You are here

Takekoshi Kazuhiro

face
Affiliation
Faculty of Medicine
Official title
Professor
Birth date
1961-08
URL
Email
 
Office
B236
Fax
029-853-3389
Research fields
Applied health science
Human genetics
Sports science
Endocrinology
Sports science
Laboratory medicine
Research keywords
新規生理活性物質レナラーゼの研究
新しい運動マーカーcfDNAの研究
血液ドーピング(自己輸血ドーピング)検査法開発
アンチドーピング教育、とくにアスリートのゲノムリテラシー教育
遺伝子ドーピング(特に遺伝子編集)の検出法開発
アンチドーピング(特に遺伝子ドーピング)検査法開発
ナノテクを用いたPOCT構築
カテスタチンの多型を指標としたメタボリック症候群の分子診断法と新規治療法開発
臨床遺伝医学(特に褐色細胞腫の遺伝子診断、遺伝カウンセリング)
遺伝医学教育
Research projects
令和元年度ボストンCICを拠点とする“国際ユニコーン育成プログラム2019-10 -- 2019-11竹越一博University of Tsukuba/Internatinal Unicon program1,500,000Yen
日本学術振興会外国人研究者招聘事業2019-05 -- 2019-06竹越一博Japan Society of for the Promotion of Science/Invitation Fellowships: short term.Fellowship ID:S19026Department of Biotechnology, Indian Institution of Technology Madras, Pro150,000Yen
新規核酸バイオマーカー cfDNAのオーダーメイド運動処方への応用2019 -- 2021川上康Japan Society of for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)100,000Yen
リキッドバイオプシー(liquid biopsy)を応用した非侵襲的な遺伝子ドーピングの検出法開発 2017-04 -- 2018-03竹越一博筑波大学体育系/ARIHHP研究プロジェクト250,000Yen
ロボティックPOCT・アンチドーピングキャラバン構想2017-04 -- 2018-03清水論スポーツ庁/平成29年度ドーピング検査技術研究開発事業(筑波大分)4,600,000Yen
多彩な内分泌異常を生じる遺伝性疾患(多発性内分泌腫瘍症およびフォンヒッペル・リンドウ病)の実態把握と診療標準化の研究2016 -- 2017櫻井晃洋 札幌医科大学 医学部 遺伝医学Ministry of Health, Labour and Welfare/grant
レラナラーゼ多型を指標とした生活習慣病のオーダーメイド診断法・運動治療法の開発2017 -- 2019竹越 一博Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,940,000Yen
患者由来iPS細胞を用いたVHL病新規病態モデルの構築2017 -- 2019中村英二郎Japan Society of for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research (B)3,000,000Yen
NGSを用いた褐色細胞腫の遺伝的背景の解明-精密医療・先制医療を目指して2016 -- 2018川上康Japan Society of for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,940,000Yen
カテスタチンの多型を指標としたメタボリック症候群の分子診断法と新規治療法開発2014 -- 2016竹越 一博Japan Society for the Promotion of Science/基盤研究(C)4,940,000Yen
Career history
2001-06 -- 2002-04UCSD 文科省在外研究員
2012-10 -- (current)Univ of Tsukuba 教授
2004-04 -- 2012-09Univ of Tsukuba 准教授
1995-07 -- 2004-04Univ of Tsukuba 講師
1994-04 -- 1995-06Univ of Tsukuba
Academic background
1981-04 -- 1987-03Dokkyo University School of MedicineGraduated
1989-04 -- 1993-03獨協医科大学博士課程
1989-04 -- 1993Dokkyo University School of Medicine Graduate School, Division of Medicine 医学
Degree
医学博士獨協医科大学
Licenses and qualifications
1987-05医師免許
1994-05-01日本内科学会認定内科専門医
1998-05-01日本臨床検査医学会認定臨床検査専門医
2011-10-01臨床遺伝専門医
Academic societies
-- (current)THE JANPANESE SOCIETY OF INTERNAL MEDICINE
-- (current)THE JAPAN ENDOCRINE SOCIETY
-- (current)THE JAPAN SOCIETY FOR CLINICAL ABORATORY AUTOMATION
-- (current)JAPANESE SOCIETY OF LABORATORY MEDICINE
1994 -- (current)THE JAPAN SOCIETY OF HUMAN GENETICS
1997 -- (current)THE JAPANESE SOCIETY FOR FAMILIAL TUMORS
2007 -- (current)THE JAPANESE SOCIETY OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE
-- (current)日本心血管内分泌代謝学会
1998 -- (current)JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF OBESITY
2010 -- (current)The Japanese Pharmacological Society
Honors & Awards
2019-04コーニング ライフアンバサダー遺伝子ドーピング検出法開発
2009-02-06公益信託臨床検査医学研究振興基金
2008-02第8回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会 最優秀演題賞(一般の部)
2008-01山口内分泌疾患研究振興協会研究助成金
2006-10-13黒住医学研究振興財団 平成18年度(2007年)「第14回研究助成金」
2003-10日本臨床検査医学会学会賞(生命科学賞)
Articles
Books
  • 副腎髄質 1)発生・形態 2)構造・機能 3)カテコールアミン eコラム9褐色細胞腫の遺伝子診断
    竹越 一博
    朝倉内科学第11版, pp.1649-1655, 2017-03
  • 遺伝子ドーピングの現実性や新規検出法について 「ゲノム編集の3大インパクト 第3回」
    竹越 一博
    ニュートン, pp.64-65, 2018-02
  • M4臨床実習ガイドライン検体検査実習
    竹越 一博
    2002
  • 『わかりやすい内科学』第4版: 文光堂
    竹越 一博
    2012
  • 遺伝性パラガングリオーマ・褐色細胞腫症候群-): Roger D Klein, MD, JD, Ricardo V Lloyd, MD, PhD, William F Young, MD, MSc、hereditary paraganglioma-pheochromocytoma syndrome、
    竹越一博
    Gene Review Japan, 2008-10
  • クロモグラニンA, B, C(特集:広範囲 血液・尿化学検査,免疫学的検査)
    竹越一博
    日本臨床増刊号, 2010
  • 褐色細胞腫遺伝子解析(褐色細胞腫診断指針2010: 成瀬班)
    竹越一博; 櫻井晃洋
    「褐色細胞腫の実態調査と診療指針の作成」研究班編, 2010
  • 遺伝性褐色細胞腫の遺伝子診断、わが国の現状、その有用性と限界
    竹越一博; 児玉ひとみ; 緑川早苗; 新里寿美子; 磯部和正; 川...
    家族性腫瘍, 2010
  • 遺伝性褐色細胞腫・パラガングリオーマ症候群(特集;神経内分泌腫瘍-診断とトピックス-)、
    竹越一博; 新里寿美子; 星野雅也; 會田雄一; 磯部和正; 川上康
    病理と臨床、29号, 2011
  • 副腎腫瘍の血液・尿検査 (特集;内分泌腫瘍の基礎・臨床研究のアップデ-ト)
    竹越一博; 磯部和正; 川上康
    日本臨床増刊号, 2011
  • 遺伝性褐色細胞腫(家族性腫瘍研究-最近の話題から)
    櫻井晃洋; 竹越一博
    Biotherapy, 2011
  • 悪性褐色細胞腫・MEN -遺伝子診断に重きを置いて-(特集;内分泌疾患-診断と治療の進歩)、
    竹越一博; 川上康
    日本内科学会雑誌, 2012
  • 褐色細胞腫の遺伝子診断(特集;褐色細胞腫の診断と治療 -最近の進歩と今後の展開)
    竹越一博; 星野雅也; 川上康
    医学のあゆみ, 2012
  • 褐色細胞腫遺伝子解析の現状、褐色細胞腫診断マニュアル 改訂第2版 (成瀬光栄、平田結喜緒編)
    竹越一博; 櫻井晃洋:
    診断と治療社, 2012
  • 「褐色細胞腫の実態調査と診療指針の作成」研究班編
    竹越一博; 櫻井晃洋
    「褐色細胞腫の実態調査と診療指針の作成」研究班編, 2012
  • 中井利昭、竹越一博、磯部和正
    褐色細胞腫をめぐる最近の話題; +竹越 一博
    ホルモンと臨床, 1995-01
  • 多発性内分泌腺腫症(MEN).
    中井利昭; 竹越一博; 磯部和正.
    遺伝子診断実践ガイド. 初版. 東京:中外医学社,, 1995-01
  • 抗酸菌のDNA診断
    中井利昭; 竹越一博; 磯部和正; 澤畑辰男
    遺伝子診断実践ガイド. 初版. 東京:中外医学社, 1995-01
  • 副腎髄質
    中井利昭; 野村文夫; 竹越一博.
    Howanitz J H編、河野均也監訳. Laboratory Medicine -臨床検査の選択と解釈-. 初版. 東京:医歯薬出版, 1995-01
  • 下垂体後葉
    中井利昭; 野村文夫; 竹越一博
    Howanitz J H編、河野均也監訳. Laboratory Medicine -臨床検査の選択と解釈-. 初版. 東京:医歯薬出版, 1995-01
  • 褐色細胞腫
    中井利昭; 竹越一博
    赤沼安夫他編. -State of arts- 内分泌代謝疾患. 初版. 東京:医歯薬出版,, 1997-01
  • 副腎髄質・カテコ-ルアミン(図解ホルモンのすべて-分子生物学的観点から-)
    中井利昭; 竹越一博; 行正信康; 磯部和正
    ホルモンと臨床 春季増刊号, 1998-01
  • 多発性内分泌腺腫症2型の遺伝子解析(特集:分子内分泌).
    竹越一博; 中井利昭
    現代医療, 2000-01
  • 中井利昭. 多発性内分泌腺腫症(MEN).
    竹越一博 中井利昭.
    検査値のみかた. 改訂第2版. 東京:中外医学社, 2000-01
  • 内分泌疾患 -検査項目の選択と臨床検査の総合評価-
    中井利昭; 竹越一博.
    Medical Practice編集委員会編. 臨床検査ガイド2003-2004. 初版. 東京:文光堂,, 2002-01
Conference, etc.
  • 一過性運動における骨格筋レナラーゼの変化とそのメカニズム
    時野谷勝幸; 城本淳; 菅澤威仁; 吉田保子; 青木海; 中川嘉; ...
    第73回日本体力医学会大会/2018-09-07--2018-09-09
  • フルマラソンによる筋損傷,筋痛,後半の速度低下率における性差の影響
    石倉恵介; 時野谷勝幸; 本間花穂; 朝田翔太; 城本淳; 吉田保...
    第73回日本体力医学会大会/2018-09-07--2018-09-09
  • 運動とブラックジンジャーおよびβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸投与がサルコペニアに及ぼす影響
    今野雅生; 青木海; 城本淳; 時野谷勝幸; 本多克成; 阿部卓哉;...
    第73回日本体力医学会大会/2018-09-07--2018-09-09
  • Influence on renalase by acute exercise and its regulatory mechanism
    K Tokinoya; J Shiromoto; Y Yoshida; T Sugasawa; Ohmori Ha...
    23rd annual Congress of the European College of Sport Science/2018-07--2018-07
  • Habitual exercise suppresses aging-related muscle atrophy
    M Konno; K Aoki; J Shiromoto; K Tokinoya; K Honda; K Take...
    23rd annual Congress of the European College of Sport Science/2018-07-04--2018-07-07
  • ワンドロップで測定可能な血球分離機能を付属した血液分析カートリッジとポータブル分析デバイスの試作検討
    會田 雄一; 久慈 知明; 久慈 隆介; 永松 祐弥; 塩田 佳代子; ...
    第65回日本臨床検査医学会学術集会/2018-11-15--2018-11-18
  • 運動及びβ-ヒドロキシ-β-メチル酪酸とブラックジンジャー投与がサルコペニアに与える影響
    青木海; 今野雅生; 城本淳; 時野谷勝幸; 本多克成; 竹越一博;...
    日本農芸化学会2018年度(平成30年度)大会/2018-03-15--2018-03-19
  • 遺伝子を正しく知ろう
    竹越 一博
    竹園東中学講演会/2010-02-12
  • 遺伝を正しく知ろう
    竹越一博
    土浦日大 大学学部学科説明会 医学系統の部(中3、高1、高2)/2012-11-15
  •  Kappa-Opioid agonist (U-69593)のカテコ-ルアミン合成におよぼす効果
    竹越一博; 石井清朗; 川上 康; 磯部和正; 中井利昭.
    ____/2000
  • MENⅠ型患者における MEN1 遺伝子変異の検索.
    竹越一博; 八代享; 石井清朗; 川上康; 磯部和正; 中井利昭.
    ____/2000
  • レプチンの副腎髄質における直接効果の機序.
    竹越一博; 石井清朗; 磯部和正; 南木融; 野村文夫; 中井利昭
    ____/2000
  • 2 型AngⅡ受容体 (AT2-R)のカテコールアミン分泌・合成におよぼす効果.
    竹越一博; 石井清朗; 磯部和正; 南木融; 野村文夫; 中井利昭.
    ____/2000
  • AT1(1 型AngⅡ受容体)およびAT2(2 型AngⅡ受容体)のカテコールアミン合成におよぼす効果. 第74回内分泌学会学術総会
    竹越一博; 石井清朗; 川上康; 磯部和正; 中井利昭.
    ____/2001
  • レプチンは、PKC依存性にカテコ-ルアミン合成を刺激する
    竹越一博; 石井清朗; 川上康; 磯部和正; 中井利昭
    ____/2001
  • レプチンは、PKC依存性にカテコ-ルアミン合成を刺激する
    竹越一博; 石井清朗; 川上康; 磯部和正; 中井利昭
    ____/2001
  • AT1(1 型AngⅡ受容体)およびAT2(2 型AngⅡ受容体)の情報伝達系におよぼす効果
    竹越一博; 渋谷俊介; 磯部和正; 川上 康; 中井利昭
    ____/2002
  • Angiotensin (AngII) subtype-2 receptor (AT2) counter-regulates AngII subtype-1 receptor (AT1) in catecholamine synthesis in cultured porcine adrenal medullary chromaffin cells.
    Takekoshi K; Kawakami Y; Nakai T.
    ____/2002
  • Endothelin-1は、PKC依存性にカテコールアミン合成を刺激する
    竹越一博; 磯部和正; 渋谷俊介; 川上康; 中井利昭
    ____/2003
  • Prolactin-releasing peptide(PrRP)は、直接カテコールアミン分泌を刺激する.
    竹越一博; 南木融; 磯部和正; 渋谷俊介; 川上康.
    ____/2003
  • Prolactin-releasing peptide(PrRP)は、直接カテコールアミン分泌を刺激する
    竹越一博 南木融、磯部和正、渋谷俊介、川上康、中井利昭.
    ____/2003
  • Urocortinは、PC12細胞でPKA依存性にカテコールアミン合成を刺激する
    竹越一博; 福田敏之; 南木融; 福原美智子; 磯部和正; 川上康
    ____/2004
  • Prolactin-releasing peptide(PrRP)は、直接カテコールアミン合成も刺激する
    竹越一博; 南木融; 磯部和正; 渋谷俊介; 福田敏之; 福原美智...
    ____/2004
  • Prolactin-releasing peptide(PrRP)は、直接カテコールアミン合成も刺激する
    竹越一博; 南木融; 磯部和正; 渋谷俊介; 福田敏之; 福原美智...
    ____/2004
  • クロモグラニンA(CGA)を用いた交感神経活性の簡便な定量化への試み(第1報)
    竹越一博; 石島道邦; 磯部和正; 川上康; 大塚定徳.
    ____/2005
Works
  • 褐色細胞腫を考える会(褐色細胞腫患者会:及川信代表)協力医師(特に遺伝子診断)
    竹越 一博
  • 「特殊 最新遺伝子研究情報」褐色細胞腫を考える会News Letter Vol.5
    竹越 一博
  • 「褐色細胞腫を考える会の皆様への手紙」 褐色細胞腫を考える会News Letter Vol.9
    竹越 一博
Teaching
2019 -- 2019M6総括講義 検査医学 アンチドーピング筑波大学医学医療系
2019-10 -- 2020-02Advanced Exercise on Public HealthUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Advanced Exercise on Public HealthUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2019-12Genome MedicineUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Internship IUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Internship IUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2019-12Laboratory MedicineUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2019-12Basic Sports Medicine IUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-07Basic Sports Medicine IUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-07Introduction to Sports Medicine IUniversity of Tsukuba.
Other educational activities
2013 -- (current)遺伝医学の出前講義(土浦日大)
2011-11 -- 2011-11第2回医学教育ワークショップUniversity of Tsukuba.
2009 -- 2009クラス担任M4University of Tsukuba.
2009 -- 2009クラス担任 M3
2007-08 -- 2007-08平成19年度第2回CBTブラシュアップ専門部委員学外
2007-07 -- (current)臨床検査技師教育(検査デ-タの読み方について)University of Tsukuba.
2001 -- 2010獨協医科大学薬理学非常勤講師学外
1999 -- (current)M4・ M6 OSCE評価者University of Tsukuba.
Talks
  • Germline mutation in the SDHB in Japanese malignant pheochromocytomas.
    Takekoshi K; Isobe K; Kawakami Y:
    Second International Symposium on PHEOCHROMOCYTOMA(Queen's College Cambridge, UK)/2008-09-25
  • 褐色細胞腫最近の話題:遺伝子診断(SDHB変異)を中心に
    竹越一博
    特別講演、第12回日本内分泌病理学会学術総会/2008-09-24
  • 血中遊離メタネフリン測定法について
    竹越一博
    平成23年度厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「褐色細胞腫の診断及び治療法の推進に関する研究]/2011-07-03
  • Effects of Sunitinib on Catecholamine Synthesis, Secretion and Apoptosis in Pheochromocytoma PC12 Cells.
    .Takekoshi K; Saito Y; Tanaka Y; Aita Y; Ishii KA; Ikeda ...
    Third International Symposium on PHEOCHROMOCYTOMA(Paris, France), 2011/2011-09-28
  • SDHB変異による悪性褐色細胞腫の自験例
    竹越 一博; 磯部 和正; 鈴木 浩明; 高橋 昭光; 川井 紘一; 山...
    第8回日本内分泌学会関東甲信越支部学術集会(一般部門最優秀賞演題)/2008-02-04
  • 褐色細胞腫最近の新展開(遺伝子診断を中心に)
    竹越 一博:
    厚生労働省難治性疾患克服研究事業「褐色細胞腫の実態調査と研究指針作成」研究班、研究代表者:成瀬光栄(京都医療センタ-)分担研究者:岩崎泰正(高知医大)主宰/2009-11-16
  • 悪性褐色細胞腫の遺伝子診断(副腎疾患のトピックス)
    竹越 一博
    第22回日本内分泌外科学会総会/2012-06-18
  • 遺伝性褐色細胞腫の遺伝子解析 わが国の現状,その有用性と限界について(遺伝性褐色細胞腫:研究と診療の新たな展開)
    竹越一博; 磯部和正; 川上康; 櫻井晃洋:
    第15回日本家族性腫瘍学会学術集会/2009-06-15
  • 悪性褐色細胞腫の遺伝子診断(-悪性褐色細胞腫:診療各科の連帯を目指して)
    竹越一博; 児玉ひとみ; 緑川早苗; 新里寿美子; 磯部和正; 川...
    第22回日本内分泌外科学会総会/2010-06-18
  • 褐色細胞腫の遺伝子診断(-希少内分泌腫瘍症候群の症例登録について考える
    竹越一博
    平成22年度厚生労働科学研究費補助金がん研究開発費「全国登録に基づく希少内分泌腫瘍症候群の把握と治療の研究」/2010-11-20
  • 遺伝子診断における基本的なスタンスと“Knowledge is power”」
    竹越 一博
    褐色細胞腫を考える会(患者会)/2011-12-10
  • 遺伝子診断の基礎と応用(褐色細胞腫の遺伝子診断)
    竹越 一博
    いばらの会(獨協医科大学同窓会茨城支部)教育講演/2010-05-12
  • 「遺伝子診断の基礎と褐色細胞診断への応用」 -実地医科に必要な遺伝リテラシーとは‐
    竹越 一博
    つくば臨床研究会/2012-09-01
  • Pheochromocytoma, an update in Japan.
    Takekoshi K; Isobe K; Kawakami Y
    14th International Congress of Endocrinology March 26-30, 2010, KYOTO, Japan/2010-03-28
  •  HPPS
    竹越 一博
    第15回家族性腫瘍セミナー(MEN) 講師/2012-08-22
  • Germline Mutation in the SDHB in Japanese Malignant Pheochromocytomas
    竹越 一博
    Pheochromocytoma Conference 2007(NIH)/2007-09-28
  • Leptinは副腎髄質のカテコールアミン分泌および合成を直接刺激する
    竹越 一博
    第20回日本肥満学会ミニシンポジウム/1999-04-01
  • PAMP のTyrosine hydroxylaseおよびdopamine β-hydroxylase-mRNA発現におよぼす効果.
    竹越 一博
    第3回adrenomedullin研究会/1999-04-01
  • 悪性褐色細胞腫の遺伝子診断
    竹越 一博
    第11回日本心血管内分泌代謝学会総会、クリカルアワ-Ⅱ/2007-11-17
  • 褐色細胞腫の最近の話題-遺伝子異常を中心に-
    竹越 一博
    第6回茨城内分泌外科研究会/2006-03-25
  • 遺伝性褐色細胞腫(家族性内分泌腫瘍の基礎と臨床)
    竹越 一博
    第12回日本家族性腫瘍学会学術集会/2006-06-16
  • 遺伝子解析領域について
    成瀬光栄; +竹越 一博
    日本内分泌学会臨床重要課題、「悪性褐色細胞腫の実態と有効な診断、治療戦略の開発」検討委員会/2007-09-18
  • カテコールアミン:最近の進歩-生活習慣病の病態を中心に-
    竹越 一博
    シンポジウム:内分泌最近の話題. 第62回日本臨床検査医学会関東・甲信越支部例会./2005-05-25
  • 遺伝子マ-カ-は悪性診断に有用か
    竹越 一博
    悪性褐色細胞腫の診断と治療/2007-01-20
  • 遺伝性褐色細胞腫
    竹越 一博
    悪性褐色細胞腫 多施設共同研究 打ち合わせ会/2006-10-13
Professional activities
2013-04 -- 2014-09第4回国際褐色細胞腫・パラガングリオーマシンポジウムプログラム委員委員長
1993 -- (current)THE JANPANESE SOCIETY OF INTERNAL MEDICINE総合内科専門医
2000 -- (current)THE JAPAN ENDOCRINE SOCIETY代議員
-- (current)THE JAPAN SOCIETY FOR CLINICAL ABORATORY AUTOMATION評議員-
2008 -- (current)JAPANESE SOCIETY OF LABORATORY MEDICINE専門医
2011 -- (current)THE JAPAN SOCIETY OF HUMAN GENETICS臨床遺伝専門医
2004 -- (current)日本心血管内分泌代謝学会評議員
2008 -- (current)Japan Endocrine Pathology Society評議員
2000 -- (current)THE JAPAN ENDOCRINE SOCIETY代議員
1999 -- (current)日本臨床自動化学会評議委員
University Management
2012 -- (current)臨床研究倫理審査委員会専門委員
2011 -- (current)つくばi-Lab(検査センタ-)指導監督医
2011 -- (current)つくばi-Lab(検査センタ-)研究計画審査委員会
2012-12 -- (current)医学医療系評価支援委員
2012-12 -- (current)医学医療系運営委員
2013-04 -- (current)つくばi-Lab(検査センタ-)参事
2013-04 -- 2114-03スポーツ医学入試委員長
2013-04 -- (current)D棟P2管理責任者
Other activities
2019 -- 2019読売新聞2019年2月5日の科学欄「遺伝子ドーピング対応急げ:科学部 高田真之記者」で当研究室の遺伝子ドーピング検出法の研究活動が報道された。
2019-01 -- (current)褐色細胞腫の検査法である血中遊離メタネフリン測定法が2019年1月1日から保険収載されました。患者さんもこれで入院しての蓄尿の煩わしさから解放され、外来での検査スクリーニングが可能になります。
2018 -- 2018遺伝子ドーピングの現実性や新規検出法について 「ゲノム編集のインパクト 第3回」ニュートン, pp.64-65, 2018-02で竹越の遺伝子ドーピング検出法が特集されました。
-- (current)●患者会の褐色細胞腫を考える会(http://www.pheopara.com/index.html)のHPに血中遊離メタネフリン検査法は、好ましい新しい診断法として取り上げられています。 マスコミでも褐色細胞腫の遺伝子検査と血中遊離メタネフリン検査が取り上げられました。 ●竹越一博:エッ!あなたの高血圧は腫瘍(褐色細胞腫)が原因かも?、日刊ゲンダイ、6月29日号、15頁、2011 ●竹越一博:確定の難しい褐色細胞腫に血中遊離メタネフリン検査、週刊ポスト(医心伝心)、5月 6/13日号、113頁、2011 ●竹越一博:SDHB遺伝子変異を悪性化鑑別指標に据え遺伝子解析共同研究(特集;第22回日本内分泌外科学会)、メディカルトリビューン、43号、28-28頁、2010

(Last updated: 2019-10-21)