現在地

酒井 宏(サカイ コウ; Sakai, Ko)

face
所属
システム情報系
職名
教授
URL
eメール
 
Fax
+81-29-853-5206
研究分野
神経生理学・神経科学一般
実験心理学
認知科学
研究キーワード
視覚
知覚
3次元知覚
注意
脳科学
計算論的神経科学
認知神経科学
研究課題
自発的注意による視聴覚空間注意の制御2019-04 -- 2022-04塩入 愉日本学術振興会/科学研究費・基盤研究(A)4,420,000円
皮質における光景表現の形成 --- 面・物体・光景をつなぐ階層的中間表現2020-04 -- 2024-03酒井 宏日本学術振興会/科学研究費・基盤研究(B)17,160,000円
被虐待児童へのアートセラピーの適応:認知神経科学による現象理解と有効なアートワークの提案2018-10 -- 2020-03酒井 宏公益財団法人 三菱財団/平成30年度 三菱財団助成金2,600,000円
皮質における形状表現の形成 - 図地分離と物体の中間表現2017-04 -- 2020-03酒井 宏日本学術振興会/科学研究費・基盤研究(B)17,550,000円
視覚数理モデル構築のための基盤プラットフォーム開発2017-03 -- 2018-03山口陽子理化学研究所/INCF日本ノード Visiome PF200,000円
神経情報処理国際研究集会2016-04 -- 2017-03酒井 宏国立研究開発法人 情報通信研究機構/NICT 国際交流プログラム5,140,000円
近距離通信センサの受信距離拡張と位置情報2016-04 -- 2017-03マウリシオ・クグレ総務省/SCOPE600,000円
図地の知覚と皮質におけるその群表現 --- 自然光景の理解に向けて2014-04 -- 2017-03酒井 宏日本学術振興会/基盤研究(B)15,730,000円
視覚モデル構築のための協調的環境に関する研究2013-04 -- 2019-03酒井 宏東北大学電気通信研究所/共同プロジェクト/
疎表現に基づく質感と3次元形状の同時推定2012-04 -- 2014-03酒井 宏文部科学省/新学術領域研究10,010,000円
職歴
1985-04 -- 1991-08オリンパス光学工業株式会社
1995 -- 1997理化学研究所 フロンティア研究員
1997 -- 1999-11理化学研究所 脳科学総合研究センター 研究員
1999-12 -- 2009-03筑波大学 助教授
2009-04 -- (現在)筑波大学 教授
2010-04 -- 2012-03理化学研究所 非常勤研究員
学歴
-- 1983-03電気通信大学 電気通信学部 機械工学科卒業
-- 1985-03電気通信大学 電気通信学研究科修了
-- 1995-05ペンシルバルニア大学大学院 理工学研究科 生体工学修了
取得学位
1995-05博士(生体工学)ペンシルバニア大学
1991-08修士(生体工学)ペンシルバニア大学
1985-03工学修士電気通信大学
所属学協会
2003 -- (現在)Organization for Computational Neuroscience
1995 -- (現在)Society for Neuroscience
2007 -- (現在)米国生理学会
2003 -- (現在)Vision Sciences Society
2009 -- (現在)電子情報通信学会
1995 -- (現在)日本神経科学学会
1996 -- (現在)日本神経回路学会
1995 -- (現在)日本視覚学会
受賞
2020-05電子情報通信学会 フェロー
2018-10日本神経回路学会 優秀研究賞
2013-11Cognitive Science Paper AwardICONIP 2013
2006-05-20映像情報メディア学会 船井賞(技術賞)
1998日本神経回路学会 研究賞
査読付き学術雑誌・国際会議論文
著書
  • 感覚・知覚の科学
    内川恵二編; +酒井 宏
    朝倉書店, 2008-10
  • 面知覚の基礎としての境界所有の皮質メカニズム
    酒井 宏
    日本神経回路学会誌, 2007-01
  • ヒューマンインフォメーション
    塩入 諭; 酒井 宏; 井上哲理; 小峯一晃; 新井啓之
    映像情報メディア学会誌, 2006-08
  • ブレインサイエンスレビュー2007
    伊藤正男・川合述吏編; +酒井 宏
    クバプロ(株), 2006-01
  • ヒューマンインフォメーション
    塩入諭; 酒井 宏; 井上哲理; 小峰一晃; 新井啓之
    映像情報メディア学会誌, 2004-08
  • 初期視覚機能
    酒井 宏
    映像情報メディア学会誌, 2004-01
  • 視覚情報処理ハンドブック
    内川恵二編 ; + 酒井 宏;
    朝倉書店, 2000-01
  • 視知覚と計算論-ボトムアップモデルと心理物理学の融合の手掛かり
    酒井 宏、小島比呂志
    日本神経回路学会誌, 1999-01
  • Computational analysis of the nonlinear spatial structure in V1 complex cells
    K. Sakai and S. Tanaka
    日本神経回路学会誌, 1999-01
  • 視覚の計算論的モデル - テクスチャーと遮蔽と3次元知覚
    酒井 宏
    Vision, 1996-01
  • NEXUS User Manual, beta release-version 1.0
    P. Sajda; K. Sakai; L. H. Finkel
    University of Pennsylvania Technical Report, 1994-01
  • NEXUS: A neural simulator for integrating top-down and bottom-up modeling.
    P. Sajda; K. Sakai; S-C. Yen; L. H. Finkel
    Neural Network Simulation Environment, 1994-01
  • NEXUS User Manual, beta release-version 0.8
    P. Sajda; K. Sakai; L. H. Finkel
    University of Pennsylvania Technical Report, 1992-01
会議発表等
  • Figure-Ground Coding in Monkey V4 --- Receptive Field Structure and Population Coding.
    K. Sakai; K. Kimura; Y. Yamane; H. Tamura
    Annual Meeting, Japanese Neuroscience Society (Neuro 2019)/2019-07-25--2019-07-28
  • Temporal development and dimensionality of figure-ground signals in monkey V4
    A. Kodama; K. Sakai
    The 8th RIEC International Symposium on Brain Functions and Brain Computer/2020-02-13--2020-02-15
  • Responses to figure-ground organization in natural image patches by monkey V4 neurons.
    K. Sakai; K. Kimura; M. Shishikura; Y. Yamane; H. Tamura
    Annual Meeting 2019, Society of Neuroscience/2019-10-19--2019-10-23
  • Figure-Ground Detection by a Population of Neurons with a Variety of Receptive-Field Structures in Monkey V4.
    K. Sakai; K. Kimura; Y. Yamane; H. Tamura
    Computational Neuroscience Meeting (CNS*2019)/2019-07-13--2019-07-17
  • Receptive Field Structure of Border Ownership-selective Cells in Response to Direction of Figure.
    K. Sakai; K. Tanaka; R. von der Heydt; E. Niebur
    Computational Neuroscience Meeting (CNS*2019)/2019-07-13--2019-07-17
  • Emotion modulates multiple colors for a short duration.
    Shibata Noriyo; Sakai Ko
    Asia Pacific Conference on Vision 2019/2019-07-29--2019-08-01
  • Antagonistic receptive-field structure of V4 neurons detects local figure-ground organization in natural image patches.
    Kimura Kouji; Yamane Yukako; Tamura Hiroshi; Sakai Ko
    Asia Pacific Conference on Vision 2019/2019-07-29--2019-08-01
  • Perceptual consistency of figure-ground segregation in natural images --- Perception, neural activity, and dynamic model.
    Kazufumi Suzuki; Motofumi Shishikura; Ko Sakai
    令和元年度電気通信研究所共同プロジェクト研究発表会/2020-02-20--2020-02-20
  • Temporal Information for Figure-Ground Determination in Monkey V4
    Baoxuan Liu; Nobuhiko Wagatsuma; Yukako Yamane; Hiroshi T...
    日本神経回路学会 全国大会/2019-09-04--2019-09-06
  • 注意を引き付ける高次テクスチャ -質感のポップアウト-
    米岡 賢人; 我妻 伸彦; 酒井 宏
    ヒューマンインフォメーション研究会/2020-03-11--2020-03-11
  • Border Ownership選択性を示すサルV2細胞の機能受容野推定
    田中 一直; 酒井 宏
    ニューロコンピューティング研究会/2020-03-04--2020-03-06
  • 自然画像に対するサルV4野の神経反応が示す次元の推定
    樹神 篤; 酒井 宏
    電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会/2020-03-04--2020-03-06
  • 図地分離に対するサルV4神経細胞の応答と知覚の一貫性 -電気生理実験,知覚心理実験および線形受容野カーネルモデルによる解析-
    宍倉 基文; 鈴木 一史; 山根 ゆか子; 田村 弘; 酒井 宏
    電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会/2020-03-04--2020-03-06
  • 感情によるユニーク色知覚の変化
    柴田紀代; 酒井 宏
    ヒューマンインフォメーション研究会/2020-03-11--2020-03-11
  • 自然光景における図地分離の局所的手掛かり
    碓氷隼也; 酒井 宏
    日本視覚学会 冬季大会/2019-01-29--2019-01-31
  • 覚醒感情による色知覚の変調
    柴田紀代; 酒井 宏
    日本視覚学会 冬季大会/2019-01-29--2019-01-31
  • Receptive field structure of border ownership-selective cells in response to natural images.
    酒井 宏
    平成30年度電気通信研究所共同プロジェクト研究発表会/2019-02-21
  • サルV4図地選好性細胞の受容野構造
    木村 耕治; 山根 ゆか子; 田村 弘; 酒井 宏
    電子情報通信学会ニューロコンピューティング研究会/2019-03-05--2019-03-06
  • 対称軸への順応---形状とパターンの相互作用
    坂田結衣; 酒井 宏
    日本神経回路学会,全国大会/2017-09-20--2017-09-22
  • 光沢感を生起する照明の解析
    森唯人; 酒井 宏
    質感のつどい 第3回公開フォーラム/2017-11-22--2017-11-22
  • 周辺環境で変調する光沢感知覚
    森唯人; 酒井 宏
    日本視覚学会 冬季大会/2018-01-17--2018-01-19
  • 対称軸への順応 ---形状の抑制作用
    坂田結衣; 酒井 宏
    日本視覚学会 冬季大会/2018-01-17--2018-01-19
  • Analysis of real-world illumination -Lighting changes perception of specularity-
    Mori Yuito; Sakai Ko
    平成29年度電気通信研究所共同プロジェクト研究発表会/2018-02-22--2018-02-22
  • Analysis of real-world illumination -Lighting changes perception of specularity-
    Mori Yuito; Sakai Ko
    Lux Pacifica, Eighth, 2018/2018-03-06--2018-03-08
  • Wavelet変換を用いた光沢感を生起する照明の探索
    森 唯人; 酒井 宏
    視覚学会 2017 冬季大会/2017-01-18--2017-01-20
知的財産権
  • Method of judging particle agglutination pattern.
    K. Sakai; H. Yonekawa; T. Kano
担当授業科目
2020-10 -- 2021-02エンパワーメント情報学特別演習II筑波大学
2020-04 -- 2020-08エンパワーメント情報学特別演習II筑波大学
2020-10 -- 2021-02エンパワーメント情報学特別演習 IIa筑波大学
2020-04 -- 2020-08エンパワーメント情報学特別演習 IIa筑波大学
2020-10 -- 2021-02エンパワーメント情報学特別演習 Ia筑波大学
2020-04 -- 2020-08エンパワーメント情報学特別演習 Ia筑波大学
2020-10 -- 2021-02情報理工前期特別研究II筑波大学
2020-04 -- 2020-08情報理工前期特別研究II筑波大学
2020-10 -- 2021-02エンパワーメント情報学特別演習I筑波大学
2020-04 -- 2020-08エンパワーメント情報学特別演習I筑波大学
一般講演
  • Spatial Structure of Receptive Fields and Surrounds in Response to Figure-Ground Structure in Monkey V2 and V4.
    Sakai Ko
    Institute for Theoretical Physics, University of Bremen, Seminar/2019-07-19
  • Dynamics of γ oscillation: towards understanding the neural mechanisms underlying top-down attention
    酒井 宏
    東北大学 電気通信研究所 共同プロジェクト研究会/2020-02-19--2020-02-19
  • Receptive Field Structure of Border Ownership-Selective Cells in Response to Direction of Figure.
    酒井 宏
    東北大学,電気通信研究所,共同プロジェクト研究会/2019-02-20--2019-02-20
  • Cortical Representation of Figure and Shape--- Towards understanding the construction of an object in the visual system
    Sakai Ko
    Centre for Integrative Neuroplasticity, Dept. of Biosciences, University of Oslo, Seminar/2018-05-23--2018-05-23
  • Cortical Representation of Figure and Shape
    Sakai Ko
    Faculty of Science and Technology, Norwegian University of Life Sciences, Seminar/2018-04-27--2018-04-27
  • Intermediate Representation of Figure and Shape in the Visual Cortex
    Sakai Ko
    Institute for Theoretical Physics, University of Bremen, Seminar/2017-09-21--2017-09-21
  • Cortical Representation of Figure and Shape
    Sakai Ko
    Institute of Perception, Action and Behavior, University of Edinburgh, IPAB Seminar/2017-09-14--2017-09-14
  • 大脳皮質はどのように物体を表現しているのか --- 自然画像に最適化した階層的抽象化
    酒井 宏
    つくば新分野産業開拓懇談会/2017-02-03
  • 脳科学から見えてくる新世代の人工知能:大脳皮質からディープラーニングへ
    酒井 宏
    Future Robotics Forum 2015/2015-11-27--2015-11-27
  • ニューロサイエンス最前線:大脳皮質からディープラーニングへ
    酒井 宏
    茨城研究開発型企業交流協会(IRDA) 総会/2016-05-26--2016-05-26
  • Surround Modulation Reproduces the Robust Perception of Figure-Ground
    Sakai Ko
    Dalian Nationalities University, CS Departmental Seminar/2013-12-12--2013-12-12
  • 視覚皮質の計算論的モデル---形状知覚における図地分離と階層性
    酒井 宏
    全脳アーキテクチャ勉強会「大脳皮質とDeep Learning」/2014-01-30--2014-01-30
  • 形状の知覚に向けて---V4 曲率選択性の生起機構
    酒井 宏
    東北大学 電気通信研究所 共同プロジェクト研究会/2014-03-03--2014-03-03
  • 面の知覚から形の知覚へ---計算論的アプローチ
    酒井 宏
    「視知覚の理解へ向けて -生理、心理物理、計算論による探求-」生理学研究所 研究会/2012-10-04--2010-10-05
  • Integration of Shading and Highlight in the Perception of 3D shape
    酒井 宏
    視覚認識機能のモデル実現のための協調的システムの研究会/2010-11-05
  • 面の知覚と形状の表現
    酒井 宏
    日本神経回路学会 公開講座/2009-03-10
  • Attention in early vision for the perception of figure direction
    酒井 宏
    東北大学電気通信研究所 共同研究プロジェクト研究会/2008-11-29
  • 眼間遅延からの奥行き・運動知覚
    酒井 宏
    東北大学電気通信研究所 共同研究プロジェクト研究会/2007-10-26
  • 周辺変調による図法校検出 --- 計算論的アプローチ
    酒井 宏
    「視知覚研究の融合を目指して - 生理、心理物理、計算論」研究会/2007-06-15
  • Border-ownership Determination by the Surround Modulation in Early Vision
    酒井 宏
    Bernstein Center for Computational Neuroscience Seminar/2007-04-04
  • Asymmetric surrounding modulation in border-ownership determination
    酒井 宏
    東北大学電気通信研究所 共同研究プロジェクト研究会/2006-09-30
  • Cortical Mechanisms for Border-Ownership Determination: A Computational Approach
    酒井 宏
    RIKEN Brain Science Institute Forum/2005-10-04
  • Cortical Mechanisms for Border-Ownership Determination - A Computational Approach
    酒井 宏
    「視知覚のメカニズム - 生理、心理物理、計算論的アプローチ」研究会/2004-06-01
  • Occlusion Independent Perception of Depth and Direction of Motion from Binocular Temporal Disparity
    酒井 宏
    「視知覚のメカニズム - 生理、心理物理、計算論的アプローチ」研究会/2003-06-01
  • The David Bodian Seminar Johns Hopkins University
    酒井 宏
    The David Bodian Seminar Johns Hopkins University/2002-07-01
学協会等委員
2019-10 -- (現在)電子情報通信学会フェロー
2018-12 -- 2019-08日本神経科学学会プログラム委員会,委員
2017-04 -- 2019-11International Conference on Pattern RecognitionReview Committee, member
2020-04 -- (現在)電子情報通信学会フェロー・シニア会員推薦委員会/委員
2017-01 -- (現在)日本視覚学会世話人
2018-07 -- (現在)総務省「戦略的情報通信研究開発推進制度」専門評価委員
2017-04 -- (現在)日本医療研究開発機構SICP評価委員会/委員
2017 -- (現在)International Conference on Neural Information ProcessingProgram Committee
2017-04 -- (現在)日本神経回路学会顧問
2016-02 -- 2017-03International Conference on Neural Information Processing, 2016Organizing Committee
学内管理運営業績
2019-04 -- 2021-03コンピュータサイエンス専攻 学生評価委員会委員
2018-07 -- 2020-03情報メディア創成学類 入試委員会委員
2016-04 -- 2017-03情報メディア創成学類 FD委員会委員長
2016-04 -- 2017-03情報学群 研究倫理教育責任者
2016-04 -- 2017-03情報工学域 域長代理
2015-04 -- 2017-03システム情報系 研究倫理委員会委員長
2015-04 -- 2016-03留学生センター 運営委員会委員
2014-06 -- 2015-02Assoc. of East Asia Research Univ. workshop on Computer Science and Web TechnologyProgram committee/chair
2013-04 -- 2015-03コンピュータサイエンス専攻 未来戦略担当
2013-04 -- 2016-03情報メディア創成学類 進路指導委員会委員長/委員
メッセージ
視知覚のメカニズムを理解する基礎研究をおこなっています。 計算論的アプローチを主として、心理物理学的・生理学的知見に忠実なモデルを構築しています。 最近のテーマとしては,図地分離・陰影からの3次元知覚・両眼間時差からの奥行知覚・神経細胞の時空間的非線型,などです。

(最終更新日: 2020-09-25)