現在地

武若 聡(タケワカ サトシ; Takewaka, Satoshi)

face
所属
システム情報系
職名
教授
研究分野
水工学
研究キーワード
リモートセンシングによる沿岸環境工学
研究課題
沿岸漂砂フラックスのリモートセンシング観測手法の確立2016 -- 2018武若 聡日本学術振興会/基盤研究(C)4,810,000円
海岸保全基本計画の策定への気候変動影響評価と適応策の反映2015 -- 2019武若文部科学省(JAMSTEC受託研究)/25,000,000円
河口−沿岸域の土砂ストックとフローのモニタリングシステムの構築2013 -- 2015武若 聡日本学術振興会/基盤研究(C)5,070,000円
生分解シートブロックによる漂砂フラックスと汀線位置の柔軟な制御2011 -- 2012武若 聡日本学術振興会/挑戦的萌芽研究1,560,000円
レーダネットワークによる漂砂系内土砂フラックスの高分解能推定2009 -- 2011武若 聡日本学術振興会/科学研究費助成事業基盤研究(B)
Xバンドレーダシステムと係留ビデオシステムによる砕波帯水理ダイナミックスの観測2001 -- 2003武若 聡日本学術振興会/基盤研究(B)7,900,000円
職歴
2012 -- (現在)筑波大学 教授
学歴
-- 1986筑波大学 第三学群 基礎工学類
-- 1990筑波大学 工学研究科 構造工学
取得学位
博士(工学)
所属学協会
-- (現在)土木学会
-- (現在)日本流体力学会
-- (現在)水文・水資源学会
論文
  • ベトナム北部ハイハウ海岸の発達と侵食過程に関する研究
    工藤 祐希; 武若 聡
    土木学会論文集B2(海岸工学)/73(2)/pp.I_781-I_786, 2017-10
  • 鹿島灘南端部の汀線変動の特徴
    武若 聡; 文 天悦
    土木学会論文集B2(海岸工学)/73(2)/pp.I_679-I_684, 2017-10
  • 合成開口レーダによる海岸地形情報の抽出
    行川 修平; 松本 顕政; Takewaka Satoshi
    土木学会論文集B2(海岸工学)/72(2)/pp.I_1735-I_1740, 2016-10
  • 天竜川河口砂州の浸食パターンと規模に関する研究
    小野 智紀; 高橋 幹人; Takewaka Satoshi
    土木学会論文集B2(海岸工学)/72(2)/pp.I_721-I_726, 2016-10
  • Temporal and spatial characteristics of shoreline variability at Cox's Bazar, Bangladesh
    MAHAMUD Upal; TAKEWAKA Satoshi
    土木学会論文集B2(海岸工学)/72(2)/pp.I_715-I_720, 2016
  • Visibility of River Plume Fronts with an X-Band Radar
    Takewaka Satoshi
    JOURNAL OF SENSORS/2016, 2016
  • Observation of Whole Flushing Process of a River Sand Bar by a Flood Using X-Band Radar
    Takewaka Satoshi
    Journal of Marine Science and Engineering, 2016-04
  • A Study on the Morphological Characteristics around Artificial Headlands in Kashima Coast, Japan
    Seunghyun An; Takewaka Satoshi
    JOURNAL OF COASTAL RESEARCH/32(3)/pp.508-518, 2015-09
  • Temporal and Spatial Shoreline Variabilty Observed with a X-Band Radar at Hasaki Coast, Japan
    Takewaka Satoshi
    Coastal Sediments 2015, 2015-05
  • Observation of Sediment Processes of a Flood Event at the River Mouth of Tenryu, Japan with X-Band Radar and In Situ Measurements
    Takewaka Satoshi
    Coastal Sediments 2015, 2015-05
  • A study on characteristics of shoreline variability around artificial headlands
    AN Seunghyun; TAKEWAKA Satoshi
    土木学会論文集B2(海岸工学)/71(2)/pp.I_607-I_612, 2015
  • Analyses on phenological and morphological variations of mangrove forests along the southwest coast of Bangladesh
    Anwar Md. Shibly; Takewaka Satoshi
    Journal of Coastal Conservation/18(4)/pp.339-357, 2014-08
  • 天竜川河口域の出水と波浪による地形変動の観測
    高橋 幹人; 武若 聡
    土木学会論文集B2(海岸工学)/70(2)/pp.I_636-I_640, 2014
  • 夏季の鹿島灘浅海域で観測された水温変動とフロントの伝播に関する研究
    行川 修平; 武若 聡
    Journal of Japan Society of Civil Engineers, Ser. B2 (Coastal Engineering)/70(2)/pp.I_441-I_445, 2014
  • Observation of Stormy Wave Fields by X-band Radar
    RAFIEI Komail; TAKEWAKA Satoshi
    土木学会論文集B2(海岸工学)/70(2)/pp.I_466-I_470, 2014
  • A Study on the Shoreline Variations of Long Sandy Beach with Artificial Headlands
    AN Seunghyun; TAKEWAKA Satoshi
    土木学会論文集B2(海岸工学)/70(2)/pp.I_591-I_595, 2014
  • Observation of shoreline positions in a littoral cell with X-band radars
    Takewaka Satoshi
    Coastal Dynamics 2013, 2013-06
  • バングラデシュ南西部沿岸の地形変化とその要因に関する分析
    武若 聡; アンワー シブリー
    土木学会論文集B2(海岸工学)/69(2)/pp.I_1396-I_1400, 2013
  • 水柱振動型波力発電の効率化に関する基礎的検討
    田中 翔一; 野戸 秀晶; 武若 聡
    土木学会論文集B3(海洋開発)/69(2)/pp.I_126-I_131, 2013
  • 漂砂系内の土砂移動の観測方法に関する研究
    武若 聡; 安 勝鉉
    土木学会論文集B2(海岸工学)/69(2)/pp.I_741-I_745, 2013
  • ベトナム北部ハイハウ海岸の大規模侵食の経過とその分析
    MAI Thi Thu Thuy; 長塚 信二; 西畑 剛; 武若 聡; 三村 信男;...
    土木学会論文集B2 (海岸工学)/68(2)/pp.I_1441-I_1445, 2012-10
  • 数値波動水槽CADMAS-SURFの拡張による波力発電装置の空気流解析
    田中 翔一; 武若 聡; 野戸 秀晶
    土木学会論文集B3(海洋開発)/68(2)/pp.I_900-I_904, 2012
  • 鹿島灘沿岸の大規模侵食の回復過程
    武若 聡; 柳嶋 慎一
    土木学会論文集B2(海岸工学)/68(2)/pp.I_656-I_660, 2012
  • The influence of alongshore and cross-shore wave energy flux on large- and small-scale coastal erosion patterns
    Galal Elsayed M.; Takewaka Satoshi
    EARTH SURFACE PROCESSES AND LANDFORMS/36(7)/pp.953-966, 2011-06
  • Xバンドレーダによる感潮域の河道地形変動の観測
    武若 聡; 白川直樹; 坂谷好彦; 内田泰雄
    河川技術論文集/16/p.41-46, 2010-06
著書
  • 茨城県南部の海岸
    武若 聡
    日本の海岸, 2013-05
  • Coastal Engineering Manual日本語版CD-ROM,
    近藤俶郎監訳; +武若 聡
    アクアテック, 2008-01
会議発表等
  • Shoreline variabilities observed at two locations in a littoral cell
    Takewaka Satoshi
    Coastal Dynamics 2017/2017-06-13
知的財産権
  • 漂砂制御用施工体
    武若 聡
担当授業科目
2018-04 -- 2018-06環境流体工学特論筑波大学
2018-11 -- 2019-02専門英語B筑波大学
2018-10 -- 2019-02構造エネルギー工学前期特別演習I筑波大学
2018-10 -- 2019-02構造エネルギー工学前期特別演習II筑波大学
2018-10 -- 2019-02構造エネルギー工学前期特別研究I筑波大学
2018-10 -- 2019-02構造エネルギー工学前期特別研究II筑波大学
2018-10 -- 2019-02インターンシップ(構造エネルギー工学)筑波大学
2018-10 -- 2019-02構造エネルギー工学後期特別研究筑波大学
2018-10 -- 2019-02構造エネルギー工学後期特別演習筑波大学
2018-10 -- 2019-02物理学実験筑波大学
メッセージ
I prefer to work with foreign students. I am now concentrating in coastal remote sensing, especially, X-band radar studies. It's a powerful tool to observe transitional coastal states over an area. Please contact me via email (takewaka @ kz.sukuba.ac.jp) if you are interested in coastal remote sensing.

(最終更新日: 2018-06-27)