現在地

山口 恵里子(ヤマグチ エリコ; Yamaguchi, Eriko)

所属
人文社会系
職名
教授
研究分野
美学・芸術諸学
研究キーワード
イギリス美術(19世紀、現代美術)、イメージ人類学
研究課題
足跡の芸術―リチャード・ロングの歩行作品における「消散」と「不完全性」の美学2019 -- 2021山口 惠里子日本学術振興会/基盤研究(C)4,290,000円
Imperfectionist Aesthetics: Philosophy, Art, Culture2019-04 -- 2022-03James Kirwan日本学術振興会/科研費 基盤研究(C)
足跡の芸術ーリチャード・ロングの歩行作品における「消散」と「不完全性」の美学2019-04 -- 2022-03山口惠里子日本学術振興会/科研費 基盤研究(C)
異文化交渉の動態と位相−−ロマン主義テクストの受容と再構築の過程を考究する2015 -- 2020大石和欣日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(B)
19世紀英国の芸術家集団による恊働的実践―「古代人たち」から「エトラスカンズ」へ2014 -- 2017山口 恵里子日本学術振興会/基盤研究(C)4,940,000円
筑波大学特別プロジェクト「比較市民社会・国家・文化特別プロジェクト2003-04 -- 2008-03/学内共同研究
感覚・情動の思想史的・芸術学的意義の分析による、実践的な文化学構築のための基礎研究2010-06 -- 2011-03廣瀬浩司/学内共同研究
感覚・情動の美学・芸術学的意義の分析による、実践的な文化学構築のための基礎研究2011-06 -- 2012-03廣瀬浩司/学内共同研究350,000円
東地中海地域における「坐」の位相-半臥半坐の姿勢を中心に1998-04 -- 1999-03山口惠里子日本学術振興会/科学研究費補助金 (奨励研究A)
19世紀英国と明治日本における中世主義とジャポニズムーラファエル前派芸術の展開2011 -- 2013山口惠里子日本学術振興会/挑戦的萌芽研究2,210,000円
学歴
2011-08 -- 2011-11イエール大学イギリス美術研究所
1983-04 -- 1987-03昭和女子大学 文学部 英文科卒業
1995-04 -- 1997-03総合研究大学院大学 文化科学研究科 比較文化学中退
取得学位
文学修士
2004-02博士(文学)筑波大学
所属学協会
2001 -- (現在)日本ヴィクトリア朝文化研究学会
1990 -- (現在)日本英文学会
1994 -- (現在)日本文化人類学会
2009 -- (現在)British Association for Victorian Studies
2011 -- (現在)美術史学会
受賞
2011-08Visiting Scholar Awards, Yale Center for British Art
1995福原記念英米文学研究助成基金
1991太田浮世絵記念奨学金
論文
  • 書評 荒川裕子・小野寺玲子・粂和沙・加藤明子・田中正之『デザインとデコレーション——ウィリアム・ブレイクからウィリアム・M・コーファーへ』(ありな書房、2018年)
    山口 恵里子
    『図書新聞』, 2018-10
  • 書評 キャスリーン・アドラー『印象派』石井朗訳(ありな書房、2018年)
    山口 恵里子
    『図書新聞』, 2019-02
  • 「「古代人たち」からD. G. ロセッティへ——A. ギルクリスト『ウィリアム・ブレイクの生涯』を媒介として」
    山口 恵里子
    『論叢 現代語・現代文化』/19/pp.53-86, 2018-02
  • ジョン・ラスキンとイメージの人類学ーー共感の形象可能性
    山口惠里子
    ラスキン文庫たより/(73)/pp.1-5, 2017-03
  • PRB誕生前夜から「結成」まで
    山口 恵里子
    『美術手帖』増刊 特集:19世紀イギリスの美術革命 ラファエル前派/pp.66-71, 2014-03
  • 地表のアレンジメントーーリチャード・ロングが織る風景
    山口 恵里子
    論叢 現代語・現代文化/(11)/pp.1-38, 2013-10
  • D. G. ロセッティの装飾的中世ーー《エルフェン=ミアの乙女たち》とモクソン版『テニソン詩集』の挿絵から
    山口 恵里子
    文化交流研究/(8)/pp.65-117, 2013-03
  • ヴィクトリア朝のmedievalismとJapanisme の接点ーロセッティ兄弟の浮世絵コレクションを事例として
    山口 恵里子
    論叢 現代語・現代文化/(6)/p.113-159, 2011-03
  • ヴィクトリア朝英国におけるJapanismeとmedievalism――明治日本のラファエル前派受容と “Japan for Japanese”運動との関連から
    山口 恵里子
    The Victorian Studies Society of Japan: Newsletter, 2011-01
  • ラファエル前派兄弟団におけるプリミティヴィズム--19世紀英国の「ラファエッロ以前」問題
    山口 惠里子
    論叢 現代語・現代文化/(4)/pp.97-155, 2010-03
  • ラファエル前派の中世主義とラスキン
    山口 恵里子
    ラスキン文庫たより/(59)/p.6-9, 2010-01
  • ベケットとベイコンのさかさまの十字架--受苦の共同体
    山口 惠里子
    『論叢 現代語・現代文化』/(1)/pp.111-155, 2008-10
  • 「身体を与える--F. M. ブラウンのTake Your Son, Sir!をめぐって」
    山口 恵里子
    『英語青年』/154(4)/p.210-215, 2008-07
  • 身体のスキャンダル――ラスキンとラファエル前派
    山口 恵里子
    ラスキン文庫たより/p.11-15, 2008-01
  • 畏れの形象としての身体--ロセッティのEcce Ancilla Domini!
    山口 惠里子
    論叢 現代文化・公共政策/(3)/pp.1-40, 2006-03
  • 中世ロマンスと身体の形象化――分断・エクスタシー・復活
    山口 恵里子
    第78回大会Proceedings(日本英文学会)/p.141-151, 2006-01
  • W.モリス、D.G.ロセッティ、A.Cスウィンバーンの「境界」意識
    山口 恵里子
    筑波英学展望/(22)/p.115-145, 2003-01
  • W.モリス,D.G.ロセッティ,A.C.スウィンバーンの「境界」意識--アーサー王物語作品から
    山口 惠里子
    筑波英学展望/(22)/pp.115-145, 2003-01
  • イメージとしての歪んだ身体的場ーベンヤミンの箱の解体
    山口 恵里子
    言語文化論集/(59)/p.25-84, 2002-02
  • ホモ・ドゥプレックス(Homo Duplex)ーギリシアにおける輪踊りの場から
    山口 恵里子
    言語文化論集/(58)/p.35-87, 2002-01
  • <論文> ホモ・ドゥプレックス(Homo Duplex):ギリシアにおける輪踊りの場から
    山口 惠里子
    言語文化論集/58/pp.35-87, 2002-01
  • <論文>ブドワールの仄明るい身体 : 襞に被われた箱
    山口 惠里子
    言語文化論集/56/pp.51-96, 2001-03
  • 箱(Siege)のなかの「私の席」-"Li Sieges Perilleux"
    山口 恵里子
    言語文化論集/(55)/p.239-271, 2001-02
  • フェノロサ『北斎・葛飾派肉筆画展カタログ』(翻訳)
    山口 恵里子
    北斎研究/(28)/p.38-61, 2001-01
  • ブドワールの仄明るい身体-襞に被われた箱
    山口 恵里子
    言語文化論集/(56)/p.51-96, 2001-01
著書
  • 「ラファエル前派兄弟団におけるプリミティヴィズムーーマテリアリティのリアリズム」
    山口 恵里子
    『前ラファエッロ主義ーー過去による19世紀絵画の革新』, 三元社, pp.149-208, 2018-05
  • 「肉をまとう魂——D. G. ロセッティが描いた<手>について」
    山口 恵里子
    『フィジカルとソーシャル——ウィリアム・ホガースからエプスタインへ』, ありな書房, pp.107-142, 2017-07
  • 「ジョン・ロックウッド・キプリングとインドのクラフツマンシップーー未来への記録」
    山口惠里子
    『帝国と文化ーーシェイクスピアからアントニオ・ネグリまで』, 春風社, pp.189-231, 2016-08
  • 「サミュエル・パーマーのパストラルにおける翳りーー夢と影のヴィジョン」
    山口惠里子
    『ヴィジョンとファンタジーーージョン・マーティンからバーン=ジョーンズへ』, ありな書房, pp.115, 202-150, 207, 2016-07
  • ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ《見よ、われは主のはしためなり!》(翻訳)
    山口 恵里子
    『ロンドンーーアートとテクノロジー』, 竹林舎, pp.148-173, 2014-12
  • 「ラファエル前派の中世風絵付け家具における「無骨な」テクノロジーーーデザインとマテリアリティのあいだ」』
    山口 恵里子
    『ロンドンーーアートとテクノロジー』, 竹林舎, pp.251-285, 2014-12
  • 「序 アートとテクノロジーの織り地ーー十九世紀ロンドン」『ロンドンーーアートとテクノロジー』
    山口 恵里子
    『ロンドンーーアートとテクノロジー』, 竹林舎, pp.7-28, 2014-12
  • 「乳房に恵まれるーーヨーロッパにおける授乳する聖母像」
    山口 恵里子
    『乳房の文化論』, 淡交社, pp.149-174, 2014-12
  • 『美術手帖』2014年3月号増刊 特集:19世紀イギリスの美術革命 ラファエル前派
    山口 恵里子
    美術出版社, 2014-3
  • 作家解説、ラファエル前派関連年表、参考文献
    山口 恵里子
    テート美術館の至宝 ラファエル前派展——ヴィクトリア朝絵画の夢, 朝日新聞社, pp.194-215, 2014-01
  • チャールズ・ロック・イーストレイクの感覚的風景ーーローマおよびカンパーニャの風景画と山賊画
    山口 恵里子
    『ローマーー外国人芸術家たちの都』, 竹林舎, pp.212-244, 2013-10
  • 英国ヴィクトリア朝の日本趣味と明治芸術のラファエル前派受容ーー中世主義と装飾芸術を結び目として
    山口 恵里子
    日本とヴィクトリア朝英国ーー交流のかたち, 大阪教育図書, pp.45-107, 2012-11
  • 「中世ロマンスと待機の形象化ーー身体の分断化・連続性・可傷性」
    山口 恵里子
    『イギリス・フランスの中世ロマンスーー語学的研究と文学的研究の壁を越えて』, 音羽書房鶴見書店, pp.51-96, 2009-10
  • 「「叫び」から「微笑み」へ―フランシス・ベイコンの描いた身体を市民社会が抱擁するということ」
    山口 恵里子
    『ノイズとダイアローグの共同体―市民社会の現場から』, 筑波大学出版会, pp.48-96, 2008-03
  • 「乳房という出来事――ギリシアのタマをめぐって」
    山口 恵里子
    『ミクロ人類学の 実践――エイジェント/ネットワーク/身体』, 世界思想社, pp.118-147, 2006-11
  • 『障害と文化ー非欧米世界からの障害観の問いなおし』
    山口 恵里子
    明石書店, 2006-02
  • 『椅子と身体――ヨーロッパにおける「坐」の様式』
    山口 恵里子
    ミネルヴァ書房, 2006-02
  • 『西洋騎士道大全』
    山口 恵里子
    『西洋騎士道大全』, 東洋書林, pp.25-133, 2005-11
  • 「イギリス美術」
    山口 恵里子
    『イギリス文化を学ぶ人のために』世界思想社, 2004-09
  • ヨーロッパにおける坐の姿勢の研究―椅子・身体・共同性
    山口 恵里子
    筑波大学, 2004-02
  • ヨーロッパにおける坐の姿勢の研究ーー椅子・身体・共同性
    山口 恵里子
    2004-02
  • 「ウィンスロップ・コレクション フォッグ美術館所蔵19世紀イギリス・フランス絵画」展覧会カタログ(国立西洋美術館)
    山口 恵里子
    2002-09
  • 「記憶の旅・記憶の場ーメアリ・エディス・ダラムのバルカン」
    山口 恵里子
    『英語圏文学ー国家・文化・記憶をめぐるフォーラム』, 人文書院, pp.191-213, 2002-04
  • 「オリエント三態ー眠り、流浪、グロテスク」
    山口 恵里子
    『技術としての身体』, 大修館書店, pp.254-287, 1999-06
  • 「ショールのレトリックーヨーロッパ移動民の身体イメージ」
    山口 恵里子
    『装いの人類学』, 人文書院, pp.171-198, 1999-03
会議発表等
  • 茶道 シンポジウムのコメンテータ
    山口 恵里子
    日本の頂点文化ーー能・茶道・武士道・神道・和歌/2019-09-06--2019-09-09
  • “Richard Long’s Walk-Works in Dartmoor and Japan: Transference”
    Yamaguchi Eriko
    “Perfect and Imperfect—Imperfectionist Aesthetics: Philosophy, Art, Culture”/2018-10-06--2018-10-08
  • 「芸術と犯罪——ワイルドとホームズの「インテリア」」
    山口 恵里子
    シンポジウム「オスカー・ワイルドとコナン・ドイル」/2018-12-08--2018-12-08
  • “Richard Long’s Walk Works in Japan: Transference”
    Yamaguchi Eriko
    “The Aesthetics of Imperfection / Perfection”/2017-04-14--2017-04-16
  • 「日本のモダニズムとラファエル前派ーー1890年代から1920年代」
    山口 恵里子
    2014 ラファエル前派展記念シンポジウム/2014-01-26--2014-01-26
  • ワークショップ「ラファエル前派主義と唯美主義」
    山口 恵里子
    ワークショップ「ラファエル前派主義と唯美主義」/2014-01-25--2014-01-25
  • Pre-Raphaelite Medievalism in Japan: Decorativeness in Art and Literature in Meiji Romanticism
    Tim Barringer; Jason Rosenfeld; Alison Smith; Michael Ahl...
    Internationalised Pre-Raphaelitism. Paul Mellon Centre for Studies in British Art, London/2013-01-10
  • ローマのカンパーニャとイギリス風景画--ターナーからエトラスカンズへ
    山口惠里子; +山口 恵里子
    美術史学会東支部例会/2012-01-28
  • ラファエル前派のファッションと明治芸術
    山口惠里子; +山口 恵里子
    ファッション文化研究会/2011-12-17
  • Pre-Raphaelite Medievalism and Materialism: D. G. Rossetti, Edward Burne-Jones, and William Morris
    Eriko Yamaguchi;
    The Nineteenth-Century Art and Visual Culture Colloquium, Department of Art History, Yale University/2011-10-04
  • 家具の中世主義・ジャポニズム--英国19世紀の家具デザイン
    五十嵐浩也; 岡山理香; 谷田部英正; 山口惠里子; +山口 恵里子
    筑波大学プレ戦略イニシアティブ プロジェクト 〈知識のコズモロジー:デザインの多義性を中心として〉 2010年度3月セミナー 「デザイン」のデザイン/2011-03-05
  • ヴィクトリア朝英国におけるJapanismeとmedievalism―明治日本のラファエル前派受容と“Japan for Japanese”運動との関連から
    松村昌家; 山口惠里子; 橋本順光; 福田眞人; +山口 恵里子
    日本ヴィクトリア朝文化研究学会第10回全国大会 シンポジウム「ヴィクトリア朝英国と開国日本―交流の諸相」/2010-11-20
  • 場・モノ・イメージが転移するとき――リチャード・ロングのダートムアと日本
    内山田康; 山口惠里子; 秋山晶子; 吉田ゆか子; +山口 恵里子
    2009年度第1回関東地区研究懇談会       ワークショップ「動くアッサンブラージュを人類学する」/2009-12-20
  • Medievalism (workshop)
    山口 恵里子
    the British Association for Victorian Studies, the North American Victorian Association共催 Victorian Past vs. Present の国際会議のなかのワークショップ/2009-07-14
  • 身体と「モノ」の詩の風景ーーリチャード・ロングの"walks"/"works"をめぐって 分科会「もの、動き、アッサンブラージューー人間中心主義を超えて」
    内山田康; 風間計博; 山口惠里子; 秋山晶子; 吉田ゆか子; 足...
    日本文化人類学会第43回研究大会/2009-05-30
  • ラスキンの「手」の教育―触れることと見ること
    江藤秀一; 竹谷悦子; 中田元子; 山口惠里子; +山口 恵里子
    筑波英語教育学会/2007-06-01
  • 中世ロマンスと身体の形象化--分断・エクスタシー・復活 シンポジウム「中世ロマンス--文学的研究と語学的研究の壁を越えて」
    今井光規; 原野昇; 田尻雅士; 山口惠里子; +山口 恵里子
    日本英文学会第78回全国大会/2006-05-01
  • サミュエル・ベケットとフランシス・ベイコン--椅子と身体
    山口惠里子; +山口 恵里子
    第25回ベケット研究会/2005-07-01
  • ラファエル前派における身体の"distortion" シンポジウム「「絵画と文学の交渉ーHogarthからラファエル前派の時代まで」
    松村昌家; 蛭川久康; 小林彰夫; 山口惠里子; +山口 恵里子
    日本英文学会第75回全国大会/2005-05-01
  • "The Segys of the Rounde Table" ――特権としての座の発生
    山口 恵里子
    日本中世英語英文学会第15回全国大会/2003-12-01
  • 坐る人――ベケットにおける姿勢と運動
    山口 恵里子
    第18回筑波英語教育学会/1998-06-01
  • 「開いた身体」論への試み――ギリシアにおける椅子の次元と寝台の次元
    山口 恵里子
    第31回日本民族学会研究大会/1997-05-01
  • The Canterbury Tales にみる中世の身体意識―服飾との関連をふまえて
    山口 恵里子
    日本中世英語英文学会第11回西支部大会/1995-04-01
  • ヴィクトリア朝のサディストとマゾヒストの原典アーサー王物語――ロセッティ, モリス, スウィンバーン のmedievalismの男(断)面
    山口 恵里子
    第66回日本英文学会全国大会/1994-05-01
  • D. G. Rossetti's Unification of Medievalism and Japonisme
    山口 恵里子
    The 17th International Congress of the Arthurian Society/1993-06-01
作品
  • 坪井明日香ーわが心の軌跡
    山口 恵里子
担当授業科目
2019-04 -- 2019-07先端文化学研究VII比較文化学類
2018-10 -- 2019-02先端文化学演習XIV筑波大学
2018-10 -- 2019-02論文演習IIB筑波大学
2018-10 -- 2019-02English Intercultural Communication II筑波大学
2018-10 -- 2019-02文化動態論(2)IB筑波大学
2018-10 -- 2019-02文化動態論特論(2)IB筑波大学
2018-10 -- 2019-02先端文化学研究VIII筑波大学
2018-04 -- 2018-08英米文学演習IV筑波大学
2018-04 -- 2018-08論文演習IIA筑波大学
2018-04 -- 2018-06English Intercultural Communication I筑波大学
授業以外の教育活動
2019-01 -- (現在)高大連携活動 出張講義茨城県立水戸第一口頭月買おう
2016-07 -- 2016-07教員免許状更新講習筑波大学
2010-07 -- 2017-08川村記念美術館美術講座、講師川村記念美術館
2010-06 -- 2010-06教員免許状更新講習筑波大学
一般講演
  • ジョン・ラスキンとイメージの人類学
    Yamaguchi Eriko
    2016年度 秋のラスキン講演会/2016-11-12
  • ロンドンーーアーツ・アンド・クラフツ運動の源流
    山口 恵里子
    一橋フォーラム21/2014-02-12--2014-02-12
  • D. G. Rossetti’s Medievalism: His Preference for Decorativeness
    Eriko Yamaguchi
    "Art in Context" at Yale Center for British Art/2011-09-13
  • ラファエル前派の中世主義とラスキン
    高宮利行; 高橋勇; 山口惠里子; 伊藤盡; +山口 恵里子
    ラスキン・シンポジウム「中世主義とラスキン、ラファエル前派」/2010-07-03
  • ラファエル前派の芸術と装飾ーロセッティ、バーン=ジョーンズ、モリスを中心にして
    山口惠里子; +山口 恵里子
    鹿児島市立美術館 特別企画展「ラファエル前派からウィリアム・モリスへ」記念講演会/2011-08-07
  • 授乳しない聖母――東地中海地域の乳房文化
    山口 恵里子
    乳房文化研究会/1998-04-01
  • フランシス・ベイコンの描いた叫びと市民社会
    谷田博幸; 内山田康; +山口 恵里子
    ヨーロッパ思想・芸術・文化と市民社会部会 連続シンポジウム 第2部回 芸術と社会 比較市民社会・国家・文化特別プロジェクト(筑波大学)/2005-10-01
  • 身体のスキャンダルーラスキンとラファエル前派
    山口 恵里子
    2007年度春のラスキン連続研究講座/2007-06-23
  • ロセッティ絵画の身振りと言葉
    山口 恵里子
    ウィンスロップ・コレクション展記念講演会/2002-10-19
  • ロセッティと浮世絵ー武者絵から「青」の世界へ
    山口 恵里子
    浮世絵土曜講座/2001-09-29
学協会等委員
2016-04 -- (現在)日本ヴィクトリア朝文化研究学会副会長
学内管理運営業績
2018-04 -- (現在)人文社会系 研究推進室委員
2018-04 -- 2019-03現代語・現代文化専攻 研究計画委員会委員長
2018-04 -- (現在)学類学生委員会委員
2018-04 -- (現在)学群ファカルティ・ディベロップメント委員会委員
2018-04 -- (現在)学群 自己点検・評価委員会委員
2018-04 -- (現在)人文・文化学群運営委員会委員
2016-04 -- (現在)クラス担任主任
2018-04 -- (現在)学類将来検討委員会委員
2018-04 -- (現在)比較文化学類 運営委員会委員長
2015-04 -- 2018-03人文社会科学研究科FD委員会委員長
その他の活動
2008-11 -- (現在)日本放送協会「迷宮美術館」の制作協力
2013-07 -- (現在)朝日新聞社発行「額絵」、ラファエル前派の作品解説

(最終更新日: 2019-10-03)