現在地

大澤 良(オオサワ リヨウ; Ohsawa, Ryo)

face
所属
生命環境系
職名
系長
URL
eメール
 
研究室
生物農林学系棟C408
研究分野
遺伝育種科学
生物資源保全学
研究キーワード
植物育種学
遺伝資源
保全生物学
研究課題
サイバーフィジカルシステムを利用した作物強靭化による食料リスクゼロの実現2020-12 -- 2025-03大澤 良国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター/ムーンショット型農林水産研究開発
孤児作物在来品種の機能性向上を目指した高効率育種システムの確立2019-10 -- 2022-03大澤 良日本学術振興会・科学研究費補助金 (国際共同研究強化(B)/
ノンアレルゲンソバ品種育成に向けたソバの効率的育種基盤の構築2016-04 -- 2019-03大澤 良国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構生物系特定産業技術研究支援センター/63,681,000円
低減・欠失型アレルゲンソバ素材の開発およびその有効性の検証2019-04 -- 2021-03原 尚資国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構生物系特定産業技術研究支援センター/イノベーション創出強化研究推進事業3,000,000円
そば 需要拡大のための『デンプン改変そば』の系統開発と評価2018-07 -- 2021-03鈴木達郎国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構生物系特定産業技術研究支援センター/イノベーション創出強化研究推進事業5,300,000円
高タンパク質ソバ品種育成に向けたタンパク質含量差異の探索について2018-04 -- 2019-03大澤 良/筑波大学/つくば産学連携強化プロジェクト1,000,000円
アレルゲン欠失・低減化ソバ育成を目指した食品化学・臨床医学・育種学融合研究2016-04 -- 2019-03大澤 良日本学術振興会/基盤研究(A)40,430,000円
NBTの社会実装のための社会科学的調査と導入遺伝子残存や変異発生等に関する科学的知見の集積2014-10 -- 2018-03大澤 良国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 生物系特定産業技術研究支援センター/戦略的イノベーション創造プログラム(次世代農林水産業創造技術)256,508,000円
遺伝子組換えダイズを評価するためのツルマメの生態的特性の把握2013-04 -- 2016-03大澤 良農業環境技術研究所/新たな遺伝子組換え生物にも対応できる生物多様性影響評価・管理技術の開発委託事業502,000円
遺伝子地図情報に基づくサクラソウ個体群の遺伝構造に関する研究2000 -- 2003/出資金による受託研究
職歴
2021-04 -- (現在)筑波大学 生命環境 系長
2020-09 -- 2022-03科学技術振興機構  創発的研究支援事業アドバイザー
2020-04 -- (現在)日本学術振興会 学術システム研究センター農学・環境専門調査班 主任研究員
2018-04 -- 2018-12OECDバイオテクノロジー規制監督の調和に関する作業グループ 副座長
2013-04 -- 2016-03日本学術振興会 学術システム研究センター 農学専門調査班 専門研究員
2011-10 -- (現在)筑波大学 生命環境系 教授
2010-04 -- 2011-09筑波大学 大学院生命環境科学研究科 教授
1998-10 -- 2010-03筑波大学 農林学系 助教授
1993 -- 1998農林水産省 北陸農業試験場 主任研究官
1990 -- 1992科学技術庁 科学技術 特別研究員
学歴
-- 1983東京農工大学 農学部 農学科卒業
-- 1987筑波大学 農学研究科 育種修了
取得学位
1987-03農学博士筑波大学
所属学協会
2003 -- (現在)Society for Advancement of Breeding Research in Asia and Oceania
2000 -- (現在)International Buckwheat Research Association
1983 -- (現在)日本育種学会
2003 -- (現在)日本作物学会
受賞
2013-03日本育種学会論文賞
2012-03日本育種学会論文賞
2007-03日本生態学会優秀ポスター賞
2006-03日本生態学会最優秀ポスター賞
2005-07北陸作物学会賞
2005-03日本生態学会優秀ポスター賞
1995日本育種学会奨励賞
論文
著書
  • Natural polyploidy in amaranths (Amaranthus spp.)
    Ohsawa Ryo
    The Amaranth Genome, Springer, Cham, pp.151-166, 2021
  • Biotechnology andits regulatory systems in Japan
    Ohsawa Ryo
    Genetically Modified Crops in Asia Pacific, CSIRO Publishing, 2021-02
  • 植物育種の歴史とゲノム編集の登場
    大澤良; 津田 麻衣
    最新のゲノム編集技術と用途展開, 株式会社シーエムシー出版, 2021-02
  • さくらそう
    大澤 良
    広辞苑を3倍楽しむ その2, 岩波書店, pp.42-43, 2018-2
  • 近代育種から遺伝子組換えまで
    大澤 良
    人間と作物 採集から栽培へ, ドメス出版, pp.63-88, 2016-10
  • 江戸の園芸文化における桜草と花菖蒲
    大澤 良
    「中尾佐助 照葉樹林文化論」の展開 多角的視座からの位置づけ, 北海道大学出版会, pp.487-509, 2016-6
  • 野菜園芸の育種
    大澤 良
    野菜園芸の基礎, 農文協, 2014-03
  • 新しい植物育種技術を理解しよう
    江面 浩; 大澤 良
    2013-10
  • 品種改良の日本史
    大澤 良
    悠書館, 2013-5
  • サクラソウ 武士が育てた園芸品種
    大澤 良
    栽培植物の自然史Ⅱ, 北海道大学出版会, pp.159-174, 2013-05
  • 生物統計学(向井文雄 編)
    大澤 良
    科学同人, 2011-01
  • 品種改良の世界史
    大澤 良
    悠書館, 2010-12
  • 品種改良の世界史(鵜飼保雄・大澤良 編)
    大澤 良
    悠書館, 2010-12
  • 地域と響きあう農学教育の新展開-農学系現代GPの取組みから (中島紀一 編)第3章地域連携によるマイスター育成講座 新しい課題対応型体験プログラム(筑波大学)
    大澤 良
    筑波書房, 2008-01
  • 遺伝学の基礎
    西尾剛 向井康比己 大澤良 草場信 鳥山欣哉; +大澤 良
    朝倉書店, 2006-01
  • サクラソウの分子遺伝生態学 エコゲノム・プロジェクトの黎明:第14章 遺伝的特性からみたサクラソウ園芸品種の由来
    本城正憲 吉岡洋輔 大澤良
    東京大学出版会, 2006-01
  • サクラソウの分子遺伝生態学 エコゲノム・プロジェクトの黎明:第12章 自然集団内におけるサクラソウの遺伝子流動
    北本尚子; 竹中明夫; 大澤良
    東京大学出版会, 2006-01
  • サクラソウの分子遺伝生態学 エコゲノム・プロジェクトの黎明 第10章 サクラソウの日本における種内変異と地理的分化
    本城正憲; 上野真義; 津村義彦; 鷲谷いづみ; 大澤良
    東京大学出版会, 2006-01
  • 雑穀の自然史
    山口裕文・河瀬真琴 編著; +大澤 良
    北海道大学図書刊行会, 2003-04
  • 大地からの健康学
    大澤 良
    農林統計協会, 2000-01
  • 地域資源活用食品加工総賢(共著)
    大澤 良
    1999-01
  • 地域資源活用大事典(共著)
    大澤 良
    1998-01
  • 我が国におけるソバ育種の現状と未来
    大澤 良
    1997-01
  • Variation of seed proteins in the world cultivars of Fagopyrum esculentum and F. tataricum (jointly worked)
    大澤 良
    1995-01
  • 花粉学事典 共著
    大澤 良
    1994-01
会議発表等
  • ゲノム編集技術のカルタヘナ法上の整理および取り扱い方針について
    津田 麻衣; 渡邉和男; 大澤良
    日本育種学会第138回講演会/2020-10-10--2020-10-11
  • 葉緑体DNA多型に基づく日本の自生セイヨウナタネ(Brassica napus)と遺伝資源における遺伝的多様性比較
    柳江莉那; 大嶋雅夫; 陳蕤坤; 津田 麻衣; 大澤良
    日本育種学会第138回講演会/2020-10-10--2020-10-11
  • Regulatory Approaches in Japan
    Tsuda Mai; 大澤良
    Virtual Workshop Series on Regulatory Approaches for Agricultural Applications of Animal Biotechnology Session II: Regulatory approaches for genome edited animals/2020-09-23--2020-09-24
  • 日本における遺伝子組換え作物の生物多様性影響評価のこれから
    大澤 良
    ERAプロジェクト調査報告特別号 発刊記念講演会/2019-04-26--2019-4-26
  • サクラソウ品種展
    大澤 良
    サクラソウ品種展/2019-4-13--2019-4-21
  • 日本人が育んださくらそうの文化史
    大澤 良
    日本博公式規格/2019-4-6--2019-4-14
  • 育種における先行分野から:農業分野 植物育種の歴史とゲノム編集技術について
    大澤 良
    日本学術会議主催公開シンポジウム 「わが国の水産養殖の未来像」/2019-12-19--2019-12-19
  • ゲノム編集を利用した作物・食品に対する現在の規制の枠組みにおけるハードルと今後の展開
    大澤 良
    日本食品免疫学会 第14回 産官学交流委員会主催セミナー/2019-10-18--2019-10-18
  • Regulatory Framework of Genome Editing Organisms and Foods in Japan
    Ohsawa Ryo
    Japan-China Exchange Program on Regulatory Science in Biotechnologically Derived Products/2019-08-27--2019-08-28
  • カルタヘナ法から考えるゲノム編集生物の取り扱いについて
    大澤 良
    日本学術会議「ゲノム編集生物と社会について考える」/2019-07-06--2019-07-06
  • Japanese experience with Confined Field Trials in support of ERA
    Ohsawa Ryo
    Japan-China Exchange Program on Regulatory Science in Biotechnologically Derived Products/2019-08-27--2019-08-28
  • 薬用植物マオウ(Ephedra sinica Stapf)におけるアルカロイド安定化に向けた収量性評価
    樋山 肇; 小沢 彩; 神保 智一; 吉岡 洋輔; 大澤 良
    日本育種学会第136回講演会/2019-09-05--2019-09-07
  • 薬用植物マオウ(Ephedra sinica Stapf)総アルカロイド(TA)の選抜効果検証
    樋山 肇; 小沢 彩; 神保 智一; 吉岡 洋輔; 大澤 良
    日本生薬学会第66回年会/2019-09-22--2019-09-23
  • 「ゲノム編集技術」の認知度上昇期における一般市民の受容意向および印象の変化
    渡邉大樹; 齋藤陽子; 津田 麻衣; 大澤良
    第11 回グルテン研究会/2019-10-16
  • 「ゲノム編集技術」の認知度上昇期における一般市民の受容意向および印象の変化
    渡邉大樹; 齋藤陽子; 津田 麻衣; 大澤良
    食農資源経済学会 第13回大会/2019-09-01
  • ダイズミニコアコレクションの水分ストレス反応の解析
    津田 麻衣; 加賀秋人 大森良弘 澤田有司 岩田洋佳 高橋宏和 ...
    育種学会第136回講演会/2019-09-06--2019-09-07
  • Recent regulatory improvement for ERA Data Transportability and Stack assessment
    Ohsawa Ryo
    15th International Society For Biosafty Research symposium/2019-04-01--2019-04-04
  • Recent regulatory improvement for ERA of GM crops in Japan ‐Data Transportability and Stack assessment-
    Ohsawa Ryo
    15th International Society For Biosafty Research symposium/2019-04-01--2019-04-04
  • Genetic diversity analysis of leafy amaranth in Vietnam by chloroplast and nuclear DNA markers
    Nguyen Duc Chinh; Tran Danh Suu; Tran Thi Thu Hoai; Ohsaw...
    International Plant & Animal Genome XXVII/2019-01-11--2019-01-16
  • 薬用植物マオウ(Ephedra sinica Stapf)における総アルカロイド(TA)の環境応答性と選抜効果
    樋山 肇; 小沢 彩; 神保 智一; 吉岡 洋輔; 大澤 良
    日本育種学会第134回講演会/2018-09-22--2018-09-24
  • マオウ(Ephedra sinica Stapf)の多環境試験による総アルカロイド遺伝性検証
    樋山 肇; 小沢 彩; 神保 智一; 吉岡 洋輔; 大澤 良
    日本生薬学会第65回年会/2018-09-16--2018-09-17
  • 日本の港湾付近に自生するセイヨウナタネのグルコシノレート含量及びコナガに対する抵抗性程度の変異
    柳江莉那; 津田 麻衣; 松山茂; 戒能洋一; 大澤良
    日本育種学会 第 134 回講演会/2018-09-22--2018-09-23
  • Variations in resistance to the diamondback moth of feral Brassica napus growing around the ports in Japan
    柳江莉那; Tsuda Mai; 松山茂; 戒能洋一; 大嶋雅夫; 大澤良
    15th INTERNATIONAL SOCIETY FOR BIOSAFETY RESEARCH Symposium/2019-04-01--2019-04-03
  • ゲノム編集技術の受容意向に関する継続調査
    渡邉大樹; 津田 麻衣; 齋藤陽子; 大澤良
    日本ゲノム編集学会第4回大会/2019-06-03--2019-06-05
  • Natural Polyploidy in Amaranths (Amaranthus spp.)
    Andini Rita; Sulaiman Muhammad Ikhsan; Ohsawa Ryo
    5th International Conference on Biological Science (ICBS)/2017-09-15--2017-09-16
担当授業科目
2021-10 -- 2022-02植物育種学特別研究I筑波大学
2021-04 -- 2021-08植物育種学特別研究I筑波大学
2021-10 -- 2022-02植物育種学講究II筑波大学
2021-04 -- 2021-08植物育種学講究II筑波大学
2021-10 -- 2022-02植物育種学演習I筑波大学
2021-04 -- 2021-08植物育種学演習I筑波大学
2021-10 -- 2022-02植物育種学講究I筑波大学
2021-04 -- 2021-08植物育種学講究I筑波大学
2021-10 -- 2022-02植物育種学演習II筑波大学
2021-04 -- 2021-08植物育種学演習II筑波大学
授業以外の教育活動
2014-04 -- 2019-03千葉大学大学院園芸学研究科 非常勤講師千葉大学
2015-01 -- 2015-01東京大学大学院農学生命科学研究科学位論文審査東京大学
2014-10 -- 2014-10都立小松川高校 大学模擬講義 講師都立小松川高校
2014-10 -- 2017-10愛知県立半田高等学校 大学・学部・学科研究会の講師愛知県立半田高校
2011-08 -- 2011-08岡山大学大学院 農学研究科 非常勤講師
2011-01 -- 2011-01三重県立津西高校 模擬講義講師
2010-12 -- 2010-12愛知教育大学 大学院 非常勤講師
2005-04 -- 2008-03文部科学省 現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)筑波大学
2004-02 -- 2004-02東京農工大学 農学部 非常勤講師
一般講演
  • Diffusion risk of herbicide resistant gene to the Japanese feral ryegrass population
    Shimono Ayako; Sayuri Sekine; Yoshiko Shimono; Ryo Osawa
    Global Herbicide Resistance Challenge/2013-02-18--2013-02-22
学協会等委員
2020-04 -- (現在)日本育種学会会長
2018-04 -- 2020-03日本育種学会副会長、学会賞等選考委員長
2014-04 -- 2018-03日本育種学会男女共同参画推進委員、LMO委員長、幹事長、学会賞等選考委員
2009-04 -- 2013-03日本育種学会常任幹事,幹事長,常任幹事, シンポジウム委員長,LMO委員,男女共同参画推進委員
2008 -- (現在)International Buckwheat Research Association編集委員
2001 -- 2003日本育種学会常任幹事,シンポジウム委員長,LMO委員,男女共同参画推進委員
1995 -- 1999日本育種学会常任幹事,シンポジウム委員長,LMO委員,男女共同参画推進委員
学内管理運営業績
2021-04 -- (現在)生命環境系技術室技術室長
2021-04 -- (現在)生命環境系人事委員会委員長
2021-04 -- (現在)生命環境系運営委員会委員長
2021-04 -- (現在)教育研究評議会委員
2021-04 -- (現在)運営会議委員
2021-04 -- (現在)経営協議会オブザーバー
2021-04 -- (現在)役員会委員
2021-04 -- (現在)学長選考会議委員
2021-04 -- (現在)研究推進会議委員
2021-04 -- (現在)人事企画委員会委員
その他の活動
2020-06 -- (現在)JST創発的研究支援事業 創発アドバイザー
2017-04 -- (現在)国立研究開発法人国立環境研究所 外部評価委員
2018-06 -- 2018-08OECD Conference on Genome editing Application in Agriculture 28-29, June 2018 Steering Group
2018-01 -- 2019-01OECDバイオテクノロジー規制部会副座長
2015-04 -- (現在)独立行政法人国立科学博物館 筑波実験植物園運営委員会委員
2015-03 -- (現在)農林水産省農林水産技術会議事務局 農林水産省・食品産業科学技術研究推進事業評価分科会委員
2015-02 -- 2015-02独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構野菜茶業研究所 アドバイザリー委員
2014-11 -- (現在)文部科学省・環境省「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律施行規則第10条の規定に基づく学識経験者」
2014-11 -- 2015-03公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会 「NBT実用化戦略会議」の委員
2014-08 -- (現在)特定非営利活動法人国際生命科学研究機構 ILSI Japanバイオテクノロジー研究部会アドバイザリー委員会委員

(最終更新日: 2021-07-30)