現在地

佐藤 嘉幸(サトウ ヨシユキ; SATO, Yoshiyuki)

所属
人文社会系
職名
准教授
URL
eメール
 
研究分野
哲学・倫理学
思想史
研究キーワード
フランス現代思想
社会理論
権力理論
研究課題
ミシェル・フーコー「コレージュ・ド・フランス講義」総体の理論的・思想史的研究2018-04 -- 2021-03佐藤吉幸日本学術振興会/科学研究費 基盤研究(C)
「フランス現代思想」による「学校」批判と教育実践に関する理論的・歴史的総合研究2017-04 -- 2021-03廣瀬純日本学術振興会/科学研究費 基盤研究(C)
啓蒙期から現代に至るカタストロフィの思想と表象に関する総合的研究2015 -- 2017西山雄二日本学術振興会/科学研究費 基盤研究(C)
「現代思想」と政治—マルクス主義・精神分析・政治哲学を軸とする理論的・歴史的研究2013 -- 2015市田良彦日本学術振興会/科学研究費 基盤研究(B)
ジャック・デリダの思想とデモクラシー概念の拡張2008 -- 2011佐藤吉幸日本学術振興会/科学研究費 若手研究(B)
職歴
2019-10 -- 2020-03パリ第8大学客員研究員
2013-04 -- (現在)筑波大学人文社会科学研究科 現代語・現代文化専攻 准教授
2008-04 -- 2013-03筑波大学人文社会科学研究科 現代語・現代文化専攻 講師
2005-09 -- 2008-03筑波大学人文社会科学研究科 現代文化・公共政策専攻 講師
学歴
-- 2004-09パリ第10大学大学院 認識・文化研究科 哲学専攻修了
-- 2001-11京都大学大学院 経済学研究科 経済システム分析専攻修了
-- 1994-03京都大学 経済学部 経済学科卒業
取得学位
2004-09博士(哲学)パリ第10大学
2001-11博士(経済学)京都大学
所属学協会
2006 -- (現在)表象文化論学会
1999 -- (現在)社会思想史学会
論文
  • 新刊紹介『問題=物質(マター)となる身体——「セックス」の言説的境界について』
    佐藤 嘉幸
    表象文化論学会ニューズレター『REPRE』43号、https://www.repre.org/repre/vol43/books/translation/satou/, 2021-10
  • 新刊紹介『フーコー研究』/『ミシェル・フーコー『コレージュ・ド・フランス講義』を読む』
    佐藤 嘉幸
    表象文化論学会ニューズレター『REPRE』 43号、https://www.repre.org/repre/vol43/books/editing-multiple/satou/, 2021-10
  • 自民総裁選4候補、再稼働を容認 県内の脱原発派冷ややか 期待の河野氏肩透かし (コメント)
    佐藤嘉幸
    東京新聞、2021年9月24日、https://www.tokyo-np.co.jp/article/132763?rct=ibaraki, 2021-09
  • Critique de l’école dans la pensée française post-68 (2) : Entretien avec Anne Querrien
    Anne Querrien; Yoshiyuki SATO; Jun Fujita Hirose
    Laboratoire d'analyse critique des modernités, https://laboratoiredanalysecritiquedesmodernites.wordpress.com/2021/09/13/critique-de-lecole-dans-la-pensee-francaise-post-68-2-entretien-avec-anne-querrien/, 2021-09
  • Critique de l’école dans la pensée française post-68 (1) : Entretien avec Étienne Balibar
    Étienne Balibar; Yoshiyuki SATO; Jun Fujita Hirose
    Laboratoire d'analyse critique des modernités, https://laboratoiredanalysecritiquedesmodernites.wordpress.com/2021/09/13/critique-de-lecole-dans-la-pensee-francaise-post-68-1-entretien-avec-etienne-balibar/, 2021-09
  • 身体の何が問題なのか——ジュディス・バトラーにおけるセックスとジェンダーの形成
    佐藤嘉幸
    『福音と世界』2021年10月号/76(10)/pp.30-35, 2021-09
  • 水戸地裁判決で、福島の人たちの被害を司法は認めざるを得なかったのです——大石光伸さん(東海第二原発差し止め訴訟共同代表)インタビュー
    佐藤嘉幸
    『週刊読書人』2021年9月3日号、https://dokushojin.com/reading.html?id=8380/pp.8-3, 2021-09
  • L’accident nucléaire de Fukushima répète-t-il le "système d’irresponsabilité" ?: Critique du jugement du procès pénal de TEPCO
    SATO Yoshiyuki
    Laboratoire d’analyse critique des modernités, https://laboratoiredanalysecritiquedesmodernites.wordpress.com/2021/07/11/laccident-nucleaire-de-fukushima-repete-t-il-le-systeme-dirresponsabilite-critique-du-jugement-du-proces-penal-de-tepco/, 2021-07
  • Philosophie de la sortie du nucléaire
    SATO Yoshiyuki; Taguchi Takumi
    Laboratoire d’analyse critique des modernités, https://laboratoiredanalysecritiquedesmodernites.wordpress.com/2021/07/20/philosophie-de-la-sortie-du-nucleaire/, 2021-07
  • La “Bande des Six de Kumatori” et la science critique
    Koide Hiroaki; Ogawa Midori; SATO Yoshiyuki
    Laboratoire d’analyse critique des modernités, https://laboratoiredanalysecritiquedesmodernites.wordpress.com/2021/05/18/la-bande-des-six-de-kumatori-et-la-science-critique-%e7%86%8a%e5%8f%96%e5%85%ad%e4%ba%ba%e7%b5%84%e3%81%a8%e6%89%b9%e5%88%a4%e7%9a%84%e7%a7%91%e5%ad%a6/, 2021-05
  • すべての理論はマイノリティ性へと生成変化しなければならない──『問題=物質となる身体』解説
    佐藤嘉幸
    問題=物質となる身体/pp.389-422, 2021-05
  • 私たちは、原告にとどまらない救済、 「全体救済」を求めているのです——生業訴訟弁護団事務局長・馬奈木厳太郎弁護士インタビュー
    馬奈木厳太郎; 佐藤嘉幸
    『週刊読書人』2021年5月28日号(https://dokushojin.com/reading.html?id=8183)/pp.8-8, 2021-05
  • 小児甲状腺ガン「過剰診断」論に抗して
    佐藤嘉幸
    『高木学校通信』133号/pp.6-6, 2021-04
  • Situation de l’aveuglement face à la catastrophe nucléaire : réflexion de la situation post-Fukushima à partir de Günther Anders
    Yoshiyuki SATO; Takumi TAGUCHI
    Philosophy World Democracy (https://www.philosophy-world-democracy.org/situation-de-laveuglement), 2021-03
  • 「大学の自治と学問の自由を守るために」(竹田扇、前川喜平との鼎談)
    佐藤嘉幸; 竹田扇; 前川喜平
    『週刊読書人』2021年3月12日/pp.1-2, 2021-03
  • 無作為抽出なのに…選ばれていない原子力機構職員、代理出席 原発問題話す東海村の村民会議で (コメント)
    佐藤嘉幸; 松村真一郎
    東京新聞、2021年1月14日, 2021-01
  • 福島原発事故は「無責任の体系」を繰り返すのか:東京地裁判決を徹底批判、控訴審への展望を示す——海渡雄一『東電刑事裁判——福島原発事故の責任を誰が取るのか』
    佐藤嘉幸
    『週刊読書人』2021年1月29日、https://dokushojin.com/review.html?id=7938/pp.3-3, 2021-01
  • 広がる県民投票運動、再稼働差し止めは控訴審へ
    佐藤嘉幸
    『法と民主主義』2020年11月号/pp.42-42, 2020-11
  • 震災後、町の人口は4割減「地域経済は疲弊」 女川原発再稼働認める地元事情(コメント)
    佐藤嘉幸; 百武信幸; 深津誠
    『毎日新聞』2020年10月22日, 2020-10
  • 「すべての命は重要だ(オール・ライヴズ・マター)」の何が問題なのか(翻訳、解題)
    バトラー ジュディス; ヤンシー ジョージ; 佐藤嘉幸
    『現代思想』総特集=ブラック・ライヴズ・マター/48(13)/pp.82-90, 2020-09
  • いばらき原発県民投票条例の県議会審議が露呈した代表制民主主義の諸問題
    佐藤嘉幸; 徳田太郎
    『週刊読書人』2020年8月7日、https://dokushojin.com/reading.html?id=7537/pp.8-8, 2020-08
  • <東海第二原発 再考再稼働>(17)議会は県民の利害代弁を 筑波大准教授・佐藤嘉幸さん
    佐藤嘉幸
    東京新聞、2020年8月5日、https://www.tokyo-np.co.jp/article/47121?rct=ibaraki, 2020-08
  • 原発再稼働の是非を問う県民投票はなぜ実現できないのか 茨城県議会で感じた疑問(コメント)
    吉田卓矢; 佐藤嘉幸
    毎日新聞、2020年7月4日、https://mainichi.jp/articles/20200703/k00/00m/040/342000c, 2020-07
  • Japan: Ibaraki Deliberates Referendum on Tokai-2 (comment)
    Engbarth Dennis; SATO Yoshiyuki
    Nuclear Intelligence Week, June 12, 2020, http://www.energyintel.com/pages/login.aspx?fid=art&DocId=1075332, 2020-06
  • 間接民主制を補完:東海第二再稼働 県民投票(コメント)
    佐藤嘉幸
    東京新聞、2020年5月26日、https://www.tokyo-np.co.jp/article/10456?rct=metropolitan, 2020-05
著書
  • 新自由主義のコスト=ベネフィット分析
    佐藤嘉幸
    狂い咲く、フーコー, pp.38-43, 2021-08
  • 物質=問題となる身体
    バトラー ジュディス; 佐藤嘉幸
    2021-05
  • Production of the Competitive Subject: Foucault and Neoliberalism
    SATO Yoshiyuki
    Beyond Neoliberalism and Capitalism, Institute for Political Studies, Belgrade, pp.157-171, 2021-04
  • ミシェル・フーコー『コレージュ・ド・フランス講義』を読む
    佐藤嘉幸; 立木康介
    2021-03
  • 話そう 選ぼう いばらきの未来——いばらき原発県民投票の会報告集
    石川雷太; 宇野信子; 姜咲知子; 佐藤嘉幸; 徳田太郎; 増山みゆき
    2021-03
  • 生権力/生政治とは何か
    佐藤嘉幸
    フーコー研究, pp.356-371, 2021-03
  • いばらき原発県民投票——議会審議を検証する
    佐藤嘉幸; 徳田太郎
    読書人, 2021-02
  • アルチュセール、バリバール
    佐藤嘉幸
    現代フランス哲学入門, ミネルヴァ書房, pp.244-248, 2020-07
  • 権力の心的な生―主体化=服従化に関する諸理論(改訳新版)
    バトラー ジュディス; 佐藤嘉幸; 清水知子
    月曜社, 2019-12
  • Violation des droits de l’homme après Fukushima : Du point de vue de la « restriction de la liberté d’expression » et de la politique du « retour des réfugiés »
    SATO Yoshiyuki; TAGUCHI Takumi
    Liberté de la recherche : Conflits, pratiques, horizon, Mélanie Duclos et Anders Fjeld, ed., Éditions Kimé, pp.153-160, 2019-10
  • なぜ原発裁判で否認が続くのか
    佐藤嘉幸
    福島原発集団訴訟の判決を巡って——民衆の視座から, 読書人, pp.74-83, 2019-06
  • ドゥルーズ=ガタリと〈68年5月〉(1)——『アンチ・オイディプス』、『千のプラトー』をめぐって
    佐藤嘉幸
    〈68年5月〉と私たち——「現代思想と政治」の系譜学, 読書人, pp.73-94, 2019-04
  • 『脱原発の哲学』は語る
    佐藤嘉幸; 田口卓臣; 前田朗; 村田弘
    読書人, 2018-07
  • アセンブリ——行為遂行性・複数性・政治
    バトラー ジュディス; 佐藤嘉幸; 清水 知子
    青土社, 2018-01
  • 三つの革命——ドゥルーズ=ガタリの政治哲学
    佐藤嘉幸; 廣瀬純
    講談社, 2017-12
  • 『脱原発の哲学』を読む
    佐藤嘉幸; 田口卓臣; 小出裕章; 西山雄二; 渡名喜庸哲; 岩田...
    読書人, 2017-10
  • 「市民−主体」の理念とそのパラドックス——バリバール、ルソー、政治的主体性
    佐藤嘉幸
    市田良彦・王寺賢太『〈ポスト68年〉と私たち』, pp.137-151, 2017-10
  • 『歓待について』ジャック・デリダ
    佐藤嘉幸
    「多元主義」を理解するための30冊、ビブリオテカ・アレクサンドリア・プロジェクト(http://www.bibalex.jp/index.html), pp.116-127 , 2017-09
  • 福島の惨事と国家原子力主義の7つの原則
    リボー ティエリー; 佐藤嘉幸; 原口研治
    人文書院 http://www.jimbunshoin.co.jp/news/n18412.html, 2017-03
  • 徹底討論 市田良彦・王寺賢太編『現代思想と政治』@京大人文研
    佐藤嘉幸; 市田良彦; 王寺賢太
    読書人, 2016-12
  • Les faibles doses d'irradiation et le pouvoir de sécurité: du point de vue foucaldien sur le "pouvoir-savoir"
    Yoshiyuki SATO
    Penser avec Fukushima, Christian Doumet et Michaël Ferrier, dir., Editions Nouvelles Cécile Defaut, pp.243-258, 2016-09
  • La pensée "poststructuraliste" au Japon
    Yoshiyuki SATO
    La vie intellectuelle en France, tome II "De 1914 à nos jours", Christophe Charle et Laurent Jeanpierre, dir., Seuil, pp.815-818, 2016-09
  • 獣と主権者II
    ジャック・デリダ; 西山雄二; 亀井大輔; 荒金直人; 佐藤嘉幸
    白水社, 2016-06
  • 新自由主義へのミクロな抵抗/A Micro-resistance to Neoliberalism
    佐藤嘉幸
    en[縁]:アート・オブ・ネクサス——第15回ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館カタログ/En: Art Of Nexus - Japan Pavilion La Biennale De Venezia 2016, TOTO出版, pp.146-151, 2016-04
  • 脱原発の哲学
    佐藤嘉幸; 田口卓臣
    人文書院, 2016-02
会議発表等
  • マルクスと対決するフーコー
    佐藤 嘉幸
    ルネサンス研究会2021年10月定例研究会/2021-10-12--2021-10-12
  • 「『ミシェル・フーコー『コレージュ・ド・フランス講義』を読む』オンライン書評会」コメント
    佐藤嘉幸
    フーコー研究フォーラム/2021-09-25--2021-09-25
  • 身体の何が問題なのか——ジュディス・バトラーにおけるジェンダーとセックス
    佐藤嘉幸
    ジュディス・バトラー『問題=物質(マター)となる身体』オンライン合評会、KUNILABO(国立人文研究所)、脱構築研究会/2021-07-25--2021-07-25
  • Commentaire à l'intervention de Maurizio Lazzarato et celle d'Orazio Irrera
    SATO Yoshiyuki
    Colloque international « Foucault dans l'actualité : des points de vue de l'école italienne »/2021-03-28--2021-03-28
  • 『フーコー研究』コメント
    佐藤嘉幸
    シンポジウム「狂い咲け、フーコー」/2021-03-27--2021-03-27
  • L’Accident nucléaire de Fukushima répète-t-il le « système d’irresponsabilité » ?: Critiquer le jugement du Procès pénal de TEPCO
    SATO Yoshiyuki
    Colloque international "Penser Fukushima: Ruptures et continuités de la catastrophe", EHESS (Paris)/2021-03-16--2021-03-16
  • 大学の自治と学問の自由のいま
    佐藤嘉幸
    大学フォーラム第6回シンポジウム「大学の自治と学問の自由のいま——進行する深刻な事態をめぐって」/2020-12-23--2020-12-23
  • 大学はどこへ向かうのか
    佐藤嘉幸
    国立人文研究所KUNILABO緊急シンポジウム/2020-10-18--2020-10-18
  • 東海第二原発再稼動をめぐる二つの運動
    佐藤嘉幸
    第5回「原発と人権」全国研究・市民交流集会inふくしま オンライン プレ・シンポジウム/2020-10-03--2020-10-03
  • Effacer la trace de l’accident nucléaire : neuf ans après l’accident de Fukushima
    SATO Yoshiyuki
    Conférence « Penser le nucléaire après Fukushima », EHESS, Paris/2020-03-11--2020-03-11
  • Commentaire à Etienne Balibar « Critiques de la propriété : le politique et le juridique »
    SATO Yoshiyuki; Balibar Etienne; Spanò Michele
    Séminaire « L'antagonisme de la forme : Marx, les marxismes et le droit » tenu par Michele Spanò, EHESS, Paris/2020-02-11--2020-02-11
  • Néolibéralisation et réforme universitaire au Japon
    SATO Yoshiyuki
    Séminaire collectif « Les transformations néolibérales de l'université dans une perspective internationale », Université Paris 8/2020-02-04--2020-02-04
  • 東海第二原発の現状と直接民主主義
    佐藤嘉幸
    緊急シンポジウム「東海第二原発の再稼動と直接民主主義」、筑波大学/2019-07-24--2019-07-24
  • 福島第一原発事故による基本的人権の侵害/Violation des droits de l'homme aprés Fukushima
    SATO Yoshiyuki
    研究会「近現代の批判的研究」/Journée d'étude sur les "Etudes critiques des modernités"、筑波大学/2019-06-28--2019-06-28
  • 「福島原発集団訴訟の判決を巡って——民衆の視座から」へのコメント
    佐藤嘉幸
    「福島原発集団訴訟の判決を巡って——民衆の視座から」、スペース・オルタ(横浜)/2019-04-21--2019-04-21
  • バトラーのパレーシア解釈について
    佐藤嘉幸
    共同研究「フーコー研究」、京都大学人文科学研究所/2019-01-26--2019-01-26
  • 生権力/生政治とは何か——レイシズム、自由主義、新自由主義
    佐藤嘉幸
    共同研究「フーコー研究」、京都大学人文科学研究所/2019-01-25--2019-01-25
  • From Individual Parrhesia to Collective Parrhesia: Reply to “Fearless Speech and Resistance” by Judith Butler
    SATO Yoshiyuki
    Discussion Seminar about "Notes Toward a Performative Theory of Assembly", Meiji University/2018-12-09--2018-12-09
  • ドゥルーズ=ガタリと68年5月
    佐藤嘉幸; 廣瀬純
    第32回新潟大学哲学セミナー、新潟大学/2018-11-02--2018-11-02
  • 上部構造の相対的自律か、経済決定論か——『人種・国民・階級』におけるバリバールとウォーラーステイン
    佐藤嘉幸
    社会思想史学会第43回大会、東京外国語大学/2018-10-28--2018-10-28
  • 『アセンブリ』へのコメント(2)
    佐藤嘉幸; 清水知子
    バトラー『アセンブリ』読書会、AMSEA、東京大学本郷キャンパス/2018-07-29--2018-07-29
  • ドゥルーズ=ガタリと68年5月
    佐藤嘉幸; 廣瀬純
    連続セミナー「68年5月と私たち」、京都大学人文科学研究所/2018-05-24--2018-05-24
  • 『アセンブリ』へのコメント(1)
    佐藤嘉幸; 清水知子
    バトラー『アセンブリ』読書会、AMSEA、東京大学本郷キャンパス/2018-05-20--2018-05-20
  • Injustice After the Accident at the Fukushima Nuclear Power Plant
    SATO Yoshiyuki; TAGUCHI Takumi
    Symposium "What kind of philosophy is possible aftter Fukushima ?", Universität Freiburg/2018-03-28--2018-03-28
  • Philosophie de la sortie du nucléaire
    SATO Yoshiyuki; TAGUCHI Takumi; KIMURA Saeko; TONAKI Yote...
    Table ronde "Philosophie de la sortie du nucléaire", INALCO, Paris/2018-03-27--2018-03-27
担当授業科目
2021-04 -- 2021-06文化構造論-2IIB筑波大学
2021-10 -- 2021-12表現文化領域比較文化研究筑波大学
2021-10 -- 2022-02論文演習IIIB筑波大学
2021-10 -- 2021-12現代文化学論文演習IIB筑波大学
2021-04 -- 2021-08学術成果公開演習 IIA筑波大学
2021-10 -- 2022-02応用フランス語講読B筑波大学
2021-04 -- 2021-06文化構造論-2IIA筑波大学
2021-10 -- 2022-02学術成果公開演習 IIB筑波大学
2021-04 -- 2021-06現代文化学論文演習IIA筑波大学
2021-10 -- 2021-12文化創造論演習VI筑波大学
一般講演
  • いばらき原発県民投票運動が露呈した代表制民主主義の諸問題
    佐藤嘉幸
    日本共産党茨城県委員会「夏季議員研修会」、2020年8月6日/2020-08-06--2020-08-06
  • 対話を可能にするために:原子力話法/脱原発話法を超えて(渋谷敦司、徳田太郎との対話)
    佐藤嘉幸; 渋谷敦司; 徳田太郎
    いばらき原発県民投票オンラインフェス、https://www.facebook.com/ibarakitohyo/?epa=SEARCH_BOX/2019-12-01--2019-12-01
  • ミシェル・フーコーと新自由主義
    佐藤嘉幸
    講義「現代思想論」、新潟大学/2018-11-02--2018-11-02
  • 『脱原発の哲学』は語る、第3回「ポスト核時代を展望する」
    佐藤嘉幸; 田口卓臣; 前田朗
    平和力フォーラム横浜・第4弾、スペース・オルタ(横浜)/2018-02-18--2018-02-18
  • 『脱原発の哲学』は語る、第2回「原発が壊す社会と人間」
    佐藤嘉幸; 田口卓臣; 前田朗
    平和力フォーラム横浜・第4弾、スペース・オルタ(横浜)/2018-01-21--2018-01-21
  • ドゥルーズ=ガタリとは誰だったのか?
    佐藤嘉幸; 廣瀬純; 江川隆男
    『三つの革命――ドゥルーズ=ガタリの政治哲学』刊行記念トークショー、八重洲ブックセンター(東京)/2018-01-16--2018-01-16
  • 『脱原発の哲学』をめぐって
    佐藤嘉幸
    オーサービジット、東邦大学付属東邦高校/2018-01-09--2018-01-09
  • 『脱原発の哲学』は語る、第1回「避難の権利を確立するために」
    佐藤嘉幸; 田口卓臣; 前田朗
    平和力フォーラム横浜・第4弾、スペース・オルタ(横浜)/2017-12-17--2017-12-17
  • 脱原発の哲学、第6回「脱原発と民主主義」
    佐藤嘉幸
    世田谷市民大学/2017-11-11--2017-11-11
  • 脱原発の哲学、第2回「原発をめぐるイデオロギー」
    佐藤嘉幸
    世田谷市民大学/2017-10-14--2017-10-14
  • 脱原発の哲学、第1回「原発と核兵器」
    佐藤嘉幸
    世田谷市民大学/2017-10-07--2017-10-07
  • 脱原発シンポジウム「さあ!脱原発の哲学を問おう!」
    佐藤嘉幸; おしどりマコ; 村田弘
    脱原発市民会議かながわ、スペース・オルタ(横浜)、https://www.youtube.com/watch?v=2p_gzQqNJlA/2017-06-11--2017-06-11
  • La philosophie (géo)politique de Deleuze et Guattari
    SATO Yoshiyuki
    Séminaire « Politiques de la géophilosophie : capitalisme et colonialisme » tenu par Matthieu Renault et Guillaume Sibertin-Blanc, Université Paris 8/2017-03-29--2017-03-29
  • 脱原発と民主主義・平和の構築
    佐藤嘉幸
    茨城県九条連、東海文化センター/2017-01-22--2017-01-22
  • 原子力発電の技術的・社会的本質とは何か
    佐藤嘉幸
    「科学・生命倫理ワークショップ」、茗渓学園中学校高等学校、https://www.milive-plus.net/authorvisit2017report/06//2016-06-01--2016-06-01
  • 科学批判から脱原発の哲学へ
    佐藤嘉幸
    トークライブ「科学批判から脱原発の哲学へ」、八重洲ブックセンター、東京/2016-04-08--2016-04-08
  • 安保法制の議論を通じて明らかになったこと
    佐藤嘉幸
    「安保法制について考える討論集会(2)」、筑波大学/2015-10-15--2015-10-15
  • なぜ安保法制に反対するのか
    佐藤嘉幸
    「安保法制について考える討論集会」、筑波大学/2015-08-04--2015-08-04
  • 新自由主義時代の権力と抵抗
    佐藤嘉幸
    『権力と抵抗』、『新自由主義と権力』をめぐる金相雲との討議、 Humanitas出版ブックカフェ(ソウル)/2014-07-10--2014-07-10
  • Quelle philosophie est possible après Fukushima ?
    Yoshiyuki SATO
    Séminaire LabTop (Laboratoire Theories de Politique), organisé par Vanessa Nurock et Thomas Brisson, Université Paris VIII/2013-04-08--2013-04-08
  • 不透明な世界を生きる——脱原発と自律社会
    岩田渉; 佐藤嘉幸
    「ゲンパツイラナイ」展関連企画、千年一日珈琲焙煎所(つくば市)/2012-07-14--2012-07-14
  • L'enseignement sous le régime néolibéral
    Yoshiyuki SATO
    Séminaire "L'université comme architecture (ir)rationnelle de la philosophie" tenu par Yuji Nishiyama, Collège International de Philosophie, Paris/2012-03-29--2012-03-29
  • 主体化=服従化する禁止の法―バトラー『権力の心的な生』とアルチュセール、フーコー
    佐藤嘉幸
    東京大学UTCP、東京大学駒場キャンパス/2012-02-27--2012-02-27
  • 規律的統治から新自由主義的統治へ―後期フーコーと権力の諸問題
    佐藤嘉幸
    第10回新潟大学哲学セミナー/2011-11-25--2011-11-25
  • 脱構築と精神分析―「フロイトとエクリチュールの舞台」を読む
    佐藤嘉幸
    講義「脱構築入門」、新潟大学人文学部/2011-11-25--2011-11-25
学協会等委員
2021-05 -- 2021-05いばらき原発県民投票の会「県の人と話そう!広域避難計画」司会
2018-10 -- 2018-10社会思想史学会第43回大会、「デリダ『嘘の歴史 序説』から見るアレントの嘘論」(発表者・和田隆之助)発表司会
2017-11 -- 2017-11社会思想史学会第42回大会、「「思弁」をめぐるフロイトのアンビヴァレンス——サラ・コフマン『「大変な のは最初の一歩にすぎません」』を読む」(発表者・フィヨル入江容子)発表司会
2017-04 -- 2021-03京都大学人文科学研究所共同研究「フーコー研究」班員
2016-10 -- 2016-10社会思想史学会第41回大会、「ミシェル・フーコーの戦争概念について」(発表者・清水雄大)発表司会
2016-04 -- (現在)雑誌『Actuel Marx』日本通信員
2016-04 -- 2019-03社会思想史学会幹事
2015-02 -- 2015-02筑波大学映画『フタバから遠く離れて』第一部・第二部 企画上映、比文プロジェクト
2015-02 -- 2015-02慶應義塾大学ワークショップ『フランスから見たフクシマ/フクシマから見たフランス』コメンテーター
2014-11 -- 2014-11筑波大学映画『イヌミチ』企画上映・ディスカッサント、比文プロジェクト
学内管理運営業績
2021-04 -- 2022-03比較文化学類キャリア支援委員長
2021-04 -- 2022-03大学院現代文化サブプログラムカリキュラム委員
2020-04 -- (現在)大学本部等事業場安全衛生委員
2019-04 -- 2019-09大学院現代語・現代文化専攻親睦会委員
2018-04 -- 2019-03AC/バカロレア入試委員
2017-04 -- 2018-03人文社会系研究推進室員
2015-04 -- 2019-03大学院現代語・現代文化専攻カリキュラム委員
2015-04 -- 2019-03比較文化学類クラス担任
2015-04 -- 2016-03比較文化学類文化創造論コース世話人
2014-04 -- 2015-03比較文化学類カリキュラム・ガイダンス委員、文化創造論コース世話人

(最終更新日: 2021-10-19)