You are here

Tsuchiya Kiichiro

Affiliation
Faculty of Medicine
Official title
Professor
Research fields
Gastroenterology
Research keywords
消化器内科学
cancer stem
IBD
intestinal differentiation
炎症性腸疾患
Research projects
組織学的治癒を目指したIBD病態リセット機構の解明2021 -- 2023土屋 輝一郎Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(B)17,420,000Yen
炎症性腸疾患病変部に共通する特異的本態の解明2018-01 -- 2020-01文部科学省/日本学術振興会/
腸上皮化生を主眼とした消化器がんのスキルス化機構に関する研究2018-01 -- 2020-01文部科学省/日本学術振興会/
位置運命決定因子におけるヒト成体器官機能制御の解明2018-01 -- 2019-01文部科学省/日本学術振興会/
クローン病再燃予測システムの開発2017-01 -- 2019-01文部科学省/日本学術振興会/
ナノネット粘膜防御によるクローン病新規治療開発2016-01 -- 2018-01文部科学省/日本学術振興会/
独自の培養系を用いた腸管上皮幹細胞における生体恒常性維持機構の解明2014-01 -- 2018-01文部科学省/日本学術振興会/
持続炎症モデルを用いた腸管上皮細胞スパイラル形質転換による発がん機構解析2015-01 -- 2017-01文部科学省/日本学術振興会/
ヒト腸管上皮幹細胞における1細胞イメージング技術の開発2015-01 -- 2016-01文部科学省/日本学術振興会/
再生腸上皮幹細胞ニッチの誘導・再構築による炎症腸管粘膜再生治療の確立2013-01 -- 2015-01文部科学省/日本学術振興会/
Honors & Awards
2020-042020年度 日本医療研究開発機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 疾患・組織別実用化研究拠点(拠点B)「培養腸管上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発拠点」研究開発代表者:渡辺 守 研究開発分担者:岡本隆一、土屋輝一郎
2020-04令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):20K08378 「ヒトクローン病モデル構築による粘膜治癒機構の解明」 研究代表者:大塚和朗 分担研究者:土屋輝一郎ヒトクローン病モデル構築による粘膜治癒機構の解明
2020-04令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):19K08461 「ヒトiPS細胞由来胆管細胞培養系を用いた胆管癌における新規発癌機序の解明」 研究代表者:小林正典 分担研究者:柿沼 晴、土屋輝一郎、大島 茂ヒトiPS細胞由来胆管細胞培養系を用いた胆管癌における新規発癌機序の解明
2020-04令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(A):19H01050 「ヒト体外複合臓器モデルによる生体維持機構解析」 研究代表者:渡辺 守 分担研究者:油井史郎、柿沼 晴、鬼澤道夫、土屋輝一郎ヒト体外複合臓器モデルによる生体維持機構解析
2020-04令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):18K07902 「炎症性腸疾患病変部に共通する特異的本態の解明」 研究代表者:竹中健人 分担研究者:大塚和朗、土屋輝一郎炎症性腸疾患病変部に共通する特異的本態の解明
2020-04令和2年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B):18H02791「腸上皮化生を主眼とした消化器がんのスキルス化機構に関する研究」 研究代表者:土屋輝一郎 研究分担者:渡辺 守腸上皮化生を主眼とした消化器がんのスキルス化機構に関する研究
2019-04令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 挑戦的研究(萌芽):18K19535 「位置運命決定因子におけるヒト成体器官機能制御の解明」 研究代表者:土屋輝一郎位置運命決定因子におけるヒト成体器官機能制御の解明
2019-04令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):18K07902 炎症性腸疾患病変部に共通する特異的本態の解明 研究代表者:竹中健人 研究分担者:大塚和朗、土屋輝一郎炎症性腸疾患病変部に共通する特異的本態の解明
2019-04令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B):18H02791 「腸上皮化生を主眼とした消化器がんのスキルス化機構に関する研究」 研究代表者:土屋輝一郎 研究分担者:渡辺 守、伴 大輔腸上皮化生を主眼とした消化器がんのスキルス化機構に関する研究
2019-04令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(C):17K09370 「クローン病再燃予測システムの開発」 研究代表者:大塚和朗 研究分担者:土屋輝一郎、渡辺 守クローン病再燃予測システムの開発
2019-04令和元年度 文部科学省研究費補助金 基盤研究(C):19K08461 「ヒトiPS細胞由来胆管細胞培養系を用いた胆管癌における新規発癌機序の解明」 研究代表者:小林正典 研究分担者:柿沼 晴、土屋輝一郎、大島 茂ヒトiPS細胞由来胆管細胞培養系を用いた胆管癌における新規発癌機序の解明
2019-04令和元年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(A):19H01050 「ヒト体外複合臓器モデルによる生体維持機構解析」 研究代表者:渡辺 守 研究分担者:油井史郎、柿沼 晴、鬼澤道夫、土屋輝一郎ヒト体外複合臓器モデルによる生体維持機構解析
2018-04平成30年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B) 「腸上皮化生を主眼とした消化器がんのスキルス化機構に関する研究」研究代表者:土屋輝一郎
2018-04平成30年度 国立医療研究開発機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 疾患・組織別実用化研究拠点(拠点B)「培養腸管上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発拠点」研究分担者:土屋輝一郎
2017-04平成29年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B) : 15H04808「持続炎症モデルを用いた腸管上皮細胞スパイラル形質転換による発がん機構解析」研究代表者:土屋輝一郎
2017-04平成29年度 国立医療研究開発機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 疾患・組織別実用化研究拠点(拠点B)「培養腸管上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発拠点」研究分担者:土屋輝一郎
2016-04平成28年度 国立医療研究開発機構 委託研究開発費(革新的がん医療実用化研究事業)H27医研開第00101号 15Ack0106017h0002「スキルスがんにおける癌幹細胞悪性形質獲得機構に関する研究」研究代表者:土屋輝一郎
2016-04平成28年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B) : 15H04808「持続炎症モデルを用いた腸管上皮細胞スパイラル形質転換による発がん機構解析」研究代表者:土屋輝一郎
2016-04平成28年度 文部科学省科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 : 15K15287「ヒト腸管上皮幹細胞における1細胞イメージング技術の開発」研究代表者:土屋輝一郎
2016-04平成28年度 国立医療研究開発機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 疾患・組織別実用化研究拠点(拠点B)「培養腸管上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発拠点」研究分担者:土屋輝一郎
2015-04平成27年度 文部科学省科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究 : 15K15287「ヒト腸管上皮幹細胞における1細胞イメージング技術の開発」研究代表者:土屋輝一郎ヒト腸管上皮幹細胞における1細胞イメージング技術の開発
2015-04平成27年度 文部科学省科学研究費補助金 基盤研究(B) : 15H04808「持続炎症モデルを用いた腸管上皮細胞スパイラル形質転換による発がん機構解析」研究代表者:土屋輝一郎持続炎症モデルを用いた腸管上皮細胞スパイラル形質転換による発がん機構解析
2015-04平成27年度 国立医療研究開発機構 委託研究開発費(革新的がん医療実用化研究事業)H27医研開第00101号 15Ack0106017h0002「スキルスがんにおける癌幹細胞悪性形質獲得機構に関する研究」研究代表者:土屋輝一郎スキルスがんにおける癌幹細胞悪性形質獲得機構に関する研究
2015-04平成27年度 国立医療研究開発機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 疾患・組織別実用化研究拠点(拠点B)「培養腸管上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発拠点」研究分担者:土屋輝一郎「培養腸管上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発拠点」
2014-04平成26年度 独立行政法人 科学技術振興機構 再生医療実現拠点ネットワークプログラム 疾患・組織別実用化研究拠点(拠点B)「培養腸管上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発拠点」研究分担者:土屋輝一郎「培養腸管上皮幹細胞を用いた炎症性腸疾患に対する粘膜再生治療の開発拠点」
Refereed academic journal/Refereed international conference paper
Other articles
  • Percutaneous transhepatic obliteration-related procedures for isolated gastric varices: experience of three cases
    Hirose Suguru; Hasegawa Naoyuki; Mori Kensaku; Endo Masat...
    Clinical journal of gastroenterology, 2021-11
  • 腸分化形質制御因子によるIPMN悪性化機構
    勝倉 暢洋; 土屋 輝一郎
    消化器・肝臓内科/10(3)/pp.375-381, 2021-10
  • クローン病の治療において生物学的製剤をどう使いこなすか?
    土屋 輝一郎
    月刊 消化器・肝臓内科/10(4)/pp.450-456, 2021-10
  • 慢性大腸炎治療におけるNKG2D阻害系の意義
    伊藤 ゆみ; 金井 隆典; 蒔田 新; 土屋 輝一郎; 戸塚 輝治; 八...
    日本消化器病学会雑誌/104(臨増総会)/pp.A95-A95, 2007-03
  • 炎症性腸疾患における上皮分化 増殖機構の解析と粘膜再生治療への応用
    岡本隆一; 秋山純子; 小野塚泉; 油井史郎; 土屋輝一郎; 中村...
    大腸疾患NOW 2009/pp.153-157, 2009-01
  • 【特集:ここまで明らかになった!IBD の病因・病態】goblet(杯)細胞分裂と潰瘍性大腸炎
    岡本隆一 土屋輝一郎 新垣美郁代 秋山純子 中村哲也 渡辺 守
    IBD Research/3(3)/pp.35-40, 2009-09
  • 【幹細胞を用いた消化器再生医療の展望】 クローン病・潰瘍性大腸炎の難治性潰瘍も幹細胞を用いた再生医療で治せるか
    岡本 隆一 秋山 純子 鄭 秀 加納 嘉人 水谷 知裕 油井 史郎 ...
    分子消化器病/6(4)/pp.353-358, 2009-12
  • IBDの最新の話題 基礎編(第14回) 炎症粘膜上皮の再生制御機構
    岡本 隆一 秋山 純子 鄭 秀 加納 嘉人 水谷 知裕 油井 史郎 ...
    IBD Research/4(2)/pp.121-126, 2010-06
  • 【免疫統御からみた新しいIBD治療】 腸管細胞の分化・再生の制御機構からみたIBD治療へのアプローチ
    岡本 隆一 清水 寛路 村野 竜朗 伊藤 剛 堀田 伸勝 鄭 秀 加...
    IBD Research/5(4)/pp.226-231, 2011-12
  • 【オートファジーと疾患】 炎症性腸疾患とオートファジー 腸管上皮細胞におけるオートファジーの役割とCrohn病とのかかわり
    土屋 輝一郎
    医学のあゆみ/241(4)/pp.271-274, 2012-04
  • 腫瘍をめぐるQ&A(Question45) Lgr5とは?
    伊藤 剛 岡本隆一 清水寛路 村野竜朗 水谷知裕 油井史郎 土屋...
    Surgery Frontier/19(2)/pp.224-227, 2012-06
  • 【消化器臓器の分化と再生、発癌】 Wntシグナルは消化管上皮細胞の分化と癌化にどのようにかかわっているのか
    土屋 輝一郎
    分子消化器病/9(4)/pp.320-324, 2012-12
  • [Functional gastrointestinal disorders (FGID): progress in diagnosis and treatments. Topic I. Basic knowledge of functional gastrointestinal disorders (FGID); 4. The significance of infectious disease and microbiota in FGID].
    Tsuchiya K
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine/102(1)/pp.25-31, 2013-01
  • 【機能性消化管障害(FGID):診断と治療の進歩】 FGIDの基本的知識 感染症や腸内細菌の意義(免疫学的異常について)
    土屋 輝一郎
    日本内科学会雑誌/102(1)/pp.25-31, 2013-01
  • 【みえてきた小腸の多彩な機能制御にせまる】 長軸方向の小腸構造はどのように制御されているのか
    土屋 輝一郎
    分子消化器病/10(1)/pp.12-16, 2013-03
  • 【Colitic cancerの発生メカニズムと予防】 免疫異常・炎症性サイトカインとIBD発癌
    加納 嘉人 土屋 輝一郎 渡辺 守
    G.I.Research/21(5)/pp.326-331, 2013-10
  • 【機能性消化器疾患-あたらしい診療戦略】 FGIDと器質的疾患のインターフェース どう除外するか?
    荒木 昭博 土屋 輝一郎 渡辺 守
    カレントテラピー/31(12)/pp.1205-1209, 2013-12
  • The intestinal epithelial stem cells and cancer stem cells
    土屋輝一郎
    Japanese Journal of Cancer and Chemotherapy/41(3)/pp.285-289, 2014-03
  • 【臨床検体から導き出す消化器病研究】 内視鏡生検検体から腸内環境を模倣できるか
    土屋輝一郎
    分子消化器病/11(1)/pp.25-29, 2014-03
  • 【常在細菌叢が操るヒトの健康と疾患】 (第3章)疾患における常在細菌叢のふるまいと治療的介入 消化器関連疾患 炎症性腸疾患における消化管バリアー機能破綻
    渡辺 守 土屋 輝一郎
    実験医学/32(5)/pp.746-751, 2014-03
  • 【炎症と(悪性)腫瘍】 IBD(炎症性腸疾患)と腫瘍
    加納 嘉人 土屋輝一郎 渡辺 守
    臨床免疫・アレルギー科/63(1)/pp.7-12, 2015-01
  • 【機能性消化管疾患-病態の解明と新たな治療】 機能性消化管疾患と発症機序 過敏性腸症候群と感染性腸炎および腸内細菌叢
    土屋輝一郎
    臨床消化器内科/30(2)/pp.217-223, 2015-01
  • [Remodeling of cancer stem cells in gastrointestinal cancer].
    Tsuchiya K
    Nihon rinsho. Japanese journal of clinical medicine/73(5)/pp.855-9, 2015-05
  • 【大腸癌診療Update】 基礎のUpdate 小腸から大腸癌へ 幹細胞研究の新しい展開
    土屋輝一郎 渡辺 守
    医学のあゆみ/253(10)/pp.959-962, 2015-06
  • 【特集:下部消化管:炎症からの発癌】炎症発癌の基礎研究(3)炎症発癌の癌形質獲得機構
    土屋輝一郎; 福島 啓太; 日比谷 秀爾; 加納 嘉人
    INTESTINE/19(4)/pp.342-347, 2015-08
Books
  • 【内科診断学 第3版】Ⅳ.症例編_繰り返す血便
    土屋輝一郎
    医学書院, 2016-02
  • 【内科診断学 第3版】Ⅳ.症例編_突然に発症した腰背部痛
    土屋輝一郎
    医学書院, 2016-02
Conference, etc.
  • 炎症性腸疾患におけるSLFN11の役割
    土屋 輝一郎
    第44回日本分子生物学会年会/2021-12-02
  • ヒト大腸organoid潰瘍性大腸炎モデルの炎症性発癌予防への応用
    渡辺 翔; 土屋 輝一郎; 岡本 隆一
    JDDW 2021/2021-11-4
  • 腸分化制御因子における IPMN癌形質獲得機構と治療への応用に向けて
    勝倉 暢洋; 土屋 輝一郎; 田邉 稔
    第52回日本膵臓学会大会/2021-09-22
  • カペシタビンによる全消化管粘膜脱落および重篤な消化管出血を救命し得たdihydropyrimidine dehydrogenase (DPD)欠損症の1例
    鈴木 英雄; 宮崎鈴菜; 萩原悠也; 山本祥之; 辻実季; 福田智史...
    第365回日本消化器病学会関東支部例会/2021-07-10--2021-07-10
  • ペムブロリズマブによる免疫関連有害事象(irAE)大腸炎に対してサラゾスルファピリジンが著効した1例
    鈴木 英雄; 石川直樹; 山田武史; 小林真理子; 山本祥之; 森脇...
    第365回日本消化器病学会関東支部例会/2021-07-10--2021-07-10
  • 日常診療における慢性便秘症の治療ポイント ―がんサポーティブケアとの 接点を見据えて―
    土屋 輝一郎
    第6回日本がんサポーティブケア学会学術集会/2021-05-30--2021-05-30
  • IBD診療のさらなる未来に向けて
    土屋 輝一郎
    日本消化器病学会東北支部  第211回例会/2021-07-02--2021-07-02
  • ヒト体外モデル構築における IBD再生医療の未来
    土屋 輝一郎
    第18回広島消化器免疫研究会/2021-05-20--2021-05-20
  • 大腸上皮幹細胞新規培養法と培養幹細胞移植による大腸組織修復
    油井史郎 中村哲也 根本泰宏 水谷知裕 鄭 秀 一ノ瀬志津子 永...
    第18回浜名湖シンポジウム/2010-12-25
  • 小腸上皮細胞初代培養による生理的フラジェリン応答解析
    土屋 輝一郎 鄭 秀 加納 嘉人 水谷 知裕 油井 史郎 岡本 隆一...
    栄養-評価と治療/2012-02-01
  • 空腸に限局した小腸結核をダブルバルーン小腸内視鏡にて観察し得た一例
    田川泰寛 斎藤詠子 石川喜也 江頭徹哉 福島啓太 河合富貴子 ...
    第318回 日本消化器病学会関東支部例会/2012-02-25
  • 非典型的な画像所見を呈し診断に難渋した転移性肝血管肉腫の一例
    武井ゆりあ; 吉野耕平; 東 正新; 藤木純子; 藤井俊光; 森尾純...
    第319回 日本消化器病学会関東支部例会/2012-05-26
  • 経口胆道内視鏡下生検にて確定診断にいたり自然経過を追えた粘液産生胆管腫瘍の1例
    三好正人 藤井俊光 櫻井 幸 齊藤詠子 大島 茂 土屋輝一郎 岡...
    第320回 日本消化器病学会関東支部例会/2012-07-07
  • 分子診断学からみた大腸腫瘍の治療成績と予後 新たな「分化度」スケーリングを用いた大腸癌形質制御と個別化医療への可能性
    加納 嘉人 土屋 輝一郎 渡辺 守
    日本消化器病学会雑誌/2012-09-01
  • 正常小腸上皮培養細胞を用いたP-gp依存性薬剤排出機構の解析
    水谷知裕 中村哲也 福田将義 望月和歌菜 山内祐樹 野崎賢吾 ...
    第20回浜名湖シンポジウム/2012-12-22
  • NSAID/アスピリン小腸病変の現状とマネジメント
    竹内 孝治 細江 直樹 佐藤 宏 Wallace John L 土屋 輝一郎 藤...
    Pharma Medica/2013-01-01
  • NSAIDs服用患者における全長小腸粘膜の病理学的検討
    岡田 英理子 土屋 輝一郎 岩嵜 美智子 堀田 伸勝 福島 啓太 ...
    Gastroenterological Endoscopy/2013-04-01
  • 幹細胞異常と内科系疾患、現況と展望 消化管幹細胞と消化器がん幹細胞
    土屋 輝一郎
    日本内科学会雑誌/2013-09-01
  • [110th Scientific Meeting of the Japanese Society of Internal Medicine: Symposium: 2. Diseases originated from stem cell abnormalities; 4) The intestinal epithelial stem cells and cancer stem cells].
    K Tsuchiya
    Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine/2013-09-10
  • 慢性的な水様便および発熱を契機に発見された小腸原発perpheral T-cell lymphoma, not otherwise specified(PTCL-NOS)の一例
    福与涼介 鈴木康平 斎藤詠子 水谷知裕 和田祥城 藤井俊光 井...
    日本消化器病学会 関東支部例会 第328回例会/2014-02-22
  • Molecular mechanism in the pathogenesis of the colitis-associated colorectal cancer
    Tsuchiya K Watanabe M
    第32回Cytoprotection 研究会/2014-03-23
  • 小腸生検検体を用いたクローン病病態解析
    林 亮平; 土屋輝一郎; 渡辺 守
    第100回日本消化器病学会総会/2014-04-26
  • 家族性地中海熱の2例
    七松 東 鈴木康平 水谷知裕 和田祥城 藤井俊光 井津井康浩 大...
    日本消化器病学会 関東支部例会 第329回例会/2014-05-10
  • 腸管上皮初代培養細胞を用いた体外病態モデルの構築
    土屋輝一郎; 堀田伸勝; 福島啓太; 林 亮平; 日比谷秀爾; 水谷...
    厚生労働科学研究 難治性疾患克服研究事業 「難治性炎症性腸管障害に関する調査研究」/2014-07-25
  • 慢性偽性腸閉塞においてバルーン内視鏡にて回腸の炎症性腸疾患様の粘膜変化を観察できた一例
    堤 大樹 竹中健人 長堀正和 大塚和朗 藤井俊光 荒木昭博 永石...
    日本消化器病学会 関東支部 第330回例会/2014-07-26
Teaching
2021-04 -- 2021-08Clinical Oncology: Gastrointestinal and Pancreato-hepato-biliary CancerUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Clinical Oncology: Gastrointestinal and Pancreato-hepato-biliary CancerUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Lecture and Discussion in Internal Medicine IIUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Lecture and Discussion in Internal Medicine IUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Seminar in Internal Medicine IUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Practice in Internal Medicine IUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Practice in Internal Medicine IIUniversity of Tsukuba.
Professional activities
-- (current)日本小腸学会理事
-- 2021-03Journal of Gastroenterologyeditor
-- (current)Journal of Gastroenterology and Hematology編集委員
-- (current)日本消化器内視鏡学会 関東支部学術評議員
-- (current)日本消化器病学会 関東支部学術評議員
-- (current)American Gastroenterological Association評議員
-- (current)JAPAN GASTROENTEROLOGICAL ENDOSCOPY SOCIETY学術評議員
-- (current)JAPANESE OF SOCIETY OF GASTROENTEROLOGY学術評議員
University Management
2021-06 -- (current)日本消化器病学会雑誌編集委員

(Last updated: 2021-12-06)