You are here

Nabekura Yoshiharu

Affiliation
Faculty of Health and Sport Sciences
Official title
Professor
URL
Research fields
Environmental physiology (including physical medicine and nutritional physiology)
Developmental mechanisms and the body works
Sports science
Applied health science
Research keywords
健康
体力
心拍数
正弦波負荷運動
マラソン
Research projects
マラソントレーニングにおける「高強度+持続走(ガチユル走)トレーニング」の効果2019 -- 2023鍋倉 賢治Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,290,000Yen
長距離ランナーのエネルギー節約に関わる能力の評価2015 -- 2018鍋倉 賢治Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,680,000Yen
health and fitness Science for active living -- (current)/
theory and practice of marathon -- (current)/
Changes in hemodynamics during prolonged exercise -- (current)/
中・長距離走におけるレース中の生理応答とパフォーマンスの関係2011 -- 2014Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)3,120,000Yen
正弦波負荷を用いた体力・健康評価法の開発  2004 -- 2006Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)3,500,000Yen
正弦波負荷を用いた体力・健康評価法の開発2003 -- (current)Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)3,500,000Yen
長距離走のペース配分に関する基礎的研究(2)1996 -- (current)Japan Society of for the Promotion of Science/奨励研究(A)1,000,000Yen
Academic background
-- 1986University of Tsukuba School of Health and Physical Education 体力学Graduated
-- 1991University of Tsukuba Graduate School, Division of Physical Fitness and Science 体育科学Completed
Degree
教育学博士
Academic societies
-- (current)JAPANESE ACADEMY OF SCIENCES IN WALKING
-- (current)Japan Society of Exercise and Sports Physiology
-- (current)JAPAN SOCIETY OF PHYSICAL EDUCATION,HEALTH AND SPORT SCIENCES
-- (current)THE JAPANESE SOCIETY OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE
Honors & Awards
2019-03-16平成30年度ランニング学会賞
2013-03第25回ランニング学会大会優秀発表賞
2012-03第24回ランニング学会大会優秀発表賞
2010-03第22回ランニング学会大会優秀発表賞
2009-03第21回ランニング学会大会優秀発表賞
2008-03第20回ランニング学会大会優秀発表賞
2007-03第19回ランニング学会大会優秀発表賞
2017-03-20平成28年度ランニング学会奨励賞
2018-04-01第30回ランニング学会大会優秀発表賞
2018-04-01平成29年度ランニング学会奨励賞
Articles
Books
  • 長く走れるようになるには?、エアロビクスはNASAが開発した?、マラソンランナーってすごい!
    鍋倉 賢治
    スポーツが得意な子に育つ楽しいお話し365, 誠文堂新光社, 2019-02
  • 大学での体育教育を対象とした実践研究
    鍋倉 賢治
    体育・スポーツ分野における実践研究の考え方と論文の書き方, 市村出版, pp.161-172, 2018-11
  • 続・マラソンランナーへの道 -より速くスマートに走り続けるため-
    鍋倉 賢治
    大修館書店, 2018-11
  • マラソンランナーへの道 -賢く走るための理論と実践-
    鍋倉 賢治
    大修館書店, 2018-02
  • ジョギング・LSDにはどのような効果があるのか?、持久力トレーニングには、LSDなどの他にどのようなものがあるのか?、朝練習は持久力改善に効果があるのか?、800mランナーには無酸素性の能力が必要なのか?、呼吸循環の基礎知識
    Nabekura Yoshiharu
    もっとなっとく使えるスポーツサイエンス, 講談社サイエンティフィク, p.10-11、12-14、15-16、17、168, 2017-04
  • マラソンの科学
    鍋倉賢治
    洋泉社MOOK, 2017
  • 身体機能の調節性-運動に対する応答を中心に-(共著)
    鍋倉賢治ほか; +鍋倉 賢治
    1997-01
  • 1時間走れればフルマラソンは完走できる
    鍋倉賢治
    学習研究社, 2007-11
  • ありそうでなかったマラソンの教科書
    鍋倉賢治
    ランナーズ, 2010-02
  • マラニックのススメ
    鍋倉賢治
    創文企画, 2010-03
  • 血中乳酸測定による有酸素-無酸素の変換期の評価
    鍋倉賢治(宮永豊監訳); +鍋倉 賢治
    西村書店, 2010-01
  • 楽しいランニングのススメ
    鍋倉賢治
    創文企画, 2011-04
  • ランニングリテラシー
    鍋倉賢治(ランニング学会編); +鍋倉 賢治
    大修館, 2011-08
  • フルマラソンのススメ
    鍋倉賢治(山西哲郎編); +鍋倉 賢治
    創文企画, 2012-04
Conference, etc.
  • 高強度+持続走(ガチユル走)トレーニングの提案
    鍋倉 賢治
    第31回ランニング学会/2019-03-15--2019-03-16
  • 個人内における日々の身体コンディションの変動が走の経済性に与える影響-短期間における事例的検討-
    鍋倉 賢治; 小川慶図; 村上諄
    第31回ランニング学会/2019-03-15--2019-03-16
  • 自転車運動が下肢の伸張-短縮サイクル遂行機能に及ぼす影響
    鍋倉 賢治; 白井祐介; 高橋啓悟; 青栁篤
    第31回ランニング学会/2019-03-15--2019-03-16
  • 高強度+持続走のトレーニング効果 第2報 -「ガチユル走」のトレーニング事例-
    鍋倉 賢治; 髙山史徳; 白井祐介; 高橋啓悟; 青栁篤; 辻俊樹; ...
    第31回ランニング学会/2019-03-15--2019-03-16
  • 初心者ランナーにおけるマラソンレースレースが2日後の左心室機能に及ぼす影響(前年度ランニング学会奨励賞講演)
    鍋倉 賢治; 髙山史徳; 森寿仁; 齊藤和人
    第31回ランニング学会/2019-03-15--2019-03-16
  • 中長距離ランナーの有酸素性能力と無酸素性能力を同時に評価する方法の検討(前年度学会優秀発表賞講演)
    鍋倉 賢治; 三津家貴也; 辻俊樹
    第31回ランニング学会/2019-03-15--2019-03-16
  • トライアスロンにおけるランニングパフォーマンスと有酸素性生理学的指標の関係 -Classic modelの3要因に着目して-
    鍋倉 賢治; 高橋啓悟; 青栁篤
    第8回JTUトライアスロン・パラトライアスロン研究会/2019-02-23--2019-02-23
  • 自転車運動後の下肢の伸張-短縮サイクル遂行機能低下とトレーニング特性との関係
    鍋倉 賢治; 高橋啓悟; 白井祐介; 青栁篤
    第8回JTUトライアスロン・パラトライアスロン研究会/2019-02-23--2019-02-23
  • 陸上競技中距離選手のトレーニングを心拍変動によって微調整する試み
    鍋倉 賢治; 三津家貴也; 髙山史徳
    NSCAジャパンS&Cカンファレンス2018/2019-01-26--2019-01-26
  • Measurement of maximal accumulated oxygen deficit in rowing
    Nabekura Yoshiharu; Shirai Yosuke; Hiura、M
    Rowing Sports Medicine and Science Conference 2018 & FISA Coaches Conference/2018-11-21--2018-11-23
  • 生涯スポーツとしてのノルディック・ウォーク
    鍋倉 賢治
    第7回日本ノルディック・ウォーク学会/2018-11-10--2018-11-10
  • The association between running economy and response of C-reactive protein to marathon running in college recreational runners
    Nabekura Yoshiharu; Takayama Fuminori; Aoyagi Atushi; Tak...
    23rd annual congress of ECSS/2018-07-04--2018-07-07
  • Distance running performance and high-intensity running economy in highly trained female distance runners
    Nabekura Yoshiharu; Tanji Fumiya
    23rd annual congress of ECSS/2018-07-04--2018-07-07
  • CHANGES IN SYSTOLIC AND DIASTOLIC TIME INTERVALS DURING PROLONGED EXERCISE (PART 3)
    鍋倉 賢治; 西保 岳; 本間 幸子; 池上 晴夫
    日本体力医学会
  • MEASUREMENT OF IEFT VENTRICUIAR EJECTION TIME UTIIIZING THE DERIVATIVE OF THE EAR DENSITOGRAM
    鍋倉 賢治; 西保 岳; 山田 由紀子; 池上 晴夫
    日本体力医学会
  • Systolic and diastolic time intervals during prolonged exercise
    鍋倉 賢治; 西保 岳; 権 五晟; 永井 純; 池上 晴夫
    日本体力医学会/1989-09--1989-09
  • 400m走における終盤の速度逓減に及ぼす無酸素性能力の影響
    吉岡利貢; 前村 公彦; 中垣浩平; 高松 薫; 鍋倉賢治
    第61回日本体力医学会大会/2006-09
  • 有酸素性および無酸素性能力からみた400m競技者の体力特性 ―個人差を考慮したトレーニングプログラムの構築に向け―
    前村 公彦; 吉岡利貢; 鍋倉賢治; 宮下 憲
    日本体育学会第60回大会/2009-08
  • 新時代を先導する体育・スポーツにおける実践的研究の構築に向けて
    中川昭; 松尾彰文; 松村勲; 高井洋平; 鍋倉賢治
    高度大学体育スポーツ指導者養成共同学位プログラムシンポジウム/2015-02-09
  • 魅力あるマラソン大会の創出「つくばマラソンの挑戦」
    鍋倉 賢治
    第30回ランニング学会/2018-04-01
  • 高強度+持続走のトレーニング効果~「ガチユル走」のトレーニング事例~
    鍋倉 賢治; 丹治史弥、嶋津航、髙山史徳、辻俊樹、三津家貴也
    第30回ランニング学会/2018-03-31
  • 市民ランナーのトレーニング強度とフルマラソンの自己ベスト達成率との関係性
    鍋倉 賢治; 中村和照
    第30回ランニング学会/2018-03-31
  • レーススピードがマラソンレース後の膝関節伸展と足関節底屈の最大筋力に及ぼす影響
    鍋倉 賢治; 髙山 史徳 青栁 篤、高橋 啓悟
    第30回ランニング学会/2018-03-31
  • 異なる走速度における走の経済性の評価に関する検討
    鍋倉 賢治; 青栁 篤、高橋 啓悟、髙山 史徳
    第30回ランニング学会/2018-03-31
  • 走の経済性に関与する要因の包括的検討 -解剖学、心理学、生理学およびバイオメカニクス要因に着目-
    鍋倉 賢治; 高橋 啓悟、青栁 篤、髙山 史徳
    第30回ランニング学会/2018-03-31
Teaching
2019-10 -- 2019-12Tsukuba Marathon IntermediateUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Phisical Education VbUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Practicum in Teaching Advanced Physical Education IIUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Phisical Education IVbUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2019-12Basic Physical Education Jog and walkUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2019-12Phisical Education VaUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-07Phisical Education VaUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Doctoral Dissertation Seminar IUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Doctoral Dissertation Seminar IUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-06Tsukuba Marathon IntermediateUniversity of Tsukuba.
Professional activities
2010 -- (current)日本ノルディックウォーキング協会理事
1998 -- (current)THE JAPANESE SOCIETY OF PHYSICAL FITNESS AND SPORTS MEDICINE評議員

(Last updated: 2019-06-03)