NABEKURA Yoshiharu

Researcher's full information

Conference, etc.
  • フルマラソンが血漿キサンチン酸化還元酵素活性に及ぼす影響
    小﨑恵生; 隈元翔太; 時野谷勝幸; 吉田保子; 村瀬貴代; 中村敬志; 赤利精悟; 鍋倉 賢治; 竹越一博; 前田清司
    第76回日本体力医学会/2021-09-17--2021-09-19
  • ランニングシューズの違いがランナーの走の経済性に与える影響
    小川慶図; 鍋倉 賢治
    第76回日本体力医学会/2021-09-17--2021-09-19
  • 朝または午後の単回運動が血糖変動に及ぼす影響
    田中 喜晃; 緒形 ひとみ; 朴寅成; 安藤 啓; 石原 あすか; 萱場 桃子; 矢島 克彦; 鈴木 稚寛; 荒木 ...
    第76回日本体力医学会/2021-09-17--2021-09-19
  • 短時間超最大運動時の無酸素性機械効 率と短時間運動パフォーマンスの関係
    畑浦秀哉; 河合和司; 鍋倉 賢治; 小川剛司
    日本体育・スポーツ・健康学会 第71回大会/2021-09-07--2021-09-09
  • 2018年度ランニング学会賞論文「体育における持久走・長距離走に対する小中学生の態度」
    小磯 透; 西嶋 尚彦; 岡出 美則; 鍋倉 賢治
    第33回ランニング学会/2021-3-20--2021-3-20
  • ランニング学会プロジェクト事業報告 -いまなぜハーフマラソンか?
    鍋倉 賢治; 伊藤静夫; 岩山海渡; 高田由基; 髙山史徳; 中村和照
    第33回ランニング学会/2021-3-20
  • 有酸素性トレーニング量の増加が「400m・800m型」の800m選手に及ぼす影響~関東インカレ出場レベル選手の事例~
    渡邊宏太; 市原弘康; 大木祥太; 鍋倉 賢治
    第33回ランニング学会/2021-3-21
  • 大学体育「ジョグ&ウォーク」におけるOn-Demand授業の可能性と課題
    鍋倉 賢治; 青栁篤; 小川慶図; 大木祥太
    第33回ランニング学会/2021-3-21
  • アスリートの起床時心拍変動と心理的ストレス及び身体的ストレスとの関係
    市原弘康; 青栁篤; 鍋倉 賢治
    第33回ランニング学会/2021-3-21
  • Development of a new endurance training method by combining strength training and endurance training
    Oki Syota; S Ono; M Yonamine; Y Shishikura; H Ichihara; K...
    ARIHHP Science week 2021/2021-3-15
  • Classic modelの3要因によるトライアスロンランニングパフォーマンスの予測的妥当性の検討:無酸素性閾値に着目して
    青栁篤; 石倉惠介; 鍋倉 賢治
    第10回JTUトライアスロン・パラトライアスロン研究会/2021-2-6
  • 自転車運動後の走の経済性の変化に影響を及ぼす走動作
    高橋啓悟; 大木祥太; 鍋倉 賢治
    第10回JTUトライアスロン・パラトライアスロン研究会/2021-2-6
  • The physiological influence of hills running
    Ogawa Keito; Nabekura Yoshiharu
    25th annual congress of ECSS/2020-10-28--2020-10-30
  • 運動強度による血中および尿中Cell-free DNA量の変化
    宍倉康浩; 時野谷勝幸; 関根七海; 青栁篤; 青木海; 柳沢亘輝; 幸田幸直; 藤田和子; 吉田保子; 石倉恵介; 菅澤威仁; 前田清...
    第75回日本体力医学会/2020-9
  • Practice Report: Development and Implementation of an On-demand Online PE Course in Response to the COVID-19 Pandemic
    Hirokazu Matsuo; Kenji Nabekura
    Tsukuba Global Science Week 2020/2020-09-18--2020-10-18
  • 市民ランナーにおけるマラソンペースの実態~ランナーの背景に着目して~
    大木祥太; 岡安雄亮; 鍋倉 賢治
    第32回ランニング学会/2020-03-27--2020-03-29
  • ウェアラブルデバイスによって得られるステップ変数の信頼性:ハイスピードビデオ分析と比較して
    青栁篤; 大木祥太; 髙山史徳; 鍋倉 賢治
    第32回ランニング学会/2020-03-27--2020-03-29
  • フルマラソン2週間前の10分間下り坂走がレースタイムと回復に及ぼす影響
    髙山史徳; 青栁篤; 三津家貴也; 鍋倉 賢治
    第32回ランニング学会/2020-03-27--2020-03-29
  • 市民ランナーにおけるマラソンペースの実態~つくばマラソンのビックデータ分析~
    鍋倉 賢治; 岡安雄亮; 大木祥太; 高橋啓悟; 青栁篤; 三津家貴也; 小川慶図
    第32回ランニング学会/2020-03-27--2020-03-29
  • 中距離ランナーのエネルギー代謝能力と走パフォーマンスとの関係
    三津家貴也; 鍋倉 賢治
    第32回ランニング学会/2020-03-27--2020-03-29
  • Suboptimal pacing strategy of triathlon running: Observational study focused on Olympic-distance race
    Atsushi Aoyagi; Keigo Takahashi; Keisuke Ishikura; Yoshih...
    ARIHHP Science week 2020/2020-02-17
  • 女性中長距離ランナーの走パフォーマンス向上に求められる能力の検討
    丹治史弥; 鍋倉 賢治
    日本陸上競技学会 第18回大会/2019-12-07
  • 自重で行う股関節伸展位の最大速度ハーフスクワットトレーニングが陸上競技選手のRFDに及ぼす影響
    大木祥太; 高橋啓悟; 鍋倉 賢治
    第70回日本体育学会/2019-09-11
  • トライアスロン選手は自転車選手よりも自転車運動後の下肢におけるSSC遂行機能低下が小さいのか
    高橋啓悟; 鍋倉 賢治
    第70回日本体育学会/2019-09-11
  • トライアスロンにおける適正ペースの探索的研究
    青栁篤; 石倉惠介; 鍋倉 賢治
    ヒューマン・ハイ・パフォーマンスフォーラム2020/2020-02-17
  • more...