SHIMANO Hitoshi

Affiliation
Institute of Medicine
Official title
Professor
ORCID
0000-0002-5562-5572
Birth date
1960-02
URL
Research fields
Metabolomics
Metabolomics
Molecular biology
Research projects
脂肪酸多様性とその感知機構による代謝制御機構の解明と治療応用2022 -- (current)島野 仁Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(A)
脳形成におけるコレステロール合成系の生理意義の確定と病態への応用2020 -- 2021島野 仁Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Challenging Research (Exploratory)6,500,000Yen
脂質の量と質が制御するオルガネラ恒常性の分子機構の解明2018 -- 2020島野 仁Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(A)44,720,000Yen
炎症細胞社会における臓器脂質の量的質的変容がもたらす炎症と線維化の機序と予防戦略2017 -- 2021島野 仁Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research on Innovative Areas91,520,000Yen
横紋筋融解症発症モデルマウスにおけるオートファジー異常の分子メカニズム2015 -- 2016島野 仁Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for challenging Exploratory Research3,510,000Yen
Elovl6による脂肪酸の質的変容が起こす多臓器代謝病態と脳行動異常のメカニズム2015 -- 2017島野 仁Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for Scientific Research(A)35,710,000Yen
酸化ストレスを消去する腸管作用型新規ナノ粒子を利用した動脈硬化抑制の試み2014 -- 2014島野 仁Japan Society for the Promotion of Science/挑戦的萌芽研究3,640,000Yen
cross network of SREBP and other factors2001 -- (current)/企業からの受託研究
Transcriptional regulation of energy metabolism2001 -- (current)/企業からの受託研究
A novel strategy against life-related diseases in the light of fatty acids quality aspect of fatty acids -- (current)/
more...
Career history
2005-08 -- (current)筑波大学大学院人間総合科学研究科助教授
2005 -- (current)筑波大学附属病院病態栄養部長
2006-05 -- (current)筑波大学附属病院教授
2008-02 -- (current)University o Tsukuba大学院人間総合科学研究科Professor
Academic background
-- 1984The University of Tokyo Faculty of Medicine 医学科
Degree
MD, PhDMThe University of Tokyo
Licenses and qualifications
1984-05-28医師免許
Academic societies
-- (current)JAPAN DIABETES SOCIETY
-- (current)JAPAN ATHEROSCLEROSIS SOCIETY
-- (current)THE JANPANESE SOCIETY OF INTERNAL MEDICINE
-- (current)THE JAPAN ENDOCRINE SOCIETY
-- (current)JAPAN SOCIETY OF METABOLISM AND CLINICAL NUTRITION
-- (current)JAPANESE SOCIETY OF MOLECULAR MEDICINE
Honors & Awards
2021-10-24The International Atherosclerosis Society Jean Charles Fruchart Prize脂質代謝に関する研究
2009-07-18日本動脈硬化学会五島雄一郎賞
2005-11-17日本医師会研究助成賞
2004-07-17日本臨床分子医学会学会賞
2003-05-09日本内分泌学会  研究奨励賞
2000-10-21日本糖尿病合併症学会ヤングインヴェスティゲーター賞
Articles
  • Abnormal saturated fatty acids and sphingolipids metabolism in asthma
    Yoshida Kazufumi; Morishima Yuko; Ishii Yukio; Mastuza...
    Respiratory investigation/62(4)/pp.526-530, 2024-04-18
  • 当院での世界糖尿病デーイベントにおける指先採血で測定可能なHbA1c測定機器を用いた、糖尿病早期発見の取り組み
    岩崎 仁; 矢作 直也; 岩部 博子; 戸塚 久美子; 大畑 瞳; 須藤 玲子; 吉田 光歩; 伊藤...
    糖尿病/55(Suppl.1)/pp.S-316, 2012-04
  • 高血糖状態が及ぼす身体能力への影響
    鈴木 康裕; 塩見 耕平; 田邊 裕基; 入江 駿; 久保 匡史; 江口 清; 伊藤 由美子; 高橋...
    日本心臓リハビリテーション学会学術集会プログラム抄録集(Web)/19th, 2013
  • 一般市民向け世界糖尿病デーイベントでの指先採血によるHbA1c測定と体組成測定の有用性に関する検討
    矢藤 繁; 志鎌 明人; 高木 聡; 岩崎 仁; 小林 和人; 矢作 直也; 鈴木 浩明; 須藤 ...
    糖尿病/56(Suppl.1)/pp.S-204, 2013-04
  • 電気刺激による受動的な骨格筋運動が糖尿病患者の血糖コントロール状態に与える中期的な効果についての検討
    鈴木 康裕; 塩見 耕平; 丸山 剛; 石川 公久; 江口 清; 鈴木 浩明; 矢藤 繁; 島野 仁
    日本物理療法学会学術大会抄録集/21回/pp.25-25, 2013-10
  • 軽度神経障害合併糖尿病患者における重心動揺計によるバランス能力評価法の検討
    鈴木 康裕; 矢藤 繁; 加藤 秀典; 田邊 雄基; 石川 公久; 島野 仁
    糖尿病/58(Suppl.1)/pp.S-406, 2015-04
  • 糖尿病多発神経障害を臨床的に認めない糖尿病患者でも姿勢保持(バランス)能力は健常者より低下している
    鈴木 康裕; 矢藤 繁; 加藤 秀典; 鈴木 浩明; 羽田 康司; 島野 仁
    糖尿病/59(Suppl.1)/pp.S-357, 2016-04
  • 糖尿病性感覚神経障害と下肢冷水負荷後の皮膚温回復率との関連性の検討 サーモグラフィーを用いた検討
    加藤 秀典; 矢藤 繁; 鈴木 康裕; 丸山 剛; 久保 匡史; 石川 公久; 羽田 康司; 島野 仁
    糖尿病/59(Suppl.1)/pp.S-356, 2016-04
  • 電気刺激による受動的な骨格筋運動が糖尿病患者の糖・脂質代謝および体組成、筋力、筋持久力に与える中期的な効果についての検討
    鈴木 康裕; 鈴木 浩明; 矢藤 繁; 岩崎 仁; 羽田 康司; 江口 清; 島野 仁
    糖尿病/60(Suppl.1)/pp.S-220, 2017-04
  • 1型糖尿病小児を対象とした体組成,身体能力,痛覚閾値についての探索的調査
    鈴木 康裕; 岩淵 敦; 鈴木 浩明; 岩崎 仁; 笠原 啓介; 高橋 裕那; 新生 悠人; 田邉 ...
    糖尿病/62(Suppl.1)/pp.S-166, 2019-04
  • 中年期2型糖尿病者の認知機能低下の特徴と、におい、バランスとの関連
    緑川 学; 鈴木 浩明; 鈴木 康裕; 椿 拓海; 田邉 裕基; 山内 一由; 佐藤 泰之; 根本 ...
    糖尿病/63(Suppl.1)/pp.S-248, 2020-08
  • 糖尿病入院患者を対象とした退院1年後の転倒予測因子に関する機械学習を用いた探索的検討
    鈴木 康裕; 鈴木 浩明; 石川 達也; 山田 康智; 石川 公久; 羽田 康司; 島野 仁
    糖尿病/63(Suppl.1)/pp.S-172, 2020-08
  • 健常者および糖尿病者におけるバランストレーニングによる動的バランス能力の改善に関する検討
    新井 良輔; 鈴木 浩明; 河邉 聡子; 鈴木 康裕; 大澤 聡弘; 島野 仁
    理学療法学/47(Suppl.1)/pp.174-174, 2021-03
  • 中年の非糖尿病患者および2型糖尿病患者における認知機能と匂いの識別、筋力、およびバランス能力との関係
    緑川 学; 鈴木 浩明; 鈴木 康裕; 椿 拓海; 田邉 裕基; 山内 一由; 佐藤 泰之; 根本 ...
    糖尿病/64(Suppl.1)/pp.P-3, 2021-05
  • 分岐鎖アミノ酸補充が高齢2型糖尿病患者の骨格筋,耐糖能,腎機能に与える影響 探索的ランダム化比較試験
    松田 高明; 鈴木 浩明; 菅野 洋子; 鈴木 康裕; 山中 大介; 荒木 理沙; 矢作 直也; 関...
    糖尿病/66(Suppl.1)/pp.S-227, 2023-04
  • 高齢者・フレイル・運動療法 2型糖尿病患者を対象とした自主トレーニング実施による骨格筋増大効果についての検討
    鈴木 康裕; 鈴木 浩明; 椿 拓海; 松田 高明; 島野 仁; 羽田 康司
    糖尿病合併症/37(Suppl.1)/pp.176-176, 2023-09
  • 分岐鎖アミノ酸(BCAA)は高齢2型糖尿病患者のQIDSスコアを有意に改善する 探索的ランダム化比較試験
    松田 高明; 鈴木 浩明; 菅野 洋子; 鈴木 康裕; 山中 大介; 荒木 理沙; 矢作 直也; 関...
    日本病態栄養学会誌/27(Suppl.)/pp.S-96, 2024-01
  • Genetic and Functional Analyses of Patients with Marked Hypo-High-Density Lipoprotein Cholesterolemia.
    Y Furuta; Y Osaki; Y Nakagawa; SI Han; M Araki; A S...
    J Atheroscler Thromb, 2024-03-28
  • Genetic and Functional Analyses of Patients with Marked Hypo-High-Density Lipoprotein Cholesterolemia
    Furuta Yasuhisa; Osaki Yoshinori; Nakagawa Yoshimi; Ha...
    Journal of atherosclerosis and thrombosis, 2024-03-28
  • Rhomboid protease RHBDL4/RHBDD1 cleaves SREBP-1c at endoplasmic reticulum monitoring and regulating fatty acids
    Han Song-Iee; Nakakuki Masanori; Nakagawa Yoshimi; Wan...
    PNAS NEXUS/2(11), 2023-11-01
  • Obesity-induced metabolic imbalance allosterically modulates CtBP2 to inhibit PPAR-alpha transcriptional activity
    Saito Kenji; Sekiya Motohiro; Kainoh Kenta; Yoshino R...
    J Biol Chem/299(7)/p.104890, 2023-7
  • Single-Cell Transcriptome Profiling of Pancreatic Islets From Early Diabetic Mice Identifies Anxa10 for Ca2+ Allostasis Toward b-Cell Failure
    Motomura Kaori; Matsuzaka Takashi; Shichino Shigeyuki; ...
    Diabetes/73(1)/pp.75-92, 2024-01-01
  • 乾癬におけるアプレミラストの有効性予測に血清LDH値が有用である可能性がある
    吉岡 華子; 渡辺 玲; 石塚 洋典; 井上 紗惠; 古田 淳一; 中村 貴之; 沖山 奈緒子; 松...
    日本乾癬学会学術大会プログラム・抄録集/34th, 2019
  • C-Terminal Binding Protein 2 Emerges as a Critical Player Linking Metabolic Imbalance to the Pathogenesis of Obesity
    Sekiya Motohiro; Kainoh Kenta; Yamazaki Daichi; Tsuyuz...
    JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS/Epub, 2023-10-03
  • Obesity-induced metabolic imbalance allosterically modulates CtBP2 to inhibit PPAR-alpha transcriptional activity
    Sekiya Motohiro; Kainoh Kenta; Yoshino Ryunosuke; Haya...
    The Journal of biological chemistry/299(7), 2023-07-01
  • more...
Books
  • diabetes
    鈴木 康裕; 鈴木 浩明; 島野 仁
    診断と治療社, 2019-09
  • 脂肪酸組成とNAFLD,インスリン抵抗性(解説)
    松坂 賢 島野 仁
    糖尿病・内分泌代謝科/科学評論社/pp.516-523, 2022-10
  • 【予防を科学する:炎症細胞社会学】1細胞から紐解く2型糖尿病の発症・進展と膵島細胞社会
    島野 仁
    Medical Science Digest/pp.518-521, 2022-10
  • コレステロールの恒常性維持機構アップデート
    矢作 直也; 島野 仁
    内分泌・糖尿病・代謝内科/pp.313-319, 2012
  • 肝の絶食応答
    矢作 直也; 島野 仁
    Diabetes Frontier/pp.33-39, 2014
  • 糖尿病大血管障
    島野 仁
    内分泌代謝専門医ガイドブック(改訂第4版)/診断と治療社, 2016-03
  • 糖尿病大血管障
    島野 仁
    内分泌代謝専門医ガイドブック(改訂第3版)/診断と治療社/pp.347-351, 2012-11
  • 脂質異常症合併時(第III章 食事療法)
    戒能健太; 島野 仁
    糖尿病 最新の治療2019-2021/南江堂/pp.96-98, 2019-02
  • SREBPによる脂質代謝調節(第2章 病因と病態生理)
    島野 仁
    TG血症(診断と治療のABC)/最新医学社/pp.67-74, 2018-09
  • 食品機能性脂質による肥満の予防と軽減(第3章 医学的な効果)
    宮本崇史; 島野 仁
    食品機能性脂質の基礎と応用/シーエムシー出版/pp.125-133, 2018-05
  • 脂質異常症治療薬
    島野 仁; 高木総
    今日の治療指針「同種薬の特徴と使い分け」/医学書院, 2018-01
  • 脂質異常症治療薬
    島野 仁; 高木総
    今日の治療指針「同種薬の特徴と使い分け」/医学書院/pp.685-688, 2017-01
  • 動脈硬化におけるトランスジェニックマウスの作製手法(第9章生活習慣病領域におけるモデル動物の作成法と最新のメカニズム・創薬応用)
    住吉克彦; 中川 嘉; Shimano Hitoshi
    動物/疾患モデルの作製技術・病態解析・評価手法/技術情報協会発行/pp.399-407, 2017-08
  • フィブラート系薬
    中川 嘉; Shimano Hitoshi
    糖尿病と循環器病 一歩進んだ糖尿病循環器学/医薬ジャーナル/pp.274-280, 2017-03
  • 酵素の栄養生化学(第7章)
    島野 仁
    栄養生化学(新体系看護学全書 人体の構造と機能②)/メヂカルフレンド社/pp.141-147, 2014-11
  • エネルギーの栄養生化学(第6章)
    島野 仁
    栄養生化学(新体系看護学全書 人体の構造と機能②)/メヂカルフレンド社/pp.123-140, 2014-11
  • 内分泌・代謝疾患
    島野 仁
    ガイドラインに基づく臨床指針(改訂第12版)/第一三共株式会社発行/pp.289-312, 2015-04
  • 内分泌・代謝疾患
    島野 仁
    ガイドラインに基づく臨床指針(改訂第11版)/第一三共株式会社発行/pp.271-294, 2014-04
  • 脂肪酸の主な働き(編集、文光堂)17-21, 2013年2月
    岩崎 仁; 島野 仁
    そうだったんだ!脂肪酸-循環器疾患との深い関係-/文光堂/pp.17-21, 2013-02
  • 脈管専門医のための臨床脈管学
    島野 仁
    脈管専門医のための臨床脈管学/メディカルトリビューン, 2010-02
  • トピックス 肝臓における脂質代謝研究の進歩(IV章. 肝臓-代謝性疾患)
    岩崎 仁; 島野 仁
    専門医のための消化器病学 第2版/医学書院/pp.386-387, 2013-10
  • I-10章-A NAFLDと糖代謝異常(NASH編 I.基本編~NASHを診る前の基礎知識~)
    矢藤 繁; 島野 仁
    Hepatology Practice 第2巻 NASH・アルコール性肝障害の診療を極める 基本から最前線まで/文光堂/pp.71-74, 2013-10
  • 脂肪酸の生合成とその酸化
    島野 仁
    人体の構造と機能及び疾病の成り立ち 改訂第2版/南江堂/pp.151-154, 2013-09
  • リスク山積み!(インスリン抵抗性症候群、高脂血症合併、高血圧合併)
    島野 仁
    シュミレイション内科 糖尿病を探る/永井書店, 2004-12
  • 動脈硬化
    島野 仁
    生活習慣病とPPARs/ライフサイエンス出版, 2007-03
  • more...
Conference, etc.
  • 脂肪酸伸長酵素Elovl6による神経新生制御機構解明と認知症の予防・治療への応用
    大野 博; 松坂 賢; 林 昭夫; 島野 仁
    第66回日本脂質生化学大会/2024-06-06--2024-06-07
  • in vivo Ad-luc法とTFEL scan法を用いたニュートリゲノミクスへのアプローチ
    武内 謙憲; 矢作 直也; 會田 雄一; Mehrazad Saber Zahra; Karkoutly ...
    第46回日本分子生物学会年会/2023-12-06--2023-12-08
  • 2型糖尿病患者を対象とした自主トレーニング実施による骨格筋増大効果についての検討
    鈴木 康裕; 鈴木 浩明; 椿 拓海; 松田 高明; 羽田 康司; 島野 仁 *
    第38回日本糖尿病合併症学会/2023-10-21
  • 2型糖尿病入院患者の転倒予測アルゴリズムの作成および退院後5年間での追跡調査による検証
    鈴木 康裕; 鈴木 浩明; 丸尾 和司; 緑川 学; 湯原 民; 晝田 佳世; 島野 仁; 羽田 ...
    第7回心血管・糖尿病理学療法学会/2021-08
  • 高血糖状態が及ぼす身体能力への影響
    鈴木 康裕; 塩見 耕平; 田邊 裕基; 入江 駿; 久保 匡史; 江口 清; 伊藤 由美子; 高橋...
    日本心臓リハビリテーション学会学術集会プログラム抄録集(Web)/2013--2013
  • 糖尿病多発神経障害を伴った2型糖尿病患者の重心動揺計を用いたバランス能力評価についての検討
    鈴木 康裕; 矢藤 繁; 加藤 秀典; 田邉 裕基; 石川 公久; 上野 友之; 島野 仁
    理学療法学/2015-04--2015-04
  • 中年期2型糖尿病者の認知機能低下の特徴と、におい、バランスとの関連
    緑川 学; 鈴木 浩明; 鈴木 康裕; 椿 拓海; 田邉 裕基; 山内 一由; 佐藤 泰之; 根本 ...
    糖尿病/2020-08--2020-08
  • 糖尿病入院患者を対象とした退院1年後の転倒予測因子に関する機械学習を用いた探索的検討
    鈴木 康裕; 鈴木 浩明; 石川 達也; 山田 康智; 石川 公久; 羽田 康司; 島野 仁
    糖尿病/2020-08--2020-08
  • 健常者および糖尿病者におけるバランストレーニングによる動的バランス能力の改善に関する検討
    新井 良輔; 鈴木 浩明; 河邉 聡子; 鈴木 康裕; 大澤 聡弘; 島野 仁
    理学療法学/2021-03--2021-03
  • ELOVL6 regulates engraftment of hematopoietic cells through the PI3K pathway
    Kiyoki Yusuke; Kato Takayasu; Kito Sakura; Matsuzaka ...
    2nd JCA-AACR Precision Cancer Medicine International Conference/2023-06-28--2023-06-30
  • The fatty acid elongase elovl6 is crucial for hematopoietic stem cell engraftment and leukemia propagation
    Kiyoki Yusuke; Kato Takayasu; Kito Sakura; Matsuzaka ...
    The EHA 2023 Hybrid Congress/2023-06-08--2023-06-11
  • Elongation of long-chain fatty acids is crucial for hematopoietic stem cell engraftment and leukemia propagation
    Kato Takayasu; Kiyoki Yusuke; Kito Sakura; Matsuzaka ...
    The 20th Stem Cell Research Symposium/2023-05-19--2023-05-20
  • TFEL SNP scanによるTCF7L2遺伝子内のSNP関連エンハンサーの同定
    方波見 京香; 朴 賢英; 武内 謙憲; 會田 雄一; 平井 花音; 葉 琛; 陶 都罕; Samia Kark...
    第45回日本分子生物学会年会/2022-11-30--2022-12-02
  • High protein diet-induced metabolic changes are transcriptionally regulated via KLF15-dependent and independent pathways
    Mehrazad-Saber Z; Takeuchi Y; Aita Y; Masuda Y; Hirai K; ...
    第45回日本分子生物学会年会/2022-11-30--2022-12-02
  • FoxO-KLF15経路を介したインスリンによる三大栄養素制御メカニズムの解明
    武内 謙憲; 矢作 直也; 會田 雄一; Mehrazad-Saber Zahra; Karkoutly Sam...
    第45回日本分子生物学会年会/2022-11-30--2022-12-02
  • FoxO-KLF15経路を介したインスリンによる三大栄養素制御メカニズムの解明
    武内 謙憲; 矢作 直也; 會田 雄一; Mehrazad-Saber Zahra; 何 敏煕; Samia K...
    第54回日本動脈硬化学会総会・学術集会/2022-07-23--2022-07-24
  • 脂質多様性の制御による神経幹細胞の自己複製能・分化能の制御機構解明
    大野 博; 松坂 賢; 林 昭夫; 島野 仁
    第58回日本臨床分子医学会/2023-04-14--2023-04-15
  • Elongation of Long-Chain Fatty Acids Is Crucial for Hematopoietic Stem Cell Engraftment and Leukemia Propagation
    Kato Takayasu; Kiyoki Yusuke; Kito Sakura; Matsuzaka ...
    64th Annual Meeting and Exposition of the American-Society-of-Hematology (ASH)/2022-12-10--2022-12-13
  • ELOVL6 regulates engraftment of hematopoietic cells through the PI3K pathway
    Kiyoki Yusuke; Kato Takayasu; Kito Sakura; Matsuzaka Tak...
    第84回日本血液学会学術集会/2022-10-14--2022-10-16
  • causal SNV探索を通じたApoA1遺伝子の新たな発現調節機構の解明
    會田 雄一; 矢作 直也; 武内 謙憲; 方波見 京香; 平井 花音; 葉 琛; 陶 都罕; Samia Kar...
    第45回日本分子生物学会年会/2022-11-30--2022-12-02
  • 筑波大学膵臓移植再開に向けての多診療科協力体制の構築
    高橋一広; 古屋欽司; 岩﨑仁; 臼井丈一; 木村友和; 西山博之; 橋本真治; 下村治; 宮﨑貴寛; 山縣邦弘; 島野仁; 小田 竜也
    第50回日本膵・膵島移植学会学術集会/2023-3-3--2023-3-4
  • 神経幹細胞の自己複製能および分化能における脂肪酸伸長酵素Elovl6の役割の解明
    大野 博; 松坂 賢; 林 昭夫; 島野 仁
    第64回日本脂質生化学会/2022-6-23--2022-6-24
  • 免疫チェックポイント阻害薬使用中に甲状腺中毒症と副腎不全を合併した2症例
    松本 なこ; 菅野 洋子; 高島 佑典; 中島 里佳子; 大内 奈美; 大澤 真理子; 村山 友樹; 大崎 芳典...
    第94回日本内分泌学会学術総会/2021-04-22--2021-04-24
  • JDCPの大血管症アウトカムに関連して
    高原 充佳; 片上 直人; 林野 泰明; 西村 理明; 鈴木 浩明; 島野 仁; 吉岡 成人; 田嶼 尚子; 山崎...
    第64回日本糖尿病学会年次学術集会/2021-05-20--2021-05-22
  • 当院におけるCOVID-19流行による糖尿病患者の血糖コントロールの変動について
    中島 里佳子; 岩﨑 仁; 高島 佑典; 大内 奈美; 松本 なこ; 大澤 真理子; 村山 友樹; 大崎 芳典; ...
    第64回日本糖尿病学会年次学術集会/2021-05-20--2021-05-22
  • more...
Intellectural property rights
  • 姿勢安定性視覚依存度指標ならびにその測定方法の発明
    鈴木 康裕; 矢作 直也; 羽田 康司; 島野 仁; 鈴木 浩明; 椿 拓海; 緑川 学
  • 依存度算出方法、依存度算出装置、依存度算出方法およびプログラム
    島野 仁
  • 依存度算出方法、依存度算出装置、依存度算出方法およびプログラム
    鈴木 康裕; 矢作 直也; 羽田 康司; 島野 仁; 鈴木 浩明; 椿 拓海; 緑川 学
Teaching
2023-10 -- 2024-02Basic Experiments in Human BiologyUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Advanced Seminar in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Advanced Seminar in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Special Practice in Human Biology IIIUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Special Practice in Human Biology IIIUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Basic Experiments in Clinical medicineUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Basic Experiments in Clinical medicineUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Special Research in Human Biology IIUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2023-12Outline of Internal MedicineUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Special Seminars in Human Biology IIUniversity of Tsukuba.
more...
Talks
  • 多価不飽和脂肪酸(PUFA)によるSREBP-1特異的な抑制機序の解明
    升田紫; 矢作直也; 武内謙憲; 和田亘弘; 呼延宜人; 李恩旭; Zahra Mehrazad Saber; 沢田義一; 村山...
    第10回機能油脂懇話会/2019-11-09--2019-11-09
  • 細胞内脂肪代謝異常と合併症(レクチャー)
    島野 仁
    第43回糖尿病学の進歩/2009-2-20--2009-2-21
  • 脂質の質に視点を置いた代謝異常と心血管病治療戦略(シンポジウム 臨床「代謝異常と心血管病」)
    島野 仁
    第21回日本血管生物医学会学術集会/2013-9-28
  • 糖脂質代謝ネットワークにおけるω3系脂肪酸の役割-SREBPとElovl-6の病態生理(シンポジウム)
    島野 仁
    第10回日本機能性食品医用学会総会/2012-12-16--2012-12-16
  • 脂肪酸組成とインスリン抵抗性:脂肪の質的側面による制御
    島野 仁
    第42回糖尿病学の進歩/2007-2-15--2007-2-15
  • 実験動物研究から見えてくる生活習慣病の基礎から治療・予防~脂質の質に視点を置いた新たな戦略~(市民公開講座)
    島野 仁
    第60回日本実験動物学会総会/2013-5-15--2013-5-17
  • 糖・脂質代謝調節における絶食応答転写因子CREBHの機能(シンポジウム)
    中川嘉; 島野 仁
    第56回日本糖尿病学会年次学術集会総会/2013-5-16--2013-5-18
  • 脂質の質に視点を置いた生活習慣病治療戦略(ランチョンセミナー)
    島野 仁
    第86回日本内分泌学会学術総会/2013-4-27
  • リピッドサイエンスからみた動脈硬化性疾患予防の展望
    島野 仁
    日本動脈硬化学会 第13回動脈硬化教育フォーラム/2013-2-3
  • New aspect of hepatic insulin resistance:fatty acid composition.
    島野仁
    第53回日本糖尿病学会年次学術集会/2010-05-28
  • Proposed Guidelines for Hypertriglyceridemia in Japan with Non-HDL Cholesterol as the Secondary Target.
    Shimano H
    第41回日本動脈硬化学会/2009-07-18
  • New aspect of abnormal tissue lipids in insulin resistance and metabolic syndrome.
    Shimano H
    From quantity to quality of lipids U.S – Japan – Vietnam Joint Scientific Meeting Nutrition and Metabolism Panel(US-Japan Cooperative Medical Science Progaram)/2008-10-28
  • 飽食、絶食時の肝臓のエネルギー代謝と転写因子ネットワーク
    島野 仁
    第29回日本肥満学会総会/2008-10-17
  • 高トリグリセリド血症の管理指標としてのnonHDLC
    島野 仁
    第40回日本動脈硬化学会会総会/2008-07-10--2008-07-11
  • 脂肪酸組成とインスリン抵抗性:脂肪の質的側面による制御
    島野 仁
    第42回糖尿病の進歩/2008-02-15
  • New aspect of abnormal tissue lipids in insulin resistance A lesson from Elovl-6 deficient mice.
    島野 仁
    Seoul Symposium on Obesity and Diabetes/2008-04-12
  • Elovl-6, a New Target for Treatment of Obesity-induced InsulinResistance 特別企画循環器疾患の先端医療とTranslational Research
    島野 仁
    第72回日本循環器学会/2008-03-01
Professional activities
-- (current)JAPAN DIABETES SOCIETY評議員
-- (current)JAPAN ATHEROSCLEROSIS SOCIETY理事長
-- (current)THE JAPAN ENDOCRINE SOCIETY代議員
-- (current)JAPAN SOCIETY OF METABOLISM AND CLINICAL NUTRITION評議員
-- (current)JAPANESE SOCIETY OF MOLECULAR MEDICINE理事長
Message
We have been studying energy sensing mechanism and transcriptional regulation of energy metabolism focusing fatty acid metabolism. We are trying to figure out molecular mechanism how excess energy induces organ dysfunction often referred as lipotoxicity leading to metabolic diseases such as diabetes and dyslipidemia precipitating atherosclerosis and find a new strategy for prevention. Recent progress in our research extends our new concept of lipotoxicity in the light of quantity and quality of lipids to a wider variety of biology fields including inflammation, neuro-brain disease, and cancer.

(Last updated: 2024-05-02)