塩谷 哲史(シオヤ アキフミ)

所属
人文社会系
職名
准教授
ORCID
0000-0003-2762-8685
科研費番号
30570197
URL
eメール
)J?@FP8c8B@=LD@cB9ZieLcKJLBL98c8:cAGp
研究分野
アジア史・アフリカ史
ヨーロッパ史・アメリカ史
地域研究
研究キーワード
中央アジア近現代史
ロシア・ソ連史
イスラーム地域研究
ヒヴァ・ハン国(ホラズム)史
中央アジア地域研究
中央ユーラシア史
東洋史
水利、遊牧、都市、商業、外交、史料論(年代記、文書、旅行記)
研究課題
中央アジア灌漑史から見る水利用の在来知2022-04 -- (現在)塩谷哲史日本貿易振興会アジア経済研究所/基礎理論研究会
ポサドニック号事件関係史料の研究2022-04 -- (現在)塩谷哲史東京大学史料編纂所/2022年度一般共同研究
近現代中央アジアにおける水利と社会変動―ホラズム地方を中心に―2021-04 -- (現在)塩谷哲史日本学術振興会/国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(A))
外交の世界史の再構築―15~19世紀ユーラシアにおける交易と政権による保護・統制―2021-04 -- (現在)松方冬子日本学術振興会/科学研究費/基盤研究 (A)
外交の世界史の構築―15~19世紀ユーラシアにおける交易と政権による保護・統制―2020-04 -- (現在)松方冬子公益財団法人 鹿島学術振興財団/2020年度鹿島学術振興財団研究助成
アフロ・ユーラシア乾燥・半乾燥地域の水利権に関する比較史研究2020-04 -- 2025-03井黒忍日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(B)
エスニシティと流通の交錯―近代ユーラシア経済から見たネットワーク2020-04 -- 2023-03森永貴子日本学術振興会/科研費 基盤研究(C)
近現代中央アジアにおける水利と社会変動―定住民と遊牧民の相互関係を中心に―2019-04 -- 2024-03塩谷哲史日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(B)
西アジア地域の都市空間の重層性に関する計画論的研究2019-04 -- 2023-03松原康介日本学術振興会/科学研究費補助金  新学術領域研究(研究領域提案型)
近現代中央ユーラシアにおけるタタール人ディアスポラと社会・文化変容2019-04 -- 2023-03新免康日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(B)
さらに表示...
職歴
2020-07 -- (現在)筑波大学人文社会系准教授
2011-10 -- 2020-06筑波大学人文社会系助教
2009-09 -- 2011-09筑波大学人文社会科学等支援室準研究員
2008-04 -- 2009-08日本学術振興会特別研究員(DC2)
2022-04 -- (現在)東京大学史料編纂所共同研究員
2022-04 -- (現在)日本貿易振興機構アジア経済研究所研究会委員
2020-10 -- (現在)公益財団法人東洋文庫客員研究員
2021-04 -- 2022-03北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター客員准教授
2019-10 -- 2020-03首都大学東京人文社会学部非常勤講師
2019-07 -- 2020-03京都大学東南アジア地域研究研究所附属CIRASセンター共同研究員
さらに表示...
学歴
2005-04 -- 2010-03東京大学大学院 人文社会系研究科 アジア文化研究専攻 博士課程
2002-04 -- 2005-03東京大学大学院 人文社会系研究科 アジア文化研究専攻 修士課程
1997-04 -- 2002-03東京大学 文学部 歴史文化学科東洋史学専修課程
1993-04 -- 1996-03栃木県立宇都宮高等学校
2006-05 -- 2008-03ウズベキスタン共和国科学アカデミー東洋学研究所 研修生
取得学位
2012-02博士(文学)東京大学
2005-03修士(文学)東京大学
免許資格等
2006-04-01高等学校教諭専修免許状地理歴史科
所属学協会
2019-04 -- (現在)歴史学研究会
2015-10 -- (現在)日本イスラム協会
2013 -- (現在)The European Society for Central Asian Studies
2012-07 -- (現在)アジア歴史地理情報学会
2002 -- (現在)史学会
2005 -- (現在)日本中央アジア学会
2005 -- (現在)日本オリエント学会
2005 -- (現在)日本中東学会
2005 -- (現在)内陸アジア史学会
受賞
2020-07大同生命地域研究奨励賞
2014-12筑波大学若手教員奨励賞
2014-11第4回地域研究コンソーシアム賞 登竜賞塩谷哲史著『中央アジア灌漑史序説―ラウザーン運河とヒヴァ・ハン国の興亡―』
論文
著書
  • 改革と水利―トルキスタンの水利権法(一九一七年)への道程―
    塩谷 哲史
    磯貝真澄、磯貝健一編『帝国ロシアとムスリムの法』/昭和堂/pp.139-160, 2022-02
  • 磯貝真澄、塩谷哲史、磯貝健一「中央ユーラシアのムスリムとロシア帝国法―宗務行政と植民地行政―」
    塩谷 哲史
    磯貝真澄、磯貝健一編『帝国ロシアとムスリムの法』/昭和堂/pp.15-45, 2022-02
  • イチャン・カラ
    塩谷 哲史
    ウズベキスタン シルクロード遺跡の旅/駐日ウズベキスタン共和国大使館/pp.12-13, 2021-09
  • トルクメンの遠征行 [分担著]
    塩谷 哲史
    今村薫編著『遊牧と定住化』/名古屋学院大学現代社会学部今村研究室/pp.79-91, 2020-12
  • 「南・中央・西アジアの砂漠 カラクム砂漠」「シルクロード」日本沙漠学会編『沙漠学事典』丸善出版、28-29、188-189頁。
    塩谷 哲史
    『沙漠学事典』/丸善出版, 2020-07
  • Khiva: An Islamic City
    Shioya Akifumi
    山田重郎編『都市文明の本質―古代西アジアにおける都市の発生と変容の学際研究―2』/文部科学省科学研究費補助金新学術領域研究(研究領域提案型)平成30-34年度「都市文明の本質:古代西アジアにおける都市の発生と変容の学際研究」/pp.277-279, 2020-03
  • 19世紀中葉オレンブルグにおける交易について [分担著]
    塩谷 哲史
    今村薫編著『牧畜社会の動態』/名古屋学院大学総合研究所/pp.17-27, 2019-12
  • 19世紀コングラト朝ヒヴァ・ハン国の君主像 [分担著]
    塩谷 哲史
    野田仁、小松久男編著『近代中央ユーラシアの眺望』/山川出版社/pp.118-139, 2019-10
  • 転流―アム川をめぐる中央アジアとロシアの五〇〇年史― [単著、60頁]
    塩谷 哲史
    風響社, 2019-10
  • 「オアシスと灌漑農耕―その歴史的変遷―」「首都タシュケントと地方都市―近代化への道程―」「帝政ロシアのアム川転流計画」 [分担著]
    塩谷 哲史
    帯谷知可編著『ウズベキスタンを知るための60章』23-27頁、37-41頁、47-50頁/明石書店, 2018-05
  • 「ウズベク人―多様性と共存―」「トルクメン人―尚武の民―」「カラカルパク人―移住の歴史と豊かな口承文芸―」 [分担著]
    塩谷 哲史
    小松久男編著『テュルクを知るための61章』116-119頁、125-127頁、146-149頁/明石書店, 2016-08
  • ヒヴァ・ハン国と企業家―イチャン・カラ博物館の一勅令を手がかりに [分担著]
    塩谷 哲史
    堀川徹、大江泰一郎、磯貝健一編『シャリーアとロシア帝国―近代中央ユーラシアの法と社会―』/臨川書店/pp.59-77, 2014-03
  • 中央アジア灌漑史序説―ラウザーン運河とヒヴァ・ハン国の興亡― [単著、302頁]
    塩谷 哲史
    風響社, 2014-02
  • Who Should Manage the Water of the Amu-Darya?: Controversy over Irrigation Concessions between Russia and Khiva, 1913-1914 [分担著]
    Shioya Akifumi
    P. Sartori (ed.), Explorations in the Social History of Modern Central Asia (19th - Early 20th Century)/Brill/pp.111-136, 2013-08
  • 中央アジア灌漑史研究序説―ラウザーン運河とヒヴァ・ハン国の興亡― [博士論文]
    塩谷 哲史
    2012-02
  • ヒヴァ・ハン国におけるコングラト朝の成立とサイイド・アタ信仰
    塩谷 哲史
    堀川徹(編)『中央アジアにおけるムスリム・コミュニティーの成立と変容に関する歴史学的研究』(平成14年度~平成17年度科学研究費補助金研究成果報告書)/pp.90-107, 2006-03
  • コングラト朝ヒヴァ・ハン国の構造 [修士論文]
    塩谷 哲史
    2005-03
会議発表等
  • 18世紀アストラハンのアルメニア商人
    塩谷 哲史
    「エスニシティと流通の交錯」研究会/2022-06-12--2022-06-12
  • 19世紀中葉ロシア・ヒヴァ関係史―カザフ草原における境界画定をめぐって―
    塩谷 哲史
    北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター・客員研究員セミナー/2022-03-17--2022-03-17
  • 草原の交易とラクダの利用―19世紀中葉のロシアと中央アジア―
    塩谷 哲史
    第6回「中央アジア牧畜社会動態研究」研究大会/2022-02-08
  • Indigenous Knowledge of Water Management in Central Asia
    Shioya Akifumi; Ueda Akira; Chida Tetsuro; Sono Fumoto
    ANGIS Tokyo 2021/2021-12-04--2021-12-04
  • 1840年代ヒヴァ・ハン国の対露交渉―捕虜解放、通商、国境の諸問題をめぐって―
    塩谷 哲史
    2021年度東洋史研究会大会/2021-11-07--2021-11-07
  • ロシア帝国の中央アジア進出とヒヴァ・ハン国との「条約」(1843年)
    塩谷 哲史
    ロシア東欧研究所オンライン研究会「ヨーロッパのアジア進出における外交と条約」/2021-05-22--2021-05-22
  • アラル海流域における水利の在来知とアム川転流計画の影響
    塩谷 哲史
    公益財団法人鹿島学術振興財団第43回研究発表会/2020-11-11--2020-11-11
  • Great Game and Abolitionism in Khiva: Anglo-Russian Rivalry in Nineteenth Century Central Asia
    Shioya Akifumi
    Slavic-Eurasian Research Center 2019 Winter International Symposium "Tsars’ Regions between Literary Imaginations and Geopolitics"/2019-12-12--2019-12-13
  • Khiva: An Islamic City on the Silk Road
    Shioya Akifumi
    10th International Policy Forum on Urban Growth and Conservation in Euro-Asian Corridor: Tabriz Conference 2019/2019-08-29--2019-08-30
  • Gift Giving between Khorazm and Iran in the Nineteenth Century
    Shioya Akifumi
    16th Biennial ESCAS Conference/2019-06-27--2019-06-27
  • Speculation or Commerce?: Alfalfa Export from Khiva to the Global Markets in the Beginning of the Twentieth Century
    Shioya Akifumi
    16th Biennial ESCAS Conference/2019-06-29--2019-06-29
  • カザフ草原北辺部における長距離交易と家畜の取引
    塩谷 哲史
    日本文化人類学会第53回研究大会/2019-06-01--2019-06-01
  • 19世紀ヒヴァ・ハン国の年代記
    塩谷 哲史
    近代中央ユーラシアにおける歴史叙述と過去の参照 第1回研究会/2019-05-25--2019-05-25
  • The History of a River Diversion Project: Exploring the Origins of the Aral Sea Crisis
    塩谷 哲史
    Public Lecture (The Department of Comparative Studies, The Ohio State University)/2019-02-15--2019-02-15
  • 伊犁通商条約とその後─19世紀中葉ロシア帝国の対清外交―
    塩谷 哲史
    第55回野尻湖クリルタイ(日本アルタイ学会)/2018-07-15--2018-07-15
  • Islam in Japan: Past and Present
    Shioya Akifumi
    International Conference: Роль молодежи в предупреждении и противодействии насильственному экстремизму и радикализации, ведущим к терроризму/2018-06-12--2018-06-12
  • Central Asian Studies at the University of Tsukuba: Overview
    塩谷 哲史
    Uzbek-Japanese Round Table "The role of citizens' self-government bodies in the implementation of public control: the experience of Uzbekistan and Japan"/2018-05-23--2018-05-23
  • Slave Trade and Anglo-Russian Relations in Central Asia in the Nineteenth Century
    Shioya Akifumi
    Workshop on Political Economies of International Commerce/2018-04-20--2018-04-20
  • タシュケント在住の一ウイグル知識人の歴史的記憶―社会変動と越境―
    新免康; 塩谷哲史
    日本中央アジア学会2017年度年次大会/2018-03-24--2018-03-24
  • The Activities of the SPCA Program at the University of Tsukuba, Japan: History and Future Tasks
    Shioya Akifumi
    “Ex Orient Lux”―第3回日本研究国際学会―/2017-09-22--2017-09-22
  • 18-20世紀初頭の中央アジア=ロシア間の隊商交易
    Shioya Akifumi
    日本中央アジア学会2016年度年次大会/2017-03-26--2017-03-26
  • Area Studies and Central Asia / Regionovedenie i Tsentral'naia Aziia
    Shioya Akifumi
    International Workshop "Asian Powers, Central Asia and the New Silk Road: Views from Inside and Outside"/2017-02-18--2017-02-18
  • Reconsideration of the Treaty of Kulja (1851): Imperial Russian Diplomacy in a Eurasian Context
    Shioya Akifumi
    Towards a transcultural history of diplomacy: A Core-to-Core Global History Collaborative workshop/2016-12-10--2016-12-10
  • ロシア帝国統治期トルキスタンにおける水資源管理―アムダリヤ下流域の事例から―
    塩谷 哲史
    第8回近代中央ユーラシア比較法制度史研究会/2016-12-03--2016-12-03
  • 伊犁通商条約(1851年)の締結過程から見たロシア帝国の対清外交
    塩谷 哲史
    2016年度内陸アジア史学会大会/2016-11-05--2016-11-05
  • さらに表示...
担当授業科目
2021-04 -- 2021-06中央ユーラシア研究演習BI筑波大学
2021-10 -- 2021-12ユーラシア世界史演習IIB筑波大学
2021-10 -- 2022-02リサーチ・プログラム特別開発4筑波大学
2021-10 -- 2021-12リサーチ・プログラム開発6筑波大学
2021-04 -- 2021-06リサーチ・プログラム開発9筑波大学
2021-04 -- 2021-06リサーチ・プログラム開発7筑波大学
2021-10 -- 2021-12リサーチ・プログラム開発12筑波大学
2021-04 -- 2021-06リサーチ・プログラム開発11筑波大学
2021-10 -- 2021-12ユーラシア世界史演習B筑波大学
2021-04 -- 2021-08プロジェクト演習3B筑波大学
さらに表示...
授業以外の教育活動
2022-08 -- 2022-08全国高校探究キャンプ in TSUKUBA 2022筑波大学
2021-08 -- 2021-08全国高校探究キャンプ in TSUKUBA 2021筑波大学
2015-11 -- 2015-12カザフスタン共和国大学教員向けユーラシア・日本共同研究プログラム筑波大学大学院人文社会科学研究科
2014-05 -- 2014-06国際学研究能力共同開発プログラム筑波大学大学院人文社会科学研究科
2012-11 -- 2012-12大学教員教育能力開発プログラム筑波大学
2012-02 -- 2012-03中央ユーラシアの安全保障と持続的発展に関する国際研修プログラム筑波大学
一般講演
  • 中央アジアへの架け橋―グローバル化時代を生きる知恵―
    塩谷 哲史
    第10回育英講演会/2016-08-27--2016-08-27
  • シルクロードの近代―開発と環境問題―
    塩谷 哲史
    帯広市“地域を知る”市民大学講座第33集/2014-11-24--2014-11-24
  • 中央アジア―文明の十字路―
    塩谷 哲史
    世界銀行と中央アジア―新興国を舞台として国際機関で活躍するために―/2013-10-23--2013-10-23
  • 木綿の世界史―シルクロードと日本を紡ぐ―
    塩谷 哲史
    筑波大学公開講座「異文化の視点から見る日本(クール・ジャパン)」/2012-05-12--2012-05-12
学協会等委員
2020-10 -- (現在)内陸アジア史学会編集委員
2020-05 -- (現在)ヨーロッパ中央アジア学会(ESCAS)副会長
2020-05 -- (現在)公益財団法人松下幸之助記念志財団松下幸之助国際スカラシップ ブックレット委員会 委員
2020-04 -- (現在)日本中央アジア学会理事
2019-10 -- (現在)日本中央アジア学会大会実行委員
2019-07 -- (現在)日本アルタイ学会幹事
2018-05 -- (現在)ヨーロッパ中央アジア学会(ESCAS)理事
2015-04 -- (現在)Fieldnet(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)運営委員
2019-05 -- 2021-05歴史学研究会委員(研究部、近世史部会)
2013-06 -- 2015-06内陸アジア史学会幹事(編集担当)
学内管理運営業績
2019-01 -- (現在)日本財団中央アジア・日本人材育成プロジェクトフェロー指導教員
2011-10 -- (現在)人文社会科学研究群 国際公共政策学位プログラム 日本・ユーラシア研究プログラム(SPJES)担当教員
-- (現在)西アジア文明研究センター研究メンバー
-- (現在)地中海・北アフリカセンター共同研究員
2022-05 -- (現在)全学学群教育課程委員会委員
2022-04 -- (現在)大学院共通科目部会(大学院総合智教育推進委員会)委員
2022-04 -- (現在)人文社会科学研究群 カリキュラム委員会委員
2022-04 -- (現在)人文社会科学研究群 国際公共政策学位プログラム 評価委員会(FD委員会兼任)委員長
2022-04 -- (現在)人文社会科学研究群 国際日本研究学位プログラム カリキュラム委員会委員長
2022-04 -- (現在)人文社会科学研究群 国際日本研究学位プログラム 教学マネジメントレビュー対策委員会委員
さらに表示...
その他の活動
2015-03 -- 2015-03ウズベキスタン共和国大統領選挙国際監視
2014-12 -- 2014-12ウズベキスタン共和国議会選挙国際監視
2011-09 -- (現在)中央ユーラシア(内陸アジア、中央アジア)の歴史、地域研究に関心があり、中央アジア・旧ソ連諸国出身の日本で学ぶ留学生との交流や、日本と中央アジア諸国との文化・経済交流にも積極的に関わりたい方々を歓迎します。                                  筑波大学大学院人文社会科学研究科国際公共政策学位プログラム https://www.ipp.tsukuba.ac.jp/staff/                              筑波大学大学院人文社会科学研究科国際日本研究学位プログラム http://japan.tsukuba.ac.jp/people/faculty.html                                            ☆これまでの主指導論文(大学院のみ;主タイトルのみ) 「フダーヤール・ハーンとその時代」, "National Pathway to Sustainable Development", "The Changing Foreign Policy of Uzbekistan under Mirziyoyev", "Japanese Pop-Culture among Russian Youth", 「日野強の『伊犁紀行』について」, 「19世紀中葉露清関係の転換と奕山」, 「市場経済移行期のバザールにおける商人の無関心に関する考察」, "Anatomy of Official Azerbaijani Identity", "The Re-creation of Yokai Character Images in the Context of Contemporary Japanese Popular Culture", 「トルコ共和国のEU加盟交渉(2005-2006年)」, "Global Marketing Strategy in the Japanese Fashion Retail Industry", "Stakeholder Model of Corporate Governance in Japan"

(最終更新日: 2022-06-26)