Sekido Mitsuru

Affiliation
Faculty of Medicine
Official title
Professor
Sex
Male
Email
;28*0.)4HWS2)Q98:0:'&Q&(Q/5^
Phone
029-853-3210
Fax
029-853-3120
Research fields
Plastic surgery
Research keywords
Reconstruction
Flap
Free flap
Microsurgery
abdominal wall
radiant ulcer
hypertrophic scar
keroid
Research projects
末梢神経再生技術の形成外科領域への導入2015 -- 2016関堂 充Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for challenging Exploratory Research3,640,000Yen
皮膚創傷治癒過程におけるKeap1-Nrf2システムの役割と新規瘢痕予防薬の開発2011 -- 2013Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(B)14,560,000Yen
悪性黒色腫を標的とするハイブリッドペプチドによる新しいバイオ療法の研究開発2011 -- 2012Japan Society of for the Promotion of Science/挑戦的萌芽研究3,510,000Yen
間質血管細胞群移植による損傷腱組織再生迅速化2013 -- 2014関堂 充Japan Society for the Promotion of Science/挑戦的萌芽研究3,770,000Yen
Career history
1988-06 -- 1989-03Hokkaido UniversityDept. of Plastic and Reconstructive SurgeryResident
1989-04 -- 1990-03Asahikawa Kosei HospitalDept. of Plastic and Reconstructive SurgeryPhysician
1996-01 -- 1997-09National Cancer Center East, JapanDivision of Head and Neck SurgeryPhysician
1999-07 -- 2000-06University of KentuckyDivision of Plastic SurgeryResearch Fellow
2000-07 -- 2003-09Hokkaido University, School of MedicineDept. of Plastic and Reconstructive SurgeryPhysician
2003-10 -- 2004-03Hokkaido University , Graduate School of MedicineDept. of Plastic and Reconstructive SurgeryAssistant Professor
2004-04 -- 2005-10Hokkaido University, Graduate School of MedicineDept. of Plastic and Reconstructive SurgeryAssistant Professor
2005-11 -- 2008-07Hokkaido University, Graduate School of MedicineDept. of Plastic and Reconstructive SurgeryLecturer
2008-07 -- (current)University of TsukubaDepartment of Plastic and Reconstructive Surgery,Institute of Clinical Medicine,Graduate School of Comprehensive Human SciencesProfessor
Academic background
1982-04 -- 1988-03Hokkaido University Faculty of Medicine 医学科
Degree
2005-03PhDHokkaido University
Licenses and qualifications
1988-05医師免許
1995-02日本形成外科学会専門医
Academic societies
2008 -- (current)形成外科手術手技研究会
1988 -- (current)JAPANESE SOCIETY OF RECONSTRUCTIVE MICROSURGERY
1988 -- (current)Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery
2009 -- (current)JAPAN SOCIETY FOR SURGICAL WOUND CARE
2008 -- (current)JAPAN SOCIETY OF CRANIO-MAXILLO-FACIAL SURGERY
1996 -- (current)JAPAN SOCIETY FOR HEAD AND NECK CANCER
2008 -- (current)Japan Society of Aesthetic Plastic Surgery (JSAPS)
Articles
  • 人工物を用いた乳房一次一期再建の有用性~医療費の観点から~
    佐々木 正浩; 相原 有希子; 関堂 充; 坂東 裕子; 井口 研子; 市岡 恵美香; 原 尚人
    日本内分泌外科学会総会雑誌/39(170), 2022/6/6
  • 歯科医院のための内科学講座 全身管理・全身疾患を見据えた補綴治療のススメ(第41回) 「褥瘡って?訪問歯科診療における対応と保険請求の方法」
    玉田祟和; 関堂 充; 廣畠広実; 小島 寛; 柳川 徹
    補綴臨床/54(6)/pp.659-697, 2021-11
  • Nasal molding prevents relapse of nasal deformity after primary rhinoplasty in patients with unilateral complete cleft lip: An outcomes-based comparative study of palatal plate alone versus nasoalveolar molding
    Aihara Yukiko; Yanagawa Toru; Sasaki Masahiro; Sasaki Ka...
    CLINICAL AND EXPERIMENTAL DENTAL RESEARCH/Epub, 2021-10
  • Combination of Three Different Negative Pressure Wound Therapy Applications and Free Flap for Open Elbow Joint Injury With Extensive Burns
    Oshima Junya; Sasaki Kaoru; Aihara Yukiko; Sasaki Masahi...
    Journal of burn care & research : official publication of the American Burn Association/43(2)/pp.479-482, 2021-11-19
  • Delayed primary fascia closure of Björck grade 4 open abdomen with enteroatmospheric fistulas after repeated surgery for adhesive small bowel obstruction: a case report
    Akashi Yoshimasa; Ogawa Koichi; Sasaki Kaoru; Kim Jaejeo...
    BMC surgery/21(1)/p.333, 2021-08
  • LIGHTVISIONを用いた乳頭乳輪温存手術(NSM)後の乳輪乳頭・残存皮膚血流評価
    関堂 充; 佐々木 正浩; 相原 有希子; 埴原 弘直; 坂東 裕子; 井口 研子; 市岡 恵美香; 都島 由希...
    第29回日本乳癌学会学術総会プログラム集, 2021-06
  • 遠赤外線曝露を伴う深達性肘部熱傷の治療経験
    大島 純弥; 諌山 哲也; 佐々木 正浩; 渋谷 陽一郎; 相原 有希子; 佐々木 薫; 関堂 充
    創傷/pp.115-118, 2019-3
  • 化膿性骨髄炎に対して排膿散及湯が有効であった2例
    佐々木 薫; 佐々木 正浩; 渋谷 陽一郎; 藤田 悠気; 今井 裕季子; 相原 有希子; 関堂 充
    創傷/2/pp.61-66, 2019-2
  • Nipple Sparing Mastectomy (NSM) における自家組織を用いた乳房一次一期再建
    佐々木 正浩; 関堂 充; 相原 有希子; 佐々木 薫; 渋谷 陽一郎; 大島 純弥
    Oncoplastic Breast Surgery/5(1)/pp.1-7, 2020-03
  • Disappearance of Internal Jugular Vein Thrombosis After Use of Edoxaban Following Head and Neck Reconstruction: A Case Report
    Sasaki Masahiro; Sasaki Kaoru; Shibuya Yoichiro; Aihara ...
    JOURNAL OF SURGICAL ONCOLOGY, 2020-03
  • Free Flap Harvesting from Paralytic Lower Limb in GNE Myopathy: a Case Report
    Oshima Junya; Sasaki Kaoru; Sasaki Masahiro; Shibuya Yoi...
    SN Comprehensive Clinical Medicine, 2020-03
  • 多県合同 乳房再建セミナー
    関堂 充
    TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター, 2020-02
  • 分層植皮術の植皮片拡張におけるMEEKシステムの使用経験
    大島 純弥; 井上 貴昭; 相原 有希子; 佐々木 正浩; 佐々木 薫; 関堂 充
    熱傷/47(1)/pp.29-34, 2021-03
  • Primary Breast Reconstruction Using Autologous Tissue after Nipple Sparing Mastectomy
    佐々木 正浩; 関堂 充; 相原 有希子; 佐々木 薫; 渋谷 陽一郎; 大島 純弥
    Oncoplastic Breast Surgery/5(1)/pp.1-7, 2020
  • 歯科医院のための内科学講座 全身管理・全身疾患を見据えた補綴治療のススメ(第29回) 「舌がんの患者さんが歯科医院に来た!?」これで大丈夫!口腔がん対応 決定版<後編>
    柳川 徹; 関堂 充; 山縣 憲司; 小島 寛
    補綴臨床/52(6)/pp.553-369, 2019-11
  • A small number of residual teeth after the mandibular resection of oral cancer is associated with titanium reconstruction plate exposure
    Hirohata Hiromi; Yanagawa Toru; Takaoka Shohei; Yamagata ...
    Clinical and experimental dental research/5(5)/pp.469-475, 2019-04
  • NSM後の人工物を用いた乳房一次再建における切開線に関する検討
    佐々木 正浩; 関堂 充; 相原 有希子; 佐々木 薫; 大島 純弥; 西嶌 暁生; 大脇 倫子; 植原 弘直; ...
    第7回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会プログラム・抄録集, 2019-09
  • 大学病院における地域連携システムを生かした乳癌治療・乳房再建
    佐々木 正浩; 関堂 充; 相原 有希子; 坂東 裕子; 井口 研子; 都島 由希子; 市岡 恵美香; 原 尚人
    第7回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会プログラム・抄録集, 2019-09
  • End-to-Side Venous Anastomosis to a Ligated Vein Stump for Free Flap Transfer in Head and Neck Reconstruction
    Akazawa Toshifumi; Sekido Mitsuru; Adachi Koji; Sasaki...
    ANNALS OF PLASTIC SURGERY/83(2)/pp.180-182, 2019-08
  • A small number of residual teeth after the mandibular resection of oral cancer is associated With titanium reconstruction plate exposure
    Hiromi Hirohata; Yanagawa Toru; Takaoka Shohei; Yamagata ...
    Clin Exp Dent Res/pp.1-7, 2019-05
  • A small number of residual teeth after the mandibular resection of oral cancer is associated With titanium reconstruction plate exposure
    Hirohata Hiromi; Yanagawa Toru; Takaoka Shohei; Yamagata ...
    Clin Exp Dent Res/pp.1-7, 2019-05
  • 乳房インプラント挿入前後の非対称に対する修正術と予防
    関堂 充; 相原 有希子; 佐々木 正浩; 佐々木 薫
    The Japanese Journal of Plastic Surgery/62(8)/pp.847-855, 2019-08
  • 乳房インプラント挿入前後の非対称に対する修正術と予防
    関堂 充; 相原 有希子; 佐々木 正浩; 佐々木 薫
    形成外科/62/pp.847-855, 2019-08
  • Flexor pulley reconstruction using a transverse carpal ligament:a case report
    Oshima Junya; Sasaki Kaoru; Sekido Mitsuru
    European Jounal of Plastic Surgery/42(4)/pp.395-398, 2019-08
  • 絞扼輪症候群
    関堂 充
    形成外科 /62(増刊)/p.160, 2019-06
  • more...
Books
  • 令和4年度診療報酬改訂について
    関堂 充
    形成外科/pp.1073-1082, 2022-09
  • 皮下に発生した細粒細胞腫の3例
    大脇 倫子; 佐々木 薫; 大島 純弥; 佐々木 正浩; 渋谷 陽一郎; 相原 有希子; 関堂 充
    日本形成外科学会会誌/日本形成外科学会, 2022-02
  • Delayed primary fascia closure of BjÖrck grade 4 open abdomen with enteroatmospheric fistula After repeated surgery for adhesive small bowel obstruction: a case report
    Sekido Mitsuru
    BMC Surgery, 2021-08
  • Aesthetic reconstruction for syndactyly using the “gradation skin graft” from the plantar instep Area
    Sekido Mitsuru
    Jounal of Plastic,Reconstructive & Aesthetic Surgery/pp.3371-3376, 2021-12
  • Quantitative evaluation and midterm progress of reconstructed toe thickness in lateral ray polydactyly of the foot
    Sekido Mitsuru
    The Journal of Foot and Ankle Surgery, 2021-11
  • Combination of three different negative pressure wound therapy applications and free flap for open elbow joint injury with extensive burns
    Sekido Mitsuru
    Journal of Burn Care & Research.Online first/pp.479-482, 2022-03
  • Squamous cell carcinoma arising from an ischial pressure ulcer initially suspected to be necrotizing soft tissue infection:A case report
    Sekido Mitsuru
    Journal of Tissue Viability/pp.621-625, 2021-11
  •  遊離皮弁による足の再建
    関堂 充
    PEPARS/全日本病院出版会/pp.21-29, 2021-06
  • 頭頸部再建 1-3
    関堂 充
    外鼻.形成外科治療手技全書Ⅵ再建外科/克誠堂出版/pp.23-33, 2021-04
  • 帝王切開瘢痕のある下腹部皮弁での乳房再建症例の検討
    関堂 充
    Oncoplastic Breast Surgery6, 2021
  • A tumor of IgG4-related skin disease on a forehead with relapse 3 years after resection AAD Case Rep
    Akazawa Toshifumi; Sekido Mitsuru; Adachi Koji; Aihara Y...
    Journal of the American Academy of Dermatology/pp.9-11, 2021-10
  • MEEK™システム
    大島 純弥; 関堂 充
    救急医学, 2021-10
  • JSW scar scaleによる放射線療法適応基準化への挑戦
    今井 裕季子; 大島 純弥; 渋谷 陽一郎; 佐々木 正浩; 佐々木 薫; 相原 有希子; 関堂 充
    瘢痕・ケロイド治療ジャーナル/pp.18-20, 2021-07
  • Head,neck and chest reconstruction using cervicalvessel as a vein graft
    Akazawa Toshifumi; Sekido Mitsuru; Sasaki Kaoru; Aihara ...
    Journal of Plastic,Reconstructive & Aesthetic Surgery/pp.1636-1638, 2021-07
  • 遊離皮弁による足の再建
    関堂 充; 佐々木 薫
    PEPARS, 2021-06
  • 乳房インプラントsilent ruptureの経験
    菅間 大樹; 相原 有希子; 佐々木 正浩; 小泉 恵; 御園 希; 明星 里沙; 大島 純弥; 佐々木 薫; 関堂 充
    Oncoplastic Breast Surgery 4/pp.17-23, 2021-02
  • 頭頸部再建
    関堂 充
    外鼻.形成外科治療手技全書Ⅵ再建外科/pp.23-30, 2021-04
  • Giant Ganglion Cyst Arising from lliac Wing,an Atypical Site
    Oshima junya; Imai Yukiko; Sasaki Kaoru; Sekido Mitsuru
    Indian Journal of Plastic Surgery, 2021-03
  • Surgical management and postoperative evaluation based on morphological classification in       Central polydactyly of the foot
    Sekido Mitsuru
    Journal of Plastic Reconstructive & Aesthetic Surgery, 2020-12
  • Salvaging exposed microtia cartilage framework with negative pressure wound therapy
    sasaki Kaoru; Oshima Junya; Nishijima Akio; Aihara Yukik...
    Journal of Plastic Reconstructive & Aesthetic Surgery, 2020-11
  • Visualization of microstructural change affected by mechanical stimulation in tendon healing With a novel tensionless model
    Oshima Junya; Kaoru Sasaki; Yamamoto Naoto; Kiyosawa Tom...
     Microscopy,Onlinefirst/pp.186-191, 2021-04
  • Total upper and lower eyelid reconstruction using periosteal flap canthoplasty combined with Auricular cartilage and oral mucosa grafts
    Kaoru Sasaki; Fujita Yuki; Imai Yukiko; Oshima Junya; Sas...
    European Joumal of Plastic Surgery/pp.83-86, 2020-12
  • 間欠モードの局所陰圧閉鎖療法(NPWT)で治療効果を得た末梢循環不全を伴う足趾切断術後の4症例
    相原 有希子; 佐々木 正浩; 西嶌 暁生; 大島 純弥; 佐々木 薫; 関堂 充
    創傷/pp.216-221, 2020-10
  •  頬骨骨折における吸収性プレートとKirschnerワイヤーを用いたハイブリッド固定法の検討
    佐々木 薫; 佐々木 正浩; 大島 純弥; 明星 里沙; 相原 有希子; 関堂 充
    日本頭蓋顎顔面学会誌/pp.89-98, 2020-09
  • 外側大腿回旋動脈横行枝を逆行性に移植床動脈と吻合した遊離前外側大腿皮弁による頬粘膜再建の1例
    阿部 加代子; 佐々木 薫; 佐々木 正浩; 明星 里沙; 相原 有希子; 関堂 充
    日本マイクロサージャリー学会会誌/pp.251-255, 2020-12
  • more...
Conference, etc.
  • 当科におけるMEEKの使用経験
    関堂 充
    第4回WOUND BED PREPARATION研究会/2022-08-06--2022-08-06
  • 2022年度診療報酬改定の解説—形成外科分野における改訂
    関堂 充
    第65回日本形成外科学会総会・学術集会/2022-04-20--2022-04-22
  • 全身熱傷を伴う四肢深逹性熱傷への陰圧閉鎖療法 -ハイドロコロイドによる乏正常皮膚部のシーリング-
    大島 純弥; 菅間 大樹; 相原 有希子; 佐々木 正浩; 渋谷 陽一郎; 佐々木 薫; 関堂 充
    第14回日本創傷外科学会・学術集会/2022-07-14--2022-07-15
  • 「Apert症候群に合併した合指症の1例」
    佐々木 薫; 大島 純弥; 吉武 彰子; 齋藤 かれん; 田村 文一; 小泉 恵; 菅間 大樹; 関堂 充
    「Apert症候群に合併した合指症の1例」/2022-07-21--2022-07-21
  • Hypothenar Hammer Syndromeによる尺骨動脈、浅掌動脈弓広範囲狭窄に対して動脈バイパスを行った1例
    田村 文一; 佐々木 薫; 大島 純弥; 佐々木 正浩; 渋谷 陽一郎; 相原 有希子; 手口 円花; 濱崎 七海; 齋藤 かれん...
    第14回日本創傷外科学会・学術集会/2022-07-14--2022-07-15
  • 当院におけるMEEKシステムの使用経験
    濱崎 七海; 大島 純弥; 相原 有希子; 佐々木 正浩; 渋谷 陽一郎; 佐々木 薫; 関堂 充
    第65回日本形成外科学会総会・学術集会/2022-04-20--2022-04-22
  • 足関節ブロックでの足切断の有用性と安全性
    手口 円花; 相原 有希子; 埴原 弘直; 佐々木 薫; 佐々木 正浩; 渋谷 陽一郎; 大島 純弥; 関堂 充
    第65回日本形成外科学会総会・学術集会/2022-04-20--2022-04-22
  • bilateral bipedicle flapと皮弁採取部人工真皮移植による脊髄髄膜瘤軟部組織再建
    大島 純弥; 佐々木 薫; 相原 有希子; 佐々木 正浩; 渋谷 陽一郎; 関堂 充
    第65回日本形成外科学会総会・学術集会/2022-04-20--2022-04-22
  • 中手骨型母指多指症の症例の検討と当科の試み
    佐々木 薫; 大島 純弥; 佐々木 正浩; 渋谷 陽一郎; 相原 有希子; 関堂 充
    第65回日本形成外科学会総会・学術集会/2022-04-20--2022-04-22
  • ハイドロコロイドドレッシング材を用いた小児耳介変形の矯正法
    齋藤 かれん; 佐々木 薫; 相原 有希子; 佐々木 正浩; 渋谷 陽一郎; 大島 純弥; 関堂 充
    第65回日本形成外科学会総会・学術集会/2022-04-20--2022-04-22
  • Nipple-Sparing Mastectomy術後の人工物による再建乳房の感覚回復に関する検討
    佐々木 正浩; 相原 有希子; 大島 純弥; 佐々木 薫; 渋谷 陽一郎; 手口 円花; 田村 文一; 関堂 充
    第65回日本形成外科学会総会・学術集会/2022-04-20--2022-04-22
  • 人工物を用いた乳房一次一期再建の有用性〜医療費の観点から
    田村 文一; 佐々木 正浩; 相原 有希子; 大島 純弥; 佐々木 薫; 渋谷 陽一郎; 手口 円花; 関堂 充
    第65回日本形成外科学会総会・学術集会/2022-04-20--2022-04-22
  • 遊離腓骨皮弁を用いた下顎再建術におけるProximal perforatorの有用性
    佐々木 薫; 佐々木 正浩; 大島 純弥; 渋谷 陽一郎; 相原 有希子; 関堂 充
    第65回日本形成外科学会総会・学術集会/2022-04-20--2022-04-22
  • 上甲状腺動脈を移植床動脈に用いた頭頸部再建における放射線照射例の術後甲状腺機能
    佐々木 正浩; 佐々木 薫; 大島 純弥; 相原 有希子; 渋谷 陽一郎; 手口 円花; 田村 文一; 関堂 充
    第65回日本形成外科学会総会・学術集会/2022-04-20--2022-04-22
  • CLTIにおけるWifl分類と歩行機能について
    相原 有希子; 佐々木 薫; 佐々木 正浩; 渋谷 陽一郎; 大島 純弥; 手口 円花; 田村 文一; 関堂 充
    第65回日本形成外科学会総会・学術集会/2022-04-20--2022-04-22
  • 当科における末節骨型母指多指症の治療方針
    大島 純弥; 佐々木 薫; 相原 有希子; 関堂 充
    第65回日本手外科学会学術集会/2022-04-14--2022-04-15
  • MP関節不安定に対して切除指屈筋腱を用いて側副靭帯再建を行った中手骨型母指多指症の検討
    佐々木 薫; 大島 純弥; 相原 有希子; 田村 文一; 齋藤 かれん; 関堂 充
    第65回日本手外科学会学術集会/2022-04-14--2022-04-15
  •  治療に難渋したComelia de Lange Syndrome を伴う母子多指症の1例
    佐々木 薫; 大島 純弥; 相原 有希子; 田村 文一; 齋藤 かれん; 関堂 充
    第36回東日本手外科研究会/2022-03-05
  • 神経ブロック治療を併用した膠原病合併CLTI治療
    相原 有希子; 佐々木 正浩; 佐々木 薫; 渋谷 陽一郎; 大島 純弥; 齋藤 かれん; 関堂 充
    第14回日本創傷外科学会・学術集会/2022-07-14--2022-07-15
  • 人工物を用いた乳房一次一期再建の有用性~医療費の観点から~
    佐々木 正浩; 相原 有希子; 関堂 充; 坂東 裕子; 井口 研子; 市岡 恵美香; 原 尚人
    第34回日本内分泌外科学会総会/2022/6/23--2022/6/25
  • 治療に難渋したComelia de Lange Syndrome を伴う母指多指症の1例
    佐々木 薫; 大島 純弥; 相原 有希子; 田村 文一; 齋藤 かれん; 関堂 充
    第36回東日本手外科研究会/2022-03-05--2022-03-05
  • Allergan Inspiraを用いた乳房再建における乳房下溝(IMF)固定の工夫
    関堂 充
    第4回関東オンラインサロン/2021-11-20--2021-11-20
  •  超音波デブリードマンが有効であった静脈うっ滞性潰瘍の1例
    相原 有希子; 大島 純弥; 齋藤 かれん; 濱崎 七海; 田村 文一; 手口 円花; 渋谷 陽一郎; 佐々木 正浩; 佐々木 薫...
    第6回i-PAD footcare meeting/2021-12-6--2021-12-6
  • 腓骨皮弁採取後に深部静脈血栓症を起因とするヒラメ筋壊死を生じた1例
    明星 里沙; 佐々木 薫; 佐々木 正浩; 大島 純弥; 相原 有希子; 渋谷 陽一郎; 関堂 充
    第48回日本マイクロサージャリー学会学術集会・第5回アジア太平洋マイクロサージャリー学会/2021-12-1--2021-12-4
  • 腓骨皮弁採取後に深部静脈血栓症を起因とするヒラメ筋壊死を生じた1例
    明星 里沙; 佐々木 薫; 佐々木 正浩; 大島 純弥; 相原 有希子; 渋谷 陽一郎; 関堂 充
    第48回日本マイクロサージャリー学会学術集会・第5回アジア太平洋マイクロサージャリー学会/2021-12-1--2021-12-4
  • more...
Teaching
2022-10 -- 2022-12A Guide to Plastic and Reconstructive SurgeryUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-08Seminar in Surgery IIUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Advanced Seminar in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-08Advanced Seminar in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Seminar in Surgery IIUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-08Lecture and Discussion in Surgery IUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-08Seminar in Surgery IUniversity of Tsukuba.
2022-04 -- 2022-08Practice in Surgery IUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Practice in Surgery IIUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2023-02Lecture and Discussion in Surgery IIUniversity of Tsukuba.
more...
Talks
  • 乳房下溝の形成
    関堂 充
    第2回関東オンラインサロン/2021-03-09--2021-03-09
Professional activities
2008 -- (current)形成外科手術手技研究会理事
2005 -- (current)JAPANESE SOCIETY OF RECONSTRUCTIVE MICROSURGERYMember

(Last updated: 2022-10-18)