現在地

丹羽 隆介(ニワ リュウスケ; Niwa, Ryusuke)

face
所属
生存ダイナミクス研究センター
職名
教授
性別
男性
科研費番号
60507945
URL
学外所属
高エネルギー加速器研究機構客員教授
研究分野
発生生物学
動物生理・行動
応用生物化学
研究キーワード
生殖休眠
脂質代謝
消化管ホルモン
農薬
ショウジョウバエ
寄生蜂
ステロイドホルモン
エクジソン
発生タイミング
生殖幹細胞
研究課題
メチオニン代謝に焦点を当てた老化制御メカニズムの総合的研究2021-09 -- 2022-03丹羽隆介筑波大学/研究力強化のための令和3年度特別支援シーディングプログラム13,800,000円
ホルモンと神経伝達物質のシグナルの統合による配偶子インテグリティ制御機構の解明2021 -- 2022丹羽 隆介日本学術振興会/新学術領域研究(研究領域提案型)9,360,000円
成長期の栄養履歴が後期ライフステージに与える機能低下のメカニズム2020-04 -- 2021-03上村匡国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)/革新的先端研究開発支援事業「全ライフコースを対象とした個体の機能低下機構の解明」21,234,237円
生殖幹細胞インテグリティ制御におけるホルモンと神経伝達物質の役割の解明2019-04 -- 2021-03丹羽隆介文部科学省/新学術領域研究(研究領域提案型)9,100,000円
成長期の栄養履歴が後期ライフステージに与える機能低下のメカニズム2019-04 -- 2020-03上村匡国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)/革新的先端研究開発支援事業「全ライフコースを対象とした個体の機能低下機構の解明」16,835,000円
構造生物学的着想に基づく昆虫グルタチオンS-転移酵素Noboの内在性基質の同定2018-04 -- 2020-03丹羽隆介日本学術振興会/科学研究費補助金 挑戦的研究(萌芽)6,370,000円
成長期の栄養履歴が後期ライフステージに与える機能低下のメカニズム2018-04 -- 2019-03上村匡国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)/革新的先端研究開発支援事業「全ライフコースを対象とした個体の機能低下機構の解明」15,535,000円
成長期の栄養履歴が後期ライフステージに与える機能低下のメカニズム2017-10 -- 2018-03上村匡国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)/革新的先端研究開発支援事業「全ライフコースを対象とした個体の機能低下機構の解明」10,985,000円
病原菌感染に伴う生殖幹細胞増殖の分子メカニズムの解明2017-10 -- 2018-09丹羽隆介公益財団法人武田科学振興財団/2017年度ライフサイエンス研究奨励2,000,000円
微生物を介した植物の間接誘導防衛機構の解明にもとづく次世代昆虫制御物質の創出2017-04 -- 2021-03松田一彦日本学術振興会/科学研究費補助金 基盤研究(A)6,000,000円
職歴
2002-04 -- 2002-10科学技術振興事業団 戦略的基礎研究推進事業 博士研究員
2002-10 -- 2003-03東京大学 大学院新領域創成科学研究科 リサーチアソシエイト
2003-04 -- 2005-12日本学術振興会 特別研究員 SPD
2005-01 -- 2008-01Human Frontier Science Program Long-Term Research Fellow
2008-02 -- 2011-10筑波大学 大学院生命環境科学研究科・「次代を担う若手大学人育成イニシアティブ」 助教
2011-11 -- 2012-03筑波大学 生命環境系 助教
2012-04 -- 2019-05筑波大学 生命環境系 准教授
2012-10 -- 2016-03科学技術振興事業団 戦略的基礎研究推進事業 さきがけ研究者
2017-04 -- 2020-03高エネルギー加速器研究機構 客員准教授
2019-06 -- (現在)筑波大学 生存ダイナミクス研究センター 教授
学歴
1993-04 -- 1997-03京都大学 理学部卒業
1997-04 -- 1999-03京都大学 理学研究科修了
1999-04 -- 2002-03京都大学 理学研究科修了
取得学位
2002-03博士(理学)京都大学
免許資格等
2010-05-21特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
2010-08-03有機溶剤作業主任者
2012-03-14局所排気装置等定期自主点検者
所属学協会
2021-08 -- (現在)日本農薬学会
2021-03 -- (現在)毒素シンポジウム
2019-02 -- (現在)日本動物学会
2009 -- (現在)盛和スカラーズソサエティー
2008 -- 2021-09日本応用動物昆虫学会
2008 -- (現在)日本農芸化学会
2002 -- (現在)日本発生生物学会
1999 -- (現在)日本分子生物学会
2002 -- 2020Genetics Society of America
受賞
2019-05Development, Growth and Differentiation Editor-in-Chief Prize 2019
2019-02平成30年度報奨金支給対象の表彰
2017-03BBB Most-Cited Review Award
2016-11平成28年度報奨金支給対象の表彰
2016-09平成28年度 内外環境応答・代謝酵素研究会 優秀賞
2015-12平成27年度報奨金支給対象の表彰
2015-02平成26年度報奨金支給対象の表彰
2014-06平成26年度筑波大学若手教員特別奨励賞
2014-04平成26年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞昆虫ステロイドホルモン生合成に関する総合的研究
2013-10-24筑波大学若手教員奨励賞(平成25年度)
2013-02-28筑波大学若手教員奨励賞(平成24年度)
2011-05-06農芸化学奨励賞
2010-10-09日本農芸化学会関東支部2010年度若手奨励賞
2003-02井上学術研究奨励賞
2001-08森脇大五郎賞奨励賞
論文
著書
  • 昆虫でのゲノム編集の利用
    丹羽 隆介
    ゲノム編集入門 -ZFN・TALEN・CRISPR-Cas9-, 裳華房, pp.56-72, 2016-12
  • エクジステロイド生合成の調節機構
    丹羽 隆介
    脱皮と変態の生物学ー昆虫と甲殻類のホルモン作用の謎を追う, 東海大学出版会, pp.55-76, 2011-05
会議発表等
  • High-sugar diet-evoked shorten lifespan associates with the amount of ROS in the intestine and intestinal epithelial structure in Drosophila sechellia
    Abe Maiko; Kamiyama Takumi; Izumi Yasushi; Watanabe Kaori...
    The 14th Japan Drosophila Research Conference (JDRC14)/2021-09-13--2021-09-16
  • Effects of dietary sugar on mating-induced germline stem cell proliferation mediated by gut hormone in Drosophila melanogaster
    Hoshino Ryo; Yoshinari Yuto; Kondo Shu; Tanimoto Hiromu; ...
    The 14th Japan Drosophila Research Conference (JDRC14)/2021-09-13--2021-09-16
  • The sugar-responsive enteroendocrine hormone, neuropeptide F acts as an incretin-like hormone in Drosophila melanogaster
    Yoshinari Yuto; Kosakamoto Hina; Kamiyama Takumi; Matsuok...
    The 14th Japan Drosophila Research Conference (JDRC14)/2021-09-13--2021-09-16
  • The corpus allatum-projecting neurons regulate reproductive dormancy via suppression of juvenile hormone biosynthesis in Drosophila melanogaster.
    Kurogi Yoshitomo; Imura Eisuke; Hoshino Ryo; Mizuno Yosuk...
    The 14th Japan Drosophila Research Conference (JDRC14)/2021-09-13--2021-09-16
  • The transcription factor POU domain motif 3 contributes to cold resistance via negative regulation of the ecdysteroid biosynthesis
    Kamiyama Takumi; Sun Wei; Niwa Ryusuke
    The 14th Japan Drosophila Research Conference (JDRC14)/2021-09-13--2021-09-16
  • Spatiotemporal expression patterns of ion transport peptide and its alternatively spliced variants imply their pleiotropic functions in Drosophila
    Watanabe Akira; Yoshii Taishi; Tanimoto Hiromu; Kondo Shu...
    The 14th Japan Drosophila Research Conference (JDRC14)/2021-09-13--2021-09-16
  • Identification and characterization of a novel stress response protease that mediates organismal death induction in Drosophila melanogaster
    Matsumura Takashi; Ryuda Masasuke; Matsumoto Hitoshi; Kam...
    The 14th Japan Drosophila Research Conference (JDRC14)/2021-09-13--2021-09-16
  • Identification of the corpora allata-projecting neurons in adult Drosophila melanogaster
    Mizuno Yosuke; Imura Eisuke; Kurogi Yoshitomo; Shimada-Ni...
    The 14th Japan Drosophila Research Conference (JDRC14)/2021-09-13--2021-09-16
  • Toward elucidation of the mechanism of mating-induced neuropeptide secretion from midgut enteroendocrine cells in Drosophila melanogaster
    Kanaya Aya; Yoshinari Yuto; Hoshino Ryo; Kondo Shu; Tanim...
    The 14th Japan Drosophila Research Conference (JDRC14)/2021-09-13--2021-09-16
  • A hijack strategy of an endoparasitoid wasp on Drosophila larvae: Toward the Identification of venom components in Asobara japonica
    Shimada Yuko; Kamiyama Takumi; Tani Naoki; Mori Hitoha; K...
    The 14th Japan Drosophila Research Conference (JDRC14)/2021-09-13--2021-09-16
  • Identification of chemical compounds inhibiting the enzymatic activity of ecdysone biosynthetic glutathione S -transferase Noppera-bo from the yellow fever mosquito Aedes aegypti
    Ebihara Kana; Inaba Kazue; Senda Miki; Sakuma Chisako; Ko...
    The 14th Japan Drosophila Research Conference (JDRC14)/2021-09-13--2021-09-16
  • 宿主ショウジョウバエの発生を操作する内部寄生蜂Asobara japoniraの毒の同定を目指して
    島田 裕子; 上山 拓己; 森 一葉; 藤井 美月; 清家 和樹; 片山...
    第67回トキシンシンポジウム/2021-09-09--2021-09-10
  • キイロショウジョウバエの生殖休眠を制御する内分泌器官直接投射神経の機能解析
    黒木 祥友; 井村 英輔; 星野 涼; 水野 陽介; Nouzova Marcela...
    第92回日本動物学会オンライン米子大会/2021-09-02--2021-09-03
  • 内部寄生蜂 Asobara japonica の寄生成立を司る毒成分の同定に向けたマルチオミクス解析
    上山 拓己; 島田 裕子; 田中 裕之; 豊田 敦; 伊藤 武彦; 丹羽...
    第92回日本動物学会オンライン米子大会/2021-09-02--2021-09-03
  • キイロショウジョウバエの幼若ホルモン生合成器官に投射する神経細胞の同定
    水野 陽介; 井村 英輔; 黒木 祥友; 島田 裕子; 近藤 周; 谷本...
    第92回日本動物学会オンライン米子大会/2021-09-02--2021-09-03
  • 交尾後の生殖幹細胞増殖を誘導する腸ホルモンと栄養の関係性
    星野 涼; 吉成 祐人; 近藤 周; 谷本 拓; 丹羽 隆介
    第92回日本動物学会オンライン米子大会/2021-09-02--2021-09-03
  • 脱皮ホルモン生合成経路を標的とした昆虫成長阻害剤に関する横断的創薬研究
    海老原 佳奈; 稲葉 和恵; 千田 美紀; 小祝 孝太郎; 髙谷 大輔...
    日本農芸化学会関東支部2021年度支部大会/2021-08-28--2021-08-28
  • 2種のショウジョウバエにおける炭水化物への栄養応答の違いが寿命に影響を与える
    阿部 真生子; 丹羽 隆介
    日本農芸化学会関東支部2021年度支部大会/2021-08-28--2021-08-28
  • Neuronal control of juvenile hormone biosynthesis to regulate reproductive dormancy in the fruit fly Drosophila melanogaster
    Kurogi Yoshitomo; Imura Eisuke; Hoshino Ryo; Mizuno Yosuk...
    The 5th International Insect Hormone Virtual Workshop 2021 (IIHVW2021)/2021-06-29--2021-06-29
  • The interaction between nutrient and gut hormone in mating- induced germline stem cell proliferation in the fruit fly Drosophila melanogaster
    Hoshino Ryo; Yoshinari Yuto; Kondo Shu; Tanimoto Hiromu; ...
    第54回日本発生生物学会年会/2021-06-17--2021-06-17
  • Starvation induces precocious maturation in Drosophila melanogaster
    Shimada-Niwa Yuko; Lin Hsin Kuang; Ohhara Yuya; Hanif Has...
    第54回日本発生生物学会年会/2021-06-17--2021-06-17
  • 宿主内環境を支配する寄生蜂の生存戦略 :寄生蜂毒の同定と機能解析に向けて
    丹羽 隆介
    第2回2021年度物構研コロキウム/2021-05-31--2021-05-31
  • フラボノイド化合物による昆虫ステロイドホルモン生合成酵素Noppera-boの阻害:構造生物学的解析と生物活性検定
    海老原 佳奈; 稲葉 和恵; 小祝 孝太郎; 髙谷 大輔; 渡邉 千鶴...
    日本農芸化学会2021年度大会(オンライン開催)/2021-03-20--2021-03-20
  • Neuronal control of reproductive dormancy in the fruit fly Drosophila melanogaster
    Kurogi Yoshitomo; Imura Eisuke; Nouzova Marcela; Matsuyam...
    第65回日本応用動物昆虫学会大会/2021-03-26--2021-03-26
  • The noni fruit Morinda citrifolia has a beneficial effect on glucose tolerance in the fruit fly Drosophila sechellia
    Abe Maiko; Niwa Ryusuke
    第65回日本応用動物昆虫学会大会/2021-03-26--2021-03-26
担当授業科目
2021-10 -- 2022-02ヒューマンバイオロジー実験実習II筑波大学
2021-10 -- 2022-02動物発生・生理学研究法AII筑波大学
2021-10 -- 2022-02動物発生・生理学セミナーDII筑波大学
2021-04 -- 2021-08動物発生・生理学研究法AI筑波大学
2021-10 -- 2022-02ヒューマンバイオロジー演習II筑波大学
2021-08 -- 2021-09イメージング総論筑波大学
2021-04 -- 2021-08動物発生・生理学セミナーAI筑波大学
2021-10 -- 2022-02ヒューマンバイオロジー特論II筑波大学
2021-10 -- 2022-02動物発生・生理学研究法BII筑波大学
2021-10 -- 2022-02動物発生・生理学セミナーCII筑波大学
授業以外の教育活動
2020-11 -- 2020-11GFEST STEAMプログラム「『理科系の作文技術』を磨きましょう」未来を切り拓くフロントランナー育成プログラム 筑波大学GFEST
2020-11 -- 2021-03博士論文学位審査・副査神戸大学
2020-04 -- 2021-03生物科学専攻 早期修了プログラム 主査・副査筑波大学
2020-08 -- 2021-02Examiner for the PhD thesis examinationUniversity of Melbourne, Australia
2020-02 -- 2020-02筑波大学附属駒場中学校向け特別講座筑波大学
2019-09 -- 2019-09土浦日本大学中等教育学校向け 出前授業およびTARAセンター研究室筑波大学
2018-09 -- 2018-09研究所員向け細胞生物学講義(ホルモン、サイトカイン)富士フィルム先進研究所
2018-07 -- 2018-07筑波大学附属駒場高等学校2年生向け特別講座筑波大学
2018-06 -- 2018-07平成30年度筑波大学高校生公開講座「生物の生存戦略を科学する」講師筑波大学
2018-04 -- 2019-03生物科学専攻 早期修了プログラム 主査・副査筑波大学
一般講演
  • 高次生命現象を理解する一助としての組換えタンパク質の活用~昆虫ホルモン生合成制御因子の研究を例として~
    丹羽 隆介
    はじめてのライフサイエンス基礎講座2015/2015-05-28--2015-05-28
  • How to enjoy the tenure-track system: My private experience at University of Tsukuba
    丹羽 隆介
    第3回千葉大学テニュアトラック国際シンポジウム/2015-02-09--2015-02-09
  • How to regulate developmental timing in insects
    Niwa Ryusuke
    生命現象における時間と空間を制御する仕組み/2014-08-27--2014-08-28
  • 虫の研究からヒトを理解する
    丹羽 隆介
    第38回全国高等学校総合文化祭いばらき大会サイエンスカフェ/2014-07-29--2014-07-29
  • ゲノム編集時代の生命科学~生化学と遺伝学を併用した研究アプローチ~
    丹羽 隆介
    はじめてのライフサイエンス基礎講座2014/2014-07-18--2014-07-18
  • 日本型テニュアトラック制に基づくPIとしての独立:経験者の一私見
    丹羽 隆介
    第53回生命科学夏の学校/2013-08-31--2013-08-31
  • 大人になるってなんだろう?~昆虫から学べること~
    丹羽 隆介
    第70回バイオeカフェ/第54回科学技術週間参加企画/2013-04-16
  • Adaptive regulation of ecdysteroid biosynthesis through a stomatogastric nervous system in Drosophila melanogaster
    Shimada-Niwa Yuko; Umei Yosuke; Maramzina Jevgenija; Niwa...
    2013 Ecdysone Workshop/2013-04-03
  • 栄養依存的に反応する新規の前胸腺投射神経の同定
    島田(丹羽)裕子; 梅井洋介; 丹羽隆介
    第57回日本応用動物昆虫学会大会/2013-03-29
  • エクジステロイド生合成酵素遺伝子の発現に関わるハエ目特異的新規ジンクフィンガータンパク質の機能解析
    小村達也; 梅井洋介; 塩谷天; 島田(丹羽)裕子; 篠田徹郎; ...
    第57回日本応用動物昆虫学会大会/2013-03-28
  • ショウジョウバエ成虫におけるエクジステロイド生合成酵素遺伝子の発現と機能の解析
    天久朝恒; 塩谷天; 島田(丹羽)裕子; 樫川(吉田)真樹; 丹...
    第57回日本応用動物昆虫学会大会/2013-03-28
  • エクジステロイド生合成を調節するシグナル伝達経路の解析
    梅井洋介; 島田(丹羽)裕子; 丹羽隆介
    第57回日本応用動物昆虫学会大会/2013-03-28
  • Besides P450s: Three non-P450-type enzymes play crucial roles in steroid hormone biosynthesis of insects
    Sora Enya; Takuji Yoshiyama-Yanagawa; Yuko S. Niwa; Ryusu...
    50th Anniversary Symposium on Cytochrome P450 in Fukuoka/2012-12-03
  • Phosphorylation-dependent interaction between Argonaute 1 and 14-3-3 protein
    Yuki Kawaguchi; Tohru Ichimura; Ryusuke Niwa
    第35回日本分子生物学会/2012-12-01
  • ステロイドホルモン生合成制御とその生体における意義の追究~昆虫と線虫を用いたアプローチ~
    丹羽隆介
    筑波大学分生細胞生物学セミナー/2012-10-23
  • The role of neurotransmitter receptors in the regulation of steroid hormone biosynthesis and developmental progression in Drosophila
    Yuko Shimada-Niwa; Yosuke Umei; Jevgenija Maramzina; Ryus...
    Japanese Drosophila Research Conference 10/2012-10-14
  • Noppera-bo, a new player essential for controlling ecdysteroid biosynthesis and insect developmental transition
    Sora Enya; Yuko Shimada-Niwa; Yoshinori Fujimoto; Tetsuro...
    Japanese Drosophila Research Conference 10/2012-10-13
  • Identification and characterization of Dipteran-specific genes essential for ecdysteroid biosynthesis
    Tatsuya Komura; Yosuke Umei; Sora Enya; Yuko Shimada-Niwa...
    Japanese Drosophila Research Conference 10/2012-10-13
  • Expression and functional analyses of enzymes for ecdysteroid biosynthesis during gonadal development in Drosophila
    Tomotsune Ameku; Sora Enya; Yuko Shimada-Niwa; Maki Kashi...
    Japanese Drosophila Research Conference 10/2012-10-13
  • An intracellular signal transduction pathway that regulates ecdysone biosynthesis in Drosophila melanogaster
    Yosuke Umei; Yuko Shimada-Niwa; Ryusuke Niwa
    Japanese Drosophila Research Conference 10/2012-10-13
  • 昆虫ステロイドホルモン生合成に関与する新規因子の同定と機能解析
    丹羽隆介
    東京大学大学院新領域創成科学研究科 分子認識化学セミナー/2012-09-27
  • The steroidogenic Rieske-type oxygenase Neverland is involved in cholesterol metabolism during the life cycle of the fruit fly Drosophila melanogaster
    Tomotsune Ameku; Sora Enya; Maki Kashikawa-Yoshida; Takuj...
    International Symposia "New Frontiers of Metabolism Research in Biomedical Sciences"/2012-09-27
  • β-amyloid発現線虫に対する高分子ポリフェノールMAFの効果の検証
    小林秀美; 小澤哲夫; 丹羽隆介; 沼田治
    日本動物学会第83回大会/2012-09-13
  • 昆虫発育に関わる新規エクジソン生合成酵素Noppera-boの機能解析
    塩谷天; 丹羽隆介
    日本発生生物学会夏季シンポジウム2012/2012-09-04
  • 小さなムシを使った研究からヒトの体の仕組みを理解する
    丹羽隆介
    第47回三省堂/第49回日本農芸化学会サイエンスカフェ/2012-08-04
学協会等委員
2021-01 -- 2022-12日本分子生物学会第22期理事
2020-09 -- (現在)Fly (Taylor & Francis group journal)Editorial Board
2020-04 -- (現在)Development, Growth, and DifferentiationEditorial Board
2021-03 -- (現在)Froniters in Experimental EndocrinologyAssociate Editor (Experimental endocrinology)
2019-04 -- 2020-03日本応用動物昆虫学会第64回日本応用動物昆虫学会/プログラム委員長
2020-03 -- (現在)Insects (MDPI Journal)Editorial Board
2016-09 -- 2018-09日本ショウジョウバエ研究会世話人会/副代表
2018-09 -- (現在)日本ショウジョウバエ研究会世話人会/代表
2020-01 -- (現在)日本分子生物学会Genes to Cells/アソシエートエディター
2019-01 -- 2020-12日本応用動物昆虫学会編集委員会/委員
学内管理運営業績
2019-04 -- 2021-03生物科学専攻 広報・HP委員会委員
2018-04 -- (現在)生物学類 カリキュラム委員会委員
2018-04 -- (現在)生物学類 運営委員会委員
2018-04 -- 2019-03生物学類 広報委員会委員長
2018-04 -- 2019-03TIA連携プログラムかけはし「ミクロとマクロをつなぐ新たな生物学の創生と創薬への応用を目指す調査研究」筑波大学側メンバー
2018-04 -- 2019-03生物学類・クラス担任4年生4クラス担任
2018-04 -- 2019-03学長補佐室室員
2017-04 -- 2018-03ハラスメント相談員生命環境科学研究科選出
2017-04 -- 2018-03キャリア支援担当教員会議構成員(生物学類選出)
2017-04 -- 2018-03学長補佐室室員
その他の活動
2021-04 -- (現在)原著論文査読(レフリ)ー:Cell Reports、Current Biology、Insects、Insect Biochemistry and Molecular Biology、Insects、PNAS、Zoological Science
2020-04 -- 2021-03原著論文査読(レフリ)ー:Applied Entomology and Zoology、Cell Reports、Current Biology、Current Opinion in Insect Science、Development、Development, Growth, and Differentiation、eLife、Frontiers in Endocrinology、Frontiers in Physiology、G3、Genes to Cells、Genetics、Insect Biochemistry and Molecular Biology、Insects、Journal of Genetics and Genomics、PLOS Genetics、Scientific Reports、Zoological Science
2019-04 -- 2020-03原著論文査読(レフリー):Applied Entomology and Zoology、Current Biology、Development、Development Growth and Differentiation、Frontiers in Physiology、General Comparative Endocrinology、Journal of Genetics and Genomics、Insect Biochemistry and Molecular Biology、Insect Molecular Biology、Journal of Biochemistry、PLOS Biology、Scientific Reports、日本応用動物昆虫学会誌
2018-04 -- 2019-03原著論文査読(レフリー):Applied Entomology and Zoology、Current Biology、Development Growth and Differentiation、General and Comparative Endocrinology、Genes to Cells、PLOS Biology、PLOS Genetics、Scientific Reports、Zoological Sciences
2017-04 -- 2018-03原著論文査読(レフリー):Applied Entomology and Zoology、Bioscience Biotechnology and Biochemistry、Cellular Signalling、Development、Frontiers in Endocrinology、Frontiers in Physiology、Insect Biochemistry and Molecular Biology、Journal of Steroid Biochemistry and Molecular Biology、Open Biology、PLOS ONE、Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America、Scientific Reports、Zoological Letters
2016-04 -- 2017-03原著論文査読(レフリー):Insect Biochemistry and Molecular Biology、International Journal of Developmental Biology、Journal of Insect Science、PLOS Genetics、PLOS ONE、Scientific Reports、Zoological Letters、Zoological Sciences
2015-04 -- 2016-03原著論文査読(レフリー):Current Biology、Development, Growth & Differentiation、European Journal of Entomology、Frontiers in Zoology、Genes and Genetic Systems、Insect Biochemistry and Molecular Biology、Insect Molecular Biology、International Journal of Radiation Biology、Molecular Biology and Evolution、PLoS Genetics、Scientific Reports、Zoological Letters
2014-04 -- 2015-03原著論文査読(レフリー):Applied Entomology and Zoology、Biology Open、Bioscience Biotechnology and Biochemistry、European Journal of Entomology、Gene、Insect Molecular Biology、Journal of Insect Science、PLoS Genetics、Scientific Reports
2013-04 -- 2014-03原著論文査読(レフリー):Applied Entomology and Zoology、Development Growth and Differentiation、Frontiers in Experimental Endocrinology、Genes and Genetic Systems、Insect Biochemistry and Molecular Biology、Journal of Insect Science、PLoS Genetics、Scientific Reports
2012-04 -- 2013-03原著論文査読(レフリー):Applied Entomology and Zoology、Bioscience Biotechnology and Biochemistry、Biotechnology and Applied Biochemistry、BMC Genomics、Developmental Biology、Mechanisms of Development、Journal of Insect Science

(最終更新日: 2021-09-20)