現在地

森 正夫(モリ マサオ; Mori, Masao)

所属
計算科学研究センター
職名
准教授
性別
男性
科研費番号
10338585
URL
研究室
計算科学研究センター
研究分野
天文学
研究キーワード
銀河形成論
計算物理学
研究課題
並列計算機で探る宇宙の物質循環過程2003 -- 2004森正夫日本私立学校振興・共済事業団/学術研究振興資金20,730,000円
理論と観測の融合による銀河発生学の探究2009 -- 2012日本学術振興会/基盤研究(A)27,560,000円
高精度ハイブリッドシミュレーションで探る銀河の発生学2006 -- 2009日本学術振興会/基盤研究(C)4,420,000円
輻射流体シミュレーションによる銀河系統樹の構築2013 -- 2018森 正夫日本学術振興会/基盤研究(C)5,200,000円
学歴
1992-04 -- 1997-03名古屋大学 理学研究科修了
取得学位
1997-03博士(理学)名古屋大学
所属学協会
1992 -- (現在)日本天文学会
受賞
2013-03日本天文学会欧文報告論文賞Publications of the Astronomical Society of Japan (PASJ) に投稿・出版された優れた論文に送られる
論文
著書
  • The formation and evolution of dwarf galaxies: hydrodynamics and color gradient
    森 正夫
    1997-03
  • 宇宙史137億年の大事件ファイル
    森 正夫
    Newton ニュートン, 2010-05
  • The core-cusp problem in Cold Dark Matter halos and supernova feedback
    Ogiya Go; Mori Masao
    DECIPHERING THE ANCIENT UNIVERSE WITH GAMMA-RAY BURSTS, AMER INST PHYSICS, pp.403-405, 2010-01
  • Collision Tomography: the Progenitor of the Andromeda Stellar Stream and the Metallicity Gradient
    Miki Yohei; Mori Masao; Rich R. Michael
    DECIPHERING THE ANCIENT UNIVERSE WITH GAMMA-RAY BURSTS, AMER INST PHYSICS, pp.382-384, 2010-01
  • Metal enrichment in supernova-dominated high-z galaxies
    Mori Masao; Umemura Masayuki; Yajima Hidenobu
    DECIPHERING THE ANCIENT UNIVERSE WITH GAMMA-RAY BURSTS, AMER INST PHYSICS, pp.52-59, 2010-01
  • Evolution of Lyman-alpha Emitters, Lyman-break Galaxies and Elliptical Galaxies
    Mori Masao; Umemura Masayuki
    PANORAMIC VIEWS OF GALAXY FORMATION AND EVOLUTION, PROCEEDINGS, ASTRONOMICAL SOC PACIFIC, pp.288-289, 2008-01
  • Escape Fraction of Ionizing Photons from High-z Proto-Galaxy
    Yajima Hidenobu; Umemura Masayuki; Mori Masao; Nakamoto T...
    PANORAMIC VIEWS OF GALAXY FORMATION AND EVOLUTION, PROCEEDINGS, ASTRONOMICAL SOC PACIFIC, pp.70-71, 2008-01
  • A Supernova-driven Wind Model for High-z Galaxies
    Mori Masao; Umemura Masayuki; Yajima Hidenobu
    10TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ORIGIN OF MATTER AND EVOLUTION OF GALAXIES, AMER INST PHYSICS, pp.430-432, 2010-01
  • The core-cusp problem in CDM halos and supernova feedback
    Ogiya Go; Mori Masao
    10TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ORIGIN OF MATTER AND EVOLUTION OF GALAXIES, AMER INST PHYSICS, pp.421-423, 2010-01
  • Collision tomography: the progenitor of the Andromeda stellar stream and the metallicity gradient
    Miki Yohei; Mori Masao; Rich R. Michael
    10TH INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ORIGIN OF MATTER AND EVOLUTION OF GALAXIES, AMER INST PHYSICS, pp.400-402, 2010-01
会議発表等
  • Effects of periodic supernova feedbacks on the formation of UDGs and the cusp-to-core transformation in CDM halos
    Kato Kazuki
    6th Galaxy Evolution Workshop/2019-06-05--2019-06-07
  • Transonic galactic outflows in starburst galaxies
    Igarashi Asuka
    Tokyo Spring Cosmic Lyman-Alpha Workshop/2019-03-27--2019-03-30
  • 星形成銀河からのアウトフローによる質量流束
    五十嵐朱夏
    日本天文学会2019年春季年会/2019-03-13--2019-03-17
  • Transonic outflow モデルにおける銀河風の遷音速および常亜音速流の存在可能性
    永野裕太
    日本天文学会2019年春季年会/2019-03-13--2019-03-17
  • 星形成銀河からのアウトフローの遷音速解析
    五十嵐朱夏
    日本天文学会2018年秋季年会/2018-09-19--2018-09-21
  • Dark satellite と矮小銀河の衝突シミュレーション
    宮川銀次郎
    日本天文学会2018年秋季年会/2018-09-19--2018-09-21
  • コールドダークマターハロー中の銀河風の線形安定性解析
    永野裕太
    日本天文学会2018年秋季年会/2018-09-19--2018-09-21
  • SCF 法によるダークマターハローのcusp-core 遷移過程の解析
    加藤一輝
    日本天文学会2018年秋季年会/2018-09-19--2019-09-21
  • ダークマターハローのユニバーサルスケーリング関係
    森正夫
    日本天文学会2018年秋季年会/2018-09-19--2019-09-21
  • アルマ望遠鏡によるz = 3 巨大水素ガス天体のサブミリ連続波観測
    松田有一 伊王野大介 川邊良平 久保真理子 中西康一郎 太田耕...
    日本天文学会 2017年秋季年会/2017-09-11--2017-09-13
  • 低赤方偏移銀河間物質の観測による初代星起源金属汚染の検出可能性
    桐原崇亘 梅村 雅之 森 正夫 長谷川 賢二 石山 智明 鈴木 尚...
    日本天文学会 2017年秋季年会/2017-09-11--2017-09-13
  • アルマ望遠鏡によるSSA22-LAB18 のCO(J=4-3) 輝線と3 mm連続波観測
    加藤裕太 松田有一 伊王野大介 川邊良平 久保真理子 但木謙一...
    日本天文学会 2018年春季年会/2018-03-14--2018-03-17
  • Hyper Suprime-Cam で探るアンドロメダ銀河の恒星ストリームとハロー構造
    小宮山裕 千葉柾司,田中幹人 田中賢幸 桐原崇亘,三木洋平 ...
    日本天文学会 2018年春季年会/2018-03-14--2018-03-17
  • 遷音速銀河風モデルと星形成銀河への応用
    五十嵐朱夏 森正夫,新田伸也
    日本天文学会 2018年春季年会/2018-03-14--2018-03-17
  • アンドロメダ銀河North-Western ストリームの形成過程
    桐原崇亘 三木洋平 森正夫,他
    日本天文学会 2018年春季年会/2018-03-14--2018-03-17
  • Integral Approachを用いた新しいGodunov SPH法の開発
    藤原隆寛 森正夫
    日本天文学会 2018年春季年会/2018-03-14--2018-03-17
  • Integral Approachによる、Density Independent SPH法とGodunov SPH法の改良
    Fujiwara Takahiro; Mori Masao
    日本天文学会2017年春季年会/2017-03
  • 銀河風の遷音速モデルと星形成銀河への応用
    Igarashi Asuka; Mori Masao; Nitta Shin-Ya
    日本天文学会2017年春季年会/2017-03
  • M31 におけるマイナーマージャー現象を用いた銀河の内部構造の研究
    Kirihara Takanobu; Miki Yohei; Mori Masao
    日本天文学会2017年春季年会/2017-03
  • 星形成銀河からのアウトフローの理論モデル
    Igarashi Asuka; Mori Masao; Nitta Shin-Ya
    Galaxy-IGM研究会/2016-12
  • MUSCL-Godunov-SPH法への流速制限関数の実装
    Fujiwara Takahiro; Mori Masao
    日本流体力学会2016年会/2016-09
  • MUSCL法を用いたGodunov SPH法の高次精度化
    Fujiwara Takahiro; Mori Masao
    日本天文学会2016年秋季年会/2016-09
  • Cusp-core問題における周期的なSNフィードバックによる重力場変動とDMHの中心密度分布の関連性
    Kato Kazuki; Mori Masao; Ogiya Go
    日本天文学会2016年秋季年会/2016-09
  • M31 North-Westernストリームの母矮小銀河の軌道探査
    Kirihara Takanobu; Miki Yohei; Mori Masao
    日本天文学会2016年秋季年会/2016-09
  • 遷音速銀河風モデルによる星形成率と銀河風速度の関係
    Igarashi Asuka; Mori Masao; Nitta Shin-Ya
    日本天文学会2016年秋季年会/2016-09
担当授業科目
2018-04 -- 2018-08宇宙物理学筑波大学
2018-10 -- 2018-12物理学セミナー筑波大学
2018-10 -- 2019-02物理学実習I筑波大学
2018-10 -- 2019-02物理学実習II筑波大学
2018-10 -- 2019-02物理学インターンシップI筑波大学
2018-10 -- 2019-02物理学インターンシップII筑波大学
2018-04 -- 2018-08物理学実習I筑波大学
2018-04 -- 2018-08物理学実習II筑波大学
2018-04 -- 2018-08物理学インターンシップI筑波大学
2018-04 -- 2018-08物理学インターンシップII筑波大学
授業以外の教育活動
2010-04 -- 2011-04平成22年度理数学生応援プロジェクト(文部科学省委託事業)筑波大学
一般講演
  • 宇宙の果てと七夕の夜空
    森 正夫
    七夕講演会  宇宙の誕生から惑星形成まで/2009-07-04
学協会等委員
2009-06 -- (現在)宇宙 (天文) を学べる大学”合同進学説明会(大阪地区)
2009-06 -- (現在)“宇宙(天文)を学べる大学”合同進学説明会(東北地区)
2008-04 -- (現在)計算基礎科学連携拠点企画運営委員
2009-06 -- (現在)宇宙 (天文) を学べる大学”合同進学説明会(大阪地区)

(最終更新日: 2019-06-21)