宮坂 慎司(ミヤサカ シンジ)

所属
芸術系
職名
助教
eメール
%NCHDT<N<^ k^rp^qpB@DEPONPgONPFP=<g<>gEK
研究室
B142
研究分野
芸術一般
研究キーワード
具象彫刻表現
塑造
触れる彫刻鑑賞
研究課題
DED(Directed Energy Deposition)方式による3次元金属積層技術のアートヘの活用2024-01 -- 2027-03宮坂慎司大丸鐵興株式会社/学術指導
彫刻に触れるとき 「さわる」と「みる」がであう彫刻展 2023-10 -- 2024-03宮坂慎司公益財団法人野村財団/2023年度下期 芸術文化助成250,000円
「伝統素材・技法×3D技術」による民族絵画への触覚的アプローチ2023-08 -- 2024-07宮坂慎司公益財団法人サントリー文化財団/2023年度研究助成「学問の未来を拓く」1,000,000円
3Dモデルを活用したデジタル×アナログによる彫刻鋳造技法の開発2023-04 -- 2024-03宮坂慎司筑波大学/2023年度 筑波大学芸術系研究プロジェクト300,000円
鋸山美術館における企画展「木彫家長谷川昻」に関わるアートマネジメント2022-10 -- 2026-03宮坂慎司公益財団法人鋸山美術館/学術指導
「伝統素材・技法×3D技術」による民族絵画への触覚的アプローチ2022-08 -- 2023-07宮坂慎司サントリー文化財団/2022年度研究助成「学問の未来を拓く」1,000,000円
造形芸術における触覚的イメージの探究:3Dプリントによる触察資料の試作を通して2022-04 -- 2023-03宮坂慎司筑波大学/2022年度筑波大学芸術系研究プロジェクト300,000円
小山町まちなか空間活性化事業における回遊型体験交流イベントのアートマネジメント2022-04 -- 2023-03宮坂慎司静岡県駿東郡小山町/学術指導
伝承のかたちに「触れる」プロジェクト——「3Dプリント×伝統素材・技法」のアプローチから2021-10 -- 2024-03宮坂慎司国立民族学博物館/共同研究
アナログを起点とする立体造形の3Dモデル化とVRによる鑑賞実践2021-04 -- 2022-03宮坂慎司筑波大学/2021年度芸術系研究プロジェクト162,000円
さらに表示...
職歴
2018-04 -- (現在)筑波大学芸術系 助教
2017-04 -- 2018-03東京福祉大学大学院社会福祉学研究科児童学専攻 准教授
学歴
-- 2010-03筑波大学大学院人間総合科学研究科博士後期課程芸術専攻 修了
取得学位
2010-03博士(芸術学)
所属学協会
-- (現在)公益社団法人日展
-- (現在)公益社団法人日本彫刻会
-- (現在)千葉県美術会
-- (現在)茨城県美術展覧会
-- (現在)芸術学研究会
受賞
2023-11第10回日展 会員賞
2021-10令和3年度茨城県芸術祭美術展覧会 茨城新聞社賞
2019-04第49回日彫展 西望賞
2018-04第48回日彫展 会員賞
2016-10第66回千葉県美術展覧会 県展賞
2015-11改組新第2回日展 特選
2013-11第45回日展 特選
2008-06第38回日彫展 日彫賞
論文
  • 原型制作の痕跡にみる「素材感が導く彫刻造形」に関する一考察
    宮坂 慎司
    彫刻研究誌 アートライブラリー/22/pp.29-38, 2021-12
  • 「デジタル×アナログ」「触覚×視覚」から 迫る図像の魅力 : <共同研究 : 伝承のかたちに「触れる」プロジェクト : 「3D プリン ト×伝統素材・技法」のアプローチから
    宮坂 慎司; Shinji Miyasaka
    民博通信 Online = Minpaku Tsushin Online/169/pp.14-15, 2022-03-31
  • 触れるアートの"いま"と"これから"(16)彫刻に触れるとき
    宮坂 慎司
    視覚障害 : その研究と情報 / 視覚障害者支援総合センター 編/(421)/pp.26-35, 2023-06
  • 触れるアートの"いま"と"これから"(15)空間の賑わい : 街中アートのメンテナンスを通して
    宮坂 慎司; 羽室 陽森
    視覚障害 : その研究と情報 / 視覚障害者支援総合センター 編/(413)/pp.28-35, 2022-10
  • 触れるアートの"いま"と"これから"(14)ヴァンジ彫刻庭園美術館が目指すユニバーサル
    宮坂 慎司
    視覚障害 : その研究と情報 / 視覚障害者支援総合センター 編/(406)/pp.9-18, 2022-03
  • 触れるアートの"いま"と"これから"(13)触れるイメージの共有 : 多様な"触"体験へのアプローチ
    宮坂 慎司; 半田 こづえ; 武本 大志
    視覚障害 : その研究と情報 / 視覚障害者支援総合センター 編/(402)/pp.26-33, 2021-11
  • 触れるアートの"いま"と"これから"(12)触れる鑑賞のニューノーマル
    宮坂 慎司; 武本 大志
    視覚障害 : その研究と情報 / 視覚障害者支援総合センター 編/(398)/pp.15-24, 2021-07
  • 触れるアートの"いま"と"これから"(11)伝承に触れる・伝える試み
    宮坂 慎司; 半田 こづえ
    視覚障害 : その研究と情報/(394)/pp.18-28, 2021-03
  • 触れるアートの"いま"と"これから"(10)手のひらの芸術、アートメダル
    宮坂 慎司; 小松 俊介
    視覚障害 : その研究と情報/(390)/pp.30-37, 2020-11
  • 触れるアートの"いま"と"これから"(9)VRと触覚デバイス、アート体験の拡張
    宮坂 慎司; 中臺 久和巨
    視覚障害 : その研究と情報/(389)/pp.39-46, 2020-10
  • 触れるアートの"いま"と"これから"(8)ミュージアムの未来へ、「路上」からの挑戦
    宮坂 慎司; 中臺 久和巨
    視覚障害 : その研究と情報/(388)/pp.29-36, 2020-09
  • 触れるアートの"いま"と"これから"(7)メトロポリタン美術館「Seeing Through Drawing」
    宮坂 慎司; 半田 こづえ
    視覚障害 : その研究と情報/(387)/pp.41-47, 2020-08
  • 触れるアートの"いま"と"これから"(6)メトロポリタン美術館「Picture This!」
    宮坂 慎司; 半田 こづえ
    視覚障害 : その研究と情報/(386)/pp.39-46, 2020-07
  • 触れるアートの"いま"と"これから"(5)The Noguchi Museumの教育普及プログラム
    宮坂 慎司; 半田 こづえ
    視覚障害 : その研究と情報/(385)/pp.30-36, 2020-06
  • 触れるアートの"いま"と"これから"(4)アメリカ・ニューヨークの触れるアート
    宮坂 慎司; 半田 こづえ
    視覚障害 : その研究と情報/(384)/pp.38-45, 2020-05
  • 触れるアートの"いま"と"これから"(3)作家が案内する触れる鑑賞の現場
    宮坂 慎司
    視覚障害 : その研究と情報/(383)/pp.27-34, 2020-04
  • 触れるアートの"いま"と"これから"(2)彫刻鑑賞タッチツアーの取り組み
    宮坂 慎司
    視覚障害 : その研究と情報/(382)/pp.25-30, 2020-03
  • 触れるアートの"いま"と"これから"(1)イントロダクション「触れる鑑賞のこれまで」
    宮坂 慎司
    視覚障害 : その研究と情報/(381)/pp.10-15, 2020-02
  • 「触れる」を通した彫刻鑑賞 筑波大学彫塑展の鑑賞支援活動について
    宮坂 慎司
    視覚障害 : その研究と情報/(371)/pp.16-20, 2019-04
  • 造形的視点から見る児童文化財「ペープサート」の発展と可能性 : 保育の実践と検証を通して
    山本 将之; 宮坂 慎司; 武本 大志
    大阪大谷大学教育学部幼児教育実践研究センター紀要 = Bulletin of Early Childhood Educational Research Center/(8)/pp.33-50, 2018-03
  • 博物館との連携 視覚障害者のための鑑賞プログラムのこれから : 台北国立故宮博物院・国立台湾美術館における取り組み
    半田 こづえ; 宮坂 慎司; 呉 純慧
    視覚障害教育ブックレット/36/pp.8-15, 2017-03
  • 相馬市歴史民俗資料館所蔵作品にみる佐藤玄々の造形的特質
    宮坂 慎司
    芸術学研究/(13)/pp.139-150, 2009
著書
  • 光の手触り―モネの絵に「触れる」感覚
    宮坂 慎司
    視覚障害 : その研究と情報 No.417/pp.26-27, 2023-02
  • 「デジタル×アナログ」「触覚×視覚」から迫る図像のオリジナリティ
    宮坂 慎司
    月刊『教育美術』2023年10月号 特集「見手、感じ手、考え手 ~見て、感じて、考えて~」/pp.22-23, 2023-10
  • 存在らしさの形
    宮坂 慎司
    手の世界制作 かたちの生命, 2023-03
  • 手の中で生まれた形 “触れたい”を受けとめるブロンズアートメダル
    宮坂 慎司
    手の世界制作 かたちの生命, 2023-03
  • 触れる×アートメダル TAMP: つくばアートメダルプロジェクトの実践例より
    宮坂 慎司
    彫刻をさわる時間 〜鑑賞の能動性が拓く屋外彫刻の未来〜/pp.22-27, 2022-03
  • 名作の彩り 歌の情景を描く、北斎の拓く世界
    宮坂 慎司; 吉田 奈穂子
    視覚障害―その研究と情報―/pp.26-45, 2023-09
  • 名作の彩り モネの見た風景―光・水・時間
    吉田 奈穂子; 宮坂真司; 中川三千代; 町野紗恭; 疋田真彩; 宝田紗和子; 唐澤依緒里; 羽室陽森; 奥本千紘
    2023-02-01
  • 名作の彩り 言葉で描く、国宝『鳥獣人物戯画』
    宮坂慎司; 吉田 奈穂子
    視覚障害―その研究と情報―/pp.24-41, 2021-09
  • アートメダルを通した小・中・高・特・大の教育連携
    吉田 奈穂子; 宮坂 慎司
    教育美術 12月号「特集 成長する子どもとカリキュラム・マネジメント」/公益財団法人 教育美術振興会/pp.30-33, 2022-12-1
  • 佐藤玄々芸術における星取法と工房制
    宮坂 慎司
    近代彫刻の天才 佐藤玄々〈朝山〉/pp.34-35, 2018-11
  • 触れるアート鑑賞室 作品:テラコッタ作品7点 作家:視覚特別支援学校6年生児童(2022年度)
    宮坂 慎司
    視覚障害 : その研究と情報 No.421/pp.55-55, 2023-06
  • 触れるアート鑑賞室 作品:手を突いたポーズ 作家:柴田良貴
    宮坂 慎司
    視覚障害 : その研究と情報 No.420/pp.63-63, 2023-5
  • 触れるアート鑑賞室 作品:旅へ 作家:柴田良貴
    宮坂 慎司
    視覚障害 : その研究と情報 No.419/pp.55-55, 2023-4
  • 触れるアート鑑賞室 作品:夜の幕をひらく 作家:柴田良貴
    宮坂 慎司
    視覚障害 : その研究と情報 No.418/pp.55-55, 2023-03
  • 触れるアート鑑賞室 作品:ふくろう(仮題) 作家:中村宏
    宮坂 慎司
    視覚障害 : その研究と情報 No.416/pp.55-55, 2023-01
  • 触れるアート鑑賞室 作品:微睡む女(仮題) 作家:中村宏
    宮坂 慎司
    視覚障害 : その研究と情報 No.415/pp.55-55, 2022-12
  • 触れるアート鑑賞室 作品:少女の頭像(仮題) 作家:中村宏
    宮坂 慎司
    視覚障害 : その研究と情報 No.414/pp.55-55, 2022-11
  • 触れるアート鑑賞室 作品:演者Ⅲ 作家:桒山賀行
    宮坂 慎司
    視覚障害 : その研究と情報 No.413/pp.55-55, 2022-10
  • 触れるアート鑑賞室 作品:海の番人 作家:桒山賀行
    宮坂 慎司
    視覚障害 : その研究と情報 No.412/pp.55-55, 2022-09
  • 触れるアート鑑賞室 作品:窓 作家:桒山賀行
    宮坂 慎司
    視覚障害 : その研究と情報 No.411/pp.55-55, 2022-08
  • 触れるアート鑑賞室 作品:けむりのゆくえ 作家:上野弘道
    宮坂 慎司
    視覚障害 : その研究と情報 No.409/pp.55-55, 2022-06
  • 触れるアート鑑賞室 作品:仮想劇場 主役交代 作家:上野弘道
    宮坂 慎司
    視覚障害 : その研究と情報 No.408/pp.55-55, 2022-05
  • 触れるアート鑑賞室 作品:母と子 作家:上野弘道
    宮坂 慎司
    視覚障害 : その研究と情報 No.407/pp.55-55, 2022-04
  • コロナ禍における芸術支援活動と展示に関するアートライティング
    吉田 奈穂子; 北川フラム; 直江俊雄; 市川結己、宝田紗和子; 早川綾音; 里村亜呼; 小池真莉; 松﨑仰生; 嶋田珠々; 宮坂...
    Art Writing No.16./pp.9-10, 2022-03
  • 日本彫刻会の企画及び主催事業|触れる彫刻鑑賞/作家が語る鑑賞会・彫刻鑑賞会/U-20日彫展/50周年記念特別事業
    宮坂 慎司
    日本彫刻会史Ⅱ〈2001-2021〉/pp.93-104, 2022-01
  • さらに表示...
会議発表等
  • 手のひらの芸術 ーアートメダル&笛吹きボトルの世界ー
    宮坂 慎司
    “触れる”アート GINZA 2023/2023-01-22--2023-02-04
  • 企画展示:彫刻に触れるとき 「さわる」と「みる」がであう彫刻展
    宮坂 慎司
    千葉県立美術館・筑波大学芸術系研究室連携事業 2023/2023-2-21--2023-3-19
  • カタチにさわる時間
    広瀬浩二郎; 桒山賀行; 宮坂 慎司
    彫刻をさわる時間 ー「さわる」と「みる」の結節点ー/2023-03-18--2023-03-18
  • Material, Technique, and Distance: Preliminary Study of Tactile Aesthetics
    Handa Kozue; Takemoto Hiroshi; Atsumi Kei; Miyasaka Shinji
    Confronting Distance through Art and Design, Art and Design Session in TGSW2022/2022-09-27--2022-09-27
  • Between Dimensions: an alternative tactile approach for visually impaired art appreciation
    Miyasaka Shinji; McLeod Gary; EMURA Tadahiko; Takemoto H...
    ICOM Prague 2022– International Committee for Education and Cultural Action/2022-08-20--2022-08-28
  • 彫刻のおもしろさに触れる—具象からの出発
    宮坂 慎司
    多様性を育む ダンス&美術プロジェクト/2022-02-25--2022-02-25
  • 企画展示:手のひらの芸術ーアートメダルの世界ー
    宮坂 慎司
    千葉県立美術館・筑波大学芸術系研究室連携事業/2022-02-22--2022-03-21
  • ワークショップ:アートメダルをつくろう
    宮坂 慎司
    千葉県立美術館・筑波大学芸術系研究室連携事業/2021-03-13--2021-03-13
  • The Relation between Japanese Art Medals and Sculpture, with a Focus on Churyo Sato
    Miyasaka Shinji
    FIDEM TOKYO 2020 XXXVI FIDEM Congress/2021-12-01--2021-12-04
  • 触れる×アートメダル TAMP:つくばアートメダルプロジェクトの実践例より
    宮坂 慎司
    彫刻をさわる時間 〜鑑賞の能動性が拓く野外彫刻の未来, ユニバーサル・ミュージアム/公開シンポジウム/2021-12-05--2021-12-05
  • INTERNATIONAL MEDALLIC PROJECT 2021
    宮坂 慎司
    アートメダル国際交流展/2021-11-7--2021-11-21
  • ワークショップ:彫刻をつくってさわってみて楽しむ
    宮坂 慎司
    「手の世界制作」と「ともいきアート」 ~アートメダルの取り組みへ~/2021-11-17--2021-11-17
  • Adaptation of In-person School Program for Sculpture Appreciation through Touch: A Case Study of "Field Class in Sculpture Appreciation through touch" for students with Visual Impairment in Nichoten Exhibition
    Hnada Kozue; Takemoto Hiroshi; Miyasaka Shinji
    Normality, Society 5.0, Arts-based research, Design thinking, Visual methodologies, TGSW 2021/2021-09-11--2021-09-11
  • つくばアートメダルプロジェクト −筑波大学附属視覚特別支援学校での取り組み—
    宮坂 慎司
    インクルーシブ美術教育研究部会/2021-03-28--2021-03-28
  • ミュージアム・アクセシビリティ —リソースを活かした諸外国の取り組み
    宮坂 慎司; 半田 こづえ
    公益信託 大成建設自然・歴史環境基金助成事業/2020-12-27--2020-12-27
  • INTERNATIONAL MEDALLIC PROJECT 2020
    宮坂 慎司; 小松 俊介
    アートメダル国際交流展/2020-10-24--2020-11-3
  • 時代を映す彫刻家・日名子実三
    宮坂 慎司
    【シンポジウム】サッカー×アート 日本サッカーのシンボルをめぐって/2020-1-26--2020-1-26
  • 出品作家による「ギャラリートーク」
    宮坂 慎司
    第11回現代茨城作家美術展≪現美展≫/2020-1-22--2020-1-22
  • 個展:宮坂慎司彫刻展
    宮坂 慎司
    −singing figures−/2019-11-12--2020-1-9
  • ギャラリートーク 「彫刻に触れる・タッチツアーへようこそ」
    宮坂 慎司
    アート・コレクション・プラス 具象彫刻の今 ― 彫刻家宮坂慎司と県美の収蔵作家たち/2019-3-16--2019-3-16
  • ワークショップ:粘土で遊ぼう ―彫刻家になってみよう―
    宮坂 慎司
    アート・コレクション・プラス 具象彫刻の今 ― 彫刻家宮坂慎司と県美の収蔵作家たち/2019-2-16--2019-2-16
  • 企画展示:具象彫刻の今 ― 彫刻家宮坂慎司と県美の収蔵作家たち
    宮坂 慎司
    千葉県立美術館 アート・コレクション・プラス /2019-1-29--2019-4-14
  • 触って、話して、見て楽しむ美術鑑賞ワークショップ
    宮坂 慎司
    佐藤玄々展/2018-11-3--2018-11-3
  • History of Touch in Museums in Japan
    Kozue Handa; Miyasaka Shinji
    Tsukuba Global Science Week 2018 Art and Design Research for Sustainable Development/2018-09-22--2018-09-22
  • Interactive Support for Art Appreciation through Touch: Based on a Viewpoint of the Sculptor
    Miyasaka Shinji; Handa Kozue
    Tsukuba Global Science Week 2017 Art & Design Session Proceedings, Faculty of Art & Design/2017-09-26--2017-09-26
  • さらに表示...
知的財産権
  • パネルシアター用パネルボード
    宮坂 慎司
  • 着せ替え可能なペープサート用軸棒付き紙人形
    宮坂 慎司
作品
  • 《singing figure ⅱ》, モルタル・木・h.163cm × w.45cm × d.43cm, 第52回日本彫刻会展覧会
    宮坂 慎司
  • 《singing figure》, モルタル・木・h.167cm × w.53cm × d.31cm, 第9回日展
    宮坂 慎司
  • 《boolean 1.1》, モルタル・木・h.125cm × w.57cm × d.35cm, 第51回日本彫刻会展覧会
    宮坂 慎司
  • 《fragment ⅱ》, ホワイトブロンズ・h.11cm × w.6cm × d.4.5cm, FIDEM TOKYO 2O2O Exhibition
    宮坂 慎司
  • 《fragment i》, ホワイトブロンズ・h.10cm × w.8cm × d.3.5cm, FIDEM TOKYO 2O2O Exhibition
    宮坂 慎司
  • 《Boolean 1.0》, モルタル・木・h.225cm × w.55cm × d.70cm, 第8回日展
    宮坂 慎司
  • 《singing shell ⅲ》, モルタル・h.63cm × w.47cm × d.47cm, 令和3年度茨城県美術展覧会
    宮坂 慎司
  • 《wrapped shell》, モルタル・木・h.179cm × w.57cm × d.39cm, 第50回記念日本彫刻会展覧会
    宮坂 慎司
  • 《singing shell fragment -ⅱ》, モルタル・h.138cm × w.60cm × d.60cm, 改組新第7回日展
    宮坂 慎司
  • 《singing shell -ⅱ》, モルタル・木・h.181cm × w.691cm × d.77cm, 改組新第6回日展
    宮坂 慎司
  • 《Hardness -ⅲ》, ブロンズ・h.3cm × w.10cm × d.10cm, PROGRESSION: Medallic art by Japanese artists
    宮坂 慎司
  • 《Hardness -ⅱ》, ホワイトブロンズ・h.3.5cm × w.10cm × d.10cm, PROGRESSION: Medallic art by Japanese artists
    宮坂 慎司
  • 《Hardness -ⅰ》, ホワイトブロンズ・h.3cm × w.10cm × d.10cm, PROGRESSION: Medallic art by Japanese artists
    宮坂 慎司
  • 《shell -ⅱ》, モルタル・木・h.206cm × w.55cm × d.37cm, 第49回日彫展
    宮坂 慎司
  • 《singing shell -ⅰ》, モルタル・木・h.140cm × w.60cm × d.60cm, 改組新第5回日展
    宮坂 慎司
  • 《utsusemi-実-》, モルタル・木・h.179cm × w.61cm × d.65cm, 第48回日彫展
    宮坂 慎司
  • 《utsusemi-春-》, モルタル・木・h.198cm × w.38cm × d.38cm, 改組新第3回日展
    宮坂 慎司
  • 《yocto-o》, モルタル・木・h.183cm × w.91cm × d.100cm, 改組新第2回日展
    宮坂 慎司
  • 《utsusemi》, モルタル・木・h.147cm × w.55cm × d.79cm, 第65回千葉県美術展覧会
    宮坂 慎司
  • 《yocto》, モルタル・木・h.180cm × w.143cm × d.93cm, 第45回日展
    宮坂 慎司
  • 《遺標-踊-》, テラコッタ・モルタル・石膏・木・h.180cm × w.137cm × d.59cm, 第44回日展
    宮坂 慎司
  • 《遺標》, テラコッタ・石膏・木・h.222cm × w.71cm × d.55cm, 第43回日展
    宮坂 慎司
担当授業科目
2023-04 -- 2023-08デザイン学特別演習IA筑波大学
2023-10 -- 2024-02彫塑特別実習II筑波大学
2023-04 -- 2023-08彫塑特別実習II筑波大学
2023-07 -- 2023-08彫塑特別演習ⅡB筑波大学
2023-04 -- 2023-08デザイン学特別演習IIA筑波大学
2023-04 -- 2023-08彫塑特別実習I筑波大学
2023-10 -- 2024-02彫塑特別実習I筑波大学
2023-04 -- 2023-08インターンシップ(彫塑領域)筑波大学
2023-10 -- 2024-02インターンシップ(彫塑領域)筑波大学
2023-10 -- 2024-02デザイン学特別演習IB筑波大学
さらに表示...
授業以外の教育活動
2018-04 -- (現在)触れる彫刻鑑賞教室講師公益社団法人日本彫刻会
2020-11 -- (現在)「”触れる”アート」に関わる活動 筑波大学
2019-10 -- (現在)「アートメダル」に関わるプロジェクト筑波大学
2023-08 -- 2023-08夏休みアートマルシェ2023講師筑波大学芸術系・ つくば市・(公財)つくば文化振興財団
2023-07 -- 2023-07令和5年度高校生公開講座「年度による彫刻制作」筑波大学
2019-08 -- 2019-08彫刻タッチツアー&アートメダル制作体験筑波大学
一般講演
  • 日本近代木彫と長谷川昻
    宮坂 慎司
    「長谷川昻の記憶」講演会/2023-05-14--2023-05-14
  • カタチにさわる時間
    広瀬浩二郎; 桒山賀行; 宮坂 慎司
    彫刻をさわる時間 ー「さわる」と「みる」の結節点ー/2023-03-18--2023-03-18
  • FD大賞プレゼンテーション つくばアートメダルプロジェクト TAMP: Tsukuba Art Medal Project
    宮坂 慎司
    令和2年度人間総合科学学術院・研究科 第4回FDプログラム/2021-02--2021-02
学協会等委員
2021-01 -- (現在)公益社団法人日本彫刻会研究誌編集委員
2019-08 -- 2019-12公益社団法人日展審査員
2017-09 -- 2017-10千葉県美術展覧会審査員
2017-04 -- 2017-05第47回日彫展審査員
2016-01 -- (現在)公益社団法人日本彫刻会会務委員
2010-07 -- 2016-01公益社団法人日本彫刻会出版・広報委員
学内管理運営業績
2022-04 -- (現在)広報局エンゲージメント戦略室
2021-04 -- 2023-03TGSW実行委員会芸術セッションオーガナイザー
2022-05 -- (現在)大学院芸術専攻予算委員会委員長
2021-05 -- 2023-03学生生活支援室学群担当
2021-05 -- (現在)芸術専門学群カリキュラム委員会
2021-05 -- 2023-03芸術学学位プログラムカリキュラム委員会
2021-05 -- (現在)芸術学学位プログラム予算委員会
2021-04 -- 2023-03スポーツ・デー運営委員会
2020-05 -- 2022-03「情報」専門部会 
2020-05 -- 2021-04大学院芸術専攻学生委員会委員長
さらに表示...

(最終更新日: 2024-01-19)