現在地

有泉 亨(アリイズミ トオル; Ariizumi, Tohru)

所属
生命環境系
職名
准教授
研究分野
園芸科学
遺伝育種科学
研究キーワード
単為結果性
ゲノム編集技術
ゲノム科学
新規F1採種技術開発
植物遺伝育種学
バイオインフォマティクス
研究課題
果実肥大化と単為結果性を示すトマト変異体の分子遺伝学的解析2018-11 -- 2021-11日本学術振興会/日本学術振興会/科学研究費補助金 特別研究員奨励費2,300,000円
バイオ産業・農業に貢献する精密ゲノム編集基盤技術の開発2018-11 -- (現在)江面浩生物系特定産業技術研究支援センター/戦略的イノベーション創造プログラム(スマートバイオ産業・農業基盤技術)
トマトバイオリソース中核拠点整備2017-04 -- 2022-03江面浩国立研究開発法人日本医療研究開発機構/ナショナルバイオリソースプロジェクト
細胞質雄性不稔性の利用によるトマトの効率的なF1採種システムの構築2018-06 -- 2021-03有泉亨生物系特定産業技術研究支援センター/イノベーション創出強化研究推進事業 基礎研究ステージ
果菜類作物を対象とした導入遺伝子フリーのゲノム編集技術開発2018 -- 2019有泉 亨日本学術振興会/挑戦的研究(萌芽)6,240,000円
トマトにおける細胞質雄性不稔性回復遺伝子同定による効率的F1採種系の確立2017 -- 2020有泉 亨日本学術振興会/基盤研究(B)18,200,000円
トマト果実発達を司る遺伝子ネットワークの解明 -- (現在)/
トマト花弁内におけるエステル化カロテノイド蓄積の分子基盤の解明2016-04 -- 2019-03有泉亨日本学術振興会/科研費 国際共同研究加速14,040,000円
日米遺伝資源の融合戦略による超収性トマトの開発2016-10 -- 2018-09有泉亨日本学術振興会/二国間交流事業共同研究4,760,000円
エリアンサス、ソルガムにおけるバイオマス制御技術の開発2016-04 -- 2017-03光田展隆科学技術振興機構(JST)/先端的低酸素化技術開発(ALCA)10,400,000円
職歴
2003-04 -- 2004-03日本学術振興会 特別研究員DC2
2004-04 -- 2005-03日本学術振興会 特別研究員PD
2005-04 -- 2007-04日本学術振興会 海外特別研究員 (Washington State University, USA)
2007-04 -- 2009-05Washington State University 博士研究員 (Washington State University, USA)
2009-05 -- 2009-05理化学研究所 博士研究員&理化学研究所客員研究員(併任)
2009-06 -- 2015-07筑波大学 助教
2015-08 -- (現在)筑波大学 生命環境系 准教授
学歴
1995-04 -- 1999-09東北大学 農学部卒業
1999-04 -- 2001-03東北大学 農学研究科 応用生命科学専攻修了
2001-04 -- 2004-03東北大学 農学研究科 応用生命科学専攻修了
取得学位
2004-03博士(農学)東北大学
所属学協会
2009-06 -- (現在)日本植物細胞分子生物学会
2009-06 -- (現在)園芸学会
2009-06 -- (現在)日本植物生理学会
2009-06 -- (現在)日本育種学会
受賞
2018-03優秀ポスター賞優秀ポスター賞
20182017年農業技術10大ニュース受粉しなくても実がなるトマトをゲノム編集で開発 -DNAを切らずに書き換える新たなゲノム編集技術を作物に応用-
2016-11-29平成28年度 日本ナス科ゲノム合同国際シンポジウムJSOL2016(国際基督教大学)優秀ポスター賞優秀ポスター賞
2016-09日本植物細胞分子生物学会 奨励賞高等植物の植物ホルモンと生殖の制御に関する分子遺伝学的研究
2015-10The 12th Solanaceae Conference (SOL2015) Best Poster Presentation Award優秀ポスター賞
2015-09平成27年度 日本ナス科ゲノム合同国際シンポジウムJSOL2015(明治大学)優秀ポスター賞優秀ポスター賞
2014平成26年度筑波大学若手教員奨励賞
2014-10Best Poster Design Award
2014-10平成24年度 日本ナス科ゲノム合同国際シンポジウムJSOL2014(名古屋大学)優秀ポスター賞(共同受賞)優秀ポスター賞
2013-10Tsukuba Global Science Week 2013 Poster Presentation Award優秀ポスター賞
2012-10第122回日本育種学会優秀発表賞優秀発表賞
2011-09日本育種学会優秀発表賞(共同受賞)優秀発表賞
2010-03平成22年度 日本ナス科・ウリ科ゲノム合同国際シンポジウム(岡山大学)優秀ポスター賞(共同受賞)優秀ポスター賞
論文
著書
  • 夢の育種技術・ゲノム編集技術による新品種創生の迅速化
    有泉 亨
    2018-03
  • Mutant Resources and TILLING Platforms in Tomato Research
    Okabe Yoshihiro; Ariizumi Tohru
    FUNCTIONAL GENOMICS AND BIOTECHNOLOGY IN SOLANACEAE AND CUCURBITACEAE CROPS, SPRINGER-VERLAG BERLIN, pp.75-91, 2016
  • 人工ヌクレアーゼを利用したゲノム編集技術
    篠崎良仁; 有泉 亨
    新しい植物育種技術を理解しよう NBT -new breeding techniques-, 国際文献社, pp.17-30, 2013-09
  • Ubiquitin becomes ubiquitious in GA signaling.
    Ariizumi T; ; Steber CM
    Plant Physiology, Fourth Edition by Lincoln Taiz and Eduardo Zeiger, 2006-01
会議発表等
  • トマト単為結果性変異体のオミクス解析による単為結果機構の解明
    神谷 健; 福島 敦史; 有泉 亨; 江面 浩; 草野 都
    第13回メタボロ―ムシンポジウム/2019-10-16--2019-10-18
  • トマト単為結果性変異体のオミクス解析による単為結果機構の解明
    神谷 健; 福島 敦史; 有泉 亨; 江面 浩; 草野 都
    第13回メタボロ―ムシンポジウム/2019-10-16--2019-10-18
  • トマト単為結果性変異体のマルチオミックスデータ解析による単為結果メカニズムの解明
    神谷 健; 福島 敦史; 羽尾 周平; 篠崎 良仁; 森 哲哉; 三谷 ...
    37回日本植物細胞分子生物学会/2019-09-07--2019-09-08
  • 青色LEDによる連続照明と高CO2濃度条件がリーフレタスのフェニルアラニンアンモニアリアーゼ活性ならびにその遺伝子発現を増大させる
    遠藤 実頼; 下村 未知瑠; 草野 都; 藤内 直道; 有泉 亨; 江面...
    園芸学会・令和元年度秋季大会/2019-09-15--2019-09-17
  • 高日持ち性トマトの作出に向けた新規ゲノム編集技術の適用
    髙山 真理子; 小松拓樹; 有泉亨; 西田敬二; 近藤昭彦; 江面浩
    第35回日本植物細胞分子生物学会/2017-08-29--2017-08-31
  • Tomato genetic resources in the National Bioresource Project (NBRP) of Japan
    Shinozaki Yoshihito; Ariizumi Tohru; Fukuda Naoya; Yoshin...
    The 11th Asian Network of Research Resource Centers Meeting (2019 ANRRC)/2019-10-16--2019-10-18
  • NBRP-Tomato Update: Summary and New Features
    Shinozaki Yoshihito; Ito Naoko; Hoshikawa Ken; Ariizumi T...
    The 16th Japan Solanaceae Conference 2019 (JSOL2019)/2019-09-26--2019-09-27
  • NBRP-Tomato: An Integrated Bioresource of Tomato
    Shinozaki Yoshihito; Hoshikawa Ken; Ariizumi Tohru; Fukud...
    XVI Solanaceae Conference (SOL 2019)/2019-09-15--2019-09-19
  • NBRP トマト: 変異体を中心としたリソースの整備・分譲および最新の利用研究成果
    篠崎 良仁; 星川 健; 伊藤 直子; 有泉 亨; 福田 直也; 金山 ...
    第 37 回日本植物細胞分子生物学会大会/2019-09-07--2019-09-08
  • トマトモデル品種‘Micro-Tom Japan’を基盤としたバイオリソース整備
    篠崎 良仁; 星川 健; 伊藤 直子; 有泉 亨; 福田 直也; 金山 ...
    園芸学会平成31年度春季大会/2019-03-23--2019-03-24
  • NBRPトマト: 研究リソースの整備状況と利用成果
    篠崎 良仁; 星川 健; 伊藤 直子; 有泉 亨; 福田 直也; 金山 ...
    日本育種学会第135回講演会/2019-03-15--2019-03-17
  • トマトの単為結果に関わる鍵遺伝子共発現ネットワーク解析による新規候補遺伝子の探索
    神谷 健; Tuan Vu Nam; 福島 敦史; 羽尾 周平; 篠崎 良仁; 王...
    第60回日本植物生理学会年会/2019-03-13--2019-03-15
  • The optimization of single base editing technology by Target-AID in tomato
    嘉祥寺谷幸子; 西田敬二; 三浦 謙治; 近藤昭彦; 江面 浩; ...
    The 15th Japan Solanaceae Consortium JSOL2018/2018-10-19
  • Tomato bioresources in Japan: Mutant collection based on ‘Micro-Tom-Japan’
    Hoshikawa Ken; Naoko ito; T Ariizumi; N Fukuda; Y Kanayam...
    The 10th ANRRC International Meeting/2018-09-05--2018-09-07
  • トマトモデル品種マイクロトムを基盤としたリソース整備
    Hoshikawa Ken; 伊藤直子; 有泉亨; 福田直也; 久保康隆; 金山...
    第36回日本植物細胞分子生物学会(金沢)大会/2018-08-26--2018-08-28
  • 新規受容体様タンパク質SPFFの機能欠損はトマトの単為結果を引き起こす
    武井瞳; 篠崎良仁; 矢野亮一; Hernould Michel; Chevalier Ch...
    日本育種学会第133回講演会/2018-03-25--2018-03-26
  • 赤色光または青色光照射下で栽培したレタス幼植物体中のクロロゲン酸含有量日間変動と代謝物解析
    福田 直也; 下村未知瑠; 草野 都; 藤内直道; 有泉 亨; 江面...
    園芸学会平成30年度春季大会/2018-03-24--2018-03-25
  • 赤色光ならびに青色光下で栽培したレタス幼植物体中に含まれるクロロゲン酸含有量の日間変動と代謝物解析
    下村 未知瑠; 草野 都; 藤内 直道; 有泉 亨; 江面 浩; 福田 直也
    園芸学会平成30年度春季大会/2018-3-24--2018-3-25
  • Loss-of function of SPFF, a novel receptor-like kinase, induces parthenocarpy in tomato
    武井瞳; 篠崎良仁; 矢野亮一; Hernould Michel; Chevalier Ch...
    Agri World 2018/2018-02--2018-02
  • Tomato Bioresources in Japan based on 'Micro-Tom-Japan' to accelerate the fruit biology
    Hoshikawa Ken; N Ito; T Ariizumi; N Fukuda; Y Kanayama; Y...
    Plant and Animal Genome 2018/2018-01-13--2018-01-17
  • Trial for generating parthenocarpic tomato by the CRISPR/Cas9 system employed base editing enzyme.
    Narihiro Tsubasa; Kuwabara Kohsuke; Nishida Keiji; Kondo ...
    Plant and Animal genome Conference XXV/2018-01-12--2018-01-17
  • The identification of parthenocarpic genes in tomato by the EMS mutagenesis approach.
    Harada Keiichi; Yano Ryoichi; Okabe Yoshinori; Ezura Hiro...
    Plant and Animal genome Conference XXV/2018-01-12--2018-01-17
  • Yeast two hybrid analysis of DELLA variants and SlGID1s in tomato.
    Ezura Kentaro; Shinozaki Yoshihito; Bernard Camille; Prod...
    Plant and Animal genome Conference XXV/2018-01-12--2018-01-17
  • High efficient induction of single DNA conversion in tomato by Target-AID, the base editing CRISPR-Cas9 system.
    Kashojiya Sachiko; Heta Yumi; Miura Kenji; Nishida Keiji;...
    Plant and Animal genome Conference XXV/2018-01-12--2018-01-17
  • 果実発達研究のモデル植物「トマト」 〜矮性品種 ‘Micro-Tom’を基盤とした変異誘発集団の整備とその利用成果〜
    星川 健; 伊藤 直子; 有泉 亨; 福田 直也; 金山 喜則; 久保...
    第40回日本分子生物学会年会/2017-12-06--2017-12-09
知的財産権
  • 高温耐性、高収量性および単為結果性を示す果実類植物
    有泉 亨; 江面浩; 原田圭一郎; 篠崎良仁; 矢野亮一; 陸于
  • MUTANT PLANT
    Ezura Hiroshi; Ariizumi Tohru; Shinozaki Yoshihito; Kimba...
  • 組織及び時期特異的プロモーターを用いた単為結果性の着果誘導方法
    江面浩; 有泉亨; 江面健太郎; Kim Ji-Seong
  • トマト植物のゲノムの改変方法
    江面 浩; 有泉 亨; 三浦 謙治; 嘉祥寺谷 幸子; 高山 真理子; ...
  • 変異型植物
    江面浩; 有泉 亨; 篠崎良仁; 金原淳司; 草野都; 福島敦史; 斉...
担当授業科目
2020-10 -- 2021-02Special Research Work IF筑波大学
2020-10 -- 2021-02Special Research Seminar IF筑波大学
2020-04 -- 2020-08Special Research Seminar IS筑波大学
2020-10 -- 2021-02Plant Cell and Metabolism筑波大学
2020-04 -- 2020-08Plant Cell and Metabolism筑波大学
2020-04 -- 2020-08農林生物学特別研究IIS筑波大学
2020-10 -- 2021-02蔬菜・花卉学講究II筑波大学
2020-04 -- 2020-08蔬菜・花卉学講究II筑波大学
2020-04 -- 2020-08Special Research Work IS筑波大学
2020-10 -- 2021-02蔬菜・花卉学演習I筑波大学
授業以外の教育活動
2014-08 -- 2014-08サマースクール筑波大学
2014-09 -- 2014-09特別授業フランスボルドー大学
一般講演
  • 植物バイオテクノロジーが拓く未来〜ゲノム編集技術との共生〜
    有泉 亨
    農林水産先端技術の社会実装の加速化 のためのアウトリーチ活動強化委託事業/2020-1-14--2020-1-14
  • 作物育種とゲノム編集技術
    有泉 亨
    農林水産先端技術の社会実装の加速化 のためのアウトリーチ活動強化委託事業/2019-12-10--2019-12-10
  • 作物育種とゲノム編集技術
    有泉 亨
    農林水産先端技術の社会実装の加速化 のためのアウトリーチ活動強化委託事業/2019-12-09--2019-12-09
  • Tomato ethylene receptor mutants Sletr1-1 and Sletr1-2 exhibit different levels of ethylene insensitivity and impaired fruit ripening phenotype
    Yoshihiro Okabe; Erika Asamizu; Tohru Ariizumi; Hiroshi E...
    国際エチレン学会2012/2012-03-01
  • トマト変異体データベースTOMATOMA
    Tohru Ariizumi; Takeshi Saito; Yoshihiro Okabe; Kanae Nii...
    第53回 日本植物生理学会/2012-03-01
  • トマト変異体データベース
    有泉 亨
    日本分子生物学会 BMB2011/2011-12-01
  • Isolation and biochemical analysis of tomato mutants defective in pigment accumulation
    Ryo Kakami Tohru Ariizumi Erika Asamizu Sté phane Be...
    8th Solanaceae and 2nd Cucurbitaceae Joint Conference (SOL&ICuGI2011)/2011-10-28
  • Isolation of novel long fruit mutants from Micro-Tom mutant population
    Katarut Chusreeaeom; Erika Asamizu; Yoshihiro Okabe; Taka...
    8th Solanaceae and 2nd Cucurbitaceae Joint Conference (SOL&ICuGI2011)/2011-10-28
  • Cytological dissection of tomato carpel mutants
    Shuhei Hao; Tohru Ariizumi; Takeshi Saito; Hiroshi Ezura
    8th Solanaceae and 2nd Cucurbitaceae Joint Conference (SOL&ICuGI2011)/2011-10-28
  • Genetic and cytological characterization of Micro-Tom bubble fruit mutants.
    Akane Kimura; Tohru Ariizumi; Yoshihiro Okabe; Takeshi Sa...
    8th Solanaceae and 2nd Cucurbitaceae Joint Conference (SOL&ICuGI2011)/2011-10-28
  • NBRPトマト・リソースの活用状況と将来展望
    有泉亨; 斎藤岳士; 新沼協; 浅水恵理香; 山崎由紀子; 溝口剛;...
    第29回 日本植物細胞分子生物学会/2011-09-01
  • Current Status and Future Prospect of NBRP Tomato
    Tohru Ariizumi
    Joint International Symposium on Japanese Solanaceae/Cucurbitaceae Genomics Initiatives/2011-03-05
  • トマト変異体集団の基盤整備
    有泉亨; 斎藤岳士; 浅水恵理香; 福田直也; 松倉千昭; 溝口剛;...
    日本分子生物学会 BMB2010/2010-12-01
  • Development of saturated mutant populations and large-sale full-length cDNAs in tomato.
    Tohru Ariizumi; Takashi Saito; Yoshihiro Okabe; Erika Asa...
    The 2nd Meeting of Asian Network of Research Resource Centers (ANRRC)/2010-10-28
  • Micro-Tom mutant library and databases for tomato functional genomics.
    Tohru Ariizumi; Erika Asamizu; Takeshi Saito; Yukiko Yama...
    The Arabidopsis meeting 2010 (ICAR2010)/2010-06-01
  • Distribution project for Micro-Tom mutants and BAC clones from NBRP tomato
    有泉亨
    第6 回JSOL ワークショップ/2010-03-01
  • NBRPトマト:トマト矮性品種マイクロトムの変異体とBACライブラリー整備
    有泉亨; 浅水恵理香; 斉藤岳士; 山崎由紀子; 溝口剛; 福田直...
    日本植物生理学会第51 回年会/2010-03-01
  • NBRP「トマト」:トマト機能ゲノム科学のための矮性品種マイクロトムリソース
    有泉亨・浅水恵理香・斉藤岳士・山崎由紀子・溝口剛・福田直...
    第32回日本分子生物学会年会/2009-12-01
  • NBRP「トマト(ゲノム情報等整備プログラム)」:マイクロトムのゲノム情報―BACエンドシーケンス
    有泉亨; 浅水恵理香
    第32回日本分子生物学会年会/2009-12-01
  • Development of Micro-Tom mutant database “TOMATOMA” and a TILLING platform
    Erika Asamizu; Yoshihiro Okabe; Takeshi Saito; Tohru Arii...
    The 6th Solanaceae Genome Workshop/2009-10-01
  • Establishment of Genetic Tools for Tomato Functional Genomics
    Tohru Ariizumi; Erika Asamizu; Takashi Saito; Tsuyoshi Mi...
    The 6th Solanaceae Genome Workshop/2009-10-01
  • ナショナルバイオリソースプロジェクト「トマト」:矮性品種‘Micro-Tom’ を基盤としたリソースの整備状況
    斎藤岳士; 有泉亨; 浅水恵理香; 山崎由紀子; 溝口剛; 福田直...
    園芸学会平成21年度秋季大会/2009-09-01
  • NBRPトマト:トマト変異体リソース整備と変異体探索データベース"TOMATOMA" の構築
    有泉亨・浅水恵理香・斉藤岳士・山崎由紀子・溝口剛・福田直...
    日本育種学会第116回講演会/2009-09-01
  • マイクロトムを中心としたトマトバイオリソースの整備と利用
    浅水恵理香; 有泉亨; 斉藤岳士; 岡部佳弘; 青木考; 鈴木絢子;...
    日本育種学会第116回講演会/2009-09-01
  • “RGL2 protein does not disappear during sly1 mutant seed germination”
    Tohru Ariizumi
    19th The International Plant Growth Substance Association (IPGSA) Meeting/2007-07-01
学協会等委員
2018-11 -- (現在)日本植物細胞分子生物学会代議員
2016-07 -- 2018-07日本植物細胞分子生物学会理事
2014-04 -- 2015-10In: Ezura H, Ariizumi T, Garcia-Mas J, Rose J, ed. Functional Genomics and Biotechnology in Solanaceae and Cucurbitaceae Crops.編集委員
2013-02 -- (現在)Japan Solanaceae Consortium (JSOL)運営委員Japan Solanaceae Consortium (JSOL)運営委員
2011-04 -- (現在)日本学術振興会産官学連携第178委員会/運営委員・庶務
2013-04 -- 2014-03日本植物細胞分子生物学会特集号編集責任者
2013-12 -- 2014-03筑波大学Kickoff symposium for Tsukuba-Norwich Collaborative Research Networks~Symbiosis between Human and the Planet Earth~・組織委員 主催
2013-10 -- 2013-12筑波大学果実研究と未来の食料生産シンポジウム2013 組織委員 主催
2013-04 -- 2014-03筑波大学平成25年度春期 園芸学会 大会組織委員 主催
2013-03 -- 2013-12筑波大学テニュアトラック普及定着事業・若手調整委員会2013年度国際シンポジウム"Diversifying Biological Resources"組織委員会・組織委員長
学内管理運営業績
2020-04 -- (現在)生物資源科学専攻ダブルディグリープログラム・フランス・ボルドー大学担当
2020-04 -- 2021-03生物資源科学専攻農林生物学コース・領域主任
2020-04 -- 2021-03生物資源学類農林生物学コース・コース副主任
2019-04 -- (現在)生物資源学類教育課程委員会・委員
2019-04 -- 2020-03生物資源学類農林生物学コース・コース主任
2016-04 -- 2017-03生物資源学類クラス担任
2015-04 -- 2017-04生物圏資源科学専攻経理委員
2015-04 -- 2017-03生物圏資源科学専攻運営委員
2015-04 -- 2017-03生物圏資源科学専攻入試実施委員
2015-04 -- 2015-08生物資源科学専攻:大学説明会担当委員オープンラボ班:教員紹介資料作成
その他の活動
2019-05 -- (現在)Editorial boad member of Scientific Reports

(最終更新日: 2020-10-05)