廣田 充(ヒロタ ミツル)

所属
生命環境系
職名
教授
性別
男性
生年月
1975-03
科研費番号
90391151
URL
eメール
+=>GDI6aB>IHJGJa;LXhu6IXhwJaIHJ@J76a68a?E^^XxyXuvXkkXhu6IXhwXxfXkeXleXgcXxfXkdXtuXxjXuwXtxXxfXkdXkwXxiXkyXluXxfXkdXkkXxfXkdXtiXxgXukXkuXxfXkdXlhXxfXkdXkgXxyXuvXkl
研究課題
火山性荒廃地の侵食地形を利用したパイオニア草本の定着を促す緑化に関する研究2019-04 -- 2023-03小川 康浩日本学術振興会/科学研究費 基盤研究(C)
火山島の荒廃地における自生種を用いた緑化に関する生態学的基礎研究2015-04 -- 2018-03上條 隆志日本学術振興会/基盤研究(B)
微生物炭素ポンプは土壌生態系においても駆動しているか-炭素長期隔離のキープロセス2017-06 -- 2019-03濱 健夫日本学術振興会/挑戦的研究(萌芽)
農資源としてのカヤ生産に欠かせないカヤ場の多面的評価:カヤ場の持続利用にむけて2017-07 -- 2020-03廣田 充日本学術振興会/科学研究費 基盤研究(B)17,290,000円
三宅島2000年巨大噴火後の20年間の生態系回復過程 研究課題2019-04 -- 2022-03上條 隆志日本学術振興会/基盤研究(B)13,260,000円
農資源としてのカヤ生産に欠かせないカヤ場の多面的評価:カヤ場の持続利用にむけて2017 -- 2019廣田 充日本学術振興会/基盤研究(B)17,290,000円
チベット高原における温暖化にともなう有機物分解促進メカニズムの解明2015 -- 2018廣田 充日本学術振興会/基盤研究(B)14,640,000円
ギャップ・モザイク構造を考慮した成熟林の炭素吸収能力の再評価          2012 -- 2015廣田 充日本学術振興会/基盤研究(B)11,180,000円
標高に伴う気圧変化を考慮した湿地からのメタン放出量の再評価2006 -- 2008廣田 充日本学術振興会/若手研究(B)1,700,000円
取得学位
2004-03博士(理学)筑波大学
論文
著書
  • 山岳炭素循環
    廣田 充; 足立美奈子; 岩田 智也; 飯尾 淳弘
    山岳科学/古今書院, 2020-08
  • 世界の屋根、チベット高原の広大な草原に迫る危機
    廣田 充
    生物学者、地球を行く〜まだ知らない生き物を調べに深海から, 宇宙まで/文一総合出版, 2018-04
  • 第10章「栄養動態」
    廣田 充
    生態系生態学第2版/森北出版, 2018-08
  • 温暖化に貢献しうるブナ林
    廣田 充
    森林環境2015:進行する気候変動と森林〜私たちはどう適応するか/森林文化協会, 2015-03
  • アンデスの氷河後退域における土壌有機物分解と分解菌類群集
    廣田 充; 広瀬 大
    アンデス自然学/古今書院/pp.143-153, 2016-03
  • アンデスの氷河後退域における植生発達ー地形と標高の影響
    廣田 充; 三村 琢磨
    アンデス自然学/古今書院/pp.130-142, 2016-03
  • 草原生態系の炭素循環
    廣田 充; 鞠子 茂; 川田 清和; 浦野 忠朗
    草原の科学/筑波大学出版/pp.81-97, 2007-10
  • 世界の屋根、チベット高原の広大な草原に迫る危機
    廣田 充
    生物学者、地球を行く—まだ知らない生きものを調べに、深海から宇宙まで/総合出版, 2018-04
  • 第10章 栄養動態
    廣田 充
    生態系生態学(第2版)/Springer, 2018-07
  • 筑波大学の山岳科学への取り組み
    津田吉晃; 廣田充; 山中勤; 安立美奈子; 立花 敏; 出川洋介; 山川陽祐; 田中健太; 上野健一; 松岡憲知; 沼田治; 石田健...
    登山白書2017/山と渓谷社/pp.126-129, 2017-07
  • 温暖化に貢献しうるブナ林
    廣田 充
    森林環境2015 進行する気候変動と森林〜私たちはどう適応するか/pp.48-58, 2015-03
  • 草原の科学への招待
    鞠子茂; 廣田充; 川田清和; 浦野忠朗
    筑波大学出版, 2007
会議発表等
  • 高温性ケカビ目菌類を宿主とする細胞内共生細菌の検出および分離培養
    高島勇介; 大橋美紗希; 出川洋介; 廣田充; 阿部 淳一ピーター; 萩原大祐; 浦山俊一
    日本菌学会 第66回/2022-08-20--2022-08-28
  • 成熟林特有のギャップモザイク構造が林床低木の種構成と生産量に与える影響
    廣田 充; 谷岡 庸介
    日本生態学会第68回全国大会/2021-03-17--2021-03-21
  • ブナ成熟林の林冠構造を考慮したササ群落の総一次生産量
    廣田 充; 蔡 一涵; 谷岡 庸介; 北川 徹; 井田 秀行
    日本生態学会第68回全国大会/2021-03-17--2021-03-21
  • 噴火後の生態系機能の回復
    廣田 充
    日本生態学会第68回全国大会/2021-03-17--2021-03-21
  • Seasonal Changes in Photosynthesis Properties of Miscanthus condensatus on Volcanically Devastated Sites in Miyake-jima Island
    張 秀龍; 鄭 鵬遥; 上條 隆志; 廣田 充
    植生学会第25回大会/2020-11-15--2020-11-15
  • 西之島の植物と植生
    上條 隆志; 廣田 充; 川上 和人
    植生学会第25回大会/2020-11-15--2020-11-15
  • 西之島旧島および新溶岩台地における土壌微生物活性に間する研究
    廣田 充; 板鼻 大樹; 上條 隆志; 林 健太郎; 川上 和人; 森 英章
    日本生態学会第67回全国大会 ,名古屋,2020年3月/2020-03-04--2020-03-08
  • Seasonal Changes in Photosynthesis Properties of Miscanthus condensatus on Volcanically Devastated Sites in Miyake-jima Island
    Xiulong ZHANG; 廣田 充; 上條 隆志
    日本生態学会第67回全国大会 ,名古屋,2020年3月/2020-03-04--2020-03-08
  • 2018年噴火以降の西之島における植物の初期侵入状況
    上條 隆志; 廣田 充; 川上 和人; 森 英章
    第131回日本森林学会,名古屋,2019年3月/2020-03-27--2020-03-30
  • Comparison of Photosynthetic Traits of Three Pioneer Species on Volcanically Devastated Sites in Miyake-jima Island
    Xiulong ZHANG; 上條 隆志; 廣田充; Pengyao Zheng
    第66回日本生態学会大会/2019-03-15--2019-03-19
  • Tea Bagを用いた分解活性指標:標高・土壌温暖化・リター量処理の影響
    鈴木智之; 井田秀行; 小林元; 高橋耕一; Nam-Jin Noh; 村岡裕由; 廣田充; 清野達之; 鈴木亮; 田中 健太; ...
    第62回日本生態学会/2015
担当授業科目
2022-10 -- 2023-02生態学講究II筑波大学
2022-10 -- 2022-12Forum on Sustainable Environmental Studies I [English Class] (持続環境学フォーラムI)筑波大学
2022-04 -- 2022-08生態学講究I筑波大学
2022-10 -- 2023-03生物学特別実習筑波大学
2022-07 -- 2022-09生物学特別実習筑波大学
2022-10 -- 2023-02山岳環境インターンシップII筑波大学
2022-04 -- 2022-08山岳環境インターンシップII筑波大学
2022-10 -- 2023-02山岳科学特別研究II筑波大学
2022-04 -- 2022-08山岳科学特別研究II筑波大学
2022-10 -- 2023-02Special Exercise of Sustainable Environmental Studies II (B) [English Class] (持続環境学特別演習IIB)筑波大学
さらに表示...

(最終更新日: 2022-09-20)