現在地

対馬 美千子(ツシマ ミチコ; Tsushima, Michiko)

所属
人文社会系
職名
准教授
性別
女性
電話
0298-53-6548
Fax
0298-53-6548
研究分野
文学一般
研究キーワード
表象文化論
文学への思想的アプローチ
言語思想
サミュエル・ベケット
ハンナ・アーレント
研究課題
現代ヨーロッパ文学におけるトラウマと創造性についての総合的研究2015 -- 2017対馬 美千子日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3,380,000円
現代ヨーロッパ文学における痛みと共同体の総合的研究2009-04 -- 2012-03対馬美千子日本学術振興会/挑戦的萌芽研究
20世紀ヨーロッパ文学におけるトラウマ表象についての総合的研究2012-04 -- 2015-03対馬美千子日本学術振興会/挑戦的萌芽研究
現代ヨーロッパ文学・演劇・思想における身体的痛みの共有可能性の総合的研究    2006-04 -- 2009-03対馬美千子日本学術振興会/萌芽研究3,300,000円
学歴
-- 1987神戸市外国語大学 外国語学部 英米学科卒業
-- 1997カリフォルニア大学バークレー校大学院 レトリック研究科 レトリック・言語思想修了
取得学位
修士(スピーチ・コミュニケーション)サザンイリノイ大学カーボンデール校
博士(レトリック)カリフォルニア大学バークレー校
所属学協会
2018-04 -- 2020-03Japan Branch of the International Association for the Study of Irish Literature
2016-08 -- (現在)アーレント研究会
2006-04 -- 2019-04政治思想学会
1997-04 -- (現在)日本サミュエル・ベケット研究会
2006-04 -- (現在)日本英文学会
2006-04 -- (現在)日本哲学会
2008-04 -- (現在)表象文化論学会
1994 -- 2003International Association for Philosophy and Literature
1995 -- 2003Modern Language Association of America
論文
  • ベケットの想像力と『人間と世界の絆』
    Tsushima Michiko
    論叢現代語・現代文化/19/pp.1-15, 2018-02
  • Language and Music in Beckett’s Two Radio Plays
    Tsushima Michiko
    論叢現代語・現代文化/15/pp.89-101, 2015-10
  • 過去と未来の間の裂け目で動く―アーレントにおける思考の時間的次元をめぐって―
    対馬 美千子
    論叢現代語・現代文化/(第14号)/pp.1-24, 2015-03
  • Before Vanishing directed by Cathal Quinn, at Theater Xcai, Tokyo
    Tsushima Michiko
    Journal of Beckett Studies/22(2)/pp.254-258, 2013-09
  • 言語を信頼すること―アーレントの『ラーエル・ファルンハーゲン』
    対馬 美千子
    論叢現代語・現代文化/Vol.12/pp.131-158, 2014-03
  • "Memory is the Belly of the Mind": Augustine's Concept of Memory in Beckett
    Tsushima Michiko
    Samuel Beckett Today / Aujourd'hui/19/pp.123-132, 2008-08
  • アーレントと文学の力
    対馬 美千子
    論叢現代語・現代文化/pp.1-21, 2013-3
  • The Loss of Words in Crime and Punishment
    対馬 美千子
    比較文化研究/(21)/p.64-76, 1992-10
  • The Abyss in Edgar Allan Poe's Poetry
    対馬 美千子
    Tosa Women's College Journal/(Vol. 2)/p.pp. 31-45, 1995-01
  • (vacillation) : The Boundary of Language in Heidegger, Beckett, and Blanchot
    対馬 美千子
    University of California at Berkelay, Graduate School (Ph. D. thesis)/p.pp. 1-229, 1997-01
  • Weighing the Fold : Heidegger's Thought on Language(1)
    対馬 美千子
    Studies in Language and Cultures/(No. 54)/p.pp. 35-77, 2000-01
  • Vigilance in Maurice Blanchot
    対馬 美千子
    Studies in Languages and Cultures/(No. 52)/p.pp. 79-99, 2000-01
  • Weighing the Fold : 'A Dialogue on Language'(2)
    対馬 美千子
    Studies in Languages and Cultures/(No. 55)/p.pp. 1-32, 2001-02
  • <揺動>としての言語 ‐ ハイデガ-‐
    対馬 美千子
    外国語教育論集/(22)/p. 129-140頁, 2001-03
  • The Tongue of the Waves : Virginia Woolf's The Waves
    対馬 美千子
    外国語教育論集/(No. 23)/p.pp. 61-79, 2001-03
  • < もの >と< 女 > ‐サミュエル・ベケット
    対馬 美千子
    言語文化論集/p.59号 1-23頁, 2002-01
  • Samuel Beckett and Rumiko Kora
    対馬 美千子
    言語文化論集/(61)/p.119-130, 2003-01
  • The Question of Rhetoric in Nietzsche and Arendt
    対馬 美千子
    言語文化論集/(62)/p.43-56, 2003-03
  • In Search of Lost Language: Kora Rumiko and teh Aphasiac Experience
    対馬 美千子
    Japan Review -- Journal of the International Research Center for Japanese Studies/(15)/p.153-173, 2003-01
  • 母語の「外へ」出る
    対馬 美千子
    外国語教育論集/(27)/p.65-76, 2005-03
  • 時間のなかの「無時間の今」-ベケットとアーレント
    対馬 美千子
    外国語教育論集/(28)/p.139-152, 2006-03
  • 「盲目の詩人になること」——アーレントにおける構想力の「脱感覚化の働き」
    対馬 美千子
    哲学/No.58/p.219-235, 2007-04
  • 「私たちのもつ唯一の内なる羅針盤」——アーレントにおける構想力の概念
    対馬 美千子
    社会思想史研究/(No.31)/p.73-89, 2007-09
  • 「真珠採り」の思考——アーレント政治思想におけるメタファー論の意義
    対馬 美千子
    政治思想研究/(  第8)/p.255-281, 2008-05
  • “Memory is the Belly of the Mind”: Augustine’s Concept of Memory in Beckett
    対馬 美千子
    Samuel Beckett Today / Aujourd’hui/19/p.123-132, 2008-01
著書
  • これこれの日に・・・・・これこれの世界で
    対馬 美千子
    ベケットを見る八つの方法―批評のボーダレス, 水声社, pp.53-74, 2013-03
  • Introduction
    Tsushima Michiko
    Samuel Beckett and Pain, Rodopi, pp.9-23, 2012-06
  • Introduction
    Tsushima Michiko
    Samuel Beckett and trauma, Manchester University Press, pp.1-19, 2018-07
  • 'The skin of words': trauma and skin in Watt
    Tsushima Michiko
    Samuel Beckett and trauma, Manchester University Press, pp.94-115, 2018-07
  • 物質性と非物質性のあいだー『言葉と音楽』と『カスカンド』
    Tsushima Michiko
    サミュエル・ベケットと批評の遠近法, pp.201-217, 2016-11
  • アーレントの帝国主義論と『闇の奥』
    Tsushima Michiko
    帝国と文化ーシェイクスピアからアントニオ・ネグリまで, 春風社, pp.419-437, 2016-08
  • ハンナ・アーレントー世界との和解のこころみ
    対馬 美千子
    法政大学出版局, 2016-04
  • The Appearance of the Human at the Limit of Representation: Beckett and Pain in the Experience of Language
    Tsushima Michiko; Mariko Hori Tanaka; Yoshiki Tajiri
    Samuel Beckett and Pain, Rodopi, pp.217-235, 2012-6
  • 「記憶は心の胃である」ーベケットにおけるアウグスティヌスの記憶の概念
    対馬 美千子
    ベケットを見る八つの方法——批評のボーダレス, 水声社, pp.233-244, 2013-03
  • Speaking as Signs of Embodiment: Japanese Terms for Self-Reference and Address
    Terry Prewitt John Deely and Karen Haworth eds
    Semiotics 1988, University Press of America, pp.536-543, 1989-01
  • 言語、ブランショ
    高橋康也監修; 近藤耕人他編; +対馬 美千子
    ベケット大全, 白水社, p.57-62、182-183, 1999-01
  • 波の舌―ヴァージニア・ウルフの『波』
    横山幸三監修; 竹谷悦子; 長岡真吾; 中田元子; 山口惠里子編;...
    英語圏文学, 人文書院, pp.171-190, 2002-01
  • The Space of Vacillation: The Experience of Language in Beckett, Blanchot, and Heidegger
    Michiko Tsushima
    Peter Lang, 2003-01
  • ヴェールのレトリック―『見ちがい言いちがい』
    近藤耕人他; +対馬 美千子
    サミュエル・ベケットのヴィジョンと運動, 未知谷, pp.12-33, 2005-01
会議発表等
  • The Predicament of Being-together in Endgame
    Tsushima Michiko
    IASIL Japan The 35th International Conference/2018-10-13--2018-10-14
  • ベケットにおける想像力の可能性をめぐって
    Tsushima Michiko
    日本サミュエル・ベケット研究会/2017-07
  • "The Skin of Words": Trauma and Skin in Watt
    Tsushima Michiko
    日本サミュエル・ベケット研究会/2016-07-09
  • 『ハンナ・アーレント―世界との和解のこころみ』の合評会にて解説および質疑応答
    Tsushima Michiko
    第15回アーレント研究大会/2016-08-05--2016-08-06
  • Speaking as Signs of Embodiment: Japanese Terms for Self-Reference and Address
    対馬 美千子
    The Semiotic Society of America 第13回年次大会/1988-10-01
  • ベケットの言語観
    対馬 美千子
    筑波英語教育学会/1999-06-01
  • Rhythm in Beckett
    対馬 美千子
    日本サミュエル・ベケット研究会/1998-07-01
  • On the Boundaries between Materiality and Immateriality: Words and Music and Cascando
    対馬 美千子
    International Federation for Theatre Research (国際演劇学会)ベケットワーキンググループ/2011-08-07
  • アーレントと文学の力
    対馬 美千子
    社会思想史学会第35回大会/2010-10-01
  • Hagiwara Translating Poe
    対馬 美千子
    Japan Slashing: A Conference on the Binarisms that Configure the Study of Japan(日本文学研究会議)/1993-12-01
  • Distance / Intimacy in Heidegger's ‘A Dialogue on Language’
    対馬 美千子
    The International Association of Philosophy and Literature第18回年次大会/1994-05-01
  • Space of Testing Language in Heidegger and Beckett 1995年5月
    対馬 美千子
    The International Association of Philosophy and Literature第19回年次大会/1995-05-01
  • Living the Space of a Door
    対馬 美千子
    Colloque international -- Beckett: L'oeuvre carrefour, L'oeuvre limite(ベケットに関する国際会議)/1996-04-01
  • The Betrayal in Beckett and Blanchot
    対馬 美千子
    American Comparative Literature Association 年次大会年/1996-04-01
  • The Scene of Betrayal: Beckett's Ill Seen Ill Said
    対馬 美千子
    The International Association of Philosophy and Literature第20回年次大会/1996-05-01
  • Marginalization of Women in Language: Woolf and Butler
    対馬 美千子
    Exilios Femeninos/ Women’s Exiles に関する国際会議/1998-05-01
  • Language as the Site of Danger: Heidegger’s Later Thought on Language
    対馬 美千子
    The International Association of Philosophy and Literature第23回年次大会/1999-05-01
  • A la recherche de la langue perdue: Kora Rumiko
    対馬 美千子
    International Convention of Asia Scholars第2回年次大会/2001-08-01
  • <もの>と<女>
    対馬 美千子
    日本サミュエル・ベケット研究会/2001-12-01
  • Beckett and Rumiko Kora
    対馬 美千子
    The MLA Convention 第117回年次大会/2001-12-01
  • The Question of Rhetoric: Nietzsche and Arendt
    対馬 美千子
    The International Association of Philosophy and Literature第26回年次大会/2002-06-01
  • 時間のなかの「無時間の今」——ベケットとアーレント
    対馬 美千子
    日本サミュエル・ベケット研究会/2005-07-01
  • ‘Eating’ the Memory: St. Augustine’s Concept of Memory in Beckett
    対馬 美千子
    International Samuel Beckett Symposium in Tokyo/2006-09-01
  • ベケットにおける<女性的なるもの>と<傷>
    対馬 美千子
    社会思想史学会/2009-10-31
  • The Emergence of “the Human” at the Limits of Representation: Pain and Representation in Beckett
    対馬 美千子
    第11回LAC 国際シンポジウム/2008-12-01
担当授業科目
2018-10 -- 2019-02English Intercultural Communication II筑波大学
2018-10 -- 2019-02文化対照論IB筑波大学
2018-10 -- 2019-02文化対照論特論IB筑波大学
2018-10 -- 2019-02先端文化学演習XIV筑波大学
2018-10 -- 2019-02先端文化学演習IV筑波大学
2018-10 -- 2019-02先端文化学研究IV筑波大学
2018-04 -- 2018-06English Intercultural Communication I筑波大学
2018-04 -- 2018-08文化対照論IA筑波大学
2018-04 -- 2018-08文化対照論特論IA筑波大学
2018-04 -- 2018-08先端文化学演習III筑波大学
授業以外の教育活動
2018-07 -- 2018-07筑波大学教員免許更新講習
学協会等委員
2014-12 -- 2015-03日本サミュエル・ベケット研究会事務局
2007-04 -- 2011-03日本サミュエル・ベケット研究会事務局
2003-04 -- 2015-03日本サミュエル・ベケット研究会幹事
学内管理運営業績
2018-04 -- 2019-03学類クラス担任
2018-04 -- 2019-03学類先端文化学コース世話人
2018-04 -- 2019-03学類広報委員会大学説明会担当
2017-04 -- 2018-03学類クラス担任
2014-04 -- 2016-03学類運営委員会委員
2014-04 -- 2016-03学類FD委員会委員長
2014-04 -- 2015-03学類先端文化学コース世話人
2014-04 -- 2015-03専攻カリキュラム委員会委員
2009-04 -- 2010-03学類キャリア支援委員会委員
2009-04 -- 2012-03専攻FD委員会委員

(最終更新日: 2019-06-17)