現在地

繁森 英幸(シゲモリ ヒデユキ; Shigemori, Hideyuki)

face
所属
生命環境系
職名
教授
ORCID
0000-0001-9778-8057
性別
男性
生年月
1963-03
科研費番号
70202108
URL
eメール
 
研究室
天然物化学研究室
電話
029-853-4603
Fax
029-853-4603
研究分野
生物有機化学
生物分子化学
生体関連化学
有機化学
研究キーワード
天然生理活性物質
光屈性
重力屈性
Bruinsma-Hasegawa説
頂芽優勢
花成
アレロパシー
オーキシン極性移動阻害剤
植物生長調節剤
環境保全型機能性剤
研究課題
水稲の高温ストレスバイオマーカーの合成に関与する遺伝子の特定とその機能の解明2020-04 -- 2025-03中野 洋日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(B)
複合微生物系における微生物からの生物活性物質の探索と機能解明2020-04 -- 2022-03繁森 英幸日本学術振興会/科研費新学術領域研究(研究領域提案型)7,360,000円
植物の光屈性および重力屈性メカニズムの解明2019 -- 2021繁森 英幸日本学術振興会/挑戦的研究(萌芽)6,500,000円
植物の屈性現象機構解明に関する生物有機化学的研究2015 -- 2017繁森 英幸日本学術振興会/基盤研究(C)5,070,000円
植物の屈性現象機構解明に関する生物有機化学的研究2014-04 -- 2018-03繁森 英幸日本学術振興会/科学研究費補助金
食用植物からのアミロイドβ凝集阻害物質の探索と作用機序の解明2012 -- 2014繁森英幸日本学術振興会/基盤研究(C)1,950,000円
植物の屈性運動に関わる生理活性物質を用いた作用機構の解明2012 -- 2013繁森英幸文部科学省/新学術領域研究3,380,000円
植物の運動・光屈性を制御する鍵化学物質の活性発現機構の解明2009 -- 2011繁森英幸日本学術振興会/基盤研究(C)4,680,000円
果実・種子の増産を誘導する天然由来の機能性物質の探索と農園業への応用      2006 -- 2007繁森英幸日本学術振興会/萌芽研究3,300,000円
多元的スクリーニング系を用いた未開拓乾燥地生物資源由来の生体機能分子の探索   2006 -- 2007繁森英幸文部科学省/特定領域研究6,300,000円
職歴
2001-05 -- 2009-03筑波大学 助教授
2009-04 -- (現在)筑波大学 教授
2014-04 -- 2016-03筑波大学 生命環境学群生物資源学類 学類長
学歴
-- 1985慶應義塾大学 理工学部 化学卒業
-- 1990慶應義塾大学 理工学研究科 化学修了
取得学位
理学博士慶應義塾大学
免許資格等
1992-12-04危険物取扱者甲種
所属学協会
2013 -- (現在)日本機能性食品医用学会
2005 -- (現在)新規素材探索研究会
2006 -- (現在)日本農芸化学会
2004 -- 2009日本植物生理学会
2002 -- (現在)植物化学調節学会
1994 -- 2001日本がん分子標的治療研究会
1994 -- 2001日本癌学会
1990 -- (現在)日本薬学会
1985 -- (現在)日本化学会
2009 -- (現在)American Chemical Society
受賞
2019-09-07日本農芸化学会関東支部優秀発表賞(若手ポスター発表部門)
2017-02-13Best Presentation Award of ICNPDD 2017 : 19th International Conference on Natural Products and Drug Discovery
2016-12-09Excellent Presentation and Outstanding Presentation in the 7th AG-BIO/PREDO Graduate Conference on Agricultural Biotechnology &K
2016-11-25第27回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会優秀賞
2016-02-25Tunisia-Japan Symposium on Science, Society and Technology 2015 (TJASSST 2015) The Best Poster Award
2015-09-188th Japan-China-Korea Graduate Student Forum First Prize
2015-07-31平成26年度特別研究員等審査会専門委員(書面担当)表彰
2015-09-12植物生理化学会賞
2015-06-05新規素材探索研究会第14回セミナー最優秀ポスター賞
2014-10-20第58回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会ベストプレゼンテーション賞
2014-06-06新規素材探索研究会第13回セミナー奨励賞
2013-10-06第57回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会ベストプレゼンテーション賞
2012-11-30第二十三回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会優秀賞
2012-11-30第二十三回日本化学会関東支部茨城地区研究交流会奨励賞
2009-07-25日本動物細胞工学会2009年度大会優秀ポスター賞
2009-06-05新規素材探索研究会第6回セミナー奨励賞
論文
著書
  • 第2部第1章 植物と動物とのコミュニケーション
    繁森 英幸
    植物の多次元コミュニケーション, 大学教育出版, pp.72-81, 2019-07
  • 傷害との戦い
    Shigemori Hideyuki
    植物の知恵とわたしたち, pp.140-148, 2017-02
  • Electroorganic synthesis of some bioactive substances
    繁森 英幸
    Stud. Org. Chem. (Amsterdam), 1987
  • Total synthesis of natural products by using anodic oxidation of phenols as a key step
    繁森 英幸
    Stud. Nat. Prod. Chem, 1991
  • 異文化コミュニケーションに学ぶグローバルマインド
    長谷川 宏司; 広瀬 克利; 井上 進; 繁森 英幸
    大学教育出版, 2014-05
  • 動く植物ーその謎解きー
    繁森英幸; 山田小須弥; 中野洋; 長谷川剛; 長谷川宏司
    (株)大学教育出版, 2002-09
  • 植物の知恵ー化学と生物からのアプローチ
    繁森英幸; 久松洋輔
    (株)大学教育出版, 2005-02
  • プラントミメティックスー植物に学ぶ
    長谷川剛; 山田小須弥; 繁森英幸; 長谷川宏司
    エヌ・ティー・エス, 2006-08
  • 天然物化学ー植物編ー
    繁森英幸
    (株)アイピーシー, 2007-02
  • 天然物化学ー海洋生物編ー
    繁森英幸
    (株)アイピーシー, 2008-06
  • 博士教えて下さいー植物の不思議ー
    繁森英幸
    (株)大学教育出版, 2009-01
  • 最新植物生理化学
    繁森英幸
    (株)大学教育出版, 2011-10
  • Differentiation of Human Leukemia Cell Line HL-60 by a Polyacetylenic Compound from Hedera Rhombea
    Kurita Yui; Yamada Parida; Shigemori Hideyuki; Isoda Hiroko
    ANIMAL CELL TECHNOLOGY: BASIC AND APPLIED ASPECTS, VOL 15, SPRINGER, pp.253-258, 2009-01
会議発表等
  • オートファジー制御化合物テトランドリンの蛍光標識体合成と細胞内局在観察
    高橋 知暉; 東海 芙美子; 礒田 博子; 繁森 英幸; 宮前 友策
    第62回天然有機化合物討論会/2020-09-22--2020-09-24
  • 薬用植物Tamarix gallica由来ポリフェノール化合物のアミロイドポリペプチド凝集阻害活性
    繁森 英幸; Asma Ben Hmidene; 礒田博子
    日本農芸化学会2020年度(令和元年度)大会/2020-03-25--2020-03-28
  • 植物の知恵ーその謎解きー
    繁森 英幸
    理研シンポジウム 高磁場・高感度NMR利活用促進のための天然物分野シンポジウム2019/2019-12-12--2019-12-12
  • Clovamide関連化合物のアミロイドポリペプチド凝集阻害活性および神経細胞保護効果
    野本悌吾; 角田達彦; 池本光志; 繁森 英幸
    第17回 日本機能性食品医用学会 総会/2019-12-07--2019-12-08
  • 植物由来ポリフェノール化合物による神経細胞保護作用
    繁森 英幸; 宮前友策; 栗栖真奈美; 中曽根理絵; 松浦大輔; 金...
    第38回日本認知症学会 学術集会/2019-11-07--2019-11-09
  • ライムギ幼葉鞘における屈性制御物質の構造と機能
    市川絵梨; 繁森 英幸; 山田小須弥
    植物化学調節学会第54回大会/2019-11-15--2019-11-17
  • 光屈性制御物質を用いたダイコン光屈性制御機構の解明
    野口美輝; 渡邉諒子; 荒井厚志; 堀之内妙子; 渡邉秀典; 山田...
    植物化学調節学会第54回大会/2019-11-15--2019-11-17
  • トウモロコシの光屈性・重力屈性におけるベンゾキサジノイド化合物の役割
    西久保はるか; 山田小須弥; Jander Georg; 繁森 英幸
    植物化学調節学会第54回大会/2019-11-15--2019-11-17
  • ベンゾキサジノイド化合物によるトウモロコシ芽生えの光屈性・重力屈性メカニズムの解明
    西久保はるか; 山田小須弥; 長谷川宏司; Jander Georg; 繁森 ...
    第61回天然有機化合物討論会/2019-09-11--2019-09-13
  • ツバキ葉熱水抽出物からの骨代謝調整物質の探索
    東海芙美子; 佐藤はな; 西本壮吾; 繁森 英幸
    日本農芸化学会関東支部2019年度支部大会/2019-09-07--2019-09-07
  • ベンゾキサジノイドによるトウモロコシ芽生えの光屈性・重力屈性メカニズムの解明
    西久保はるか; 山田小須弥; 長谷川宏司; Jander Georg; 繁森 ...
    日本農芸化学会関東支部2019年度支部大会/2019-09-07--2019-09-07
  • オトギリソウからの脂肪分解促進活性物質の探索
    中井 結; 奥川洋司; 丸茂 愛; 金谷裕敏; 綱川光男; 繁森 英幸
    日本農芸化学会関東支部2019年度支部大会/2019-09-07--2019-09-07
  • 子嚢菌Podostroma giganteumからの新規生物活性物質の探索
    長谷川美紀子; 清木 菫; 川島大輝; 細矢 剛; 繁森 英幸
    日本農芸化学会関東支部2019年度支部大会/2019-09-07--2019-09-07
  • Clovamide関連化合物のアミロイドポリペプチド凝集阻害活性および神経細胞保護効果
    野本悌吾; 角田達彦; 池本光志; 繁森 英幸
    日本農芸化学会関東支部2019年度支部大会/2019-09-07--2019-09-07
  • ダイコン光屈性制御物質の構造活性相関
    野口美輝; 渡邊諒子; 荒井厚志; 堀之内妙子; 渡邉秀典; 山田...
    日本農芸化学会関東支部2019年度支部大会/2019-09-07--2019-09-07
  • Colvamide関連化合物のアミロイドポリペプチド凝集阻害活性および神経細胞保護効果
    野本悌吾; 角田達彦; 池本光志; 繁森 英幸
    新規素材探索研究会第18回セミナー/2019-06-07--2019-06-07
  • ツバキ葉熱水抽出物からの骨代謝調整物質の探索
    東海芙美子; 佐藤はな; 西本壮吾; 繁森 英幸
    新規素材探索研究会第18回セミナー/2019-06-07--2019-06-07
  • アルツハイマー型認知症予防を指向したカフェオイルキナ酸の機能解明
    星川紗更; 池本光志; 有本光江; 加香孝一郎; 深水昭吉; 繁森 ...
    新規素材探索研究会第18回セミナー/2019-06-07--2019-06-07
  • 子嚢菌(Podostroma giganteum)からの新規生物活性物質の探索
    長谷川美紀子; 清水 菫; 川島大輝; 細矢 剛; 繁森 英幸
    新規素材探索研究会第18回セミナー/2019-06-07--2019-06-07
  • ダイコン光屈性制御物質Raphanusanin類の構造活性相関
    野口美輝; 渡邊諒子; 荒井厚志; 堀之内妙子; 渡邉秀典; 繁森 ...
    新規素材探索研究会第18回セミナー/2019-06-07--2019-06-07
  • 細胞内局在観察を志向したテトランドリン蛍光標識化合物の合成とオートファジー阻害活性評価
    高橋知暉; 東海芙美子; 礒田博子; 繁森英幸; 宮前 友策
    日本農芸化学会2020年度大会/2020-03-25--2020-03-28
  • ブドウ種子由来ポリフェノールによるアミロイドポリペプチド凝集阻害
    福島寛乃; 有本光江; 加香孝一郎; 深水昭吉; 繁森英幸
    日本農芸化学会関東支部2019年度大会/2019-09-07
  • アルツハイマー型認知症予防を指向したカフェオイルキナ酸の機能解明
    星川紗更; 池本光志; 有本光江; 加香孝一郎; 深水昭吉; 繁森英幸
    日本農芸化学会関東支部2019年度大会/2019-09-07
  • Benzoxiazinoid化合物によるトウモロコシの光屈性・重力屈性メカニズムの解明
    西久保 はるか; 須藤 恵美; 山田 小須弥; 長谷川 宏司; 繁森 ...
    新規素材探索研究会第17回セミナー/2018-06-08--2018-06-08
  • ベンゾキサジノイド化合物によるトウモロコシの光屈性・重力屈性メカニズムの解明
    西久保はるか; 山田 小須弥; Jander Georg; 繁森英幸
    植物化学調節学会第53回大会/2018-11-03--2018-11-04
知的財産権
  • α-グルコシダーゼの阻害作用を有する新規化合物
    矢澤一良; 諏佐智之; 本間篤史; 繁森英幸; 小川 愛
  • Alteramide and Alteromonas producing alteramide
    繁森 英幸
  • Taxuspine D as antitumor agent
    繁森 英幸
  • 植物成長阻害剤
    西山 繁; 土居史尚; 小神野孝尚; 小原大雅; 須貝 威; 長谷川...
  • アルツハイマー病予防又は治療剤、並びに飲食物
    礒田博子; 繁森英幸; ハンジュンキュ
  • Thymelaea 属植物からの抽出物を有効成分とするメラニン産生抑制剤
    礒田博子; 川野光子; 森尾貴広; モハメド・エリス・シュック;...
  • 抗アレルギー剤および抗炎症剤
    礒田博子; 山田パリーダ; 繁森英幸; 横田真一; 菅原公一
  • 細胞増殖促進剤、およびその利用
    礒田博子; 繁森英幸; ハンジュンキュ
  • 脂肪細胞分化抑制剤、およびその利用
    礒田博子; 繁森英幸; ハンジュンキュ; サヤジサミ; ボーアジ...
担当授業科目
2020-10 -- 2021-02Special Research Work IF筑波大学
2020-10 -- 2021-02Special Research Seminar IF筑波大学
2020-04 -- 2020-08Special Research Seminar IS筑波大学
2020-08 -- 2020-09応用生命化学コース専門実験筑波大学
2020-04 -- 2020-08Special Research Work IS筑波大学
2020-04 -- 2020-08生命産業特別研究IIA筑波大学
2020-10 -- 2021-02Special Research Seminar IIF筑波大学
2020-04 -- 2020-08生体成分化学講究III筑波大学
2020-10 -- 2021-02生体成分化学講究III筑波大学
2020-04 -- 2020-08生命農学演習筑波大学
授業以外の教育活動
2020-02 -- 2020-02令和元年度第4回天然物化学セミナー特別講演会筑波大学
2019-12 -- 2019-12令和元年度第3回天然物化学セミナー特別講演会筑波大学
2019-11 -- 2019-11令和元年度第2回天然物化学セミナー特別講演会筑波大学
2019-11 -- 2019-11令和元年度第1回天然物化学セミナー特別講演会筑波大学
2020-02 -- 2020-02令和元年度 筑波大学附属駒場中学校3年生本学訪問 研究室体験、「生物の不思議『なんでだろう?』を化学する」筑波大学天然物化学研究室
2019-11 -- 2019-11茨城県立太田第一高等学校出前講義、「生物の不思議『なんでだろう?』を化学する」茨城県立太田第一高等学校
2019-10 -- 2019-10附属坂戸高等学校大学訪問、「生物の不思議『なんでだろう?』を化学する」筑波大学
2019-08 -- 2019-08令和元年度兵庫県立洲本高等学校73期生の未来探究東京ツアー、「生物の不思議『なんでだろう?』を化学する」筑波大学
2019-08 -- 2019-08令和元年度夏季リケジョサイエンス合宿、「生物の不思議『なんでだろう?』を化学する」筑波大学
2019-06 -- 2019-06令和元年度筑波大学附属高等学校2年生大学訪問、「生物の不思議『なんでだろう?』を化学する」筑波大学天然物化学研究室
一般講演
  • 『天然物化学』に魅せられて33年
    繁森 英幸
    兵庫県立洲本高等学校創立記念式/2015-05-08--2015-05-08
  • ニガヨモギ(Artemisia absinthium L.)由来新規オーキシン極性移動阻害物質に関する化学的研究
    新井 司; 戸田雄太; 宮本建助; 長谷川 剛; 広瀬克利; 上田...
    第2回植物生理科学シンポジウム/2012-07-14
  • 植物の巧みな知恵―その謎解きと利用
    繁森 英幸
    第2回植物生理科学シンポジウム/2012-07-14
  • 青色光照射によって誘導されるcell-wall stiffnessと光屈性との関連性
    山田小須弥; Riffat JABEEN; 長谷川剛; 長谷川宏司; 繁森英幸
    植物化学調節学会第46回大会/2011-11-01
  • Melanogenesis Regulation Effects of Terpene Compounds in Mediterranean Plant Extracts
    Myra Orilina Villareal; Hui-chia Chao; Junkyu Han; Hideyu...
    第55回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会/2011-11-01
  • ジンチョウゲ科植物から単離したDaphnane型ジテルペンの構造と生物活性
    中曽根理絵; 小野寺愛実; 宮前友策; Myra Orlina Villareal; ...
    第55回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会/2011-11-01
  • カフェオイルキナ酸のアミロイドβ凝集阻害活性及び分子機構
    宮前友策; 栗栖真奈美; 村上一馬; 入江一浩; Han Junkyu; 礒...
    第53回天然有機化合物討論会/2011-09-01
  • カラシナ(Brassica juncea)芽生えの光屈性制御物質の探索
    牧野讓; 中城治之; 山田小須弥; 長谷川宏司; 繁森英幸
    新規素材探索研究会/2011-06-01
  • Structure and bioactivity of arabidopsides from Arabidopsis thalinana
    H. Nakajyo; K. Yamada; K. Hasegawa; N. Goto; K. Miura; Mo...
    2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies/2010-12-01
  • Effect of caffeoylquinic acids on ATP production and expression of glycolytic enzymes in neuronal cells
    Y. Miyamae; J. Han; H. Isoda; H. Shigemori
    2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies/2010-12-01
  • Bioactive substances involved in apical dominance of pea seedlings
    H. Shigemori; E. Nakajima; H. Togawa; T. Kokubo; H. Nakaj...
    2010 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies/2010-12-01
  • 重金属ストレスによって誘導されるArabidopside関連化合物の構造と機能
    中城治之; 山田小須弥; 長谷川宏司; 後藤伸治; 三浦謙治; 繁...
    植物化学調節学会第45回大会/2010-11-01
  • Pseudomonas fluorescens CHA0からの生理活性物質の探索
    濱島弓弦; 繁森英幸; 山田小須弥; 竹内香純; Dieter Haas
    日本化学会第4回関東支部大会(2010)/2010-08-01
  • ジンチョウゲ根からの生物活性物質の探索
    小野寺愛実; 宮前友策; 繁森英幸
    日本化学会第4回関東支部大会(2010)/2010-08-01
  • ATP産生促進活性を示すカフェオイルキナ酸類の合成および構造活性相関研究
    宮前友策; Han Junkyu; 礒田博子; 繁森英幸
    日本化学会第4回関東支部大会(2010)/2010-08-01
  • 化学的ストレスによって誘導されるArabidopside関連化合物の構造と機能
    中城治之; 山田小須弥; 長谷川宏司; 後藤伸治; 繁森英幸
    新規素材探索研究会/2010-06-01
  • カエデ属植物からの血糖値上昇抑制物質、
    小川 愛; 本間篤史; 小山智之; 矢澤一良; 繁森英幸
    新規素材探索研究会/2010-06-01
学協会等委員
2016-04 -- (現在)植物生理化学会理事
2013-04 -- 2016-03植物生理化学会会長
2007 -- (現在)新規素材探索研究会幹事
2011-04 -- 2013-03植物生理科学研究会副会長
学内管理運営業績
2017-04 -- (現在)ダイバーシティ・アクセシビリティ担当教員
2017-04 -- (現在)体育センター運営員会委員
2014-04 -- 2016-03生物資源学類長
2010-04 -- 2013-03委員長・生物資源学類教育課程委員会
2010-04 -- 2016-03委員・生物資源学類運営委員会
2010-04 -- 2013-03委員・全学学群教育課程委員会
2010-04 -- 2016-03委員・生物資源学類G30運営委員会
2011-04 -- 2014-03委員・生命環境科学研究科教務委員会
2012-04 -- 2013-04委員・生物資源科学専攻運営委員会
その他の活動
2019-01 -- 2019-01「月刊ぷらざ」2019年1月号において、「茨城のほしいもin 2019」という記事の中で、「ほしいもに含まれるカフェオイルキナ酸のアルツハイマー症予防効果」に関する研究が紹介された。
2018-06 -- 2018-11NHK放送番組「サイエンスZERO」において「寄生生物が世界を変える!」というテーマの下で、寄生植物ヤセウツボから単離したフェニルエタノイド配糖体に顕著なAβ凝集阻害活性が見出され、アルツハイマー型認知症の予防につながる可能性があるという、申請者らの研究が平成30年6月24日および平成30年6月30日(再放送)に放映された。さらに、平成30年11月11日および平成30年11月17日(再放送)にアンコール放映された。
2017-05 -- (現在)日経産業新聞平成29年5月26日朝刊において、「アルツハイマー病の原因物質を寄生植物が抑制」というタイトルで、寄生植物ヤセウツボから単離したフェニルエタノイド配糖体に顕著なAβ凝集阻害活性が見出されたという、研究者らの研究が掲載された。

(最終更新日: 2020-08-24)