現在地

高屋敷 明由美(タカヤシキ アユミ; Takayashiki, Ayumi)

face
所属
医学医療系
職名
講師
性別
女性
科研費番号
80375500
eメール
 
研究室
地域医療教育学
電話
029-853-3189
研究キーワード
医学教育
地域医療
プライマリ・ケア
家庭医療
進路選択
職種間連携教育
研究課題
健康の社会的決定要因に関する体系的な医学教育カリキュラムの開発と効果の検証2019-04 -- 2022-03髙屋敷明由美日本学術振興会/科研費基盤研究(C)
地域枠医学生の医師不足地域での従事意思についての全国調査2015 -- 2017高屋敷 明由美日本学術振興会/基盤研究(C)3,640,000円
職種間連携教育 -- (現在)/
地域医療教育 -- (現在)/
「地域枠の医学生が有する将来へのビジョンと在学中に遭遇する困難」の全国調査2010 -- 2012日本学術振興会/基盤研究(C)4,490,000円
職歴
1995-04 -- 1997-04みさと健和病院 内科 研修医
1997-04 -- 1998-05みさと健和病院 内科 常勤医
1998-06 -- 2000-03自治医科大学 地域家庭診療センター臨床 助手
2004-04 -- (現在)筑波大学 医学群医学教育企画評価室専任 講師
学歴
1989-04 -- 1995-03筑波大学 医学専門学群卒業
2000-04 -- 2004-03自治医科大学 医学研究科 地域医療研究科修了
取得学位
2004-03医学博士自治医科大学
免許資格等
2016-01日本医学教育学会認定医学教育専門家
1995-04-23医師免許
2010-10日本家庭医療専門医
2002日本プライマリ・ケア学会認定医
2003日本プライマリ・ケア学会研修指導医
2004-11厚生労働省臨床研修指導医
2000-04日本医師会認定産業医
所属学協会
1997 -- (現在)日本プライマリ・ケア連合学会
2001 -- (現在)日本医学教育学会
2008 -- (現在)日本保健医療福祉連携教育学会
受賞
2008-07-25懸田賞
2007-02-10Best Poster Presentation
論文
著書
  • 外来診療
    稲葉 崇; 高屋敷 明由美
    地域医療学入門, 2019-08
  • 医学教育におけるプライマリ・ケアの位置付け~その現状と課題
    高屋敷 明由美
    2004-03
  • 医療概論Ⅰ人間性教育コースガイド
    高屋敷 明由美
    2009-04
  • 医療概論Ⅱ在宅ケアコースガイド
    高屋敷 明由美
    2009-05
  • がんばれ! 女性医師・医学生-仕事とパーソナル・ライフの充実をめざして
    日本家庭医療学会; +高屋敷 明由美
    プリメド社, 2003-07
  • 医学生を地域で育てる:地域基盤型プライマリ・ケア実習の手引き
    プライマリ・ケア教育連絡協議会卒前教育ワーキンググループ;...
    オフィス・カイ, 2005-01
  • 診療所で教えるプライマリ・ケア~地域で医師を育てるために
    プライマリ・ケア教育連絡協議会卒前教育ワーキンググループ;...
    プリメド社, 2007-01
  • 「チーム医療実践力」育成プログラムー人間性・協調性を兼ね備えた医師の養成を目指して,特色ある大学教育支援プログラム事例集
    高屋敷 明由美
    文部科学省, 2007-01
  • PBL meets simulation.新しい医学教育の流れ‘08夏.岐阜大学医学開発研究センター編集
    鈴木康之; 藤崎和彦; 小田康友; 高屋敷明由美; Jan Joost Ret...
    三恵社, 2009-01
  • 家庭医療のためのキャリアパス「家庭医のロールモデルをみつけるためには」
    高屋敷明由美
    新家庭医プライマリ・ケア医入門~地域で求められる医師を目指して.日本家庭医療学会編・プリメド社, 2010-01
  • Interprofessional Education Program of the University of Tsukuba: A Program to Develop Interprofessional Competency.
    Maeno T; Takayashiki A; Maeno T; Anme T; Hara A; Saeki Y;...
    Advanced Initiatives in Interprofessional Education in Japan. Springer, 2010-01
  • 授業評価
    高屋敷明由美
    医学教育白書2010年版(’07~’10).日本医学教育学会編集.篠原出版新社、東京, 2010-07
  • 家庭医療のためのキャリアパス「家庭医のロールモデルをみつけるためには」.
    高屋敷明由美
    新家庭医プライマリ・ケア医入門~地域で求められる医師を目指して.日本家庭医療学会編.プリメド社、大阪, 2010-10
  • PBLチュートリアルの実施例 筑波大学~継続的改善を実践するための教育推進支援システムを中心に.
    高屋敷明由美
    問題解決型学習ガイドブック. 日本薬学会編集.東京化学同人, 2011-01
会議発表等
  • 筑波大学・東京理科大学における大学間連携IPEのオンライン化の試み
    前野貴美; 高屋敷明由美; 前野哲博; 安梅 勅江; 川西邦夫; 鈴...
    日本保健医療福祉連携教育学会/2021-11-14
  • What affects Social Empathy among Japanese Students: a Cross-sectional Study
    Shishu Son; Kaneko Makoto; Ozone Sachiko; Takayashiki Ayu...
    第53回日本医学教育学会大会/2021-07-30--2021-07-31
  • 都市部で活きる家庭医の専門性 川崎市内の地域比較からみえたこと
    秩父 陽香; 高屋敷 明由美; 春田 淳志; 片岡 義裕; 前野 哲博
    第52回日本医学教育学会/2020-07-17--2020-07-18
  • 医療者教育のための「健康の社会的決定要因(SDH)教育ポータル」構築
    武田 裕子; 堀 浩樹; 小曽根 早知子; 高屋敷 明由美; 赤木...
    第12回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会/2021-05-21
  • Educational program on Evidence-Based Medicine for medical students available online
    Kataoka Yoshihiro; Maeno Takami; Takayashiki Ayumi; Yokoy...
    第12回日本プライマリ・ケア連合学会学術集会/2021-05-21--2021-05-23
  • クリニカル・クラークシップの問題改善に向けた取組~院内各診療科相互視察と院外関連施設ヒヤリング
    木村友和; 春田淳志; 高屋敷明由美; 前野貴美; 鈴木 英雄; 前...
    第52回日本医学教育学会/2020-07-17--2020-07-18
  • 総合病院の看護師に対するSBIRT(アルコール使用障害のスクリーニングと紹介)の講習と導入の効果
    大脇 由紀子; 吉本 尚; 青木 稔枝; 高屋敷 明由美
    第55回日本アルコール・アディクション医学会学術総会/2020-11-22--2020-11-23
  • 5つのステップを用いた Evidence Based Medicine( EBM)卒前教育の実践 第2報
    片岡 義裕; 前野 貴美; 高屋敷 明由美; 横谷 省治; 阪本 直人...
    第11回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会/2020-7-23--2020-8-31
  • 意識消失の発作を繰り返し、若年性ミオクロニーてんかんと甲状腺機能亢進症の合併と診断された一例
    任 明夏; 高屋敷 明由美; 吉本 尚; 前野 哲博
    第11回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会/2020-08--2020-08
  • 総合診療科実習における健康の社会的決定要因に関する教育プログラム導入の経験
    高屋敷 明由美; 春田淳志; 小曽根早知子; 前野貴美; 後藤亮平...
    第10回 日本プライマリ・ケア連合学会/2019-5
  • リアリスト分析で地域医療実習における医学生の健康の社会的決定要因についての学びのメカニズムを探る
    春田 淳志; 高屋敷 明由美; 小曽根 早知子; 前野 貴美; 前...
    第52回日本医学教育学会大会/2020-07-17--2020-07-18
  • 地域医療実習の中で導入した健康の社会的決定要因に関するプログラムにおける医学生と教員の戸惑い
    高屋敷 明由美; 春田 淳志; 小曽根 早知子; 前野 貴美; 前...
    第52回日本医学教育学会大会/2020-07-17--2020-07-18
  • Medical student's understanding of the social determinants of health in a community-based curriculum
    Ozone Sachiko; Haruta Junji; Ayumi Takayashiki; Takami Ma...
    第52回日本医学教育学会大会/2020-07-17--2020-07-18
  • 医学生の専門職アイデンティティは、地域医療実習前後で変わるか?
    広川 健信; 春田 淳志; 片岡 義裕; 後藤 亮平; 小曽根 早...
    第11回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会/2020-07-23--2020-08-31
  • 医学生の多職種連携を学ぶ準備状態は、地域医療実習前後で変わるのか?
    倉田 房子; 春田 淳志; 後藤 亮平; 小曽根 早知子; 前野 ...
    第11回日本プライマリ・ケア連合学会学術大会/2020-07-23--2020-08-31
  • Is there any difference in efficacy to conduct suicide prevention education program for Japanese University Students before or after summer vacation?
    Asumi Takahashi; Yuki Shiratori; Asaki Matsuzaki; Ayumi T...
    TSUKUBA Conference 2019/2019-10-03--2019-10-03
  • Is there any difference in efficacy to conduct suicide prevention education program for Japanese University Students before or after summer vacation?
    Asumi Takahashi; Yuki Shiratori; Asaki Matsuzaki; Ayumi T...
    TSUKUBA Conference 2019/2019-10-03--2019-10-03
  • Survey of interprofessional practical training among medical schools in Japan
    Maeno Takami; Haruta Junji; Ayumi Takayashiki; Hisashi Yo...
    WONCA Asia Pacific Regional Conference 2019/2019-05-15--2019-05-18
  • 筑波大学参加型臨床実習のカリキュラム変更前後における臨床経験達成度の変化の検討
    小川良子; 瀬尾恵美子; 前野 貴美; 高屋敷明由美; 鈴木英雄; ...
    第51回日本医学教育学会大会/2019-07-26--2019-07-27
  • 筑波大学参加型臨床実習のカリキュラム変更前後における臨床経験達成度の変化の検討
    鈴木 英雄; 小川良子; 瀬尾恵美子; 前野貴美; 高屋敷明由美; ...
    第51会日本医学教育学会大会/2019-07
  • 指導医の燃えつき(バーンアウト)と診療業務および研修指導への影響
    河村 由吏可; 高屋敷 明由美; 伊藤 慎; 前野 貴美; 瀬尾 恵美...
    第51回日本医学教育学会大会/2019-07-26--2019-07-27
  • 指導医における燃え尽きと抑うつのオーバーラップについて
    伊藤 慎; 河村 由吏可; 高屋敷 明由美; 前野 貴美; 瀬尾 恵美...
    第51回日本医学教育学会大会/2019-07-26--2019-07-27
  • 医学生は参加型臨床実習にどのように向き合い学んでいるのか? 学生インタビューの質的分析から
    梅山 翔平(筑波大学附属病院); 前野 貴美; 春田 淳志; 高屋敷...
    第51回日本医学教育学会大会/2019-07-26--2019-07-27
  • 二重プロセス理論を基盤にした臨床推論テストの開発と検証(その1)
    春田 淳志; 稲葉 崇; 前野 貴美; 高屋敷 明由美; 前野 哲博
    第51回日本医学教育学会大会/2019-07-26--2019-07-27
  • 二重プロセス理論を基盤にした臨床推論テストの開発と検証(その2)
    稲葉 崇; 春田 淳志; 前野 貴美; 高屋敷 明由美; 前野 哲博
    第51回日本医学教育学会大会/2019-07-26--2019-07-27
担当授業科目
2021-04 -- 2021-06医療概論I筑波大学
2021-04 -- 2021-06医療概論V筑波大学
2021-10 -- 2022-02最先端医学研究セミナー筑波大学
2021-04 -- 2021-08最先端医学研究セミナー筑波大学
2021-10 -- 2022-02医療概論II筑波大学
2021-06 -- 2021-09医療概論II筑波大学
2021-04 -- 2021-09医療概論IV筑波大学
2021-04 -- 2021-05医療・福祉現場でのふれあい等筑波大学
2021-04 -- 2021-09医療概論III筑波大学
2021-10 -- 2021-12医療概論III筑波大学
授業以外の教育活動
2004-04 -- (現在)医学類FD企画実施筑波大学
一般講演
  • 総合診療科が大学と地域をつないで 企画実施する「筑波大学における 体系的な地域医療教育プログラム」
    高屋敷 明由美
    第17回日本病院総合医学会シンポジウム2卒前/卒後教育における総合診療の役割-現状と課題-/2018-09
  • 私のキャリアとライフ
    Takayashiki Ayumi
    リケジョサイエンスカフェ/2017-02-18
  • 筑波大学医学群-医学・医療に興味がある皆さんへ
    Takayashiki Ayumi
    茗溪学園SSH講演会/2016-12-21
  • 地域における患者の生活を支えるための職種間連携~その人らしさを大切にする支援とは?
    Takayashiki Ayumi
    平成28年度兵庫医科大学・兵庫医療大学チーム医療演習 特別講義/2016-09-06
  • 卒前教育プログラムの導入のプロセスと今後の課題
    Takayashiki Ayumi
    放射線健康リスク科学分野を支えるメディカルスタッフ 公開シンポジウム/2017-02-11
  • 筑波大学における平成27年度医学教育分野別認証受審の実際
    Takayashiki Ayumi
    兵庫医科大学FD/2016-09-06
  • 筑波大学における参加型臨床実習の実際~国家認証に耐えうる臨床実習前教育と臨床実習のあり方
    高屋敷 明由美
    佐賀大学FDプログラム/2012-08-03
  • 大学教育におけるカリキュラムプランニング~筑波大学の経験から.
    高屋敷明由美
    平成23年度岩手大学全学共通教育科目「生物の世界」分科会FD活動講演会/2012-03-08
  • 筑波大学におけるInterprofessional Education
    高屋敷明由美; 前野貴美.
    高屋敷明由美,前野貴美.筑波大学におけるInterprofessional 第42回日本医学教育学会学術大会/2010-07-01
  • 「Active Learnerの育成を目指して~リアリティと多様性を重要視したPBLテュートリアル
    高屋敷明由美
    第41回日本医学教育学会シンポジウムⅥPBLテュートリアルの新たな可能性/2009-07-25
  • 筑波大学の医学教育関係組織とその活動
    高屋敷明由美
    第6回東京医科大学医学教育アドバンストコースワークショップ./2007-10-01
  • 筑波大学のPBL教育~新カリキュラム導入後2年のふりかえりと今後の課題
    高屋敷明由美
    東京医科大学医学教育講演会/2006-07-01
  • Evolution of the Medical Curriculum for Undergraduates in University of Tsukuba
    Ayumi Takayashiki
    医学教育国際シンポジウムGlobalization of Medical School Education/2006-12-01
  • PBL meets simulation~筑波大学の取り組み
    高屋敷明由美
    第29回MEDC医学教育セミナーとワークショップPBL meets simulation~テュートリアル教育の進化をめざして~/2008-08-05
  • 「医師の働き方。今、病院に問われるもの」
    高屋敷明由美
    いばらき医師子育て支援フォーラム/2007-03-01
  • 筑波大学のPBL教育~新カリキュラム導入後2年のふりかえりと今後の課題
    高屋敷明由美
    高知大学医学部助教授講師会主催講演会.「医学教育ツールとしてのPBLをふりかえるーPBLの評価の変遷と実際を知る」/2007-01-01
  • PBLテュートリアルとは?そのねらいと実際~筑波大学の医学教育における経験から.
    高屋敷明由美
    茨城県立医療大学教員研修会/2008-11-05
  • 医学教育における女性医師の働き方~自分の経験からの提言.
    高屋敷明由美
    第40回日本医学教育学会大会シンポジウム「女性医師のキャリア支援」/2008-07-25
  • 筑波大学医学群におけるチーム医療実践力育成プログラム
    高屋敷明由美
    チーム医療教育とネットワーク/2008-02-01
学協会等委員
2020-07 -- (現在)日本医学教育学会多様性推進委員会/委員
2015 -- (現在)公益社団法人医療系大学間共用試験実施評価機構CBT作問委員会EMI部会/委員
2017 -- (現在)日本医学教育学会医学教育専門家コースワークタスクフォース
2019 -- (現在)日本医学教育学会代議員
2016-05 -- (現在)日本プライマリ・ケア連合学会和文学会誌編集委員会/委員
2011 -- (現在)日本プライマリ・ケア連合学会代議員
2009 -- 2011日本医学教育学会教育研究開発委員会委員
2008 -- 2014日本保健医療福祉連携教育学会理事
2009-01 -- 2012-03日本医学教育学会研究開発小委員会
2008-11 -- 2012-10日本保健医療福祉連携教育学会理事
学内管理運営業績
2020-04 -- (現在)教育社会連携推進室会議委員(医学医療系代表)
2008 -- (現在)全学FD委員会医学群からの選出委員、医学群におけるFDの推進、他学群への情報公開、
2004-04 -- (現在)医学教育企画評価室専任講師医学専門学群医学類における教育評価、改善のための提案、FD企画実施
2008-11 -- (現在)医学教育推進委員会委員医学教育推進委員会における委員長補佐(議題の提案、資料作成など)、討議参加
2004-04 -- (現在)医学専門学群医学類運営委員会・委員委員会における積極的な意見発言
2004-04 -- (現在)OSCE委員会・委員OSCE計画立案実施
2007-10 -- 2010-03筑波大学附属病院女性医師看護師キャリアアップ支援システム委員、女性医師キャリアアップ支援システム運営のための助言
2005-04 -- 2006-03学生担当委員会医学類学生担当教員
2007-11 -- 2010-03チーム医療教育評価委員会評価委員会学内委員
その他の活動
2020-04 -- (現在)つくば市いじめ問題専門委員会委員
2020-04 -- (現在)つくば市こども・子育て会議委員(専門委員)
2020-10 -- (現在)常総学院高校医学進学コース出前講義を実施、希望者に地域医療現場体験の場を提供している
2020-04 -- 2021-032020年度医学類M4 Best Teacher`s Award
2018-04 -- 2019-03平成30年度医学類Best Teacher`s Award
2017-04 -- 2018-03平成29年度医学類Best Teacher's Award
2014-04 -- (現在)平成26年度M4Best Teachers' Award
2012-04 -- 2013-03平成23年度医学類クリニカルクラークシップBest Teacher's Award、選択CC優秀ポスター賞
-- (現在)H21年度医学類Best Teacher's Award (4年次)受賞
メッセージ
卒前医学教育全般、地域医療教育、職種間連携教育、医学教育分野におけるfaculty developmentを実践し、それらの教育プログラム評価を研究テーマとして活動しています。学生・学内教員とのコミュニケーション、国内外の医学教育関係者との情報交換も積極的に行い、筑波大学の教育プログラムを継続的に改善し、私たちの経験を全国にアピールしていきたいと日々奮闘しています。

(最終更新日: 2021-08-10)