仲田 真理子(ナカタ マリコ)

所属
人間系
職名
助教
ORCID
0000-0001-9530-4418
研究分野
基盤・社会脳科学
実験心理学
神経生理学・神経科学一般
研究キーワード
行動神経内分泌学
研究課題
オスマウスにおける、集団でのタスク遂行時の行動決定メカニズムの検討2021-12 -- 2024-03仲田真理子筑波大学/研究基盤支援プログラム(Sタイプ)3,000,000円
発達障害の当事者とまわりの人のための薬はじめてガイド -- (現在)仲田真理子齋藤茂昭記念財団/事業助成100,000円
生活場面の疲労をシミュレートするゲームの制作と調査:認知能力の個人差が、疲れ方に与える影響の検討2021-12 -- 2023-03仲田真理子公益財団法人 科学技術融合振興財団/2021年度補助金270,000円
集団で仕事をするときの行動決定に関わる神経基盤の解明2022-04 -- 2026-03仲田真理子日本学術振興会/Grants-in-Aid for Scientific Research(基盤研究(B))17,420,000円
発達障害者当事者と家族が薬を正しく活用するための啓発コンテンツ作成事業2021-07 -- 2022-03仲田真理子公益財団法人一般用医薬品セルフメディケーション振興財団/令和3年度(2021年)啓発事業等助成600,000円
社会的アイデンティティの神経基盤の解明2019-04 -- (現在)仲田真理子日本学術振興会/科学研究費助成事業 若手研究4,290,000円
多様な心の性をかたちづくる神経基盤の解明2017-04 -- 2019-03仲田真理子日本学術振興会/科学研究費補助金 特別研究員奨励費4,420,000円
雄マウスの社会認知機能制御におけるアンドロゲン受容体の役割の解析2012-04 -- 2014-03仲田真理子日本学術振興会/科学研究費補助金 特別研究員奨励費(DC2)2,000,000円
職歴
2019-04 -- 2021-03国立研究開発法人産業技術総合研究所人間・情報工学領域研究員
2017-04 -- 2019-03日本学術振興会特別研究員(PD)
2016-06 -- 2017-03国立研究開発法人産業技術総合研究所人間・情報工学領域特別研究員
2012-04 -- 2014-03日本学術振興会特別研究員(DC2)
学歴
2011-04 -- 2016-05筑波大学大学院 人間総合科学研究科 感性認知脳科学専攻博士後期課程
2009-04 -- 2011-03筑波大学大学院 人間総合科学研究科 感性認知脳科学専攻博士前期課程
2005-04 -- 2009-03筑波大学 第二学群 人間学類(心理学主専攻)
取得学位
2016-05博士(神経科学)筑波大学
免許資格等
2019-08危険物取扱者乙種4類
所属学協会
2015 -- (現在)Society for Neuroscience (SFN)
2011 -- (現在)日本動物心理学会
2009 -- (現在)日本神経科学学会
2006 -- (現在)日本神経内分泌学会
2006 -- (現在)日本行動神経内分泌研究会
受賞
2022-03第三回 上手な医療のかかり方アワード 厚生労働省医政局長賞 民間団体部門優秀賞「発達障害の当事者とまわりの人のための薬はじめてガイド」の制作と配布
2017-03筑波大学人間総合科学研究科・平成28年研究科長賞
2017-02産業技術総合研究所H28年度領域公募・優秀発表賞
2016-09筑波大学心友会・心理学独創研究内山記念賞
2016-02筑波大学人間総合科学研究科・優秀TF賞
2013-10第40回神経内分泌学会学術集会・Travel Grant
2011-09第71回日本動物心理学会大会・優秀発表奨励賞
2011-07First Asia-Pacific Conference on Integrative Behavioral Science(日本学術振興会と中国NSFCとの2国間共同セミナーとの共催)・Second Place Award
2011-07First Asia-Pacific Conference on Integrative Behavioral Science(日本学術振興会と中国NSFCとの2国間共同セミナーとの共催)・Travel Grant
2009-03筑波大学第7回人間学類長賞
2006-10第33回神経内分泌学会学術集会・Travel Grant
論文
会議発表等
  • The distribution and sex differences of expression of estrogen receptors throughout development
    Moraes Larissa; Hatsukano Tetsu; Sano Kazuhiro; Nakata M...
    動物心理学会第81回大会/2021-10-30--2021-10-31
  • 6-OHDA誘発性パーキンソン病モデルラットの前肢運動機能に対する経頭蓋直流電気刺激(tDCS)の効果
    仲田 真理子
    第44回日本神経科学大会/2021-07-28--2021-07-31
  • アトモキセチンが雄マウスの性行動に与える影響の検討
    Sagoshi Shoko; Kawashima Miho; Nakata Mariko
    第44回日本神経科学大会/2021-07-28--2021-07-31
  • アトモキセチンが雄マウスの性行動に与える影響の検討
    Shoko Sagoshi; 仲田 真理子
    The 45th Annual Meeting of Japan Neuroscience Society/2021-07-28--2021-07-31
  • 攻撃行動の選択交配系マウスの情動・社会行動の分析
    福士碧沙; 渡井浩太; 仲田 真理子; 津田夢芽子; 小川園子
    第66回日本動物心理学会大会/2006-10
  • Non-reproductive behavioral characteristics of aromatase knockout mice.
    Watai K; 仲田 真理子; Tsuda MC; Toda K; Ogawa S
    第33回日本神経内分泌学会学術集会/2006-10
  • ガラニン過剰分泌トランスジェニックマウスの社会行動の分析
    仲田 真理子; Tomas Hökfelt; Sandra Ceccatelli; 小川園子
    第33回日本神経内分泌学会学術集会/2006-10
  • エストロゲンによる行動制御についての行動神経内分泌学的解析(1):アロマテース遺伝子欠損マウスの行動特性
    渡井浩太; 黒田淑子; 小沢貴明; 仲田 真理子; 戸田勝巳; 津田夢芽子; 小川園子
    第67回日本動物心理学会大会/2007-10
  • CLICK-Ⅲ遺伝子ノックアウト雄マウスの社会行動の特性
    仲田 真理子; 竹本-木村さやか; 明石法子; 掛山正心; 尾藤晴彦; 坂本敏郎; 小川園子
    第13回行動神経内分泌研究会/2010-09
  • CLICK-Ⅲ/CaMKIgamma遺伝子ノックアウトマウスの情動・社会行動の解析
    仲田 真理子; 竹本-木村さや; 掛山正心; 崎村建司; 三品昌美; 尾藤晴彦; 坂本敏郎; 小川園子
    第71回日本動物心理学会大会/2011-09
  • Differential regulation of running-wheel activity and open field behavior by estrogen in aromatase-knockout mice.
    K Watai; Y Kuroda; Nakata Mariko; K Toda; MC Tsuda; S Ogawa
    The 37th Annual Meeting of Society for Neuroscience/2007-11-03--2007-11-07
  • Effects of neonatal maternal separation on the onset of aggressive behavior in estrogen receptor beta knockout male mice.
    Tsuda MC; 仲田 真理子; Watai K; Ogawa S
    The 37th Annual Meeting of Society for Neuroscience/2007-11-03--2007-11-07
  • “Peri-pubertal expression of aggression in maternally separated estrogen receptor β knockout male mice.
    MC Tsuda; Nakata Mariko; K Watai; S Ogawa
    US/Japan Neurosteroid Symposium, Gifu (Japan)/2008-09
  • Neuron specific ERα and its involvement in aggressive and sexual behavior of mice.
    K Sano; Nakata Mariko; K Sato; K Watai; T Uchimura; K Na...
    Japan/China Symposium on "Strategies to Reduce Risks on the Brain Development Contingent to Urbanization"/2008-11
  • Inhibitory role of estrogen receptor α and β in obesity in male mice.
    Nakata Mariko; K Sano; C Tsuda M; N Vasudevan; S Ogawa
    First Asia-Pacific Conference on Integrative Behavioral Science (日本学術振興会と中国NSFCとの2国間共同セミナーとの共催)/2011-07
  • Site-specific action of testosterone via estrogen receptor β, not α, in the medial preoptic area is required for the full expression of aggressive behavior in male mice.
    N Yamaguchi; K Sano; Nakata Mariko; S Musatov; T Sakamot...
    Neuroscience 2015/2015-10-17--2015-10-21
  • Pubertal activation of estrogen receptor α in the medial amygdala is necessary for the expression of male-type social behavior in adult mice.
    K Sano; Nakata Mariko; S Musatov; T Sakamoto; S Tsukahar...
    Neuroscience 2015/2015-10-17--2015-10-21
  • The role of estrogen receptor β in adult medial amygdala in the regulation of male social behavior.
    Nakata Mariko; Sano Kazuhiro; S Musatov; N Yamaguchi; T ...
    Neuroscience 2015/2015-10-17--2015-10-21
  • Focal brain lesions induced by ultraviolet irradiation.
    Nakata Mariko; K Nagasaka; M Shimoda; I Takashima; S Yam...
    Neuroscience 2017/2017-11
  • Layer-dependent time course of neuronal death following ultraviolet light irradiation of the cerebral cortex.
    Nakata Mariko; M Shimoda; S Yamamoto
    Neuroscience 2018/2018-11
  • Focal brain lesion induced by ultraviolet irradiation in a rhesus monkey.
    Nakata Mariko; A Takemura; K Matsuda; S Yamamoto
    Neuroscience 2019/2019-10
  • Roles of estrogen receptor β in the regulation of agonistic behavior in male mice
    Nakata Mariko; Ågmo Anders; Sagoshi Shoko; Ogawa Sonoko
    The Third Sino-Japan session: Symposium on the Frontier of Behavioral Neuroendocrinology./2019-03-20--2019-03-22
  • Analysis of the effects of oxytocin gene disruption on performance of social discrimination task in male mice using a new social interaction testing system
    Mariko Nakata; Nagata Kazuyo; Tomoya Ishigaki; Shoko Sag...
    The 37th Annual Meeting of The Japan Neuroscience Society/2014-9-11--2014-9-13
  • Analysis of social investigation and social anxiety using a new behavioral testing system for social interaction in mice.
    Nagata Kazuyo; Yuka Miyata; Mariko Nakata; Sonoko Ogawa
    The 37th Annual Meeting of The Japan Neuroscience Society/2014-9-11--2014-9-13
  • Effects of site-specific knockdown of estrogen receptor β in the medial amygdala on social behaviors in male mice.
    Nakata Mariko; Sano Kazuhiro; Musatov S; Ogawa Sonoko
    The 36th Annual Meeting of The Japan Neuroscience Society/2013-06
  • さらに表示...
知的財産権
  • 脳表を局所的に損傷させる方法
    仲田 真理子
担当授業科目
2022-10 -- 2023-02基礎科学英語2筑波大学
2022-04 -- 2022-08基礎科学英語2筑波大学
2022-10 -- 2023-02キャリアプラン・研究者倫理・TFトレーニングセミナー筑波大学
2022-04 -- 2022-08キャリアプラン・研究者倫理・TFトレーニングセミナー筑波大学
2022-10 -- 2023-02キャリアプランセミナー筑波大学
2022-04 -- 2022-08キャリアプランセミナー筑波大学
2022-05 -- 2022-07神経科学基礎論C筑波大学
2022-10 -- 2023-02行動神経科学実験実習筑波大学
2022-04 -- 2022-08行動神経科学実験実習筑波大学
2022-10 -- 2023-02基礎科学英語1筑波大学
さらに表示...
授業以外の教育活動
2020-10 -- (現在)就労に関するピア講師つくばLSC障害者就業・生活支援センター
一般講演
  • 内側視索前野とおよび内側扁桃体における思春期前または成体期の部位特異的なエストロゲン受容体β遺伝子ノックダウンが雄マウスの社会行動に及ぼす影響
    仲田 真理子
    平成28年度筑波大学心理学域祭
  • こころの性に関わる、脳とホルモンと遺伝子のお話
    仲田 真理子
    東京レインボープライド2017・レインボーウィーク講演会/2017-05--2017-05
  • 恋人か、ライバルか? ~2種類のエストロゲン受容体が、嗅覚情報の処理とオスマウスの攻撃行動に果たす役割~
    仲田 真理子
    第162回動物心理学会例会・動物心理学会若手の会主催シンポジウム/2017-12--2017-12
学協会等委員
2021 -- (現在)日本行動神経内分泌研究会運営委員会委員
2020 -- (現在)日本動物心理学会広報・渉外担当幹事
学内管理運営業績
2021 -- (現在)人間学類 広報委員会委員
2021 -- (現在)ニューロサイエンス学位プログラムTri-Institutional Neuroscience Graduate Seminar 実施運営委員長
2021 -- (現在)ニューロサイエンス学位プログラム大学院説明会実施委員
2021 -- (現在)人間系研究戦略委員会委員
その他の活動
2021 -- (現在)「発達障害の当事者とまわりの人のための薬はじめてガイド」 発達障害の人と支援者のための、服薬・受診サポートブックの製作。

(最終更新日: 2022-07-24)