現在地

廣瀬 浩司(ヒロセ コウジ; Hirose, Koji)

face
所属
人文社会系
職名
教授
生年月
1963-07
科研費番号
90262089
URL
eメール
 
研究分野
思想史
哲学・倫理学
研究キーワード
哲学
フランス思想
現象学
技術論
臨床哲学
研究課題
制度のミクロ現象学による、自然-文化の危機への処方箋ーーメルロ=ポンティから2019 -- 2021廣瀬 浩司日本学術振興会/基盤研究(C)2,860,000円
「間文化性の理論・実践的研究──間文化現象学の新展開」2014-04 -- 2019-03加國尚志独立行政法人 日本学術振興会/立命館大学10,200,000円
フランス哲学における制度の理論1994 -- (現在)/
多極化する現象学の新世代組織形成と連動した「間文化現象学」の研究2008 -- 2012日本学術振興会/基盤研究(B)
新たな身体の哲学の構築に向けた国際的研究ーメルロ=ポンティ生誕100年に際して2007 -- 2008日本学術振興会/基盤研究(C)
リズム性の概念による、身体性と社会性の相互作用についての現象学的研究      2005 -- 2007日本学術振興会/萌芽研究2,923,000円
現象学的身体論・制度論と精神医学・精神分折の相関からみた意識構造の横断的研究2002 -- (現在)日本学術振興会/若手研究(B)2,200,000円
二十世紀初頭フランスにおける情報・メディアと社会・思想の相関に関する総合的研究1998 -- (現在)日本学術振興会/奨励研究(A)2,200,000円
近現代フランスにおける機械技術と文化・芸術の相関関係に関する総合的研究1996 -- (現在)日本学術振興会/奨励研究(A)1,000,000円
職歴
2014-04 -- (現在)筑波大学 人文社会系 教授
2012-04 -- 2014-03成安造形大学 成安造形大学附属芸術文化研究所 客員研究員
1996-04 -- 1999筑波大学 現代語・現代文化学系 講師
1998-09 -- 1999-08パリ第12大学(フランス) 在外研究員
1999 -- (現在)筑波大学 現代語・現代文化学系 助教授
2004-04 -- 2008-03筑波大学 人文社会科学研究科 助教授
2008-04 -- (現在)筑波大学 人文社会科学研究科 准教授
学歴
-- 1986東京大学 教養学部 教養学科・フランスの文化と社会卒業
-- 1994-10東京大学大学院 総合文化研究科 地域文化研究中退
-- 1994パリ第一大学大学院 哲学研究科 哲学修了
取得学位
博士(哲学)パリ第一大学大学院(フランス)
学術修士東京大学
所属学協会
2014-04 -- (現在)脱構築研究会
2006 -- (現在)ハイデガー・フォーラム
1995 -- (現在)日仏哲学会
1994 -- 2007日本フランス語フランス文学会
1994 -- (現在)日本メルロ=ポンティサ-クル
1998 -- (現在)Società di studi su Maurice Merleau-Ponty
論文
  • 二〇一七年読書アンケート
    廣瀬 浩司
    みすず/60(1)/pp.44-44, 2018-02
  • 書評 ジャコブ・ロゴザンスキー『我と肉』
    Hirose Koji
    週刊読書人/(3206)/pp.4-4, 2017-09
  • モーリス・メルロ=ポンティ「二つの草稿ノート」
    廣瀬 浩司
    『思想』/pp.62-65, 2008-11
  • スティーヴン・ホール「交差」
    廣瀬 浩司
    『思想』/p.124-128, 2008-11
  • エマニュエル・ドゥ・サントベール「未刊の草稿ノート」
    廣瀬 浩司
    『思想』/p.55-61, 2008-11
  • モーリス・メルロ=ポンティ「未刊の草稿ノート」
    廣瀬 浩司
    『思想』/p.47-54, 2008-11
  • メルロ=ポンティにおける<制度化するパロール>ーー制度の間文化現象学序説
    廣瀬 浩司
    論叢現代語・現代文化/(17)/pp.55-70, 2016-10
  • 二〇一六年読書アンケート
    廣瀬 浩司
    みすず/(656)/pp.53-54, 2017-01
  • Instituer le chiasme - A partir du cours sur Hegel de Maurice Merleau-Ponty
    Hirose Koji
    Chiasmi international/(16)/pp.221-238, 2015-03
  • ネグリ/ハートの制度論の限界と可能性──<共>のエコロジーに向けて
    廣瀬 浩司
    『現代思想』/41(9)/pp.99-108, 2013-06
  • 真理の政治に向けて──ミシェル・フーコーの生体権力論
    廣瀬 浩司
    『思想』/(1066)/pp.77-98, 2013-2
  • 「ミシェル・フーコーにおける真理の言説と『現れ』の系譜学」
    廣瀬 浩司
    『論叢 現代語・現代文化』(筑波大学)/9/pp.77-114, 2012-10
  • L'institution de l'oeuvre chez Merlean-Ponty
    廣瀬 浩司
    Recherches sur la philosophie et le langage/(15), 1993-01
  • Problematique de l'institution dans la derniere philosophie de Maurice Merlean-Ponty
    廣瀬 浩司
    These de Doctorat de I' Universite de Paris I(Lille-These), 1994-01
  • まなざしの到来と自然のシンボリズム
    廣瀬 浩司
    メルロ=ポンティ研究/(1), 1995-10
  • 個体化の多数性と存在の統一性のかなたに
    廣瀬 浩司
    東京大学教養学部外国語科研究紀要/42(2)/p.79-94, 1995-01
  • 生成する機械の身体
    廣瀬 浩司
    現代思想/(24-8)/p.171-181, 1996-01
  • Les phenomenes de l'institution-Le point nodal de la philosophie de Merlean-Ponty
    廣瀬 浩司
    Etudes de langue et litterature Francaises/(68)/p.182-195, 1996-01
  • 自然と制度
    廣瀬 浩司
    メルロ=ポンティ研究/(4)/p.35-48, 1998-09
  • Merleau-Ponty et la structure charnelle de l'histoire
    廣瀬 浩司
    Studies in Languages and Cultures/(51)/p.1-19, 1999-03
  • Merleau-Ponty aux limites de la modernit(]E85EE[)
    廣瀬 浩司
    Chiasmi international/(1)/p.45-53, 1999-09
  • Le Bunraku ou I'idiotie du corps
    廣瀬 浩司
    Ecritures France-Japon,Recherches Valenciennoises,Valenciennes UP/p.233-242, 1999-01
  • 身体の根源的な制度化-メルロニポンティの存在論的身体論
    廣瀬 浩司
    言語文化論集/(53)/p.1-16, 2000-03
  • 幻影の身体と道具の生成-メルロニポンティ幻影肢論の射程
    廣瀬 浩司
    言語文化論集/(56)/p.1-15, 2001-03
  • 生の形成の発明としての自己主体化
    廣瀬 浩司
    情況/p.138-157, 2002-10
著書
  • [書評]哲学と精神医学の出会いによる人間学の臨界
    廣瀬 浩司
    情況出版, 2019-04
  • [翻訳]メルロ=ポンティ『コレージュ・ド・フランス講義草稿1959-1961』
    廣瀬 浩司
    『コレージュ・ド・フランス講義草稿1959-1961』, みすず書房, pp.191-329, 2019-01
  • 「制度化、受動性」ーー歴史のこだまのなかで目覚めるために
    廣瀬 浩司
    メルロ=ポンティ読本, 法政大学出版局, pp.267-278, 2018-03
  • 経験の裂目を舞う身体ーー土方巽とシモンドンによる身体イメージの諸位相
    廣瀬 浩司
    哲学のメタモルフォーゼ, 晃洋書房, pp.135-156, 2018-03
  • 翻訳および訳者あとがき ジャック・デリダ『歓待について』[改訳]
    Hirose Koji
    筑摩書房, 2018-01
  • デリダ
    Hirose Koji
    メルロ=ポンティ哲学者事典 別巻, 白水社, pp.378-395, 2017-12
  • 「肉の告白」としての哲学ーーメルロ=ポンティ最晩年の思想の彼方に
    Hirose Koji
    『現象学のパースペクティヴ』, 晃洋書房, pp.84-99, 2017-03
  • フーコーーー実存論的分析から主体の変容可能性へ
    廣瀬 浩司
    『続・ハイデガー読本』, 法政大学出版局, pp.261-265, 2016-05
  • 『精神医学と制度精神分析』
    廣瀬 浩司
    『精神医学と制度精神分析』序文、序論、1,2,3,6,12,13章、訳者あとがき, 春秋社, pp.3,117,235, 373-80, 161, 330, 383, 2016-01
  • ミシェル・フーコー講義集成〈9〉 生者たちの統治(コレージュ・ド・フランス講義1979-1980年度))
    廣瀬 浩司
    Seuil/Gallimard/EHESS, 2015-02
  • キアスム装置の自然学──モーリス・メルロ=ポンティの思想の視点から
    廣瀬 浩司
    自然学│来るべき美学のために, 株式会社ナカニシヤ出版, pp.110-123, 2014-03
  • 担当項目「エクリチュール」「音声中心主義」「グラマトロジー」「ディコンストラクション」「デリダ」
    廣瀬 浩司
    『現代社会学事典』, 弘文堂, 2012-12
  • 後期フーコー 権力から主体へ
    廣瀬浩司
    青土社, 2011-03
  • 『ドゥルーズ/ガタリの現在』
    小泉義之; 鈴木泉; 檜垣立哉ほか; 計30名; +廣瀬 浩司
    平凡社, 2008-12
  • クロード・レヴィ=ストロース『裸の人1』、2008年11月
    廣瀬 浩司
    みすず書房, 2008-11
  • 『ノイズとダイアローグの共同体──市民社会の現場から』
    川那部保明編; ; +廣瀬 浩司
    筑波大学出版会, 2008-03
  • 纏うーー表象の戯れの彼方に
    大宮勘一郎 神尾達之、嶋田由紀、廣瀬浩司、前田良三、柳橋大輔
    水声社, 2007-07
  • 身体・気分・心
    木村敏; 坂部恵; 津田均; 廣瀬浩司; 加藤敏; 鈴木國文; 山形...
    河合文化教育研究所, 2006-12
  • デリダ、きたるべき痕跡の記憶
    廣瀬浩司
    白水社, 2006-12
  • 『フーコー・コレクション5』「自由の実践としての自己への配慮」
    廣瀬 浩司
    ちくま学芸文庫、筑摩書房, 2006-11
  • (分担訳)『フーコー・コレクション6』「生命──経験と科学」
    廣瀬 浩司
    ちくま学芸文庫1400・筑摩書房, 2006-11
  • 『フーコー・コレクション3』
    廣瀬 浩司
    ちくま学芸文庫、筑摩書房、, 2006-11
  • 行為する身体の系譜学──フーコーの権力論
    東洋大学哲学科編
    知泉書館, 2004-12
  • デリダ、ドゥルーズ、そしてメルロ=ポンティ──現象学と現代思想
    長滝祥司 ほか
    ナカニシヤ出版, 2004-12
  • ミシェル・フーコー『主体の解釈学』(原和之氏と共訳、分担、289-614頁、訳者解説615-626頁)、2004年。
    廣瀬 浩司
    筑摩書房, 2004-10
会議発表等
  • L'implexe comme cristallisation de l'impossible
    Hirose Koji
    Merleau-Ponty-Ponty devant Valéry/2019-03-27--2019-03-27
  • 「知覚・制度・肉──メルロ=ポンティの問い、メルロ=ポンティへの問い」
    廣瀬 浩司
    第22回 Ecosophy研究会/2015-03--2015-03
  • メルロ=ポンティにおける制度化するパロール
    廣瀬 浩司
    公開シンポジウム「制度化」/2015-03--2015-03
  • クロソウスキーと現代思想──フーコーを中心に
    廣瀬 浩司
    先端文化学研究会/2014-02-24--2014-02-24
  • 制度化概念と<次元>の創設
    廣瀬 浩司
    メルロ=ポンティ・サークル第19回大会シンポジウム「制度化と受動性」/2013-09--2013-09
  • キアスム装置の自然学──メルロ=ポンティ思想から
    廣瀬 浩司
    第一回先端文化学研究会シンポジウム/2013-04--2013-04
  • Hospitalite´ et politique : la pense´e de l'im-possible de Jacques Derrida
    廣瀬 浩司
    *EMPTY*____/2005-12
  • 『野生の精神』と間文化性──メルロ=ポンティにおける、経験のエッジと目的論──」
    廣瀬浩司
    「間文化現象学プロジェクト」ワークショップ「間文化性の未来に向けて──精神/共存から時間・歴史へ」/2012-03
担当授業科目
2019-10 -- 2019-12文化科学領域比較文化研究筑波大学
2019-04 -- 2019-08科学文化論特論IIA筑波大学
2019-10 -- 2020-02科学文化論特論IIB筑波大学
2019-10 -- 2020-02論文演習IIIB筑波大学
2019-07 -- 2019-07言語文化論特論IA筑波大学
2019-10 -- 2020-02基礎フランス語AII筑波大学
2019-07 -- 2019-07言語文化論IA筑波大学
2019-04 -- 2019-08基礎フランス語AI筑波大学
2019-10 -- 2020-02科学文化論IIB筑波大学
2019-04 -- 2019-08科学文化論IIA筑波大学
授業以外の教育活動
2018-03 -- 2018-03「ヨーロッパで人文学を学ぶ」主催および司会筑波大学教育戦略推進プロジェクト支援事業
2010-12 -- 2013-03学術振興会頭脳循環を活性化する若手研究者海外派遣プログラム筑波大学
一般講演
  • 「実存・無意識・存在──メルロ=ポンティ夢論の意義」
    廣瀬浩司
    Sociey for Existential Studies/2012-03
  • 非人間的な自然に住み込む視覚ーーメルロ=ポンティにおける自然、アート、知覚
    廣瀬 浩司
    自然学/来るべき美学のために/2012-09-23
  • 自然と『文化』の萌芽──メルロ=ポンティ『自然』講義から
    廣瀬 浩司
    日本現象学・社会科学会第29回年次大会/2012-12-02
  • 「贈与・瞬間・忘却──『死を与える』をめぐって」
    鵜飼哲; 若森栄樹; +廣瀬 浩司
    日仏哲学会2007年秋季大会シンポジウム「ジャック・デリダ追悼シンポジウム」/2007-09-08
  • 「生の権力と新たなる生の形式の発明」
    佐藤吉幸; 佐藤淳二; +廣瀬 浩司
    比較市民社会・国家・文化特別プロジェクトシンポジウム/2006-11-11
  • L'institution spatio-temporelle du corps chez Merleau-Ponty
    廣瀬 浩司
    日仏共同哲学研究会シンポジウム "Ontologie et phe´nome´nologie"/2008-07-05
  • L'institution spatio-temporelle du corps chez Merleau-Ponty
    Organise´ par Emmanuel de Saint Aubert (CNRS; Archives Hu...
    colloque international "Merleau-Ponty. L'espace et le temps"/2008-06-06
  • 「メルロ=ポンティの制度化概念とその射程」
    三脇泰夫; 松嶋健; +廣瀬 浩司
    多文化精神医学会学術大会/2009-03-27
  • 反転する身体とパースペクティヴ性
    坂部恵; 加藤敏; 津田均; 廣瀬浩司
    第4回河合臨床哲学シンポジウム/2004-11-27
学協会等委員
2006 -- 2007日本フランス語フランス文学会関東支部会編集委員
2018-10 -- (現在)日本メルロ=ポンティサ-クル事務局議長
2000 -- (現在)Società di studi su Maurice Merleau-PontyEditorial Board
学内管理運営業績
2019-04 -- 2020-03現代語・現代文化専攻危機管理対応チーム
2019-04 -- 2020-03現代語・現代文化専攻設備・備品委員
2019-04 -- 2020-03現代語・現代文化専攻運営委員
2019-04 -- 2020-03全学学生担当教員
2019-04 -- 2020-03比較文化学類将来検討委員会
2019-04 -- 2020-03比較文化学類学生委員委員長
2019-04 -- 2020-03比較文化学類運営委員会
2018-04 -- 2020-03全学 学生のメンタルヘルスに関する学生支援対応チーム委員
2018-04 -- 2020-03学生支援対応チーム委員
2018-04 -- 2019-03専攻危機管理委員会委員

(最終更新日: 2019-08-13)