松原 正樹(マツバラ マサキ)

所属
図書館情報メディア系
職名
准教授
ORCID
0000-0003-1950-683X
性別
男性
科研費番号
90714494
URL
研究室
融合知能デザイン研究室
研究分野
認知科学
感性情報学
ヒューマンインターフェース・インタラクション
特別支援教育
研究キーワード
身体知
芸術療法
Computer Supported Cooperative Work
アクセシビリティ支援技術
認知音楽学
研究課題
人間と人工知能の認知的徒弟制を実現するクラウドソーシング基盤2021 -- 2024松原 正樹日本学術振興会/基盤研究(B)17,160,000円
聴覚障害者を対象とした音響学に基づく音認知テストおよび個人適応型音楽トレーニング2017-04 -- 2021-03松原正樹日本学術振興会/科学研究費助成事業 若手研究(B)4,290,000円
聴覚障害学生のための音楽トレーニングにおける学習効果についての研究2014-04 -- 2017-03松原正樹日本学術振興会/科学研究費助成事業 若手研究(B)3,770,000円
雇用者の成果と労働者の学びを両立するフェアなオンラインタスク割当ての研究2020-07 -- 2021-03松原正樹科学技術振興機構(JST)/AIPチャレンジ1,000,000円
クラウドソーシングのトラスト実現に向けたHuman Factorに関する研究2019-08 -- 2020-03松原正樹科学技術振興機構(JST)/AIPチャレンジ1,000,000円
群衆とAIのインタラクションによるクラウドワーカの能力向上2018-08 -- 2019-04松原正樹科学技術振興機構(JST)/AIPチャレンジ1,000,000円
筋活動の視覚フィードバックによるトランペット練習支援に関する研究2016-07 -- 2017-06松原正樹カワイ・サウンド技術音楽振興財団/研究助成事業500,000円
ピッコロ・ヴァイオリンの音響特性の分析および国内普及に関する研究2013-07 -- 2014-05松原正樹カワイ・サウンド技術音楽振興財団/研究助成事業200,000円
通奏低音自動リアライズによる古楽演奏者の独習支援システムの構築2006-09 -- 2007-08新妻雅弘・松原正樹情報処理推進機構/2006年度下期未踏ユースソフトウェア創造事業3,000,000円
質的な知を客体化するドキュメンテーション基盤技術2019-11 -- 2022-03香川 璃奈科学技術振興機構(JST)/未来社会創造事業10,000,000円
さらに表示...
職歴
2021-03 -- (現在)筑波大学図書館情報メディア系准教授
2019-10 -- 2020-03French National Centre for Scientific Research,Grenoble Informatics Laboratory,Visiting researcher
2017-07 -- 2021-02筑波大学図書館情報メディア系助教
2014-04 -- 2017-06筑波大学図書館情報メディア系特任助教
2013-04 -- 2014-03筑波大学図書館情報メディア系副主任研究員
2012-04 -- 2013-03筑波大学生命領域学際研究センター研究員
学歴
2006-04 -- 2012-03慶應義塾大学大学院 理工学研究科 開放環境科学専攻 後期博士課程
2004-04 -- 2006-03慶應義塾大学大学院 理工学研究科 開放環境科学専攻 前期博士課程
2000-04 -- 2004-03慶應義塾大学 理工学部 情報工学科
取得学位
2013-02博士(工学)慶應義塾大学
2006-03修士(工学)慶應義塾大学
2004-03学士(工学)慶應義塾大学
免許資格等
2008-01高等学校教員免許情報科1種
2006-03高等学校教員免許数学科1種
2006-03中学校教員免許数学科1種
所属学協会
2006-04 -- (現在)情報処理学会
2009-04 -- (現在)日本認知科学会
2010-04 -- (現在)人工知能学会
2012-04 -- 2022-03日本音響学会
2019-06 -- (現在)日本認知心理学会
2021-08 -- (現在)日本データベース学会
受賞
2021-03-08研究会奨励賞「料理レシピの内容と構成が書き手の負担と読み手の効用に与える影響の研究」における優れた成果に対して
2019-04-21AIPネットワークラボ長賞「群衆とAIのインタラクションによるクラウドワーカの能力向上の研究」における優れた成果に対して
2015-12-07筑波大学若手教員奨励賞顕著な業績
2014-09-19野島久雄賞卓越した認知科学的研究に対して
2007-08-12広中平祐賞数理科学セミナーに対する貢献
査読付き学術雑誌・国際会議論文
  • Useful Feedback in Asynchronous Lessons of Music Performance: A Pilot Study of Oboes
    Matsubara Masaki; Kagawa Rina; Hirano Takeshi; Tsuji Isao
    The Journal of the Society for Art and Science, 2022-12
  • Task Assignment Strategies for Crowd Worker Ability Improvement
    Matsubara Masaki; Borromeo Ria Mae; Amer-Yahia Sihem; Mor...
    Proceedings of the ACM on Human-Computer Interaction/5(CSCW2, Article 375)/pp.1-20, 2021-10
  • Usability of Audio Matrix Microtasks for Screen Reader Users
    Zhong Ying; Matsubara Masaki; Kobayashi Makoto; Morishima...
    Journal on Technology and Persons with Disabilities/pp.54-70, 2021-04
  • Quality Assessment of Crowdwork via Eye Gaze: Towards Adaptive Personalized Crowdsourcing
    Md. Rabiul Islam; Nawa Shun; Vargo Andrew; Iwata Motoi; M...
    Proceedings of the INTERACT2021/pp.104-113, 2021-09
  • Analysis of Usefulness of Critique Documents on Musical Performance: Toward better Instructional Document Format
    Matsubara Masaki; Kagawa Rina; Hirano Takeshi; Tsuji Isao
    Towards Open and Trustworthy digital Societies. The 23rd International conference on Asia-Pacific Digital Libraies, ICADL 2021/13133/pp.344-353, 2021-12
  • CROCUS: Dataset of Musical Performance Critiques: Relationship between Critique Content and Its Utility
    Matsubara Masaki; Kagawa Rina; Hirano Takeshi; Tsuji Isao
    Proceedings of the 15th International Symposium on Computer Music Multidisciplinary Research, 2021-11
  • Music in Quarantine: Connections Between Changes in Lifestyle, Psychological States, and Musical Behaviors During COVID-19 Pandemic
    Terasawa Hiroko; Matsubara Masaki; Goudarzi Visda; Sad...
    FRONTIERS IN PSYCHOLOGY/12, 2021-10
  • Effect of Crowd-in-the-loop Alt Text Addition on the Performance of Visually Impaired Workers in Online Microtasks
    Zhong Ying; Kobayashi Makoto; Matsubara Masaki; Atsuyuki ...
    The Transactions of Human Interface Society/22(3)/pp.251-262, 2020-08
  • A System for Worldwide COVID-19 Information Aggregation
    Aizawa Akiko; Bergeron Frederic; Chen Junjie; Cheng Fei; ...
    Proceedings of the 1st Workshop on NLP for COVID-19 (Part 2) at EMNLP 2020, ACL, 2020-11
  • インタラクティブな楽譜色付けによるオーケストラスコア理解支援システム
    松原 正樹; 諏訪正樹; 斎藤博昭
    人工知能学会論文誌/27(5)/pp.281-295, 2012-09
  • Effects of Question Type Presentation on Raised Questions in a Video Learning Framework
    Izumi Hinako; Matsubara Masaki; Watanabe Chiemi; Morishim...
    Diversity, Divergence, Dialogue, Part II. iConference 2021. Lecture Notes in Computer Science Vol. 12646/pp.114-126, 2021-03
  • Usability of Audio Matrix Microtasks for Screen Reader Users
    Zhong Ying; Matsubara Masaki; Kobayashi Makoto; Morishima...
    Proceedings of the 36th Annual CSUN Assistive Technology Conference (CSUN) 2021/pp.54-70, 2021-03
  • Empirical Study on Effects of Self-Correction in Crowdsourced Microtasks
    Masaki Kobayashi; Morita Hiromi; Masaki Matsubara; Nobuyu...
    Human Computation/8/pp.1-24, 2021-03
  • Analysis of Crowdsourced Multilingual Keywords in the Futaba Digital Archive: Lessons Learned for Better Metadata Collection
    Kawakami Mari; Sakaguchi Tetsuo; Shirai Tetsuya; Matsubar...
    Digital Libraries at Times of Massive Societal Transition, 22nd International Conference on Asia-Pacific Digital Libraries, ICADL 2020. Lecture Notes in Computer Science Vol.12504/pp.196-204, 2020-11
  • Passerby Crowdsourcing: Workers' Behavior and Data Quality Management
    Iwamoto Eiichi; Matsubara Masaki; Ota Chihiro; Nakamura ...
    Proceedings of the ACM on Interactive, Mobile, Wearable and Ubiquitous Technologies/2(4), 2018-12
  • Comparative Effects of Auditory Electromyographic Biofeedback for Participants Who Are Blind and Sighted
    Iguchi Masaki; Matsubara Masaki; Kadone Hideki; Terasa...
    Perceptual and motor skills/125(4)/pp.732-748, 2018-05
  • The sound of smile: Auditory biofeedback of facial EMG activity
    Nakayama Yuki; Takano Yuji; Matsubara Masaki; Suzuki Ken...
    Displays/47/pp.32-39, 2017-04
  • 聴覚障害者向けタッピングゲームにおける視覚手がかりによるリズム認知の短期的学習効果
    松原 正樹; 狩野 直哉; 寺澤 洋子; 平賀 瑠美
    情報処理学会論文誌/57(5)/pp.1331-1340, 2016-05
  • Wearable Auditory Biofeedback Device for Blind and Sighted Individuals
    Matsubara Masaki; Oba Takahiro; Kadone Hideki; Terasaw...
    IEEE MultiMedia/22(1)/pp.68-73, 2015-01
  • 創作過程の分類に基づく自動音楽生成研究のサーベイ
    松原 正樹; 深山覚; 奥村健太; 寺村佳子; 大村英史; 橋田光代; 北原鉄朗
    コンピュータソフトウェア/30(1)/pp.101-118, 2013-02
  • 擬音語と書体表現を用いた環境音の可視化
    山本貴史; 松原 正樹; 斎藤博昭
    芸術科学会論文誌/11(1)/pp.1-11, 2012-01
  • フィールドワーク実習の試み -その概要・成果・課題-
    濱雄亮; 松原 正樹
    日本情報科教育学会誌/4(1)/pp.41-50, 2011-12
  • Development of a method for automatic basso continuo playing
    Niitsuma Masahiro; Matsubara Masaki; Oono Masaki; Saito ...
    International Journal of Information Processing and Management/47(3)/pp.440-451, 2011-05
  • Effects of Cognitive Consistency in Microtask Design with only Auditory Information
    Zhong Ying; Matsubara Masaki; Kobayashi Makoto; Morishima...
    Universal Access in Human-Computer Interaction, Applications and Practice. International Conference on Human-Computer Interaction 2020. Lecture Notes in Computer Science Vol. 12189/pp.466-476, 2020-07
  • Collecting and Organizing Citizen Opinions: A Dynamic Microtask Approach and Its Evaluation
    Matsubara Masaki; Matsuda Yuhei; Kuzumi Ryouhei; Koizum ...
    Sustainable Digital Communities. iConference 2020. Lecture Notes in Computer Science Vol. 12051/pp.50-65, 2020-03
  • さらに表示...
著書
会議発表等
  • A User-Centered Method to Develop Document Structures for Lay Readers’ Decision-Making
    Kagawa Rina; Matsubara Masaki; Miyata Rei; Matsuzaki Tak...
    A User-Centered Method to Develop Document Structures for Lay Readers’ Decision-Making/2022-10-06
  • 聴けなかった音が聴こえるようになる〜音楽スキル向上のインタラクションデザイン〜
    松原 正樹
    IPSJ-ONE 2022/2022-03-05
  • システム1に駆動された質問生成に基づくヒューマンインザループによるシステム2の構築
    清水 綾女; 若林 啓; 松原 正樹; 伊藤 寛祥; 森嶋 厚行
    第36回人工知能学会全国大会論文集/2022-06-14--2022-06-17
  • Discussion on the development of feedback-based generation system for chord progressions
    Matsumoto Yoshiteru; Matsubara Masaki; Ito Hiroyoshi; Ter...
    The 3rd Japan-Taiwan Symposium on Psychological and Physiological Acoustics Jointly held with ASJ Auditory Research Meeting/2021-12
  • Does Multi-Hop Crowdsourcing Work? A case Study on Collecting COVID-19 Local Information
    Zhong Ying; Kobayashi Masaki; Matsubara Masaki; Morishima...
    The 5th IEEE Workshop on Human-in-the-Loop Methods and Future of Work in BigData (IEEE HMData 2021)/2021-12
  • Analysis of Usefulness of Critique Documents on Musical Performance: Toward better Instructional Document Format
    Matsubara Masaki; Kagawa Rina; Hirano Takeshi; Tsuji Isao
    The 23rd International conference on Asia-Pacific Digital Libraies/2021-12
  • CROCUS: Dataset of Musical Performance Critiques: Relationship between Critique Content and Its Utility
    Matsubara Masaki; Kagawa Rina; Hirano Takeshi; Tsuji Isao
    The 15th International Symposium on Computer Music Multidisciplinary Research/2021-11
  • A Crowdsourcing Approach for Deriving Proofs for Uncertain Information
    Kida Kai; Ito Hiroyoshi; Matsubara Masaki; Morishima Ats...
    iConference 2022 Student Symposium/2022-2-28
  • Efficient Estimation of Multi-peak Crowd Preference
    Kaihotsu Kotaro; Ito Hiroyoshi; Matsubara Masaki; Morishi...
    iConference 2022 Student Symposium/2022-2-28
  • Discovering diverse perspectives from large scale time-series documents data
    Hirasawa Rei; Ito Hiroyoshi; Matsubara Masaki; Morishima ...
    iConference 2022 Student Symposium/2022-2-28
  • Making the Ad-Hoc Physical Crowdsourcing Possible with the Coherence Principle
    Tanaka Erina; Ito Hiroyoshi; Matsubara Masaki; Morishima ...
    iConference 2022 Student Symposium/2022-2-28
  • A Document Management System based on Human-in-the-Loop Latent Space Learning
    Watanabe Shingo; Ito Hiroyoshi; Matsubara Masaki; Morishi...
    iConference 2022 Student Symposium/2022-2-28
  • 演奏講評データベースの構築および講評文書の構造と効用の関係
    松原正樹; 辻功; 平野剛; 香川 璃奈
    音学シンポジウム2021/2021-06-18--2021-06-19
  • 文書の内容と構造が書き手の負担と読み手の効用に与える影響の研究:文書記載支援技術の開発に向けて
    香川 璃奈; 松原正樹; 宮田玲; 馬場雪乃; 山肩洋子
    第35回人工知能学会全国大会/2021-06-08--2021-06-11
  • Quality Assessment of Crowdwork via Eye Gaze: Towards Adaptive Personalized Crowdsourcing
    Morishima Atsuyuki
    INTERACT2021/2021-09
  • Task Assignment Strategies for Crowd Worker Ability Improvement
    Matsubara Masaki; Borromeo Ria Mae; Amer-Yahia Sihem; Mor...
    The 24th ACM Conference on Computer-Supported Cooperative Work and Social Computing (CSCW2021)/2021-10
  • Crowd-Worker Skill Improvement with AI Co-Learners
    Nakayama Takumi; Matsubara Masaki; Morishima Atsuyuki
    The 9th International Conference on Human-Agent Interaction (HAI2021)/2021-11
  • A Skill-based Worksharing Approach for Microtask Assignment
    Negishi Kanta; Ito Hiroyoshi; Matsubara Masaki; Morishima...
    The 5th IEEE Workshop on Human-in-the-Loop Methods and Future of Work in BigData (IEEE HMData 2021)/2021-12-13--2021-12-15
  • Human-in-the-loop 潜在空間学習による空間型インタラクティブ⽂献管理システム
    渡邉真悟; 伊藤 寛祥; 松原正樹; 森嶋厚行
    第14回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2022)/2022/2/28
  • Joint Non-negative Tensor Factorization に基づく共通・⾮共通トピックとその時間推移の抽出
    平澤嶺; 伊藤 寛祥; 松原正樹; 森嶋厚行
    第14回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2022)予稿集/2022-2-28
  • ガウス過程回帰に基づく個⼈的・集団的嗜好分布の効率的な推定
    開發功太郎; 松原正樹; 伊藤 寛祥; 森嶋厚行
    第14回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2022)/2022-3-1
  • ⼀貫性の原理に基づくフィジカルクラウドソーシングの効果的なタスク分割・依頼⽅法
    田中絵璃菜; 伊藤 寛祥; 松原正樹; 森嶋厚行
    第14回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2022)/2022-3-2
  • クラウドソーシングによる形式的論証の導出
    木田開; 伊藤 寛祥; 松原正樹; 鈴木伸崇; 森嶋厚行
    第14回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2022)/2022-3-2
  • タスク結果の品質と労働負荷分散を両⽴したタスク割当て⼿法
    根岸寛太; 伊藤 寛祥; 松原正樹; 森嶋厚行
    第14回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2022)/2022-3-2
  • Effects of Cognitive Consistency in Microtask Design with only Auditory Information
    Zhong Ying; Matsubara Masaki; Kobayashi Makoto; Morishima...
    International Conference on Human-Computer Interaction 2020/2020-07-19--2020-07-24
  • さらに表示...
知的財産権
  • きこえの診断装置,診断方法,及びプログラム
    湯野 悠希; 松原 正樹; 寺澤 洋子; 田原 敬; 平賀 瑠美
作品
  • CROCUS: Dataset of Musical Performance Critique
    Masaki Matsubara; 辻功; 平野剛; Rina Kagawa
  • 東京2020公式応援ビート“2020beat”
    松原 正樹
担当授業科目
2022-04 -- 2022-07知識と情報の世界筑波大学
2022-12 -- 2023-02Practical Seminar B筑波大学
2022-04 -- 2022-07システム思考筑波大学
2022-04 -- 2022-07知識科学実習A筑波大学
2022-04 -- 2022-07身体知筑波大学
2022-07 -- 2022-08知識発見基礎論筑波大学
2022-10 -- 2022-12知識科学実習B筑波大学
2022-04 -- 2022-05学問への誘い筑波大学
2022-04 -- 2022-07知識情報分析筑波大学
2022-07 -- 2022-08音響メディア情報筑波大学
さらに表示...
授業以外の教育活動
2014-08 -- 2014-08第35回数理の翼夏季セミナー認定NPO法人数理の翼
2011-08 -- 2011-08第32回数理の翼夏季セミナー認定NPO法人数理の翼
2007-08 -- 2007-08第28回数理の翼夏季セミナー認定NPO法人数理の翼
2006-08 -- 2006-08第27回数理の翼夏季セミナー認定NPO法人数理の翼
一般講演
  • Computational analysis of hierarchical structure in music and its cognitive reality
    Matsubara Masaki
    McGill University SIMSSA seminar/2017-06-22--2017-06-22
  • 高齢者の生活行動パターン
    Matsubara Masaki
    高齢社会と図書館講演会/2016-08-24--2016-08-24
  • ピッコロ・ヴァイオリンのこれまでとこれからの展望
    松原 正樹
    カワイ・サウンド技術・音楽振興財団 研究助成受賞者講演会/2013-11--2013-11
学協会等委員
2021-10 -- 2021-12The 5th IEEE Workshop on Human-in-the-Loop Methods and Future of Work in BigDataProgram committee
2021-10 -- 2022-03第14回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2022)プログラム委員
2021-04 -- 2022-05日本電子情報学会『 Data Engineering and Information Management 』小特集編集委員会 編集委員
2020-10 -- 2021-09第20回情報科学技術フォーラム研究専門委員会担当委員
2020-10 -- 2021-09第20回情報科学技術フォーラムプログラム委員会 E分野委員
2020-10 -- 2021-03第13回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2021)プログラム副委員長
2020-10 -- 2020-12The 4th IEEE Workshop on Human-in-the-Loop Methods and Future of Work in BigDataProgram committee
2020-04 -- (現在)情報処理学会論文誌ジャーナル/JIP編集委員会委員
2019-10 -- 2022-02The 15th International Symposium on Computer Music Multidisciplinary ResearchOrganizing committee
2019-10 -- 2019-12The 3rd IEEE Workshop on Human-in-the-loop Methods and Human Machine Collaboration in BigDataProgram committee
さらに表示...
学内管理運営業績
2014-04 -- 2017-06図書館情報メディア系計算機運用委員会
2014-04 -- 2017-06情報メディア創成学類施設・計算機運用委員会
その他の活動
2016-11 -- 2016-11一般市民向けサウンドスケープワークショップ:「つくばの音を聴こう!」の開催

(最終更新日: 2022-09-09)