Shibuya Kazuko

Affiliation
Faculty of Medicine
Official title
Professor
Email
56,E@6:>N]Y8/W?>@6@-,W,.W5;d
Phone
029-853-3281
Fax
029-853-3410
Research fields
Immunology
Experimental pathology
Collagenous pathology/Allergology
Tumor biology
Research keywords
Immune receptor
Helper T cell development
Inflammatory autoimmune disease
Immune surveillance against tumor development
Immune tolerance
allergy
Research projects
可溶型CD155の制御による腫瘍免疫賦活化法の基盤開発2021 -- 2023渋谷 和子Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(B)17,420,000Yen
免疫受容体を標的とした特発性肺線維症(IPF)に対する抗体医薬の基盤開発2021 -- 2022渋谷 和子Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Challenging Research (Exploratory)6,370,000Yen
可溶型DNAM-1リガンドを標的としたがんの新規治療法の開発2021-04 -- 2023-03渋谷和子AMED/次世代がん医療創⽣研究開発事業26,000,000Yen
可溶型CD155の制御による腫瘍免疫賦活化法の基盤開発2021-04 -- 2024-03渋谷和子日本学術振興会/科学研究費補助金・基盤研究(B)17,420,000Yen
免疫受容体を標的とした新規乾癬治療法の開発2020-04 -- 2022-03渋谷和子AMED/AMED橋渡し研究戦略的推進プログラム6,300,000Yen
可溶型CD155を標的としたがんの新規治療法の開発2019-04 -- 2021-03渋谷和子AMED/AMED橋渡し研究戦略的推進プログラム3,500,000Yen
炎症性腸疾患に対する分子標的療法の基盤開発2016-04 -- 2019-03渋谷和子Japan Society of for the Promotion of Science/科学研究費補助金・基盤研究(B)17,550,000Yen
がん免疫逃避関連分子を標的とした新規がん治療法の開発2016 -- 2016渋谷 和子Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for challenging Exploratory Research3,770,000Yen
炎症性腸疾患に対する分子標的療法の基盤開発2016 -- 2018渋谷 和子Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(B)17,550,000Yen
がん免疫逃避関連分子を標的とした新規がん治療法の開発2016-04 -- 2017-03渋谷和子Japan Society of for the Promotion of Science/学術研究助成基金助成金・挑戦的萌芽研究3,770,000Yen
more...
Career history
1987-06 -- 1989-03University of TsukubaUniversity HospitalResident
1993-07 -- 1996-08DNAX Research Institute of Molecular and Cellular BiologyResearch Scientist II
1997-05 -- 1998-03Okayama UniversityMedical SchoolLecturer
1998-04 -- 2000-09University of TsukubaInstitute of Basic Medical SciencesAssistant Professor
2000-10 -- 2001-09University of TsukubaInstitute of Clinical MedicineAssistant Professor
2001-10 -- 2003-08RIKENResearch Center for Allergy and ImmunologyResearch Scientist
2003-09 -- 2004-03University of TsukubaInstitute of Basic Medical SciencesAssistant Professor
2004-04 -- 2004-10University of TsukubaInstitute of Basic Medical Sciences, Graduate School of Comprehensive Human SciencesAssistant Professor
2004-11 -- 2007-03University of TsukubaInstitute of Basic Medical Sciences, Graduate School of Comprehensive Human SciencesAssociate Professor
2007-04 -- 2011-09University of TsukubaInstitute of Basic Medical Sciences, Graduate School of Comprehensive Human SciencesAssociate Professor
more...
Academic background
1981-04 -- 1987-03University of Tsukuba School of Medicine
1989-04 -- 1993-03University of Tsukuba Graduate School, Division of Medicine Immunology
Degree
M.D., Ph D.University of Tsukuba
Licenses and qualifications
1987-05-25医師免許
Academic societies
-- (current)JAPANESE SOCIETY FOR IMMUNOLOGY
-- (current)The American Association of Immunologist (AAI)
-- (current)THE JANPANESE SOCIETY OF INTERNAL MEDICINE
-- (current)JAPAN COLLEGE OF RHEUMATOLOGY
-- (current)THE JAPANESE SOCIETY OF HEMATOLOGY
-- (current)日本医学教育学会
-- (current)Japanese Society of Immunotherapy for Hematological Disorders
-- (current)日本癌学会
-- (current)日本インターフェロン・サイトカイン学会
Honors & Awards
2021-12第8回日本免疫学会女性免疫研究者賞T細胞の分化・活性化機構と疾患制御に関する研究
2000学術奨励賞
Articles
Books
  • 細胞内染色法を用いたサイトカイン産性の解析
    金丸由美; 渋谷 和子
    実験医学別冊「新世代フローサイトメトリー活用スタンダード」/羊土社/pp.64-73, 2021
  • 細胞内染色法を用いたサイトカイン産生の解析
    金丸由美; 渋谷 和子
    実験医学別冊 新版 フローサイトメトリー もっと幅広く使いこなせる!/羊土社/pp.93-102, 2016-09
  • 細胞内染色法を用いたサイトカイン産生の解析
    金丸 由美; 渋谷 和子
    実験医学別冊 最強のステップUPシリーズ 直伝!フローサイトメトリー 面白いほど使いこなせる!, 2014
  • 巨核球造血における細胞間接着因子 CD226(DNAM-1) の役割
    上妻 行則; 二宮治彦; 渋谷和子; 渋谷彰; 小島寛
    日本血栓止血学会誌/pp.191-191, 2010-04
  • DNAM-1 is a leukocyte adhesion molecule associated with LFA-1
    Shibuya A.; Shibuya K.; Yotsumoto K.; Nakauchi H
    Leukocyte Typing VII, Oxford University Press/pp.686 -688, 2002-01
  • Ⅱ病態の生化学―人体の正常と異常  3 個体の生化学 1. 炎症
    渋谷 和子
    メディカルサイエンス 臨床化学検査学―病態生化学の視点から/株式会社 近代出版/pp.102-106, 2014-01
  • 細胞内染色法を用いたサイトカイン産生の解析
    金丸 由美; 渋谷 和子
    実験医学別冊 最強のステップUPシリーズ 直伝!フローサイトメトリー 面白いほど使いこなせる!/株式会社 羊土社/pp.90-99, 2014-01
  • Th1、Th2、Th17 ~その発見から最新の知見まで~
    渋谷和子
    免疫学Update―分子業態の解明と治療への展開―/南山堂, 2012
  • Th17細胞とその機能
    渋谷和子
    生体の科学、金原一郎記念医学医療振興財団/生体の科学、金原一郎記念医学医療振興財団/pp.471-478, 2008-01
  • 新しいヘルパーT細胞サブセット"Th17細胞"
    渋谷和子
    免疫応答と免疫病態の統合的分子理解に向けて/南山堂, 2007-01
  • 細胞内サイトカインの検出
    渋谷和子
    細胞工学別冊 新版フローサイトメトリー自由自在(中内啓光監修)秀潤社/秀潤社/pp.107-112, 2004-12
  • Th1/Th2細胞の分化誘導
    渋谷和子 ;
    免疫学実験プロトコール/羊土社, 2004-01
  • DNAM(ダム)-1
    渋谷 和子
    免疫学辞典 第2版/東京化学同人/p.396, 2001-12
  • Identification of Fca/m receptor expressed on B lymphocytes and macrophages
    Shibuya A; Shibuya K.; Shimizu Y.; Yotsumoto K.; Nakauchi H
    Activating and Inhibitory Immunoglobulin-Like Receptors Springer-Verlag Press/Immunoglobulin-Like Receptors Springer-Verlag Press/pp.79-84, 2001-01
  • Th1/Th2細胞と自己免疫疾患
    渋谷和子
    EXPERT膠原病・リウマチ(住田孝之編集) /診断と治療社/pp.34-39, 2001-01
  • IL-10/IL10R
    渋谷和子
    新用語ライブラリー免疫第2版(齊藤隆、竹森利忠編)/羊土社/pp.188-189, 2000-01
  • フローサイトメトリーによる細胞内サイトカインの検出
    渋谷和子
    応用サイトメトリー(中内啓光編)/医学書院, 2000-01
  • 細胞内サイトカインの検出
    渋谷和子
    別冊細胞工学 フローサイトメトリー自由自在 (監修中内啓光)/秀潤社, 1999-01
  • 細胞内サイトカインの検出
    渋谷和子
    フローサイトメトリー自由自在 監修中内啓光/秀潤社, 1998
Conference, etc.
  • 新規免疫チェックポイント阻害療法開発への取り組み
    井口 研子; 松尾 知平; 原 尚人; 渋谷 和子; 渋谷 彰
    第34回日本内分泌外科学会総会/2022/6/23--2022/6/25
  • 新規がん免疫応答活性化療法の開発
    渋谷 和子
    第2回筑波大学産学連携シンポジウム~人と社会の未来にむけて~/2020-11-13
  • 新規免疫チェックポイント阻害療法開発への取り組み
    井口研子; 松尾知平; 澁谷和子; 澁谷彰
    第34回日本内分泌外科学会総会/2022-6-23--2022-6-25
  • Actibation-induced cell death of ILC2 regulates chronic allergic inflammation
    Toshiki Yamada; Megumi Tatematsu; Shunsuke Takasuga; Kenk...
    CYTOKINES 2022: 10TH ANNUAL MEETING OF THE INTERNATIONAL CYTOKINE & INTERFERON SOCIETY/2022-9-20--2022-9-23
  • CD96 mediates a costimulatory signal in dermal γδT cells and exacerbates imiquimod-induced psoriasis-like dermatitis
    Kyoko Oh-oka; Akira Shibuya; Kazuko Shibuya
    第86回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会 JSICR/MMCB合同シンポジウム/2022-6-9--2022-6-10
  • 乾癬における免疫受容体CD96の作用機序の解析
    大岡杏子; 澁谷彰; 渋谷 和子
    第9回筑波大学・東京理科大学合同リトリート/2022-5-29
  • 可溶型CD155を標的とした新規がん治療法の開発
    松尾知平; 木下翔太; 井口研子; 澁谷彰; 渋谷 和子
    第9回筑波大学・東京理科大学合同リトリート/2022-5-29
  • 活性化受容体DNAM-1の機能獲得変異を基軸とした自己免疫疾患の病態形成機構の解明
    村田力斗; 木下翔太; 松田研史郎; 川口敦史; 澁谷彰; 渋谷 和子
    第9回筑波大学・東京理科大学合同リトリート/2022-5-29
  • 可溶型CD155による免疫チェックポイント阻害剤治療効果の減弱
    木下翔太; 松尾知平; 澁谷彰; 渋谷 和子
    第9回筑波大学・東京理科大学合同リトリート/2022-5-29
  • 可溶型免疫受容体による腫瘍免疫逃避機構
    渋谷 和子
    第19回日本免疫治療学会学術集会/2022-5-22
  • Tumor-derived soluble CD155 inhibits DNAM-1-mediated tumor immunity
    Shibuya Kazuko
    第50回日本免疫学会学術集会 /2021-12-8--2021-12-10
  • Involvement of CD96 immunoreceptor on dermal γδT cells in the development of imiquimod-induced psoriasis
    Kyoko Oh-oka; Akira Shibuya; Shibuya Kazuko
    第50回日本免疫学会学術集会 /2021-12-8--2021-12-10
  • CD155 mutation(Ala67Thr) reduces NK cell cytotoxicity by enhancing TIGIT signal
    松尾知平; 澁谷彰; 渋谷 和子
    第50回日本免疫学会学術集会 /2021-12-8--2021-12-10
  • DNAM-1 interferes with the binding of TIGIT to CD155 and suppressed Foxp3 expression via an excess of the AKT/mTORC1 pathway in regulatory T cells
    佐藤和貴; 金丸由美; 阿部史枝; 中村優歩; 村田力斗; 澁谷彰; 澁谷和子
    第50回日本免疫学会学術集会 /2021-12-8--2021-12-10
  • DNAM-1はIFN-γ産生の亢進を介して炎症性発がんを促進する
    新谷(中村)優歩; 井口研子; 村田力斗; 佐藤和貴; Anh Van Vo; 金丸和正; 澁谷彰; 渋谷 和子
    第85回日本インターフェロン・サイトカイン学会学術集会(Web開催)/2021-5-21--2021-5-22
  • Gly307Ser変異型DNAM-1が制御性T細胞と自己免疫疾患に与える影響の解明
    村田力斗; 澁谷彰; 渋谷 和子
    第8回筑波大学・東京理科大学合同リトリート/2020-11-14
  • 乾癬における免疫受容体CD96の作用機序の解析
    大岡杏子; 澁谷彰; 渋谷 和子
    第8回筑波大学・東京理科大学合同リトリート/2020-11-14
  • DNAM-1は炎症性発がんの進展を促進する
    中村優歩; 澁谷彰; 渋谷 和子
    第8回筑波大学・東京理科大学合同リトリート/2020-11-14
  • 可溶型CD155はDNAM-1依存的なNK細胞の抗腫瘍免疫を抑制する
    奥村元気; 井口研子; 村田力斗; 金丸由美; 澁谷彰; 渋谷 和子
    第29回東京免疫フォーラム/2021-03-02
  • DNAM-1 promotes inflammation-driven tumor development via enhancing IFN-γ production
    Nakamura-Shinya Yuho; Iguchi Akiko; Murata Rikito; Sato ...
    The 50th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology/2021-12-08--2021-12-10
  • DNAM-1 promotes inflammation-driven tumor development via enhancing IFN-γ production
    Nakamura-Shinya Yuho; Iguchi Akiko; Murata Rikito; Sato ...
    The 50th Annual Meeting of The Japanese Society for Immunology/2021-12-08--2021-12-10
  • 免疫系受容体による炎症病態制御
    渋谷 和子
    第21回免疫サマースクール2019 in 愛媛/2019-07-29--2019-08-01
  • 活性化受容体DNAM-1は炎症時の制御性T細胞の機能を抑制する
    佐藤 和貴; 金丸 由美; 阿部 史枝; 中村 優歩; 村田 力斗; 伊藤 守; 村谷 匡史; 渋谷 彰; 渋谷 和子
    第34回自己免疫研究会/2019-07-27--2019-07-27
  • Tumor-derived soluble CD155 interferes with DNAM-1 for Natural Killer cell-mediated tumor immunity.
    Okumura Genki; Iguchi-Manaka Akiko; Shibuya Akira; Shibuy...
    The 18th Meeting of the Society for Natural Immunity/2019-09-30--2019-10-03
  • Clec10a regulates mite-induced dermatitis
    Kanemaru Kazumasa; Noguchi Emiko; Tahara-Hanaoka Satoko; ...
    1st International Symposium on Inflammation Cellular Sociology/2019-11-26
  • more...
Intellectural property rights
  • 免疫応答抑制剤
    渋谷 和子
  • 制御性T細胞の活性化剤及びその使用
    渋谷 彰; 渋谷 和子; 阿部 史枝; 広近 玲; 奥村 元紀
  • 抗ヒトDNAM-1モノクローナル抗体及びその使用
    渋谷 彰; 渋谷 和子; 阿部 史枝; 広近 玲; 奥村 元紀
  • 可溶型CD155タンパク質を用いた癌の検出方法
    渋谷 彰; 渋谷 和子; 井口 研子
  • 可溶型CD155タンパク質を用いた癌の検出方法
    渋谷 彰; 渋谷 和子; 井口 研子
  • 同種間での移植心臓、移植血管、または移植腎臓の生着を維持するために用いられる薬剤
    渋谷 彰; 渋谷 和子; 阿部 史枝
  • 免疫疾患に対する医薬組成物
    渋谷 和子; 渋谷 彰; 山下 由美
  • 免疫疾患に対する医薬組成物
    渋谷 和子; 渋谷 彰; 山下 由美
  • 可溶型CD155タンパク質を用いた癌の検出方法
    渋谷 彰; 渋谷 和子; 井口 研子
Teaching
2022-10 -- 2023-02Basic Experiments in Human BiologyUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-08Special Practice in Human Biology IIIUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Special Practice in Human Biology IIIUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-08Advanced Exercise on Public HealthUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Advanced Exercise on Public HealthUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Special Seminars in Human Biology IIUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Special Lectures in Human Biology IIUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Special Research in Human Biology IIUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2022-12Introduction of Medical ScienceUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2022-12History of MedicineUniversity of Tsukuba.
more...
Other educational activities
2019-07 -- (current)免疫サマースクール2019(愛媛)学外
2015-07 -- (current)免疫サマースクール2015 (淡路島)学外
2014-07 -- (current)免疫サマースクール2014 (小豆島)学外
2013-07 -- (current)免疫サマースクール2013 in Hakata学外
2012-07 -- (current)免疫サマースクール2012 in NASU学外
2011-08 -- (current)免疫サマースクール2011 in ZAO学外
2009-07 -- (current)免疫サマースクール2009 (淡路島)学外
Talks
  • 免疫系受容体による炎症病態制御
    渋谷 和子
    第21回免疫サマースクール2019 in 愛媛/2019-07-29--2019-08-01
  • 基礎医学研究から新規治療法開発へ
    渋谷 和子
    都立西高等学校模擬講義/2018-08-30
  • 免疫のしくみ
    渋谷 和子
    模擬講義/2013-01-07
  • 研究のフロントランナーであり続けるために〜次世代へのメッセージ〜
    渋谷 和子
    西高フォーラム/2015-06-06
  • 免疫のしくみと疾患
    渋谷 和子
    模擬講義/2015-08-20
  • これからの地域医療〜国際化をふまえて〜
    渋谷 和子
    西高フォーラム/2017-06-10
  • 免疫学入門
    渋谷 和子
    春の進学説明会・模擬講義/2016-03-29--2016-03-29
  • 免疫システムと疾患
    渋谷 和子
    進学説明会・模擬講義/2015-3-31
  • 免疫監視と免疫逃避におけるポリオウイルスレセプターの役割
    渋谷 和子
    東北大学加齢医学研究所セミナー/2015-03-23--2015-03-23
  • 免疫システムとアレルギー
    渋谷 和子
    出前講義/2014-09-18
  • 可溶型ポリオウイルスレセプター(CD155)によるがん免疫逃避
    渋谷 和子
    第26回千葉基礎・臨床免疫セミナー/2014-05-22
  • 免疫学への誘い
    渋谷 和子
    進学説明会・模擬講義/2014-03-26
  • からだを守る免疫システム
    渋谷 和子
    出前講義/2013-11-19
  • 免疫のしくみ
    渋谷 和子
    出前講義/2012-09-29
  • アレルギーの免疫学的機序と新しい治療法開発にむけて
    渋谷 和子
    模擬講義/2010-11-10
  • アレルギーはどうしておきるの?
    渋谷和子
    牛久市民大学講座「免疫力アップで健康になろう」/2008-07-03
  • 免疫細胞の連携と免疫応答
    渋谷和子
    千葉大学免疫アレルギー学特論/2007-08-02
  • 免疫細胞が自分を攻撃する?
    渋谷和子
    日本免疫学会免疫ふしぎ未来/2007-05-03
Professional activities
2022-01 -- (current)日本免疫学会倫理・利益相反委員
2022-01 -- (current)日本免疫学会選挙管理委員
2021-04 -- (current)日本インターフェロン・サイトカイン学会奨励賞選考委員
2021-01 -- (current)日本免疫学会学術委員
2021-01 -- (current)日本免疫学会国際交流委員
2020-03 -- (current)日本免疫学会免疫若手アカデミーアドバイザー委員
2009 -- (current)JAPANESE SOCIETY FOR IMMUNOLOGY研究構想推進委員
2003 -- (current)JAPANESE SOCIETY FOR IMMUNOLOGY評議員
2018-01 -- 2019-12JAPANESE SOCIETY FOR IMMUNOLOGY選挙管理委員会/委員長
2009 -- 2015JAPANESE SOCIETY FOR IMMUNOLOGY教育推進委員
more...
University Management
2022-04 -- 2023-03カリキュラム委員(委員長)
2022-04 -- 2023-03実習委員(OSLE)
2022-04 -- 2023-03施設委員
2022-04 -- 2023-03ヒューマンバイオロジー学位プログラム FDSD委員(委員長)
2022-04 -- 2023-03ヒューマニクス学位プログラム FDSD委員(委員長)
2022-04 -- 2023-03全学FD委員
2022-04 -- 2023-03卒研担当委員
2022-04 -- 2023-03医学学位プログラム入試委員
2022-04 -- 2023-03生命システム医学専攻教務委員
2022-04 -- 2023-03医学学位プログラム教務委員
more...

(Last updated: 2022-09-01)