Nagatomo Shigenori

Affiliation
Faculty of Pure and Applied Sciences
Official title
Assistant Professor
ORCID
0000-0003-4753-9516
Birth date
1968-02
URL
Email
+C6<6IDBDXgc8=:BaIHJ@J76a68a?En
Office
筑波大学 数理物質系 化学域 中谷研究室
Phone
029-853-2502
Fax
029-853-2501
Research fields
Bio-related chemistry
Research keywords
bioinorganic chemistry
hemoglobin
oxygen
cooperativity
affinity
vibrational spectroscopy
heme protein
resonance Raman spectroscopy
silica gel
micropore
Research projects
細孔内に取りこまれたヒト成人ヘモグロビンの機能発現おけるGHz, THz領域の主鎖のゆらぎの実験的検証2020-05 -- 2021-03長友重紀2020年度福井大学遠赤外領域開発研究センター/共同研究公募(採択)//172,000Yen
低誘電率細孔内に閉じ込めたヘモグロビンの機能とそのTHz,GHz主鎖振動の観測2020 -- 2022長友 重紀Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,290,000Yen
細孔内に取りこまれたヒト成人ヘモグロビンの機能発現おけるGHz, THz領域の主鎖のゆらぎの実験的検証2019-05 -- 2020-03長友重紀2019年度福井大学遠赤外領域開発研究センター/共同研究公募(採択)//152,000Yen
細孔内に取りこまれたヒト成人ヘモグロビンの機能発現おけるGHz, THz領域の主鎖のゆらぎの実験的検証2018-05 -- 2019-03長友重紀平成30年度福井大学遠赤外領域開発研究センター/共同研究公募(採択)/154,000Yen
ヒト成人ヘモグロビンの酸素親和性制御に寄与するGHz領域振動の実験的検証2017-05 -- 2018-03長友重紀平成29年度福井大学遠赤外領域開発研究センター/共同研究公募(採択)/129,540Yen
ヘモグロビン協同性発現へのタンパク質の大振幅揺らぎと低波数振動の寄与の実験的検証2017 -- 2019長友 重紀Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,550,000Yen
ヒト成人ヘモグロビンの協同的酸素結合機能発現における遠赤外領域振動の差異の実験的検証2016-05 -- 2017-03Shigenori Nagatomo平成28年度福井大学遠赤外領域開発研究センター/共同研究公募(採択)/112,000Yen
ヒト成人ヘモグロビンの協同的酸素結合機能発現における遠赤外領域振動の差異の実験的検証2015-05 -- 2016-03長友重紀平成27年度福井大学遠赤外領域開発研究センター/共同研究公募(採択)/131,000Yen
ヒト成人ヘモグロビンの協同的酸素結合機能発現における遠赤外領域振動の差異の実験的検証2014-05 -- 2015-03Shigenori Nagatomo平成26年度福井大学遠赤外領域開発研究センター/共同研究公募(採択)/142,000Yen
Career history
1995-10 -- 2001-01分子科学研究所文部技官技術課
2001-01 -- 2003-09分子科学研究所文部科学技官技術課
2003-10 -- 2003-11分子科学研究所分子構造研究系助手
2003-12 -- 2004-03筑波大学化学系講師
2004-04 -- 2011-09筑波大学数理物質科学研究科化学専攻講師
2011-10 -- (current)筑波大学 数理物質系 化学域 講師
2017-06 -- 2020-03(筑波大学 教育研究科 理科教育コース兼任)
2017-08 -- (current)(筑波大学 研究基盤総合センター分析部門兼任)
2020-04 -- (current)(教育学学位プログラム(前期)次世代学校教育創成サブプログラム理科教育領域兼任)
Academic background
1986-04 -- 1990-03Osaka University Faculty of Science Chemistry
1990-04 -- 1992-03Osaka University Graduate School, Division of Natural Science 無機および物理化学専攻
1992-04 -- 1995-09Osaka University Graduate School, Division of Natural Science inorganic and physical chemistry
Degree
2003-03Doctor of PhilosophyThe Graduate University for Advanced Studies
Licenses and qualifications
2014-03危険物取扱者甲種
2004-02有機溶剤作業主任者
2004-01普通第一種圧力容器取扱作業主任者
1993-05高等学校教諭専修免許状理科
Academic societies
1994 -- (current)THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN
1996 -- (current)Chemical Society of Japan
1996 -- (current)THE BIOPHYSICAL SOCIETY OF JAPAN
2008 -- (current)The Nuclear Magnetic Resonance Society of Japan
2019 -- (current)THE JAPAN SOCIETY FOR ANALYTICAL CHEMISTRY
Honors & Awards
2004-03The Best Article of the Month : The Editorial Board as the best article in the No.1 issue of the Bull. Chem. Soc. Jpn
Articles
Books
  • in Hemoglobin: Recent Developments and Topics
    Shigenori Nagatomo; Masako Nagai; and Teizo Kitagawa
    Nagai, M. ed., Chapter 3, Research Signpost, Kerala, India, 2011-07
Conference, etc.
  • 超音波-重力複合場中の粒子解離挙動を利用した平衡定数の半定量
    宮川 晃尚; 押山健悟; 長友重紀; 中谷清治
    日本分析化学会第71年会/2022-09-14--2022-09-16
  • ゼータ電位計測による粒子表面へのタンパク質吸着挙動の評価
    萩谷健太; 宮川 晃尚; 長友重紀; 中谷清治
    日本分析化学会第71年会/2022-09-14--2022-09-16
  • オキシン錯形成反応における分子クラウディング効果の熱力学的評価
    小松弘幸; 宮川 晃尚; 長友重紀; 中谷清治
    日本分析化学会第71年会/2022-09-14--2022-09-16
  • 多元素を含むモデル放射性廃液系における抽出剤含浸シリカゲルへのランタノイド分配過程の解析
    林直輝; 宮川 晃尚; 長友重紀; 中谷清治; 佐藤広盛; 新井剛; 安部弘; 長谷川健太; 渡部創; 佐野雄一
    第82回分析化学討論会/2022-05-14--2022-05-15
  • DNAのアミノ修飾シリカ粒子細孔内における拡散挙動の評価
    宮川 晃尚; 井手亮佑; 長友重紀; 中谷清治
    第82回分析化学討論会/2022-05-14--2022-05-15
  • メソポーラスシリカに対するミオグロビンの拡散係数の細孔径および緩衝液濃度依存性
    久能初陽; 長友重紀; 宮川 晃尚; 中谷清治
    第82回分析化学討論会/2022-05-14--2022-05-15
  • レーザー捕捉・顕微分光法による ODSシリカゲル/アセトニトリル-水混合溶媒系における物質移動過程 の解析
    山田一輝; 長友重紀; 宮川 晃尚; 中谷清治
    第82回分析化学討論会/2022-05-14--2022-05-15
  • 分子クラウディング環境下でのオキシン錯形成反応の熱力学的評価
    小松弘幸; 宮川 晃尚; 長友重紀; 中谷清治
    第82回分析化学討論会/2022-05-14--2022-05-15
  • 超音波ー重力複合場中の結合解離現象を利用した非修飾 DNAの微量計測
    押山健悟; 宮川 晃尚; 長友重紀; 中谷清治
    第82回分析化学討論会/2022-05-14--2022-05-15
  • ポリスチレン粒子表面修飾によるゼータ電位変化に基づいたタンパク質の微量計測
    萩谷健太; 宮川 晃尚; 長友重紀; 中谷清治
    第82回分析化学討論会/2022-05-14--2022-05-15
  • ゼータ電位計による粒子表面上タンパク質の定量
    萩谷 健太; 宮川 晃尚; 長友 重紀; 中谷 清治
    日本分析化学会第70年会/2021-09-22--2021-09-24
  • 微小油滴/硝酸溶液系におけるユウロピウムの抽出・逆抽出速度の硝酸イオン及びリン酸トリブチル濃度依存性
    草野 祐香; 宮川 晃尚; 長友 重紀; 中谷 清治; 佐野 雄一
    日本分析化学会第70年会/2021-09-22--2021-09-24
  • 分子クラウディング環境のオキシン錯形成定数への影響
    小松 弘幸; 宮川 晃尚; 長友 重紀; 中谷 清治
    日本分析化学会第70年会/2021-09-22--2021-09-24
  • 超音波ー重力複合場中のガラス基板固定粒子の解離挙動に基づくDNAセンシング
    押山 健悟; 宮川 晃尚; 長友 重紀; 中谷 清治
    日本分析化学会第70年会/2021-09-22--2021-09-24
  • (CH3NH3)5Bi2Cl11結晶におけるメチルアンモニウムイオンのダイナミクス
    長友 重紀; 武田 定; 山口 兆; 岩田 真; 石橋 善弘
    日本物理学会第49回年会(1994年)/1994-03-28--1994-03-31
  • イミダゾール結晶における一次元水素結合鎖中のプロトンダイナミクスへの部分重水素化効果
    長友 重紀; 武田 定; 山口 兆
    分子構造総合討論会1993年/1993-10-08--1993-10-11
  • imidazole及びその誘導体の結晶相における水素結合中の水素原子の運動
    長友 重紀; 武田 定
    分子構造総合討論会1991年/1991-11-20--1991-11-23
  • 超音波放射力によるDNA二重鎖の解離を利用した微量計測
    押山 健悟; 宮川 晃尚; 長友 重紀; 中谷 清治
    第81回分析化学討論会/2021-05-22--2021-05-23
  • 分子クラウディング環境下におけるオキシン錯形成反応の評価
    小松 弘幸; 宮川 晃尚; 長友 重紀; 中谷 清治
    第81回分析化学討論会/2021-05-22--2021-05-23
  • 細孔内に取りこまれたヒト成人ヘモグロビンの機能発現におけるGHz, THz領域の主鎖のゆらぎの実験的検証
    長友重紀
    2020年度福井大学遠赤外領域開発研究センター共同研究成果報告会/2021-03-10--2021-03-10
  • ヘモグロビンM IwateとM Bostonにおけるヘム-チロシン結合の振動分光,結晶構造,理論計算による解析
    長友重紀; 寺田拓人; 庄司光男; 重田育照; 中谷清治; 廣田俊; 北川禎三; 長井雅子; 大木規央; 朴三用; 柴山修哉
    第47回生体分子科学討論会(オンライン)/2021-06-04--2021-06-05
  • 高TBP濃度条件を対象とした顕微分光法による 抽出・逆抽出速度評価
    草野 祐香; 宮川 晃尚; 長友 重紀; 中谷 清治; 長谷川 健太; 佐野 雄一
    日本原子力学会2021年春の年会/2021-03-17--2021-03-19
  • MA/Ln分離用吸着材を対象とした顕微分光測定による 吸着溶離速度評価
    崩 愛昌; 宮川 晃尚; 長友 重紀; 中谷 清治; 吉田 正明; 根元 脩平; 新井 剛; 安部 弘; 長谷川 ...
    日本原子力学会2021年春の年会/2021-03-17--2021-03-19
  • Separation of tetramer-dimer mixtures mutant hemoglobin by structural flexibility
    Shigenori Nagatomo; Teizo Kitagawa; Masako Nagai
    The 58th Annual Meeting of the Biophysical Society of Japan/2020-09-16--2020-09-18
  • 単一メソ多孔性シリカゲル微粒子/水系における亜鉛ミオグロビンの細孔内物質移動過程の細孔径依存性
    寺田 拓人; 風見 裕明; 宮川 晃尚; 長友 重紀; 中谷 清治
    第39回溶媒抽出討論会/2020-11-30
  • more...
Intellectural property rights
  • 超音波放射力による浮揚粒子計測に基づく超微量計測方法
    宮川 晃尚; 中谷清治; 長友重紀; 押山健悟
  • 平衡定数の半定量装置の開発
    宮川 晃尚; 中谷 清治; 長友 重紀; 押山 健悟
  • 超音波放射力による浮揚粒子計測に基づく超微量計測方法
    宮川 晃尚; 中谷 清治; 長友 重紀; 押山 健悟
Teaching
2022-04 -- 2022-08Research in Inorganic/Analytical Chemistry IVAUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-08Seminar in Analytical Chemistry IAUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Research in Analytical Chemistry IVAUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Seminar in Inorganic/Analytical Chemistry IAUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Special Lecture on Science EducationUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-08Special Lecture on Science EducationUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-08Seminar in Analytical Chemistry IIBUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Research in Inorganic/Analytical Chemistry IAUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-08Research in Inorganic/Analytical Chemistry IIIBUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Research in Inorganic/Analytical Chemistry VAUniversity of Tsukuba.
more...
Other educational activities
2022-06 -- 2022-06「科学の芽」の世界 part8 第II編 科学者からのメッセージ 執筆p161-162「科学の芽」賞実行委員会
2020-09 -- 2020-09令和2年度(2020年度) 教員免許状更新講習筑波大学
2017-02 -- 2017-02生化学III(非常勤講師)茨城大学
2010-02 -- 2010-02茗溪学園高等学校個人課題研究発表会における支援University of Tsukuba.
Talks
  • 紫外共鳴ラマン分光からみたCO、NO配位に伴うヒトヘモグロビンの四次構造変化でのα-ヘム,β-ヘムの役割の違い.四次構造変化においてα-ヘムのFe-近位His結合はどの程度重要か
    長友重紀
    分子科学研究所研究会「タンパク質の振動分光」/2000-06-22--2000-06-24
  • 共鳴ラマン分光法によるヒトヘモグロビンの高次構造変化のメカニズムの研究
    長友重紀
    法政大学マイクロ・ナノテクノロジー研究センター・セミナー The 9th Nano-Biology Forum:(第49回Bioinformatics研究会)/2005-09-22--2005-09-22
  • 生体高分子の機能制御におけるゆらぎの役割
    長友重紀
    つくばソフトマター研究会/2013-03-11--2013-03-11
  • ヘモグロビンの機能制御における四次構造変化、α鎖,β鎖の役割:共鳴ラマン分光による研究
    長友重紀
    第26回生物無機化学夏季セミナー(生物無機化学研究会)/2013-08-23--2013-08-25
  • ヒトヘモグロビンのリガンド結合による四次構造変化の紫外共鳴ラマン分光による評価
    北川禎三; 長友重紀; 長井雅子
    ____/2012-05-18--2012-05-19
University Management
2006-05 -- 2007-03安全管理委員会(自然学類化学専攻)安全管理委員会委員
2007-04 -- 2016-03安全管理委員会(化学類,化学域)安全管理委員会委員
2016-04 -- 2018-03安全管理委員会(数理物質系)安全管理委員会委員
2009-04 -- 2010-03高大(高校大学)連携委員会高大(高校大学)連携委員
2009-04 -- 2013-03クラス担任(理工学群化学類)クラス担任(理工学群化学類)
2010-02 -- 2010-02茗溪学園高等学校個人課題研究発表会座長
2011-04 -- 2015-03全学学群教職課程委員会全学学群教職課程委員会委員
2012-01 -- 2012-12キャリア支援担当キャリア支援担当教員(化学類)
2014-04 -- 2016-04広報委員会広報委員(理工学群化学類選出)
2017-08 -- (current)研究基盤総合センター分析部門運営委員会分析部門運営委員
more...

(Last updated: 2022-09-05)