You are here

Miura Kenji

face
Affiliation
Faculty of Life and Environmental Sciences
Official title
Professor
ORCID
0000-0003-1262-2176
Sex
Male
URL
Email
 
Office
茨城県つくば市天王台1-1-1 筑波大学遺伝子実験センター220号室
Phone
029-853-6401
Fax
029-853-6401
Research fields
Plant molecular biology/Plant physiology
Applied molecular and cellular biology
Research keywords
植物生理学
植物分子生物学
植物バイオテクノロジー
Research projects
組織培養を経ないゲノム編集技術の開発と果菜類への適用2020 -- 2021三浦 謙治Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Challenging Research (Exploratory)6,500,000Yen
植物におけるタンパク質大量発現システムを用いた植物ホルモン大量生産系の確立2019 -- 2020三浦 謙治Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas7,540,000Yen
企業との共同研究2018-02 -- 2020-01三浦謙治化学会社/
SFNを標的としSCFFbxw7ユビキチンリガーゼ活性亢進を促す初期肺腺癌治療薬の開発2018-04 -- 2019-03柴綾筑波大学/共同研究実用化ブーストプロジェクト500,000Yen
バイオ産業・農業に貢献する精密ゲノム編集基盤技術の開発2018 -- 2022江面浩内閣府/戦略的イノベーション創造プログラム (スマートバイオ産業・農業基盤技術)
ゲノム編集技術等を用いた農水産物の画期的育種改良2014-10 -- 2019-03江面浩内閣府/戦略的イノベーション創出事業
カルモジュリン様タンパク質による低温時におけるカルシウム認識機構の解明2016 -- 2018三浦 謙治Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,940,000Yen
ヒストンSUMO化による転写調節機構の解明2016 -- 2017三浦 謙治Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas10,660,000Yen
MAPキナーゼによるICE1のリン酸化と低温シグナル伝達の調節2014 -- 2015三浦 謙治Japan Society for the Promotion of Science/若手研究(B)4,160,000Yen
植物にてタンパク質大量発現を実現させる基盤研究2014-06 -- 2016-03三浦謙治公益財団法人 旭硝子財団/2,000,000Yen
Career history
2014-04 -- 2016-03科学技術振興機構 研究開発戦略センター フェロー(兼務)
2001-04 -- 2002-03日本学術振興会 特別研究員(DC2)  (京都大学大学院農学研究科)
2002-04 -- 2002-11JSPS Postdoctoral Fellow
2002-11 -- 2003-03日本学術振興会 特別研究員(PD)  (Purdue University)
2003-04 -- 2007-03Purdue University Dept. Horticulture and Landscape Architecture Postdoctoral Research Associate
2007-04 -- 2008-01JSPS Postdoctoral Fellow for Research Abroad
2008-02 -- 2012-03University of Tsukuba (Grad. Life and Environmental Sciences Assistant Professor
2012-04 -- 2016-05筑波大学 生命環境系 准教授
2014-04 -- 2016-03科学技術振興機構 研究開発戦略センター 非常勤フェロー (兼務)
2016-06 -- (current)筑波大学 生命環境系 教授
Academic background
1993-04 -- 1997-03Kyoto University Faculty of Agriculture 農芸化学科Graduated
1997-04 -- 1999-03Kyoto University Graduate School, Division of AgricultureCompleted
1999-04 -- 2002-03Kyoto University Graduate School, Division of AgricultureCompleted
Degree
2002-03博士(農学)Kyoto University
Licenses and qualifications
2010-08-03有機溶剤作業主任者
2010-11-15特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
Academic societies
1999-01 -- (current)THE JAPANESE SOCIETY OF PLANT PHYSIOLOGISTS
2008-04 -- (current)JAPANESE SOCIETY FOR PLANT CELL AND MOLECULAR BIOLOGY
2000-04 -- (current)JAPAN SOCIETY FOR BIOSCIENCE, BIOTECHNOLOGY, AND AGROCHEMISTRY
2002-11 -- (current)American Society of Plant Biologists
2012 -- (current)THE BOTANICAL SOCIETY OF JAPAN
Honors & Awards
2020-09日本植物バイオテクノロジー学会技術賞植物における一過的タンパク質大量発現システムの確立
2014-08植物細胞分子生物学会奨励賞低温シグナル伝達機構の分子生物学的研究
2010三島海雲記念財団 平成22年度 学術研究奨励金
2012平成24年度稲盛財団研究助成
Refereed academic journal/Refereed international conference paper
Other articles
Books
  • 植物における一過的タンパク質発現システム ~「つくばシステム」の開発と応用展開~
    三浦 謙治
    クリーンテクノロジー, pp.33-35, 2020-11
  • 植物における低温ストレス応答とカルシウムチャネルMCAの役割
    三浦 謙治; 飯田 秀利
    Cryobiology and Cryotechnology, Japanese Society of Cryobiology and Cryotechnology, pp.45-50, 2020-01
  • 植物を使った医療用タンパク質生産技術の開発
    三浦 謙治
    医薬品モダリティの特許戦略と技術開発動向, 2019-05
  • 植物における一過的タンパク質大量発現系「つくばシステム」について
    三浦 謙治
    植物の生長調節, pp.77-81, 2019-06
  • 植物によるタンパク質高生産システムの開発
    三浦 謙治; 星川; 江面
    バイオサイエンスとインダストリー, pp.382-385, 2018-09
  • ゲノム編集技術のトマトへの応用
    有泉 亨; 伊藤 康博; 三浦 謙治; 江面 浩
    月刊アグリバイオ, pp.27-32, 2016-12
  • グリーンバイオ分野における研究開発の重要課題と統合的推進 ~イノベーション創出と持続可能な社会の形成へ向けて~
    永井良三; 齊藤知恵子; 三浦 謙治; 辻真博; 尾山宏次; 土井直...
    国立研究開発法人科学技術振興機構研究開発戦略センター, 2016-03
  • 研究開発の俯瞰報告書 ライフサイエンス・臨床医学分野
    浅島誠; 永井良三; 児山圭; 辻真博; 飛田浩之; 三浦 謙治; 峯...
    国立研究開発法人科学技術振興機構研究開発戦略センター, 2015-05
  • 俯瞰ワークショップ報告書 ライフサイエンス・臨床医学分野
    浅島誠; 永井良三; 児山圭; 辻真博; 飛田浩之; 三浦 謙治; 峯...
    国立研究開発法人科学技術振興機構研究開発戦略センター, 2015-03
  • 俯瞰ワークショップ報告書 ライフサイエンス・臨床医学分野 ~主にグリーンバイオ分野を中心に~
    浅島誠; 三浦 謙治; 辻真博; 児山圭; 飛田浩之; 峯畑昌道; 矢...
    国立研究開発法人科学技術振興機構研究開発戦略センター, 2015-03
  • サリチル酸による気孔閉鎖と乾燥耐性
    三浦 謙治; 村田芳行
    バイオサイエンスとインダストリー, pp.134-136, 2015-02
  • ICE1, a transcription factor involved in cold signaling and tolerance
    三浦 謙治
    Plant and Microbe Adaptations to Cold in a Changing World, 2013
  • 第9章「アグロインフィルトレーション」
    三浦 謙治; 岡部佳弘
    新しい植物育種技術を理解しよう –NBT (new plant breeding techniques)-, 2013
  • 第4章「オリゴヌクレオチド指定突然変異導入技術」
    三浦 謙治
    新しい植物育種技術を理解しよう –NBT (new plant breeding techniques)-, 2013
  • Cold signaling and cold response in plants
    Miura Kenji; Furumoto Tsuyoshi
    Cold signaling and cold response in plants, MDPI AG, pp.5312-5337, 2013-03
  • Nitrogen and Phosphorus Nutrition Under Salinity Stress
    Miura K.
    Ecophysiology and Responses of Plants under Salt Stress, Springer, 2013
  • Regulation of plant innate immunity by SUMO E3 ligase.
    Lee; J.; Miura; K.; Bressan; R.A.; Hasegawa; P.M.; ; Yun;...
    Plant Signaling Behavior, 2007-03
  • Sumoylation, a post-translational regulatory process in plants.
    Miura; K.; Jin; J.B.; ; Hasegawa; P.M.; +三浦 謙治
    Current Opinion in Plant Biology, 2007-10
  • Regulation of cold signaling by sumoylation of ICE1.
    Miura; K.; ; Hasegawa; P.M.; +三浦 謙治
    Plant Signaling Behavior, 2008-04
  • Sumoylation and abscisic acid signaling. 1176-1178
    Miura K.; Hasegawa P. M.
    Plant Signaling Behavior, 2009-01
  • Sumoylation and other ubiquitin-like post-translational modifications in plants
    Miura; K.; ; Hasegawa; P.M; +三浦 謙治
    Trends in Cell Biology, 2010-04
  • Cold-responsive gene regulation during cold acclimation in plants.
    Lissarre M.; Ohta M.; Sato A.; Miura K.
    Plant Signaling Behavior 948-952, 2010-06
  • Root architecture remodeling induced by phosphate starvation
    Sato A.; Miura K.
    Plant Signaling Behavior 1122-1126, 2011-08
  • Abiotic Stress and Role of Salicylic Acid in Plants
    Hara; M.; Furukawa; J.; Sato; A.; Mizoguchi; T.; Miura; K...
    Abiotic Stress Responses in Plants: Metabolism, Productivity, and Sustainability, Springer, p.235-251, 2012-01
  • Chapter 13. Abiotic stress and role of salicylic acid in plants
    M.Hara; J.Furukawa; A.Sato; T.Mizoguchi; K.Miura
    Abiotic stress responses in plants, P.Ahmad and M.N.V.Prasad Eds, Springer, 2012-01
Conference, etc.
  • 統合的アプローチによるブラシノステロイド遺伝子制御の実態解明
    野﨑 翔平; 光田 展隆; 坂本 真吾; 山上 あゆみ; 寺田 透; 徐...
    日本植物学会第85回大会/2021-09-16--2021-09-20
  • 硝酸存在下における遺伝子発現の正負の制御を介した根粒形成抑制
    野崎翔平; 西田 帆那; 三澤 文香; 伊藤 百代; 鈴木 孝征; 宮...
    日本植物学会第85回大会/2021-09-18--2021-09-20
  • Study on mechanism of gene regulation by brassinosteroid-responsive key transcription factors
    野﨑 翔平; 光田 展隆; 坂本 真吾; 山上 あゆみ; 寺田 透; 徐...
    第38回 日本植物バイオテクノロジー学会大会/2021-09-09--2021-09-11
  • Enhancement of heat and drought tolerance by tomato phytochrome A mutation
    Islam Abdellatif; 袁少澤; Na Renhu; 三浦 謙治
    第62回日本植物生理学会年会/2021-03-14--2021-03-14
  • Efficient base editing in tomato using a highly expressed transient system
    袁少澤; 川崎俊輔; Islam Abdellatif; 西田啓二; 近藤昭彦; ...
    第62回日本植物生理学会年会/2021-03-15--2021-03-15
  • RAPタグとタグ抗体PMab-2 抗体:植物細胞における検出、精製のためのタグシステム
    三浦 謙治; 野﨑 翔平; 金子美華; 加藤幸成
    第62回日本植物生理学会年会/2021-03-15--2021-03-15
  • 植物におけるタンパク質大量発現システムを用いた植物ホルモン大量生産系の確立
    三浦 謙治
    新学術領域研究 生物合成系の再設計による複雑骨格機能分子の革新的創成科学「生合成リデザイン」第九回公開シンポジウム/2020-11-14--2020-11-14
  • ルテイン合成酵素遺伝子の大量発現によるカロテノイド組成の改変
    水野晃希; 三浦 謙治; 竹田恵美
    日本植物学会第84回大会/2020-09-19--2020-09-21
  • ハナビシソウ花弁における新規カロテノイド生合成系の探索
    桐島拓也; 三浦 謙治; 眞岡考至; 佐藤文彦; 竹田恵美
    日本植物学会第84回大会/2020-09-19--2020-09-21
  • シラカバ花粉アレルゲン Bet v 1 のベンサミアナタバコ における大量発現
    三浦 謙治; 山田侑希; 木戸口正典; 矢田瑛; 中村貴子; 吉田英...
    日本農芸化学会2020年度大会/2020-03-28--2020-03-28
  • かいわれスプラウトのアグロインフィルトレーションを 用いる PLAT ドメイン含有タンパク質の抗昆虫活性の検討
    安田詢子; 秋野順治; 三浦 謙治; 北島佐紀人
    日本農芸化学会2020年度大会/2020-03-27--2020-03-27
  • 硫酸基転移酵素 LGS1 に触媒されるストリゴラクトン生合成経路
    依田彬義; 森愛美; 謝肖男; 米山香織; 三浦 謙治; 秋山康紀; ...
    第61回日本植物生理学会年会/2020-03-20--2020-03-20
  • Cold-induced degradation of PIF4 is mediated by ubiquitin E3 ligase HOS1 with ICE1 as a scaffold protein to regulate cold signaling
    Na Renhu; 奥田大貴; Taketo Ogawa; 壽崎拓哉; 古本強; 三浦 ...
    第61回日本植物生理学会年会/2020-03-20--2020-03-20
  • RAPタグとPMab-2 抗体:植物細胞においてタンパク質検出、精製タグシステム
    三浦 謙治; 吉田 英樹; 金子美華; 加藤幸成
    第61回日本植物生理学会年会/2020-03-20--2020-03-20
  • 作物ゲノム編集技術の汎用化
    三浦 謙治
    産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA)キックオフ/2019-12-20--2019-12-20
  • ベンサミアナタバコ一過的発現系を用いたブラシノステロイド生合成経路の解析
    野村 崇人; 謝 肖男; 大西利幸; 三浦 謙治
    植物化学調節学会第54回大会(鳥取)/2019-11-15--2019-11-15
  • Development of radish sprout as a new host plant for “Tsukuba System” agroinfiltration
    安田順子; 三浦 謙治; 北島佐紀人
    第37回日本植物細胞分子生物学会(京都)大会/2019-09-08
  • 植物における一過的タンパク質大量発現のための「つくばシステム」
    三浦 謙治; 星川 健; 江面浩
    第37回日本植物細胞分子生物学会(京都)大会/2019-09-08
  • 一過的タンパク質発現「つくばシステム」
    三浦 謙治
    第1回PMPs研究者情報交換会/2019-07-19
  • ”Tsukuba system” for recombinant protein expression system in plants
    Miura Kenji
    Symposium at National Taiwan University/2019-05-24--2019-05-24
  • ICE1-interacting proteins for regulation of cold signaling and cold tolerance in plants
    Miura Kenji
    Symposium at College of Life Sciences, National Taiwan University/2018-11-15--2018-11-15
  • アグロインフィルトレーションによる植物の乳液タンパク質の生産と抗昆虫活性の検討
    塩見祐生; 秋野順治; 三浦 謙治; Eric Hyrmeya Sayadogo; 北...
    日本農芸化学会2019年度東京大会/2019-03-26
  • 植物におけるタンパク質大量発現「つくばシステム」
    三浦 謙治; 星川 健; 山本剛史; 高岡美予; 江面 浩
    第60回日本植物生理学会年会/2019-03-14
  • PIF4 is a negative regulator in cold signaling
    Renhu Na; 奥田大樹; 野澤理恵子; 古本強; Miura Kenji
    第60回日本植物生理学会年会/2019-03-13
  • The optimization of single base editing technology by Target-AID in tomato
    嘉祥寺谷幸子; 西田敬二; 三浦 謙治; 近藤昭彦; 江面 浩; ...
    The 15th Japan Solanaceae Consortium JSOL2018/2018-10-19
Intellectural property rights
  • 細胞死抑制剤及び細胞死抑制方法
    三浦 謙治; 鶴田文憲
  • 植物細胞における発現システムとその利用
    三浦 謙治; 星川 健; 江面 浩
  • トマト植物のゲノムの改変方法
    江面 浩; 有泉 亨; 三浦 謙治; 嘉祥寺谷 幸子; 高山 真理子; ...
  • 植物細胞へのタンパク質の導入法
    沼田 圭司; 堀井 陽子; 吉積 毅; 出村 拓; 児玉 豊; 山本 卓;...
  • 活性化型リコンビナント花粉アレルゲンの作製と抗原特異的免疫療法への応用
    野口恵美子; 三浦謙治; 藤枝重治
Teaching
2021-04 -- 2021-08Seminar on Molecular and Cellular Biology AIUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Methodology on Molecular and Cellular Biology BIUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Seminar in Advanced Biological SciencesUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Methodology on Molecular and Cellular Biology AIUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Methodology on Molecular and Cellular Biology BIIUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Seminar on Molecular and Cellular Biology CIIUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Methodology on Molecular and Cellular Biology AIIUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Seminar on Molecular and Cellular Biology DIIUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Seminar on Molecular and Cellular Biology BIIUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02General Biology IUniversity of Tsukuba.
Other educational activities
2016-07 -- 2016-07遺伝子実験センター第1回高校生向け 植物遺伝子資源科学の最前線 「形質転換植物デザイン研究の最前線」
2014-09 -- 2014-09生物学類公開講座「植物の力を活かす」筑波大学生物学類
2013-04 -- 2013-08フランスボルドー第二大学、修士1年生の研究指導University of Tsukuba.
2010-01 -- 2010-05フランスボルドー第二大学、修士2年生の研究指導University of Tsukuba.
Talks
  • 低温シグナル伝達機構の分子生物学的研究
    三浦 謙治
    第32回日本植物細胞分子生物学会(盛岡)大会/2014-08-21
  • 低温シグナル伝達因子ICE1と相互作用するカルモジュリン様タンパク質の解析
    三浦 謙治
    第55回日本植物生理学会/2014-03-18
  • 基礎から応用へのつなぎとして ~筑波大学遺伝子実験センター共同研究拠点における研究状況~
    三浦 謙治
    生物系3共同研究拠点合同シンポジウム/2014-02-21
  • サリチル酸応答性XTHによる形態変化と細胞壁構造との関係について
    齋藤史織; 岩井 宏暁; 三浦 謙治
    新学術領域「植物の環境感覚」第4回若手の会/2013-10-21
  • 植物を用いた物質生産 ~花粉アレルゲンの大量調製~
    岡澤梨沙; 三浦 謙治
    新学術領域「植物の環境感覚」第4回若手の会/2013-10-21
  • 古に稽へて、今を照らす
    三浦 謙治
    新学術領域「植物の環境感覚」第4回若手の会 キャリア支援講演/2013-10-21
  • 植物における一過的タンパク質発現系とその利用
    三浦 謙治
    第31回日本植物細胞分子生物学会(札幌)大会 シンポジウム/2013-09-12
  • XTH20 and XTH19 directly controlled by ANAC071 are involved in the tissue reunion process in Arabidopsis cut inflorescence stem
    Weerasak Pitaksaringkarn; 朝比奈雅志; 三浦謙治; 松岡啓太;...
    第54回日本植物生理学会/2013-03-22
  • ICE1相互作用因子MYC67, 70, 71は低温シグナルの負の調節因子として働く
    太田賢; 佐藤愛子; 野澤理恵子; 岡和; 多田安臣; Jian-Kang Z...
    第54回日本植物生理学会/2013-03-23
  • ICE1依存的低温シグナリングとカルシウムセンシング
    芝勇人; 三浦謙治
    新学術領域「植物の環境感覚」第3回若手の会/2012-10-15
  • シロイヌナズナSUMO E3 ligase MMS21/HPY2とSIZ1の発生制御に関する機能分化
    石田喬志; 吉村美香; 三浦謙治; 杉本慶子
    日本植物学会第76回大会/2012-09-16
  • トマトICE1による低温耐性増強及び抗酸化物質の蓄積
    三浦謙治; 芝勇人; 佐藤文香; 太田賢; Seung Won Kang; 湯淺...
    第30回日本植物細胞分子生物学会(生駒)大会/2012-08-05
  • MYC-type transcription factors, interactors of ICE1, are negative regulators for cold signaling and tolerance in Arabidopsis
    Kenji Miura; Masaru Ohta; Aiko Sato
    Plant and Microbe Adaptations to the Cold (PMAC) 2012/2012-06-25
  • ICE1, a transcription factor, for cold tolerance and accumulation of antioxidants in plants
    Kenji Miura
    2nd China-Japan-Korea Young Researchers Workshop/2012-04-28
  • 低温シグナル伝達因子ICE1と相互作用するカルモジュリン様タンパク質の解析
    芝勇人; 中澤真知子; Mickael Lissarre; 三浦謙治
    The 1st International Symposium on Plant Environmental Sensing/2012-03-19
  • 低温シグナル伝達因子ICE1と相互作用するカルモジュリン様タンパク質の解析
    芝勇人; 中澤真知子; Mickael Lissarre; 三浦謙治
    第53回日本植物生理学会/2012-03-18
  • ICE1を中心とした低温シグナル伝達機構の解明
    三浦謙治; 太田賢; 芝勇人; 中澤真知子; Mickael Lissarre
    新学術領域「植物の環境感覚」第2回若手の会/2011-10-25
  • 低温シグナル伝達因子ICE1の活性化機構の解明
    芝勇人; 三浦謙治
    新学術領域「植物の環境感覚」第2回若手の会/2011-10-24
  • イオンバランス是正による塩蓄積型塩耐性植物の機構解明
    三浦謙治; 古川純
    公益財団法人ソルト・サイエンス研究財団、第23回助成研究発表会/2011-07-19
  • Regulatory mechanisms of ICE1 for cold signaling and tolerance
    Kenji Miura
    The 1st International Symposium on Plant Environmental Sensing/2012-03-20
  • Three MYC-type transcription factors, interactors of ICE1, negatively regulate cold signaling and tolerance
    佐藤愛子; 太田賢; Jian-Kang Zhu; Paul M. Hasegawa; 三浦謙治
    日本農芸化学会2011年大会/2010-03-27
  • シロイヌナズナの概日時計変異体lhy:cca1の花成遅延形質増強変異体の解析
    原美由紀; 宮田佳奈; Fort Antoine; 新沼協; 三浦謙治; 溝口剛
    第52回日本植物生理学会/2011-03-21
  • SIZ1におけるPHDドメインの役割及びSIZ1とサリチル酸の関連性
    三浦謙治
    第8回SUMO研究会/2010-11-26
  • Three MYC-type transcription factors, interactors of ICE1 negatively regulate cold signaling and tolerance
    Aiko Sato; Masaru Ohta; Jian-Kang Zhu; Paul M. Hasegawa; ...
    International Symposium on Cell Functions Mediated by Small Molecules/2010-11-08
  • Calmodulin-like CML10 regulates cold tolerance through interaction with the transcription factor ICE1 in Arabidopsis
    Machiko Nakazawa; Mickael Lissarre; Masaru Ohta; Michiyuk...
    International Symposium on Cell Functions Mediated by Small Molecules/2010-11-08
Professional activities
2016-04 -- 2020-03文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術予測センター(NISTEP)専門調査員
2021-09 -- (current)日本植物バイオテクノロジー学会代議員
2021-01 -- (current)International Journal of Molecular SciencesEditorial Board for Plant Molecular Sciences
2020-10 -- (current)Frontiers in Genome EditingReview Editor
2019-08 -- (current)Plant Physiology and BiochemistryEditorial Advisory Board
2020-01 -- 2021-12日本植物生理学会代議員
2014-04 -- 2016-03科学技術振興機構 研究開発戦略センター非常勤フェロー
2013-04 -- 2019-03JAPANESE SOCIETY FOR PLANT CELL AND MOLECULAR BIOLOGYキャリア支援・男女参画委員会
2008-04 -- (current)英文専門雑誌でのレフリー活動
2009-09 -- 2009-09筑波大学生物学類公開講座
University Management
2019-04 -- (current)Tsukuba-Plant Innovation Research CenterDeputy Director
2017-04 -- (current)つくば機能植物イノベーション研究センター 戦略推進室長
2020-04 -- (current)生物学学位プログラム サブリーダー生物学学位プログラム サブリーダー
2009-04 -- 2010-03「次代を担う若手大学人育成イニシアティブ」運営委員長、副委員長
2009-04 -- (current)最先端研究基盤事業「植物科学最先端研究拠点ネットワーク」機器受け入れ及び管理
2010-04 -- (current)遺伝子実験センター 全国共同利用・共同研究拠点「形質転換植物デザイン研究拠点」拠点第一部門受入教員
Other activities
2017-05 -- 2017-05研究体験(筑波大学附属高等学校2年生10名) 「植物を用いたタンパク質発現」
2015-05 -- 2015-05研究体験(筑波大学附属高等学校2年生7名) 「植物を用いたタンパク質発現」
2014-05 -- 2014-05研究体験(筑波大学附属高等学校2年生7名) 「植物を用いたタンパク質発現」
2013-05 -- 2013-05研究体験(筑波大学附属高等学校2年生5名) 「植物を用いたタンパク質発現」
Message
(1) Elucidation of molecular mechanisms for cold signaling and tolerance ICE is a transcription factor to control cold-regulated genes and cold tolerance. However, how ICE1 is regulated and cold sensor(s) have not been elucidated. To elucidate molecular mechanism, we isolated several interacting proteins of ICE1, including MYC transcription factors, kinases, and calcium-binding proteins. Characterization of these proteins for cold signaling and how these proteins regulate ICE1 are studied. (2) Production of allergens from plant tissues (collaboration with medical doctors) As a definitive therapy of pollen allergy, sublingual desensitization therapy attracts attention. However, under the present circumstances, an extraordinary labor is required for extraction of allergen to use for this purpose. The aim of this study is production of allergen and extraction of large quantities by using other plants.

(Last updated: 2021-09-11)