Homma Satoshi

Affiliation
Faculty of Medicine
Official title
Professor
Phone
0298-53-5785, 0298-53-3210(メッセージ)
Fax
0298-53-3169
Research fields
Cardiovascular medicine
Medical sociology
Emergency medicine
Research keywords
Cardiovascular Medicine
Critical Care Medicine
Pulmonary Hypertension
Quality Assurance
Risk Management
Research projects
Effects of argatroban on intermittent clavdication in patients with arteriosclerosis obliterans1997 -- 1997/国内共同研究
Long-term prognosis after angioplasty in patients with arteriosclerosis obliterans1999 -- 1999/国内共同研究
Microvascular configuration in patients with Buerger's disease2000 -- 2000/国内共同研究
Quality Assessment and Control of Medical Practice -- (current)/
Dignosis and Treatment of Pulmonary Hypertension -- (current)/
Pharmacology in coronary microcirculation -- (current)/
Microvascular configuration and hemodynamics in patients with Buerger's disease -- (current)/
Teatment and prognosis for patients with peripheral occlusive disease -- (current)/
心肥大から心不全発症におけるRNAポリメラーゼの脱リン酸化調節による役割解明2010 -- 2012本間 覚Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(C)4,420,000Yen
心筋梗塞の病態形成における好中球細胞外捕捉(NETs)の役割解明と治療への応用2013 -- 2014本間 覚Japan Society for the Promotion of Science/挑戦的萌芽研究3,770,000Yen
Career history
2004-04 -- (current)筑波大学附属病院 医療安全管理者
1992-05 -- 1998-03National Cardiovascular Center心臓血管内科Medical Staff
1998-03 -- 2004-03University of TsukubaCritical Care MedicineAssistant Professor
2004-04 -- 2007-03University of TsukubaCardiovascular Medicine/Quality Assurance & Risk Management, Institute of Clinical MedicineAssociate Professor
2007-04 -- 2011-01University of TsukubaCardiovascular Medicine/Quality Assurance and Risk Management, Graduate School of Comprehensive Human SciencesAssociate Professor
2007-10 -- 2011-01Tsukuba University HospitalClinical Professor
2011-01 -- (current)University of TsukubaCardiovascular Medicine/Quality Assurance and Risk Management, Graduate School of Comprehensive Human SciencesProfessor
2012-04 -- (current)Tsukuba University HospitalQuality Assurance and Risk ManagementGeneral Manager
2016-10 -- 2017-03(兼)筑波大学附属病院 病院長補佐
2017-04 -- 2018-03(兼)筑波大学附属病院 副院長・医療安全管理責任者
Academic background
1988 -- 1992University of Tsukuba Graduate School, Division of Medicine 循環器内科
Degree
1992-03Ph.D.University of Tsukuba
Licenses and qualifications
1985-05-31医師免許
1992-03博士(医学)
Academic societies
-- (current)New York Academy of Sciences
-- (current)Japanese Society for Quality and Safety in Healthcare
-- (current)THE JAPANESE CIRCULATION SOCIETY
-- (current)JAPANESE SOCIETY FOR MICROCIRCULATION
-- (current)JAPANESE COLLEGE OF ANGIOLOGY
2012 -- (current)日本肺循環学会
Articles
Books
  • The Application of JAXA's Safety Management Method to Medical Safety - To Prevent Major Falling Accidents -
    高梨典子; 高橋晋平; 上森則光; 村井 正; 本間 覚
    The Japanese Journal of Quality and Safety in Healthcare/医療の質・安全学会/pp.295-301, 2018
  • Education of Patient Safety
    本間 覚
    White Paper on Medical Education 2018 (Japan)/篠原出版新社/pp.41-50, 2018-07
  • Iatrogenic Diseases associated with diagnosis & treatment
    本間 覚
    Asakura Internal Medicine/pp.35-36, 2017-03
  • Iatrogenic Diseases associated with medical treatment
    本間 覚
    Asakura Internal Medicine/pp.33-35, 2017-03
  • Iatrogenic Diseases
    本間 覚
    Asakura Internal Medicine/pp.29-33, 2017-03
  • Iatrogenic Diseases associated with diagnosis & treatment
    本間 覚
    Internal Medicine/朝倉書店/pp.2401-2402, 2013
  • Iatrogenic Diseases associated with medical treatment
    本間 覚
    Internal Medicine/朝倉書店/pp.2398-2401, 2013
  • Iatrogenic Diseases
    本間 覚
    Internal Medicine/朝倉書店/pp.2395-2398, 2013
  • 臨床医学のMinimum Essenntial・循環器系の診断学「血管」の執筆
    本間 覚
    1999-11
  • 医療安全チュートリアル用模擬カルテの作成
    本間 覚
    2006-05
  • 医療安全発表会におけるロールプレイ用演劇脚本の作成
    本間 覚
    2006-05
  • Lymphedema
    本間 覚
    Maruzen, 1997
  • Vascular Malformation
    本間 覚
    Maruzen, 1997
  • Congenital Coagulation Abnormalities
    本間 覚
    Maruzen, 1997
  • Vascular Echography
    松尾 汎; 本間 覚; 佐藤 洋
    Maruzen, 1997
  • Anti-thrombotic Therapy in Vascular diseases
    本間 覚
    Maruzen, 1997
  • How long will anti-coagulation therapy persist?
    本間 覚
    Maruzen, 1997
  • Effect of calcitonin gene-related peptide on energy metabolism in ischemic myocardium. In"Progress in microcirculation research"(共著)
    本間 覚; Miyauchi T; Tsushima N; Sugishita Y; Ohshima N
    Elsevier Science, Oxford/p.145-148, 1994-01
  • Intravital near-infrared fluorescence microscopy with indocyanine green to visualize deep tissue microciculation. In"Tissue perfusion and organ function : ischemia/reperfusion injury"(共著)
    本間 覚; Ohshima N; Yanagi K; Sato M; Ito T; Wayland H
    1996-01
  • 臨床医学のMinimum Essenntial・循環器系の診断学「血管」
    厚美直孝; 本間 覚
    金原出版, 2000-01
  • 納得できる心電図の読み方・STの上昇
    本間 覚
    メジカルセンス, 2001-01
  • 納得できる心電図の読み方・胃全摘後2日目の歩行リハビリテーション中に意識喪失して倒れた68歳女性
    本間 覚
    メジカルセンス, 2001-01
  • 難病の指針・特発性慢性肺血栓塞栓症
    本間 覚;
    茨城県医師会, 2002-01
  • 難病の指針・大動脈炎症候群
    本間 覚; 山口 巌
    茨城県医師会, 2002-01
  • 心電図検査のコツと落とし穴・肺塞栓症の診断のポイント
    本間 覚
    中山書店, 2003-01
  • more...
Conference, etc.
  • 医療メディエーションの応用活動~こんな場面でメディエーション~ 臓器提供の現場における医療メディエーションの活用
    平井 理心; 菊地 雅人; 小島 明子; 嶋田 沙織; 濱中 浩之; 田尻 和子; 左津前 剛; 和田 哲郎; 本...
    第16回医療の質・安全学会学術集会/2021-11-27--2021-11-28
  • 術後体内留置排液用チューブ(創部ドレーン)の離断の原因究明
    和田 哲郎; 小島 明子; 菊地 雅人; 平井 理心; 後坊 健太; 濱中 浩之; 嶋田 沙織; 田尻 和子; 左...
    第16回医療の質・安全学会学術集会/2021-11-27--2021-11-28
  • 内服アセスメントツールを活用したPTPシート誤飲予防の取り組み
    菊地 雅人; 和田 哲郎; 小島 明子; 嶋田 沙織; 平井 理心; 濱中 浩之; 山田 緑; 本間 覚
    第16回医療の質・安全学会学術集会/2021-11-27--2021-11-28
  • 医療安全にかかるピアサポートの実際 医療事故調査とピアサポート
    平井 理心; 大井 雄一; 道喜 将太郎; 笹原 信一朗; 菊地 雅人; 小島 明子; 嶋田 沙織; 濱中 浩之...
    第16回医療の質・安全学会学術集会/2021-11-27--2021-11-28
  • 術中の想定を超える出血量に対する手術チームの緊急対応の取り組み
    小島 明子; 左津前 剛; 菊地 雅人; 嶋田 沙織; 平井 理心; 濱中 浩之; 田尻 和子; 和田 哲郎; 本...
    第16回医療の質・安全学会学術集会/2021-11-27--2021-11-28
  • 筑波大学附属病院における肺血栓塞栓症の院内発生を防ぐ取り組みとその効果
    田尻 和子; 和田 哲郎; 嶋田 沙織; 後坊 健太; 濱中 浩之; 山口 剛; 菊地 雅人; 小島 明子; 平井...
    第16回医療の質・安全学会学術集会/2021-11-27--2021-11-28
  • 未承認薬等の把握のための分類表の作成とその活用
    嶋田 沙織; 中村 舞美; 髙嶋 泰之; 山口 剛; 鶴嶋 英夫; 和田 哲郎; 本間 覚; 平松 祐司; 本間 真人
    第16回医療の質・安全学会学術集会/2021-11-27--2021-11-28
  • 対話に基づく医療従事者支援体制構築 医療安全ピアサポートからCOVID-19支援へ
    大井雄一; 平井理心; 道喜 将太郎; 堀 大介; 笹原信一朗; 菊地雅人; 小島明子; 嶋田沙織; 濱中浩之; 和田哲郎; 松崎一...
    第94回日本産業衛生学会/2021-05-18--2021-05-21
  • コンパートメント症候群の予防策と実施状況の検証
    嶋田 沙織; 左津前 剛; 菊地 雅人; 小島 明子; 平井 理心; 濱中 浩之; 田尻 和子; 和田 哲郎; 本...
    第15回医療の質・安全学会学術集会/2020-11-22--2020-11-23
  • 食物による窒息防止のため標準策フロー図の作成と効果
    菊地 雅人; 和田 哲郎; 後坊 健太; 濱中 浩之; 小島 明子; 平井 理心; 嶋田 沙織; 田尻 和子; 池...
    第15回医療の質・安全学会学術集会/2020-11-22--2020-11-23
  • 高難度新規医療技術において認定されたダヴィンチ手術による有害事象発生時の継続の判断
    小島 明子; 和田 哲郎; 左津前 剛; 菊地 雅人; 後坊 健太; 濱中 浩之; 嶋田 沙織; 平井 理心; 田...
    第15回医療の質・安全学会学術集会/2020-11-22--2020-11-23
  • 医療安全に係るピアサポート体制の拡大 ーCOVID-19関連メンタルヘルス支援へー
    平井理心; 大井雄一; 道喜将太郎; 堀大介; 菊地雅人; 小島明子; 嶋田沙織; 濱中浩之; 和田 哲郎; 本間覚
    第15回医療の質・安全学会学術集会/2020-11-22--2020-11-23
  • 筑波大学附属病院における医療事故調査制度への対応
    和田 哲郎; 後坊 健太; 濱中 浩之; 小島 明子; 菊地 雅人; 平井 理心; 嶋田 沙織; 田尻 和子; 左...
    第15回医療の質・安全学会学術集会/2020-11-22--2020-11-23
  • 高難度新規医療技術評価制度の先駆的創設;筑波大学附属病院における運用実績
    小田 竜也; 平松祐司; 佐藤幸夫; 原尚人; 増本幸二; 下村治; 高橋一広; 土井愛美; 古屋欽司; 大和田洋平; 小川光一; 大...
    第121 回日本外科学会定期学術集/2021-4-8--2021-4-10
  • 医療事故時のクライシス・ガバナンスのあり方
    本間 覚
    国際医療リスクマネージメント学会/2021-02-18--2021-02-19
  • ヒューマンエラーの防止 ーエラーを有害事象に結びつけない方策と環境づくり
    本間 覚
    ____/2019-09-24
  • 医療安全にかかるピアサポート体制の構築と今後の展望
    平井理心; 大井雄一; 道喜将太郎; 堀大介; 笹原信一朗; 池田雅枝; 矢﨑旬子; 嶋田沙織; 和田哲郎; 松崎一葉; 本間 覚
    第57回日本医療・病院管理学会学術集会/2019-11-2--2019-11-3
  • 本院の鎮静管理制度における鎮静観察者の認定と運用の実際
    池田雅枝、髙橋伸二、山下創一郎、奈良坂俊明、真家有子、濱中浩之、嶋田沙織、田尻和子、和田哲郎、本間 覚
    第14回医療の質・安全学会学術集会/2019
  • 医療安全を向上させる意識を問う職員調査の試み
    平井理心、中野良仁、池田雅枝、矢﨑旬子、嶋田沙織、田尻和子、濱中浩之、和田哲郎、本間 覚
    第14回医療の質・安全学会学術集会/2019
  • 筑波大学附属病院における高難度新規医療技術等評価制度の現状と課題
    和田哲郎、髙橋伸二、後坊健太、濱中浩之、池田雅枝、矢﨑旬子、嶋田沙織、平井理心、田尻和子、本間 覚
    第14回医療の質・安全学会学術集会/2019
  • 医療事故調査精度を適切に運用するための、全患者入院時に「死亡する可能性の医療判断」を記載する取り組み
    池田雅枝、矢﨑旬子、嶋田沙織、平井理心、山口剛、濱中浩之、田尻和子、和田哲郎、本間 覚、原 晃
    第14回医療の質・安全学会学術集会/2019
  • 薬剤誤投与における再発防止策の検証
    矢﨑旬子、髙橋伸二、池田雅枝、田尻和子、嶋田沙織、平井理心、濱中浩之、和田哲郎、小泉仁子、本間 覚
    第14回医療の質・安全学会学術集会/2019
  • 宇宙の安全性・信頼性・品質管理手法を用いた新型離床センサー開発に向けて
    高梨 典子、髙橋 晋平、内藤 正典、大西 航平、山海 千保子、池田 雅枝、本間 覚
    第13回医療の質・安全学会学術集会/2018-11-24
  • 医療安全にかかるピアサポート体制の構築
    平井 理心、大井 雄一、道喜 将太郎、笹原 信一朗、池田 雅枝、堀内 学、和田 哲郎、松崎 一葉、本間 覚
    第13回医療の質・安全学会学術集会/2018-11-24
  • 病棟薬剤業務がインシデント・オカレンス報告に及ぼす影響(第3報)
    堀内 学; 池田雅枝; 飯塚恵子; 平井理心; 田尻和子; 和田哲郎; 井坂由佳; 細野智美; 本間真人; 本間 覚
    第13回医療の質・安全学会学術集会/2018-11
  • more...
Teaching
2021-10 -- 2022-02Lecture and Discussion in Internal Medicine IIUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Seminar in Internal Medicine IIUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Practice in Internal Medicine IIUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Practice in Internal Medicine IUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Seminar in Internal Medicine IUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2022-02Advanced Seminar in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Advanced Seminar in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2021-04 -- 2021-08Lecture and Discussion in Internal Medicine IUniversity of Tsukuba.
2021-10 -- 2021-12Science of Medical InformationUniversity of Tsukuba.
2020-10 -- 2021-02Internship IIUniversity of Tsukuba.
more...
Other educational activities
2009-04 -- (current)課外活動の指導(医学ラグビー部長)University of Tsukuba.
2008-10 -- 2008-11医療安全を高校生と共に考える学外
2008-04 -- 2010-03非常勤講師(アール医療福祉専門学校)学外
2004-04 -- 2008-03大学院生(博士課程)の指導:担癌と肺血栓塞栓症University of Tsukuba.
Talks
  • 病院内における暴力・暴言の実態調査と対策―有害事象に対する職員の意識調査を踏まえてー
    本間 覚
    平成22年度関東信越管内特定機能病院連絡会議/2010-06-02
  • 血管薬理学の進歩と肺高血圧症
    本間 覚
    第1回茨城県南臨床肺高血圧症研究会/2010-04-15
  • 一見説明のつかない息切れや失神を診たときに考えること
    本間 覚
    第1回茨城県央県北臨床肺高血圧症研究会/2010-04-14
  • 院内における職員への暴力・暴言の実態調査
    高梨典子; 本間 覚; 原 忠篤; 山下慶三; 金子道夫.
    医療の質・安全学会第4回学術集会/2009-11-22
  • 病院職員が受ける暴力・暴言の実態
    高梨典子; 本間 覚; 原 忠篤; 山下慶三; 金子道夫.
    第4回茨城県医療事故防止研究会/2009-10-31
  • モデル事業の茨城県における現状と課題
    本間 覚
    診療行為に関連した死亡の調査分析モデル事業講演会(東北大学)/2009-09-05
  • 日常臨床における肺高血圧症の診かた・つきあい方
    本間 覚
    取手北相馬肺高血圧症フォーラム/2009-09-03
  • 医療行為関連死の調査分析モデル事業の現状と医療安全
    本間 覚
    筑波学園病院医療安全講演会/2009-07-29
  • 肺高血圧治療の進歩
    本間 覚
    第3回茨城肺高血圧症懇話会/2009-07-25
  • 医療行為関連死の調査分析モデル事業の現状と事故調査のあり方
    本間 覚
    東京医科歯科大学医療安全講演会/2009-07-14
  • 診療行為に関連した死亡の調査分析モデル事業の概要
    本間 覚
    医療安全調査委員会(仮称)に関するシンポジウム(つくば)/2009-01-31
  • High incidence of silent venous thrombo-embolism before treatment in ovarian cancer and prevention of clinical manifestation after surgery
    Satoh T; Uno K; Sakurai M; Okada S; Minami R; Matsumoto ...
    The XXth Asian and Oceaniac Congress of Obstetrics and Gynecology/2007-09-21
  • Elastographyによる静脈血栓の評価ー動物モデルを用いた組織標本との比較
    宇野希世子; 外山明子; 大坂卓司; 三竹 毅; 須田昌弘; 山川 誠; 井坂由美; 深谷貴子; 福中康子; 菊川浩子; 瀬尾由広...
    第48回日本脈管学会総会/2007-10-25
  • 卵巣癌組織における組織因子の発現と静脈血栓塞栓症との関連
    宇野希世子; 本間 覚; 佐藤豊美; 櫻井 学; 南 理恵; 松本光司; 沖 明典; 角田 肇; 吉川裕之; 青沼和隆
    第48回日本脈管学会総会/2007-10-25
  • Aging of Venous thrombosis –Comparison between histological and tissue elasticity imaging
    Uno K; Tonomura A; Yamakawa M; Ishizu T; Seo Y; Homma S; ...
    72nd Annual Meeting of Japanese Circulation Society/2008-03-28
  • Granulocytepenia observed during bosentan adminstration therapy in a patient with pulmonary arterial hypertension
    Akiyama D; Homma S; Murakoshi N; Koyama T; Higuchi H; Mac...
    11th Meeting of Japanese Society of Heart Failure/2007-09-09
  • 肺動脈性肺高血圧症におけるボセンタンによる短期効果の検証
    秋山大樹; 本間 覚; 村越伸行; 小山 崇; 樋口甚彦; 町野 毅; 田尻和子; 坪井洋人; 宇野希世子; 瀬尾由広; 河野 ...
    第55回日本心臓病学会学術集会/2007-09-10
  • 有害事象に対する職員の意識調査
    高梨典子; 本間 覚; 山下慶三; 朝田 隆; 笹原信一朗; 松崎一葉; 金子道夫
    医療の質・安全学会第3回学術集会/2008-11-22
  • 有害事象は医療従事者の心にどのように残るか
    本間 覚; 高梨典子; 朝田 隆; 笹原信一朗; 松崎一葉; 山下慶三; 金子道夫
    第2回茨城県医療事故防止研究会/2008-11-01
  • IMT and flow dynamic parameters in carotid artery ultrasound
    Homma S; Uno K; Ishizu T; Seo Y; Watanabe S; Aonuma K
    40th Annual Meeting of Japan Atherosclerosis Society (Symposium)/2008-07-10
  • 肺高血圧に対する薬物治療の進歩 ―ボセンタンが肺高血圧症に及ぼす効果 ―
    本間 覚
    第1回茨城肺高血圧症懇話会/2008-04-24
  • 診療関連死モデル事業の評価
    本間 覚; 中島和江; 玉木長良; 原田賢治; 長村文孝; 大川 淳; 倉林 亨; 鳥谷部真一; 後藤百万; 江原一雅; 富永隆...
    国立大学病院医療安全管理協議会総会/2008-10-20
  • 血栓症について
    本間 覚
    枚方・交野・寝屋川循環器研究会/2006-02-25
  • 動脈・静脈血栓症の臨床
    本間 覚
    第86回筑西循環器講習会/2006-10-11
  • 医療における事故防止の取り組みーGIAダイアログー事故未然防止に向けた各分野の経験と知恵
    本間 覚
    自動車技術会2007年夏季大会/2007-08-28
  • more...
Professional activities
1996-02 -- (current)JAPANESE SOCIETY FOR MICROCIRCULATION評議員
2003-11 -- (current)JAPANESE COLLEGE OF ANGIOLOGY評議員
2009-01 -- (current)Japanese Society for Quality and Safety in Healthcare評議員
2009-07 -- (current)Japanese Society for Quality and Safety in HealthcareSociety of Quality and Safety in Healthcare
2012 -- 2018日本肺循環学会評議員
2014 -- 2018日本肺高血圧学会評議員
2007-06 -- 2007-12茨城県医療事故防止研究会会長:第2回研究会
2006-10 -- 2007-02つくば心不全治療研究会会長
2006-07 -- 2007-01関東甲信越早期動脈硬化研究会会長:第5回ハンズオンセミナー
2004-10 -- 2006-02つくば地域医療相談検討委員会委員
more...
University Management
2004-04 -- (current)附属病院 リスクマネージメント委員会医療安全管理者、GRM
2016-10 -- 2017-03病院長補佐医療安全管理責任者
2017-04 -- 2018-03副病院長医療安全管理責任者
2017-04 -- 2018-03附属病院 感染対策委員会委員長
2017-04 -- 2018-07高難度新規医療評価委員会委員長
2016-10 -- 2018-03病院執行部会議委員
2012-04 -- (current)臨床医療管理部 部会部長、GRM
2009-04 -- (current)組織リスクマネージャー連絡会議議長
2006-04 -- (current)病院連絡会議(運営会議)委員
2006-04 -- (current)病院診療情報管理委員会委員
more...

(Last updated: 2021-05-20)