現在地

大庭 良介(オオニワ リョウスケ; Ohniwa, Ryosuke)

所属
医学医療系
職名
准教授
ORCID
0000-0003-2726-1852
URL
研究分野
応用健康科学
生命・健康・医療情報学
科学社会学・科学技術史
分子生物学
細菌学(含真菌学)
遺伝・染色体動態
研究キーワード
総合学
食と健康
生命科学史
研究評価
生物情報学
細菌
核様体
漢方
武道
原子間力顕微鏡
研究課題
COVID-19がもたらす知のパラダイムシフトの究明2020-06 -- 2021-02大庭良介筑波大学/新型コロナウイルス緊急対策のための大学「知」活用プログラム800,000円
生命科学分野における萌芽的トピック創出の原動力の解明2020-04 -- 2023-03大庭良介日本学術振興会/基盤研究(C)4,290,000円
宇宙食認証に関する学術指導2020-04 -- 2020-12大庭良介/学術指導受託事業300,000円
食品保存試験(微生物)に関する学術指導2020-04 -- 2020-12大庭良介/学術指導受託事業300,000円
核様体凝集をトリガーとする複合ストレス環境への適応システムの解明2017-04 -- 2020-03大庭良介日本学術振興会/基盤研究(C)4,940,000円
核様体に局在する酸化ストレス消去タンパク質群によるゲノムDNA維持システムの解明2013-04 -- 2016-03大庭良介日本学術振興会/若手研究(B)4,420,000円
黄色ブドウ球菌、常在細菌群のアレルギー性鼻炎病態に及ぼす影響、その基礎的検討2013-04 -- 2016-03斎藤 慎二日本学術振興会/基盤研究(C)5,070,000円
細胞膜によるバクテリア核様体の構造・機能制御機構2010-04 -- 2011-03大庭良介/国内共同研究850,000円
RNAの関与する原核生物ゲノム折りたたみ機構の解明               2007-04 -- 2010-03大庭良介日本学術振興会/若手研究(B)3,900,000円
職歴
2015-04 -- (現在)国立台湾大学 生物技術中心 准研究員
2014-12 -- (現在)筑波大学 医学医療系 准教授
2012-02 -- 2014-12筑波大学 医学医療系 助教
2007-10 -- 2012-01筑波大学 人間総合科学研究科 助教
2006-04 -- 2006-09京都大学 生命科学研究科 産学官連携研究員
2007-04 -- 2007-09京都大学 生命科学研究科 特任助教
2007-02 -- 2007-03京都大学 生命科学研究科 特任助手
2006-10 -- 2007-01京都大学 生命科学研究科 研究員(JSPS)
学歴
1996-04 -- 2000-03京都大学 総合人間学部 自然環境学科卒業
2000-04 -- 2006-03京都大学 生命科学研究科 統合生命科学専攻修了
取得学位
2007-01生博京都大学
所属学協会
2000 -- (現在)日本分子生物学会
2004 -- 2010American Society for Cell Biology
論文
著書
  • アート思考への「型」からのアプローチ
    大庭 良介
    人間会議, 事業構想大学院大学出版部, pp.56-61, 2020-06
  • 生命へのアプローチ~「型」とデザイン思考~
    大庭 良介
    環境会議, 事業構想大学院大学出版部, pp.150-157, 2019-03
  • International Medical Science Course (台湾での伝統中国医学コースへの17日間の派遣)
    大庭 良介
    Tsukuba Journal of Medical Science, 2018
  • International Medical Science Course (2015年度国立台湾大学への10日間の派遣)
    大庭 良介; 須田恭之; 入江賢児
    Tsukuba Journal of Medical Science, 2016
  • International Medical Science Course (国立台湾大学への8日間の派遣)
    大庭 良介
    Tsukuba Journal of Medical Science, 2015
  • 表層常在細菌叢と病原体
    大庭 良介
    環境と微生物の事典, 朝倉書店, pp.252-253, 2014
  • 酸化ストレス耐性
    大庭 良介
    環境と微生物の事典, 朝倉書店, pp.260-260, 2014
  • Genome-Folding Mechanisms in the Three Domains of Life Revealed by AFM
    Hugo Maruyama; Ohniwa Ryosuke L.; Eloise Prieto; Kunio Ta...
    Atomic Force Microscopy in Nanobiology, Pan Stanford Publishing, 2014
  • Nucleoid Architecture and Dynamics in bacteria
    Ohniwa RL; Morikawa K; Wada C; Ohta T; Takeyasu T.
    Bacterial DNA, DNA Polymerase and DNA Helicases Nova Science Publishers, Inc., 2010-03
  • データマイニングからの接近―「抽出する」― 萌芽する科学技術
    大庭良介
    京都大学出版会, 2009-10
  • Biochemical and Biophysical Basis of Genome Folding Mechanisms.
    Kobori T; Hizume K; Ohniwa RL; Yoshimura SH; Takeyasu K.
    Progress in Biopolymer Research, 2007-11
  • Comparative Analyses of Genome Architectures among Prokaryote, Organelle and Eukaryote by Nano-scale imaging, Molecular genetics and Bioinformatics(染色体構築機構の生物種間における比較解析;ナノバイ
    大庭 良介
    2007-01
  • SNAREの分子進化
    大庭良介; 竹安邦夫
    生体の科学・医学書院, 2006-10
  • P型ATPaseの分子進化
    岡村英幸; 大庭良介; 竹安邦夫
    生体の科学・医学書院, 2006-10
  • 膜融合の立役者:SNAREタンパク質
    大庭良介; 竹安邦夫
    生体の科学・医学書院, 2006-04
  • AFM elucidates genome architectures where reconstitution of chromatin fibers and dissection of nuclear chromatin meet.
    Takeyasu K; Hizume K; Kobori T; Kodama M; Ohniwa RL; Yosh...
    Proceedings of the VII. Linz Winter Workshop, 2006-01
  • 多角的研究評価のすすめ:研究の先見性をいかに計るか。
    大庭良介; 竹安邦夫
    蛋白質・核酸・酵素, 2005-03
  • SNAREs in plant endocytosis and the post-Golgi traffic.
    Sato MH; Ohniwa RL; Uemura T.
    The Plant endocytosis, 2005-01
  • 研究評価のための新たな指標~パースペクティブファクター
    大庭 良介
    季刊生命誌, 2003
  • The sodium pump goes to the nucleus: when, how and why?
    Yoshimura SH; Ohniwa LS; Ogita Y; Takeyasu K.; +大庭 良介
    Na/K-ATPase and Related ATPase,, 2000-01
会議発表等
  • Nucleoid dynamics in Staphylococcus aureus.
    Maree Mais; Ushijima Yuri; Ohniwa Ryosuke L.; Morikawa Ka...
    TGSW/2018-09-20--2018-09-22
  • A new role of nucleoid dynamics in Staphylococcus aureus.
    Yuri Ushijima; Ryosuke Ohniwa; Shinji Saito; Morikawa Kazuya
    The 9th Tsukuba Medical Science Research Meeting, TGSW/2015-9-28--2015-9-30
  • Oseltamivir Expands Quasispecies of Influenza Virus through Cell-to-cell Transmission
    森 幸太郎; 村野 健作; 大庭 良介; 川口 敦史; 永田 恭介
    The 16th Negative Strand Virus Meeting 2015/2015-06-14--2015-06-19
  • Plant DrgProteins are Cytoplasmic Small GTPase-ObgHomologue
    Suwastika I. Nengah; Ohniwa Ryosuke L.; Takeyasu Kunio; S...
    4th International Conference on Sustainable Future for Human Security (SUSTAIN)/2013-10-19--2013-10-21
  • Alternative cardiolipin synthase Cls1 compensates for stalled Cls2 function in Staphylococcus aureus under conditions of acute acid stress.
    Ryosuke L. Ohniwa; Kana Kitabayashi; Morikawa Kazuya
    7th Conference on Functional Genomics of Gram-positive Microorganisms 17th International Conference on Bacilli/2013-06-23--2013-06-27
  • 黄色ブドウ球菌の核様体凝集は酸化ストレス耐性に直接寄与しない
    牛島由理; 大庭良介; 斎藤慎二; 田中良和; 森川 一也
    第10回大腸菌研究会/2013-06-20
  • Oxidative stress resistance by nucleoide associated protein MrgA essentially requires its iron-sequestrating ability
    Ushijima Y; Ohniwa RL; Maruyama A; Saito S; Tanaka Y; Mor...
    15th International Symposium on Staphylococci and Staphylococcal Infections/2012
  • MrgA, a key factor for oxidative stress tolerance in phagocytes.
    Ushijima Y; Ohniwa RL; Saito S; Morikawa K
    第34回日本分子生物学会年会/2011-12
  • Minor cell specific expression of staphylococcal sigH involves translational control by inversed repeat sequence in 5' untranslated region
    Takemura A; Ohniwa RL; Saito S; Morikawa K
    第34回日本分子生物学会年会/2011-12
  • Staphylococcus aureusのcardiolipin合成酵素Cls1、Cls2の環境応答性の解明
    北林 佳奈; 大庭良介; 齋藤 慎二; 森川一也
    第34回日本分子生物学会年会/2011-12
  • Cellular responses of nasal epithelial cells against S. aureus.
    Okano A; Ohniwa RL; Morikawa K; Saito S
    International Union of Microbiological Societies 2011 Congress/2011-09
  • Cellular responses of nasal epithelial cells against S. aureus.
    Okano A; Ohniwa RL; Morikawa K; Saito S
    第33回日本分子生物学会年会/2010-12
  • Oxidative stress resistance by nucleoide associated protein MrgA essentially requires its iron-sequestrating ability
    Ushijima Y; Ohniwa RL; Saito S; Morikawa K
    第33回日本分子生物学会年会/2010-12
  • 黄色ブドウ球菌に対するヒト鼻腔上皮細胞の細胞内シグナル応答
    岡野あゆみ; 大庭良介; 森川一也; 齋藤慎二
    第83回日本細菌学会総会/2010
  • Diversification of nucleoide-associated proteins (NAPs) in bacteria revealed by comparative proteomic analysis
    Ushijima Y; Ohniwa RL; Saito S; Morikawa K
    3th International Conference on Environmental, Industrial and Applied Microbiology/2009
  • 核様体タンパク質の多様性;核様体タンパク質の比較プロテオミクス解析
    大庭良介; 牛島由理; 森川一也; 齋藤慎二
    第32回日本分子生物学会年会/2009
  • 細菌核様体の階層構造と動態制御機構
    大庭良介; 森川一也; 齋藤慎二; 太田敏子; 金重伯; 竹安邦夫
    日本顕微鏡学会第64回学術講演会/2008
  • ブドウ球菌感染制御に対する鼻腔上皮細胞の低応答性
    齋藤慎二; 森川一也; 大庭良介; 太田敏子
    第81回日本細菌学会総会/2008
  • Contribution of cardiolipin synthase to the salt resistance
    Tsai M; Morikawa K; Ohniwa RL; Ohta T; Saito S; Hayashi H
    13th International Symposium on Staphylococci and Staphylococcal Infections/2008
  • Escherichia coli mutants deficient in nucleoide proteins exhibit distict genome folding
    Ohniwa RL; Mucyaku H; Morikawa K; Ohta T; Saito S; Wada C...
    49th Annual meeting of the American Society for Cell Biology/2008
  • ヒストン様タンパク質Huが核様体構造に与える影響
    無着弘喜; 森川一也; 齋藤慎二; 太田敏子; 竹安邦夫; 大庭良介
    第31回日本分子生物学会年会/2008
  • Genome architecture studied by nanoscale imaging: analyses among bacterial phyla and their implication to eukaryotic genome folding
    Takeyasu K; Kim J; Ohniwa RL; Kobori T; Inose Y; Morikawa...
    15th International Chromosome Conference/2004
担当授業科目
2020-10 -- 2020-12Environmental Health Perspective筑波大学
2020-10 -- 2021-02インターンシップII筑波大学
2020-04 -- 2020-08インターンシップII筑波大学
2020-10 -- 2021-02医科学国際討論II筑波大学
2020-10 -- 2020-12環境医学概論筑波大学
2020-04 -- 2020-08基礎医科学演習筑波大学
2020-10 -- 2021-02基礎医科学演習筑波大学
2020-10 -- 2020-11漢方医学のパラダイム筑波大学
2020-04 -- 2020-08インターンシップI筑波大学
2020-10 -- 2021-02インターンシップI筑波大学
一般講演
  • Short Programs in UT
    大庭 良介
    International Administrator's Workshop 2017/2017-12--2017-12
  • The activities of UT in Taiwan; Past, Present and Future
    Ohniwa Ryosuke
    NTU International Affair Workshop/2017-07--2017-07
  • University of Tsukuba Oversea Offices
    Ohniwa Ryosuke
    Cross-Strait Conference for Senior Administrators 2015/2015-06--2015-06
学内管理運営業績
2020-06 -- (現在)筑波大学台湾留学生会顧問
2020-04 -- (現在)医学医療系国際連携委員委員
2017-09 -- (現在)国際連携食料健康科学専攻企業連携キャリア開発小委員会委員
2017-09 -- (現在)国際連携食料健康科学専攻広報小委員会委員
2017-09 -- (現在)国際連携食料健康科学専攻連絡調整担当(国立台湾大学)
2019-09 -- (現在)国際連携食料健康科学専攻学生小委員会委員
2017-09 -- 2019-08国際連携食料健康科学専攻学生小委員会委員長
2017-09 -- (現在)国際連携食料健康科学専攻カリキュラム小委員会委員長
2017-09 -- (現在)国際連携食料健康科学専攻運営委員会委員
2020-04 -- (現在)国際室長補佐(CiC)

(最終更新日: 2020-08-17)