釜江 陽一(カマエ ヨウイチ)

所属
生命環境系
職名
助教
ORCID
0000-0003-0461-5718
URL
eメール
/<2>26]J@:49:]7HTc_F]EDF<F32]24];A
研究分野
気象・海洋物理・陸水学
環境動態解析
地理学
研究キーワード
気候感度
雲フィードバック
モンスーン
大気大循環
古気候モデリング
研究課題
北東アジアにおけるフューチャーアース推進のための気候変動研究共同拠点形成2022-08 -- 2027-07渡部雅浩JSPS/日中韓フォーサイト事業
気候変動予測と気候予測シミュレーション技術の高度化(全球気候モデル)2022-04 -- 2027-03渡部雅浩文部科学省/気候変動予測先端研究プログラム
世界自然遺産・知床をはじめとするオホーツク海南部海域の海氷・海洋変動予測と海洋生態系 への気候変動リスク評価2021-04 -- 2025-03三寺史夫環境省/環境研究総合推進費
中緯度域の気候変動と将来予測の不確実性2019-06 -- 2024-03見延 庄士郎日本学術振興会/科学研究費助成事業 新学術領域研究(研究領域提案型)
全球規模の気候変動予測と基盤的モデル開発2017-05 -- 2022-03渡部雅浩文部科学省/統合的気候モデル高度化研究プログラムテーマA
惑星規模のモンスーン長期変動機構の理解と予測2017-04 -- 2020-03釜江陽一日本学術振興会/科学研究費補助金若手研究(B)
季節予報の精度向上と予測情報の社会発信2017-04 -- 2018-03植田宏昭筑波大学/つくば産学連携強化プロジェクト
予測情報の信頼性・不確実性の定量化手法の開発2015-04 -- 2017-03植田宏昭文部科学省/気候変動リスク情報創生プログラムテーマC課題(ii)-a
気候感度に関する不確実性の低減化2011-12 -- 2017-03小倉知夫文部科学省/気候変動リスク情報創生プログラムテーマA課題(i)-b-1
職歴
2015-04 -- (現在)筑波大学生命環境系助教
2015-09 -- 2017-08カリフォルニア大学サンディエゴ校スクリプス海洋研究所Dept. of Climate, Atmospheric Science and Physical Oceanography客員研究員
2013-04 -- 2015-03国立環境研究所地球環境研究センター特別研究員
2012-04 -- 2013-03東京大学大気海洋研究所特任研究員
学歴
2009-04 -- 2012-03筑波大学 生命環境研究科 博士後期課程地球環境科学専攻
2007-04 -- 2009-03筑波大学 生命環境科学研究科 博士前期課程地球科学専攻
2003-04 -- 2007-03筑波大学 第一学群 自然学類
取得学位
2012-03博士(理学)筑波大学
所属学協会
2019-12 -- (現在)アメリカ気象学会
2015-01 -- (現在)地球環境史学会
2012-08 -- (現在)アメリカ地球物理学連合
2009-04 -- (現在)日本地球惑星科学連合
2007-04 -- (現在)日本気象学会
受賞
2019-01Outstanding Reviewer Award 2018Outstanding Reviewer for MDPI Atmosphere
2016-08Early Career Researcher Distinguished LecturerUncertainty in Climate Sensitivity: Cloud Adjustment and Feedback
2014-10日本気象学会2014年度 山本賞二酸化炭素濃度上昇に対する対流圏調節過程とその気候変化への寄与に関する研究
論文
著書
  • 地球温暖化
    釜江 陽一
    図説 世界の気候事典/朝倉書店, 2022-06
  • 地学基礎 (地基/702)
    天野一男; 渡部潤一; 釜江陽一; 柴崎直明; 田中 博; 小川乃絵; 小幡喜一; 田中舘宏橘; 直井雅文; 村山敬真; 森山義礼
    実教出版, 2022-01
  • The Indo-western Pacific Ocean capacitor effect
    Kosaka Y.; Takaya Y.; Kamae Yoichi
    Tropical and Extra-tropical Air-Sea Interactions/Elsevier/pp.141-169, 2020-11
  • ニュース・天気予報がよくわかる気象キーワード事典
    筆保 弘徳; 山崎 哲; 堀田 大介; 釜江 陽一; 大橋 唯太; 中村 哲; 吉田 龍二; 下瀬 健一; 安成 哲平
    ベレ出版, 2019-10
  • 温暖化で地球環境システムが変わる
    釜江 陽一; 山中 勤; 池田 敦
    改訂版地球環境学/古今書院/pp.88-91, 2019-03
  • Mid-Pliocene Greenhouse Climate Simulated by Atmospheric General Circulation Model : Comparison with Paleoclimate Proxy Data
    釜江 陽一
    Graduate School of Life and Environmental Sciences, the University of Tsukuba, 2012-03
会議発表等
  • East Asian atmospheric rivers bring more frequent and intense extreme rainfall under global warming
    Kamae Yoichi; Imada Y.; Kawase H.; Mei W.
    AOGS 19th Annual Meeting/2022-08-01--2022-08-05
  • 大気の川による近年の豪雨事例と今後の見通し
    釜江 陽一
    土木工学・建築学委員会 気候変動と国土分科会/2022-07-07--2022-07-07
  • オホーツク海海氷面積の急変動をもたらす大気循環場の特徴
    釜江 陽一; 植田 宏昭; 井上 知栄; 三寺 史夫
    2022年度低温科学研究所共同研究研究集会/2022-06-9--2022-06-10
  • Atmospheric circulations associated with rapid sea-ice reductions in the Okhotsk Sea
    Kamae Yoichi; Ueda H.; Inoue T.; Mitsudera H.
    JpGU Meeting 2022/2022-05-22--2022-06-03
  • 地球温暖化による東アジアにおける極端降水の増加に対する大気の川の寄与
    釜江 陽一; 今田由紀子; 川瀬宏明; Wei Mei
    日本気象学会2022年度春季大会/2022-05-17--2022-05-21
  • オホーツク海海氷面積の急変動をもたらす大気循環場の特徴
    釜江 陽一; 植田宏昭; 井上知栄; 三寺史夫
    日本気象学会2022年度春季大会/2022-05-17--2022-05-21
  • オホーツク海海氷面積の急変動をもたらす大気循環場の特徴
    Youichi Kamae; Ueda Hiroaki; 井上知栄; 三寺史夫
    JpGU2022/2022/5/22--2022/5/29
  • Atmospheric rivers bring more frequent and intense extreme rainfall over East Asia under global warming
    Kamae Yoichi; Imada Y.; Kawase H.; Mei W.
    Ocean Sciences Meeting 2022/2022-02-24--2022-03-04
  • 環オホーツク海領域におけるCMIP6マルチ気候モデルの冬季気候再現性とその将来変化
    井上知栄; 植田 宏昭; 釜江陽一
    気象学会2022年春季大会/2022-05-17--2022-05-21
  • ブロッキング高気圧を伴う熱波の地球温暖化による変化
    北出拓海; 釜江 陽一; 松枝 未遠
    日本気象学会2021年度秋季大会/2021-12-02--2021-12-08
  • 日本付近における二つ玉低気圧と水蒸気輸送の関係
    永山聡一朗; 釜江 陽一; 見延庄士郎
    日本気象学会2021年度秋季大会/2021-12-02--2021-12-08
  • 地球温暖化に伴う冬季の温帯低気圧活動と降雪量の変化
    成川陽路; 釜江 陽一
    日本気象学会2021年度秋季大会/2021-12-02--2021-12-08
  • 夏季に日本付近を通過する大気の川に対する台風の遠隔影響
    山田将喜; 釜江 陽一
    日本気象学会2021年度秋季大会/2021-12-02--2021-12-08
  • ⼈為的なエアロゾル排出量の変化によるアジア・太平洋域の気候変動
    松本 叡知; 釜江 陽一
    日本気象学会2020年度秋季大会/2020-10-25--2020-10-31
  • 大気の川が日本にもたらす豪雨の時空間的特徴
    山田 将喜; 釜江 陽一
    日本気象学会2020年度秋季大会/2020-10-25--2020-10-31
  • East-Asian atmospheric rivers bring more frequent and intense extreme rainfall under global warming
    Kamae Yoichi; Imada Y.; Kawase H.; Mei W.
    JpGU Meeting 2021/2021-06-03--2021-06-06
  • East-Asian atmospheric rivers bring more frequent and intense extreme rainfall under global warming
    Kamae Yoichi
    International workshop for mid-latitude air-sea interaction/2021-06-08--2021-06-14
  • The tropical oceanic forcing on the occurrence of the heavy rain event of July 2020 in East Asia
    Kamae Yoichi; Imada Y.; Kawase H.; Mei W.
    AGU Fall Meeting 2020/2020-12-01--2020-12-17
  • 令和2年7月豪雨時の水蒸気輸送に対する遠隔影響
    釜江 陽一; 今田由紀子; 川瀬宏明
    日本気象学会2020年度秋季大会/2020-10-25--2020-10-31
  • 2019/2020年の東アジアにおける記録的暖冬とインド洋・太平洋の海盆間相互作用の関係
    倉持将也; 植田 宏昭; 小林ちあき; 高谷康太郎; 釜江陽一
    異常気象研究会/2020-12-03--2020-12-03
  • Ocean warming patterns and heavy rainfall over East Asia associated with atmospheric rivers
    Kamae Yoichi; Mei W.
    JpGU-AGU Joint Meeting 2020/2020-07-12--2020-07-16
  • Sea surface temperature perturbations and atmospheric rivers over the western North Pacific
    Kamae Yoichi; Mei W.
    2020 Ocean Sciences Meeting/2020-02-17--2020-02-21
  • Impacts of seasonal transitions of ENSO on frequency of atmospheric rivers over East Asia
    Kamae Yoichi; Naoi M.; Ueda H.
    JpGU Annual Meeting 2019/2019-05-26--2019-05-30
  • CMIP5モデルにおける過剰な深い対流と気候感度の過小評価
    廣田渚郎; 小倉知夫; 塩竈秀夫; 渡部雅浩; 釜江 陽一; 鈴木健太郎
    日本気象学会2019年度春季大会/2019-05-15--2019-05-18
  • 2017/18年の東アジアの寒冬に対する温暖化寄与の定量化
    森正人; 釜江 陽一; 今田由紀子; 塩竈秀夫; 小坂優; 高橋千陽; 荒井美紀; 長谷川聡; 渡部雅浩
    日本気象学会2019年度春季大会/2019-05-15--2019-05-18
  • さらに表示...
担当授業科目
2022-10 -- 2022-12Forum on Sustainable Environmental Studies I [English Class] (持続環境学フォーラムI)筑波大学
2022-12 -- 2023-02地球学基礎セミナーB筑波大学
2022-10 -- 2022-12地球学セミナーI筑波大学
2022-07 -- 2022-08地球学基礎セミナーA筑波大学
2022-10 -- 2023-02Special Exercise of Sustainable Environmental Studies II (B) [English Class] (持続環境学特別演習IIB)筑波大学
2022-10 -- 2023-02Special Exercise of Sustainable Environmental Studies I (B) [English Class] (持続環境学特別演習IB)筑波大学
2022-10 -- 2022-11Forum on Sustainable Environmental Studies II [English Class] (持続環境学フォーラムII)筑波大学
2022-12 -- 2023-02地球学セミナーII筑波大学
2022-10 -- 2023-02Special Exercise of Sustainable Environmental Studies III (B) [English Class] (持続環境学特別演習IIIB)筑波大学
2022-10 -- 2023-02Internship in Environmental Studies III [English Class] (環境学実践実習III)筑波大学
さらに表示...
授業以外の教育活動
2020-11 -- 2021-02STEAMライブラリ教材「防災教育〜災害に対してどのように向き合うか〜」作成協力海城中学高等学校
2018-03 -- 2018-03第7回茨城県高校生科学研究発表会 審査員筑波大学
一般講演
  • 大気の川とは何か?日本を襲う豪雨と今後の見通し
    釜江 陽一
    気象キャスターネットワーク研修会/2022-03-05--2022-03-05
  • 豪雨の正体に迫る 大気の川×線状降水帯
    釜江 陽一
    気象サイエンスカフェ/2021-05-29--2021-05-29
  • 日本に豪雨をもたらす大気の川の特徴と今後の見通し
    釜江 陽一
    日本気象予報士会神奈川支部第101回神奈川予報士会/2021-02-27--2021-02-27
  • 気象学から見る全球規模の気候変動と豪雨との関係
    釜江 陽一
    日本旅行医学会イブニングセミナー/2018-10-26--2018-10-26
  • Uncertainty in climate sensitivity: Cloud adjustment and feedback -Early Career Researcher Distinguished Lecture-
    Kamae Yoichi
    AOGS 13th Annual Meeting/2016-08-03--2016-08-03
  • 二酸化炭素濃度上昇に対する対流圏調節過程とその気候変化への寄与に関する研究 -日本気象学会2014年度山本賞受賞記念講演-
    釜江 陽一
    日本気象学会2014年度秋季大会/2014-10-21--2014-10-23
  • 近年の様々なトレンドと人為的な寄与 -陸上猛暑と対流圏上層気温を例に-
    釜江 陽一
    JAMSTECアプリケーションラボ 大気海洋セミナー/2014-10-07--2014-10-07
  • 東アジアの気候変動とモンスーン. -過去から将来にかけて-
    釜江 陽一
    地球研プロジェクト「高分解能古気候学と歴史・考古学の連携による気候変動に強い社会システムの探索」全体会合/2014-03-18--2014-03-19
  • 鮮新世中期温暖期における熱帯大気循環の再現と大気上端放射収支
    釜江 陽一
    気候力学合同セミナー/2011-11-02--2011-11-02
  • 鮮新世中期温暖期における大気大循環の再現と古植生記録による検証
    釜江 陽一
    気候システム研究系気候システムセミナー/2011-07-29--2011-07-29
  • 大気大循環モデルを用いた古気候再現と地質記録の比較 -鮮新世中期を例に-
    釜江 陽一
    中部山岳3大学連携年次研究報告会/2010-12--2010-12
  • CO2倍増による全球降水抑制効果
    釜江 陽一
    気象研究所気候研究部研究会/2008-03-27--2008-03-27
  • 気候システムにおける様々なフィードバック
    釜江 陽一
    第3回生命環境科学研究科シンポジウム 地球温暖化IPCCレポートにおける基礎研究の役割/2008-02-22--2008-02-22
  • 夏季アジアモンスーン域における水循環の変動予測
    釜江 陽一
    気候コロキウム6月例会/2007-06-02--2007-06-02
学協会等委員
2022-09 -- (現在)Asia Oceania Geosciences Society (AOGS)Section Secretary in Atmospheric Sciences
2021-01 -- (現在)FrontiersReview Editor for Atmospheric Science, Frontiers in Earth Science
2020-06 -- 2021-05日本気象学会日本気象学会2021年度春季大会実行委員会
2020-06 -- (現在)日本気象学会松野賞候補者推薦委員
2018-07 -- (現在)日本気象学会Journal of the Meteorological Society of Japan編集委員会委員
2015-05 -- 2015-05日本気象学会日本気象学会2015年度春季大会実行委員会
学内管理運営業績
2021-04 -- 2021-08大学説明会委員会委員
2022-04 -- 2026-03地球学類生クラス担任クラス担任
2019-04 -- (現在)環境科学専攻将来検討委員会委員
2019-04 -- (現在)環境科学専攻英語プログラム(SUSTEP)委員会委員
2019-04 -- (現在)環境科学専攻カリキュラム委員会委員
その他の活動
2022-06 -- 2022-06読売テレビへの取材協力
2022-07 -- 2022-07読売新聞への取材協力
2022-01 -- 2022-01日刊工業新聞への取材協力
2022-01 -- 2022-01プレスリリース 地球温暖化により「大気の川」由来の「経験したことのない大雨」が増える(2022年1月18日筑波大学・気象研究所)
2021-04 -- (現在)学術誌Scientific Data論文の査読
2021-08 -- 2021-08MBSラジオネットワーク1・17への取材協力
2021-08 -- 2021-08朝日新聞への取材協力
2021-08 -- 2021-08読売テレビウェークアップ!への取材協力
2021-08 -- 2021-08中国放送イマナマへの取材協力
2021-08 -- 2021-08共同通信への取材協力
さらに表示...

(最終更新日: 2022-09-30)