現在地

小島 隆彦(コジマ タカヒコ; Kojima, Takahiko)

face
所属
数理物質系
職名
教授
ORCID
0000-0001-9941-8375
生年月
1962-05
URL
eメール
 
研究室
自然科学系B棟512号室
電話
029-853-4323, 029-853-4318
Fax
029-853-4323
研究分野
生体関連化学
グリーン・環境化学
無機化学
機能物性化学
研究キーワード
Ruthenium-pyridylamine complexes
Redox reactions
catalytic oxidation
プロトン共役電子移動
heteroaromatic coenzymes
non-planar porphyrin compounds
supramolecular chemistry
photoinduced electron transfer
研究課題
らせん不斉を有する錯体触媒の開発と不斉酸化反応への応用2019 -- 2020小島 隆彦日本学術振興会/新学術領域研究(研究領域提案型)4,810,000円
遷移金属錯体におけるプロトン共役電子移動2000-04 -- (現在)/
水溶液中における有害芳香族化 合物の酸化的分解と資源化2018 -- 2019小島 隆彦日本学術振興会/挑戦的研究(萌芽)6,240,000円
水溶液中における高効率・高選択的不斉酸化触媒反応の開発2017 -- 2018小島 隆彦日本学術振興会/新学術領域研究(研究領域提案型)4,940,000円
高原子価金属錯体の酸化反応特性と基質酸化反応機構制御要因の解明2017 -- 2019小島 隆彦日本学術振興会/基盤研究(B)18,980,000円
融合物質の構築と機能創出:人工光合成を指向した光酸化・還元触媒系の開発2016-06 -- 2017-03小島隆彦TIA:つくばイノベーションアリーナ/TIA連携プログラム探索推進事業『かけはし』450,000円
N-ヘテロ環状カルベンを配位子とする酸化活性種の創製と反応場の構築2016-10 -- 2019-03伊東 忍国立研究開発法人科学技術振興機構 (JST)/戦略的創造研究推進事業(CREST)71,500,000円
光エネルギーを利用した高効率物質変換系の構築2015-03 -- 2018-03小島隆彦矢崎科学技術振興財団/2,000,000円
高原子価ルテニウム錯体の反応性の制御要因の解明2015 -- 2016小島 隆彦日本学術振興会/新学術領域研究(研究領域提案型)4,600,000円
遷移金属錯体及びポルフィリン超分子を用いたCO2光還元系の開発2015 -- 2016小島 隆彦日本学術振興会/新学術領域研究(研究領域提案型)3,450,000円
職歴
1991-04 -- 1993-08米国ミネソタ大学 化学科 博士研究員
1993-09 -- 1994-03九州大学 理学部化学科 非常勤研究補助員
1994-04 -- 1999-03九州大学 理学部 助手
1999-04 -- 2000-03九州大学 大学院理学研究科 助手(改組)
2000-04 -- 2005-11九州大学 大学院理学研究院 助手(改組)
2005-11 -- 2007-03大阪大学 大学院工学研究科 助教授
2007-04 -- 2008-11大阪大学 大学院工学研究科(生命先端工学専攻) 准教授
2008-12 -- 2011-09筑波大学 大学院数理物質科学研究科(化学専攻) 教授
2011-10 -- (現在)筑波大学 数理物質系(化学域) 教授
学歴
1982-04 -- 1984-03東京大学 教養学部 理科一類
1984-04 -- 1986-03東京大学 工学部 合成化学科卒業
1986-04 -- 1991-03東京大学大学院 工学系研究科 合成化学専攻修了
取得学位
1991-03工学博士東京大学
所属学協会
2017-08 -- (現在)王立化学協会
1991-04 -- (現在)American Chemical Society
2005-04 -- (現在)Electrochemical Society
2007-01 -- (現在)Society of Porphyrins and Phthalocyanines
2005-04 -- (現在)近畿化学協会
2006-04 -- (現在)光化学協会
1991-04 -- (現在)錯体化学会
1991-04 -- (現在)Society of Biological Inorganic Chemistry
1991-04 -- (現在)日本化学会
1991-04 -- (現在)有機合成化学協会
受賞
2019-10-1筑波大学令和元年度永年勤続者表彰
2020-01-07日本化学会第37回学術賞金属錯体におけるプロトン共役電子移動に関する研究
2019-02-18筑波大学 BEST FACULTY MEMBER 
2018-07-29錯体化学会 平成30年度学術賞
2015-10-30平成27年度科研費助成事業第1段審査委員表彰有意義な審査意見を付した審査委員
2008-11平成20年度第一学期大阪大学共通教育賞
論文
著書
  • 新しい水の酸化反応―水から水素分子と酸素分子を作る金属錯体
    小島隆彦
    化学, 2009-01
  • Ruthenium(II)-Pyridylamine Complexes Having Functional Groups via Amide Linkages
    S. Miyazaki; T. Kojima
    CURRENT TRENDS IN X-RAY CRYSTALLOGRAPHY・INTECH(Croatia), 2011-01
会議発表等
  • 水中での有機化合物の触媒的酸化反応
    小島 隆彦
    第2回筑波大学産学連携シンポジウム ―人と社会の未来に向けてー/2020-11-13--2020-11-13
  • ルテニウム(IV)-オキソ錯体のプロトン共役電子移動とその反応機構解明
    小谷 弘明; 下村 日夏; 池田 京; 石塚 智也; 塩田 淑仁; 吉澤...
    第53回酸化反応討論会/2020-11-07--2020-11-08
  • FeII-NHC錯体を触媒とする水中における有機基質の高選択的二電子酸化反応
    藤崎 寛人; 石塚 智也; 下山 祥弘; 小谷 弘明; 塩田 淑仁; 吉...
    第53回酸化反応討論会/2020-11-07--2020-11-08
  • Cooperative Effects of Hetero-Dinuclear IrIII-MII Complexes on Catalytic H2 Evolution from Formic Acid Dehydrogenation in Water
    Hong Dachao; Shimoyama Yoshihiro; Ohgomori Yuji; Kaneda R...
    錯体化学会第70回討論会/2020-09-28--2020-09-30
  • サドル型ポルフィリンを光増感剤とした近赤外光駆動型光触媒的水素発生
    宮崎 卓也; 青木 絵美; 小谷 弘明; 酒井 隼人; 羽曾部 卓; 小...
    2020年web光化学討論会/2020-09-09--2020-09-11
  • ヘムをもつDNA 酵素の酸化触媒機構
    山本 泰彦; 篠宮僚介; 小谷弘明; 荒木はるか; 柴田友和; 百武...
    第13回バイオ関連化学シンポジウム2019/2019-09-04--2019-09-06
  • Heme Meets DNA.
    Yamamoto Yasuhiko; 篠宮僚介; 小谷弘明; 荒木はるか; 百武篤...
    19th International Conference on Biological Inorganic Chemistry (ICBIC-19)/2019-08-11--2019-08-16
  • Unique structures and properties of multinuclear iridium(III) complexes with alloxazine derivatives as bridging ligands
    Inui Yuji; Miyazaki Soushi; Shiro Motoo; Kusukawa Takahir...
    1st International Symposium on Creation of Functional Materials, University of Tsukuba, Strategic Initiative(A), Center for Creation of Functional Materials (CCFM)/2011-12-17--2011-12-18
  • Effect of Difference in the Spin State of Ru(IV)-Oxo Complexes on Oxidations of Organic Substrates
    Ohzu Shingo; Ishizuka Tomoya; Hirai Yuichirou; Fukuzumi S...
    1st International Symposium on Creation of Functional Materials, University of Tsukuba, Strategic Initiative(A), Center for Creation of Functional Materials (CCFM)/2011-12-17--2011-12-18
  • Mechanistic Insights into Photochromic Behaviors of a Ruthenium(II)-Pterin Complex
    Sawaki Takuya; Ishizuka Tomoya; Miyazaki Soushi; Kawano M...
    1st International Symposium on Creation of Functional Materials, University of Tsukuba, Strategic Initiative(A), Center for Creation of Functional Materials (CCFM)/2011-12-17--2011-12-18
  • Supramolecular Assemblies of Saddle-distorted Porphyrins Involving Hydrogen Bonding
    Muniappan Sankar; Ishizuka Tomoya; Kojima Takahiko
    1st International Symposium on Creation of Functional Materials, University of Tsukuba, Strategic Initiative(A), Center for Creation of Functional Materials (CCFM)/2011-12-17--2011-12-18
  • Synthesis and Characterization of Ruthenium(II)-Pyridylamine Complexes Bearing Converged Porphyrin-π-dimer
    Ochiai Hidemi; Ishizuka Tomoya; Kojima Takahiko
    1st International Symposium on Creation of Functional Materials, University of Tsukuba, Strategic Initiative(A), Center for Creation of Functional Materials (CCFM)/2011-12-17--2011-12-18
  • Transfer Hydrogenation of Ketones by a Trinuclear Ruthenium(II) Complex Involving Two Converged Reactive Sites
    Yano Yuichi; Ishizuka Tomoya; Kojima Takahiko; Fukuzumi S...
    Symposium on Creation of Functional Materials 2009, Strategic Initiative A for Interdisciplinary Materials Science and pre-Strategic Initiative for Creation of Functional Molecules, University of Tsukuba/2009-12-03--2009-12-04
  • Synthesis of Tetranuclear Iridium(III) Complexes with a Flavin Analogue as Bridging Ligands Showing Unique Structures and Properties
    Kojima Takahiko
    Symposium on Creation of Functional Materials 2009, Strategic Initiative A for Interdisciplinary Materials Science and pre-Strategic Initiative for Creation of Functional Molecules, University of Tsukuba/2009-12-03--2009-12-04
  • Influence of Intramolecular Hydrogen Bond on Redox Behavior and Solvato-thermochromism of Ni(II) and Co(II) Thiolato Complexes
    Mitsui Tetsuya; Fujisawa Kiyoshi; Okamura Taka-aki; Ishiz...
    Symposium on Creation of Functional Materials 2009, Strategic Initiative A for Interdisciplinary Materials Science and pre-Strategic Initiative for Creation of Functional Molecules, University of Tsukuba/2009-12-03--2009-12-04
  • Differential Reactivity of Copper(II) Complexes with 1,2-Diphenylhydrazine: Formation Diazene Complex or Tetrazene Compound
    Sugiyama Masaki; Fujisawa Kiyoshi; Ishizuka Tomoya; Kojim...
    Symposium on Creation of Functional Materials 2009, Strategic Initiative A for Interdisciplinary Materials Science and pre-Strategic Initiative for Creation of Functional Molecules, University of Tsukuba/2009-12-03--2009-12-04
  • Construction of Conglomerates Composed of a Saddle-Distorted Metalloporphyrin and Heteropolyoxometarates
    Yokoyama Atsuyoshi; Ohkubo Kei; Fukuzumi Shunichi; Kojima...
    Symposium on Creation of Functional Materials 2009, Strategic Initiative A for Interdisciplinary Materials Science and pre-Strategic Initiative for Creation of Functional Molecules, University of Tsukuba/2009-12-03--2009-12-04
  • Structure and Reactivity of Mononuclear Side-on Copper(II)-superoxo Complex with a Bulky Hydrotris(pyrazolyl)borate Ligand
    Samusawa Itaru; Fujisawa Kiyoshi; Kojima Takahiko
    Symposium on Creation of Functional Materials 2009, Strategic Initiative A for Interdisciplinary Materials Science and pre-Strategic Initiative for Creation of Functional Molecules, University of Tsukuba/2009-12-03--2009-12-04
  • 双安定性を有する複核錯体における光誘起プロトン共役電子移動
    小島 隆彦
    特定領域研究「フォトクロミズムの攻究とメカニカル機能の創出」第4回公開シンポジウム/2009-09-01--2009-09-02
  • Dioxygen Reactivity in the Active Site of Mononuclear Copper Containing Proteins by Using Synthetic Model Complexes
    Kojima Takahiko; Fujisawa Kiyoshi
    University of Tsukuba Joint Symposia Pre-Strategic Initiative Symposium in Creation of Functional Molecules and Symposium in Medicinal Chemistry in Companies and Universities/2009-03-16--2009-03-17
  • Photo-induced Electron Transfer in Molecular and Supramolecular Assemblies based on Non-Planar Porphyrins
    Kojima Takahiko
    The 3rd International Symposium on Interdisciplinary Materials Science (ISIMS-2011)/2011-03-09--2011-03-10
  • アロキサジン架橋六核イリジウム錯体の合成と還元特性
    乾 祐巳; 小島 隆彦; 福住 俊一
    錯体化学会第61回討論会/2011-09-17--2011-09-19
  • 水素結合ネットワークで安定化されたポルフィリン-ナノチャンネルの創製
    石塚 智也; Muniappan Sankar; 山田 裕介; 福住 俊一; 小島 隆彦
    新学術領域「高次π空間の創発と機能開発」第7回公開シンポジウム/2012-03-13--2012-03-14
  • ルテニウム(II)-プテリン錯体におけるフォトクロミックな構造変化の反応機構研究
    沢木 拓也; 石塚 智也; 小島 隆彦
    特定領域 フォトクロミズムの攻究とメカニカル機能の創出 フォトクロミズムの新たな跳躍をめざして 第8回公開シンポジウム/2011-11-29--2011-11-29
  • ルテニウム(II)-ピリジルアミン-ジイミン錯体のフォトクロミックな構造変化の金属イオン配位による完全制御
    石塚 智也; 河野 正規; 塩田 淑仁; 吉澤 一成; 小島 隆彦
    特定領域 フォトクロミズムの攻究とメカニカル機能の創出 フォトクロミズムの新たな跳躍をめざして 第8回公開シンポジウム/2011-11-29--2011-11-29
知的財産権
  • 酸化触媒、ハロゲン化芳香族化合物の酸化分解方法
    小島 隆彦; 下山 祥弘; 石塚 智也; 小谷 弘明
  • 有害芳香族化合物の分解方法
    小島 隆彦; 下山 祥弘; 石塚 智也; 小谷 弘明
  • 金属ポルフィリン-ポリオキソメタレート化合物
    小島隆彦; 横山温和; 福住俊一
  • ルテニウム錯体による有機系基質の触媒的酸素化反応
    小島隆彦; 福住俊一; 平井雄一郎
担当授業科目
2020-10 -- 2021-02無機化学特別研究IIIA筑波大学
2020-04 -- 2020-08Seminar in Nano Chemistry IB筑波大学
2020-04 -- 2020-08Seminar in Nano Chemistry IIB筑波大学
2020-10 -- 2021-02無機化学特別研究IIA筑波大学
2020-04 -- 2020-08無機・分析化学セミナーIIB筑波大学
2020-10 -- 2021-02無機化学特別研究VA筑波大学
2020-10 -- 2021-02無機・分析化学特別研究VB筑波大学
2020-04 -- 2020-08無機・分析化学特別研究IVB筑波大学
2020-10 -- 2021-02無機・分析化学特別研究IVB筑波大学
2020-10 -- 2021-02無機化学特別研究IVA筑波大学
授業以外の教育活動
2018-09 -- 2018-09京都大学大学院工学研究科(合成・生物化学専攻) 集中講義京都大学
2018-06 -- 2018-06大阪大学大学院理学研究科 集中講義大阪大学
2017-06 -- 2017-06中央大学大学院 理工学研究科 集中講義中央大学
2016-11 -- 2016-11大阪大学大学院工学研究科応用化学専攻 生物化学特別講義(集中講義)大阪大学
2016-05 -- 2016-05大阪大学大学院 基礎工学研究科 講演会大阪大学
2015-06 -- 2015-06奈良女子大学大学院 集中講義(人間文化研究科)奈良女子大学
2015-06 -- 2015-06首都大学東京大学院 集中講義(都市環境科学研究科)首都大学東京
2013-02 -- 2013-02青山学院大学 第12回機能物質化学講演会青山学院大学
2012-05 -- 2012-05Department of Chemistry-Inorganic Seminar, University of WashingtonUniversity of Washington (Seattle, USA)
2012-05 -- 2012-05山形大学理学部 講演会山形大学
一般講演
  • プロトン共役電子移動:環境・エネルギー問題の解決に向けて
    小島 隆彦
    近畿化学協会有機金属部会2019年度第3回例会/2019-10-03--2019-10-03
  • 金属錯体におけるプロトン共役電子移動
    小島 隆彦
    大阪大学応用化学専攻 講演会/2016-11-25--2016-11-25
  • 金属錯体におけるプロトン共役電子移動による機能発現
    小島 隆彦
    京都大学大学院工学研究科 講演会/2018-09-26--2018-09-26
  • ルテニウム錯体による基質酸化反応の開発と機構解明
    小島 隆彦
    産業技術総合研究所触媒化学融合研究センター第61回講演会/2018-08-31--2018-08-31
  • プロトン共役電子移動による金属錯体の機能発現
    小島 隆彦
    大阪大学大学院理学研究科 講演会/2018-06-06--2018-06-06
  • プロトン共役電子移動に基づく金属錯体による基質酸化還元反応
    小島 隆彦
    中央大学大学院理工学部 講演会/2017-06-15--2017-06-15
  • Reactivity of High-Valent Ruthenium Complexes in Water
    小島 隆彦
    大阪大学基礎工学研究科講演会/2016-05-11--2016-05-11
  • Redox and Photochemical Reactions of Ruthenium-Pyridylamine Complexes
    Kojima Takahiko
    Department of Chemistry-Inorganic Seminar, University of Washington/2012-05-11--2012-05-11
  • ルテニウム-ピリジルアミン錯体の化学
    小島隆彦
    青山学院大学 第12 回機能物質化学講演会/2013-02-15--2013-02-15
  • ルテニウム―ピリジルアミン錯体を基盤とする酸化反応、双安定性、光化学
    小島隆彦
    九州大学先導物質化学研究所セミナー/2013-01-18--2013-01-18
  • フォトクロミズム ー有機化合物から金属錯体までー
    小島 隆彦
    工業所有権情報・研修館 平成24年度技術研修/2012-12-03
  • ルテニウム錯体と非平面ポルフィリンについて
    小島隆彦
    山形大学理学部 分子機能の創出と展開に関する講演会/2012-05-18--2012-05-18
  • A Chemistry of Saddle-Distorted Porphyrins and Phthalocyanines
    Takahiko Kojima
    The seminar of "Dye-Sensitized Solar Cells" at State Key Laboratory of Fine Chemicals, Dalian University of Technology/2011-10-22
  • A Chemistry of Ruthenium-Pyridylamine Complexes: Redox- and Photo-reactions
    Takahiko Kojima
    Biology and Chemistry Seminar(Department of Biology and Chemistry, City University of Hong kong)/2010-09-10--2010-09-10
  • Bioinspired Redox Chemistry of Ruthenium-Pyridylamine Complexes
    小島 隆彦
    Inorganic Chemistry Seminar (Department of Chemistry, Stanford University)/2010-05-03--2010-05-03
  • Bioinspired Redox Chemistry of Ruthenium-Pyridylamine Complexes
    小島 隆彦
    An Inorganic Chemistry Seminar in Department of Chemistry, University of Washington/2010-04-30--2010-04-30
  • 生体内酸化還元反応を規範とする錯体化学
    小島 隆彦
    東京工業大学 無機・分析化学セミナー/2010-01-14
  • Bioinspired Redox Coordination Chemistry
    Takahiko Kojima
    A Seminar in State Key Laboratory of Fine Chemicals, Dalian University of Technology/2009-10-30--2009-10-30
  • 生体内現象を規範とする金属錯体の化学
    小島隆彦
    第231回九州錯体化学懇談会例会/2009-02-21
学協会等委員
2020-07 -- 2021-03日本化学会プログラム小委員会(第101春季年会(2021))
2017-10 -- (現在)TIA光・量子計測MG会議委員
2019-03 -- (現在)日本化学会錯体化学・有機金属化学ディビジョン/幹事
2018-07 -- (現在)錯体化学会理事
2017-08 -- (現在)王立化学協会フェロー
2016-04 -- 2018-03近畿化学協会代議員
2016-04 -- 2019-03日本化学会生体機能関連化学・バイオテクノロジーディビジョン 幹事
2016-01 -- 2018-12アメリカ化学会Inorganic Chemistry/Editorial Advisory Board
2012-09 -- 2014-09錯体化学会理事
2011-09 -- 2014-09錯体化学会将来計画委員会委員長
学内管理運営業績
2020-04 -- (現在)理工学群総合政策室委員
2020-04 -- (現在)理工学群FD実行委員会委員
2020-02 -- (現在)国際戦略会議委員
2018-04 -- 2020-03環境安全管理室委員
2018-04 -- 2020-03施設・安全管理委員会委員長
2018-04 -- 2020-03数理物質科学研究科実験廃棄物取扱責任者
2016-04 -- 2018-03数理物質科学研究科広報委員会委員
2016-04 -- 2018-03数理物質科学研究科キャリア支援担当教員会議委員
2016-04 -- 2018-03数理物質科学研究科就職委員会委員
2016-04 -- 2018-03数理物質科学研究科学務委員会委員
その他の活動
2020-01 -- 2020-01化学特別セミナー オーガナイザー "An Editor’s advice on publishing for impact", Dr. May Copsey, Executive Editor, Chemical Science , RSC
2019-04 -- 2019-04H31科学技術週間 キッズ・ユニバーシティ
2018-08 -- 2018-08International Symposium on Recent Advances in Bioinspired Molecular Catalysis (ICCC 2018 Post Conference in Tsukuba)
2017-09 -- 2017-09The 1st University to Tsukuba and University of Grenoble-Alpes Joint Symposium 企画開催
2017-09 -- 2017-09TGSW2017 セッションオーガナイザー
2017-08 -- 2019-08筑波大学一日体験化学教室
2017-01 -- 2017-01第20回就職交流会参加:大学の就職担当教員と企業の人事担当者との交流会、日本化学会主催
2016-10 -- 2016-10福島県立磐城高等学校「被災地出前講義」(高校生に、遷移金属錯体について英語で講義し、演習、発表を行わせた)
2012-05 -- 2012-05教育実習校訪問指導(つくばみらい市立伊奈中学校)

(最終更新日: 2020-11-13)