現在地

山海 嘉之(サンカイ ヨシユキ; Sankai, Yoshiyuki)

所属
システム情報系
職名
教授
研究分野
制御・システム工学
研究キーワード
サイバニクス、補助脳、人工知能、人工脳、サイバニックカーネル
研究課題
ヒューマノイドプロジェクト人間的動作を実現する動作獲得学習系の開発2000 -- 2003/出資金による受託研究
ジャイロポンプ(V3)の羊ex vivo評価実験2001 -- 2001/企業からの受託研究
生活リズムによる高齢者安否情報生成に関する研究2001 -- (現在)/国内共同研究
サイバニクス学術領域の開拓に関する研究1988 -- (現在)/
ロボット化人工心臓とメディカルインタ-フェ-スに関する研究1993 -- (現在)/
インタラクティブサイバースーツに関する研究1995 -- (現在)/
運動の個人差,環境の変化に対応できる移動支援ロボットシステムの開発2008 -- 2010日本学術振興会/基盤研究(A)400,000円
運動の個人差,環境の変化に対応できる移動支援ロボットシステムの開発2008 -- 2010日本学術振興会/基盤研究(A)500,000円
運動の個人差,環境の変化に対応できる移動支援ロボットシステムの開発2008 -- 2010日本学術振興会/基盤研究(A)3,000,000円
自律・随意複合型サイバニックロボットスーツの開発とその基盤技術化        2005 -- 2008日本学術振興会/基盤研究(A)42,320,000円
職歴
2006-02 -- (現在)CYBERDYNE株式会社 代表取締役/CEO
2017-10 -- (現在)筑波大学 サイバニクス研究センター 研究統括
2016-06 -- (現在)茨城県・一般社団法人 つくばグローバル・イノベーション推進機構 イノベーション・エコシステムプロデューサー
2014-11 -- 2019-03科学技術振興機構 内閣府 革新的研究開発推進プログラム プログラムマネージャー
2011-10 -- 2017-09筑波大学 サイバニクス研究センター センター長
2010-03 -- 2014-03筑波大学 内閣府最先端研究支援プログラム サイバニクス研究支援統括
2007-06 -- 2011-03筑波大学 G-COE サイバニクス国際研究教育拠点 リーダー
1986 -- 1987日本学術振興会 特別研究員
学歴
-- 1987筑波大学 工学研究科 構造工学(システム制御工学分野)修了
取得学位
1987-03工学博士筑波大学
所属学協会
2019-01 -- (現在)ASTM International
-- (現在)American Society for Artificual Internal Organs(ASAIO)
-- (現在)IEEE
-- (現在)THE INTERNATIONAL SOCIETY FOR ROTARY BLOOD PUMPS(ISRBP)
-- (現在)制御工学教員協議会
-- (現在)血栓症支援の会
-- 2008バイオメカニズム学会
-- (現在)計測自動制御学会
-- 2008International Society for Artificial Organs
-- (現在)日本ロボット学会
受賞
2019-12紫綬褒章人間医工学研究
2019-04市村産業賞 貢献賞「サイバニクス技術による生体電位駆動式装着型新医療機器の開発」
2019/02第7回「技術経営・イノベーション賞」(文部科学大臣賞)「社会、生活、産業、文化を大きく変えるか」「科学技術の活用(技術経営)が優れているか」「画期的な変化を生み出したか」「大きな事業、雇用を生み出すか」といった観点で厳正な審査が行われました。
2018/10平成30年度工業標準化事業表彰(経済産業大臣表彰)
2017-02-20内閣総理大臣賞「日本ベンチャー大賞」
2017-01-12山陽新聞賞 学術功労賞地域社会への貢献や国際舞台での活躍が顕著なため
2016-11-13DIA President’s Award for Outstanding Contribution to Global Health
2016-10-19第7回ロボット大賞(厚生労働大臣賞)進行抑制治療において歩行機能を改善する医療機器として承認を得るなど、ロボット医療機器の実用化成功例である点が高く評価された。海外も含め他社を追随させない高い技術により、これまで有効な治療方法が無かった進行性の希少難病の患者において、歩行機能の改善効果が認め
2015-04文部科学大臣表彰 科学技術賞 科学技術振興部門「サイバニクスによる革新的サイボーグ型ロボット技術の振興」に対して授与された。
2014日本機械学会 ロボティクスメカトロニクス部門 学術業績賞人間が筋肉を動かそうとするときに発生する微弱な生体電位信号を読み取り駆動することのできる外骨格型ロボットスーツの研究開発を行っており高く評価されている.また実用化に向けた会社の設立,安全規格の取得など,社会的にも学術技術分野においても多大なる貢献をした.こ
2014-092014年度計測自動制御学会フェロー研究・開発・教育啓蒙・管理運営その他の活動を通じて,計測自動制御学会の関与する分野の学問技術の発展(産業応用を含む)において優れた業績を上げたため
2014-042014 Edison Awards 金賞ロボットスーツHAL医療用による脳・神経・筋系の疾患患者への機能改善治療がドイツで公的労災保険の適用を受けるなど、世界最先端の革新的な治療として高く評価された。
2013-09The 2014 Technology Pioneer
2014-05一般社団法人 日本機械学会 ロボティクスメカトロニクス部門 学術業績賞ロボティクス・メカトロニクス分野において新分野を開拓する学術的業績が讃えられ、表彰された
2012-09日本ロボット学会フェロー「人支援型ロボット分野の開拓と実用化ならびに学会運営への貢献」に対して授与された。
2012-12-17SII2012 Best Paper Award(SI)
2012-07-03Best Student Paper Award
2012-03-15The Capek Award
2011-09-16ベストリサーチアワード
2011-02-0310 NetExplorateurs of the Year
2010-12-072010年度アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー・ジャパン チャレンジング・スピリット部門大賞
2010-12-02いばらきデザインセレクション2010 知事選定
2010-11-12平成22年度茨城県表彰・特別功労賞
2010-05-11「CHANGEMAKERS OF THE YEAR 2010」研究者部門
2010-03-09筑波大学BEST FACULTY MEMBER賞
論文
  • Hybrid assistive limb (HAL) treatment for patients with severe thoracic myelopathy due to occification of the posterior longitudinal ligament (OPLL) in the postoperative acute/subacute phase
    S Kubota; T Abe; H Kadone; Y Shimizu; T Funayama; H Watan...
    A clinial trial. J Spinal Cord Med/42(4)/pp.517-525, 2019
  • Effects of a lumbar-type hybrid assistive limb on cardiopulmonary burden during squat exercise in healthy subjects
    Watanabe Hiroki; Koike Akira; Pak Yo Joon; Wu Longmei; Ku...
    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia/66/pp.226-230, 2019-08
  • Efficacy of Cardiac Rehabilitation with Assistance from Hybrid Assistive Limb in Patients with Chronic Heart Failure: Protocol for a Randomized Controlled Study
    Watanabe Hiroki; Koike Akira; Wu Longmei; Kato Hidenori; ...
    Cardiology/142(4)/pp.213-219, 2019
  • Feasibility and safety of Robot Suit HAL treatment for adolescents and adults with cerebral palsy
    Ueno Tomoyuki; Watanabe Hiroki; Kawamoto Hiroaki; Shimizu...
    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia/68/pp.101-104, 2019-07
  • Feasibility and safety of Robot Suit HAL treatment for adolescents and adults with cerebral palsy
    Ueno Tomoyuki; Watanabe Hiroki; Kawamoto Hiroaki; Shimizu...
    Journal of clinical neuroscience : official journal of the Neurosurgical Society of Australasia/68/pp.101-104, 2019-07
  • Cell penetrating caspase substrates promote survival of the transplanted cells
    Mikhaylov Andrey Dmitry; 山海嘉之
    BMC research/12(1)/p.440, 2019-07
  • Development of a Clonus Management System: A Case Study of Sit-To-Stand Learning in a Stroke Patient
    山海 嘉之
    Proceedings of 40th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society/pp.5958-5961, 2018-07
  • Electrodes with tellurium coat cause focal nerve demyelination without affecting neighbor areas
    Mikhaylov Andrey Dmitry; Sankai Yoshiyuki
    Electrodes with tellurium coat cause focal nerve demyelination without affecting neighbor areas, 2019-05
  • Development of Cybernic Robot Arm to Realize Support Action Cooperated with Hemiplegic Person's Arm
    Toyama Hiroaki; Kawamoto Hiroaki; Sankai Yoshiyuki
    Proceedings of 41st International Engineering in Medicine and Biology Conference, 2019-7
  • Weight-Supported Walking Assist device for Knee Osteoarthritis Patients
    Tamai Kota; Kawamoto Hiroaki; Sankai Yoshiyuki
    Proceedings of 16th IEEE/RAS-EMBS International Conference on Rehabilitation Robotics, 2019-06
  • Development of a Clonus Management System: A Case Study of Sit-To-Stand Learning in a Stroke Patient
    Shiraishi Ryoichiro; Kawamoto Hiroaki; Sankai Yoshiyuki
    Proceedings of 40th International Engineering in Medicine and Biology Conference, 2018-07
  • Reply to Gronwald et al.: Exercise intensity does indeed matter; maximal oxygen uptake is the gold-standard indicator.
    Suwabe Kazuya; Byun Kyeongho; Hyodo Kazuki; Reagh Zachari...
    Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America/pp.11892-11893, 2018-12
  • LED-Based Photoacoustic and Ultrasound Imaging System for Guiding Minimally Invasive Procedures with Peripheral Tissue Targets
    Mithun Kuniyil Ajith Singh; Naoto Sato; 山海 嘉之
    2018 IEEE International Ultrasonics Symposium (IUS), 2018-10
  • In vivo demonstration of real-time oxygen saturation imaging using a portable and affordable LED-based multispectral photoacoustic and ultrasound imaging system
    Mithun Kuniyil Ajith Singh; Naoto Sato; Fumiyuki Ichihash...
    Proc. SPIE 10878, Photons Plus Ultrasound: Imaging and Sensing 2019, 2019-02
  • Real-time guidance of minimally-invasive peripheral vascular access procedures using a point of care LED-based photoacoustic and ultrasound imaging system
    Mithun Kuniyil Ajith Singh; Naoto Sato; Fumiyuki Ichihash...
    Proc. SPIE 10868, Advanced Biomedical and Clinical Diagnostic and Surgical Guidance Systems XVII, 2019-02
  • Compound Movement Support by an ULSS Based on a Bioelectrical Signal for Upward High Load Works
    Fujita Takehiro; Sankai Yoshiyuki
    Proc. of the 35th International Symposium on Automation and Robotics in Construction (ISARC2018), 2018-07
  • Integrated Non-invasive Vital Signs Monitoring System for Detecting Stress
    Nakagawa Koji; Kawamoto Hiroaki; 山海 嘉之
    SICE Annual Conference 2018/pp.1612-1617, 2018-09
  • Combined automated system for tissue engineered vascular graft production and follow up
    Baba Kazutomo; Sankai Yoshiyuki
    5th Tissue Engineering and Regenerative Medicine International Society World Congress, 2018-09
  • Basic Study on Cybernic Interface for Neuromuscular Intractable Rare Diseases Patients Operating an Electric Wheelchair
    Imahori Masanobu; Kawamoto Hiroaki; Sankai Yoshiyuki
    proceedings of the International Symposium on System Integration (SII2019)/pp.254-258, 2019-01
  • IMU Sensor Module for the Measurement of High-speed Motion in the Analysis of Human Skills
    Kuwahara Takashi; Sankai Yoshiyuki; Kawamoto Hiroaki
    proceedings of the International Symposium on System Integration (SII2019)/pp.560-565, 2019-01
  • Lateral Symmetry of Synergies in Lower Limb Muscles of Acute Post-stroke Patients After Robotic Intervention.
    CK Tan; H Kadone; H Watanabe; Marushima A; M Yamazaki; Y ...
    Front Neurosci/12/p.276, 2018
  • Reshaping of Bilateral Gait Coordination in Hemiparetic Stroke Patients After Early Robotic Intervention.
    S Puentes; H Kadone; H Watanabe; T Ueno; M Yamazaki; Y Sa...
    Front Neurosci/12/p.719, 2018
  • Reshaping of Gait Coordination by Robotic Intervention in Myelopathy Patients After Surgery.
    S Puentes; H Kadone; S Kubota; T Abe; Y Shimizu; Marushim...
    Front Neurosci/12(99), 2018
  • Application of a newly developed upper limb single-joint hybrid assistive limb for postoperative C5 paralysis: An initial case report indicating its safety and feasibility.
    S Kubota; T Abe; M Koda; H Kadone; Y Shimizu; Y Mataki; H...
    J Clin Neurosci/50/pp.268-271, 2018
  • Hybrid assistive limb (HAL) treatment for patients with severe thoracic myelopathy due to ossification of the posterior longitudinal ligament (OPLL) in the postoperative acute/subacute phase: A clinical trial.
    S Kubota; T Abe; H Kadone; Y Shimizu; T Funayama; H Watan...
    J Spinal Cord Med 2018 Oct 18 [Epub ahead of print], 2018
著書
  • 未来を拓く、希望のサイボーグ
    山海 嘉之
    NHKプロフェッショナル仕事の流儀3 創造するプロフェッショナル, ポプラ社, pp.43-82, 2018-04
  • 人に寄り添い希望を運ぶサイバニクス
    山海 嘉之
    医の希望, 岩波書店, pp.3-30, 2019-03
  • Wearable Robots May Change Our Life
    Sankai Yoshiyuki
    FLEXⅠENGLISH COMMUNICATION, pp.123-131, 2017-02
  • サイバニクス治療:医療用HALによる機能再生治療
    山海 嘉之; 桜井 尊
    再生医療とリハビリテーション, 美輪書店, pp.108-119, 2018-03
  • サイバニクスが拓く未来-テクノピアサポートの時代を生きる君たちへ-
    山海 嘉之
    筑波大学出版会, 2018-03
  • 革新的サイバニックシステムによる未来開拓
    山海 嘉之
    科学技術と知の精神文化VII, 丸善出版, pp.107-141, 2018-02
  • トピックス:ロボットスーツHAL
    Sankai Yoshiyuki
    今日の整形外科治療指針(第7版), 山海嘉之, pp.342-343, 2016-05
  • 運動適応の科学<運動生理学シリーズ>
    山海 嘉之
    1998-01
  • Gait Support for Complete Spinal Cord Injury Patient by Synchronized Leg-Swing with HAL
    Tsukahara Atsushi; Hasegawa Yasuhisa; Sankai Yoshiyuki
    2011 IEEE/RSJ INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT ROBOTS AND SYSTEMS, IEEE, 2011-01
  • Active air mat for comfortable and easy to wear a forearm support system
    Hasegawa Yasuhisa; Tayama Munenori; Saito Takefumi; Sanka...
    2011 IEEE/RSJ INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT ROBOTS AND SYSTEMS, IEEE, 2011-01
  • Tongue Motion-based Operation of Support System for Paralyzed Patients
    Takahashi Junji; Suezawa Satoru; Hasegawa Yasuhisa; Sanka...
    2011 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON REHABILITATION ROBOTICS (ICORR), IEEE, 2011-01
  • Gait Support for Complete Spinal Cord Injury Patient by Synchronized Leg-Swing with HAL
    Tsukahara Atsushi; Hasegawa Yasuhisa; Sankai Yoshiyuki
    2011 IEEE/RSJ INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT ROBOTS AND SYSTEMS, IEEE, 2011-01
  • Evaluation of fingertip force accuracy in different support conditions of exoskeleton
    Hasegawa Yasuhisa; Tokita Junichiro; Kamibayashi Kiyotaka...
    2011 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTICS AND AUTOMATION (ICRA), IEEE, 2011-01
  • Development of a Bidirectional Data Communication System Using Ultra High Frequency Radio Wave for Implantable Artificial Hearts
    Tsujimura Shinichi; Yamagishi Hiroto; Sankai Yoshiyuki
    TENCON 2010: 2010 IEEE REGION 10 CONFERENCE, IEEE, pp.1746-1751, 2010-01
  • Performance evaluations of hand and forearm support system
    Hasegawa Yasuhisa; Watanabe Kosuke; Sankai Yoshiyuki
    IEEE/RSJ 2010 INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT ROBOTS AND SYSTEMS (IROS 2010), IEEE, 2010-01
  • Cooperative walk control of paraplegia patient and assistive system
    Hasegawa Yasuhisa; Jang Junho; Sankai Yoshiyuki
    2009 IEEE-RSJ INTERNATIONAL CONFERENCE ON INTELLIGENT ROBOTS AND SYSTEMS, IEEE, pp.4481-4486, 2009-01
  • bioLights: Light Emitting Wear for Visualizing Lower-Limb Muscle Activity
    Igarashi Naoto; Suzuki Kenji; Kawamoto Hiroaki; Sankai Yo...
    2010 ANNUAL INTERNATIONAL CONFERENCE OF THE IEEE ENGINEERING IN MEDICINE AND BIOLOGY SOCIETY (EMBC), IEEE, pp.6393-6396, 2010-01
  • Working Posture Control of Robot Suit HAL for Reducing Structural Stress
    Kawabata Tomoyoshi; Satoh Hozumi; Sankai Yoshiyuki
    2009 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTICS AND BIOMIMETICS (ROBIO 2009), VOLS 1-4, IEEE, pp.2013-2018, 2009-01
  • Bathing Care Assistance with Robot Suit HAL
    Satoh Hozumi; Kawabata Tomoyoshi; Sankai Yoshiyuki
    2009 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTICS AND BIOMIMETICS (ROBIO 2009), VOLS 1-4, IEEE, pp.498-503, 2009-01
  • Five-fingered assistive hand with mechanical compliance of human finger
    Hasegawa Yasuhisa; Mikami Yasuyuki; Watanabe Kosuke; Sank...
    2008 IEEE INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTICS AND AUTOMATION, VOLS 1-9, IEEE, pp.718-724, 2008-01
  • Wearable Handling Support System for Paralyzed Patient
    Hasegawa Yasuhisa; Mikami Yasuyuki; Watanabe Kosuke; Firo...
    2008 IEEE/RSJ INTERNATIONAL CONFERENCE ON ROBOTS AND INTELLIGENT SYSTEMS, VOLS 1-3, CONFERENCE PROCEEDINGS, IEEE, pp.741-746, 2008-01
  • Development of Failure Detection System Based on Vibration Signal for Smart Artificial Heart: in Vitro Study
    Tsujimura Shinichi; Kuwabara Takashi; Koguchi Harutoshi; ...
    2008 30TH ANNUAL INTERNATIONAL CONFERENCE OF THE IEEE ENGINEERING IN MEDICINE AND BIOLOGY SOCIETY, VOLS 1-8, IEEE, pp.697-702, 2008-01
  • Design and Construction of Training Management System with Rich Internet Application for Running in Physical Education
    Tsujimura Shinichi; Nabekura Yoshiharu; Sankai Yoshiyuki
    2008 IEEE INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON IT IN MEDICINE AND EDUCATION, VOLS 1 AND 2, PROCEEDINGS, IEEE, pp.860-865, 2008-01
  • Standing-Up Motion Support for Paraplegic Patient with Robot Suit HAL
    Tsukahara Atsushi; Hasegawa Yasuhisa; Sankai Yoshiyuki
    2009 IEEE 11TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON REHABILITATION ROBOTICS, VOLS 1 AND 2, IEEE, pp.244-250, 2009-01
  • Optical Measurement of Blood Hematocrit on Medical Tubing with Dual Wavelength and Detector Model
    Oshima Shiori; Sankai Yoshiyuki
    EMBC: 2009 ANNUAL INTERNATIONAL CONFERENCE OF THE IEEE ENGINEERING IN MEDICINE AND BIOLOGY SOCIETY, VOLS 1-20, IEEE, pp.5891-5896, 2009-01
会議発表等
  • Early robotic intervention promoted bilateral reshaping of gait coordination in hemiparetic stroke patients.
    S Puentes; H Kadone; H Watanabe; Y Sankai; K Suzuki; Y Ha...
    13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress/2019-6-9
  • Enhancement of gait coordination through robotic therapy in myelopathy patients with residual motor disturbances after decompression surgery.
    S Puentes; H Kadone; S Kubota; T Abe; Y Shimizu; Y Hada; ...
    13th International Society of Physical and Rehabilitation Medicine World Congress/2019-6-9
  • サイバニクスが拓く医療・介護最前線、そして未来への取り組み
    山海 嘉之
    第27回日本慢性期医療学会/2019-12-03--2019-12-03
  • サイバニクスで変わるロコモの未来 〜 人・ロボット・情報系の融合 〜
    山海 嘉之
    第9回運動器抗加齢医学研究会/2019-12-01--2019-12-01
  • Effects of hybrid assistive limb (HAL) on muscle strength in patients with heart failure
    Kato Hidenori; Koike Akira; Wu Longmei; Watanabe Hiroki; ...
    EuroPrevent/2019-4-11
  • サイボーグとロボットと医療イノベーション
    山海 嘉之
    医療とスポーツのシンポジウム/2019-11-30--2019-11-30
  • 人・ロボット・情報系が融合した「装着型サイボーグHAL」 〜 人とテクノロジーが共生する社会に向けて 〜
    山海 嘉之
    第41回日本バイオマテリアル学会大会/2019-11-26--2019-11-26
  • サイバニクス技術の職業・災害医学への展開
    山海 嘉之
    第67回日本職業災害医学会総会/2019-11-09--2019-11-09
  • 革新的サイバニクス技術による医療イノベーションへの取り組み 〜 人・ロボット・情報系の融合技術が世界へ発信されていく 〜
    山海 嘉之
    第81回 日本臨床外科学会総会/2019-11-15--2019-11-15
  • Pioneering the Future “Society 5.0/SDGs” through CYBERNICS for Social Innovation and the Aging Society - Fusion of Humans, AI-Robots and Information Systems -
    Sankai Yoshiyuki
    MIRAI: Moving together towards a sustainable future/2019-11-12--2019-11-12
  • Cybernics Treatment - Innovation with Neurologically Controlled HAL
    Sankai Yoshiyuki
    Convergence Neuroscience Conference/2019-11-08--2019-11-08
  • サイバニクスで未来を拓く
    山海 嘉之
    令和元年度全国工業高等学校長協会 第67回研究協議会岡山大会/2019-10-25--2019-10-25
  • サイバニクスで拓く医療イノベーションの未来
    山海 嘉之
    第22回日本栓子検出と治療学会 市民公開講座/2019-10-19--2019-10-19
  • Beyond Robotics: Wearable Cyborg HAL for Neurological Treatment Can Help in Spinal Cord Injury Recovery
    Sankai Yoshiyuki
    First Biennial International Sports and Spine Congress: Advances in Insights on the Intersection of Sports Activities and Spinal Health/2019-10-18--2019-10-18
  • Cybernics Treatment - Innovation in Functional Regenerative Medicine
    Sankai Yoshiyuki
    Annual meeting of the Hungarian Rehabilitation Society/2019-10-04--2019-10-04
  • Entrepreneurship and Innovation for Shaping the Next Society
    Sankai Yoshiyuki
    筑波会議/2019-10-03--2019-10-03
  • サイバニクスが拓く未来の遠隔医療の形
    山海 嘉之
    第67回日本心臓病学会学術集会/2019-09-13--2019-09-13
  • Challenges for Social Implementation of Innovative Cybernic Systems - Fusion of Humans, Robots and Information Systems -
    山海 嘉之
    The 12th Conference on Field and Service Robotics(FSR2019)/2019-08-30--2019-08-30
  • サイバニクスによる人とテクノロジーの共生 〜人・ロボット・AIが融合したテクノ・ピアサポート〜
    山海 嘉之
    第3回日本ヘルスケアダイバーシティ学会/2019-08-25--2019-08-25
  • サイバニクスで拓く医療・福祉の未来
    山海 嘉之
    第22回日本臨床脳神経外科学会/2019-07-21--2019-07-21
  • 革新的サイバニクス技術による医療・介護の未来
    山海 嘉之
    第56回日本リハビリテーション医学会学術集会/2019-06-15--2019-06-15
  • 術後長期が経過した慢性期脊髄障害患者に対する両脚型HALを用いた機能回復治療
    久保田茂希; 門根秀樹; 清水如代; 安部哲哉; 国府田正雄; 菅...
    第33回日本整形外科学会基礎学術総会/2018-10-11--2018-10-12
  • 重度歩行障害を呈する頚・胸椎後縦靱帯骨化症術後急性期におけるロボットスーツHALを用いた治療
    久保田茂希; 安部哲哉; 清水如代; 門根秀樹; 船山 徹; 国府田...
    第91回日本整形外科学会学術総会/2018-05-24--2018-05-27
  • 重度脊髄障害を呈した胸椎後縦靱帯骨化症に対する術後HAL訓練の効果
    安部哲哉; 久保田茂希; 藤井賢吾; 三浦紘世; 長島克弥; 熊谷 ...
    第47回日本脊椎脊髄病学会学術集会/2018-04-12--2018-04-14
  • Improvement of lateral symmetry of lower limb muscle activation timing after HAL intervention in acute phase post-stroke patients
    Kadone Hideki; Watanabe Hiroki; Ueno Tomoyuki; Hada Yasus...
    日本リハビリテーション医学会第55回学術集会/2018-06-28--2018-07-01
知的財産権
  • 生体情報計測装置及び生体情報計測方法
    山海 嘉之
  • 生理状態評価装置
    山海 嘉之
  • 光音響画像化装置及び光音響画像化方法
    山海 嘉之
  • 心拍出支援装置
    山海 嘉之
  • インタラクティブ情報伝達システム及びインテラクティブ情報伝達方法
    山海 嘉之
  • 細胞層透過促進剤、薬剤吸収補助用組成物、及び医薬組成物
    山海 嘉之
  • インタラクティブ情報伝達システム及びインタラクティブ情報伝達方法
    山海 嘉之
  • インタラクティブ情報伝達システム及びインタラクティブ情報伝達方法
    山海 嘉之
  • 情報伝達システム
    山海 嘉之
  • 装着式動作補助装置及びその制御方法
    山海 嘉之
  • 屈伸動作支援装置
    山海 嘉之
  • 訓練システム
    Sankai Yoshiyuki
  • 義肢装着式動作補助装置
    Sankai Yoshiyuki
  • 移乗補助装置
    山海 嘉之
  • 訓練システム
    山海 嘉之
  • 防水・防塵構造及びその製造方法及びその防水・防塵構造を備えた装着式動作補助装置及びその防水・防塵構造を備えたロボット
    山海 嘉之
  • 駆動ユニット及びその駆動ユニットを備えた装着式動作補助装置
    山海 嘉之; 新宮 正弘
  • マニピュレーションシステム
    山海 嘉之
  • マニピュレーションシステム
    山海 嘉之
  • 発光装置及び装着式動作補助装置
    山海 嘉之; 脇田 英和; 新宮 正弘
  • インターフェイス装置及びその制御方法
    山海 嘉之; 新宮正弘
  • 人工心臓用ポンプの異常判定方法及び異常判定装置
    山根隆志; 山海嘉之
  • 血管疾患検査装置及びバイパス血管診断装置
    山海 嘉之
  • 心機能評価装置
    山海 嘉之
  • 血管疾患検査装置及びバイパス血管診断装置,
    中田金一; 山海嘉之
担当授業科目
2019-10 -- 2020-02エンパワーメント情報学特別演習 IIa筑波大学
2019-04 -- 2019-08エンパワーメント情報学特別演習 IIa筑波大学
2019-10 -- 2020-02エンパワーメント情報学特別演習 Ia筑波大学
2019-04 -- 2019-08エンパワーメント情報学特別演習 Ia筑波大学
2019-10 -- 2020-02知能機能システムコラボラトリー演習Ia筑波大学
2019-04 -- 2019-08知能機能システムコラボラトリー演習Ia筑波大学
2019-10 -- 2020-02知能機能システム特別演習XIII(専門分野を活かした社会貢献等)筑波大学
2019-04 -- 2019-08知能機能システム特別演習XIII(専門分野を活かした社会貢献等)筑波大学
2019-10 -- 2020-02知能機能システム特別演習XII(学生委員会における運営等)筑波大学
2019-04 -- 2019-08知能機能システム特別演習XII(学生委員会における運営等)筑波大学
授業以外の教育活動
2019-12 -- 2019-12JSTさくらサイエンスプラン学外
2020-01 -- 2020-01筑波大学STEAMリーダーシッププログラム「課題創造学」講座筑波大学
2019-07 -- 2020-032019年度 山陽学園大学 入試ガイド山陽学園大学
2019-05 -- 2019-05USC PRIME南カリフォルニア大学ビジネススクール
2019-01 -- 2019-01筑波大学STEAMリーダーシッププログラム「課題創造学」講座筑波大学
2019-01 -- 2019-01JSTさくらサイエンスプラン筑波大学
2018-12 -- 2018-12JSTさくらサイエンスプラン 学外
2018-11 -- 2018-11招待講演/第8学年親子交流会講演会つくば市立春日学園義務教育学校
2018-10 -- 2018-10特別講義/大阪大学MEI-Proメディカルデバイスデザインコース2018大阪大学
2018-07 -- 2018-07講義/近畿大学医学部 学部寄付講義近畿大学医学部
一般講演
  • サイバニクス革命:人・ロボット・情報系の融合複合 〜 未来開拓への挑戦 〜
    山海 嘉之
    アッヴィ合同会社講演会/2020-02-27--2020-02-27
  • 装着型サイボーグHAL最前線: 〜 サイバニクス治療、Neuro HALFIT、国際展開を中心に 〜
    山海 嘉之
    第8回日本脳神経HAL研究会/2020-02-22--2020-02-22
  • サイバニクスで障害者の未来を拓く
    山海 嘉之
    シーズニーズマッチング交流会2019/2020-02-13--2020-02-13
  • サイバニクスによる医療イノベーション最前線 〜 人に寄り添う医療機器が創る未来 〜
    山海 嘉之
    AMED難病研究課 2019年度4事業 合同成果報告会/2020-02-10--2020-02-10
  • 第2回筑波大発ベンチャーシンポジウム
    山海 嘉之
    若き起業家に向けて/2019-12-25--2019-12-25
  • 「サイバニクス産業」始動
    山海 嘉之
    サイバニクスEXPO/2019-12-16--2019-12-16
  • 人とサイバー・フィジカル空間を融合する革新的サイバニクス技術  ~医療・介護福祉分野における新価値創造への取り組み~
    山海 嘉之
    新価値創造展2019/2019-11-29--2019-11-29
  • Great Company
    山海 嘉之
    Forbes JAPAN CEO Conference 2019/2019-11-28--2019-11-28
  • Innovative Cybernic System for promoting Medical Innovation -- Functional Regenerative Treatment with Medical HAL --
    山海 嘉之
    the first ROBOT SUIT HAL SEMINAR in India/2019-11-23--2019-11-23
  • 少子超高齢社会を支える革新的サイバニクス 〜 人とテクノロジーが共生するテクノ・ピアサポート 〜
    山海 嘉之
    青山学院大学ジェロントロジー研究所 第4回講演会/2019-11-16--2019-11-16
  • HALによるサイバニクス治療最前線 〜 国際展開、拡充、データ統合に向けて 〜
    山海 嘉之
    第3回近畿HAL研究会/2019-10-26--2019-10-26
  • つくば中心市街地エリアマネジメント検討委員会
    山海 嘉之
    “CYBERNIC CITY” - Innovation TSUKUBA 2030 -/2019-10-15--2019-10-15
  • Cybernics Revolution: Cyberdyne’s Vision and Strategy
    Sankai Yoshiyuki
    ビジネス&政策プログラム/2019-10-07--2019-10-07
  • Future of regenerative medicine and Cybernics Treatment
    山海 嘉之
    The Italian Forum on Medical HAL, 2019 - Innovative Neurorehabilitation through Cybernics Treatment -/2019-10-05--2019-10-05
  • 医療における新産業創出
    山海 嘉之
    先端医療コンソーシアム 第2回医療機器部会/2019-08-22--2019-08-22
  • 革新的サイバニックシステム最前線 ~人と社会のための社会変革への挑戦~
    山海 嘉之
    バードライフサポーター結成3周年記念祝賀会/2019-08-10--2019-08-10
  • 人・ロボット・情報系の融合複合: サイバニクスが拓く未来
    山海 嘉之
    (株)岡山情報処理センター創業50周年フェア/2019-08-08--2019-08-08
  • サイバニクスが拓く未来 〜 人とテクノロジーが共生する未来社会を創り出す 〜
    山海 嘉之
    中高生理工系進学応援シンポジウム及びリケジョサイエンス合宿/2019-07-31--2019-07-31
  • サイバニクスによる機能改善・機能再生と自立支援  ~ 人とテクノロジーの共生が始まる ~
    山海 嘉之
    広島ロボケアセンターオープニング記念講演会/2019-07-06--2019-07-06
  • CYBERDYNEが目指すCybernics Startup Ecosystem: C-Startup 〜 スタートアップが育ち成長し、さらにスタートアップを支援する 〜
    山海 嘉之
    Tsukuba Startup Night 2019/2019-07-04--2019-07-04
  • Society5.0を実現する「サイバニクス産業」と地元企業との連携 〜 地域イノベーションへの取り組み 〜
    山海 嘉之
    郡山市民講座/2019-06-27--2019-06-27
  • サイバニクスによる医療イノベーション最前線 〜 医療機器化・社会実装・新産業創出への取り組み 〜
    山海 嘉之
    先端医療コンソーシアム 第1回医療機器部会/2019-06-05--2019-06-05
  • 革新的サイバニックシステム:ロボットスーツHAL®︎
    山海 嘉之
    第7回 技術経営・イノベーションシンポジウム/2019-06-04--2019-06-04
  • テクノロジーNEXT【サイバニクス】:〜 人間の機能を改善・再生・拡張する革新的サイバニクス技術 〜
    山海 嘉之
    テクノロジー NEXT 2019/2019-05-27--2019-05-27
  • Era of Techno Peer Support: Innovative Cybernics Technology pioneering the New Digital Care Industry
    Sankai Yoshiyuki
    Canadian Women-Only Business Mission to Japan: BUILDING WOMEN’S PARTNERSHIPS IN THE CARE ECONOMY/2019-04-02--2019-04-02
学協会等委員
2019-04 -- 2020-03先端医療コンソーシアム座長
2018-08 -- 2020-03つくば市未来構想等審議会委員
2016-11 -- 2018-03茨城県科学技術振興会議委員
2018-07 -- 2019-02特許庁「平成30年度特許出願技術動向調査-パワーアシストスーツ-」技術動向調査アドバイザリーボード委員長
2018-03 -- 2022-03文部科学省研究振興機構Society5.0実現化研究開発拠点支援事業推進委員会 委員
2017-06 -- 2021-06ロボット革命イニシアティブ協議会評議委員
2018-09 -- 2021-03一般社団法人日本ヘルスケアダイバーシティ学会アドバイザリーボード
2016-04 -- 2020-03国立研究開発法人産業技術総合研究所国立研究開発法人産業技術総合研究所経営戦略会議
2019-01 -- 2019-12ASTEM標準化委員会Subcommittee
2019-04 -- 2020-03日本運動器科学学会評議員
学内管理運営業績
2019-08 -- 2020-03Tsukuba Mini Maker Faire実行委員会実行委員会委員
2018-04 -- (現在)人工知能科学センター構成員
2019-02 -- 2024-03創基151年筑波大学50周年記念基金推進委員会副会長
2018-12 -- (現在)ヒューマニクス学位プログラム運営委員会統括(理工情報学領域)
2019-04 -- (現在)ヒューマニクス学位プログラム メンター教員
2017-10 -- (現在)サイバニクス研究センター研究統括
その他の活動
2017-10 -- (現在)世界経済フォーラム(ダボス会議)第四次産業革命センター(サンフランシスコ)センターパートナー
2017-10 -- (現在)日本工学アカデミー 正会員

(最終更新日: 2020-03-11)