You are here

Hamano Jun

face
Affiliation
Faculty of Medicine
Official title
Assistant Professor
Research fields
General internal medicine (including psychosomatic medicine)
Research keywords
General Medicine, Family Medicine, Palliative Medicine, Home care
Research projects
在宅非がん高齢者における包括的な苦痛緩和の実態解明のための コホート研究2019-10 -- 2021-09浜野 淳三菱財団/社会福祉事業・研究助成金2,200,000Yen
在宅療養を実現可能にするための全国コホート研究:東アジアの文化・社会的視点から2019 -- 2021長岡 広香Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, Japan/科学研究費助成事業 基盤(C)4,160,000Yen
アドバンス・ケア・プランニングを始める時期が客観的にわかる方法の開発と効果の検証2019 -- 2022浜野 淳Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(B)15,210,000Yen
緩和ケア・アプローチの学習指針を用いた教育効果の検証2018-04 -- 2020-03稲葉崇Japan Primary Care Association/日本プライマリ・ケア連合学会研究助成 若手チーム研究800,000Yen
がん患者の突出痛治療における予防的オピオイドレスキュー効果の検討2018-04 -- 2021-03西島 薫Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, Japan/科学研究費助成事業 基盤(C)4,550,000Yen
地域包括ケアにおけるがん診療連携体制の構築に資する医療連携と機能分化に関する研究2017-04 -- 2019-03松本 禎久厚生労働省/厚生労働省科学研究費34,592,000Yen
総合診療医教育における緩和ケア領域の学習到達目標の作成2017-04 -- 2018-03濵野 淳Sasakawa Memorial Health Foundation/1,100,000Yen
非がん疾患の終末期医療の実態に関する調査2014-04 -- 2018-03濵野 淳公益財団法人 日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団//3,200,000Yen
人生の最終段階における医療のあり方に関する調査の手法開発及び分析に関する研究2016-04 -- 2019-03田宮菜奈子Health and Labour Sciences Research Grants/8,470,000Yen
適切な緩和ケア提供のための緩和ケアガイドブックの改定に関する研究2016-04 -- 2017-03小川朝生Health and Labour Sciences Research Grants/8,559,000Yen
Career history
2018-04 -- (current)筑波大学附属病院 病院教授
2016-10 -- (current)筑波大学附属病院 ISO・医療業務支援部 副部長
2016-07 -- (current)筑波大学 医学医療系 講師
2015-04 -- (current)筑波大学附属病院 医療情報経営戦略部 副部長
2015-04 -- (current)筑波大学附属病院 医療連携患者相談センター センター部長
2013-07 -- 2016-06筑波大学 医学医療系 診療講師
2013-04 -- 2013-06筑波大学附属病院 病院講師
2013-04 -- 2015-03筑波大学附属病院 医療連携患者相談センター 副センター部長
2007-04 -- 2013-03医療法人 恒貴会 大和クリニック 院長
2004-04 -- 2008-03筑波大学附属病院 総合医コース 後期レジデント
Academic background
1996-04 -- 2002-03筑波大学 医学専門学群Graduated
Degree
2016-05博士(医学)筑波大学
Licenses and qualifications
2011-09日本体育協会認定スポーツドクター
2011-06日本在宅医学会認定 在宅医療専門医・指導医
2010-03茨城県 身体障害者福祉法指定医
2008-07日本家庭医療学会 家庭医療指導医(現 日本プライマリ・ケア連合学会認定 家庭医療指導医)
2008-07日本プライマリ・ケア学会 専門医(現 日本プライマリ・ケア連合学会 家庭医療専門医)
2006-10日本内科学会認定内科認定医
Academic societies
2014-06 -- (current)日本医学教育学会
2002-04 -- 2010-03日本総合診療医学会
2002-04 -- 2010-03日本家庭医療学会
2002-04 -- 2010-03日本プライマリ・ケア学会
2009-10 -- (current)THE JAPANESE ACADEMY OF HOME CARE PHYSICIANS
2002-04 -- (current)The Japanese Society of Internal Medicine
2006-04 -- (current)Japanese Society for Palliative Medicine
2010-04 -- (current)Japan Primary Care Association
Honors & Awards
2019-05-19日本プライマリ・ケア連合学会誌 Best Reviewer Award学会誌の査読に貢献
2018-11-28平成30年度 筑波大学医学医療系 優秀大学教員大学教員業績評価
2017-11平成29年度 筑波大学医学医療系 優秀大学教員大学教員業績評価
2017-10平成29年度 茨城県医師会 勤務医部会 学術奨励賞
2017-0515th World Congress of the European Association for Palliative Care Best Poster Award
2017-01平成28年度 筑波大学若手教員奨励賞筑波大学の研究力向上に貢献し,業績をあげたため
2015-12平成27年度 筑波大学医学医療系 優秀大学教員大学教員業績評価
2014-05WONCA Asia Pacific Regional Conference 2014 Poster Merit Award
2015-03WONCA Asia Pacific Regional Conference 2015 Young Investigator Award Silver Medal
Articles
Books
  • 非がん患者の緩和ケアとは
    濵野 淳
    月刊薬事, pp.2327-2331, 2019-10
  • 緩和ケアのデリバリー
    濵野 淳
    専門家をめざす人のための緩和医療学 改訂第2版, pp.16-21, 2019-06
  • 在宅で診るエンド・オブ・ライフ
    細井崇弘; 濵野 淳
    在宅医療、できることをできるだけ, 羊土社, pp.552-560, 2019-06
  • スピリチュアルケア・グリーフケア
    濵野 淳
    新・総合診療医学 診療所 総合診療医学編 第3版, カイ書林, pp.244-245, 2019-04
  • 地域・コミュニティにおける緩和ケア:これからの10年
    濵野 淳
    ホスピス緩和ケア白書 2018, 青海社, 2018-04
  • 緩和医療学 痛み
    濵野 淳
    在宅医療バイブル 改訂第2版, 日本医事新報社, pp.278-285, 2018-05
  • 人生の最終段階における医療に関する意識調査にむけた内外の文献レビュー
    濵野 淳; 田宮 菜奈子(医学医療系)
    人生の最終段階における医療のあり方に関する調査の手法開発 及び分析に関する研究 , 2018-05
  • 人生の最終段階における医療に関する意識調査のための予備調査
    濵野 淳; 田宮 菜奈子(医学医療系)
    人生の最終段階における医療のあり方に関する調査の手法開発 及び分析に関する研究 , 2018-05
  • 人生の最終段階の医療に関する用語およびガイドライン策定に関するに関する研究
    濵野 淳; 田宮 菜奈子(医学医療系)
    人生の最終段階における医療のあり方に関する調査の手法開発 及び分析に関する研究 , 2018-05
  • いのちの終わりにどうかかわるか
    濵野 淳
    医学書院, 2017-11
  • 在宅ケアにおけるがん患者・家族のケアスタッフに対する信頼感、ケアスタッフ同士の継続性とケアの一貫性と望ましい死の関連
    濵野 淳
    がん看護 遺族の声を臨床に生かす~J-HOPE研究(多施設遺族調査)からの学び~, 南江堂, pp.625-628, 2017-09
  • 非がん疾患への緩和ケア・アプローチ:腎臓
    濵野 淳
    新版 がん緩和ケアガイドブック, pp.116-118, 2017-07
  • どのような患者に緩和ケアが必要なのか?
    濵野 淳
    緩和ケア 2017年6月増刊号 心疾患・COPD・神経疾患の緩和ケア―がんと何が同じで、どこがちがうか, 青海社, pp.2-7, 2017-06
  • がん疼痛の機序、分類
    濵野 淳
    スーパー総合医 緩和医療・終末期ケア, 中山書店, pp.15-17, 2017-02
  • 鎮痛補助薬の使い方
    濵野 淳
    在宅新療:在宅でのがん性疼痛マネジメント, へるす出版, pp.33-38, 2017-01
  • オピオイドスイッチング
    濵野 淳
    がん疼痛の処方 さじ加減の極意, 南山堂, pp.264-272, 2016-11
  • 独居の患者に対するオピオイドの投与
    濵野 淳
    がん疼痛の処方 さじ加減の極意, 南山堂, pp.200-209, 2016-11
  • 嘔気で難渋するオピオイド-導入-
    濵野 淳
    がん疼痛の処方 さじ加減の極意, 南山堂, pp.90-99, 2016-11
  • 第5章 さまざまな状況での緩和ケア:在宅医療
    濵野 淳
    緩和ケアレジデントマニュアル, 医学書院, pp.348-360, 2016-07
  • あなたの患者さんが亡くなったら驚きますか?-サプライズクエッション
    濵野 淳
    緩和ケア, 青海社, pp.346-349, 2016-09
  • ポイントで読み解くNEWSのツボ 慢性心不全患者に緩和ケアを厚労省が推進
    濵野 淳
    ナース専科, pp.82-84, 2016-07
  • 5-13消化管出血
    濵野 淳
    プライマリ・ケア ポケット レファレンス, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2015-12
  • 5-12胆石
    濵野 淳
    プライマリ・ケア ポケット レファレンス, メディカル・サイエンス・インターナショナル, pp.5-12-5-12, 2015-12
  • 5-11嚥下困難
    濵野 淳
    プライマリ・ケア ポケット レファレンス, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2015-12
  • 5-10憩室疾患
    濵野 淳
    プライマリ・ケア ポケット レファレンス, メディカル・サイエンス・インターナショナル, pp.5-10-5-10, 2015-12
Conference, etc.
  • Differences in attitudes toward infectious diseases management for terminally-ill cancer patients among health-care providers
    Morioka Shinichiro; Masanori Mori Tomomi Suzuki Marika Yo...
    29th European Congress of Clinical Microbiology & Infectious Diseases/2019-04-13--2019-04-16
  • 新指針によるe-learning導入1日型緩和ケア研修会の学習効果を高める茨城県内の取り組み
    長岡広香; 久永貴之; 濵野淳; 根本清貴; 矢吹律子 萩原信悟; ...
    第24回 日本緩和医療学会 学術大会/2019-06-21--2019-06-22
  • 多職種におけるEnd of life discussionの実態と関連する要因
    濵野淳; 羽成恭子; 田宮菜奈子
    第24回 日本緩和医療学会 学術大会/2019-06-21--2019-06-22
  • 臨死期の治療やケアの見直しのための簡便な予後指標 -Liverpool Care Pathwayの使用基準の予後7日の予測能(J-Proval研究)
    菊池 里美 青山 真帆; 濵野 淳; 滝川 千鶴子; 長岡 広香; 鄭 ...
    第24回 日本緩和医療学会 学術大会/2019-06-22--2019-06-22
  • Latest topics and future direction of palliative medicine in Japan
    Hamano Jun
    第24回 日本緩和医療学会 学術大会/2019-06-22--2019-06-22
  • 処方の複雑性指標日本語版(MRCI-J)の作成と在宅患者への適用
    舛本祥一; 佐藤幹也; 山本由布; 松下綾; 濵野 淳
    第10回日本プライマリ・ケア連合学会 学術大会/2019-05-18--2019-05-18
  • Supportive and Palliative Care Indicators Tool (SPICT) to identify patients for palliative care; Perspectives of Japanese family physicians
    Oishi Ai; Hamano Jun; Kirsty Boyd Liz Grant Scott Murray
    WONCA APR Conference 2019/2019-05-17--2019-05-17
  • Do family physician discuss and document advance care planning with outpatients? : A multicenter cross-sectional observational study
    Hamano Jun
    WONCA APR Conference 2019/2019-05-17--2019-05-17
  • Frequency and contents of advance care planning discussions in primary care
    Hamano Jun
    7th international advance care planning conference/2019-03-15--2019-03-15
  • Current status of ACP in Japan
    Hamano Jun
    7th international advance care planning conference/2019-03-15--2019-03-15
  • Guide to reflection on the palliative care approach for family medicine residents: A modified Delphi method
    Hamano Jun; Haruta Junji; Ishimaru Naoto; Otsuka Takahiro...
    22nd WONCA World Conference/2018-10-17--2018-10-21
  • Palliative care approach and advance care planning with primary care physicians in Japan
    Hamano Jun
    22nd WONCA World Conference/2018-10-17--2018-10-21
  • The current status of palliative care in long-term and home care settings in Japan
    Hamano Jun
    The Integration of Palliative and Long-Term Care Conference/2018-10-13--2018-10-13
  • Analgesic efficacy of indomethacin oral spray for oropharyngeal mucositis-induced pain: randomized, placebo-controlled, double-blind trial
    Hamano Jun; Nagaoka Hiroka; Oyamada Shunsuke; Momo Kenji;...
    MASCC/ISOO 2018 THE ANNUAL MEETING ON SUPPORTIVE CARE IN CANCER/2018-06-28--2018-06-30
  • せん妄を呈した進行がん患者における苦悩の実態:Phase-R付帯研究
    川島 夏希; 濵野 淳; 久永 貴之; 吉内 一浩; 小川 朝生; 岩瀬 哲
    第23回 日本緩和医療学会学術大会 /2018-06-15--2018-06-17
  • 非がん疾患のend of lifeにおけるステロイド
    濵野 淳
    第23回 日本緩和医療学会学術大会 /2018-06-15--2018-06-17
  • 総合診療専門医はどのように医師として学び、アイデンティティを獲得したか?第1報
    春田 淳志; 小曽根早知子; 濵野淳
    第7回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会/2016-06-11--2016-06-12
  • 医師になる過程で、いつからどのような経験を通じて、具体的な医師像を抱き始めるか?-ナラティブ研究-
    春田 淳志; 小曽根 早知子; 濵野 淳
    第50回日本医学教育学会大会/2018-08-04--2018-08-04
  • 専攻医の研究支援体制としてのPBRN-Tsukubaプロジェクト
    小曽根 早知子; 春田 淳志; 後藤 亮平; 濵野 淳
    第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会/2018-06-16--2018-06-17
  • 診療所・小病院での職員のRIPLS(Readiness for interprofessional learning scale)と関連する要因の探索
    孫 瑜; 小曽根 早知子; 後藤 亮平; 春田 淳志; 濵野 淳
    第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会/2018-06-16--2018-06-17
  • 診療所・小病院における多職種連携協働の評価と関連する要因の探索
    福田 幸寛; 後藤 亮平; 春田 淳志; 小曽根 早知子; 濵野 淳
    第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会/2018-06-16--2018-06-17
  • 他職種の地域におけるコミュニティ感覚尺度の妥当性の検討
    劉 彦伯; 春田 淳志; 後藤 亮平; 小曽根 早知子; 濵野 淳
    第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会/2018-06-16--2018-06-17
  • 診療所・小病院における医療従事者が認識する多職種連携協働と患者が捉えるプライマリ・ケアの質との関連
    上田 篤志; 後藤 亮平; 春田 淳志; 小曽根 早知子; 濵野 淳
    第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会/2018-06-16--2018-06-17
  • 5つのステップを用いたEvidence Based Medicine(EBM)卒前教育の実践
    片岡 義裕; 高屋敷 明由美; 前野 貴美; 横谷 省治; 荒牧 ...
    第9回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会/2018-06-16--2018-06-17
  • 緩和医療領域から学ぶ論文と臨床の融合
    濵野 淳
    第20回日本在宅医学会/2018-04-29--2018-04-29
Teaching
2019-10 -- 2020-02Advanced Exercise on Public HealthUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Advanced Exercise on Public HealthUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Internship IUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Internship IUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Internship IIUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Internship IIUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Topics in Cancer Care and SupporUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Topics in Cancer Care and SupporUniversity of Tsukuba.
2019-04 -- 2019-08Seminar on Basic Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2019-10 -- 2020-02Seminar on Basic Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
Other educational activities
2019-02 -- 2019-02山梨県立看護大学 H30年度 第4回 認定看護師フォローアップ研修山梨県立看護大学
2018-11 -- 2018-11ターミナルケア・マネジメントにおける意思決定支援茨城県ケアマネジャー協会
2018-11 -- 2018-11アドバンス・ケア・プランニング(ACP)に関わる 医療・ケアの質と経営の質 講習会地域包括ケア病棟協会
2018-08 -- 2018-08第1回茨城県がん相談従事者研修会筑波大学附属病院
2018-07 -- 2018-07在宅医療のミカタ2018薬学ゼミナール
2018-03 -- 2018-03MMC卒後臨床研修センター ブラッシュアップセミナーMMC卒後臨床研修センター
2017-11 -- 2017-11日本医師会かかりつけ医機能研修制度 平成29年度応用研修会日本医師会
2017-03 -- 2017-03がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会ファシリテーター筑波大学附属病院
2016-12 -- 2016-12日本看護協会 特定行為研修 共通科目:疾病・臨床病態概論 在宅医療の臨床診断・治療の特性と治療 演習日本看護協会
2016-12 -- 2016-12日本看護協会 特定行為研修 共通科目:疾病・臨床病態概論 在宅医療の臨床診断・治療の特性 講義 日本看護協会
Talks
  • 人生の最終段階に向き合う我々に求められていること
    濵野 淳
    緩和ケア講演会/2019-01-31--2019-01-31
  • 多職種で支える意思決定~がん疼痛治療のNext Step~
    濵野 淳
    在宅緩和医療講演会/2018-11-21--2018-11-21
  • 人生の最終段階における医療連携
    濵野 淳
    オピオイドフォーラム ~新時代の幕開け~/2018-07-05--2018-07-05
  • かかりつけ医と共に行う意思決定~がん疼痛治療のNext Step~
    濵野 淳
    第577回甲府市内科医会/2019-02-26--2019-02-26
  • がん疼痛の治療戦略を考える
    濵野 淳
    鹿行緩和ケア研究会/2018-06-06--2018-06-06
  • 患者・家族にとって望ましい地域連携とは?
    濵野 淳
    県西地区病診連携緩和ケア勉強会/2018-01-23--2018-01-23
  • 緩和ケアの最近の動向~薬物療法と家族ケアの視点から~
    濵野 淳
    第2回常陸大宮緩和ケア講演会/2018-01-19--2018-01-19
  • チームアプローチによる 症状緩和と意思決定支援
    濵野 淳
    第33回県央県北泌尿器科懇話会/2017-11-10--2017-11-10
  • Advance Care Planningの 実践と課題
    濵野 淳
    土浦協同病院 緩和ケア講演会/2017-11-08--2017-11-08
  • 在宅における疼痛緩和治療
    濵野 淳
    筑西薬剤師会 研究会/2017-09-26--2017-09-26
  • これからの地域包括ケアシステム
    濵野 淳
    平成29年度 第1回 つくば市 多職種連携意見交換会/2017-08-25--2017-08-25
  • 臨床現場におけるPolypharmacyの意義
    濵野 淳
    土浦協同病院 医療安全講演会/2017-07-31--2017-07-31
  • 多職種連携におけるオピオイドの適正使用
    濵野 淳
    水戸緩和ケア講演会/2016-09-07--2016-09-07
  • 地域包括ケアに求められる緩和医療の実践知とエビデンス
    濵野 淳
    常陸大宮緩和ケア研修会/2016-12-8--2016-12-8
  • 在宅緩和ケア概論~看取りの視点から~
    濵野 淳
    つくば市居宅介護支援事業所連絡会・つくば市主任介護支援専門員連絡会共催による合同研修会/2016-12-22--2016-12-22
  • 在宅緩和ケアにおける多職種協働のコツ
    濵野 淳
    NPO法人茨城県ケアマネジャー協会地域実践研修/2017-02-10--2017-02-10
  • 在宅における意思決定支援
    濵野 淳
    がん診療連携拠点病院機能強化事業 在宅緩和ケア地域連携事業 つくば在宅緩和ケアセミナー/2017-02-17--2017-02-17
  • 医療連携の今と未来
    濵野 淳
    第一三共株式会社 社員研修会/2016-03-30--2016-03-30
  • 在宅緩和ケア概論
    濵野 淳
    茨城県在宅医療・介護連携拠点事業 多職種協働による在宅チーム医療のための地域リーダー研修会/2016-02-14--2016-02-14
  • 在宅医療概論
    濵野 淳
    茨城県在宅医療・介護連携拠点事業 多職種協働による在宅チーム医療のための地域リーダー研修会/2015-10-11--2015-10-11
  • 在宅療養を支える多職種協働「それは急変?お看取り?」
    濵野 淳
    第3回古河市在宅医療・介護連携拠点事業/2015-12-03--2015-12-03
  • 在宅緩和ケア概論1  ~在宅緩和ケアの基本と 症状マネジメント~
    濵野 淳
    茨城県在宅医療・介護連携拠点事業 多職種協働による在宅チーム医療のための地域リーダー研修会/2014-10-26--2014-10-26
  • 生活を支える在宅医療と在宅ケア
    濵野 淳
    茨城県在宅医療・介護連携拠点事業 多職種協働による在宅チーム医療のための地域リーダー研修会/2014-07-13--2014-07-13
  • 茨城県緩和ケアカンファレンス
    濵野 淳
    茨城県緩和ケアカンファレンス/2013-03-18--2013-03-18
  • 生活を支える在宅医療と在宅ケア
    濵野 淳
    茨城県在宅医療・介護連携拠点事業 多職種協働による在宅チーム医療のための地域リーダー研修会/2014-02-22--2014-02-22
Professional activities
2018-04 -- (current)日本救急医学会高齢者救急問題を検討する懇話会/委員
2018-11 -- (current)Japanese Society for Palliative Medicine緩和ケアの質評価WPG/WPG員
2018-09 -- (current)Tsukuba City委員
2016-08 -- (current)Japan Primary Care Association委員
2018-08 -- (current)Japanese Society for Palliative Medicine委員
2017-04 -- (current)Japanese Society for Palliative Medicine消化器症状ガイドライン改訂WPG
2012-04 -- (current)茨城県委員
2016-09 -- (current)Japan Primary Care Association専門研修支援委員会
2016-07 -- (current)Japanese Society for Palliative Medicine緩和医療ガイドライン委員会 鎮静ガイドライン改訂WPG
2015-04 -- (current)Japan Primary Care Association専門医部会/委員
University Management
2019-01 -- (current)外国人患者受入れ体制支援委員会委員
2018-04 -- (current)筑波大学附属病院 保険診療委員会委員
2018-04 -- (current)筑波大学附属病院 外来診療委員会委員
2016-10 -- (current)筑波大学附属病院 ISO・医療業務支援部副部長
2014-06 -- (current)筑波大学附属病院 医療連携患者相談委員会委員長
2016-06 -- 2018-03筑波大学附属病院 JCIコアミーティング委員
2014-11 -- (current)筑波大学地域枠等委員会 専攻医プログラム作成のための作業部会委員
2015-04 -- (current)筑波大学附属病院 医療情報経営戦略部副部長
2015-04 -- (current)筑波大学附属病院 医療連携患者相談センターセンター部長
2013-04 -- (current)筑波大学附属病院 緩和ケアセンター委員
Other activities
2019-06 -- 2019-06国際学術誌に掲載された研究論文(進行がん患者の生命予後推定法の開発という研究テーマ)に関するインタビューが朝日新聞の特集記事に掲載された。
2018-11 -- (current)国際学術誌に掲載された研究論文(進行がん患者の生命予後推定法の開発という研究テーマ)が日本経済新聞などの国内マスメディアで取り上げられた。
2017-08 -- 2017-08国際学術誌に掲載された研究論文(進行がん患者の家族の4割が家族内の対立を経験しているという研究テーマ)が読売新聞、毎日新聞などの国内マスメディアで取り上げられた。
2016-04 -- 2016-04国際学術誌に掲載された研究論文(進行がん患者が死を迎える場所が生存期間に影響するか?という研究テーマ)がBBC Health Check(英国)、The Mirror(英国)、The Herald Sun(豪州)などの海外マスメディアとNHKニュース、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、東京新聞、共同通信などの国内マスメディアで取り上げられた。
2015-03 -- (current)文部科学省「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」 がんプロ×OCW~動画で分かる、がん治療~ 肺がんの治療法~緩和療法~ の作成を担当
2016-04 -- (current)日経メディカル2016年4月号(2016年4月10日発行)に取材記事が掲載。「特集 その症状、薬が原因では?」 p.42-43.
2016-02 -- (current)Medical Tribune紙 2016年2月11日発行 Vol.49, No6に取材記事が掲載。「高齢者のポリファーマシー問題 解決には処方課程の振り返りが鍵」 p10-11.
2016-02 -- (current)日経ドラッグインフォメーション プレミアム版に取材記事が掲載。「患者のQOLを重視しDo処方見直しの後押しを」 p28-29.
2015-12 -- (current)公益社団法人 在宅医療助成 勇美記念財団 在宅医療テキスト第3版 Eラーニング 第5章 「がんの在宅緩和ケア」の作成・講義を担当
2015-03 -- (current)日経メディカル主催 講演会の内容がWeb版に掲載。 病棟ナースに求められる退院支援:Aナーシング http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/anursing/zaitakufukki/201503/540931.html

(Last updated: 2019-10-02)