礒田 博子(イソダ ヒロコ)

所属
生命環境系
職名
教授
URL
eメール
)@JF;8c?@IFBFc>8ZieLcKJLBL98c8:cAG
電話
029-853-5775
Fax
029-853-5776
研究分野
食品科学
細胞生物学
研究キーワード
食品機能性
天然物創薬
バイオアッセイ
食薬資源
食と健康
機能性食品
生活習慣病予防
神経疾患予防
研究課題
O-メチル化フラボノールを用いた心房細動のアップストリーム治療2021-04 -- 2022-03礒田博子日本医療研究開発機構/AMED 橋渡し研究戦略的推進プログラム(筑波大学拠点)シーズA900,000円
可逆的V-ATPase阻害機構の解明に基づく新規生物活性分子の創出2021-09 -- 2022-03吉田将人・礒田博子筑波大学/シーディングプログラム5,000,000円
革新的食薬資源機能評価系の開発・機能評価(つくば型デジタルバイオエコノミー社会形成の国際拠点)2020-12 -- 2030-03礒田博子・高橋真哉科学技術振興機構(JST)/共創の場形成支援プログラム(COI-NEXT)223,000,000円
創薬支援プラットフォームの構築と天然物由来創薬ライブラリの開発2020-10 -- 2021-03礒田博子科学技術振興機構(JST)/社会還元加速プログラム(SCORE)大学推進型5,000,000円
微細藻類由来多糖生産と抗炎症作用の解析2020-06 -- 2021-03礒田博子・高橋眞哉筑波大学/つくば産学連携強化プロジェクト1,000,000円
機能性試験と新規成分抽出法の確立と機能性素材の開発(低CO2と低環境負荷を実現する微細藻バイオリファイナリーの創出)2020-04 -- 2024-03礒田博子・高橋真哉科学技術振興機構/産学共創プラットフォーム 共同研究推進プログラム(OPERA)191,507,692円
COI拠点『食と健康の達人』拠点2013-10 -- 2022-03礒田博子科学技術振興機構(JST)/センターオブイノベーション (COI) プログラム288,000,000円
モロッコ国及びチュニジア国「エビデンスに基づく乾燥地生物資源シーズ開発による新産業育成研究」2017-07 -- 2022-12礒田博子国際協力機構(JICA)/地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム98,335,639円
エビデンスに基づく乾燥地生物資源シーズ開発による新産業育成研究2016-04 -- 2022-03礒田博子科学技術振興機構(JST)/地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム170,999,500円
食薬・油糧植物の機能解析と有効性検討2015-06 -- 2016-03礒田博子国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)/地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム4,806,000円
さらに表示...
職歴
2016-04 -- (現在)筑波大学生命環境系/生命環境科学研究科持続環境学専攻/筑波大学北アフリカ研究センター教授
2019-02 -- (現在)筑波大学テーラーメイドQOLプログラム開発研究センターセンター長
2019-11 -- (現在)産総研・筑波大食薬資源工学オープンイノベーションラボラトリラボ長
2019-04 -- 2021-03筑波大学学長補佐
2018-04 -- 2020-03筑波大学地中海・北アフリカ研究センターセンター長
2017-05 -- 2018-03筑波大学高細精医療イノベーション研究コア長
2015-10 -- 2020-03筑波大学ライフイノベーション学位プログラムプログラムリーダー
2013-04 -- 2015-09筑波大学北アフリカ研究センターセンター長
2013-04 -- 2016-03筑波大学生命環境系/生命環境科学研究科生物圏資源科学専攻/筑波大学北アフリカ研究センター教授
2009-04 -- 2013-03筑波大学大学院生命環境科学研究科生物圏資源科学専攻/筑波大学北アフリカ研究センター教授
さらに表示...
学歴
1995-04 -- 1997-12筑波大学 農学研究科 応用生物化学専攻
取得学位
1998-10博士(農学)筑波大学
所属学協会
1993 -- (現在)日本動物細胞工学会
1997 -- (現在)日本生化学会
1985 -- (現在)日本農芸化学会
2007 -- (現在)日本農学アカデミー
2014 -- (現在)日本ポリフェノール学会
2007 -- (現在)食品微細科学研究会
2005-10 -- 2021日本学術会議
2011 -- 2018-03日本機能性食品医用学会
2006 -- 2010日本食品工学会
2014-12 -- 2021-11日本ユネスコ国内委員会
受賞
2022-022021 BEST FACULTY MEMBER
2021-12第17回JICA理事長賞チュニジア・モロッコをはじめとした北アフリカ諸国への長年の国際貢献に寄与
2019-11Research Awardチュニジアにおける科学技術向上と国際共同研究への貢献
2018-11Best Presentation Award, The 31st Annual and International Meeting of JAACT2018 Tsukuba
2018-11Best Presentation Award, The 31st Annual and International Meeting of JAACT2018 Tsukuba
2019-03表彰状研究活動において筑波大学への貢献が特に顕著
2018-03表彰状研究活動において筑波大学への貢献が特に顕著
2018-02SATテクノロジー・ショーケース 2018 ベスト新分野開拓賞
2016-11表彰状研究活動において筑波大学への貢献が特に顕著
2016-02チュニジア-日本 文化・科学・技術学術会議 (TJASSST 2015)ポスター賞受賞
2016-02チュニジア-日本 文化・科学・技術学術会議 (TJASSST 2015)ポスター賞受賞
2015-11表彰状研究活動において筑波大学への貢献が特に顕著
2015-02表彰状研究活動において筑波大学への貢献が特に顕著
2014-03表彰状研究活動において筑波大学への貢献が特に顕著
2013-03表彰状研究活動において筑波大学への貢献が特に顕著
2013-11The 12th Tunisia-Japan Symposium on Science, Society and Technology 2013 (TJASSST 2013)ベストポスター賞受賞
2013-10Tsukuba Global Science Week 2013最優秀ポスター賞受賞
2013-07日本動物細胞工学会2013年度大会 (JAACT2013)優秀ポスター賞受賞
2013-12公益財団法人ソロプチミスト日本財団 女性研究者賞 つくばクラブ賞受賞
2012-11TJASSST2012 優秀発表賞
2011-11Tunisia-Japan Symposium on Society, Science & Technology the 11th edition (TJASSST 11) The Best Poster award
2011-09日本生化学会鈴木紘一メモリアル賞
2010-122010環太平洋国際化学会議(PACIFICHEM 2010)優秀ポスター賞受賞
2010-11国際農学ESD(Ag-ESD)シンポジウム2010優秀ポスター賞
2009-07日本動物細胞工学会2009年度大会優秀ポスター賞受賞
さらに表示...
論文
著書
  • Generation of liver organoids and their potential applications
    ZHENG Yun-Wen; LIU Li-Ping; LI Yu-Mei; Guo NN Wang LY T...
    Stem Cells and Cancer in Hepatology: From Essentials to Application/ACADEMIC PRESS LTD-ELSEVIER SCIENCE LTD/pp.115-144, 2018-05
  • Reactive Oxygen Species in Skin Repair, Regeneration, Aging, and Inflammation
    ZHENG Yun-Wen; Hui Xu Qi Liu Feng-Lin Luo Hu-Chen Zhou...
    Reactive Oxygen Species (ROS) in Living Cells/InTechOpen/pp.69-87, 2018-05
  • Caffeic Acid and its Biological Effects on Brain Function.
    Villareal Myra Orlina; Sato Yuki; Isoda Hiroko
    Health Benefits Of Green Coffee Bean In Human/Taylor and Francis, 2016
  • Bioanalytical tests for assessing cytotoxicity and estrogenicity effects of treated wastewater on mammalian cell lines
    Etteieb Selma; Kawachi Atsushi; Han Junkyu; Tarhouni ...
    INTERNATIONAL CONFERENCE ON TECHNOLOGIES AND MATERIALS FOR RENEWABLE ENERGY, ENVIRONMENT AND SUSTAINABILITY -TMREES15/ELSEVIER SCIENCE BV/pp.878-885, 2015
  • Chapter 99 – Caffeolyquinic Acid Induces the Upregulation of Glycolytic Enzymes
    Junkyu Han; Kazunori Sasaki; El Omri; Isoda Hiroko
    Coffee in Health and Disease Prevention/ACADEMIC PRESS, ELSEVIER/p.897, 2015
  • Chapter 81 – Caffeolyquinic Acid Protects against Alzheimer’s Disease through Inhibition of Amyloid Beta-Induced Toxicity
    Junkyu Han; El Omri; Kazunori Sasaki; Isoda Hiroko
    Coffee in Health and Disease Prevention/ACADEMIC PRESS, ELSEVIER/p.729, 2015
  • Induction of differentiation of animal cells by microbial extracellular glycolipids
    礒田 博子
    1998-10
  • 話題源数学
    礒田 博子
    東京法令出版, 1989-10
  • 生体膜からみた生物教育の体系化に関する一考察~実験シリーズの開発を中心に~
    礒田博子
    教授学の探求,11, 1993-01
  • Animal Cell Technology Developments towards the 21st Century
    H. Isoda; H. Shinmoto; T. Nakahara
    Kluwer Academic Publishers, Netherlan, 1995-02
  • バイオサイエンスとインダストリー
    礒田博子・新本洋士・中原忠篤; +礒田 博子
    バイオインダストリー協会, 1998-09
  • 極限乾燥地バイオマス遺伝子資源の機能開発と有効利用
    礒田博子; 安部征雄
    沙漠研究12(4), 2003-01
  • 化学と生物
    宮崎 均; 礒田博子; 安部征雄; 中村幸治
    学会出版センター, 2005-07
  • 大豆発酵生産物の大腸がん細胞増殖抑制効果とそのメカニズム
    韓畯奎; 新井行雄; 礒田博子
    フードケミカル12, 2006-01
  • 「沙漠の事典」ー 微生物活性;有用植物ー北アフリカ乾燥地;沙漠人参
    礒田博子
    丸善株式会社, 2009-07
  • フードナノテクノロジー
    中嶋光敏; 礒田博子; 韓 畯奎; マルコス ネヴェス
    シーエムシー出版, 2009-01
  • 食品機能性評価マニュアル集 (第Ⅲ集)
    礒田博子; 韓 畯奎
    食品機能性評価支援センター, 2009-01
  • バイオチップ実用化ハンドブック
    礒田博子; 韓畯奎
    株式会社エヌ・ティー・エス, 2010-04
  • 黄砂発生における微生物及びアレルゲン物質の輸送
    山田パリーダ; 礒田博子; 安部征雄
    沙漠研究, 2010-01
  • チュニジア産オリーブ葉抽出物のヒト白血病細胞分化誘導作用
    中崎瑛里; 韓畯奎; 礒田博子
    食品資材研究会, 2010-01
  • ムラサキ芋抽出物による神経細胞保護作用
    佐々木一憲; 韓畯奎; 礒田博子; 田丸保夫; 脇之薗勝
    食品資材研究会, 2010-01
  • 口蹄疫発生の検証およびその行方と対策 ―黄砂によって輸送される病原性物質―
    礒田博子; 山田パリーダ; 森尾貴広
    学術の動向・日本学術協力財団, 2011-02
  • “Valorization of Tunisian Olives and Japanese Consumer Preference for Olive Oil”(chapter 3)
    kenichi Kashiwagi; Junkyu Han; Hiroko Isoda
    Tunisia Economic, Political and Social Issues/Nova Science Publishers/pp.63-92, 2012-01
  • Field investigation on the infiltrations of reservoir and sea waters in summer dry season in Lebna watershed, Tunisia
    Kawachi Atsushi; Tsujimura Maki; Takahashi M.; Chekirbana A....
    MANAGEMENT OF NATURAL RESOURCES, SUSTAINABLE DEVELOPMENT AND ECOLOGICAL HAZARDS III/WIT PRESS/pp.403-414, 2012-01
  • MTT Reduction by Flavonoids in the Absence of Cells: Influence of Medium Type and Serum
    Talorete Terence P. N.; Bouaziz Mohamed; Sayadi Sami; Iso...
    ANIMAL CELL TECHNOLOGY: BASIC AND APPLIED ASPECTS, VOL 15/SPRINGER/pp.317-324, 2009-01
  • さらに表示...
会議発表等
  • 肝細胞増殖因子(HGF)産生促進活性を有する天然由来化合物の探索
    東倉名津; 礒田博子; 宮前友策; 繁森 英幸
    日本農芸化学会関東支部2021年度大会/2021-08-28--2021-08-28
  • Prohydrojasmon Promotes Phenolic Compound Accumulation in Komatsuna and Red Leaf Lettuce.
    Haidar Rafid AZIS; Namioka Yui; Takahashi Shinya; Sano To...
    32nd International conference on Arabidopsis Research (ICAR2022)/2022-06-20--2022-06-24
  • 生細胞中の脱ユビキチン化酵素の活性を検出する準生体直交型バイオセンサータンパク質の開発
    鈴木琢海; 宇津木優樹; 礒田博子; 宮前 友策
    日本農芸化学会2022年度大会/2022-03-15--2022-03-18
  • Effect of Cyanidin 3-Glucoside on the Production of Hepatocyte Growth Factor in Normal Human Dermal Fibroblasts
    Annisa Krama; 東倉名津; 礒田博子; 繁森英幸; 宮前 友策
    日本農芸化学会2022年度大会/2022-03-15--2022-03-18
  • Analysis of subcellular localization of tetrandrine that modulates autophagy-lysosome pathway
    Zhe Yang; 高橋知暉; 礒田博子; 繁森英幸; 宮前 友策
    日本農芸化学会2022年度大会/2022-03-15--2022-03-18
  • Cumin-derived cuminaldehyde ameliorates learning and memory impairment by inhibiting neuroinflammatory in aged mice
    Sasaki Kazunori; Omari Zineb; Hafidi Abdellatif; Gadhi C...
    Tunisia-Japan Symposium 2020/2022-03-11--2022-03-13
  • Integrated Transcriptome Analysis of Human Amniotic Epithelial Stem Cells Treated with Plant Extracts and Their Bioactive Compounds: A 3 in 1 Approach to Explore Biological Activities
    Ferdousi Farhana; Isoda Hiroko
    Tunisia-Japan Symposium 2020/2022-03-11--2022-03-13
  • Hair Growth Potential effect of Argan Press Cake Extract on Human Hair Dermal Papilla Cells
    Bejaoui Meriem; Taarji Noamane; Saito Masako; Nakajima M...
    Tunisia-Japan Symposium 2020/2022-03-11--2022-03-13
  • Neurogenesis Promoting Effect of Sugarcane (Saccharum officinarum L.) Top Extract and Its Learning and Memory Improvement
    Iwata Kengo; Wu Qingqing; Ferdousi Farhana; Sasaki Kazun...
    Tunisia-Japan Symposium 2020/2022-03-11--2022-03-13
  • Antidepressant-like effects of olive leaf compounds through the Β-catenin signaling pathway
    Wakasugi Daiki; Kondo Shinji; Sasaki Kazunori; Isoda Hiroko
    Tunisia-Japan Symposium 2020/2022-03-11--2022-03-13
  • Olive Leaf Exact Promotes Recovery from Phenylhydrazine-Induced Acute Hemolytic Anemia in Mice
    Zhao Jinhang; Shinji Kondo; Farhana Ferdousi; Suidasari ...
    Tunisia-Japan Symposium 2020/2022-03-11--2022-03-13
  • Effect of prohydrojasmon on growth, phenolic and anthocyanin compounds, and antioxidant activity in Komatsuna
    Azis Haidar Rafid; Takahashi Shinya; Koshiyama Masami; Fu...
    Tunisia-Japan Symposium 2020/2022-03-11--2022-03-13
  • Design of nanoemulgels containing natural emulsifiers and microfibrillated cellulose foreseeing melanogenesis enhancement in murine B16F10 cell line: Fabrication, stability and in vitro study
    Bouhoute Meryem; Nakajima Mitsutoshi; Isoda Hiroko
    Tunisia-Japan Symposium 2020/2022-03-11--2022-03-13
  • Integrated molecular and cellular investigation reveals erythropoietic potential of Olive Leaf in bone marrow-derived human hematopoietic stem cells
    Shinji Kondo; Ferdousi Farhana; Yamauchi Ken; Suidasari ...
    Tunisia-Japan Symposium 2020/2022-03-11--2022-03-13
  • プロヒドロジャスモン処理によるリーフレタスにおけるフェノール化合物蓄積促進
    高橋 真哉; 波岡 由; Azis Haidar Rafid; 青野光子; 佐野友春; 腰山雅巳; 藤澤 浩; 礒田博子
    第63回日本植物生理学会年会(/2022-03-22--2022-03-24
  • 微細藻類Botryococcus terribilis抽出物を用いた抗炎症効果に関する研究
    山本 星里; 高橋 真哉; Ferdousi Farhana; Linh Tran Ngoc; 有村 隆志; 打上...
    日本農芸化学会2022年度大会/2022-03-15--2022-03-18
  • Study of Therapeutic Effects of Olive Leaf Extract on Phenylhydrazine-Induced Anemia Mice Model
    Zhao Jinchang; Kondo Shinji; Suidasari Sofya; Yokozawa M...
    63RD AMERICAN SOCIETY OF HEMATOLOGY ANNUAL MEETING/2021-12-11--2021-12-14
  • Effects of Oral Intake of Olive Leaf Extract on Hematological Parameters: A Double-Blinded, Randomized, Placebo-Controlled Trial in Progress
    Ferdousi Farhana; Alam Masud; Araki Risa; Suidasari Sofy...
    63RD AMERICAN SOCIETY OF HEMATOLOGY ANNUAL MEETING/2021-12-11--2021-12-14
  • アトラス山脈南西部のアルガン葉中ポリフェノールに関与する要因の検討
    川田 清和; Charradi Youssef; Mohamed Yessef; 藤井義晴; 礒田博子
    植生学会第26回大会/2021-10-16--2021-10-16
  • Effect of Defibrillation Process in Mechanical Production of Microfibrillated Cellulose on its Emulsifying Properties
    Bouhoute Meryem; Isoda Hiroko; Nakajima Mitsutoshi; Marco...
    TGSW 2020 (Tsukuba Global Science Week)/2020-09-30--2020-09-30
  • 小分子応答性不安定化ドメインとユビキチン変異体を利用した細胞内標的タンパク質安定性制御法の開発
    宇津木優樹; Ling-Chun Chen; 鈴木琢海; 礒田博子; 宮前 友策; Thomas J. Wandless
    第43回日本分子生物学年会/2020-12--2020-12
  • 小分子応答性デグロンタグからの解放を調節するユビキチン変異体
    宇津木優樹; 礒田博子; 宮前 友策
    日本農芸化学会関東支部/2020-11--2020-11
  • Effect of Argania spinosa L. leaves and its saponin-rich fraction on melanogenesis in vitro
    Villareal Myra Orlina; Chaochaiphat Thanyanan; Bourhim T...
    JAACT 2020 Fuchu
  • オートファジー制御化合物テトランドリン蛍光標識化合物の合成と細胞内局在観察
    高橋 知暉; 東海 芙美子; 礒田博子; 繁森 英幸; 宮前 友策
    第62回天然有機化合物討論会/2020-09-22--2020-09-24
  • オートファジーを制御する天然由来化合物の探索、
    東海 芙美子; 礒田博子; 宮前 友策; 繁森 英幸
    日本農芸化学会関東支部2020年度支部大会/2020-11-28--2020-11-28
  • さらに表示...
知的財産権
  • 脂肪蓄積抑制剤、抗炎症剤、抗酸化剤、核内受容体作動剤、及び抗神経炎症剤
    平野篤; 堀川豊; 額賀佐知子; 礒田博子; 宮前 友策; 高橋真哉; 佐々木一憲
  • 感染防御剤
    礒田 博子
  • 感染防御を付与した育児用粉乳
    礒田 博子
  • 最近毒素中和剤
    礒田 博子
  • ウイルス感染防御剤
    礒田 博子
  • 細菌付着阻止剤及びそれを含有する飲料
    礒田 博子
  • BACTERIAL TOXIN NEUTRALIZER
    礒田 博子
  • INFECTION PROTECTANT
    礒田 博子
  • 高温菌の増殖を抑制できる食品
    礒田 博子
  • 食用菌の製造方法
    礒田 博子
  • BACTERIAL TOXIN NEUTRALIZER
    礒田 博子
  • 整理活性物質の製造方法及びその生理活性物質の活性向上方法
    礒田 博子
  • 近赤外分光分析によるβグルカンの定性定量
    礒田 博子
  • 近赤外分光分析による細胞アポトーシス誘導によるDNAの断片化検出法
    礒田 博子
  • 環境有害化学物質の高感度検出法
    礒田 博子
  • 近赤外分光分析による環境ホルモン応答性の検出法
    礒田 博子
  • ヒアルロニダーゼ活性及びアレルギー誘引細胞活性抑制剤
    礒田 博子
  • HIGH-SENSITIVE DETECTION OF ENVIRONMENTAL POLLUTANTS
    礒田 博子
  • アルツハイマー病予防又は治療剤、並びに飲食物
    礒田博子; 繁森英幸; ハンジュンキュ
  • 白血病予防用又は治療用の薬剤、並びに飲食物
    礒田 博子
  • フルボ酸を用いるI型アレルギー抑制剤及びI型アレルギーの発症抑制方法
    礒田 博子
  • Hyaruronidase Activity and Allergenic Cell Activity Inhibitor
    礒田 博子
  • Agents for the prevention or treatment of leukemia
    礒田 博子
  • Agents for the prevention or treatment of Alzheimer, foods and drink
    H. Isoda
  • 抗アレルギー剤および抗炎症剤
    礒田博子; 山田パリーダ; 繁森英幸; 横田真一; 菅原公一
  • さらに表示...
作品
  • Regulating Cell Fate of Human Amnion Epithelial Cells Using Natural Compounds
    Meriem Bejaoui; Ferdousi Farhana; Yun-Wen Zheng; Tatsuya ...
担当授業科目
2021-10 -- 2022-02Seminar in Environmental Sciences 1F筑波大学
2021-11 -- 2021-11Forum on Sustainable Environmental Studies II [English Class] (持続環境学フォーラムII)筑波大学
2021-10 -- 2022-02環境科学研究2F筑波大学
2021-10 -- 2021-12Forum on Sustainable Environmental Studies I [English Class] (持続環境学フォーラムI)筑波大学
2021-10 -- 2022-02環境科学セミナー1F筑波大学
2021-04 -- 2021-08環境科学セミナー2S筑波大学
2021-04 -- 2021-08環境科学セミナー1S筑波大学
2021-10 -- 2022-02Special Exercise of Sustainable Environmental Studies II (B) [English Class] (持続環境学特別演習IIB)筑波大学
2021-10 -- 2022-02環境学実践実習II筑波大学
2021-04 -- 2021-08環境学実践実習II筑波大学
さらに表示...
授業以外の教育活動
2010 -- (現在)G30乾燥地資源科学コース筑波大学
2009 -- (現在)環境ディプロマティックリーダー(EDL)育成コース筑波大学
一般講演
  • Food Functionality-Bioassay Screening and Molecular Approach on Valorization of Food and Medicinal Plants
    Isoda Hiroko
    Tunisia-Japan Symposium 2020/2022-3-12--2022-3-12
  • アルガンの最新の研究
    礒田 博子
    日本モロッコ協会月例講演会/2021-11-24--2021-11-24
  • 我が国のユネスコエコパーク活動の概要と今後の展開について
    礒田 博子
    港ユネスコ協会40周年記念シンポウジウム/2021-11-19--2021-11-19
  • 「分子基盤から見えてくる食機能」-幹細胞の運命を導く食薬機能成分
    礒田 博子
    第75回日本栄養・食糧学会シンポジウム/2021-07-04
  • アルガンの高付加価値化:科学的観点から
    礒田 博子
    駐日モロッコ王国大使館「インターナショナル・アルガンデー」/2021-05-10
  • 食資源の高度利用で新産業育成を図る
    礒田 博子
    鹿児島県工業倶楽部・鹿児島大学共催 第10回「食と健康に関するシンポジウム」/2021-02-01
  • 食品の機能性の探索と評価
    礒田 博子
    三菱商事ライフサイエンス(株)講演会/2021-01-15
  • 地中海食薬資源の機能解析と有効利用
    礒田 博子
    雪印メグミルク(株)分析センター/2020-01-08
  • チュニジアオリーブの健康機能
    礒田 博子
    FOODEX2019チュニジアセミナー/2019-03-06
  • Technical Efficiency for Olive Growing Farms in Tunisia and Potential Demand of Olive Oil in Japan
    K. Kashiwagi; A. Kawachi; S. Sayadi; H. Isoda
    1st International Conference on Arid Land, DT-X/2011-05-25
  • チュニジアオリーブとアロマ・薬用植物の有用性
    礒田 博子
    FOODEX2013チュニジアセミナー/2013-03-05
  • Extracting Various Functions from Food Ingredients : Case Study about Capsaicin
    Yoko NAGUMO; HAN Junkyu; Hiroko ISODA
    Tunisia-Japan 2012 Symposium: Sustainable Society through Advanced Agro-Food Science & Quality, 16th-17th November 2012, Tunisia/2012-11-17
  • Effect of Introduction of Irrigation on Productivity and Technical Efficiency of Olive Growing Farms in Tunisia: Stochastic Production Function Approach
    Kenichi KASHIWAGI; Mohamed KEFI; Mohamed KSIBI; Monem KA...
    Tunisia-Japan 2012 Symposium: Sustainable Society through Advanced Agro-Food Science & Quality/2012-11-17
  • Anti-allergic effect of mediterranean plants on RBL-2H3 cells.
    Konomi Murakami; Hideko Motojima; Junkyu Han; Atsushi Ka...
    Tunisia-Japan 2012 Symposium: Sustainable Society through Advanced Agro-Food Science & Quality/2012-11-17
  • Effect of mediterranean aromatic plants essential oils on neuronal differentiation.
    Ayumi Ikeya; Mahmoud Ben Othman; Junkyu Han; Mohamed Nef...
    Tunisia-Japan 2012 Symposium: Sustainable Society through Advanced Agro-Food Science & Quality/2012-11-17
  • Anti-melanoma effect of Thymelaea hirsuta extract using in vivo model.
    Rika Iwamoto; Myra O. Villareal; Kiyokazu Kawada; Abderra...
    Tunisia-Japan 2012 Symposium: Sustainable Society through Advanced Agro-Food Science & Quality/2012-11-17
  • Screening of Mediterranean aroma plants for melanogenesis inhibitor using B16 murine melanoma cells.
    Hui-chia Chao; Hanen Najjaa; Myra O. Villareal; Riadh Ks...
    Tunisia-Japan 2012 Symposium: Sustainable Society through Advanced Agro-Food Science & Quality/2012-11-17
  • Inhibitory effect on acetylcholinesterase activity of PC12 cells by Cymbopogon schoenanthus essential oils.
    Nobutoshi Wakamoto1; Ayumi Ikeya; Mahmoud ben Otheman; Ju...
    Tunisia-Japan 2012 Symposium: Sustainable Society through Advanced Agro-Food Science & Quality/2012-11-17
  • DNA microarray in research on the potential of mediterranean plants for melanogenesis regulation.
    Myra Villareal; Junkyu Han; Hiroko Isoda
    Tunisia-Japan 2012 Symposium: Sustainable Society through Advanced Agro-Food Science & Quality/2012-11-17
  • Design and development of fully automated high throughput screening workstation for mammalian cell – Based Bioassays
    Abdelfatteh El Omri; Yukihiro Sugiyama1; Junkyu Han; Hiro...
    Tunisia-Japan 2012 Symposium: Sustainable Society through Advanced Agro-Food Science & Quality/2012-11-17
  • Evaluation of antidepressant-like effect of Rosmarinus officinalis.
    Shinji Kondo; Junkyu Han; Hiroko Isoda
    Tunisia-Japan 2012 Symposium: Sustainable Society through Advanced Agro-Food Science & Quality/2012-11-17
  • Inhibition of melanin biosynthesis in B16 murine melanoma cells by Argan oil.
    Myra O. Villareal; Sayuri Kume; Fatima Zahra Bakhtaoui; Junk...
    The 25th Annual and International Meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology(JAACT2012)/2012-11-28
  • Tunisian olive leaves component induces megakaryocytic differentiation of human leukemia cells K562.
    Yurika Azama; Junkyu Han; Atsushi Kawachi; Sami Sayadi; H...
    The 25th Annual and International Meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology(JAACT2012)/2012-11-28
  • Adipogenesis inhibitory effects of Retama raetam on 3T3-L1 adipocytes.
    Yoshitaka Gemma; Junkyu Han; Masaki Kita; Mohammad Yaseen Da...
    The 25th Annual and International Meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology(JAACT2012)/2012-11-28
  • In vitro and in vivo studies of the anti-obesity and anti-diabetic activities of a Tunisian edible halophyte: Nitraria retusa forssk.
    Feten Zar Kalai; Tetsuya Inaguma; Ayumi Ikeya; Riadh Kso...
    The 25th Annual and International Meeting of Japanese Association for Animal Cell Technology(JAACT2012)/2012-11-28
  • さらに表示...
学協会等委員
2021-06 -- 2026-06国際農林水産業研究センター監事
2018-12 -- (現在)文科省科学技術学術審議会国際戦略委員
2005 -- (現在)日本動物細胞工学会副会長,評議員・幹事
2015-11 -- (現在)日本生化学会代議員
2014 -- (現在)日本ポリフェノール学会理事
2006-04 -- (現在)日本農学アカデミー会員
2018-04 -- 2021-11日本ユネスコ国内委員会自然科学小委員会主査
2014-12 -- 2021-11日本ユネスコ国内委員会委員, MAB分科会主査
2003 -- 2010日本沙漠学会理事,評議員
-- 2016-03食品微細科学研究会幹事
さらに表示...
学内管理運営業績
2019-04 -- 2021-03学長補佐室学長補佐
2019-02 -- (現在)テーラーメイドQOLプログラム開発研究センターセンター長
2004 -- (現在)北アフリカ研究センター運営委員会
2018-04 -- 2020-03地中海・北アフリカ研究センターセンター長
2015-10 -- 2020-03ライフイノベーション学位プログラムリーダーProgram Leader
2017-05 -- 2018-03高細精医療イノベーション研究コア長
2013-04 -- 2015-09北アフリカ研究センターセンター長
2010-04 -- 2013-03海外拠点北アフリカ地中海事務所所長
2010-04 -- 2013-03北アフリカ研究センター副センター長

(最終更新日: 2022-07-01)