現在地

青沼 和隆(アオヌマ カズタカ; Aonuma, Kazutaka)

所属
医学医療系
職名
教授
URL
電話
029-853-3142, 029-853-3143
Fax
029-853-3143
研究課題
自然発症心室性不整脈突然死モデルマウスの分子生理学的機序の解明とその臨床応用2016 -- 2018青沼 和隆日本学術振興会/基盤研究(B)13,130,000円
難治性心房細動に対する革新的診断・治療システムの開発2009-04 -- 2010-03青沼和隆システム情報工学研究科・霊長類医科学研究センター 他/学内共同研究3,000,000円
ブルガタ症候群治療の試み -- (現在)/
ブルガタ症候群の臨床的背景 -- (現在)/
心不全の疫学的研究 -- (現在)/
心房細動の疫学的研究 -- (現在)/
頻脈依存性心機能障害の発生機序と治療 -- (現在)/
心不全に対する非薬物治療 -- (現在)/
心房細動の薬物治療 -- (現在)/
心房細動の非薬物治療 -- (現在)/
職歴
1984-11 -- 1984-11東京医科歯科大学 第二内科 医員
1984-12 -- 1987-05武蔵野赤十字病院 内科 副部長
1987-06 -- 1991-05土浦協同病院 内科 科長
1991-06 -- 2004-03横須賀共済病院 内科 部長
2004-04 -- (現在)筑波大学 大学院人間総合科学研究科 病態制御医学循環器内科学 講師
2006-03 -- (現在)筑波大学 大学院人間総合科学研究科 病態制御医学 循環器内科学 教授
学歴
1971-04 -- 1977-03山口大学 医学部卒業
1977-04 -- 1982-03東京医科歯科大学大学院 医学研究科 内科学修了
取得学位
1982-03医学博士東京医科歯科大学
免許資格等
1977医師免許
1989内科認定医
1990日本循環器学会専門医
1991日本内科学会認定内科指導医
2011臨床修練指導医
2013不整脈専門医
所属学協会
-- (現在)日本循環器学会
-- (現在)日本心臓病学会
-- (現在)日本不整脈心電学会
-- (現在)日本心不全学会
-- (現在)臨床電気生理学研究会
-- (現在)日本内科学会
-- (現在)日本臨床生理学会
-- (現在)日本成人病(生活習慣病)学会
-- (現在)American Heart Association
-- (現在)Asia Pacific Heart Rhythm Society
論文
著書
  • 疾患と検査 2.循環器疾患 
    青沼 和隆
    臨床検査データブックLABDATA 2019-2020, pp.830-834, 2019-01
  • Catheter ablation of ERS
    Nogami Akihiko; Yumie Matsui; Shinoda Yasutoshi; Kuroshak...
    Early Repolarization Syndrome, Springer Nature, pp.71-84, 2017-9
  • 心室細動
    町野 毅; 青沼 和隆
    1336専門家による私の治療 2017-18年度版, pp.272-273, 2017-08
  • 二次性心筋症の臨床
    町野 毅; 青沼 和隆
    循環器内科, pp.53-56, 2017-01
  • 心臓再同期療法による心不全治療
    町野 毅; 青沼 和隆
    循環器内科:特集 心不全に対する多面的治療戦略 –基礎から臨床へ−, pp.160-164, 2015-08
  • 心房細動を合併した拡張型心筋症に対するリズムコントロールの可能性
    町野 毅; 青沼 和隆
    循環器疾患のグノーティ・セアウトン, pp.223-227, 2009-10
  • 心房細動
    町野 毅; 青沼 和隆
    New専門医を目指すケース・メソッド・アプローチ 循環器疾患 (初版), pp.65-80, 2009-11
  • 今、診断を見直す 今、心房細動診療を見直す 心房細動治療の新たな潮流
    青沼 和隆
    循環plus, pp.10-12, 2017-04
  • 後乳頭筋近傍のPurkinje網に回路の一部を有し頻拍回路の多様性が推察されたVerapamil感受性特発性心室頻拍の一亜型
    青沼 和隆
    臨床心臓電気生理, pp.45-56, 2017-05
  • 多彩な心電図所見を呈した非リエントリー性心室二重応答頻拍の1例
    中川和也; 浅川 哲也; 山田 亮太; 菅原 知沙; 望田 哲司; 松...
    臨床心臓電気生理, pp.183-190, 2017-05
  • 各疾患のみかたと対応  不整脈 心室期外収縮,心室頻拍,心室細動
    黒木健志; Aonuma Kazutaka
    循環器研修ノート 改訂第2版, p.284, 2016-03
  • 循環器系疾患 不整脈
    黒木健志; Aonuma Kazutaka
    病気とくすり2016 基礎と実践 Expert’s Guide, p.352, 2016-03
  • 重症心室不整脈に対するカテーテルアブレーション
    黒木健志; Aonuma Kazutaka
    循環器疾患最新の治療216-2017, p.41, 2016-03
  • カテーテル・アブレーション
    Aonuma Kazutaka
    今日の治療指針 -私はこう治療している-, p.347, 2017-01
  • 心室性不整脈アブレーションの合併症と対策
    黒木健志; 青沼 和隆
    格段にうまくいくカテーテルアブレーションの基本とコツ エキスパートが教える安全・確実な手技と合併症対策, 羊土社, pp.349-357, 2015-04
  • 頻脈性不整脈
    青沼 和隆
    今日の診断指針第7版, 医学書院, pp.908-912, 2015-03
  • 期外収縮(二段脈,三段脈,ショートラン)他
    青沼 和隆
    臨床検査データブック LABDATA2015-2016, 医学書院, pp.804-808, 2015-02
  • 特発性心室細動の病態と治療
    深田光敬; 青沼 和隆
    Annual Review 2015 循環器, 中外医学社, pp.132-141, 2015-01
  • 心臓再同期療法
    青沼 和隆
    今日の治療指針 -私はこう治療している-, 医学書院, pp.361-363, 2015-01
  • 周産期チーム医療と、IABP・S-Gカテーテル下の集中管理が奏功し妊娠出産した拡張型心筋症
    油井慶晃; 石津智子; 青沼 和隆
    循環器疾患 治療過程で遭遇する諸問題の解決法, 日本医事新報社, pp.317-323, 2014-12
  • 各種不整脈における心肺連関 病態と対策
    黒木健志; 青沼 和隆
    心・肺・腎連関 再考察:病態と対策, ICUとCCU, pp.601-606, 2014-09
  • 循環器内科 カテーテルアブレーション
    町野毅; 青沼 和隆
    医学・医療のいまがわかるキーワード2014, 医学のあゆみ, pp.412-412, 2014-05
  • CRT-PとCRT-Dの選択と最適化の妙
    成瀬代士久; 青沼 和隆; 瀬尾由広
    ハートビュー, メジカルビュー社, pp.94-99, 2013-04
  • 心房細動の血圧管理
    村越 伸行; 青沼 和隆
    日本医師会雑誌 高血圧診療のすべて, 日本医師会, pp.244-266, 2013-06
  • Our goal for the Journal of Arrhythmia: a message for the Editor-in Chief
    Aonuma Kazutaka
    J Arrhythmia, pp.253-254, 2011-10
会議発表等
  • MAIR-II deficiency promotes favorable cardiac remodeling post-myocardial infarction
    Yonebayashi Saori; Tajiri Kazuko; Murakoshi Nobuyuki; 東...
    Tsukuba Conference 2019/2019-10-02--2019-10-04
  • がん診療の場における循環器医による心血管マネジメントの実際
    田尻 和子; 長塩 憲司; 本田洵也; 関根郁夫; 青沼和隆; 家田...
    第2回日本腫瘍循環器学会学術集会/2019-09-21--2019-09-22
  • アンスラサイクリン系抗腫瘍薬による心毒性の心エコー図・血清学的予測指標に関する検討
    長塩 憲司; 田尻 和子; 本田洵也; 石津智子; 笹村瑠美; 飯田...
    第2回日本腫瘍循環器学会学術集会/2019-09-21--2019-09-22
  • MAIR-II deficiency prevents exacerbated cardiac inflammation and fibrosis post-myocardial infarction
    Yonebayashi Saori; Tajiri Kazuko; Murakoshi Nobuyuki; 東...
    The 3rd JCS Council Forum on Basic CardioVasculr Research/2019-09-06--2019-09-08
  • Prognostic Impact of Atrial Fibrillation on Cardiac and Stroke Death in the Ibaraki Prefectural Health Study.
    Murakoshi Nobuyuki; Sairenchi Toshimi; Xu; Igarashi; Irie...
    American Heart Association Scientific Sessions 2018/2018-11-10--2018-11-13
  • Conductive Textile Electrodes for continuous wearable monitoring: a pilot study for detection of atrial fibrillation after catheter ablation
    Machino Takeshi; Komatsu Yuki; Yamasaki Hiro; Igarashi Mi...
    第66回日本不整脈心電学会学術大会/2019-07-24--2019-07-27
  • Detection of Atrial Fibrillation with Conductive Textile Electrodes: a pilot validation study for medical application.
    Machino Takeshi; Yamasaki Hiro; Sekiguchi Yukio; Nogami A...
    第83回日本循環器学会学術集会/2019-03-29--2019-03-31
  • Near-infrared spectroscopy demonstrated a heart rate-dependent decrease in cerebral oxygenation during paroxysmal supraventricular tachycardia as well as ventricular tachycardia.
    Machino Takeshi; Ishii Kei; Yamagami Fumi; Komine Hidehik...
    ESC Congress 2018/2018-08-25--2018-08-29
  • 筑波大学病院における心臓磁気計測(心磁図)の臨床応用
    稲葉 武; 會田 敏; 吉田 健太郎; 中澤 陽子; 服部 愛; 小松 ...
    第34回日本生体磁気学会大会/2019-06-21--2019-06-22
  • 心室性期外収縮に対する心磁図と3次元CT画像の合成による非侵襲的マッピング法
    會田 敏; 吉田 健太郎; 稲葉 武; 青沼 和隆; 堀米 仁志; 野上...
    第34回日本生体磁気学会大会/2019-06-21--2019-06-22
  • MAIR-II deficiency promotes anti-inflammatory macrophage infiltration preventing cardiac dysfunction post-myocardial infarction
    Yonebayashi Saori; Tajiri Kazuko; Murakoshi Nobuyuki; 東...
    2019 XXIII ISHR WORLD CONGRESS/2019-06-03--2019-06-06
  • IL-6 Promotes Atrial Autonomic Remodeling Associated with Atrial Fibrillation
    Yamagami Fumi; Tajiri Kazuko; Feng Duo; Rujie Qin; Yoneba...
    2019 XXIII ISHR WORLD CONGRESS/2019-06-03--2019-06-06
  • Gold nanoparticles allow detection and photothermal ablation of vascular macrophages
    Kosuge Hisanori; Nakamura Maki; Oyane Ayako; Tajiri Kazuk...
    American Heart Association Scientific Sessions/2019-11-16--2019-11-18
  • Shorter Duration of Triple Antiplatelet Therapy in Atrial Fibrillation Patients Undergoing Coronary Stenting –SAFE-A study–
    Hoshi Tomoya; Akira Sato; Daigo Hiraya; Akihiko Nogami; M...
    EuroPCR 2019/2019-05-21--2019-05-24
  • 本邦における左心耳閉鎖術を国内臨床治験の長期フォローアップから考える
    青沼 和隆
    第83回日本循環器学会学術集会/2019-03-29--2019-03-31
  • 抗凝固療法のその先に―左心耳閉鎖デバイス治療の意義―
    青沼 和隆
    第44回日本脳卒中学会学術集会/2019-03-23
  • 心不全における不整脈治療
    青沼 和隆
    第22回日本心不全学会学術集会/2018-10-11--2018-10-13
  • LAAC WATCHOUT for the next strategy,for the right paitient -Left Atrial Appendage Closure for AF-stroke prevention
    青沼 和隆
    第65回日本不整脈心電学会学術大会/2018-07-14
  • Head-to-head Comparison of Warfarin versus DOAC for the Prevalence of Left Atrial Appendage Thrombi in Patients with Nonvalvular Atrial Fibrillation
    Tsumagari Yoshiaki; Machino-Otsuka Tomoko; Yamamoto Masay...
    The 82th Annual Scientific Meeting of the Japanese Circulation Society/2018-03-23
  • S状中隔症例における断層法による左室容量推定について;至適左室径計測部位に関する検討
    佐藤美穂; 瀬尾 由広; 中島 英樹; 飯田 典子; 山本 昌良; ...
    第82回日本循環器学会学術集会/2018-03-23
  • The Characteristics of Younger HFpEF Patients Clearly Different from Those of Elderly Classical HFpEF Patients.
    Yoshihiro Seo; Ishizu Tomoko; Aonuma Kazutaka
    第82回日本循環器学会学術集会
  • Novel Echocardiographic Index eRVSP/TVS' Ratio could Predict Exercise Capacity in Adult Patients with Tetralogy of Fallot
    川松 直人; 石津 智子; 福田 旭伸; 木島 康文; 椎名 由美;...
    第83回日本循環器学会学術集会/2019-03-29
  • 血清アミオダロン濃度は血清脂質の影響を受ける
    橋本 直明; 土岐 浩介; 青沼 和隆; 家田 真樹; 本間 真人
    日本薬学会第139年会/2019-03
  • ベプリジルの副作用発現リスクを高める投与量
    青沼 和宏; 土岐 浩介; 青沼 和隆; 中山 直樹; 家田 真樹; 三...
    日本薬学会第139年会/2019-03
  • Predictive performance of physiologically-based pharmacokinetic model for amiodarone and its active metabolite: evaluation using therapeutic drug monitoring data from Japanese patients
    Hashimoto Naoaki; Doki Kosuke; Aonuma Kazutaka; Homma Masato
    18th World Congress of Basic and Clinical Pharmacology/2018-07
担当授業科目
2019-04 -- 2019-08Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2019-10 -- 2020-02Advanced Exercise on Public Health筑波大学
2019-04 -- 2019-08インターンシップI筑波大学
2019-10 -- 2020-02インターンシップI筑波大学
2019-10 -- 2020-02臨床内科学演習II筑波大学
2019-10 -- 2019-12バイオシステム基礎筑波大学
2019-10 -- 2020-02インターンシップII筑波大学
2019-04 -- 2019-08インターンシップII筑波大学
2019-04 -- 2019-08臨床内科学演習I筑波大学
2019-10 -- 2019-12内科学概論筑波大学
授業以外の教育活動
2014-10 -- 2014-10平成26年度日本内科学会生涯教育講演会日本内科学会
2014-06 -- 2014-06平成26年度日本内科学会生涯教育講演会日本内科学会
2013-01 -- (現在)福島県立医科大学 不整脈先端治療学講座特任教授
2010-12 -- 2010-12神戸大学 大学院講義
2010-12 -- (現在)第6回心電図読影セミナー筑波大学
2010-05 -- (現在)筑波大学大学院不整脈次世代研究部門医師向け教育プログラム第1回ビギナーコース学外
2010-05 -- (現在)第5回心電図読影セミナー筑波大学
2009-12 -- (現在)第4回心電図読影セミナー筑波大学
2009-08 -- (現在)筑波大学大学院不整脈次世代研究部門医師向け教育プログラム第1回アドバンスドコース学外
2009-08 -- (現在)筑波大学大学院不整脈次世代研究部門医師向け教育プログラム第1回ビギナーコース
一般講演
  • CRTの潮流と今後の展望
    Aonuma Kazutaka
    慢性心不全の最新薬物治療/2017-03-07--2017-03-07
  • 心房細動を捉えなおす
    Aonuma Kazutaka
    太田地区抗血栓療法学術講演会/2017-03-06--2017-03-06
  • CRTの潮流 -Adaptive CRTの意義-
    Aonuma Kazutaka
    CRTを再考する/2017-03-04--2017-03-04
  • 心房細動を捉えなおす
    Aonuma Kazutaka
    栃木不整脈治療フォーラム/2017-02-23--2017-02-23
  • 心房細動を捉えなおす
    Aonuma Kazutaka
    抗凝固療法フォーラム in IZUMI/2017-02-22--2017-02-22
  • CRTを捉えなおす-Adaptive CRTの意義-
    Aonuma Kazutaka
    金沢エキスパートミーティング/2017-02-09--2017-02-09
  • 心房細動を捉えなおす
    Aonuma Kazutaka
    高齢者診療を考える/2017-1-31--2017-1-31
  • 心房細動を捉える -抗凝固療法のnext stage-
    Aonuma Kazutaka
    東北Anticoagulation Expert Meeting in Sendai/2017-01-28--2017-01-28
  • 心房細動を捉えなおす
    Aonuma Kazutaka
    学術講演会-抗凝固療法の新時代-/2017-01-12--2017-01-12
  • 心房細動を捉える -抗凝固療法のnext stage-
    Aonuma Kazutaka
    心房細動を考える会学術講演会in宮城/2016-12-15--2016-12-15
  • CRTの適応を再考する-midQRSについて-
    Aonuma Kazutaka
    Yamagata 心不全治療Expert Summit/2016-12-09--2016-12-09
  • CRTを捉えなおす-Adaptive CRTの意義を科学する-
    Aonuma Kazutaka
    Kagawa Hf Conference/2016-12-08--2016-12-08
  • 心房細動を捉えなおす
    Aonuma Kazutaka
    第20回城山循環器カンファレンス/2016-12-07--2016-12-07
  • CRTを捉えなおす-Adaptive CRTの意義を科学する-
    Aonuma Kazutaka
    循環器疾患の最新治療戦略/2016-11-15--2016-11-15
  • 心房細動を捉えなおす
    Aonuma Kazutaka
    城西Circulation Seminar 2016/2016-11-24--2016-11-24
  • 心房細動を捉える
    Aonuma Kazutaka
    心房細動セミナー/2016-11-18--2016-11-18
  • CRTを捉えなおす-Adaptive CRTの意義を科学する-
    Aonuma Kazutaka
    岩手トータルハートセミナー/2016-11-17--2016-11-17
  • 心房細動を捉えなおす
    Aonuma Kazutaka
    上伊那医師会学術講演会/2016-11-15--2016-11-15
  • CRTを捉えなおす-Adaptive CRTの意義を科学する-
    Aonuma Kazutaka
    循環器疾患の最新治療戦略/2016-11-11--2016-11-11
  • 心房細動を捉えなおす
    Aonuma Kazutaka
    かかりつけ医のための抗血栓療法を考える会/2016-10-24--2016-10-24
  • CRTの潮流 - 中等度QRS幅の心不全患者に対するCRT効果-
    Aonuma Kazutaka
    第1回姫路ペーシング治療研究会/2016-10-06--2016-10-06
  • 心房細動を捉えなおす
    Aonuma Kazutaka
    千葉市西部心房細動カンファランス/2016-10-03--2016-10-03
  • 心房細動を捉えなおす
    Aonuma Kazutaka
    Fukuoka Premium Cardiology Conference 2016/2016-09-28--2016-09-28
  • 心房細動の新たな考え方
    Aonuma Kazutaka
    第5回京都Thrombosis研究会/2016-09-17--2016-09-17
  • 心房細動を捉えなおす
    Aonuma Kazutaka
    古河市医師会学術講演会/2016-09-16--2016-09-16
学協会等委員
2017-04 -- 2017-04第95回回Current Topics Lecture in Tsukuba
2017-03 -- 2017-03第94回Current Topics Lecture in Tsukuba
2016-12 -- 2016-12第93回Current Topics Lecture in Tsukuba
2016-11 -- 2016-11第92回Current Topics Lecture in Tsukuba
2016-11 -- 2016-11第91回Current Topics Lecture in Tsukuba
2016-10 -- 2016-10第90回Current Topics Lecture in Tsukuba
2016-09 -- 2016-09第89回Current Topics Lecture in Tsukuba
2016-06 -- 2016-06医学セミナー
2016-05 -- 2016-05第88回Current Topics Lecture in Tsukuba
2016-05 -- 2016-05第87回Current Topics Lecture in Tsukuba
その他の活動
2016-10 -- 2016-10第4回 市民公開講座 知らずにいると怖い不整脈
2016-03 -- 2016-03旭川市民心臓公開講座 地球上で最も多い不整脈:本当はこわい心房細動
2015-10 -- 2015-10第3回 市民公開講座 心臓病を知る・予防する・治療する!
2014-10 -- 2014-10不整脈を知る・第2回 市民公開講座 心臓突然死への挑戦

(最終更新日: 2019-08-08)