Iwagami Masao

Affiliation
Institute of Medicine
Official title
Associate Professor
ORCID
0000-0001-7079-0640
Sex
Male
Birth date
1983-05
KAKEN ID
30830228
Research fields
Epidemiology and preventive medicine
Research keywords
内科学
臨床疫学
薬剤疫学
デジタルヘルス
Data driven health
デジタルトランスフォーメーション
医療ビッグデータ
リアルワールドデータ
ゲノム疫学
生物統計学
more...
Research projects
医療・介護レセプト連結データを用いた教師無し機械学習による新規要介護認定者のサブタイピング2023-11 -- 2024-12岩上将夫公益財団法人医療科学研究所/2023年度(第33回)研究助成金700,000Yen
乳がんサバイバーにおけるがん以外の健康アウトカムとヘルスサービスの評価2022-12 -- 2023-11岩上将夫財団法人ファイザーヘルスリサーチ振興財団研究助成/第31回(2022年度)ファイザーヘルスリサーチ研究助成(国際共同研究)3,000,000Yen
糖尿病・高脂血症・心不全患者におけるメタボロームと予後:バイオバンクを用いた検討2022-04 -- 2025-03岩上将夫文部科学省/若手研究/4,550,000Yen
大規模入院データを用いた機械学習による再入院予測モデルの構築2019-04 -- 2022-03岩上将夫Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology, Japan/若手研究4,290,000Yen
睡眠と冬眠:二つの「眠り」の解明と操作が拓く新世代医療の展開2024-04 -- 2026-03柳沢正史AMED/ムーンショット型研究開発事業
Healthy Ageing (particularly mental health and obesity)2023-04 -- 2024-02Dorothea NitschBritish Council/Reconnect Travel Grant – Hong Kong, Japan, Korea and the UK
遠隔医療推進のための課題抽出とエビデンス構築のための方向性の提示に資する研究2023-04 -- (current)東京大学 南学正臣Ministry of Health, Labour and Welfare/令和5年度厚生労働行政推進調査事業費補助金(地域医療基盤開発推進研究事業)
ゲノム情報を用いた一次・二次予防のための技術開発と連携研究基盤の構築と運用2022-04 -- 2025-03がん対策研究所 岩崎基国立がん研究センター/令和4年度国立がん研究センター研究開発費研究/
Population based Projection of place of death: comparison of trends between Japan and Greece2023-04 -- 2025-03京都大学 Anagnostu DespJSPS/挑戦的研究(萌芽)
CHASE・VISIT等介護データベースを用いたエビデンス創出と科学的介護実践に向けてのサポートシステムの構築2021-04 -- 2024-03田宮菜奈子国立研究開発法人 日本医療研究開発機構/令和3年度 AMED長寿科学研究開発事業
more...
Career history
2023-09 -- (current)筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構学内連携PI
2022-05 -- (current)筑波大学医学医療系准教授
2022-04 -- (current)東京大学大学院新領域創成科学研究科メディカル情報生命専攻 複雑形質ゲノム解析分野客員連携研究員
2020-07 -- (current)国立がん研究センター疫学研究部外来研究員
2020-04 -- (current)東京大学非常勤講師
2019-03 -- 2022-04筑波大学 医学医療系テニュアトラック助教
2018-12 -- (current)University of London (London School of Hygiene and Tropical Medicine)Honorary Assistant Professor
2018-05 -- 2022-04Department of Health Services Research, University of TsukubaAssistance Professor
2013-04 -- 2013-09東京大学医学部附属病院血液浄化療法部特任助教
2010-04 -- 2012-03医療法人沖縄徳洲会湘南鎌倉総合病院腎免疫血管内科後期研修医
more...
Academic background
2014-10 -- 2018-09University of London (London School of Hygiene and Tropical Medicine) PhD Epidemiology and Population Health (Electronic Health Records Research Group)
2013-10 -- 2014-09University of London (London School of Hygiene and Tropical Medicine) MSc Epidemiology
2012-04 -- 2013-03東京大学 大学院医学系研究科公共健康医学専攻(公衆衛生大学院)Master of Public Health
2002-04 -- 2008-03東京大学 医学部 医学科
Degree
2018-09PhDUniversity of London, London School of Hygiene and Tropical Medicine
2014-09MSc EpidemiologyUniversity of London, London School of Hygiene and Tropical Medicine
2013-03公衆衛生学修士東京大学大学院
2008-03医学学位東京大学
Licenses and qualifications
2023-04日本疫学会疫学専門家
2023-02日本臨床疫学会 臨床疫学 上席専門家
2020-04Board Certified Supervisory Physician for Public Health and Social Medicine
2020-02日本臨床疫学会 臨床疫学 認定専門家
2019-09日本薬剤疫学会ファーマコビジランス・スペシャリスト
2018-07Professional certificate in pharmacoepidemiology and pharmacovigilance (London School of Hygiene and Tropical Medicine)
2011-09日本内科学会認定内科医
2010-02Educational Commission for Foreign Medical Graduates (ECFMG) certificate in the USA
2008-04医籍登録
Academic societies
-- (current)国際薬剤疫学会
-- (current)国際腎臓学会
-- (current)THE JANPANESE SOCIETY OF INTERNAL MEDICINE
-- (current)THE JAPAN SOCIETY OF HUMAN GENETICS
-- (current)日本医療情報学会
-- (current)Japan Epidemiological Association
-- (current)日本臨床疫学会
-- (current)JAPANESE SOCIETY FOR PHARMACOEPIDEMIOLOGY
-- (current)APANESE SOCIETY OF PUBLIC HEALTH
-- (current)日本レギュラトリーサイエンス学会
more...
Honors & Awards
2023-02Journal of Epidemiology Best Reviewer of the Year
2022-11筑波大学優秀教員賞(研究領域)
2021-11筑波大学優秀教員賞(研究領域)
2021-04Kidney International Reviewer-of-the Year Award
2020-11筑波大学優秀教員賞(研究領域)
2020-11筑波大学若手教員奨励賞
2020-09International Society of Pharmacoepidemiology (ICPE) 2020 All Access: Spotlight Poster Winner
2018-10第24回日本薬剤疫学会学術総会奨励賞
2018-02International Society of Nephrology Frontiers 2018 Young Investigators Travel Grants
2017-06European Renal Association – European Dialysis Transplantation Association, 54th Congress, Travel Grant Winners
2016-06UK Kidney Week 2016 Travel Bursary Award
2016-05European Renal Association – European Dialysis Transplantation Association, 53rd Congress, Travel Grant Winners
2015-10本庄国際奨学財団海外留学奨学金(3年間)
2015-06第58回日本腎臓学会学術総会優秀演題賞
2013-10公益信託グラクソ・スミスクライン国際奨学基金(2年間)
2012-06第55回日本腎臓学会学術総会優秀演題賞
Articles
Books
  • 医薬品に関する臨床系論文の読み方
    岩上 将夫; 浜田 将太; 康永 秀生
    新興医学出版社, 2022-09
  • 2.4 研究デザインの選択, 2.5 対象集団, 曝露, 対照, 共変量, アウトカムの定義
    岩上 将夫
    これからの薬剤疫学 リアルワールドデータからエビデンスを創る/pp.46-99, 2021-05
  • 1.3 リアルワールドデータを用いた薬剤疫学研究の事例、2.1研究計画書に含めるべき要素
    岩上 将夫
    これからの薬剤疫学 リアルワールドデータからエビデンスを創る/pp.9-21, 2021-05
  • 4章研究デザイン 4 薬の安全性に関する介入研究~Large simple trial とdata-enabled trialの可能性~
    岩上 将夫
    薬剤疫学の基礎と実践 改訂第3版/ライフサイエンス出版/pp.190-197, 2021-06
  • 膨大な医学論文から最適な情報に最短でたどり着くテクニック
    重見大介、岩上将夫、康永秀生
    新興医学出版社, 2021-07
  • 超絶解説 医学論文の難解な統計手法が手に取るようにわかる本
    康永秀生 山名隼人 岩上将夫
    金原出版, 2019-11
  • Chapter 3 Characteristics of Patients Visiting Suruya Kanta Kala-Azar Research Center in Mymensingh, Bangladesh; Data from a Patient Registry System
    岩上 将夫
    Kala Azar in South Asia: Current Status and Sustainable Challenges, Second Edition/Springer, 2017-01
  • VI.CRRT施行中の検討項 9.国内治療の現状~診療報酬データベースからの報告~
    岩上 将夫
    CRRTポケットマニュアル第2版/医歯薬出版株式会社, 2015-02
  • Chapter 23 Neurological Diseases, Chapter 24 DermatologicalDisorders, Chapter 25 Kidney Diseases
    Iwagami Masao
    The Concise Manual of Apheresis Therapy/Springer, 2013-12
  • §7疫学その他
    岩上 将夫
    急性腎不全・AKI診療Q&A/中外医学社, 2012-06
Conference, etc.
  • COVID-19パンデミックによる在宅死の増加と関連する要因の検討
    孫 瑜; 岩上 将夫; 井口 竜太; 伊藤智子; 佐方信夫; 谷口 雄大; 吉江悟; 田宮 菜奈子
    第82回日本公衆衛生学会総会/2023-10-31--2023-11-01
  • PULSE METHYLPREDNISOLONE VERSUS DEXAMETHASONE IN COVID-19: A MULTICENTER COHORT STUDY
    Watanabe Atsuyuki; Inokuchi Ryota; Kuno Toshiki; Uda ...
    52nd Critical Care Congress of the Society-of-Critical-Care-Medicine (SCCM)/2023-01-21--2023-01-24
  • 最先端の臨床疫学に基づくAI医療機器の評価
    岩上 将夫
    第97回日本感染症学会総会・学術講演会・第71回日本化学療法学会学術集会 ランチョンセミナー17 「AI医療機器nodoca、開発プロセスの開示とAIの将来像展望」/2023-04-30--2023-04-30
  • 救急往診サービス利用前の患者行動ー自由記載アンケートによるテキストマイニング
    北岡 純太朗; 井口 竜太; 孫 瑜; 坂本 彩香; 岩上 将夫; 田宮 菜奈子
    第81回日本公衆衛生学会総会/2022-10-07--2022-10-09
  • 在宅医療を提供する診療所と時間外救急往診サービスの連携に関する研究:アンケート調査に基づく分析
    孫 瑜; 井口竜太; 岩上将夫; 佐方信夫; 坂本彩香; 田宮菜奈子
    第14回プライマリ・ケア連合学会学術大会/2023-05-12--2023-05-14
  • 在宅医療を受ける後期高齢者における訪問診療利用と関連する疾患
    孫 瑜; 岩上将夫; 植嶋大晃; 吉江悟; 飯島勝矢; 石崎達郎; 田宮菜奈子
    第78回日本公衆衛生学会総会/2019-10-23--2019-10-25
  • 訪問診療を受ける患者における往診と関連する要因の探索
    孫 瑜; 岩上将夫; 佐方信夫; 黒田直明; 田宮菜奈子
    第31回日本疫学会学術総会/2021-01-27--2021-01-29
  • 家族介護者の心理的負担と関連する因子:国民生活基礎調査を用いた研究
    孫 瑜; 岩上将夫; 渡邊多永子; 佐方信夫; 杉山雄大; 宮脇敦士; 田宮菜奈子
    第12回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会/2021-05-21--2021-05-23
  • 在宅医療において新設された機能強化型在宅支援診療所の役割に対する検証:往診、入院、看取りに着目して
    孫 瑜; 岩上将夫; 佐方信夫; 伊藤智子; 井口竜太; 小宮山潤; 黒田直明; 田宮菜奈子
    第13回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会/2022-10-07--2022-10-09
  • 全国レセプトデータを用いた在宅療養支援診療所の心不全再入院に対する予防効果の検討
    孫 瑜; 岩上将夫; 小宮山潤; 杉山雄大; 井口竜太; 佐方信夫; 伊藤智子; 吉江悟; 讃岐勝; 久米慶太郎; 松居宏樹; 植嶋大...
    第81回日本公衆衛生学会総会/2022-10-07--2022-10-09
  • 高齢COVID-19入院患者における入院早期リハビリテーションと在院死亡との関連
    宇田和晃; 井口 竜太; 小宮山潤; 田宮菜奈子; 岩上 将夫
    日本臨床疫第5回年次学術大会/2022-11-12--2022-11-13
  • 国民健康保険加入者・後期高齢者における、健診での脂質異常の未受診に関連する要因
    谷口雄大; 岩上 将夫; 杉山 雄大; 黒田直明; 田宮菜奈子
    第81回日本公衆衛生学会/2022-10-7--2022-10-9
  • 機械学習を用いた病院前受診患者のアンダートリアージを予測するモデルの作成
    井口 竜太; 孫瑜; 坂本 彩香; 岩上 将夫; 田宮菜奈子
    第81回日本公衆衛生学会/2022-10-7--2022-10-9
  • 認知症高齢者に対する抗精神病薬の長期継続処方の実態および関連因子
    平井幹大; 岩上 将夫; 黒田直明; 谷口雄大; 田宮菜奈子
    第81回日本公衆衛生学会/2022-10-7--2022-10-9
  • 2021年介護報酬改定前後における要支援者のリハビリテーション関連サービス利用の変化
    小宮山潤; 杉山 雄大; 岩上 将夫; 伊藤智子; 宮脇敦士; 宇田和晃; 長谷川正彦; 富田眞紀子; 小林秀; 田宮菜奈子
    第81回日本公衆衛生学会/2022-10-7--2022-10-9
  • 全国レセプトデータを用いた在宅療養支援診療所の心不全再入院に対する予防
    孫瑜; 岩上 将夫; 小宮山潤; 杉山 雄大; 井口 竜太; 佐方信夫; 伊藤智子; 吉江悟; 讃岐勝; 久米慶太郎; 松居宏樹; 植...
    第81回日本公衆衛生学会/2022-10-7--2022-10-9
  • 患者行動ー自由記載アンケートによるテキストマイニングから
    北岡純太郎; 井口 竜太; 孫瑜; 坂本 彩香; 岩上 将夫; 田宮菜奈子
    第81回日本公衆衛生学会/2022-10-7--2022-10-9
  • シンポジウム 「医療情報データベース研究のためのアウトカム定義レポジトリ」 海外のclinical codes repository
    岩上 将夫
    第27回 日本薬剤疫学学術総会/2022-11-18--2022-11-18
  • 血清カリウム値異常が維持血液透析患者の臨床転帰に与える影響
    岩上 将夫
    第27回 日本薬剤疫学学術総会/2022-11-18--2022-11-18
  • 一般口演「 疫学方法論・データベース」 大規模入院データによる再入院予測のための複数の機械学習法の比較
    岩上 将夫
    日本臨床疫学会第5回年次学術大会/2022-11-12--2022-11-12
  • Academic Theater1 データベース活用委員会企画 臨床疫学研究に使われるデータベース:電子カルテデータベースとその研究利用 徳洲会グループの電子カルテDBの利活用
    岩上 将夫
    日本臨床疫学会第5回年次学術大会/2022-11-12--2022-11-12
  • ランチョンセミナー 医療情報データベースで何ができるのか?
    岩上 将夫
    日本臨床疫学会第5回年次学術大会/2022-11-12--2022-11-12
  • 良い論文執筆のための論文検索のテクニック
    岩上 将夫
    日本医学英語教育学会 第17回医学英語セミナー/2022-10-01--2022-10-30
  • The Comparison of Caesarean Section Bleeding Between Volatile and Total Intravenous Anaesthesia: Instrumental Variable Analyses using a Japanese Nationwide Database
    Iwagami Masao
    Euroanaesthesia 2022 - ESAIC/2022-06-04--2022-06-06
  • Clinical Features and Mortality of COVID-19-Associated Mucormycosis: A Systematic Review and Meta-Analysis
    Watanabe Atsuyuki; So Matsuo; Iwagami Masao; Mitaka Haya...
    International Conference of the American-Thoracic-Society/2022-05-13--2022-05-18
  • more...
Teaching
2023-07 -- 2023-10医療リアルワールドデータ活用人材育成事業(実習)東京大学
2023-07 -- 2023-07臨床研究・疫学入門 第12回 RWD研究のタイプと実例集横浜市立大学
2023-07 -- 2023-07医療経営学入門 第7回講義 疫学・統計学順天堂大学
2023-06 -- 2023-06臨床疫学:第6回 コホート研究/症例対照研究/自己対照研究デザイン東京大学大学院 公共健康医学専攻
2023-06 -- 2023-06M4社会医学実習筑波大学
2023-04 -- 2023-06Introduction to Social Medicine: Digital HealthUniversity of Tsukuba
2023-07 -- 2023-07M3公衆衛⽣学実習東京大学
2023-05 -- 2023-05AI 情報医学特論 第5回 リアルワールドデータを用いた医学研究千葉大学卓越大学院プログラム
2023-04 -- 2023-08専門語学(英語)C筑波大学
2023-05 -- 2023-05ヘルスサービスリサーチ概論:第5回 Evidence-Based Policy Making and Health Services Research筑波大学
more...
Other educational activities
2023-05 -- 2023-05筑波大学消化器外科ユニオンセミナー:医療ビッグデータ解析のオーバービュー筑波大学医学医療系
2022-07 -- 2022-07令和4年度 科研費セミナー:科研費申請のためのストラテジー ~特に臨床医学系・社会医学系の若手に向けて~筑波大学医学医療系
2022-06 -- 2022-06若手でもできる医療ビッグデータベース研究筑波大学トランスボーダー医学研究センター情報医学研究部門
2021-11 -- 2021-11日本循環器学会 教育研修部会 2021年度 臨床研究・統計教育プログラム (3)文献検索日本循環器学会
2021-02 -- 2021-02筑波大学エクステンションプログラム:医療介護レセプト活用塾筑波大学
2019-05 -- 2019-05第1回医学教育ワークショップ(医学類教員初任者研修)修了筑波大学医学部
2019-11 -- 2019-11筑波大学 医学医療系講演会:ヘルスサービスリサーチ研究室の紹介と実例
Talks
  • 第 24 講:リアルワールドデータが社会へどのように貢献しているのか
    岩上 将夫
    2023年度安全管理・調査(PV)エキスパート研修講座/2023-08-09--2023-08-09
  • 臨床医にとっての リアルワールドエビデンスの意味と意義
    岩上 将夫
    ファイザーRWE セミナー~医療リアルワールドデータの現在地と未来~/2023-08-08--2023-08-08
  • 最先端の臨床疫学に基づくAI医療機器の評価 ~臨床現場でAI判定の結果を安心して用いるために~
    岩上 将夫
    アイリス株式会社セミナー AI医療機器nodoca、開発プロセスの開示とAIの将来像展望/2023-07-23--2023-07-23
  • Public Healthを考える
    岩上 将夫
    第96回東京大学5月祭講演企画/2023-05-13--2023-05-13
  • エマージングテクノロジーの医療応用 に関する諸外国の動向
    岩上 将夫
    21世紀メディカル研究所 メディカル・エマージングテクノロジーフォーラム 第4回講義/2022-04-19--2022-04-19
  • リアルワールドデータの発展のために
    岩上 将夫
    日本薬剤疫学会 実務者のためのデータベース研究講座/2023-03-07--2023-03-07
  • 日本のリアルワールドデータの課題と 電子カルテテキストの可能性
    岩上 将夫
    TXP Medical Webinar/2023-03-01--2023-03-01
  • 疫学、公衆衛生学からみた医療Dx
    岩上 将夫
    21世紀医療Dxフォーラム第2回講義/2023-02-21--2023-02-21
  • HOW TO ENSURE SUCCESS OF YOUR RWE STUDIES AND AVOID PITFALLS IN JAPAN
    岩上 将夫
    OXON epidemiology Masterclass Series on RW Studies/2022-11-16--2022-11-16
  • リアルワールドデータ総論、研究デザイン(1)、研究デザイン(2)、観察研究の報告基準と論文の読み方・書き方
    岩上 将夫
    日本科学技術連盟 リアルワールドデータ観察研究セミナー/2022-11-07--2022-11-09
  • リアルワールドデータを用いた研究とその活用について
    岩上 将夫
    Pfizer for Professionals Internet Symposium ランダム化比較試験とリアルワールドエビデンスをどのように活用するか/2022-11-01--2022-11-01
  • ロンドン大学留学と英国プライマリケアデータベース研究を通じて見えた!臨床家のための薬剤疫学の世界
    岩上 将夫
    第10回臨床研究てらこ屋in福島/2022-09-25--2022-09-25
  • 認知症予防疫学研究の最前線
    岩上 将夫
    21世紀メディカル研究所 MCIフォーラム補講 第2回講義 (医療情報部会 特別勉強会2)/2022-07-26--2022-07-26
  • RWD×機械学習=?? 〜RWD研究における役割を考える〜
    岩上 将夫
    第42回 JMDC Webinar/2022-07-13--2022-07-13
  • 医療ビッグデータを乳がん研究にどのように活用するのか
    岩上 将夫
    ファイザー VISION 2 MIRAI 2022/2022-05-14--2022-05-14
  • 製造販売後データベース調査推進の検討: 海外との仕組みの違い(データやバリデーション方法の違いも含めて)
    岩上 将夫
    医療情報 DB 推進コンソーシアム /2022-02-16--2022-02-16
  • 悪玉(LDL)コレステロール高値は認知症のリスク因子~Lancet Healthy Longevity論文の紹介~
    岩上 将夫
    第42回ヘルスサービスリサーチ研究会/2021-10-22--2021-10-22
  • データベースを用いた観察研究の事例(1)
    岩上 将夫
    日科技連メディカルアフェアーズ部門向けセミナー観察研究コース/2021-11-18--2021-11-18
  • Electronic health records research on COVID-19 in Japan
    岩上 将夫
    World Class Visiting Professor at University Sumatra Urata/2021-11-17--2021-11-17
  • 製造販売後データベース調査におけるRWDの活用~現状と今後の展望~
    岩上 将夫
    MDV無料Webセミナー/2021-10-27--2021-10-27
  • データベースから研究テーマを検討する
    岩上 将夫
    第29回 JMDC Webinar/2021-9-17--2021-9-17
  • 医療情報データベース研究のアウトカム定義
    岩上 将夫
    日本製薬医学会MS部会主催セミナー/2021-08-20--2021-08-20
  • アカデミアから見た製造販売後データベース調査
    岩上 将夫
    くすりの適正使用協議会「産官学セミナー」/2021-05-17--2021-05-17
  • つくば市におけるポリファーマシー(多剤処方) ~これまでの研究成果と今後の展望~
    岩上 将夫
    つくば市第9回医療福祉介護分科会/2021-03-19--2021-03-19
  • 医療介護連結データによる研究の可能性 (薬剤疫学の視点から) 
    岩上 将夫
    筑波大学エクステンションプログラム:医療介護レセプト活用塾/2021-02-09--2021-02-09
  • more...
Professional activities
2023-11 -- (current)Japan Epidemiolgical AssociationEditoroal Board member in Journal of Epidemiology
2023-11 -- 2025-11JAPANESE SOCIETY FOR PHARMACOEPIDEMIOLOGY理事
2023-06 -- 2025-06Japan Epidemiolgical Association代議員
2022-04 -- (current)International Society of NephrologyEditoroal Board member in Kidney International
2022-01 -- (current)厚生労働省 医療情報データベース推進コンソーシアム事業委員
2021-11 -- (current)医療経済研究機構イギリス医療保障制度に関する調査研究会
2021-07 -- (current)日本公衆衛生学会代議員
2021-04 -- (current)独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)専門委員
2020-12 -- (current)International Society for PharmacoepidemiologyAssociate Editor in Pharmacoepidemiology and Drug Safety
2020-03 -- (current)Institute for Health Metrics and EvaluationGlobal Burden of Disease (GBD) Collaborator Network member
more...
University Management
2023-04 -- (current)公衆衛生学学位プログラム論文審査委員
2023-04 -- (current)公衆衛生学学位プログラム同窓会顧問
2021-04 -- (current)公衆衛生学学位プログラム広報担当委員
2019-12 -- (current)ヘルスサービスリサーチ開発研究センター運営委員会二次データ基盤部門 部門長

(Last updated: 2024-03-01)