現在地

濱田 真(ハマダ マコト; Hamada, Makoto)

所属
人文社会系
職名
教授
研究キーワード
ヘルダーとゲーテの思想交流
近現代ドイツ文化論
ドイツ啓蒙主義期からロマン主義期における文化の解釈学
職歴
2014-04 -- (現在)筑波大学 教授
学歴
-- 1986慶應義塾大学 文学部 ドイツ文学卒業
-- 1993慶應義塾大学 文学研究科 ドイツ文学単位取得満期退学
取得学位
2010-07博士(文学)筑波大学
所属学協会
1994 -- (現在)国際ヘルダー学会
2011 -- (現在)International Society for Eighteenth-Century Studies
1994 -- (現在)日本ヘルダー学会
1988 -- (現在)日本独文学会
1988 -- (現在)日本ゲーテ協会
2000 -- (現在)日本18世紀学会
論文
  • 書評『ドイツ啓蒙と非ヨーロパ世界-クニッゲ、レッシング、ヘルダー』
    濱田 真
    ドイツ研究/(52)/pp.169-172, 2018-3
  • 彫刻を観るということ―ヴィンケルマンとヘルダーにおける古代造形美術鑑賞の問題を中心にして
    濱田 真
    「18・19世紀転換期の身体表象-ヘルダー・ゲーテとバフォーマンス芸術」報告論文集/pp.15-27, 2018-3
  • J.G.ヘルダー「イメージについて」
    Hamada Makoto
    思想/(1105)/pp.158-170, 2016-05
  • ヘルダーにおける発見術と記憶術
    Hamada Makoto
    思想/(1105)/pp.19-35, 2016-05
  • 彫刻が動き出すとき -ヘルダーの彫塑論における身体表象と時間性の問題ー
    濱田 真
    日本独文学会研究叢書107/pp.3-15, 2015-5
  • Die Wirkung der Plastik auf die Herder-Rezeption in Japan
    Hamada Makoto
    Herder und seine Wirkung/pp.353-358, 2014
  • 「異質なものの表現」としての翻訳 -近代ドイツ翻訳論にみられる翻訳の諸問題
    濱田 真
    筑波ドイツ文学会>RHODUS-Zeitschrift fuer Germanistik</(27)/pp.93-105, 2013-12
  • 1780年代「スピノザ論争」の思想的背景―J.G.ヘルダー『神についての対話』を手がかりにして
    濱田 真
    モルフォロギア ゲーテと自然科学/(35)/pp.51-66, 2013-10
  • ヘルダーの民謡収集の思想的基盤 年齢説、起源論、パリンゲネジー論
    濱田 真
    日本ヘルダー学会『ヘルダー研究』/pp.25-41, 2012-12
  • Bildung und Zeitlichkeit. Die Zeit-Konzeptionen in Goethes Morphologie und Herders Geschichtsphilosophie.
    濱田 真
    筑波大学人文社会科学研究科現代語・現代文化専攻「論叢 現代語・現代文化」/(8)/p.1-11, 2012-01
  • 「人間的真理」としてのアナロギー ―真理の明証説批判としてのヘルダー神話論
    濱田 真
    日本シェリング協会「シェリング年報」/(19)/p.14-23, 2011-09
  • 感覚の「暗さ」について 初期ヘルダーの『存在試論』を手がかりにして
    濱田 真
    日本ヘルダー学会『ヘルダー研究』/(15)/p.37-58, 2010-03
  • Sehende Hand und tastendes Auge - Herders Plastik und Goethes Morphologie
    濱田 真
    日本ゲーテ協会「ゲーテ年鑑」/(50)/p.61-74, 2008-10
  • ヘルダーの歴史意識における「感情移入」の位置づけについて-歴史の連続、断絶、共鳴
    濱田 真
    日本ヘルダー学会「ヘルダー研究」/(13)/p.93-109, 2007-12
  • 1780年代のゲーテとヘルダー -ゲーテ形態学とヘルダー歴史哲学の接点
    濱田 真
    慶應義塾大学文学部「藝文研究」/(91-2)/p.157-171, 2006-01
  • Annaeherung und Distanzierung bei der Zusammenarbeit von Herder und Goethe in den 1780er Jahren unter besonderer Beruecksichtigung ihrer Rezeption der "vis essentialis" von C.F.Wolff
    濱田 真
    Herder-Gedenken. Interdisziplinaere Beitraege anlaesslich des 200. Todestages von Johann Gottfried Herder./p.103-116, 2005-01
  • ヘルダーとナショナリズムの問題―ヘルダーの言語論を中心に
    濱田 真
    文学的パラダイムとしての帰属意識―ドイツ文学に見るアイデンティティ創出機能/p.130-150, 2004-01
  • 「イデーン」をめぐる最近のヘルダー研究の動向について
    濱田 真
    日本ヘルダー学会「ヘルダー研究」/(9)/p.185-196, 2003-01
  • ドイツ語の「英語化」をめぐる問題について
    濱田 真
    「英語化」する世界/p.25-28, 2003-01
  • 「感覚総体の哲学」としての詩 ‐カントとヘルダーの論争における詩と哲学の位置づけについて‐
    濱田 真
    日本ゲーテ協会 「ゲーテ年鑑」/(43)/p.103-121, 2001-01
  • スピノザとヘルダー--「存在の連鎖」受容の一側面
    濱田 真
    Rhodus/(16)/pp.1-13, 2000-01
  • スピノザとヘルダー-「存在の連鎖」受容の一側面-
    濱田 真
    RHODUS Zeitschrift fuer Germanistik/(16)/p.1-13, 2000-01
  • <論文>ヘルダーにおける複眼的思考の言語態 : 『イデーン』にみられる概念連鎖を手がかりとして
    濱田 真
    言語文化論集/(53)/pp.45-61, 2000-01
  • Die Vernetzung von Begriffen als Organisation des Erkennens; Herders Konzept der organischen Krafte
    Hamada Makoto
    言語文化論集/(50)/pp.1-26, 1999-03
  • Heders Bildungs-und Wissenschaftstheorie als System bequemer Verhaeltnisse
    濱田 真
    日本ヘルダー学会「ヘルダー研究」/(5)/p.51-68, 1999-01
著書
  • Yoshinori Shichiji und Herder-Forschung in Japan
    Hamada Makoto
    Herder, Japan und das fremde Denken, pp.37-47, 2019
  • ヘルダーのビルドゥング思想
    濱田 真
    鳥影社, 2014-10
  • ヘルダーのBildung思想研究 -啓蒙主義期の諸思想との関係を中心に-
    濱田 真
    2010-07
  • Kritische Revision - Gender und Mythos im literarischen Diskurs
    濱田 真
    Iudicium Verlag., 1998-01
  • Vom Selbstdenken
    Regine Ott u. John H. Zammito; +濱田 真
    Synchron Wissenschaft Verlag, 2001-01
  • Über die Grenzen hinweg
    濱田 真
    Iudicium Verlag, 2004-01
  • ドイツロマン主義研究
    伊坂青司編; +濱田 真
    御茶の水書房, 2007-01
  • ノイズとダイアローグの共同体-市民社会の現場から
    川那部保明編; +濱田 真
    筑波大学出版会, 2008-03
会議発表等
  • ゲーテのスピノザ受容の一側面 -ヘルダーとの思想交流を手がかりとして
    濱田 真
    一橋哲学フォーラム スピノザコネクション/2019-9-28--2019-9-28
  • ヘルダー思想の層構造について― Gefühl論を手がかりに
    濱田 真
    日本ヘルダー学会若手研究会/2018-12-15--2018-12-15
  • ヴィンケルマンとヘルダーにおける古代ギリシア芸術受容の問題
    濱田 真
    科研シンポジウム「18・19世紀転換期の身体」/2017-9-28--2017-9-28
  • Bildungと教養 -和辻哲郎のヘルダー受容を手がかりにして
    濱田 真
    日独両言語間の専門用語辞典構築と通訳・翻訳をめぐる国際研究/2015-2
  • ヘルダーの彫塑論における身体表象の諸問題
    濱田 真
    日本独文学会春季研究発表会/2014-5
  • Herder-Forschung in Japan und die Arbeiten von Yoshinori Shichiji
    Hamada Makoto
    Deutschsprachiges Kolloquium der Herder-Gesellschaft Japan/2013-09
  • ヘルダーはなぜ『神についての対話』を書いたのか
    濱田 真
    ゲーテ自然科学の集い シンポジウム「スピノザ主義とゲーテ」/2012-11-3
担当授業科目
2019-04 -- 2019-08文化生成論特論IIA筑波大学
2019-10 -- 2019-12文化科学領域比較文化研究筑波大学
2019-10 -- 2020-02文化生成論特論IIB筑波大学
2019-04 -- 2019-08文化生成論IIA筑波大学
2020-01 -- 2020-02先端文化学研究XI筑波大学
2019-10 -- 2019-12先端文化学演習XI筑波大学
2019-04 -- 2019-07先端文化学演習X筑波大学
2019-07 -- 2019-08先端文化学研究X筑波大学
2019-10 -- 2020-02文化生成論IIB筑波大学
2019-10 -- 2020-02専門ドイツ語IB筑波大学
一般講演
  • Die Vorstellungen der Zeit in Herders Geschichtsphilosophie und Goethes Morphologie
    濱田 真
    Internationaler Kongress zur Erforschung des 18. Jahrhunderts/2011-07-25
  • ヘルダー記憶論の射程
    濱田 真
    立教大学公開講演会「日本のヘルダー研究の現在と未来」/2011-11-01
  • 「暗さ」と「力」の思想から見たヘルダーの神話論
    濱田 真
    日本シェリング協会/2010-07-01
  • Die Wirkung der japanischen Uebersetzung von Herders Plastik auf die Herder-Rezeption in Japan
    濱田 真
    国際ヘルダー学会/2008-08-21
  • ヘルダーの感覚論について -存在の「暗さ」の問題を手がかりに
    濱田 真
    日本ヘルダー学会/2009-06-14
  • ゲーテとヘルダーの自然観 -ビルドゥング論を中心に
    濱田 真
    日本ゲーテ協会/2008-06-13
  • ヘルダーの異文化理解の特徴
    濱田 真
    日本ヘルダー学会/2006-11-19
  • ゲーテ形態学とヘルダー歴史哲学の類縁性について
    濱田 真
    日本独文学会/2003-10-19
  • 18世紀ドイツの文芸的公共性の一特徴-J.G.ヘルダーを中心として-
    笠原賢介(法政大学) 中井章子(青山学院女子短期大学); +...
    筑波大学比較市民社会・国家・文化特別プロジェクト/2005-10-30
学協会等委員
2007 -- (現在)日本ヘルダー学会理事
学内管理運営業績
2019-04 -- 2020-03現代語・現代文化専攻入試実施委員会委員
2019-04 -- 2020-03比較文化学類1年2クラス担任

(最終更新日: 2020-06-24)