金保 安則(カナホ ヤスノリ)

所属
筑波大学
職名
理事
科研費番号
00214437
URL
eメール
/J<2?29@Tc_>5]EDF<F32]24];A
研究分野
機能生物化学
研究キーワード
脂質性シグナル伝達
低分子量G蛋白質
神経科学
ノックアウトマウス
細胞機能
細胞運動
細胞形態形成
がん
研究課題
炎症応答の鍵分子としての低分子量G蛋白質Arf6の解析2021 -- 2023金保安則日本学術振興会/基盤研究(C)4,160,000円
革新的抗癌剤の開発に向けた腫瘍血管新生と癌転移の阻害ペプチドの創成2018 -- 2020金保安則日本学術振興会/基盤研究(B)17,290,000円
新規抗癌剤開発に向けた腫瘍血管新生・癌転移阻害ペプチドの創成2015 -- 2017金保安則日本学術振興会/基盤研究(A)39,180,000円
脂質性シグナル分子産生酵素のパートナー蛋白質の網羅的探索を基盤とした生理機能解析2008 -- 2010日本学術振興会/基盤研究(A)52,630,000円
ベトナム特有の南方薬に含まれる生理活性成分シーズの探索2007 -- 2009日本学術振興会/基盤研究(B)21,170,000円
G蛋白質シグナルによるリン脂質代謝制御と細胞形態制御の分子メカニズム解析    2005 -- 2009文部科学省/特定領域研究91,700,000円
脂質性シグナル伝達系の生理機能解析                       2006 -- 2007日本学術振興会/基盤研究(B)17,170,000円
脂質性シグナル伝達系と胎児生アルコール症候群の関連 2006 -- 2006日本学術振興会/萌芽研究3,300,000円
職歴
1983-06 -- 1985-05米国NIH客員研究員
1985-06 -- 1986-12米国コネチカット州立大学医学部客員研究員
1987-01 -- 1988-12米国SmithKline&French研究所客員研究員
1989-03 -- 1993-03岐阜大学医学部助手
1993-04 -- 1999-09東京工業大学大学院生命理工学研究科助教授
1999-10 -- 2005-03(財)東京都臨床医学総合研究所部長
2005-04 -- (現在)筑波大学大学院人間総合科学研究科教授
2011-10 -- (現在)筑波大学医学医療系教授(組織改組による)
学歴
-- 1982京都薬科大学 薬学研究科
取得学位
薬学博士京都薬科大学
所属学協会
-- (現在)日本細胞生物学会
-- (現在)日本生化学会
論文
著書
  • ホスホリパーゼDの癌における多様な機能
    船越 祐司; 金保安則
    医学のあゆみ/pp.1035-1042, 2019-06
  • 血管性認知症
    冨所 康志; 玉岡; 金保安則
    Common Diseaseの病態生理と薬物治療/オーム社/pp.319-321, 2019-03
  • 小腸・大腸
    鈴木 英雄; 奈良坂俊明; 原晃; 金保安則; 寺田弘
    Common Diseaseの病態生理と薬物療法/オーム社/pp.90-96, 2019-03
  • Phospholipase D2 promotes disease progression of renal cell carcinoma through the induction of angiogenin
    kandori S; Kojima T; Matsuoka T; Yoshino T; Sugiyama A; N...
    Canser Sci/Japanese Cancer Association, 2018-04
  • 小胞輸送
    大林 典彦; 金保 安則
    生体の科学/医学書院/pp.482-483, 2015-10
  • 低分子量Gタンパク質Arf6の個体における多彩な生理機能
    金保 安則; 本宮 綱記
    生化学/pp.78-85, 2016-02
  • 生化学・分子生物学 低分子量G蛋白質Arf6の髄鞘形成における役割
    金保 安則; 秋山 雅博
    医学のあゆみ/pp.255-256, 2016-01
  • リン脂質代謝酵素ホスホリパーゼD2は腫瘍形成を抑制する
    本宮 綱記; 船越 祐司; 金保 安則
    脂質生化学研究/pp.64-66, 2013-05
  • ホスパリーゼDの多彩な生理機能と癌における役割
    金保安則; 本宮綱記
    生命を支える脂質 最新の研究と臨床/医学のあゆみ/pp.1091-1096, 2014-01
  • 新たな抗がん剤創薬標的としての低分子量Gタンパク質Arf6.
    本宮綱記; 金保 安則
    ファルマシア/公益社団法人 日本薬学会/pp.310-314, 2015-04
  • ホスホリパーゼD
    金保 安則; 本宮綱記
    モデル動物の作製と利用 疾患モデルの作製と利用-脂質代謝異常と関連疾患 /株式会社エル・アイ・シー/pp.283-290, 2015-01
  • Mammalian Phospholipase D: Structure, Regulation, and Physiological Functions of Phospholipase D and its Link to Pathology.
    Kanaho Yasunori; 本宮綱記
    Phospholipases in Health and Disease/Springer/pp.343-358, 2014-01
  • The tumor suppressor PTEN: involvement of a tumor suppressor candidate in the PTEN turnover.
    Maehama T.; Okahara F.; Kanaho Y.
    Biochem. Soc. Trans./pp.343-347, 2004-01
  • Regulation of phosphatidylinositol 4-phosphate 5-kinase activity by partner proteins.
    Kanaho Y.; Nakayama K.; Frohman M.A.; Yokozeki T.
    Methods Enzymol/pp.88-96, 2008-01
  • Novel activation mechanism and physiological function of PIP5Kγ661.
    Kanaho Y.; Nakano-Kobayashi A.; Yokozeki T.
    Adv. Enzyme Regul/pp.88-96, 2008-01
  • Regulation and functions of the lipid kinase PIP5K661 at synapses.
    Kanaho Y.; Unoki T.
    Adv. Enzyme Regul./pp.59-65, 2012-01
  • Activation of PI(4)P 5-kinase by small G protein.
    Kanaho Y.; Miyazaki H.; Yamazaki M.
    Adv. Enzyme Regul./pp.107-119, 2003-01
  • Regulation of phospholipase D1 activity by rho GTPases.
    Frohman M.A.; Kanaho Y.; Zhang Y.; Morris A.J.
    Methods Enzymol/pp.177-189, 2000-01
  • GTP-binding proteins as the substrates of pertussis toxin-catalyzed ADP-ribosylation.
    Katada T.; Iiri T.; Takahashi K.; Nishina H.; Kanaho Y.
    Bacterial Toxins and Virulence Factors in Disease (Moss J., Iglewski B., Vaughan M. and Tu T.A. eds.) Handbook of Natural Toxins/Marcel Dekker, Inc., New York/pp.459-489, 1995-01
  • Signal transduction mediated by GTP-binding proteins.
    Kanaho Yasunori; Nozawa Yoshinori
    Cytoprotection and Cytobiology (Kogure, K. ed)/Cytomedica, London/pp.3-15, 1989-01
  • ホスホリパーゼDの活性測定法
    金保 安則
    生物薬科学実験講座 情報伝達物質 [II]シグナル伝達系と細胞機能/広川書店/pp.388-402, 2005-10
  • 新・生命科学ライブラリーC2 細胞が生きるしくみII 細胞内シグナル伝達
    金保 安則
    サイエンス社, 2007-04
  • 生化学 インテグレーテッドシリーズ1 (John W. Pelley著)
    堅田利明; 金保安則
    東京科学同人, 2010-10
  • Activation machinery of the small GTPase Arf6.
    Hongu Tsunaki; Kanaho Yasunori
    Adv. Biol. Regul./pp.59-66, 2014-01
  • Molecular mechanisms of fMLP-induced superoxide generation and degranulation in mouse neutrophils.
    Kanaho Yasunori; Sato Takanobu; Hongu Tsunaki; Funakoshi Yuji
    Adv. Biol. Regul./pp.128-134, 2013-01
  • さらに表示...
会議発表等
  • 脱ユビキチン化酵素TRE17/USP6による膜タンパク質の輸送制御を介した腫瘍細胞の浸潤促進機構
    小倉由希乃; 大林典彦; 金保安則; 川口敦史; 船越 祐司
    第45回分子生物学会年会/2022-11-20--2022-12-02
  • 脱ユビキチン化酵素TRE17/USP6は、CD147の細胞内輸送制御を介してがん細胞浸潤能を亢進する
    船越 祐司; 小倉由希乃; 大林典彦; 川口敦史; 金保安則
    第19回生命科学研究会/2022-07-01--2022-07-02
  • Ubiquitin-specific protease TRE17/USP6 promotes cancer cell invasion through the regulation of plasma membrane protein recycling
    小倉 由希乃; 川口 敦史; 大林典彦; 金保安則; 船越祐司
    The 2020 NTU-KU-UT mini-symposium on Cancer Biology and Medicine/2021-12-19
  • 脱ユビキチン化酵素TRE17/USP6による膜タンパク質の輸送制御を介した腫瘍細胞の浸潤促進機構脱ユビキチン化酵素TRE17/USP6による膜タンパク質の輸送制御を介した腫瘍細胞の浸潤促進機構
    小倉由希乃; 川口敦史; 船越祐司; 大林典彦; 金保安則
    第45回日本分子生物学会年会/2022-11-30--2022-12-02
  • 脱ユビキチン化酵素TRE17と低分子量G蛋白質Arf6によるクラスリン非依存的カーゴ蛋白質の輸送制御.
    小倉由希乃; 船越祐司; 大林典彦; 金保 安則
    第41回日本分子生物学会年会/2018-11-29
  • 脱ユビキチン化酵素TRE17と低分子量G蛋白質Arf6によるクラスリン非依存的カーゴ蛋白質の輸送制御.
    小倉由希乃; 船越祐司; 大林典彦; 金保 安則
    第41回日本分子生物学会年会/2018-11-29
  • Regulation of clathrin-independent cargo trafficking by the ubiquitin-specific protease TRE17/USP6 and the small GTPase Arf6
    小倉由希乃; 船越 祐司; 大林典彦; 金保安則
    Tsukuba Global Science Week 2018/2018-9-20--2018-9-22
  • Ubiquitin-specific protease TRE17/USP6 promotes cancer cell invasion through the regulation of plasma membrane protein recycling.
    金保 安則; 船越祐司; 小倉由希乃; 大林典彦
    筑波会議2019/2019-10-02--2019-10-04
  • Ubiquitin-specific protease TRE17/USP6 promotes cancer cell invasion through the regulation of CD147 recycling.
    Kanaho Yasunori; 船越祐司; 小倉由希乃; 大林典彦
    The International Graduate Symposium on Industrial Biotechnology/2019-10-14--2019-10-19
  • 脱ユビキチン化酵素TRE17/USP6は、膜蛋白質の輸送を介して癌細胞浸潤能を亢進する.
    Kanaho Yasunori; 船越祐司; 小倉由希乃; 大林典彦
    第42回分子生物学会年会/2019-12-03--2019-12-06
  • 脱ユビキチン化酵素 TRE17/USP6 は膜蛋白質の輸送を介して癌細胞浸潤能を亢進する.
    小倉由希乃; 大林典彦; 川口敦史; 金保 安則; 船越祐司
    第72回日本細胞生物学会大会/2020-06-09--2020-06-11
  • Ubiquitin-specific protease TRE17/USP6 promotes cancer cell invasion through the regulation of plasma membrane protein recycling
    Funakoshi Yuji; 金保安則; 大林典彦
    The 2020 NTU-KU-UT mini-symposium on Cancer Biology and Medicine/2021-12-19--2021-12-19
  • 脱ユビキチン化酵素TRE17/USP6は膜蛋白質のリサイクリングを介して癌細胞浸潤能を亢進する
    小倉 由希乃; 大林 典彦; 川口 敦史; 船越 祐司; 金保 安則
    第43回日本分子生物学会/2020-12-02--2020-12-04
  • Ubiquitin-specific protease TRE17/USP6 promotes cancer cell invasion through the regulation of plasma membrane protein recycling
    Funakoshi Yuji; 金保安則; 大林典彦
    The 2020 NTU-KU-UT mini-symposium on Cancer Biology and Medicine/2021-12-19--2021-12-19
  • 脱ユビキチン化酵素TRE17/USP6は膜蛋白質のリサイクリングを介して癌細胞浸潤能を亢進する
    小倉 由希乃; 大林 典彦; 川口 敦史; 船越 祐司; 金保 安則
    第43回日本分子生物学会/2020-12-02--2020-12-04
  • TBC1D24 はクラスリン非依存に取り込まれる膜タンパク質のリサイクリングを制御する.
    Nguyen Thi Kim Nguyen; 大林典彦; 川口敦史; 金保 安則; 船越祐司
    第72回日本細胞生物学会大会/2020-06-09--2020-06-11
  • 脱ユビキチン化酵素 TRE17/USP6 は膜蛋白質の輸送を介して癌細胞浸潤能を亢進する.
    小倉由希乃; 大林典彦; 川口敦史; 金保 安則; 船越祐司
    第72回日本細胞生物学会大会/2020-06-09--2020-06-11
  • Arf6 GTPase 活性化因子 ARAP3 による浸潤仮足形成制御機構.
    船越祐司; 山内庸平; 本宮綱記; 山口英樹; 金保 安則
    第72回日本細胞生物学会大会/2020-06-09--2020-06-11
  • 脱ユビキチン化酵素TRE17/USP6は、膜蛋白質の輸送を介して癌細胞浸潤能を亢進する.
    Kanaho Yasunori; 船越祐司; 小倉由希乃; 大林典彦
    第42回分子生物学会年会/2019-12-03--2019-12-06
  • TBC1D24 regulates recycling of plasma membrane proteins that enter cells by clathrin-independent endocytosis.
    Kanaho Yasunori; 船越祐司; Nguyen Nguyen Thi Kim; 大林典彦
    第42回分子生物学会年会/2019-12-03--2019-12-06
  • Ubiquitin-specific protease TRE17/USP6 promotes cancer cell invasion through the regulation of CD147 recycling.
    Kanaho Yasunori; 船越祐司; 小倉由希乃; 大林典彦
    The International Graduate Symposium on Industrial Biotechnology/2019-10-14--2019-10-19
  • TBC1D24 regulates tubular recycling endosome formation through the small GTPase Rab22a.
    Kanaho Yasunori; 船越祐司; Nguyen Nguyen Thi Kim; 大林典彦
    筑波会議2019/2019-10-02--2019-10-04
  • Ubiquitin-specific protease TRE17/USP6 promotes cancer cell invasion through the regulation of plasma membrane protein recycling.
    金保 安則; 船越祐司; 小倉由希乃; 大林典彦
    筑波会議2019/2019-10-02--2019-10-04
  • 脱ユビキチン化酵素TRE17/USP6は、膜蛋白質の輸送を介して癌細胞浸潤能を亢進する.
    金保 安則; 船越祐司; 小倉由希乃; 大林典彦
    第18回生命科学研究会/2019-06-28--2019-06-29
  • Regulation of clathrin-independent cargo trafficking by the ubiquitin-specific protease TRE17/USP6 and the small GTPase Arf6
    小倉由希乃; 船越 祐司; 大林典彦; 金保安則
    Tsukuba Global Science Week 2018/2018-9-20--2018-9-22
  • さらに表示...
知的財産権
  • Arf6遺伝子機能喪失動物及びその利用方法
    金保 安則
  • Arf6遺伝子機能喪失動物及びその利用方法
    金保安則; 本宮綱記; 長谷川潤; 船越祐司
  • GTP結合型ARF6タンパク質の測定方法及びその用途
    金保安則; 本宮綱記; 周淼; 長谷川潤
  • アレルギーマウス
    金保 安則
担当授業科目
2022-04 -- 2022-08Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2022-10 -- 2023-02Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2020-10 -- 2021-02インターンシップII筑波大学
2020-04 -- 2020-08インターンシップII筑波大学
2020-04 -- 2020-08基礎医科学演習筑波大学
2020-10 -- 2021-02基礎医科学演習筑波大学
2020-04 -- 2020-08インターンシップI筑波大学
2020-10 -- 2021-02インターンシップI筑波大学
2020-04 -- 2020-08医科学特別演習筑波大学
2020-10 -- 2021-02医科学特別演習筑波大学
さらに表示...
一般講演
  • 低分子量G蛋白質Arf6の多彩な生理学的・病理学的機能 ~Arf6のがんへの関与と抗がん剤開発にむけて~
    Kanaho Yasunori
    平成29年度医学研セミナー/2018-03-12--2018-03-12
学内管理運営業績
2009-04 -- 2010-03基礎医学系長基礎医学系の管理、運営
2009-04 -- 2010-03人間総合科学研究科科長補佐研究科長の補佐
2010-04 -- 2012-03人間総合科学研究科医学系副研究科長医学系専攻の管理、運営
2011-04 -- 2012-03医学医療系長医学系の管理、運営
2012-04 -- 2016-03人間総合科学研究科研究科長研究科の管理、運営
2016-04 -- 2017-03大学執行役員産学連携担当
2017-04 -- (現在)副学長・理事産学連携担当

(最終更新日: 2022-01-27)