現在地

谷口 伸彦(タニグチ ノブヒコ; Taniguchi, Nobuhiko)

所属
数理物質系
職名
准教授
生年月
1963-06
研究分野
数理物理・物性基礎
研究キーワード
ナノ物理系の量子物性
量子ドット
量子カオス系および量子相転移現象
研究課題
ナノ量子系の量子熱電輸送と非平衡量子熱力学2019 -- 2021谷口 伸彦日本学術振興会/基盤研究(C)3,120,000円
物質のゲージ理論とナノ系非平衝量子輸送現象2014 -- 2017谷口 伸彦日本学術振興会/基盤研究(C)2,210,000円
半導体ナノ構造系における量子物性・量子輸送現象 -- (現在)/
量子相転移の理論的研究 -- (現在)/
量子カオスの理論的研究 -- (現在)/
メゾスコピック系に関する理論的研究 -- (現在)/
スピン・電荷制御非平衡ナノ量子素子の有効理論の研究2010 -- 2012日本学術振興会/基盤研究(C)1,800,000円
等エネルギー面上の場の理論の研究:量子カオスから量子的複雑流体・量子相転移へ  2005 -- 2007日本学術振興会/萌芽研究2,535,000円
学歴
-- 1986東京大学 工学部 物理工学
-- (?)東京大学 工学系研究科 物理工学中退
取得学位
博士(工学)東京大学
所属学協会
2000-01 -- (現在)American Physical Society
2000-01 -- (現在)日本物理学会
論文
著書
  • 物理学B3講義ノート
    谷口 伸彦
    2004-12
  • 数理物理特論1講義ノート
    谷口 伸彦
    2009-04
  • 物性物理2講義ノート
    谷口 伸彦
    2009-10
  • 筑波大学OCWへの公開「物理学B3」
    谷口 伸彦
    2010-04
  • 数理物理特論1講義ノート
    谷口 伸彦
    2010-04
  • 凝縮系物理における場の理論(下)第二版
    新井正男; 井上純一; 鈴浦秀勝; 田中秋広; 谷口伸彦
    吉岡書店, 2012-12
  • 凝縮系物理における場の理論(上)
    新井正男; 井上純一; 鈴浦秀勝; 田中秋広; 谷口伸彦
    吉岡書店, 2009-11
  • 凝縮系物理における場の理論(中)
    新井正男; 井上純一; 鈴浦秀勝; 田中秋広; 谷口伸彦
    吉岡書店, 2010-02
  • 凝縮系物理における場の理論(下)
    新井正男; 井上純一; 鈴浦秀勝; 田中秋広; 谷口伸彦
    吉岡書店, 2010-05
  • 凝縮系物理における場の理論(上)第二版
    新井正男; 井上純一; 鈴浦秀勝; 田中秋広; 谷口伸彦
    吉岡書店, 2012-06
会議発表等
  • Enhanced thermoelectricity and steady-state thermodynamics of a quantum dot embedded in networked reservoirs
    Taniguchi Nobuhiko
    American Physical Society March Meeting/2021-03-15--2021-03-19
  • 非線形熱電輸送と定常熱力学へのS行列アプローチと拡張
    谷口 伸彦
    日本物理学会第76回年次大会/2021-03-12--2021-03-15
  • ナノ系の非線形熱電輸送と非平衡熱力学
    谷口 伸彦
    日本物理学会2020年秋季大会/2020-09-08--2020-09-11
  • Controlling nonlinear thermoelectricity of a quantum dot by quantum interference
    Taniguchi Nobuhiko
    APS March Meeting/2020-03-02--2020-03-06
  • AC 磁束量子ドット干渉計の動的量子輸送
    谷口 伸彦
    日本物理学会第75回年次大会/2020-03-16--2020-03-19
  • 量子ドット干渉計における非線形熱電特性の最適化
    谷口 伸彦
    日本物理学会第75回年次大会/2020-03-16--2020-03-19
  • 量子ドット干渉計における非線形熱電輸送の量子制御
    谷口 伸彦
    日本物理学会 2019 年秋季大会/2019-09-10--2019-09-13
  • ナノ系非平衡定常状態の量子輸送と熱力学形式
    谷口 伸彦
    日本物理学会2018年秋季大会/2018-09-09--2018-09-12
  • 時間変動AB磁束による量子ドット干渉計の量子輸送フロケエンジニアリング
    今井翔貴; 谷口 伸彦
    日本物理学会第74回年次大会/2019-03-14--2019-03-17
  • ナノ系定常状態の非平衡量子熱力学
    谷口 伸彦
    日本物理学会2017年秋季大会/2017-09-24
  • Quantum thermodynamics of nanoscale steady states far from equilibrium
    Taniguchi Nobuhiko
    March Meeting of the American Physical Society/2018-03-05--2018-03-09
  • Analytical results for locally interacting systems: How strong fluctuations of emergent gauge fields affect charge-blocking physics
    Taniguchi Nobuhiko
    American Physical Society March Meeting/2017-03-13--2017-03-17
  • 非平衡量子ドット系における位相揺らぎの解析的評価:クーロン閉塞と近藤効果
    新井 和明; 谷口 伸彦
    日本物理学会第72回年次大会/2017-03-17--2017-03-20
  • 局所相互作用計の汎関数積分厳密評価とモット絶縁性の自由量子描像
    谷口 伸彦
    日本物理学会 2016年秋季大会/2016-09-13--2016-09-16
  • Effective field theory in disordered and quantuum chaotic systems (almost) without the ensemble averaging
    谷口伸彦
    東工大学/2003-12-01
  • 量子カオス系としての半導体量子ドット系
    谷口伸彦
    数理物質科学コロキウム/2003-10-01
  • 量子ドット系における量子カオス性と電子間相互作用
    谷口伸彦
    筑波大学物理学セミナー/2006-10-25
  • Low energy effective interaction of XXZ spin interaction in the two-dimensional quantum dot
    Hamatani M; Taniguchi N
    1st International Symposium on Nanomet-Scale Quantum Physics/2005-01-26--2005-01-28
担当授業科目
2021-10 -- 2022-02理科教育論筑波大学
2021-04 -- 2021-08理科教育論筑波大学
2021-04 -- 2021-08物性理論特別研究VB筑波大学
2021-04 -- 2021-08共同研究V筑波大学
2021-10 -- 2022-02共同研究V筑波大学
2021-10 -- 2022-02物性理論セミナーD筑波大学
2021-04 -- 2021-08物性理論特別研究IVA筑波大学
2021-04 -- 2021-08物理学実習II筑波大学
2021-10 -- 2022-02物理学実習II筑波大学
2021-04 -- 2021-08物性理論セミナーA筑波大学
授業以外の教育活動
2005-12 -- 2011-03科学英語教育筑波大学
2004-04 -- 2008-03物理専攻クラス筑波大学
2000-04 -- 2008-03独自アンケートの実施筑波大学
一般講演
  • Wigner-Dyson correlation without ensemble averaging
    谷口伸彦
    京大基研「物性理論と場の理論」
  • 非平衡量子ドット系の計数場ワード恒等式
    谷口伸彦
    日本物理学会/2012-09-20
  • Critical exponent of the plateau transition in the integer quantum hall effect
    谷口 伸彦
    International conference on topological quantum phenomena/2012-05-01
  • Spin current manipulation through a Rashba dot by tunable nonequlibrium Fano-Kondo effect
    N. Taniguchi
    26th International Conference on Low Temperature Physics/2011-08-01
  • 量子ドット系における計数統計とslave-boson法の拡張
    根元太郎; 谷口伸彦
    日本物理学会/2012-03-01
  • 非平衡量子ドット系の計数場依存性:汎関数繰り込み群による考察
    谷口伸彦
    日本物理学会/2012-03-01
  • 斜行磁場下におけるAB干渉計のファノ近藤効果とスピン制御
    根元太郎; 谷口伸彦
    日本物理学会/2011-03-01
  • 非平衡ラシュバ量子ドットの有効場理論とファノ近藤効果
    谷口伸彦
    日本物理学会/2011-03-01
  • 量子ドット系のファノ近藤効果とスピン操作II
    谷口伸彦; 根元太郎
    日本物理学会/2010-09-01
  • 量子ドット系のファノ近藤効果とスピン操作
    磯崎健太; 谷口伸彦
    日本物理学会/2010-03-01
  • ABリング・ドット系におけるクーロン電子相関と近藤温度の磁束依存性
    谷口伸彦; 磯崎健太
    日本物理学会/2010-03-01
  • Finite-bias effect in quantum transport through capacitively coupled double quantum dots
    Haruka Oguchi; Nobuhiko Taniguchi
    International Symposium on Advanced Nanodevices and Nanotechnology (ISANN2009)/2009-12-01
  • 二重軌道縮退量子ドット系のショットノイズ:軌道間クーロン相互作用の影響
    小口悠; 谷口伸彦
    日本物理学会/2009-09-01
  • Magnetism Localization and Hole Localization in Fermionic Atoms Loaded on Optical Lattice
    M. Okumura; S. Yamada; N. Taniguchi; and M. Machida
    APS March Meeting/2009-03-01
  • ABリング系における近藤温度のリングサイズ依存性
    磯崎健太; 小口悠; 谷口伸彦
    日本物理学会/2009-03-28
  • 軌道縮退量子ドット系におけるクーロン相互作用の軌道非対称性と有限バイアス効果
    小口悠; 谷口伸彦
    日本物理学会/2009-03-30
  • 軌道縮退量子ドット系の拡張スレーブボゾン平均場近似による解析:軌道間クーロン相互作用の効果
    小口悠; 谷口伸彦
    日本物理学会/2008-09-21
  • Hole Localization in Doped Anderson-Hubbard Model:DMRG Studies for 1-D and n-leg ladder models
    M. Okumura; S. Yamada; N. Taniguchi; M. Machida
    YKIS 2007/2007-11-01
  • Hole Localization in Strongly-Correlated and Disordered Systems: DMRG Studies for 1-D and n-leg ladder Random Hubbard Models
    M. Okumura; S. Yamada; N. Taniguchi; M. Machida
    ISSP2007/2007-04-01
  • An analysis on quantum nano systems using an improved EOM method: Orbital degenerated quantum dots
    小口悠; 谷口伸彦
    ICYS-ICMR Summer School on Nanomaterials/2007-07-01
  • Rashba結合によるナノスピン干渉計と帯電効果
    小口悠; 谷口伸彦
    日本物理学会/2008-03-01
  • Random Matrix Theory, viewpoints of mesoscopic physics
    N. Taniguchi
    Workshop on Random matrix theory/2000-04-01
  • Toward a nonperturbative beta-function in quantum Hall effect: RG flows compatible with law of corresponding states
    N. Taniguchi
    Localization 1999, International conference on quantum transport and quantum coherence/1999-08-01
  • Two-dimensional localization detected by the imaginary vector potential
    N. Taniguchi
    Localization 2002, International conference on quantum transport and quantum coherence/2002-08-01
  • Dynamical conductivity and localization corrections in small and large quantum dots and disordered systems
    N. Taniguchi
    23rd International Conference on Low Temperature/2002-08-01
学協会等委員
2000-04 -- (現在)日本物理学会論文査読
学内管理運営業績
2020-10 -- 2020-12数理物質系系長意向調査委員会副委員長
2020-04 -- 2022-03数理物質研究科学生相談室学生相談委員
2019-04 -- 2023-03筑波大学出版会編集委員会編集委員
2019-04 -- 2023-03筑波大学出版会運営委員会運営委員
2015-04 -- 2020-03ダイバーシティー・アクセシビリチィー担当委員ダイバーシティー・アクセシビリチィー担当委員
2004-04 -- 2008-03物理専攻担任物理専攻担任
2006-04 -- 2007-03就職担当委員就職担当委員

(最終更新日: 2021-08-20)