大橋 一晴(オオハシ カズハル)

所属
生命環境系
職名
講師
ORCID
0000-0001-8193-5083
URL
eメール
=.2+$6+,FUQ%,2/O768.8%$O$&O-3
研究分野
生態・環境
進化生物学
研究キーワード
植物-動物間相互作用
採餌行動
最適採餌戦略
植物の繁殖
花粉分散
花生態学
花の進化
研究課題
多様な送粉動物への適応における花のトレードオフ解消戦略の重要性2019 -- 2023大橋 一晴日本学術振興会/基盤研究(C)4,550,000円
多様な送粉動物の利用における開花時刻の適応的意義2016-04 -- 2019-03大橋一晴日本学術振興会/国際共同研究加速基金(国際共同研究強化)6,370,000円
多様な送粉動物の利用における開花時刻の適応的意義2014 -- 2018大橋 一晴日本学術振興会/基盤研究(C)5,200,000円
送粉動物の認知学習および空間利用行動から見た花色変化の適応的意義2010 -- 2013日本学術振興会/若手研究(B)3,640,000円
送粉動物の空間移動様式の変化が植物の花粉分散におよぼす影響           2007 -- 2009日本学術振興会/若手研究(B)3,810,000円
職歴
1998-07 -- 2001-03日本学術振興会特別研究員
2001-10 -- 2002-03トロント大学動物学科博士研究員
2002-04 -- 2004-03日本学術振興会海外特別研究員
2004-04 -- 2004-09トロント大学動物学科博士研究員
2004-12 -- (現在)筑波大学大学院生命環境科学研究科講師
学歴
-- 1993-03東京大学 理学部 生物学科
-- 1995-03東京大学 理学系研究科 植物学
-- 1998-03九州大学 理学研究科 生物学
取得学位
1998-03博士(理学)
所属学協会
1993-03 -- (現在)日本生態学会
1998-03 -- (現在)種生物学会
2017-10 -- (現在)スカンジナビア送粉生態学会
論文
著書
  • 共生植物図鑑「キバナアキギリ」
    大橋一晴
    自然と科学の情報誌[ミルシル](国立科学博物館発行), 2012-01
  • 花の数, ディスプレイ・サイズとポリネーターの訪花行動.
    大橋一晴
    文一総合出版, 1999-01
会議発表等
  • 送粉者の定花性は記憶の呼び出しコストと同種間移動コストのバランスで決まる
    高木健太郎; 大橋 一晴
    第55回種生物学シンポジウム/2023-12-01--2023-12-03
  • 植物の三密戦略:密集花序が多様な訪花昆虫による送受粉に及ぼす影響
    田中歩; 大橋 一晴; Klaus Lunau
    第55回種生物学シンポジウム/2023-12-01--2023-12-03
  • 花を集めれば遠くまで目立つ?:花密度に伴うハチの検出限界の変化
    穴澤颯太; 大橋 一晴; Klaus Lunau
    第55回種生物学シンポジウム/2023-11-25--2023-11-25
  • 実現定花性:切替コストと飛行コストをバランスする送粉者の最適採餌戦略
    高木健太郎; 大橋 一晴
    日本生態学会第71回全国大会/2024-03-16--2024-03-19
  • マルハナバチの花粉付着部位の限定が異種間花粉移動におよぼす影響
    和田渚; 大橋 一晴
    日本生態学会第71回全国大会/2024-03-16--2024-03-19
  • 植物の三密戦略:密集花序が多様な訪花昆虫による送受粉に及ぼす影響
    田中歩; 大橋 一晴
    日本生態学会第71回全国大会/2024-03-16--2024-03-19
  • 花を集めれば遠くまで目立つ?:花密度に伴うハチの検出限界の変化
    穴澤颯太; 大橋 一晴; Klaus Lunau
    日本生態学会第71回全国大会/2024-03-16--2024-03-19
  • せっかち派 vs. 慎重派:マルハナバチの採餌戦術は学習速度の個体差で説明できるか?
    竹内希海; 大橋 一晴
    日本生態学会第71回全国大会/2024-03-16--2024-03-19
  • 三花寄れば送受が増える?:ハナウドの花密度が訪花昆虫による送受粉におよぼす影響
    田中歩; 大橋 一晴
    第70回日本生態学会大会/2023-03-17--2023-03-21
  • 作業記憶は鮮度が命:植物種の混生度がマルハナバチの記憶動態と定花性におよぼす影響
    高木健太郎; 大橋 一晴
    第70回日本生態学会大会/2023-03-17--2023-03-21
  • 色で便乗、香りで差別化?:他種との花形質の類似性が訪花者の誘引と分割に及ぼす影響
    Miyazaki Saori; 大橋 一晴
    第70回日本生態学会大会/2023-03-17--2023-03-21
  • 遠くの同種より近くの他種: 植物種の混生パターンに依存した送粉昆虫の定花性の変化
    高木 健太郎; 大橋 一晴
    第54回種生物学シンポジウム/2022-12-03--2022-12-04
  • Trade-off mitigation: simultaneous adaptation to diverse pollinators through combinations of floral traits
    Ohashi Kazuharu; Jürgens Andreas; Thomson James D.
    4th International Symposium in memory of Stefan Vogel: Ecology and Evolution of Flowers/2022-11-19--2022-11-20
  • 持ち運ぶ花粉の種組成から見た送粉者としての訪花昆虫の評価
    寺田晃平; 大橋一晴
    第53回種生物学シンポジウム/2021-12-03--2021-12-05
  • 出る杭は打たれる? 柱頭の突出度が異種花粉の受け取りやすさに及ぼす影響
    山口真利枝; 大橋一晴
    第53回種生物学シンポジウム/2021-12-03--2021-12-05
  • Adaptive generalization: the neglected side of floral adaptation to biotic interactions
    Kazuharu Ohashi; Andreas Jürgens; James D. Thomson
    SCAPE 2021 (35th Annual Meeting of the Scandinavian Association for Pollination Ecology)/2021-10-22--2021-10-24
  • 遠くの同種より近くの他種: マルハナバチの定花性にみられる空間分布の影響
    高木健太郎; 大橋一晴
    第69回日本生態学会大会/2022-03-14--2022-03-19
  • トレードオフ緩和: 花形質の組合せがもたらす多様な訪花動物への同時適応
    大橋一晴; Andreas Jürgens; James D. Thomson
    第69回日本生態学会大会/2022-03-14--2022-03-19
  • 出る杭は打たれる? 柱頭の突出度が異種花粉の受け取りやすさに及ぼす影響
    山口真利枝; 大橋一晴
    第69回日本生態学会大会/2022-03-14--2022-03-19
  • 持ち運ぶ花粉の種組成から見た送粉者としての訪花昆虫の評価
    寺田晃平; 大橋一晴
    第69回日本生態学会大会/2022-03-14--2022-03-19
  • クロマルハナバチの視力検査: 花の色と密度が遠方からの識別におよぼす影響
    上原麻衣香; 大橋一晴
    第69回日本生態学会大会/2022-03-14--2022-03-19
  • 花たちの水際作戦:動物媒花の形態が異種花粉の受けとりやすさに及ぼす影響
    山口真利枝; 大橋一晴
    第68回日本生態学会大会/2021-03-17--2021-03-21
  • 花たちの水際作戦:動物媒花の形態が異種花粉の受けとりやすさに及ぼす影響
    山口真利枝; 大橋一晴
    第52回種生物学シンポジウム/2020-12-04--2020-12-06
  • Orientation matters: effect of floral symmetry and orientation on pollinator entry angle
    Jirgal Nina; Ohashi Kazuharu
    The 34th annual meeting of the Scandinavian Association for Pollination Ecology/2020-11-06--2020-11-08
  • Three options are better than two: complementary nature of different pollination modes in Salix caprea
    Ohashi Kazuharu; Jürgens Andreas
    The 34th annual meeting of the Scandinavian Association for Pollination Ecology/2020-11-06--2020-11-08
  • さらに表示...
担当授業科目
2023-10 -- 2024-03論文作成・プレゼンテーション筑波大学
2023-10 -- 2023-12生物学序説筑波大学
2023-12 -- 2024-02先端研究実習(スタディーツアー)筑波大学
2023-04 -- 2023-08生態学セミナーIIIS筑波大学
2023-04 -- 2023-08山岳科学セミナーIA筑波大学
2023-10 -- 2024-02生態学セミナーVF筑波大学
2023-10 -- 2024-02生態学セミナーIIF筑波大学
2023-07 -- 2023-08生物学実験筑波大学
2023-08 -- 2023-09高原生態学実習筑波大学
2023-04 -- 2023-06数理生物学I筑波大学
さらに表示...
一般講演
  • The evolution of flower color change: comparison between ‘change’ and ‘non-change’ species in Weigela.
    Miki Suzuki; Satoshi Shimokawa; Kazuharu Ohashi; Tsukasa ...
    East Asian Botany: International Symposium 2011/2011-03-18
  • How does floral color change affect the pollination process?: comparison between a color-changing and a noncolor-changing species in Weigela.
    Suzuki M.; Ohashi K.
    JSPS International Symposium on Pollinator Conservation/2012-01-27
  • ポリネーターの行動を介した花の形質進化
    大橋一晴
    植物色素談話会/2008-12-06
  • Economics of trapline foraging by bumble bees: competition for artificial flowers.
    Ohashi; K.; Thomson; J. D.; +大橋 一晴
    Conference on the Ecology and Evolution of Plant-Pollinator Interactions/2008-08-03
  • An automated system for tracking and identification of individual bumble bees collecting nectar from electric artificial flowers.
    Ohashi; K.; D'Souza; D.; and Thomson; J. D.; +大橋 一晴
    Conference on the Ecology and Evolution of Plant-Pollinator Interactions/2008-08-02
  • How do floral display size and the density of surrounding flowers influence the likelihood of bumble-bee revisitation to a plant?
    Makino Takashi; Kazuharu Ohashi; and Satoki Sakai
    Conference on the Ecology and Evolution of Plant-Pollinator Interactions/2008-08-01
  • マルハナバチの‘ゆずりあい’採餌:他人にきびしく、身内にやさしく?
    谷中智紀・牧野崇司・大橋一晴; +大橋 一晴
    日本生態学会第55回大会/2008-03-01
  • マルハナバチの餌選択における他個体の情報的利用~類は友を呼ぶ? Part 2
    川口利奈; 大橋一晴; 徳永幸彦
    日本生態学会第55回大会/2008-03-01
  • マルハナバチの餌選択における他個体の情報的影響~悩むより倣うが易し?
    川口利奈; 大橋一晴; 徳永幸彦
    日本動物行動学会第24回大会/2005-11-01
  • Contrasting responses of bumble bees to feeding conspecifics on their familiar and unfamiliar flowers.
    Lina Kawaguchi; Kazuharu Ohashi; Yukihiko Toquenaga
    12th International Behavioral Ecology Congress/2008-08-01
  • Do bumble bees show different responses to conspecific and heterospecific foragers on novel food source?
    Lina Kawaguchi; Kazuharu Ohashi; Yukihiko Toquenaga
    Ecological Society of America 93rd Annual Meeting/2008-08-01
  • Contrasting responses of bumble bees to feeding conspecifics on their familiar and unfamiliar flowers.
    Lina Kawaguchi; Kazuharu Ohashi; Yukihiko Toquenaga
    Conference on the Ecology and Evolution of Plant-Pollinator Interactions/2008-08-01
  • Trapline foraging by bumble bees: indirect effects of foraging experience competitive ability.
    K Ohashi; A Leslie; D D'Souza; and J D Thomson
    International Meeting for Ecological Risk Assessment of Introduced Bumblebees/2008-02-01
  • Do bumble bees show different responses to conspecific and heterospecific foragers on novel food source?
    Lina Kawaguchi; Kazuharu Ohashi; Yukihiko Toquenaga
    International Meeting for Ecological Risk Assessment of Introduced Bumblebees/2008-02-01
  • マルハナバチの餌選択における他個体の情報的利用~類は友を呼ぶ?~
    川口利奈; 大橋一晴; 徳永幸彦
    日本生態学会第54回大会/2007-03-01
  • 花蜜をめぐるマルハナバチの個体間競争 ~勝敗を分ける要因
    大橋一晴・A. Leslie・D. D'Souza・J. D. Thomson; +大橋 一晴
    日本生態学会第54回大会/2007-03-22
  • Trapline foraging by bumble bees: indirect effects of foraging experience competitive ability.
    K Ohashi; A Leslie; D D'Souza; James D. Thomson
    Evolution 2007 Annual Meeting/2007-06-17
  • マルハナバチの採餌経験による他個体への反応の違 い:「先客」が好まれる場合・疎まれる場合
    川口利奈・大橋一晴・徳永幸彦; +大橋 一晴
    日本生態学会第53回大会/2006-03-25
  • マルハナバチにおける巡回ルートの「かたち」の最適化
    大橋一晴・James D. Thomson; +大橋 一晴
    日本生態学会第53回大会/2006-03-27
  • トラマルハナバチの猛暑を乗り切る「虫海戦術」? ~ 初期巣サイズが採餌活動の季節変化におよぼす影響 ~
    下野嘉子・徳永幸彦・大橋一晴; +大橋 一晴
    日本生態学会第53回大会/2006-03-27
  • 自然界におけるコマルハナバチの花粉利用につい て―マルハナバチの元気のもと
    ムニダサ ドゥリー・大橋 一晴・徳永 幸彦; +大橋 一晴
    日本生態学会第53回大会/2006-03-27
  • 株の花数と近隣株の花数がマルハナバチ個体の誘 引におよぼす効果:「常連客」をふやすのか、「立ち寄り客」を ふやすのか?
    牧野崇司・大橋一晴・酒井聡樹; +大橋 一晴
    日本生態学会第53回大会/2006-03-25
  • 花資源を集めるポリネーターの空間利用戦術
    大橋一晴・James D. Thomson; +大橋 一晴
    日本生態学会第52回大会/2005-03-30
学協会等委員
2022-01 -- (現在)Journal of Pollination EcologyAssociate Editor
2005 -- 2007日本生態学会将来計画委員
1998 -- 2001種生物学会和文誌編集委員

(最終更新日: 2024-05-10)