松井 崇(マツイ タカシ)

所属
体育系
職名
助教
ORCID
0000-0002-9990-010X
URL
eメール
G&x-,."E-x$x,!"E x<KG.E-,.$.yxExzE#)
学外所属
広島大学 歯学部客員講師
日本オリンピック委員会  強化スタッフ(医・科学)
全日本柔道連盟 科学研究部基礎研究部門長
研究分野
スポーツ科学
研究キーワード
運動生化学、運動生理学、スポーツ神経科学、脳内エネルギー論、脳グリコーゲン、乳酸、運動持久性、認知機能、柔道、eスポーツ科学
研究課題
活力と絆を育むトランスボーダー・スポーツ神経生物学2023-04 -- (現在)松井 崇文部科学省/世界で活躍できる研究者戦略育成事業 
乳酸センサー開発研究部門長2022-12 -- (現在)松井 崇スポーツ庁/先端的スポーツ医・科学研究推進事業(LRP)
運動が引き出す脳グリコーゲン超回復の神経ーグリア連関機構とその意義2022 -- (現在)松井 崇日本学術振興会/基盤研究(B)
脳疲労のグリアー神経連関機構を解明するスポーツ神経生物学2021-04 -- (現在)松井 崇日本科学技術振興機構/創発的研究支援事業 
eスポーツ科学の推進――スポーツ科学とICTの融合で生み出す次世代スポーツの社会実装に向けて2020-10 -- (現在)松井 崇トヨタ財団/特別課題 
生理学的観点でのeスポーツの活用可能性に関する調査研究2020-08 -- (現在)内閣府/いばらきeスポーツ産業創造プロジェクト 
運動が引き出す脳グリコーゲン超回復の神経ーグリア連関機構とその意義2022-04 -- 2026-03松井 崇日本学術振興会/基盤研究(B)/17,160,000円
脳疲労のグリアー神経連関機構を解明するスポーツ神経生物学2021-04 -- 2024-03松井 崇国立研究開発法人 科学技術振興財団/創発的研究支援事業
eスポーツは活⼒と絆を育むか?:ニューノーマルスポーツ開発2021-03 -- 2022-03松井 崇中⼭隼雄科学技術⽂化財団/研究助成
eスポーツ科学の推進――スポーツ科学とICTの融合で生み出す次世代スポーツの社会実装に向けて2021-04 -- 2023-03松井 崇トヨタ財団/2020年­度特定課題­「先端技術­と共創する­新たな人間­社会」
さらに表示...
職歴
2015-03 -- (現在)筑波大学体育系助教
2015-01 -- 2017-02スペイン国立カハール研究所客員研究員
2012-04 -- 2015-03新潟医療福祉大学健康科学部日本学術振興会特別研究員SPD
学歴
2009-04 -- 2012-03筑波大学大学院 人間総合科学研究科 体育科学専攻
2007-04 -- 2009-03筑波大学大学院 体育研究科 スポーツ科学専攻
2003-04 -- 2007-03筑波大学 体育専門学群
取得学位
2012-03博士(体育科学)筑波大学
免許資格等
2008-03高等学校教諭専修免許状保健体育科
2008-03中学校教諭専修免許状保健体育科
所属学協会
2012 -- (現在)日本武道学会
2007-04 -- (現在)日本体育学会
2007-04 -- (現在)日本体力医学会
2007-04 -- (現在)日本運動生理学会
2010-04 -- (現在)米国生理学会
2010-04 -- (現在)北米神経科学会
2010-04 -- (現在)米国スポーツ医学会
2010-04 -- (現在)欧州スポーツ科学会
受賞
2022-08第1期育成者(TRiSTARフェロー) 文部科学省「世界で活躍できる研究者育成事業」筑波大学拠点
2019-09日本体力医学会 大塚スポーツ医科学特別賞
2019-09国際スポーツニューロサイエンス会議 トラベルアワード
2019-03スポーツ・リサーチ・イノベーター
2018-11筑波大学河本体育科学研究奨励賞
2017-01筑波大学若手教員奨励賞
2014-04米国生理学会 神経科学部門賞
2013-07英国生理学誌 若手研究者賞
2012-09日本体力医学会 大塚スポーツ医科学特別賞
2012-09日本体力医学会 若手研究者奨励賞
2010-10メタボロームシンポジウム トラベルアワード
2010-09日本体力医学会大会 若手研究者奨励賞
2010-06米国スポーツ医学会 国際学生賞
論文
著書
  • ビデオゲームと脳
    松井 崇
    ニュートン別冊, 2023-05
  • Dysregulation of Glycogen Metabolism with Concomitant Spatial Memory Dysfunction in Type 2 Diabetes: Potential Beneficial Effects of Chronic Exercise
    Soya Mariko; Jesmin Subrina; Shima Takeru; Matsui Tak...
    BRAIN GLYCOGEN METABOLISM/SPRINGER INTERNATIONAL PUBLISHING AG/pp.363-383, 2019
  • Endurance and Brain Glycogen: A Clue Toward Understanding Central Fatigue
    Matsui Takashi; Soya Mariko; Soya Hideaki
    BRAIN GLYCOGEN METABOLISM/SPRINGER INTERNATIONAL PUBLISHING AG/pp.331-346, 2019
  • Part3 脳腸相関と食品「カロテノイドー天然由来のアスタキサンチン」
    征矢 英昭; 陸 瞕洙; 小泉 光; 松井 崇
    「脳腸相関」/医歯薬出版/pp.152-157, 2018-9
  • 第9章 脳から考える運動の限界〜中枢性疲労の分類と要因〜
    松井 崇
    運動と疲労の科学/大修館書店/pp.365-393, 2018
  • 運動時には脳も疲れるの?
    Matsui Takashi
    もっとなっとく 使えるスポーツサイエンス/講談社/pp.146-147, 2017-04
  • 第13章 有酸素性・無酸素性エネルギー系のトレーニング
    松井 崇
    運動生理学大事典:健康・スポーツ現場で役立つ理論と応用/pp.365-393, 2017
  • パフォーマンスのスポーツ神経科学:柔道競技力における脳の役割を探る
    Matsui Takashi
    実践柔道論/メディアパル社/pp.182-200, 2017-03
  • 脳腸相関と食品 「カロテノイド‐天然由来のアスタキサンチン」
    征矢 英昭; 松井 崇; 陸彰泳; 小泉光
    臨床栄養臨時創刊号(5月) vol.128 No.6/pp.835-840, 2016-05
  • 筑波大学に着任して〜任期付き新任助教の戯言〜
    Matsui Takashi
    茗柏/pp.21-24, 2016-04
  • Chapter 15 Brain glycogen decrease and supercompensation with prolonged exhaustive exercise.
    Matsui Takashi
    Social Neuroscience and Public Health: Foundations of the Emerging Discipline/Springer Publishers/pp.253-264, 2013
会議発表等
  • 炭酸水の飲用はeスポーツプレーヤーの認知疲労を軽減する
    松井 崇
    第41回日本生理心理学会/2023-05-20
  • eスポーツのプレーは高齢者の実行機能に及ぼす運動効果を増強する
    土橋 祥平; 髙橋 史穏; 松岡 弘樹; 船橋 大介; 吉武 誠司; 坂入 洋右; 岩井 優花; 鈴...
    日本体育・ スポーツ・健康学会第73回大会/2023-08-30--2023-09-01
  • eスポーツプレー時のチームワークを生み出すオキシトシンと心拍同調
    髙木 祐多; 髙橋 史穏; 松岡 弘樹; 土橋 祥平; 船橋 大介; 吉武 誠司; 坂入 洋右; 三...
    日本体育・ スポーツ・健康学会第73回大会/2023-08-30--2023-09-01
  • Lactate dynamics in skin interstitial fluid predicts lactate threshold in exercising rats
    土橋 祥平; 船橋 大介; 鮫島 和貴; 鶴岡 典子; 松井 崇
    ARIHHP Human High Performance Forum 2024/2024-02-17--2024-02-17
  • 一過性の高強度運動後に生じる自発活動性と体温の低下:コルチコステロンの関与
    船橋 大介; 土橋 祥平; 鮫島 和貴; 下山 寛之; 西島 壮; 松井 崇
    第31回日本運動生理学会大会/2023-08-23--2023-08-24
  • 乳酸受容体GPR81タンパク質の脳内分布と疲労困憊運動による部位特異的発現
    土橋 祥平; 船橋 大介; 鮫島 和貴; 下山 寛之; 松井崇
    第31回日本運動生理学会大会/2023-08-23--2023-08-24
  • 大学柔道競技者の稽古順がもたらす神経内分泌反応:テストステロンとオキシトシンからみた精力善用・自他共栄
    松井崇; 船橋大介; 内沢彰子; 近藤衣美; 下山寛之; 平岡拓晃; 増地 克之; 岡田弘隆
    日本武道学会第56回大会/2023-9-4--2023-9-5
  • 疲労困憊運動時に活動が高まる神経群の同定と操作
    山田紗希; 征矢 晋吾; 松井 崇; 櫻井 武
    Neuro2022/2022/6/30
  • eスポーツアスリートの身体愁訴と活動状況との関係
    門間 貴史; 松井 崇; 甲山 翔也; 佐野 優美; 上野 弘聖; 影澤 潤一; 大庭 知慧; 中村...
    日本健康学会誌/2022-11
  • 一過性強度別走運動に対する脳幹モノアミン作動性神経の応答:海馬活性化への関与.
    平賀 大一; 秦 俊陽; Joshua P Johansen; 松井 崇; 岡本 正洋; 征矢英昭
    第77回日本体力医学会大会/2022-09-21--2022-09-23
  • ビタミンB1誘導体による青斑核-前頭皮質系を介した自発運動促進機構
    秦 俊陽; 平賀 大一; グレニエ フランソワ; 岡本 正洋; 松井 崇; 征矢 英昭
    第77回日本体力医学会大会/2022-09-21--2022-09-23
  • Vitamin B1 derivative enhance physical activity via coeruleo-cortical catecholaminergic pathways.
    Toshiaki Hata; Taichi Hiraga; François Grenier; Masahiro ...
    NEURO2022/2022-06-30--2022-07-03
  • Acute light intensity exercise activates dopaminergic and noradrenergic coeruleo-dorsal hippocampal pathway.
    Taichi Hiraga; Toshiaki Hata; Ryo Shimoda; François Gren...
    NEURO2022/2022-06-30--2022-07-03
  • ビタミンB1誘導体が駆動する身体活動促進機構の新仮説:青斑核-前頭皮質系の関与
    秦 俊陽; 平賀 大一; Grenier François; 岡本 正洋; 松井 崇; 征矢 英昭
    第5回スポーツニューロサイエンス研究会/2022-09-21
  • 炭酸水の飲用は長時間のeスポーツプレーによる認知疲労を軽減する
    松井 崇
    第40回日本生理心理学会大会/2022-05
  • Prolonged e-sports playing induces cognitive fatigue in association with pupil diameter reduction rather than the perceived sense of fatigue
    Matsui Takashi
    日本神経科学会大会(NEURO2022)/2022-07
  • Lactate receptor GPR81 in the ventromedial hypothalamus suppresses whole body fat oxidation during endurance exercise: Implications for brain lactate as a central fatigue signal
    Matsui Takashi
    日本生理学会第100回記念大会/2023-03
  • eスポーツのオンラインチームプレーが引き出すオキシトシン分泌と友好性
    松井 崇
    日本体育・スポーツ・健康学会 第72回大会/2022-09
  • eスポーツプレー時の異なる座位姿勢がもたらす気分と精神作業特性:前傾と後傾の比較
    松井 崇
    日本体育・スポーツ・健康学会 第72回大会/2022-09
  • 大学柔道競技者の稽古が高めるオキシトシン分泌:精力善用と自他共栄の両立は可能か?
    松井 崇
    ⽇本武道学会第55回⼤会/2022-09
  • 持久性運動時の中枢性疲労とその予防策:脳グリコーゲン代謝の役割
    松井 崇
    第77回日本体力医学会大会/2022-09
  • 脳疲労を予防し、夢と絆を育むトランスボーダー・スポーツ神経生物学
    松井 崇
    JST世界で活躍できる研究者戦略育成事業「Researcher+シンポジウム2022」/2022-12
  • eSports increases in-play emotional expressions and post-play happy faces in a real offline tournament for non-professional players
    Matsui Takashi
    Neuroscience 2022/2022-11
  • Carbonated water mitigates cognitive fatigue with prolonged esports play
    Matsui Takashi
    Neuroscience 2022/2022-11
  • Prolonged eSports playing induces cognitive fatigue in association with pupil diameter reduction rather than the perceived sense of fatigue
    Matsui Takashi
    Neuroscience 2022/2022-11
  • さらに表示...
知的財産権
  • 判定装置、選択装置、判定システム、判定方法、選択方法及びプログラム
    松井 崇; HASSAN MODAR; マックス ウェール; ウェストケナード; 廣川 暢一; 土橋 祥平
  • 認知疲労検知方法、認知疲労検知装置、認知疲労検知システム及びプログラム
    松井 崇
  • 仮想空間制御装置およびプログラム
    松井 崇
  • 活動意欲向上剤
    松井 崇
担当授業科目
2023-10 -- 2023-12応用体育柔道(秋)筑波大学
2023-10 -- 2024-02国際ディベート合宿I筑波大学
2023-04 -- 2023-08国際ディベート合宿I筑波大学
2023-10 -- 2023-12スポーツの技術を自然科学から考える筑波大学
2023-04 -- 2023-08プロジェクトフォーラムII筑波大学
2023-10 -- 2024-02プロジェクトフォーラムII筑波大学
2023-04 -- 2023-08プロジェクトフォーラムI筑波大学
2023-10 -- 2024-02プロジェクトフォーラムI筑波大学
2023-10 -- 2024-02健康スポーツ科学研究演習II筑波大学
2023-04 -- 2023-08健康スポーツ科学研究演習II筑波大学
さらに表示...
授業以外の教育活動
2023-05 -- (現在)茨城県つくば市スポーツ審議会
2024-03 -- (現在)つくばSKIPアカデミー
2017 -- (現在)Sport for Tomorrow ブラジル人柔道家への講義筑波大学
2016-04 -- 2018-03日本学術振興会特別研究員DC2の受入筑波大学
2015-04 -- (現在)体育科学専攻 次世代健康スポーツ科学学位プログラム メンター教員筑波大学
一般講演
  • 多様性と武道
    松井 崇
    日本武道学会大会/2023-09-04
  • 筑波大学松井研_eスポーツ科学 〜 eスポーツ × スポーツ科学で目指す「絆」と「疲労」の科学と社会実装〜
    松井 崇
    TSUKUBA CONNÉCT『ウェルビーイングとスポーツの可能性』/2023-09-15
  • eスポーツでウェルビーイング!:絆と疲労を標的とした科学的方策と社会実装技術
    松井 崇
    TSUKUBA CONNÉCT『eスポーツ×産業の多様性』/2023-04-21
  • eスポーツ科学の推進―スポーツ科学とICTの融合で生み出す次世代スポーツの社会実装に向けてー
    松井 崇
    トヨタ財団 公開・合同ワークショップ「つながり」から考える未来社会/2023-10-21
  • なぜ今、eスポーツか?
    松井 崇
    とちぎeスポーツフェスタ2024/2023-12-17
  • eスポーツ道を創ろう!
    松井 崇
    東京eスポーツフェスタ2024/2024-01
  • スポーツ観戦の社会生理学的ベネフィット
    松井 崇
    Sport in Lifeアワード表彰式/2024-03-05
  • スポーツ観戦の社会生理学的効果
    松井 崇
    Sport in Life推進プロジェクト成果報告会/2024-03-06
  • うまく!楽しく!健康に!eスポーツに取り組む方法
    松井 崇
    茨城県 eスポーツフェス/2024-03-26
学協会等委員
2023-04 -- (現在)日本武道学会理事
-- (現在)日本武道学会柔道分科会 理事
-- (現在)日本武道学会評議員
2018 -- (現在)4) 国際脳研究機構(IBRO)2019年大邱(韓国)大会 日本開催サテライト実行委員会 委員
学内管理運営業績
2022-04 -- 2023-03体育学学位プログラム 学生委員会委員長
2019-04 -- (現在)体育専門学群 入試委員会 WG委員
2019-04 -- (現在)体育学専攻 インターンシップ運営・検討委員会委員
2019-04 -- (現在)体育系 情報化推進委員会委員
2018-04 -- (現在)ARIHHP セミナー運営委員会委員
2017-04 -- (現在)体育系 研究推進委員会委員
2016-04 -- (現在)体育科学専攻 HHP学位プログラム委員会副委員長
2016-04 -- (現在)体育科学専攻 教育・研究促進委員会委員
2016-04 -- (現在)体育科学専攻 入試委員会委員
2015-12 -- (現在)スポーツ研究イノベーション拠点形成事業(SRIP)(スポーツ庁委託事業)部門責任者
さらに表示...
その他の活動
2017-01 -- (現在)日本オリンピック委員会(JOC) 柔道競技強化スタッフ(情報・戦略、医・科学)
2017-01 -- (現在)全日本柔道連盟 強化委員会 科学研究部

(最終更新日: 2024-05-14)