現在地

田中 博(タナカ ヒロシ; Tanaka, Hiroshi)

face
所属
計算科学研究センター
職名
教授
研究分野
気象・海洋物理・陸水学
研究キーワード
大気科学
大気大循環
大気力学
研究課題
ロスビー波の砕波と飽和による地衡風乱流理論の構築2017-04 -- 2020-03田中博日本学術振興会/基盤研究C)4,420,000円
北極振動の力学的成因解明の研究2007-05 -- 2009-03田中博日本学術振興会/基盤研究(A)/28,000,000円
衛星データを用いた火山灰移流拡散モデル(PUFF)の検証実験2001 -- 2001/出資金による受託研究
北極振動の力学に関する研究1997 -- 2006/国際共同研究
ブロッキングの研究1981-01 -- (現在)/
傾圧不安定1988 -- (現在)/
北極振動の研究1996-01 -- (現在)/(選択しない)
四次元同化技術開発2007-04 -- (現在)/
全球雲解像モデルの開発2007-04 -- (現在)/
大気大循環の研究 -- (現在)/
職歴
2005-06 -- (現在)筑波大学 計算科学研究センター 教授
学歴
1976-04 -- 1980-03筑波大学 第一学群自然学類 地球科学専攻卒業
-- 1988-08ミズリー大学コロンビア校大学院 大気科学研究科 大気大循環修了
取得学位
1988-08学術博士ミズリー大学大気科学教室 アメリカ
免許資格等
1994-05パラグライダーB級ライセンス
所属学協会
-- (現在)つくばサイエンスアカデミー
-- (現在)American Meteorological Society
-- (現在)American Geophysical Union
1978 -- (現在)日本気象学会
2009 -- (現在)日本地球惑星科学連合
-- (現在)日本地理学会
受賞
1998Who's Who in the World
1992Yamamoto Shono Award Meteoroogical Society of Japan
1992日本気象学会 山本・正野論文賞
1988Superior Graduate Student Award Univ. Missouri Columbia
1988Sigma Xi Graduate Student Award Univ. Missouri Columbia
1988最優秀大学院生賞 (Superior Graduate Achievement Award)
1988シグマサイ大学院研究賞 (Sigma Xi,Graduate Student Research Award)
論文
  • Numerical Simulations of Volcanic Ash Plume Dispersal for Sakura-Jima Using Real-Time Emission Rate Estimation
    Tanaka Hiroshi L.; Iguchi Masato
    JOURNAL OF DISASTER RESEARCH/14(1)/pp.160-172, 2019-02
  • 公園規模とWBGTとの関係に関する観測研究
    高木美彩; +日下 博幸; 田中博; 中村美紀; 酒井敏
    日本地理学会2011年春季学術大会予稿集, 2011-03
  • 北極低気圧の3 次元構造とラグランジュ運動の解析
    田中 博
    東京大学大気海洋研究所 共同研究報告 51-54., 2018-06
  • Medium-Range Forecast Skill for Extraordinary Arctic Cyclones in Summer of 2008-2016
    Yamagami Akio; Matsueda Mio; Tanaka Hiroshi
    Geophys. Res. Lett./45(9)/pp.4429-4437, 2018-04
  • Medium-range forecast skill for Arctic cyclone
    Tanaka Hiroshi
    Abstract, Fifth International Symposium on Arctic Research, January 15-18, 2018, Hitotsubashi Hall, Tokyo, Japan, S02-O10., 2018-01
  • Analysis of cloud formation process for arctic cyclone in the non-hydrostatic icosahedral grid model
    Tanaka Hiroshi
    Abstract, Fifth International Symposium on Arctic Research, January 15-18, 2018, Hitotsubashi Hall, Tokyo, Japan, G01-O06, 2018-01
  • Multi-Decadal Variability in Planetary Albedo
    Tanaka Hiroshi
    Abstract, Fifth International Symposium on Arctic Research, January 15-18, 2018, Hitotsubashi Hall, Tokyo, Japan, S1-O01, 2018-01
  • Analysis of the difference between Arctic Oscillation and North Atlantic Oscillation using Self-Organizing Maps
    Tanaka Hiroshi
    Abstract, Fifth International Symposium on Arctic Research, January 15-18, 2018, Hitotsubashi Hall, Tokyo, Japan, S1-O01, 2018-01
  • On the Natural Component of Climate Change
    Tanaka Hiroshi
    Abstract, Fifth International Symposium on Arctic Research, January 15-18, 2018, Hitotsubashi Hall, Tokyo, Japan, S1-O01, 2018-01
  • Numerical Simulation of Volcanic Ash Plume Dispersal from Kuchinoerabujima on 29 May 2015
    Tanaka Hiroshi; IGUCHI Masato
    J. Natural Disaster Science/37(2)/pp.79-90, 2016-11
  • Axisymmetric structure of the long lasting summer Arctic cyclones
    Aizawa Takuro; Tanaka H. L.
    POLAR SCIENCE/10(3)/pp.192-198, 2016-09
  • Synoptic-scale Fire Weather Conditions in Alaska
    Hayasaka Hiroshi; 田中 博; Bieniek Peter A.
    Polar Science/10(3)/pp.217-226, 2016-05
  • Numerical simulations of volcanic ash plume dispersal from Kelud volcano in Indonesia on 13 February 2014
    Tanaka Hiroshi
    J. Disaster Res., 2016-02
  • Relationship between the Arctic Oscillation and surface air temperature in multi-decadal time-scale
    Tanaka Hiroshi; Tamura Mina
    POLAR SCIENCE/10(3)/pp.199-209, 2016-03
  • AOI方程式を用いた北極振動の解析的研究
    田中 博
    天気, 2016-06
  • 自然変動と地球温暖化:地球温暖化に含まれる数十年規模変動
    田中 博
    てんきすと/(100)/pp.13-17, 2016-06
  • A370 JRA-55の速度ポテンシャルによるWalker循環の評価(熱帯大気・台風II,一般口頭発表)
    小柴 厚; 田中 博
    大会講演予講集/108/p.501, 2015-09
  • JRA-55長期再解析値の速度ポテンシャルによる熱帯循環の評価(台風・熱帯大気,一般口頭発表)
    小柴 厚; 田中 博
    大会講演予講集/107/p.500, 2015-04
  • Analysis of Unstable Solution with an MJO Structure Using a Three-Dimensional Spectral Linear Baroclinic Model
    Tanaka Hiroshi
    Sola/10/pp.103-105, 2014-05
  • 地球温暖化のハイエイタスが自然変動によるものならば人為起源の温暖化の将来予測は過大評価となる
    田中 博
    伝熱/54(1)/pp.12-15, 2015-01
  • Daily Forecast Skill of Multi-Center Grand Ensemble
    Mio Matsueda; Masayuki Kyouda; Hiroshi L. Tanaka; Tadashi...
    Scientific Online Letters on the Atmosphere/3/pp.29-32, 2007-01
  • 線形傾圧モデル(LBM)を用いた北極振動固有解の構造
    田中 博; 関 佐和香
    大会講演予講集/101/p.75, 2012-04
  • NICAMで再現された北極低気圧の急発連機構
    相澤 拓郎; 田中 博; 佐藤 正樹
    大会講演予講集/101/p.126, 2012-04
  • 重力波成分の鉛直p-速度スペクトルの特徴
    寺崎 康児; 田中 博
    大会講演予講集/101/p.137, 2012-04
  • 冬季北半球における地上気温の変動と北極振動の関係
    長門 祐太; 田中 博
    大会講演予講集/101/p.138, 2012-04
著書
  • 改訂版 地球環境学
    松岡 憲知; 田中 博; 杉田 倫明; 八反地 剛; 松井 圭介; 呉羽...
    古今書院, 2019-03
  • 地球学シリーズ3 地球学調査・解析の基礎
    上野健一; 久田健一郎; +日下 博幸; 田中博; 山中勤; 若狭幸;...
    古今書院, 2011-04
  • 地球大気の科学
    Tanaka Hiroshi
    共立出版, 2017-06
  • 地学基礎
    田中 博
    地学基礎, 実教出版, 2014-01
  • はじめての気象学
    田中 博
    はじめての気象学, 放送大学教育振興会, 2015-03
  • 偏西風の気象学
    田中 博
    2007-03
  • 地球学シリーズ、「地球環境学」
    田中 博
    2007
  • 地球学シリーズ3 地球学調査解析法
    田中 博
    2010
  • かがくる DO科学 朝日ジュニアシリーズ
    田中 博
    2011
  • 地学基礎 文部科学省検定済教科書
    田中 博
    2012-03
  • 教育セミナーNHK高校講座、地学
    猪郷久義・松井孝典・平朝彦・久田健一郎・田中博・吉岡一男;...
    日本放送出版協会, 1995-04
  • Comparative energetics analysis of climate models with high and low reoslutions. ACCESSING CLIMATE CHANGE: RESULTS FROM THE MODEL EVALUATION CONSORTIUM FOR CLIMATE ASSESSMENT. Chap. 4, . 418pp.
    Tanaka; H.L.; A. Hasegawa; +田中 博
    Gordon and Breach Science Publishers., 1997-01
  • 1993/94年夏の日本付近における異常気象の熱収支解析
    田中博; 早崎将光; 安成哲三
    気象研究ノート、1993/94年夏の異常気象の解明・日本気象学会, 1997-01
  • Comparative energetics analysis of climate models with high and low resolutions. Assesing Clinate Change : Results from MECCA
    Tanaka; H.L.; A. Hasegawa; +田中 博
    Gordon and Breach Science Publishers, 1997-01
  • 大学教育再生をめざす。-- FD 実践事例に学ぶ --
    清水一彦 編著; +田中 博
    紫峯図書, 2001-01
  • 最新地理学用語辞典
    浮田典良編; +田中 博
    大明堂, 2002-01
  • スペクトル解析ハンドブック: 地球大気の3次元スペクトル
    日野幹雄 総編集; +田中 博
    朝倉書店, 2004-01
  • プロフェッショナル英和辞典 SPED EOS「生命科学編」
    堀内克明・布山喜章 編集; +田中 博
    小学館, 2004-01
  • 順圧大気大循環モデルによる北極振動の数値実験およびその力学的考察
    田中博
    気象研究ノート206号「北極振動」, 2004-01
  • 週刊「かがくる」
    小柴昌俊 総監修; +田中 博
    朝日新聞社, 2005-01
  • 科学大辞典 第2版
    国際科学振興財団編; +田中 博
    丸善, 2005-01
  • 地球学シリーズ、「地球環境学」
    松岡憲知・田中博・杉田倫明・村山祐司・手塚章・恩田裕一 編...
    古今書院, 2007-01
  • 極域循環と日本の気候、「地球温暖化」
    林陽生 編集; +田中 博
    月刊海洋特集号, 2007-03
  • 偏西風の気象学
    田中 博
    成山堂, 2007-03
  • 順圧大気大循環モデルによる北極振動指数の予測
    加藤真悟・田中博; +田中 博
    気象研究ノート、216号、「2005/06年 日本の寒冬・豪雪」 日本気象学会, 2007-01
会議発表等
  • 山中湖における霧の消散過程の観測 : 野外実験授業として
    若月 泰孝; 加藤 隆之; 日下 博幸; 田中 博
    社団法人日本気象学会/2014-09
  • P149 2005年12月5日に発達したポーラーローの数値シミュレーション
    片庭 沙基; 田中 博; 日下 博幸
    社団法人日本気象学会/2006--2006
  • P144 モンスーンオンセット期の季節変化におけるインドシナ半島の役割
    石崎 紀子; 植田 宏昭; 田中 博; 日下 博幸
    社団法人日本気象学会/2007-09--2007-09
  • An extreme Arctic cyclone in August 2016 and its medium-range predictability
    Yamagami Akio; Matsueda Mio; Tanaka Hiroshi L.
    NORPAN Atomsphere-Ocean-Ice Interactions Workshop and Training/2017-06-05--2017-06-10
  • Predictability of summertime Arctic Cyclones on medium-range timescales
    Yamagami Akio; Matsueda Mio; Tanaka Hiroshi L.
    NORPAN AORI-UoB Workshop on Cyclones and Air-Sea Interactions/2017-11-27--2017-11-27
  • Predictability of Arctic Cyclones in medium-range ensemble forecasts.
    Yamagami Akio; Matsueda Mio; TanakaHiroshi
    The Eighth Symposium on Polar Science/2017-12-04--2017-12-08
  • Forecast verification of summertime Arctic cyclones on medium-range timescales.
    Yamagami Akio; Matsueda Mio; Tanaka Hiroshi L.
    European Geoscience Union General Assembly 2018./2018-04-08--2018-04-13
  • Medium-range forecast skill for Arctic cyclone
    Yamagami Akio; Matsueda Mio; Tanaka Hiroshi
    Fifth International Symposium on Arctic Research/2018-01-15--2018-01-18
  • Analysis of cloud formation process for arctic cyclone in the non-hydrostatic icosahedral grid model
    Kurihana Takuya; Tanaka Hiroshi
    Fifth International Symposium on Arctic Research/2018-01-15--2018-01-18
  • Multi-decadal variability in planetary albedo
    Tanaka Hiroshi; Ito Kazuki
    Fifth International Symposium on Arctic Research/2018-01-15--2018-01-18
  • On the natural component of climate change.
    Akasofu Syun-Ichi; Tanaka Hiroshi
    Fifth International Symposium on Arctic Research/2018-01-15--2018-01-18
  • Dynamics of the Arctic Oscillation as a Dominant Internal Variability and a Possible Link to the Warming Hiatus
    Tanaka Hiroshi
    ASSW2015/ISAR-4/ICARP-III/2015-04
  • 公園規模とWBGTとの関係に関する観測研究
    高木美彩; +日下 博幸; 田中博; 中村美紀; 酒井敏
    日本地理学会2011年春季学術大会予稿集_日本地理学会___721-721/2011-03
担当授業科目
2018-10 -- 2018-12地球学基礎実験筑波大学
2018-10 -- 2018-12地球環境学入門筑波大学
2018-10 -- 2019-02地球基礎物理・化学筑波大学
2018-10 -- 2019-02大気科学野外実験筑波大学
2018-04 -- 2018-08大気科学野外実験筑波大学
2018-10 -- 2019-02環境科学セミナー1F筑波大学
2018-10 -- 2019-02環境科学セミナー2F筑波大学
2018-10 -- 2019-02環境科学研究1F筑波大学
2018-10 -- 2019-02環境科学研究2F筑波大学
2018-10 -- 2019-02Seminar in Environmental Sciences 1F筑波大学
授業以外の教育活動
2012 -- 2012県民大学学外
2011-04 -- 2021-03放送大学学外
1995 -- 2004NHK高校講座地学学外
一般講演
  • 地球環境問題について(記念講演)
    田中博
    新潟県新発田市立東中学校創立40周年記念式典/2011-04-01
  • 北極振動と地球温暖化:地球温暖化が示す不都合な真実
    田中博
    (社)日本気象予報士会総会/2010-06-01
学協会等委員
2014-05 -- 2015-05日本気象学会つくば大会2015大会委員長
2014 -- 2016日本気象学会第38期理事、教育と普及委員会
2012 -- 2014日本気象学会第37期理事、教育と普及委員会
2010 -- 2012日本気象学会第36期理事、教育と普及委員会
2008 -- 2010日本気象学会第35期理事、教育と普及委員会
2006 -- 2008日本気象学会第34期理事、SOLA編集委員長
2004 -- 2006日本気象学会第33期理事、SOLA編集委員長
2002 -- 2004日本気象学会第32期理事、気象集誌編集委員長、講演企画、電子情報委員会
2000 -- 2002日本気象学会第31期理事、気象集誌編集委員長、 講演企画、 電子情報委員会
1998 -- 2000日本気象学会第30期理事、 電子情報委員長、気象集誌副編集長、講演企画
学内管理運営業績
2013-04 -- (現在)筑波大学評議員会評議員
2018-04 -- (現在)生命環境科学研究科研究科長
2018-04 -- (現在)T-ACT推進室室員
2014-04 -- 2018-03T-ACT推進室室長
2013-04 -- 2018-03学生担当副学長補佐副学長補佐
2013-04 -- 2018-03学生生活支援室室長
2011-04 -- 2013-03学長補佐室員
2011-04 -- 2013-03筑波大学生命環境科学研究科地球環境科学専攻専攻長
2011-04 -- 2013-03筑波大学FD委員会委員長
2011-04 -- 2013-03筑波大学教育イニシアティブ機構委員
その他の活動
2004 -- 2014白鳥会竹園(バドミントン)会長
メッセージ
学群と大学院で大気科学、大気力学、大気大循環の研究指導を行っています。 気象学会では1994年から2016年まで常任理事として、気象集誌編集委員長、SOLA編集委員長を歴任し、電子情報委員会と教育と普及委員会を担当しました。地球惑星連合では2007-2016に代議員、学生優秀発表賞委員を担当しました。 大学では評議員として学生生活支援室長を担当し、学生担当副学長補佐、T-ACT推進室長を務めます。

(最終更新日: 2018-08-21)