference 2021/2021-09-21--2021-09-30
  • Abnormal modification of SPARCL1 is a potential clue to the neuroinflammation: implication forautism spectrum disorder
    Takumi Taketomi; Fuminori Tsuruta
    Tsukuba conference 2021/2021-09-21--2021-09-30
  • 発生脳における神経細胞由来微小核を介したミクログリアの性質制御
    矢野更紗; 窪谷ひかり; 秋山海大; 佐藤伴; 千葉智樹; 鶴田文憲
    第44回日本神経科学大会/2021-07-28--2021-07-31
  • プリン代謝経路はHPRTの発現調節によってミクログリアの形質を制御する
    照屋林一郎; 岡島智美; 千葉智樹; 鶴田文憲
    第44回日本神経科学大会/2021-07-28--2021-07-31
  • 非定型カドヘリンFat3によるニューロン-ミクログリア相互作用を介した神経回路形成の制御
    顧伊晨; 岡島智美; 鶴田文憲
    第44回日本神経科学大会/2021-07-28--2021-07-31
  • 異常修飾SPARCL1は神経炎症の潜在的な起点である
    武富巧; 濱田千晴; 千葉智樹; 鶴田文憲
    第44回日本神経科学大会/2021-07-28--2021-07-31
  • 神経由来微小核によるcGAS-STING 経路を介したミクログリアの活性制御メカニズムの解明
    窪谷ひかり; 矢野更紗; 千葉智樹; 鶴田文憲
    第44回日本神経科学大会/2021-07-28--2021-07-31
  • USP15は興奮性/抑制性シナプス のバランスと大脳皮質の層構造形成を制御する
    濱田 千晴; 武富 巧; 鶴田 文憲
    第44回日本神経科学大会/2021-07-28--2021-07-31
  • 発達過程において神経細胞のオートファジーはグリア細胞の活性制御に重要である
    秋山 海大; 矢野 更紗; 窪谷 ひかり; 佐藤伴; 千葉智樹; 鶴田 文憲
    第43回 日本分子生物学会/2020-12-02--2020-12-04
  • EFハンド機能欠損SPARCL1変異体は小胞体ストレスを誘導する: 自閉症発症メカニズムの新たな可能性
    武富 巧; 濱田 千晴; 佐藤 伴; 千葉 智樹; 鶴田 文憲
    第43回 日本分子生物学会/2020-12-02--2020-12-04
  • アストロサイトによる双極性障害関連遺伝子RBM3の発現制御機構の解明
    土屋 里緒; 中村 準之助; 佐藤 伴; 千葉 智樹; 鶴田 文憲
    第43回 日本分子生物学会/2020-12-02--2020-12-04
  • 発達過程における微小核を介した神経細胞―ミクログリア間の情報伝播
    矢野 更紗; 窪谷 ひかり; 佐藤 伴; 千葉 智樹; 鶴田 文憲
    第1回 脳科学サロン/2020-08-15
  • Usp15欠損により産生されるSparcl1変異体は小胞体ストレスを引き起こす:自閉症責任遺伝子との関連性
    武富 巧; 濱田 千晴; 佐藤 伴; 千葉 智樹; 鶴田 文憲
    第43回 日本神経科学大会/2020-07-29--2020-08-01
  • 脳構築時期におけるUSP15は興奮性シナプスと抑制性シナプスのバランスを制御する
    濱田 千晴; 中村 準之助; 佐藤 伴; 千葉 智樹; 鶴田 文憲
    第43回 日本神経科学大会/2020-07-29--2020-08-01
  • 神経活動依存的なミクログリア形質変化を制御する新規因子の探索
    顧 伊晨; 岡島 智美; 佐藤 伴; 千葉 智樹; 鶴田 文憲
    第43回 日本神経科学大会/2020-07-29--2020-08-01
  • more...
Intellectural property rights
  • 細胞死抑制剤及び細胞死抑制方法
    三浦 謙治; 鶴田文憲
Teaching
2021-04 -- 2021-08Seminar on Molecular and Cellular Biology AIUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Methodology on Molecular and Cellular Biology BIUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Methodology on Molecular and Cellular Biology AIUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Methodology on Molecular and Cellular Biology BIIUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Seminar on Molecular and Cellular Biology CIIUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Methodology on Molecular and Cellular Biology AIIUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Seminar on Molecular and Cellular Biology DIIUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Seminar on Molecular and Cellular Biology BIIUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Advanced International Research RotationUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Advanced International Research RotationUniversity of Tsukuba.
more...
University Management
2021-04 -- (current)生命環境学群英語プログラム運営委員
2014-04 -- (current)生物科学専攻国際化推進担当委員
2012-04 -- (current)生物科学専攻カリキュラム・FD委員
2014-04 -- (current)生物学類国際交流員
2021-04 -- (current)HBP運営委員
2013-04 -- (current)HBP教務委員
2013-04 -- (current)HBP広報委員
2012-04 -- (current)HBPサブネットワーク管理委員

(Last updated: 2022-08-12)