Kako Koichiro

Affiliation
Faculty of Life and Environmental Sciences
Official title
Assistant Professor
Birth date
1963-06
URL
Email
C((|(,NSQN@OK$*|&)I ,*V((|(,@OK1|/|I102(2}|I| I'-Ve\]KNLRQ@OK+&#16I+"I'-
Office
先端学際領域研究センターB棟1階
Phone
029-853-7303
Fax
029-853-7303
Research fields
Neurophysiology / General neuroscience
Functional biochemistry
Biomolecular chemistry
Research keywords
mitochondria
electron-transfer system
metallochaperone
neuropeptide
intracellular signal-transduction
high-performance liquid chromatography
arginine-mathylation
bioactive amines
nematode
mass-spectrometry
Research projects
幹細胞の挙動を制御する神経内分泌システムの包括的理解2022-04 -- 2026-03Ryusuke NiwaJapan Society of for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research (A)
タンパク質アルギニンメチル化修飾の個体機能の解明2017 -- 2019加香 孝一郎Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(C)4,680,000Yen
周産期における薬剤応答性アミノプロダクトの探索と薬剤作用機序の解析2014 -- 2016加香 孝一郎Japan Society for the Promotion of Science/基盤研究(C)4,810,000Yen
タンパク質のアルギニンメチル化修飾とメチル化アルギニンの生理機能の解析2007-12 -- (current)/
生理活性アミンの線虫及び哺乳動物における動態と作用機序の解明2008-12 -- (current)/
Molecular biological study on mammalian circadian clock -- (current)/
Molecular biological study on intracellular copper chaperone. -- (current)/
メチル化アルギニンを介した母胎間ケミカルコミュニケーションの解析2009 -- 2012Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)4,420,000Yen
妊娠中毒症における母胎間ネットワークの解明2005 -- 2009Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(S)108,290,000Yen
初期胚発生過程における銅シャペロンCox17pの重要性2004 -- 2004Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(B)6,500,000Yen
more...
Career history
2009-04 -- (current)筑波大学大学院生命環境科学研究科講師
Academic background
-- 1988University of Tsukuba Second Cluster of College 生物学類
-- 1994University of Tsukuba Graduate School, Division of Bioresearch 生物物理化学専攻
Degree
1994-03博士(学術)University of Tsukuba
1990-08理学修士University of Tsukuba
Licenses and qualifications
1988-03-25中学校教諭一種免許状理科
1988-03-25高等学校教諭一種免許状理科
2006-01-20特定化学物質等作業主任者
Academic societies
2020-04 -- 2021-03THE JAPANESE BIOCHEMICAL SOCIETY
2019-12 -- 2022-03日本ヒスタミン学会
2019-11 -- 2022-03日本ポリアミン学会
2012-04 -- 2022-03JAPANESE SOCIETY FOR CHEMICAL BIOLOGY
2015-04 -- 2022-03日本心血管内分泌代謝学会
2012-04 -- 2022-03活性アミンに関するワークショップ
Honors & Awards
2019-09JB AwardThe biological importance of rRNA methylation in C. elegans was demonstrated and the enzyme responsible was identified.
2017-08加香孝一郎活性アミンに関するワークショップの発展に大きく寄与
2000金子・成田研究奨励金(財団法人蛋白質研究奨励会)
Articles
Books
  • 第4章 細胞内での栄養素の代謝:解糖系・ミトコンドリアと代謝
    加香 孝一郎; 大徳 浩照; 深水 昭吉
    Essential Nutritional Chemistry/講談社サイエンティフィク/pp.55-77, 2021-08
  • Studies on biosynthesis of mammalian tachykinin peptides
    加香 孝一郎
    1993-03
  • Tissue and cellular localization of mouse Cox17p gene-related peptide.
    Tsumori; K.; Kako; K.; Saito; T.; Yanai; K.; Kanai; M.; Ohmasa; Y.; T...
    "Peptide science"(Fujii, N., Eds.) Protein Research Foundation, Osaka, 2000-01
  • Expression and copper-binding activity of mammalian Cox17p(共著)
    Kako; K.; Ohmasa; Y.; Takehara; A.; Mizunuma; M.; Takahashi; Y.; Ar...
    "Peptide science 2000" (Shioiri, T., Eds.), Protein Research Foundation, Osaka, 2001-01
  • Gene expression analysis of mouse copper trafficking molecule, Cox17p
    Takahashi; Y.; Kako; K.; Arai; H.; Tsumori; K.; Ohmasa; Y.; Takehar...
    "Peptide science 2000" (Shioiri, T., Eds.), Protein Research Foundation, Osaka, 2001-01
  • Effect of deficiency of cytochrome c oxidase assembly peptide Cox17p on mitochondrial functions and respiratory-chain in mice.
    Takahashi; Y.; Kako; K.; Arai; H.; Takehara; A.; and Munekata; E....
    "Peptides: The Wave of the Future" (Labl, M. and Houghten, R. A. Eds.), American Peptide Society, 2001-01
  • Role of the mammalian Cox17p peptide in copper trafficking and cellular respiration.
    Kako; K.; Takahashi; Y.; Takehara; A.; Arai; H.; Inada; Y.; Onodera...
    "Peptide science 2001" (Aoyagi, H., Ed.), Protein Research Foundation, Osaka, 2002-01
  • Cox17p plays a key role for maintenance of cellular copper homeostasis.
    Kako; K.; Onodera; T.; Arai; H.; Takehara; A.; Hanagata; H.; Takaha...
    "Peptide Science 2002" (Yamada, T., Ed.), Protein Research Foundation, Osaka, 2003-01
Conference, etc.
  • Integrated experimental-theoretical approaches to decipher how H179Y substitution affects the biological functions of PRMT1
    Yao Yuan; Jun-Dal Kim; Hiroaki Daitoku; Naoto Muromachi; ...
    2022年度日本生化学会関東支部例会/2022-06-18
  • ヒスチジンメチル化酵素 METTL9 の N 結合型糖鎖修飾とその役割の検討
    関口直希; 大徳浩照; 加香孝一郎; 深水 昭吉
    2022年度日本生化学会関東支部例会/2022-06-18
  • LC-MS/MS を用いたアミノ酸解析によるヒストンヒスチジンメチル化修飾の検証
    林岳宏; 大徳浩照; 加香孝一郎; 深水 昭吉
    2022年度日本生化学会関東支部例会/2022-06-18
  • 線虫の雄性生殖細胞におけるアルギニンモノメチル化酵素 PRMT-9 の機能的役 割の解明
    田島達也; 大徳浩照; 加香孝一郎; 張文瑜; 平野寛太; 池田音緒; 深水 昭吉
    2022年度日本生化学会関東支部例会/2022-06-18
  • メチオニン回路とポリアミン合成の接点としてのタンパク質メチル化と硫黄転移を解析する系の確立
    加香 孝一郎; 横山 友起; 談 韋倫; 田島 達也; 大徳 浩照; 深水 昭吉
    The Japanese Society of Polyamine Research/2021-12-18--2021-12-18
  • ヒストンの球状ドメインにおけるメチル化修飾の解析
    林岳宏; 大徳浩照; 加香孝一郎; 植竹徹; 深水 昭吉
    第94回日本生化学会大会/2021-11-04--2021-11-04
  • 線虫のヒスチジンメチル化タンパク質の探索法の確立
    植竹徹; 加香孝一郎; 有本光江; 春木陽香理; 大徳浩照; 深水 昭吉
    第94回日本生化学会大会/2021-11-04--2021-11-04
  • LC-MS/MSを用いたヒスチジンメチル化ペプチドの金属結合活性の検討
    秋元佑斗; 加香孝一郎; 大徳浩照; 深水 昭吉
    第94回日本生化学会大会/2021-11-04--2021-11-04
  • Nπヒスチジンメチル化酵素METTL9の糖鎖修飾とその役割の解析
    関口直希; 大徳浩照; 染谷百香; 加香孝一郎; 深水 昭吉
    第94回日本生化学会大会/2021-11-04--2021-11-04
  • METTL9はS100A9を基質とするヒスチジンNπ型のヒスチジンメチル化酵素である
    大徳浩照; 染谷百香; 加香孝一郎; 関口直希; 深水昭吉
    第94回日本生化学会大会/2021-11-04--2021-11-04
  • 線虫の精子特異的タンパク質におけるアルギニンメチル化制御機構の解析
    田島達也; 大徳浩照; 加香孝一郎; 張文瑜; 秋元佑斗; 深水 昭吉
    第94回日本生化学会大会/2021-11-3--2021-11-5
  • 線虫を用いたタンパク質アルギニンモノメチル化酵素の同定と機能解析
    張文瑜; 田島達也; 大徳浩照; 染谷百香; 加香孝一郎; 深水 昭吉
    第94回日本生化学会大会/2021-11-3--2021-11-5
  • siRNAスクリーニングによる新規ヒスチジンメチル基転移酵素の探索
    染谷百香; 大徳浩照; 加香孝一郎; 深水昭吉
    第94回日本生化学会大会/2021-11-3--2021-11-5
  • 線虫の新規ヒスチジンメチル化酵素METL-18の自己メチル化と生物学的意義の解析
    春木陽香理; 大徳浩照; 田島達也; 加香孝一郎; 深水 昭吉
    第94回日本生化学会大会/2021-11-3--2021-11-5
  • 質量分析を応用したメチル化タンパク質のシームレスな探索法の開発
    加香孝一郎; 植竹徹; 秋元佑斗; 有本光江; 大徳 浩照; 深水 昭吉
    第94回日本生化学会大会/2021-11-3--2021-11-5
  • The role of phosphoethanolamine methyltransferase-1 in regulating the lifespan of Caenorhabditis elegans
    Hirota Keiko; Katada Eriko; Ishihara Seiji; Kojima Marik...
    第43回日本分子生物学会年会/2020-12-02--2020-12-02
  • Molecular function and biological significance of protein histidine methyltransferase METL-18 in C. elegans
    Hiroaki Daitoku; Tajima Tatsuya; Haruki Hikari; Someya M...
    第43回日本分子生物学会年会/2020-12-08--2020-12-08
  • 線虫における新規ヒスチジンメチル化酵素METL-18 の機能解析
    大徳浩照; 田島達也; 春木陽香理; 染谷百香; 加香孝一郎; 深水昭吉
    第93回 日本生化学会大会/2020
  • H3受容体アゴニストの抗炎症作用を介した心腎病態保護作用の解明
    野口和之; 石田純治; 金俊達; 室町直人; 加香孝一郎; 金子修三; 臼井丈一; 山縣邦弘; 深水昭吉
    第63回日本腎臓学会学術総会/2020-08-19--2020-08-21
  • Synthesis and biological evaluation of PPARγ ligands that bear bioorthogonal functional groups
    安彩伽; 大前勇馬; 有本光江; 加香 孝一郎; 礒田博子; 深水昭吉; 繁森英幸; 宮前友策
    日本農芸化学会 2021年度大会/2021-03-18--2021-03-21
  • 線虫(C. elegans)開始メチオニンtRNAの精製とそのメチル化解析
    加香孝一郎; 中原大輔; 大徳浩照; 深水昭吉
    第93回日本生化学会大会/2020-09-14--2020-09-16
  • 線虫における新規ヒスチジンメチル化酵素METL-18 の機能解析
    大徳浩照; 田島達也; 春木陽香理; 染谷百香; 加香孝一郎; 深水昭吉
    第93回日本生化学会大会/2020-09-14--2020-09-16
  • siRNAスクリーニングによる新規ヒスチジンメチル基転移酵素の探索
    染谷百香; 大徳浩照; 加香孝一郎; 深水昭吉
    第93回日本生化学会大会/2020-09-14--2020-09-16
  • 線虫の新規ヒスチジンメチル化酵素METL-18の自己メチル化と生物学的意義の解析
    春木陽香理; 大徳浩照; 田島達也; 加香孝一郎; 深水昭吉
    第93回日本生化学会大会/2020-09-14--2020-09-16
  • 線虫を用いたタンパク質アルギニンモノメチル化酵素の同定と機能解析
    張文瑜; 田島達也; 大徳浩照; 染谷百香; 加香孝一郎; 深水昭吉
    第93回日本生化学会大会/2020-09-14--2020-09-16
  • more...
Teaching
2022-04 -- 2022-08Dissertation in Genomic Biology IUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Dissertation in Genomic Biology IUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Dissertation in Genomic Biology IIIUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-08Dissertation in Genomic Biology IIIUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Seminar in Life and Agricultural SciencesUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-08Seminar in Life and Agricultural SciencesUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Dissertation in Genomic Biology IIUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-08Dissertation in Genomic Biology IIUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-06Advanced Genomic BiologyUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-08Research in Applied Biochemistry ISUniversity of Tsukuba.
more...
Other educational activities
2021-07 -- 2021-07筑波大学公開講座Life Science Center for Survival Dynamics, Tsukuba Advanced Research Alliance (TARA)
2019-09 -- 2019-09STEMinar筑波大学
2016-04 -- 2017-03大学院前期課程生物資源科学専攻応用生命化学領域副主任前期課程生物資源科学専攻
2015-04 -- 2016-03大学院前期課程生物資源科学専攻応用生命化学領域主任前期課程生物資源科学専攻
2015-04 -- 2016-03学類応用生命化学コース副主任生物資源学類
2014-04 -- 2015-03学類応用生命化学コース主任生物資源学類
2013-04 -- 2014-03学類2年次生担任(5クラス)生物資源学類
2012-04 -- 2013-03学類1年次生担任(5クラス)生物資源学類
2013-07 -- 2013-07筑波大学公開講座講師筑波大学生命領域学際研究センター
Talks
  • アルギニンメチル化の化学特性とシグナル機能
    加香孝一郎; 深水 昭吉
    蛋白研セミナー『シグナル伝達と解析技術のあらたな潮流』/2013-03-05
  • メチル基供与体S-adenosyl-L-methionineの量的変化がヒストンメチル化に与える影響
    飯塚慧; 廣田恵子; 小島真梨子; 大徳浩照; 加香 孝一郎; 深水昭吉
    転写代謝システム 若手ワークショップ@鬼怒川/2013-01-25
  • Jurkat細胞におけるホルボールエステル刺激下でのヒスチジン脱炭酸酵素誘導性ヒスタミンの直接測定
    永島裕介; 加香孝一郎; 金俊達; 深水昭吉
    第85回日本生化学会大会/2012-12-15
  • 官能基に着目した妊娠高血圧マウス胎仔で増減するアミン類の探索法
    加香孝一郎; 中村あゆみ; 石田純治; 永島裕介; 嶋田崇史; 深水昭吉
    第16回活性アミンワークショップ/2012-08-24
  • 官能基に着目した妊娠高血圧マウス胎仔で増減する生体低分子の探索法
    加香孝一郎; 中村あゆみ; 石田純治; 永島裕介; 嶋田崇史; 深水昭吉
    第7回日本ケミカルバイオロジー学会年会/2012-06-08
  • Jurkat細胞におけるホルボールエステル刺激下でのヒスチジン脱炭酸酵素誘導性ヒスタミンの直接測定
    永島裕介; 加香孝一郎; 金俊達; 深水昭吉
    第7回日本ケミカルバイオロジー学会年会/2012-06-08
  • 官能基に着目した生体低分子の探索法
    中村あゆみ; 加香孝一郎; 石田純治; 永島裕介; 嶋田崇史; 深水昭吉
    転写代謝システム・転写研究会共催「若手ワークショップ@湯河原」/2012-02-09
  • アルギニンメチル化酵素PRMT-1は転写因子DAF-16の機能制御を介して線虫の寿命を決定する
    横山敦子; 高橋悠太; 大徳浩照; 廣田恵子; 田宮寛子; 加香孝一郎; 永島裕介; 中村あゆみ; 嶋田崇史; 渡辺哲史; 山形一行; ...
    第34回日本分子生生物学会年会/2011-12-14
  • 「官能基」に着目した生体低分子の探索法
    中村あゆみ; 加香孝一郎; 石田純治; 永島裕介; 嶋田崇史; 深水昭吉
    第34回日本分子生生物学会年会/2011-12-13
  • 内因性NOS阻害因子・ADMAの生成機構の解明
    加香孝一郎
    日本薬学会 第131年会/2011-03-30
  • 培養細胞における遊離メチルアルギニンの定量と生成機序の解析
    白川拓真; 加香孝一郎; 永島裕介; 中村あゆみ; 嶋田崇史; 深水昭吉
    第33回日本分子生物学会年会/2010-12-08
  • Inactivation of cytochrome c oxidase by cutting off the supply of copper causes early embryonic death.
    Kako; K.; Takahashi; Y.; Arai; H.; Inada; Y.; Onodera; T.; Takehara...
    The XIIIth International symposium on Atherosclerosis Satellite Symposium Tokyo Bay/2003-10-01
  • 呼吸鎖に関わる銅輸送分子間の相互作用と脳神経系における発現様式の解析
    加香孝一郎; 稲田佳子; 高橋良徳; 竹原章雄; 池本光志; 宗像英輔; 久野節二; 深水昭吉
    第27回日本分子生物学会年会/2004-12-01
  • Transcription down-regulation through nuclear exclusion of EWS methylated by protein arginine methyltransferase.
    Araya; N.; Hiraga; H.; Kako; K.; Arao; Y.; Kato; S.; and Fukamizu; ...
    第27回日本分子生物学会年会/2004-12-01
  • Asymmetric arginine dimethylation of Ewing sarcoma (EWS) protein by protein arginine methyltransferase, PRMT1 and 8
    金俊達; 加香孝一郎; 深水昭吉
    19th FAOBMB Seoul Conference(Science and Technology for the Intergration of Life)/2007-05-01
  • Arginine methylation of FOXO1 inhibits Akt-dependent phosphorylation
    山形一行; 大徳浩照; 高橋悠太; 久武幸司; 加香孝一郎; 向井秀仁; 深水昭吉
    日本心血管内分泌代謝学会/2007-11-01
  • Arginine methylation of FOXO1 inhibits Akt-dependent phosphorylation
    山形一行; 大徳浩照; 高橋悠太; 久武幸司; 加香孝一郎; 向井秀仁; 深水昭吉
    日本分子生物学会/2007-12-01
  • Arginine methylation of FOXO1 inhibits Akt-dependent phosphorylation
    山形一行; 大徳浩照; 高橋悠太; 久武幸司; 加香孝一郎; 向井秀仁; 深水昭吉
    JST-ERATO 山本環境応答プロジェクトシンポジウム/2007-12-01
  • Arginine methylation of FOXO1 inhibits Akt-dependent phosphorylation
    山形一行; 大徳浩照; 高橋悠太; 久武幸司; 加香孝一郎; 向井秀仁; 深水昭吉
    08' 遺伝情報DECODE・冬のワークショップ/2008-01-01
  • ユビキチンリガーゼWWP1による転写共役因子EWSの制御機構の解析
    白川拓真; 平賀秀明; 新谷奈津美; 加香孝一郎; 深水昭吉
    08' 遺伝情報DECODE・冬のワークショップ/2008-01-01
  • Arginine methylation of FOXO1 inhibits Akt-dependent phosphorylation.
    Yamagata; K.; Ditoku; H.; Takahashi; Y.; Hisatake; K.; Kako; K.; Mu...
    THE 21ST NAITO CONERENCE/2008-06-01
  • Arginine Methylation of FOXO Transcription Factors Inhibits their Phosphorylation By Akt.
    Yamagata; K.; Ditoku; H.; Takahashi; Y.; Namiki; K.; Hisatake; K.; ...
    第81回日本生化学会大会合同大会/2008-12-01
  • Molecular Function of Membrane-associated PRMT8 with Dual Ctalytic Activity as Arginine Methltransferase and Phospholipase.
    Kim; J-D.; Kako; K.; and Fukamizu; A.; +加香 孝一郎
    09' 遺伝情報DECODE・冬のワークショップ/2009-01-01
Professional activities
2020-02 -- 2021-11THE JAPANESE BIOCHEMICAL SOCIETY第94回日本生化学会大会幹事補佐
2016-04 -- 2017-03活性アミンに関するワークショップ活性アミンに関するワークショップ世話人会/世話人代表
2014-04 -- 2020-03加香孝一郎活性アミンに関するワークショップ世話人会/世話人
1996-04 -- 1998-03JAPANESE SOCIETY FOR CHRONOBIOLOGY運営委員
University Management
2020-04 -- 2022-03生命農学学位プログラム広報委員生命農学学位プログラム広報委員
2020-01 -- 2020-03生物資源科学学位プログラム準備委員会生物資源科学学位プログラム準備委員
2017-04 -- 2020-03前期専攻運営委員会前期専攻FD委員
2016-04 -- 2020-03前期専攻FD委員前期専攻FD委員
2016-04 -- 2017-03前期専攻運営委員会領域副主任・専攻FD委員
2015-04 -- 2016-03前期専攻運営委員会前期専攻運営委員・領域主任
2014-04 -- 2016-03後期専攻教務委員会後期専攻教務委員
2014-04 -- 2015-03学類危機管理委員会学類危機管理委員
2014-04 -- 2015-03学類経理委員会学類経理委員
2014-04 -- 2015-03学類登録単位認定委員会学類登録単位認定委員
more...

(Last updated: 2022-08-19)