現在地

戒能 洋一(カイノウ ヨウイチ; Kainoh, Yooichi)

所属
生命環境系
職名
教授
生年月
1955-07
URL
eメール
 
電話
029-853-4692
Fax
029-853-6617
研究分野
植物保護科学
動物生理・行動
機能生物化学
研究キーワード
寄生蜂
寄生バエ
寄主発見行動
生物的防除
信号化学物質
三者系
研究課題
ハマキガの産卵が引き起こす誘導とその発現機構の解明2015 -- 2017戒能 洋一日本学術振興会/基盤研究(C)4,810,000円
寄主昆虫によって誘導された揮発性植物成分(HIPV)に誘引される寄生性昆虫1996-08 -- 2020-12/
寄生蜂の寄主発見行動2001-01 -- 2020-01/
ヤドリバエの寄主発見行動1996-08 -- 2020-12/
寄生蜂の学習行動1995 -- 2020/
寄生蜂の性フェロモン1995 -- 2020/
ハマキガの産卵が引き起こす誘導物質の解明と環境保全型害虫管理への利用2011 -- 2013日本学術振興会/挑戦的萌芽研究2,340,000円
寄生蜂の学習行動と生物的防除への利用2005 -- 2006日本学術振興会/萌芽研究1,100,000円
天敵誘引物質(シノモン)と連合学習を利用した生物的防除2003 -- (現在)日本学術振興会/基盤研究(C)3,000,000円
職歴
1981-04 -- 1983-03日東電気工業株式会社 技術研究所 研究員
学歴
-- 1979東京農工大学 農学部 植物防疫学卒業
-- 1986筑波大学 農学研究科 農林学修了
取得学位
農学博士
農学修士
所属学協会
1979 -- (現在)日本応用動物昆虫学会
-- (現在)日本昆虫学会
-- (現在)日本動物行動学会
2000 -- (現在)International Society of Chemical Ecology
2006 -- (現在)日本農薬学会
受賞
2005-03-26日本応用動物昆虫学会学会賞
論文
著書
  • Chemical ecology of tachinid parasitoids
    Nakamura Satoshi; Ichiki Ryoko; Kainoh Yooichi (Ed E Wajn...
    Chemical Ecology of Insect Parasitoids, Wiley-Blackwell, pp.145-167, 2013-05
  • 天敵昆虫の行動制御物質:「バイオ農薬・生育調節剤-開発利用マニユアル」
    岡田斉夫ら編; 戒能 洋一(岡田斉夫ら編)
    エル・アイ・シー, 1987-01
  • カイロモン-寄生蜂の寄主探索.「天敵の生態学」
    桐谷圭治・志賀正和編; +戒能 洋一
    東海大学出版会, 1990-01
  • ハマキコウラコマユバチ・「昆虫飼育法」
    湯嶋健・釜野静也・玉木佳男編著; +戒能 洋一
    日本植物防疫協会, 1991-01
  • コマユバチの交尾と雌雄の産み分け:「♂♀のはなし一虫」
    梅谷献二編著; +戒能 洋一
    技報堂出版, 1992-01
  • 天敵とカイロモン:「天敵利用のはなし」
    根本久・矢野栄二(編著); +戒能 洋一
    技報堂出版, 1995-01
  • Parasitoid Pheromones
    Yooichi Kainoh (Ed J Hardie; AK Minks)
    Pheromones of Non-Lepidopteran Insects Associated with Agricultural Plants, CABI Publishing, Wallingford, Oxon, UK, p.383-404, 1999-01
  • 昆虫生理生態学
    河野義明; 田付貞洋; +戒能 洋一
    朝倉書店, 2007-03
  • バイオロジカル・コントロール
    仲井まどか; 大野和朗; 田中利治; +戒能 洋一
    朝倉書店, 2009-03
  • Wind tunnel: A tool to test the flight responses to semiochemicals
    Yooichi Kainoh (Ed JC Lerner; U Boldes)
    Wind Tunnels and Experimental Fluid Dynamics Research, INTECH, p.89-98, 2011-07
会議発表等
  • 日本の港湾付近に自生するセイヨウナタネのグルコシノレート含量及びコナガに対する抵抗性程度の変異
    柳江莉那; 津田 麻衣; 松山茂; 戒能洋一; 大澤良
    日本育種学会 第 134 回講演会/2018-09-22--2018-09-23
  • Variations in resistance to the diamondback moth of feral Brassica napus growing around the ports in Japan
    柳江莉那; Tsuda Mai; 松山茂; 戒能洋一; 大嶋雅夫; 大澤良
    15th INTERNATIONAL SOCIETY FOR BIOSAFETY RESEARCH Symposium/2019-04-01--3029-04-03
  • 天敵寄生蜂ハマキコウラコマユバチに対するチャ葉由来の誘引成分
    小松崎 優; Narisara Piyasaengthong; 松山 茂; 戒能 洋一
    第63回日本応用動物昆虫学会/2019-03-25--2019-03-27
  • Constitutive volatiles of pear shoots act as host finding cues in Lytopylus rufipes
    劉 家銘; 松山 茂; 戒能 洋一
    第63回日本応用動物昆虫学会/2019-03-25--2019-03-27
  • 日本の港湾付近に自生するセイヨウナタネのグルコシノレート含量及びコナガに対する抵抗性程度の変異
    柳江莉那; 津田 麻衣; 松山茂; 戒能洋一; 大澤良
    日本育種学会第134回講演会/2018-09-22--2018-09-23
  • Effect of age of tea leaves on oviposition preference in the smaller tea tortrix, Adoxophyes honmai
    Narisara Piyasaengthong; 木下奈都子; 戒能 洋一
    第59回日本応用動物昆虫学会大会/2015-03-26--2015-03-28
担当授業科目
2018-10 -- 2018-12農林生物学実験筑波大学
2018-04 -- 2018-06農林生物学実験筑波大学
2018-10 -- 2019-02理科教育特別研究1筑波大学
2018-10 -- 2019-02理科教育特別研究2筑波大学
2018-10 -- 2019-02理科教育特別研究3筑波大学
2018-10 -- 2019-02理科教育特論筑波大学
2018-04 -- 2018-08理科教育特別研究2筑波大学
2018-04 -- 2018-08理科教育特別研究3筑波大学
2018-04 -- 2018-08理科教育特論筑波大学
2018-04 -- 2018-06生物資源フィールド学実習筑波大学
授業以外の教育活動
2015-06 -- (現在)県民大学茨城県南生涯学習センター
2015-06 -- (現在)放送大学面接授業講師放送大学千葉学習センター
2009-06 -- 2013-06放送大学面接授業講師学外
2005-05 -- 2008-05市民講座非常勤講師学外
一般講演
  • 卵-幼虫寄生蜂Chelonus inanitusの産卵行動における物理刺激の役割
    大崎紅葉; 新行内隆明; 戒能 洋一
    第59回日本応用動物昆虫学会大会/2015-03-26--2015-03-28
  • カリヤコマユバチは寄主発見において寄主糞の何を手がかりとするか
    蔵満司夢; Edelyn Joy Vicencio; 戒能 洋一
    第59回日本応用動物昆虫学会大会/2015-03-26--2015-03-28
  • Antagonistic function of (10E, 12E)-10,12-hexadecadienal in sex pheromone communication of Neogurelca sangaica (Lepidoptera: Sphingidae)
    戒能 洋一; Erlin Anisa; John Paul Magboo; Uehara Takuya; ...
    第59回日本応用動物昆虫学会大会/2015-03-26--2015-03-28
  • Learned Response To Plant Chemicals By The Egg-Larval Parasitoid, Ascogaster reticulatus Watanabe (Hymenoptera: Braconidae).
    Honda; T.; Y. Kainoh; H. Honda
    4th International Hymenopterists Conference,/1999-01-06
  • Host Location Behavior of the Parasitoid Fly, Exorista japonica Townsend (Diptera: Tachinidae).
    Tanaka; C.; Y. Kainoh; S. Nakamura; H. Honda
    The XXI International Congress of Entomology/2000-08-20
  • Effect of host pupal age on host preference and host suitability in Brachymeria lasus Walker (Hymenoptera: Chalcididae).
    Husni・Y. Kainoh・H. Honda; +戒能 洋一
    第44回日本応用動物昆虫学会大会/2000-03-29
  • チャノコカクモンハマキの交信撹乱剤に対する感受性低下 Ⅴ.雄のEAG応答.
    沼田智歩・戒能洋一・本田 洋・杉江 元・野口 浩; +戒能 洋一
    第44回日本応用動物昆虫学会大会/2000-03-29
  • 寄生蜂ハマキコウラコマユバチの性フェロモン.1.雄の羽ばたきを引き起こす性フェロモン.
    三好智子・戒能洋一・本田 洋; +戒能 洋一
    第44回日本応用動物昆虫学会大会/2000-03-29
  • 寄生蜂Ascogaster quadridentata における植物成分の学習.
    戒能洋一・J. J. Brown; +戒能 洋一
    第46回日本応用動物昆虫学会大会/2002-03-28
  • ハマキコウラコマユバチにおける学習行動の雌雄差
    戒能洋一
    第47回日本応用動物昆虫学会大会/2003-03-25
  • ブランコヤドリバエの加害植物に対するEAG応答.
    石野依利子・戒能洋一・本田 洋・中村 達; +戒能 洋一
    第47回日本応用動物昆虫学会大会/2003-03-25
  • ハマキコウラコマユバチにおける植物成分の学習 ―合成品の学習―.
    庄司佳代・佐藤 誠・戒能洋一; +戒能 洋一
    第48回日本応用動物昆虫学会大会/2004-03-26
  • ハマキコウラコマユバチにおける植物成分の学習 ―混合成分の識別能力―.
    戒能洋一 ・清野宏行; +戒能 洋一
    第49回日本応用動物昆虫学会大会/2005-03-26
  • チャノコカクモンハマキの交信撹乱剤に対する抵抗性とオスのEAG応答の関係.
    田端 純・杉江 元・野口 浩・沼田智歩・戒能洋一; +戒能 洋一
    第49回日本応用動物昆虫学会./2005-03-26
  • ハマキコウラコマユバチにおける植物成分の学習 ―2成分間のスイッチング―
    戒能洋一・清野宏行; +戒能 洋一
    第50回日本応用動物昆虫学会大会/2006-03-27
  • ハマキコウラコマユバチにおける植物成分の学習-異種植物間の識別-.
    清野宏行・戒能洋一; +戒能 洋一
    第50回日本応用動物昆虫学会大会/2006-03-27
  • ブランコヤドリバエの植物探索における色の効果-紙モデルを使った検証.
    一木良子・戒能洋一・山脇兆史・中村 達; +戒能 洋一
    第50回日本応用動物昆虫学会./2006-03-27
  • チャノコカクモンハマキの交信撹乱剤抵抗性系統におけるオスの性フェロモン成分組成に対する反応性の幅の増大.
    田端 純・野口 浩・望月文昭・戒能洋一・杉江 元; +戒能 洋一
    第50回日本応用動物昆虫学会./2006-03-27
  • 微小卵型カイコノクロウジバエの寄主探索 ―加害植物の匂いに対する反応.
    一木良子・戒能洋一・中村 達; +戒能 洋一
    第66回日本昆虫学会./2006-09-16
  • Plant chemicals as cues for egg-larval parasitoid Ascogaster reticulata Watanabe (Hymenoptera: Braconidae) to locate a host habitat with associative learning
    Kainoh; Y.; H. Seino; +戒能 洋一
    11th International Congress of Pesticide Chemistry. August 6-11, 2006,/2006-08-06
  • ハマキコウラコマユバチにおける植物成分の学習 ―空腹度と学習―.
    根岸典子・清野宏行・戒能洋一; +戒能 洋一
    第51回日本応用動物昆虫学会大会/2007-03-27
  • ハマキコウラコマユバチにおける植物成分の学習 ―網室内での選択実験―.
    清野宏行・戒能洋一; +戒能 洋一
    第51回日本応用昆虫学会大会/2007-03-27
  • ブランコヤドリバエの寄主加害植物に対する誘引性の経時的変化.
    羽生和史・戒能洋一・一木良子・中村達; +戒能 洋一
    第51回日本応用動物昆虫学会大会/2007-03-27
  • アワヨトウの中腸に寄生するノコギリハリバエ -カリヤコマユバチとの競争-.
    一木良子・中原雄一・戒能洋一・中村 達; +戒能 洋一
    第51回日本応用動物昆虫学会大会/2007-03-27
  • チャノコカクモンハマキの交信撹乱剤抵抗性系統におけるメスの性フェロモン成分.
    田端 純・野口 浩・望月文昭・戒能洋一・杉江 元; +戒能 洋一
    第51回日本応用動物昆虫学会大会/2007-03-27
学協会等委員
2001 -- (現在)日本応用動物昆虫学会評議員
2007 -- (現在)日本農薬学会評議員

(最終更新日: 2019-06-10)