Sawada Hiroko

Affiliation
Faculty of Humanities and Social Sciences
Official title
Associate Professor
Birth date
1976-01
URL
Email
/D2H252]9:C@<@]83Tc_F]EDF<F32]24];A
Office
人文社会科学棟B411
Research fields
Linguistics
Research keywords
言語コミュニケーション
日本語教育, コーパス研究, 構文研究
外国人児童生徒教育, 地域社会, 多文化共生, 支援体制
社会言語学, フィールド調査
Research projects
学びの場におけるCLD生徒の言語使用の分析とデータベースの構築2022-04 -- 2026-03Hiroko SAWADAJapan Society of for the Promotion of Science/科学研究費補助金・基盤研究(B)13,540,000Yen
オンライン学習による日本語初期指導のための基礎研究2022-06 -- (current)澤田浩子茨城県教育委員会/グローバル・サポート事業委託研究3,999,473Yen
高等学校における効果的な日本語指導・教科指導の実践等に関する研究2022-06 -- (current)澤田浩子茨城県教育委員会/グローバル・サポート事業委託研究2,221,936Yen
多文化的背景を持つ子どもたちのためのICT学習教材・支援システムの開発2021-12 -- (current)澤田浩子凸版印刷株式会社/共同研究2,652,224Yen
多文化的背景を持つ子どもたちのためのオンライン双方向学習支援システムの検証2021-12 -- (current)澤田浩子株式会社ポリグロッツ/共同研究66,000Yen
オンライン学習による日本語初期指導カリキュラム開発・検証のための基礎研究2020-07 -- 2022-03澤田浩子茨城県教育委員会/グローバル・サポート事業委託研究1,997,160Yen
外国人児童生徒の日本語学習支援ソーシャルネットワーキングシステムの開発2021-06 -- 2022-03澤田浩子筑波大学国際産学連携本部/系横断R&Dプロジェクト2,000,000Yen
Remote support for foreign students to learn Japanese language2020-05 -- 2021-03Hiroko SAWADAUniversity of Tsukuba/新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム800,000Yen
構文とコミュニケーション行動に関するコーパス横断的研究2019-04 -- 2022-03澤田浩子Japan Society of for the Promotion of Science/科学研究費・基盤研究(C)1,820,000Yen
話題が語彙・文法・談話ストラテジーに与える影響の解明2018-04 -- 2022-03中俣尚己Japan Society of for the Promotion of Science/科学研究費・基盤研究(B)
more...
Career history
2002-04 -- 2004-03the Japan Society for Promotion of ScienceResearch Fellow
2004-04 -- 2005-03Kyoto UniversityCenter for Student ExchangeLecturer
2005-04 -- 2006-09京都大学国際交流センター講師
2006-10 -- 2011-09Tsukuba UniversityGraduate School of Humanities and Social SciencesLecturer
2011-10 -- 2015-03筑波大学人文社会系講師
2015-04 -- (current)筑波大学人文社会系准教授
Academic background
1994-04 -- 1998-03Kobe University Faculty of Cross-Cultural Studies
1998-04 -- 2000-03Kobe University Graduate School of Cultural Studies and Human Science, Kobe University
2000-04 -- 2003-03Kobe University Graduate School of Cultural Studies and Human Science, Kobe University
Degree
2003-03Ph.DKobe University
Academic societies
2021 -- (current)JAPANESE ASSOCIATION OF THE SOCIOLINGUISTIC SCIENCES
2006 -- (current)The Society for Japanese Linguistics
2002 -- (current)THE SOCIETY FOR TEACHING JAPANESE AS A FOREIGN LANGUAGE
2000 -- (current)The Society of Japanese Grammar
2000 -- (current)THE LINGUISTIC SOCIETY OF JAPAN
1999 -- (current)Kansai Linguistic Society
1998 -- (current)The Chinese Linguistic Society of Japan
Refereed academic journal/Refereed international conference paper
Other articles
  • SDGs と言語政策─地方自治体の多文化共生施策としての多言語対応を考える─「多文化共生時代の教育における共創と循環─茨城県グローバル・サポート事業の事例から─」
    澤田 浩子
    日本言語政策学会第23回研究大会予稿集/pp.45-47, 2021-06
  • 日本語指導が必要な児童生徒のための遠隔支援における地域連携モデル ―茨城県グローバル・サポート事業の試み―
    澤田 浩子
    2021年度日本語教育学会春季大会/pp.239-244, 2021-05
  • つくば市の外国人児童生徒の日本語教育等の支援を巡ってー現状と課題、コロナ後を見据えてー
    澤田 浩子
    筑波大学「日本財団 中央アジア・日本人材育成プロジェクト(NipCA)」主催 公開講演会シリーズ「中央ユーラシアと日本の未来」/16, 2021-01
  • Usage of the Japanese Demonstrative ANO in Art Writing
    Takemoto Satomi; Niiyama Seiya; Sawada Hiroko
    The Virtual Language and Communication Postgraduate International Seminar Proceedings/pp.127-130, 2020-10
  • 特別記事:日本語文法学界の展望(記述的研究と教育的研究)
    澤田浩子; 森篤嗣; 杉村泰
    日本語文法/13(1)/pp.133-141, 2013-03
  • 聞き手は「語り」の何を聞いているのか―「評価」「結末部」における聞き手の参与行動の分析から―
    澤田浩子
    Proceedings of the 2nd International Symposium of the Department of Asian and African Studies, Faculty of Arts, University of Ljubljana/pp.28-32, 2012-05
  • コミュニケーション・文法とキャラクタの関わり
    金田純平; 澤田浩子; 定延利之
    月刊言語/37(1)/pp.52-59, 2008-01
  • 所有物の属性認識
    澤田浩子
    月刊言語/32(11)/pp.54-60, 2003-10
  • 主述構造と連体修飾構造に対する主題のあり方―話しことばのテクストに見る属性叙述―
    澤田浩子
    科学研究費補助金成果報告書(研究代表者: 野田尚史)『現代日本語の話しことばに特有の主題・とりたて助詞に関する実証的研究』/pp.15-34, 2003-02
  • 日本語と中国語の形容詞属性表現―属性の階層構造と二重主語文―
    澤田浩子
    Chinese Culture and Language(神戸大学中国言語文化研究会)/2/pp.1-18, 2001-03
Books
  • 文章論と談話分析
    澤田浩子; 衣畑智秀
    基礎日本語学/ひつじ書房/pp.168-187, 2019-02
  • 話題・対象を表す表現
    澤田浩子
    コーパスから始まる例文作り/くろしお出版/pp.1-21, 2017-06
  • 味覚・嗅覚・聴覚に関する事象と属性
    澤田浩子
    属性叙述の世界/くろしお出版/pp.203-219, 2012-03
  • 「彼は親切な性格だ」と「彼は性格が親切だ」-中国語から日本語を考える-
    澤田浩子
    日本語教育研究への招待/くろしお出版/pp.251-272, 2010-06
  • 音声コミュニケーションにみられる発話キャラクタ
    中川明子; 澤田浩子
    音声文法の対照/くろしお出版/pp.149-168, 2007-06
  • 描写に関する個とプロトタイプ―談話から見る中国語の「存現文」―
    澤田浩子
    言語に現れる「世間」と「世界」/くろしお出版/pp.79-103, 2006-11
  • メール・ネットのことば/化石化したことば
    澤田浩子
    日本語のバラエティ/おうふう/p.120-125, 140-145, 2005-10
  • 中国語における語順と主題化
    澤田浩子; 中川正之
    主題の対照/くろしお出版/pp.19-42, 2004-12
  • 認知カテゴリーと属性叙述に関する日中対照研究―「属性の階層構造」に基づく構文類型―
    澤田浩子
    2003-03
Conference, etc.
  • 話題と話題提示形式の関係
    澤田 浩子
    シンポジウム「話題とコーパスと日本語教育」/2022-03-20
  • 大学におけるプロジェクト型教育の展開と多文化共生ー茨城県教育委員会グローバル・サポート事業の取り組みー
    澤田 浩子; 井上 里鶴
    筑波大学人文社会系シンポジウム「多文化共生社会の持続可能な学びの場のデザインを目指して」/2022-03-11
  • 外国にルーツを持つ生徒におけるDLA<話す>認知タスクの分析ー談話をまとめ上げる力とインタラクションに着目してー
    酒井 晴香; 澤田 浩子
    筑波大学人文社会系シンポジウム「多文化共生社会の持続可能な学びの場のデザインを目指して」/2022-03-10
  • パネル発表:SDGs と言語政策─地方自治体の多文化共生施策としての多言語対応を考える─「多文化共生時代の教育における共創と循環─茨城県グローバル・サポート事業の事例から─」
    澤田 浩子
    日本言語政策学会第23回研究大会/2021-06-12
  • 高校生によるアートライティングの言語学的分析
    澤田 浩子
    芸術支援研究会「アートライティング教育研究の新展開」/2021-06-11
  • 日本語指導が必要な児童生徒のための遠隔支援における地域連携モデル ―茨城県グローバル・サポート事業の試み―
    澤田 浩子; 井上 里鶴; 松崎 寛; 入山 美保
    2021年度日本語教育学会春季大会/2021-05-23
  • 生きる力を育む持続可能な学びの場のデザインを目指して
    澤田 浩子
    茨城県教育委員会グローバル・サポート事業委託研究 「オンライン学習による日本語初期指導カリキュラム開発・検証に関する研究」シンポジウム「外国人児童生徒の日本語学習支援をめぐるソーシャルネットワーク」/2021-02-23
  • 多文化時代の教育を支えるソーシャルネットワークのあり方
    澤田 浩子
    筑波大学ICRセミナー「新型コロナウイルス感染症と人文・社会科学2」/2021-02-08
  • J-TOCC: Japanese Topic-Priented Conversational Corpus
    中俣 尚己; 太田 陽子; 加藤 恵梨; 澤田 浩子; 清水 由貴子; 森 篤嗣
    The NINJAL International Symposium "The 11th International Conference on Practical Linguistics of Japanese"/2020-12-19
  • つくば市の外国人児童生徒の日本語教育等の支援をめぐって-現状と課題、コロナ後を見据えて-
    澤田 浩子
    筑波大学日本財団 中央アジア・日本人材育成プロジェクト第16回「中央ユーラシアと日本の未来」公開講演会/2020-11-30
  • Usage of the Japanese Demonstrative ANO in Art Writing
    Takemoto Satomi; Niiyama Seiya; Sawada Hiroko
    The Virtual Language and Communication Postgraduate International Seminar/2020-09-21
  • Language Proficiency Studies and Japanese Corpora
    Sawada Hiroko
    1st UTM-TSUKUBA Joint Symposium "Exploring New Frontiers in Social Sciences and Humanities"/2020-01-18--2020-01-19
  • 研究学園都市「つくば」における子育て外国人家族のニーズ
    澤田 浩子; 松崎 寛
    第2回国際シンポジウム「地域社会と多文化共生」/2020-01-12--2020-01-13
  • Language competence, identity, and social adaptation as foreign residents in Tsukuba Science City
    松崎 寛; 井出 里咲子; 澤田 浩子
    The 3rd EAJS Japan Conference/2019-9-14--2019-9-15
  • 多文化共生教育に向けた領域連携と地域連携の推進
    松崎 寛; 澤田浩子
    文部科学省「外国人児童生徒等教育を担う教員の養成・研修モデルプログラム開発事業」第6回協力者会議兼第2回専門家会議/2019-01-05
  • 「助言」に関わる発話機能とモダリティ形式の偏り ―日中両言語における対話のプロフィシェンシー―
    澤田浩子; 小野正樹
    第11回東アジア若手研究者合同研究フォーラム 「東アジアの知疎通と還流」/2018-11-24
  • 広域市町村合併とコミュニケーション場の生成ー「あすけ聞き書き隊」の取り組みを事例に―
    澤田浩子
    教育戦略プロジェクト「学的理念としての「多文化共生」をめざした学位プログラム教育課程の構築」第1回ワークショップ「重伝建のまちづくり・足助―地域社会の継承と豊田市の現在」/2018-03-30
  • ジャンル別にみる副詞の頻度と重複傾向
    鈴木彩香; Anekpongpan Watcharin; 澤田浩子
    日本語/日本語教育研究会第8回大会/2016-10-02
  • スタンス・マーカーとしての名詞文―文末名詞文と分裂文の比較から―
    澤田浩子
    第142回関東日本語談話会/2015-12-12
  • 「文末名詞文」の構文論的分析から見た分類
    澤田浩子
    日本語学会2014年度春季大会/2014-05-18
  • 「文末名詞文」の使用実態と用法―ジャンル別の生起環境に着目して―
    澤田浩子
    日本語/日本語教育研究会第5回研究大会/2013-09-29
  • 名詞文の文型と用法―体言締め文の生起環境に着目して―
    澤田浩子
    第6回「学習者コーパスから見た日本語習得の難易度に基づく語彙・文法シラバスの構築」研究会/2013-02-23
  • 聞き手は「語り」の何を聞いているのか―「評価」「結末部」における聞き手の参与行動の分析から―
    澤田浩子
    The 2nd International Symposium of the Department of Asian and African Studies, Faculty of Arts, University of Ljubljana/2012-03-14
  • Double Subject Sentence in Japanese and Chinese
    Hiroko SAWADA
    The 1st International Symposium of the Department of Asian and African Studies, Faculty of Arts, University of Ljubljana/2011-03-23
  • Attribution in Japanese Communication: The Interface between Ethnomethodology and Construction Grammar
    Hiroko SAWADA
    Lingvisticni Krozek Filozofske Fakultete v Ljubljani/2010-03-22
  • more...
Teaching
2022-04 -- 2022-08International Internship IIUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02International Internship IIUniversity of Tsukuba.
2023-01 -- 2023-02International Practicum in Japanese Language and Culture IIUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-08Project Practicum on International Student Support IUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Project Practicum on International Student Support IUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2022-12Research Laboratory Practice (2B)University of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-08International Internship IUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02International Internship IUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2022-12Research Laboratory Seminar (2B)University of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-05Sociolinguistics and DiversityUniversity of Tsukuba.
more...
Other educational activities
2021-07 -- 2021-08子どもたちの日本語学習支援研修筑波大学産学連携エクステンションプログラム
2020-12 -- 2021-01子どもたちの日本語学習支援研修筑波大学産学連携エクステンションプログラム
2019-08 -- 2019-08子どもたちの日本語学習支援研修筑波大学産学連携エクステンションプログラム
2012-07 -- 2012-07日本のことばと文化3: 中国語から見る日本語群馬県立女子大学県民公開授業
Professional activities
2022-04 -- (current)日本語文法学会学会誌委員
2019-07 -- (current)THE SOCIETY FOR TEACHING JAPANESE AS A FOREIGN LANGUAGE学会誌委員(編集担当委員)
2019-01 -- 2020-12日本語教育能力検定試験実施委員会試験小委員会委員(調査員)
2015-01 -- 2017-12日本語教育能力検定試験実施委員会試験小委員会委員(編集委員)
2013-07 -- 2015-06THE SOCIETY FOR TEACHING JAPANESE AS A FOREIGN LANGUAGE学会誌委員(編集担当委員)
2010-04 -- 2013-03The Society of Japanese Grammar学会誌委員
2002-04 -- 2004-03The Chinese Linguistic Society of Japan事務局幹事

(Last updated: 2022-08-10)