現在地

柳沢 正史(ヤナギサワ マサシ; Yanagisawa, Masashi)

face
所属
国際統合睡眠医科学研究機構
職名
教授
研究課題
睡眠脳波を指標とする睡眠と運動の自己管理による健康寿命延伸2019 -- 2021柳沢 正史科学技術振興機構/未来社会創造事業5,000,000円
健康寿命の延伸を図る「食」を通じた新たな健康システムの確立2018 -- (現在)柳沢 正史農業・食品産業技術総合研究機構/SIP 戦略的イノベーション創造プログラム11,150,000円
フォワード・ジェネティクスによる睡眠覚醒制御機構の解明2017 -- 2022柳沢 正史日本学術振興会/特別推進研究549,900,000円
脳機能改善作用を有する機能性食品開発2017 -- 2020柳沢 正史農業・食品産業技術総合研究機構/「知」の集積と活用の場 研究開発モデル事業83,950,000円
光を用いた睡眠の機能と制御機構の統合的解析2016 -- 2021柳沢 正史科学技術振興機構/CREST130,000,000円
「つくばイノベーション・エコシステムの構築(医療・先進技術シーズを用いた張スマート社会の創生事業)」における「世界中の眠りに悩む人々への睡眠計測検査サービス事業」2016 -- 2020柳沢 正史つくばグローバル・イノベーション推進機構(TGI)/補助事業地域イノベーション・エコシステム形成プログラム160,860,248円
フォワードジェネティクスで同定した新規睡眠制御遺伝子による睡眠覚醒制御機構の解明2014 -- 2018柳沢 正史日本学術振興会/基盤研究(S)195,130,000円
フォワードジェネティクスで同定した新規睡眠制御遺伝子による睡眠覚醒制御機構の解明2014 -- 2016柳沢 正史日本学術振興会/基盤研究(A)40,690,000円
職歴
2014 -- (現在)テキサス大学サウスウェスタン 医学センター 客員教授
2012 -- (現在)筑波大学 国際統合睡眠医科学研究機構 機構長・教授
2010 -- 2014筑波大学 内閣府 最先端研究開発支援プログラム(FIRST) 兼任教授・中心研究者
2001 -- 2007JST/ERATO「柳沢オーファン受容体プロジェクト」 総括責任者
1998 -- 2014UTSW Basic Biomedical Science The Patrick E. Haggerty Distinguished Chair
1996 -- 2014テキサス大学サウスウェスタン医学センター ハワードヒューズ医学研究所 教授 / 研究員
1991 -- 1996テキサス大学サウスウェスタン医学センター / ハワードヒューズ医学研究所 准教授 / 准研究員
1991 -- 1991京都大学医学部 第一薬理学 講師
1989 -- 1991筑波大学 基礎医学系薬理学 講師
学歴
-- 1988筑波大学大学院 医学研究科 博士課程修了
所属学協会
-- (現在)日本心血管内分泌代謝学会
-- (現在)日本睡眠学会
受賞
2019茨城県民栄誉賞
2019文化功労者
2019高峰記念第一三共賞
2018慶應医学賞
2018朝日賞
2017エルウィン・フォン・ベルツ賞
2016松尾賞
2016紫綬褒章
2015The Walter B. Cannon 記念賞
2013高峰譲吉賞
2006Outstanding Scientific Achievement Award
2003Bristol-Myers Squibb Achievement Award in Cardiovascular Research
2000ゴールドメダル賞
1998塚原仲晃記念賞
1998The Amgen Award
1998The Novartis Award
1998The J. J. Abel Award
1998The Kilby Award
1997The Donald Seldin Award
1997高峰譲吉奨励賞
1997Medical Research Award
1990つくば賞
論文
著書
  • Distribution of orexin-containing neurons and glucose-sensitive neurons in the lateral hypothalamic area.
    T. Moriguchi; T. Sakurai; T. Nambu; M. Yanagisawa; K. Goto.
    1998-12
会議発表等
  • 畏敬の念は睡眠効率の高さと関連する :SLEPT study
    堀 大介; 森田えみ; 松本すみ礼; 石原あすか; 池田 有; 室...
    日本睡眠学会 第46回定期学術集会/2021-09-23--2021-09-24
  • 長時間労働・労働ストレスの交互作用と睡眠との関連 :SLEPT study
    室井 慧; 森田えみ; 松本すみ礼; 石原あすか; 池田 有; 堀...
    日本睡眠学会 第46回定期学術集会/2021-09-23--2021-09-24
  • 血糖と睡眠との関連:勤労者を対象とし客観的に睡眠を測定した研究
    池田 有; 森田えみ; 池田朝彦; 室井 慧; 新井 陽; 髙橋 ...
    第94回日本産業衛生学会/2021-05-18--2021-05-21
  • 成体脳の新生ニューロンが睡眠中の記憶固定化に果たすメカニズムの解明
    伊代 小柳; 禹騰 汪; Sakthivel Srinivasan; 佳卉 于; 紀枝 ...
    第44回日本神経科学大会/2021-07
  • 勤労者における生きがいの有無と睡眠状態との関連:SLEPT Study
    森田 えみ; 柳沢正史; 池田有; 松本すみ礼; 石原あすか; 鈴木...
    第60回日本心身医学会総会ならびに学術講演会,第2回日本心身医学関連学会合同集会/2019-11-15--2019-11-17
  • 一般集団における短時間睡眠家系・長時間睡眠家系の頻度の推計
    石原あすか; 森田 えみ; 萱場桃子; 佐藤誠; 平井康仁; 大井雄...
    日本睡眠学会第42回定期学術集会/2017-06-29--2017-06-30
  • 勤労世代の睡眠計測データを用いた睡眠効率に影響する要因の解明
    松本すみ礼; 森田 えみ; 石原あすか; 堀大介; 平井康仁; 大井...
    日本睡眠学会第43回定期学術集会/2018-07-11--2018-07-13
  • 客観指標を用いた睡眠効率と生活習慣との関連 -勤労者を対象とした研究-
    池田有; 森田 えみ; 池田朝彦; 高橋司; 白木渚; Christina-Sy...
    第28回体力・栄養・免疫学会大会/2018-09-01--2018-09-02
  • 勤労者における心的ストレスと眠気・睡眠との関連
    池田有; 森田 えみ; 池田朝彦; 高橋司; 堀大介; 道喜将太郎; ...
    第92回日本産業衛生学会/2019-05-22--2019-05-25
  • 勤労者における主観による睡眠時無呼吸有病率と関連因子
    鈴木稚寛; 森田 えみ; 松本すみ礼; 石原あすか; 樋江井哲郎; ...
    日本睡眠学会第44回定期学術集会/2019-06-27--2019-06-28
  • 若年労働者と中高年労働者における不眠傾向者の実態 ~睡眠の客観的指標を用いての検討~
    石塚真美; 森田 えみ; 松本 すみ礼; 石原 あすか; 鈴木 稚寛;...
    第26回日本産業精神保健学会/2019-08-30--2019-08-31
  • 就寝前の光照射と勤労者の睡眠との関連性
    石原あすか; 森田 えみ; 松本 すみ礼; 鈴木 稚寛; 樋江井 哲...
    日本睡眠学会第44回定期学術集会/2019-06-27--2019-06-28
  • 勤労者における必要な睡眠時間の体質と日常の心理的ストレスとの関連:SLEPT Study
    森田 えみ; 柳沢 正史; 池田 有; 石原 あすか; 松本 すみ礼; ...
    第30回日本疫学会/2020-02-20--2020-02-22
  • 冬季の寝室室温が睡眠効率に及ぼす影響に関するマルチレベル分析
    浅倉弘尭、伊香賀俊治、中島侑江; 森田 えみ; 堀大介; 笹原信...
    2018年度(第89回)日本建築学会関東支部研究発表会/2019-03-06--2019-03-07
  • Different effects of orexin receptor antagonist and GABAa agonist on physical and cognitive functions
    Seol J.; Fujii Y.; Park I.; Suzuki Y.; Kawana F.; Fukusum...
    The 7th Annual IIIS Symposium/2018-12
  • Association of self-rated sleep apnea with hypertension, dyslipidemia and diabetes mellitus: SLEPT study
    Suzuki Chihiro; Morita Emi; Matsumoto Sumire; Ishihara As...
    World Sleep/2019-09-20--2019-09-25
  • Sleep State Analysis Using Calcium Imaging Data by Non-negative Matrix Factorization
    Nagayama Mizuo; Aritake Toshimitsu; Hino Hideitsu; Kanda ...
    28th International Conference on Artificial Neural Networks (ICANN)/2019-09-17--2019-09-19
  • 長時間労働と睡眠時間・睡眠効率の関係:活動量計を用いた疫学研究
    室井 慧; 森田えみ; 鈴木雅寛; 石原あすか; 松本すみ礼; 新...
    第93回日本産業衛生学会/2020-6-12--2020-6-28
  • 労働者を対象としたクロノタイプ(朝型・昼型)と心理的ストレスの関連
    新井 陽; 森田えみ; 鈴木雅寛; 石原あすか; 松本すみ礼; 室...
    第93回日本産業衛生学会/2020-6-12--2020-6-28
  • Orexin System In Fear Memory Formation
    Soya Shingo; Shoji Hirotaka; Hasegawa Emi; Hondo Mari; Mi...
    FENS forum/2014-08
  • Orexin Receptor-1 in the Locus Coeruleus Plays an Important Role in Cue-Dependent Fear Memory Consolidation
    Shingo Soya; Shoji hirotaka; Emi Hasegawa; Mari Hondo; Ts...
    SfN meeting/2013-11
  • 若年労働者と中高年労働者における不眠傾向者の実態~睡眠の客観的指標を用いての検討~
    石塚恵美; 森田えみ; 松本すみ礼; 石原あすか; 鈴木 稚寛; ...
    第26回日本産業精神保健学会/2019-08-31--2019-08-31
  • Search for neural circuits of narcolepsy-cataplexy.
    E Hagesawa; T Maejima; T Yoshida; M Yoshioka; M Yanagisaw...
    SfN meeting 2018/2018-11-03--2018-11-07
  • A synthetic orexin agonist improves inflamemation-induced immobility through activating the medullary raphe nucleus.
    Uchida S; Irukayama-Tomobe Y; Ogawa Y; Yamaguchi T; Ishik...
    SfN meeting 2018/2018-11-03--2018-11-07
  • Association between the evening use of electronic media, sleep, and chronotypes of employees in Japan
    ishihara Asuka; Morita Emi; matsumoto Suimire; Chihiro Su...
    Society for Light Treatment and Biological Rhythms (SLTBR) 31st Annual Meeting/2019-06-22--2019-06-22
担当授業科目
2021-10 -- 2022-02ヒューマンバイオロジー実験実習II筑波大学
2021-10 -- 2022-02ヒューマンバイオロジー演習II筑波大学
2021-10 -- 2022-02ヒューマンバイオロジー特論II筑波大学
2021-10 -- 2022-02ヒューマンバイオロジー基礎実験筑波大学
2021-04 -- 2021-08睡眠医科学特論I筑波大学
2021-10 -- 2022-02睡眠医科学演習II筑波大学
2021-04 -- 2021-08ヒューマンバイオロジー実験実習II筑波大学
2021-04 -- 2021-08ヒューマンバイオロジー基礎実験筑波大学
2021-04 -- 2021-08ヒューマンバイオロジー特論II筑波大学
2021-04 -- 2021-09ライフイノベーション博士後期研究III春筑波大学

(最終更新日: 2020-11-17)