現在地

李 昇姫(イ スンヒ; Lee, Seung Hee)

face
所属
芸術系
職名
准教授
性別
女性
URL
eメール
 
研究室
総合研究棟D
研究分野
デザイン学
研究キーワード
感性デザイン
感性情報評価
感性インタラクション
研究課題
行動選択・記憶に関する認知行動科学理論に基づいた適応的問題解決能力涵養環境の構築2020-04 -- 2024-03北島宗雄長岡技術科学大学/科学研究費 基盤研究(B) 分担
感性工房1997 -- 1999加藤俊一/出資金による受託研究
感性評価構造モデル構築特別プロジェクト1997 -- 2002原田 昭/学内共同研究
子どもの安全・安心のための地域情報共有システムの研究開発2009-04 -- 2010-03李昇姫総務省/出資金による受託研究
3Dデザイン発想支援における感性の働きの解明と感性評価構造モデルの構築2001 -- 2003李昇姫日本学術振興会/基盤研究(B)8,300,000円
触感(TANGIBLE)インタラクションを用いた感性情報メディアの研究2004 -- 2006李昇姫日本学術振興会/萌芽的研究3,300,000円
認知的クロノエスノグラフィに基づくエンタテイメントプロダクトのデザイン構成法2013 -- 2015李 昇姫日本学術振興会/挑戦的萌芽研究3,640,000円
職歴
2014-08 -- 2014-12南デンマーク大学 デザイン工学部 招聘教授
1993-04 -- 1996-03女子美術大学 芸術学部 助手
1999-05 -- 2000-03オランダデルフト工科大学 デザイン工学部 主任研究員
2004-09 -- 2005-06東京財団 大学教員海外派遣プログラム オランダ王国アイントホーベン工科大学招聘研究員
2006-09 -- (現在)独立行政法人産業技術総合研究所 福祉医工学研究部門 招聘研究協力者
学歴
1996 -- 1999筑波大学 芸術学研究科 デザイン学修了
取得学位
博士(デザイン学)筑波大学
デザイン修士筑波大学
免許資格等
2020-02実用英語技能検定準1級
所属学協会
2006 -- (現在)Korea Society of Industrial Design
-- (現在)日本デザイン学会
-- (現在)日本感性工学会
-- (現在)Society of Design and Emotion
受賞
2020-03優秀TF賞
2019-03茗渓会賞社会連携、高大連携の活動の評価
2019-03茗渓会賞社会連携、高大連携の活動の評価
2017-03最優秀論文賞論文の構成と成果が認められた
2015-03特選論文賞
2010-07System for Detecting Kindergartners’ Potential Emergency Situations
2001最優秀論文賞
1997Best Paper
査読付き学術雑誌・国際会議論文
  • Greeting, Function, and Music: How Users Chat with Voice Assistants
    Lee Seung Hee; J. Wang; H. Zhang; C. Zhang; Xiao Junjun
    Journal of Korea Society of Emotion and Sensibility, 2020-07
  • A User-centered Auditory Design in Interaction Between Electric Vehicle and Pedestrian
    Zhang Han; Lee Seung Hee
    日本感性工学会論文誌/19(3)/pp.217-226, 2020-07
  • Emotional Map: Building a Data Tool for Geolocation-related Product Design,
    Lee Seung Hee; P. Wan
    The 6th International Symposium on Affective Science and Engineering, 2020-03
  • A Survey about Nap Habits in Workplace
    Lee Seung Hee; C. Zhang
    The 6th International Symposium on Affective Science and Engineering, 2020-03
  • Emotional Meaning of Eyelid Positions on a One-Eyed 2D Avatar
    Lee Seung Hee; Onchi Eiji
    The 6th International Symposium on Affective Science and Engineering, 2020-03
  • Take-Over Request in Highly Automated Driving: A Survey on Driving Experience and Emergency Operation Accuracy
    Lee Seung Hee; H. Zhang
    The 6th International Symposium on Affective Science and Engineering, 2020-03
  • Design and Evaluation of a Spherical Robot with Emotion-Like Feedback during Human-Robot Training - Kansei Design Method Applied to Robot Development -
    Lee Seung Hee; Onchi Eiji
    日本感性工学会論文誌/第19巻(1号)/pp.105-116, 2020-02
  • Slow Robots for Unobtrusive Posture Correction
    Lee Seung Hee
    Proceedings of the 2019 CHI Conference on Human Factors in Computing Systems- CHI’19, 2019-05
  • Do Drivers Prefer Female Voice for Guidance? An Interaction Design About Information Type and Speaker Gender for Autonomous Driving Car
    Lee Seung Hee
    HCI in Mobility, Transport, and Automotive Systems/pp.1-17, 2019-01
  • Kid’s Friendly Wearable Device for Children’s Daily Safety
    Lee Seung Hee
    Mobile and Assistive Technology for Healthcare, 2017-03
  • Study on the Effectiveness of Coloring on Physical and Mental Health of the Elderly in Adult Daycare Centers
    Lee Seung Hee; Feng Chuan
    Mobile and Assistive Technology for Healthcare, 2017-03
  • Kansei Design Applied on Hospital Beds: Medical Design for Patient and Caregiver
    Lee Seung Hee; Onchi E.
    Mobile and Assistive Technology for Healthcare, 2017-03
  • Circadian Rhythm on Activity Tracker: Designing System to Support Healthy Sleep Behaviors
    Lee Seung Hee; Okyu Choi
    Human Computer Interaction Korea, 2016
  • How to Restore Circadian Clock through Activity Tracker, HCI International
    Lee Seung Hee; Okyu Choi
    International Human Computer Interaction, 2016
  • Designing System to Support Healthy Sleep Behaviors:Circadian Rhythm on Activity Tracker
    Lee Seung Hee; Okyu Choi
    HCI KOREA 2016, 2016-01
  • KINJIRO:児童の音読トレーニングを支援する読書支援アニマトロニクス
    中台久和巨; 李 昇姫; 北島宗雄; 星野准一
    電子情報通信学会, 2015-04
  • 先天盲の色彩語空間
    辛恩僖; 近江 源太郎; 李 昇姫
    日本感性工学会論文誌/14(1)/pp.71-78, 2015-03
  • 児童の音読トレーニング支援を目的とした読書介助アニマトロニクス
    中台久 和巨; 李 昇姫; 北島 宗雄; 星野 准一
    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告/2015(10)/pp.1-8, 2015-03
  • 屋内位置検出を利用した子ども見守りサービスシステム
    木村峻介; 松本卓人; 矢澤櫻子; 星野准一; 李 昇姫; 浜中雅俊
    情報処理学会論文誌, 2015-03
  • 円滑な親子間のコミュニケーションを補助するロボペットの開発研究
    鄭 嘉瀕; 中台 久和巨; 李 昇姫; 星野 准一; 北島 宗雄
    情報処理学会研究報告. HCI, ヒューマンコンピュータインタラクション研究会報告/2015(14)/pp.1-8, 2015-03
  • 音色からイメージされる色彩の寒暖と音色構造の関係
    赤井 良行; 李 昇姫
    日本感性工学会論文誌/13(1)/pp.221-228, 2014
  • 映像に対する嗜好と感情反応・印象評価の関係
    金 多賢; 北島 宗雄; 李 昇姫
    日本感性工学会論文誌/13(1)/pp.181-189, 2014
  • コンサートスコープヘッドフォン(<特集>アート&エンタテインメント3)
    浜中 雅俊; 李 昇姫
    日本バーチャルリアリティ学会論文誌/18(3)/pp.227-236, 2013-09
  • 迷子探しを目的とした屋内位置情報サービスの構築(O分野:情報システム,査読付き論文)
    木村 峻介; 松本 卓人; 浜中 雅俊; 李 昇姫
    情報科学技術フォーラム講演論文集/12(4)/pp.177-183, 2013-08
  • Kansei Reaction in evaluation of Film Impression: Effect of Audible information on the impression short videos
    Lee Seung Hee
    The International Association of Societies of Design Research, 2013-06
その他の論文・記事
  • Which is better choice for smart watch? A comparison between round and rectangular
    Lee Seung Hee; Wang Ji
    Korea Society for Emotion and Sensibility, 2015-11
  • 病院における安心感を与える誘導サインに関する研究(1)
    金 恩妃; 木村 浩; 李 昇姫
    日本デザイン学会研究発表大会概要集/61/p.100, 2014
  • 安全見守りシステムにおけるプライバシー保護手法(テーマセッション,福祉と見守りのための画像・音声処理)
    厚田 和也; 浜中 雅俊; 李 昇姫
    電子情報通信学会技術研究報告. WIT, 福祉情報工学/110(221)/pp.37-40, 2010-10
  • キッズフレンドリーなデザインのウェアラブル心拍測定デバイスの開発
    濱崎 翼; 羽田 佳人; 井出 めぐみ; 田野 達也; 岩本 義輝; 李...
    医療機器学 = The Japanese journal of medical instrumentation/80(5)/pp.465-466, 2010-10
  • 安全見守りシステムにおけるプライバシー保護手法(テーマセッション,福祉と見守りのための画像・音声処理)
    厚田 和也; 浜中 雅俊; 李 昇姫
    電子情報通信学会技術研究報告. PRMU, パターン認識・メディア理解/110(219)/pp.37-40, 2010-10
  • 安全見守りシステムにおけるプライバシー保護手法(テーマセッション,福祉と見守りのための画像・音声処理)
    厚田 和也; 浜中 雅俊; 李 昇姫
    電子情報通信学会技術研究報告. SP, 音声/110(220)/pp.37-40, 2010-10
  • 1ZD-6 ウェアラブルセンサを用いた子どもの行動識別(位置・コンテキスト推定(1),学生セッション,ネットワーク,情報処理学会創立50周年記念)
    三浦 右士; 浜中 雅俊; 岩本 義輝; 李 昇姫
    全国大会講演論文集/72(3)/p.483, 2010-03
  • 3ZD-8 子どもの危険状態検出システムの構築に向けたウェアラブルデバイスの実装(位置・コンテキスト推定(3),学生セッション,ネットワーク,情報処理学会創立50周年記念)
    宇佐美 敦志; 孫 慈禧; 浜中 雅俊; 李 昇姫
    全国大会講演論文集/72(3)/p.523, 2010-03
  • 5U-1 ウェアラブルデバイスにおける音声プライバシー保護システム(音声インタフェース・システム,学生セッション,人工知能と認知科学,情報処理学会創立50周年記念)
    厚田 和也; 孫 慈禧; 浜中 雅俊; 李 昇姫
    全国大会講演論文集/72(2)/p.275, 2010-03
  • A Sampling Method and Data Evaluation of Archaeological Samples to Support Long-Term Corrosion Prediction
    Yoshikawa H.; Lee S.; Matsui T.
    CORROSION/65(4:::Sp. Iss. SI)/pp.227-232, 2009-04
  • CATEGORY METHOD PROPOSAL OF COLOR KANSEI INFORMATION WHICH USES MPI
    KIM So Yeong; LEE Seung Hee
    International Journal of Affective Engineering/8(2)/pp.165-168, 2009
  • デモンストレーション:若手による研究紹介III(デモセッション)
    浜中 雅俊; 李 昇姫; 竹川 佳成; 寺田 努; 西尾 章治郎; 橋田...
    情報処理学会研究報告. [音楽情報科学]/2006(90)/pp.55-61, 2006-08
  • F08 自閉症児童の筆記具の持ち方を改善するためのデザイン(デザイン評価、デザイン計画,口頭による研究発表概要,平成18年度 日本デザイン学会 第53回研究発表大会)
    姜 南圭; 李 昇姫
    デザイン学研究. 研究発表大会概要集/(53)/pp.246-247, 2006-06
  • 感性情報を用いたTangible Interaction
    李 昇姫
    日本デザイン学会デザイン学特集号/p.68-69, 2006-01
  • Design based on Kansei
    李 昇姫
    「Emotion and Machine Learning」, 2006-01
  • 色彩イメージの感性的分類方法
    金昭映; 李昇姫
    21世紀COEプログラム「こころ を解明する感性科学の推進」研究報告書/p.205-206, 2005-01
  • マルチモーダルインタラクションによる創造活動と脳活動
    李 昇姫
    21世紀COEプログラム「こころを解明する感性科学の推進」研究報告書/p.65-68, 2005-01
  • fMRIを用いたデザインプロセスにおけるひらめきの解明
    李昇姫; 永盛祐介; Levy Pierre; 小渡康行; 山本三幸
    21世紀COEプログラム「こころを解明する感性科 学の推進」研究報告書/p.87-90, 2004-01
  • Design Based on Kansei
    李 昇姫
    21世紀COEプログラム「こころを解明する感性科 学の推進」研究報告書/p.87-90, 2003-01
  • 色彩と形態の印象に関する日韓米の比較研究
    Lee S.H.; Ohmi G.; Lee S.H.
    第3回日韓米三大学国際セミナー, 1995-01
著書
  • 創造する脳:イメージのはたらきと抽象化の繰り返し
    李 昇姫
    感性認知脳科学への招待, 筑波大学出版会, pp.98-113, 2013-09
  • Integrating Interactive Product Design Research and Education: The Personality in Interaction Assignment, Crossing Design Boundaries
    P.R.Ross; +李 昇姫
    Taylor and Francis, London, 2005-01
  • Design & Emotion
    李 昇姫
    Taylor & Francis, London, 2004-01
  • デザイン辞書
    李 昇姫
    朝倉書店, 2003-01
  • Pleasure with Products Beyond Usability
    Lee S.H.; Harada A.; Stappers P.J.
    Taylor & Francis, London, 2002-01
  • プロダクトデザインの広がり
    李 昇姫
    工業調査会, 2000-01
  • Kansei Design
    李 昇姫
    IDEATE Studio, IO. TUDelft, 2000-01
会議発表等
  • サードプレイスにおける高齢者見守りシステムの基礎的検討
    李 昇姫; 倉友乃康
    HCGシンポジウム2019/2019-12
  • サッカーボール表面のディンプル構造が空力特性に及ぼす影響
    Hong Sungchan; 李 昇姫; 恩智 英治; Schuit David; 浅井武
    日本機械学会スポーツツ工学・ヒューマンダイナミクス/2019-10-25--2019-10-27
  • Aerodynamic Effects of Soccer ball’s Surface Texture
    Hong Sungchan; Seunghee Lee; Takeshi Asai
    International Symposium on Advanced Science and Technology in Experimental Mechanics/2019-11-01--2019-11-04
  • Slow Robots for Unobtrusive Posture Correction
    Shin Joon-Gi; Onchi Eiji; Reyes Maria Jose; Song Junbong;...
    CHI Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI)/2019-05-04--2019-05-09
  • In-car indirect communication-Creating an interface for the expression of emotions between the driver and the passengers-
    Lee Seung Hee
    International Conference on Kansei Engineering & Emotion Research/2018-03-19--2018-03-22
  • 周辺視野を活用した情報提供方法の基礎研究
    李 昇姫; ⼤橋学; 奥間保胤
    日本感性工学会/2018-03-27--2018-03-28
  • Sleep Evaluation Influenced by Negative Emotions and Memories After Awakening Among Adolescents and Young Adults
    Lee Seung Hee; Lu H.
    The International Symposium on Mobile and Assistive Technology for Healthcare/2017-03-19--2017-03-23
  • Study on the Effectiveness of Coloring on Physical and Mental Health of the Elderly in Adult Daycare Centers
    Lee Seung Hee; Feng Chuan; Deng Ya Wen; Okubo Naomi; Sanp...
    The International Symposium on Mobile and Assistive Technology for Healthcare/2017-03-19--2017-03-23
  • Kansei Design Applied on Hospital Beds: Medical Design for Patient and Caregiver
    Lee Seung Hee; Onchi E.
    The International Symposium on Mobile and Assistive Technology for Healthcare/2017-03-19--2017-03-23
  • A Diary Study of Smart Phone Notification System For College Students
    Lee Seung Hee; WangJi; Q.Y.Zhang; Q.Q.Gong
    The International Symposium on Mobile and Assistive Technology for Healthcare/2017-03-19--2017-03-23
  • Kid’s Friendly Wearable Device for Children’s Daily Safety
    Lee Seung Hee
    The International Symposium on Mobile and Assistive Technology for Healthcare/2017-03-19--2017-03-23
  • Which is better choice for smart watch? A comparison between round and rectangular
    Lee Seung Hee; Wang Ji
    Korean Society for Emotion and Sensibility/2015-11-18--2015-11-21
  • Which is better choice for smart watch? A comparison between round and rectangular
    Lee Seung Hee; Wang Ji
    Korean Society for Emotion and Sensibility/2015-11-18--2015-11-21
  • 音色からイメージされる色彩の寒暖と音色構造の関係
    赤井良行; 李 昇姫
    日本感性工学会/2013-10
  • 粒状絵の具「えのぐみ」の研究開発について
    鐸木芳実; 李昇姫
    日本デザイン学会____/2011-06
  • ジュエリーの輝きにおける印象評価
    洪昇基; 李昇姫
    日本感性工学会____/2011-03
  • プロダクトにおける錯誤帰属の検証-使用環境による好みの変化
    伊藤達仁; 李 昇姫
    感性工学会____/2011-03
  • 色覚異常者の色のイメージに関する研究―言葉から連想する色に ついて―
    鐸木芳実; 李昇姫
    日本感性工学会____/2011-03
  • キッズフレンドリーなデザインのウェアラブル 心拍測定デバイスの開発
    濱崎翼 羽田佳人 岩本義輝; 浜中雅俊; 李昇姫
    第85回日本医療機器学会大会____/2010-05
  • ウェアラブルセンサを用いた子どもの行動識別
    三浦右士; 浜中雅俊; 岩本義輝; 李昇姫
    情報処理学会誌____/2010-03
  • 子どもの危険状況検出システムの構築に向けたウェアラブルデバイスの実装
    宇佐美敦志; 孫 慈禧; 浜中雅俊; 李昇姫
    情報処理学会誌____/2010-03
  • ウェアラブルデバイスにおける音声プライバシー保護システム
    厚田和也; 孫 慈禧; 浜中雅俊; 李昇姫
    情報処理学会誌____/2010-03
  • 感性に基づいた映像の印象評価
    金多賢; 李昇姫
    第10回日本感性工学会____/2009-09
  • 動作を用いた操作インタフェースと形態との関連性
    孫慈禧; 李昇姫
    第10回日本感性工学会春季大会____/2009-03
  • 操作行動を用いた形態とインタフェース:動作と形態の関連性
    孫慈禧; 李昇姫
    第10回日本感性工学会大会____/2008-09
知的財産権
  • 行動情報収集システム
    李 昇姫
  • 映像表示システム
    李 昇姫
  • 音源選択装置
    李 昇姫
作品
  • 音読のトレーニングを支援する読書支援アニマトロニクス
    李 昇姫; 中台 久和巨
  • ソウルマッコリ パッケージデザイン
    Lee Seung Hee
  • サウンドスコープヘッドフォーン
    李 昇姫
担当授業科目
2020-10 -- 2021-02行動科学実験実習筑波大学
2020-04 -- 2020-08行動科学実験実習筑波大学
2020-10 -- 2021-02芸術学特別演習IIB筑波大学
2020-10 -- 2021-02感性認知脳科学特講2筑波大学
2020-04 -- 2020-08感性認知脳科学特講2筑波大学
2020-10 -- 2021-02デザイン総合演習筑波大学
2020-04 -- 2020-08デザイン総合演習筑波大学
2020-10 -- 2021-02感性認知脳科学特講4筑波大学
2020-04 -- 2020-08感性認知脳科学特講4筑波大学
2020-10 -- 2021-03行動科学実験実習 B筑波大学
授業以外の教育活動
2020-02 -- 2020-02Tsukuba International School Design Workshop for Playground筑波大学感性デザインLEELAB
2019-05 -- 2019-05Workshop of Design Thinking : Applied to Making Inventions筑波大学感性デザインLEELAB
2019-07 -- 2019-07オランダアイントホーフェン工大デザインワークショップ筑波大学感性デザインLEELAB
2019-07 -- 2019-07附属駒場高校2年研究室訪問筑波大学
2019-02 -- 2019-02附属駒場中学3年大学訪問筑波大学
2018-02 -- 2018-02附属駒場中学2年大学訪問筑波大学
2017-07 -- 2017-07附属駒場高校2年研究室訪問筑波大学
2017-09 -- 2017-09出前授業筑波大学
2019-09 -- 2019-09米軍子弟高大連携プロジェクト筑波大学
2018-09 -- 2018-09米軍子弟高大連携プロジェクト筑波大学
一般講演
  • Design based on Kansei : New Design Approaches of Behavioral Interaction through Integrated Human Sciences
    Lee Seung Hee
    Special Program of Foreign Scholars by College of Human Ecology in Yonsei University/2019-08--2019-08
  • フィジカルインタラクションによる遊び方の新しい視点 Another vision of play using physical Interaction
    李昇姫
    科学技術振興機構(JST)新技術説明会/2010-03-12
  • 感性デザインとインタラクション
    李昇姫; 李美龍
    日本テクノセンター/2008-08-08
  • Design based on Kansei
    李 昇姫
    九州大学「Emotion and Machine Learning」/2006-09-01
学協会等委員
2011-03 -- (現在)韓国感性科学会論文編集委員会委員
2006 -- (現在)Korea Society of Industrial Design理事、日本支部長
-- (現在)日本デザイン学会正会員
-- (現在)日本感性工学会正会員
2011-05 -- 2011-06筑波大学今からでも遅くない 今だから考える 夏休みにできるぼく達の震災復興
学内管理運営業績
2020 -- (現在)情報学学位プログラム入試委員会
2016 -- (現在)芸術系研究推進委員会
2015 -- 2019収書専門委員会
2015-04 -- 2019付属図書館運営委員会
2015-04 -- (現在)感性認知脳科学専攻カリキュラム委員会委員
2013-04 -- 2014-03筑波大学グローバルコモンズ委員会委員
2001-04 -- 2006-03筑波大学ハラスメント委員会
2001-04 -- 2003-03筑波大学芸術学系予算委員会
2007-04 -- 2010-03筑波大学芸術学系入試・カリキュラム委員会
2002-04 -- 2004-03アジアデザイン学会大会組織運営委員会総務・運営
その他の活動
2014-12 -- 2014-12平成26年度海外留学支援制度(短期派遣)双方向協定「地域の特性に基づいた芸術活動の広がりと応用」採択

(最終更新日: 2020-10-13)