Sekido Mitsuru

Affiliation
Institute of Medicine
Official title
Professor
Sex
Male
Email
I$*z" y&:IE$yC+*,",wvCvxC!'P
Phone
029-853-3210
Fax
029-853-3120
Research fields
Plastic surgery
Research keywords
Reconstruction
Flap
Free flap
Microsurgery
abdominal wall
radiant ulcer
hypertrophic scar
keroid
Research projects
末梢神経再生技術の形成外科領域への導入2015 -- 2016関堂 充Japan Society for the Promotion of Science/Grant-in-Aid for challenging Exploratory Research3,640,000Yen
皮膚創傷治癒過程におけるKeap1-Nrf2システムの役割と新規瘢痕予防薬の開発2011 -- 2013Japan Society of for the Promotion of Science/基盤研究(B)14,560,000Yen
悪性黒色腫を標的とするハイブリッドペプチドによる新しいバイオ療法の研究開発2011 -- 2012Japan Society of for the Promotion of Science/挑戦的萌芽研究3,510,000Yen
間質血管細胞群移植による損傷腱組織再生迅速化2013 -- 2014関堂 充Japan Society for the Promotion of Science/挑戦的萌芽研究3,770,000Yen
Career history
1988-06 -- 1989-03Hokkaido UniversityDept. of Plastic and Reconstructive SurgeryResident
1989-04 -- 1990-03Asahikawa Kosei HospitalDept. of Plastic and Reconstructive SurgeryPhysician
1996-01 -- 1997-09National Cancer Center East, JapanDivision of Head and Neck SurgeryPhysician
1999-07 -- 2000-06University of KentuckyDivision of Plastic SurgeryResearch Fellow
2000-07 -- 2003-09Hokkaido University, School of MedicineDept. of Plastic and Reconstructive SurgeryPhysician
2003-10 -- 2004-03Hokkaido University , Graduate School of MedicineDept. of Plastic and Reconstructive SurgeryAssistant Professor
2004-04 -- 2005-10Hokkaido University, Graduate School of MedicineDept. of Plastic and Reconstructive SurgeryAssistant Professor
2005-11 -- 2008-07Hokkaido University, Graduate School of MedicineDept. of Plastic and Reconstructive SurgeryLecturer
2008-07 -- (current)University of TsukubaDepartment of Plastic and Reconstructive Surgery,Institute of Clinical Medicine,Graduate School of Comprehensive Human SciencesProfessor
Academic background
1982-04 -- 1988-03Hokkaido University Faculty of Medicine 医学科
Degree
2005-03PhDHokkaido University
Licenses and qualifications
1988-05医師免許
1995-02日本形成外科学会専門医
Academic societies
2008 -- (current)形成外科手術手技研究会
1988 -- (current)JAPANESE SOCIETY OF RECONSTRUCTIVE MICROSURGERY
1988 -- (current)Japan Society of Plastic and Reconstructive Surgery
2009 -- (current)JAPAN SOCIETY FOR SURGICAL WOUND CARE
2008 -- (current)JAPAN SOCIETY OF CRANIO-MAXILLO-FACIAL SURGERY
1996 -- (current)JAPAN SOCIETY FOR HEAD AND NECK CANCER
2008 -- (current)Japan Society of Aesthetic Plastic Surgery (JSAPS)
Articles
  • Therapeutic potential of adipose-derived stem cell conditioned medium and extracellular vesicles in an in vitro radiation-induced skin injury model.
    Lin Zhixiang; Shibuya Yoichiro; Imai Yukiko; Oshima J...
    International Journal of Molecular Sciences/24(24), 2023-12
  • A tumor of IgG4-related skin disease on a forehead with relapse 3 years after resection
    Akazawa Toshifumi; Sekido Mitsuru; Adachi Koji; Aihara...
    JAAD case reports/16/pp.9-11, 2021-10-01
  • 乳頭乳輪温存乳房切除術の安全性の検討と手術手技の工夫
    坂東 裕子; 井口 研子; 岡崎 舞; 上田 文; 橋本 幸枝; 佐藤 璃子; 松尾 知平; 佐々木正浩; 相原有希...
    第11回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会プログラム/pp.30-30, 2023/9/21
  • Therapeutic Potential of Adipose Stem Cell-Derived Conditioned Medium on Scar Contraction Model.
    Imai Yukiko; Mori Nobuhito; Nihashi Yuma; Kumagai Yut...
    Biomedicines/10(10)/p.2388, 2022-09
  • Hydrocolloid Wound Dressing for Sealing Periwound With Poor Normal Skin: Negative Pressure Wound Therapy for Deep Limb Burns With Extensive Burns
    Oshima Junya; Kamma Taiki; Inoue Yoshiaki; Shibuya Yo...
    Wound Management & Prevention/pp.1-4, 2023-06
  • Examination of Sensory Recovery of Breasts Reconstructed With Silicone Breast Implants After Nipple-Sparing Mastectomy.
    Sasaki Masahiro; Aihara Yukiko; Sasaki Kaoru; Oshima ...
    Plastic Surgery, 2023-04
  • 人工物を用いた乳房一次一期再建の有用性〜医療費の観点から〜
    佐々木 正浩; 田村 文一; 相原 有希子; 佐々木 薫; 大島 純弥; 渋谷 陽一郎; 川口 謙太郎; 吉武 彰子; 関堂 充
    日本形成外科学会誌/43(1)/pp.1-5, 2023-01
  •  術後に外眼筋麻痺を認めたmissing rectus signを伴う線状型眼窩内側壁骨折の1例
    小泉 恵; 佐々木 薫; 佐々木 正浩; 大島 純弥; 相原 有希子; 関堂 充
    日本頭蓋顎顔面外科学会誌/38(3)/pp.106-112, 2022-09
  • 乳房再建患者における乳頭乳輪再建率の調査
    御薗 希; 関堂 充; 相原 有希子; 佐々木 正浩; 佐々木 薫; 大島 純弥; 明星 里沙; 菅間 大樹
    Oncoplastic Breast Surgery/7(2)/pp.37-41, 2022-06
  • 鎖骨上窩に発生した単中心性キャッスルマン病の1例
    濱崎 七海; 赤澤 俊文; 関堂 充
    日本形成外科学会会誌/42(4)/pp.179-187, 2022-04
  • インドシアニングリーン蛍光造影法を用いた乳頭乳輪温存  乳房切除後の皮膚血流および再建遊離皮弁血流の検討
    埴原 弘直; 相原 有希子; 佐々木 正浩; 佐々木 薫; 大島 純弥; 明星 里沙; 関堂 充
    日本形成外科学会会誌/42(4)/pp.165-173, 2022-04
  • Combination of Three Different Negative Pressure Wound Therapy Applications and Free Flap for Open Elbow Joint Injury With Extensive Burns
    Oshima Junya; Sasaki Kaoru; Aihara Yukiko; Sasaki Masahi...
    Journal of Burn Care & Research/43(2)/pp.479-482, 2022-03
  • Quantitative Evaluation and Midterm Progress of Reconstructed Toe Thickness in Lateral Ray Polydactyly of the Foot
    Oshima Junya; Sasaki Kaoru; Sasaki Masahiro; Aihara Yuki...
    JOURNAL OF FOOT & ANKLE SURGERY/61(4)/pp.841-844, 2022-07
  • Abscess formation caused by a foreign body reaction to a poly-D,L-lactic acid(PDLLA) absorbable plate for zygomaticomaxillary complex(ZMC)fracture
    Tamura Fumikazu; Sasaki Kaoru; Oshima Junya; Hanihara Hi...
    Bulletin of the National Research Centre/46, 2022-12
  • Accessory columellas: A case series on surgical method and short-term postoperative course
    Oshima Junya; Sasaki Kaoru; Aihara Yukiko; Myojo Risa; Sa...
    Journal of Plastic,Reconstructive & Aesthetic Surgery, 2022-08
  • Accessory columellas: A case series on surgical method and short-term postoperative course
    Oshima Junya; Sasaki Kaoru; Aihara Yukiko; Myojo Risa...
    JOURNAL OF PLASTIC RECONSTRUCTIVE AND AESTHETIC SURGERY/75(12)/pp.4478-4483, 2022-08
  • 皮下に発生した顆粒細胞腫の3例
    大脇 倫子; 佐々木 薫; 大島 純弥; 佐々木 正浩; 渋谷 陽一郎; 相原 有希子; 関堂 充
    日本形成外科学会会誌/42(2)/pp.73-83, 2022-02
  • 第2回スーパーマイクロサージャリー血管吻合コンテスト実施報告
    大島 純弥; 関堂 充; 明星 里沙; 佐々木 正浩; 佐々木 薫
    日本マイクロサージャリー学会会誌/35(2)/pp.51-57, 2022-06
  • Proximal perforatorを用いた遊離腓骨皮弁による下顎再建術の1例
    三宅 志歩; 佐々木 薫; 明星 里沙; 佐々木 正浩; 大島 純弥; 渋谷 陽一郎; 相原 有希子; 関堂 充
    日本マイクロサージャリー学会会誌/35(1)/pp.1-8, 2022-03
  • 人工物を用いた乳房一次一期再建の有用性~医療費の観点から~
    佐々木 正浩; 相原 有希子; 関堂 充; 坂東 裕子; 井口 研子; 市岡 恵美香; 原 尚人
    日本内分泌外科学会総会雑誌/39(170), 2022/6/6
  • 歯科医院のための内科学講座 全身管理・全身疾患を見据えた補綴治療のススメ(第41回) 「褥瘡って?訪問歯科診療における対応と保険請求の方法」
    玉田祟和; 関堂 充; 廣畠広実; 小島 寛; 柳川 徹
    補綴臨床/54(6)/pp.659-697, 2021-11
  • Nasal molding prevents relapse of nasal deformity after primary rhinoplasty in patients with unilateral complete cleft lip: An outcomes-based comparative study of palatal plate alone versus nasoalveolar molding
    Aihara Yukiko; Yanagawa Toru; Sasaki Masahiro; Sasaki Ka...
    CLINICAL AND EXPERIMENTAL DENTAL RESEARCH/Epub, 2021-10
  • Combination of Three Different Negative Pressure Wound Therapy Applications and Free Flap for Open Elbow Joint Injury With Extensive Burns
    Oshima Junya; Sasaki Kaoru; Aihara Yukiko; Sasaki Masahi...
    Journal of burn care & research : official publication of the American Burn Association/43(2)/pp.479-482, 2021-11-19
  • Delayed primary fascia closure of Björck grade 4 open abdomen with enteroatmospheric fistulas after repeated surgery for adhesive small bowel obstruction: a case report
    Akashi Yoshimasa; Ogawa Koichi; Sasaki Kaoru; Kim Jaejeo...
    BMC surgery/21(1)/p.333, 2021-08
  • LIGHTVISIONを用いた乳頭乳輪温存手術(NSM)後の乳輪乳頭・残存皮膚血流評価
    関堂 充; 佐々木 正浩; 相原 有希子; 埴原 弘直; 坂東 裕子; 井口 研子; 市岡 恵美香; 都島 由希...
    第29回日本乳癌学会学術総会プログラム集, 2021-06
  • more...
Books
  • Myotarsocutaneous flap を用いた脂腺癌切除後上眼瞼全層再建の経験
    大島純弥; 佐々木薫; 佐々木正浩; 明星里沙; 相原有希子; 関堂 充
    日本頭蓋顎顔面外科学会誌/pp.65-71, 2021-07
  • 29.乳房再建 乳房インプラント 自家組織移植
    関堂 充
    専門医取得に必要な形成外科手技37/pp.273-288, 2023-03
  • 長期間無症状のまま経過した殿部巨大皮下異物の1例
    関堂 充
    専門医取得に必要な形成外科手技37/pp.251-262, 2023-03
  • 長期間無症状のまま経過した殿部巨大皮下異物の1例
    大脇 倫子; 赤澤 俊文; 関堂 充
    創傷/pp.1-7, 2023-01
  • 形成外科における顔面欠損部の再建(局所皮弁を利用して)
    赤澤 俊文; 関堂 充
    茨城県医師会報/pp.34-36, 2022-12
  • 頭頸部・消化管再建における切除・再建の基礎知識
    関堂 充
    形成外科/pp.1377-1390, 2022-12
  • 令和4年度 診療報酬改訂について
    関堂 充
    形成外科/pp.1074-1082, 2022-09
  • こんなマニュアルが欲しかった!形成外科基本マニュアル[2] マイクロサージャリーにおける術前・術中・術後管理
    関堂 充
    PEPARS/pp.65-70, 2022-11
  • 術中写真で示す耳介再建フレームワークの手技の実際
    佐々木 薫; 関堂 充
    形成外科/pp.1259-1270, 2022-11
  • 下肢の人工物露出に対する形成外科的対応
    大島 純弥; 佐々木 薫; 渋谷 陽一郎; 柳澤 洋平; 植村 健太; 関堂 充
    形成外科/pp.517-527, 2022-05
  • Convenient Treatment of Lateral Malleolar Refractory Ulcers Using Perifascial Areolar Tissue Graft and Integra Dermal Regeneration Templat
    Akazawa Toshifumi; Sekido Mitsuru
    Indian Journal Surgery, 2022
  • The lathe-rest principle for supermicrosurgery: A tip to obviate hand tremor
    Oshima Junya; Sasaki Kaoru; Sekido Mitsuru
    Hand Microsurg./pp.116-117, 2022-07
  • A Novel Model of Perifascial Areolar Tissue Transplant in Rats
    Oshima Junya; Sekido Mitsuru; Sasaki Kaoru; Shibuya Yoic...
    Indian Journal of Plastic Surgery.55(3), 2022-09
  • 令和4年度診療報酬改訂について
    関堂 充
    形成外科/pp.1073-1082, 2022-09
  • 皮下に発生した細粒細胞腫の3例
    大脇 倫子; 佐々木 薫; 大島 純弥; 佐々木 正浩; 渋谷 陽一郎; 相原 有希子; 関堂 充
    日本形成外科学会会誌/日本形成外科学会, 2022-02
  • Delayed primary fascia closure of BjÖrck grade 4 open abdomen with enteroatmospheric fistula After repeated surgery for adhesive small bowel obstruction: a case report
    Sekido Mitsuru
    BMC Surgery, 2021-08
  • Aesthetic reconstruction for syndactyly using the “gradation skin graft” from the plantar instep Area
    Sekido Mitsuru
    Jounal of Plastic,Reconstructive & Aesthetic Surgery/pp.3371-3376, 2021-12
  • Quantitative evaluation and midterm progress of reconstructed toe thickness in lateral ray polydactyly of the foot
    Sekido Mitsuru
    The Journal of Foot and Ankle Surgery, 2021-11
  • Combination of three different negative pressure wound therapy applications and free flap for open elbow joint injury with extensive burns
    Sekido Mitsuru
    Journal of Burn Care & Research.Online first/pp.479-482, 2022-03
  • Squamous cell carcinoma arising from an ischial pressure ulcer initially suspected to be necrotizing soft tissue infection:A case report
    Sekido Mitsuru
    Journal of Tissue Viability/pp.621-625, 2021-11
  •  遊離皮弁による足の再建
    関堂 充
    PEPARS/全日本病院出版会/pp.21-29, 2021-06
  • 頭頸部再建 1-3
    関堂 充
    外鼻.形成外科治療手技全書Ⅵ再建外科/克誠堂出版/pp.23-33, 2021-04
  • 帝王切開瘢痕のある下腹部皮弁での乳房再建症例の検討
    関堂 充
    Oncoplastic Breast Surgery6, 2021
  • A tumor of IgG4-related skin disease on a forehead with relapse 3 years after resection AAD Case Rep
    Akazawa Toshifumi; Sekido Mitsuru; Adachi Koji; Aihara Y...
    Journal of the American Academy of Dermatology/pp.9-11, 2021-10
  • MEEK™システム
    大島 純弥; 関堂 充
    救急医学, 2021-10
  • more...
Conference, etc.
  • 直腸肛門部がん手術における筋皮弁再建
    永井志歩; 榎本剛史; 瀬底司; 佐久間大樹; 横倉唯; 河原将人; 山中俊; 蒲原知斗; 北口 大地; 古屋欽...
    第 252 回茨城外科学会/2023-5-20--2023-5-20
  • 乳頭乳輪温存乳房切除術の安全性の検討と手術手技の工夫
    坂東 裕子; 井口 研子; 岡崎 舞; 上田 文; 橋本 幸枝; 佐藤 璃子; 松尾 知平; 佐々木...
    第11回日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会総会/2023/9/21--2023/9/22
  • A pilot study of regeneration of damaged peripheral nerves by human iPSC-derived peripheral neuron/ nerve progenitors
    Shibuya Yoichiro; Sasaki Masahiro; Takayama Yuzo; Lin  Z...
    第31回日本形成外科学会基礎学術集会/2022-10-13--2022-10-14
  • 長期経過2症例から考える母指多指症の治療〜アライメントと安定性〜
    佐々木 薫; 大島 純弥; 吉武 彰子; 濱崎 七海; 川口 謙太郎; 岡田 朋之; 鎌谷 花奈; 関堂 充
    第16回筑波大学形成外科同門会/2023-03-12--2023-03-12
  • 汚染が疑われる眼窩部複合組織損傷に対し、一期的に再建した1例
    手口 円花; 佐々木 薫; 大島 純弥; 佐々木 正浩; 渋谷 陽一郎; 相原 有希子; 関堂 充
    第16回筑波大学形成外科同門会/2023-03-12--2023-03-12
  • 逆行性外側上腕皮弁による再建を行った肘関節皮膚悪性腫瘍の1例
    埴原 弘直; 玉田 崇和; 関堂 充
    第16回筑波大学形成外科同門会/2923-03-12--2923-03-12
  • 耳下腺腫瘍切除後の顔面神経露出に対する上方茎胸鎖乳突筋弁の経験
    関堂 充; 赤澤 俊文; 御薗 希
    第16回筑波大学形成外科同門会/2023-03-12--2023-03-12
  • MEEK™システムRECELL®の併用による上肢3度熱傷の治療経験
    吉武 彰子; 大島 純弥; 井上 貴昭; 関堂 充
    第31回日本熱傷学会関東地方会/2023-02-04--2023-02-04
  • Hypothenar Hammer Syndrome による尺骨動脈・浅掌動脈弓の広範囲狭窄に対して動脈バイパスを行った1例
    田村 文一; 佐々木 薫; 大島 純弥; 渋谷 陽一郎; 佐々木 正浩; 相原 有希子; 関堂 充
    第37回東日本手外科研究会/2023-01-28--2023-01-28
  • 「両側母指形成不全の1例〜母指示合指症への対応〜」
    佐々木 薫; 大島 純弥; 吉武 彰子; 佐々木 正浩; 渋谷 陽一郎; 相原 有希子; 関堂 充
    第21回関東上肢先天異常症例検討会/2023-01-19--2023-01-19
  • 人工物を用いた乳房一次再建におけるネオベールシートの使用経験
    佐々木 正浩; 関堂 充; 相原 有希子; 大島 純弥; 佐々木 薫; 渋谷 陽一郎; 川口 謙太郎; 吉武 彰子
    第28回日本形成外科手術手技学会/2023-03-04--2023-03-04
  • ビデオシンポジウム6 顔面形成術 健側を模した小耳症耳介形成術
    関堂 充; 佐々木 薫
    第28回日本形成外科手術手技学会/2023-03-04--2023-03-04
  • 頭部人工毛植毛により頭蓋骨壊死を来した1例
    佐々木 正浩; 吉武 彰子; 相原 有希子; 佐々木 薫; 大島 純弥; 渋谷 陽一郎; 川口 謙太郎; 岡田 朋之; 鎌谷 花奈...
    第40回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会/2022-11-17--2022-11-18
  •  全身熱傷を伴う四肢深逹性熱傷への陰圧閉鎖療法 -ハイドロコロイドによる乏正常皮膚部のシーリング-
    大島 純弥; 菅間 大樹; 相原 有希子; 佐々木 正浩; 渋谷 陽一郎; 佐々木 薫; 関堂 充
    第14回日本創傷外科学会・学術集会/2022-07-14--2022-07-15
  • 腓骨皮弁術後における深部静脈血栓症の検討
    佐々木 薫; 佐々木 正浩; 大島 純弥; 相原 有希子; 川口 謙太郎; 吉武 彰子; 岡田 朋之; 鎌谷 花奈; 渋谷 陽一郎...
    第49回日本マイクロサージャリー学会学術集会/2022-12-01--2022-12-02
  • ヒトiPSC由来末梢神経系細胞の動物モデルへの移植による末梢神経再生
    渋谷 陽一郎; 佐々木 正浩; 高山 祐三; 林 智翔; 今井 裕季子; 大島 純弥; 佐々木 薫; 相原 有希子; 関堂 充; ...
    第49回日本マイクロサージャリー学会学術集会/2022-12-01--2022-12-02
  • プロントザンで効果的に治療できた褥瘡症例
    相原 有希子; 岡田 朋之; 川口 謙太郎; 佐々木 正浩; 佐々木 薫; 渋谷 陽一郎; 大島 純弥; 吉武 彰子; 鎌谷 花奈...
    第19回日本褥瘡学会関東甲信越地方会学術集会/2022-11-26--2022-11-26
  • 眼窩内神経繊維腫を伴うNeurofibromatosis1型に対して腫瘍切除を行った1例
    田村 文一; 佐々木 薫; 大島 純弥; 佐々木 正浩; 渋谷 陽一郎; 相原 有希子; 手口 円花; 濱崎 七海; 齋藤 かれん...
    第40回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会/2022-11-17--2022-11-18
  • 繰り返す機械的刺激に起因する重度下眼瞼外反の一例
    岡田 朋之; 佐々木 薫; 大島 純弥; 渋谷 陽一郎; 佐々木 正浩; 相原 有希子; 川口 謙太郎; 吉武 彰子; 鎌谷 花奈...
    第40回日本頭蓋顎顔面外科学会学術集会/2022-11-17--2022-11-18
  • 人工肘関節露出に対し下尺側副動脈穿通枝皮弁と術後皮弁上陰圧閉鎖療法で治療した一例
    川口 謙太郎; 大島 純弥; 佐々木 薫; 吉武 彰子; 鎌谷 花奈; 岡田 朋之; 佐々木 正浩; 渋谷 陽一郎; 相原 有希子...
    第20回茨城形成外科研究会/2022-11-12--2022-11-12
  • 肩甲胸郭関節に生じた滑液包炎の1例
    関堂 充
    第20回茨城形成外科研究会/2022-11-12--2022-11-12
  • 血管柄付き趾骨移植により趾延長を行った小趾列多趾症の一例
    吉武 彰子; 佐々木 薫; 川口 謙太郎; 岡田 朋之; 鎌谷 花奈; 大島 純弥; 佐々木 正浩; 相原 有希子; 渋谷 陽一郎...
    第20回茨城形成外科研究会/2022-11-12--2022-11-12
  • 新生児期に切除を行い10年後に耳介形成術を行った乳児血管腫の1例
    佐々木 薫; 中山 凱夫; 関堂 充
    第5回日本耳介再建学会/2022-11-04--2022-11-05
  • Nipple-Sparing Mastectomy術後の人工物による再建乳房の知覚に関する検討
    佐々木 正浩; 相原 有希子; 濱崎 七海; 大島 純弥; 佐々木 薫; 渋谷 陽一郎; 川口 謙太郎; 吉武 彰子; 岡田 朋之...
    第10回日本乳房オンコプラスティックサージャリー/2022-10-27--2022-10-28
  • 遊離DIEP皮弁による再建乳房・採取部に低温熱傷を生じた1例
    手口 円花; 相原 有希子; 佐々木 正浩; 大島 純弥; 佐々木 薫; 渋谷 陽一郎; 田村 文一; 齋藤 かれん; 濱崎 七海...
    第10回日本乳房オンコプラスティックサージャリー/2022-10-27--2022-10-28
  • more...
Teaching
2023-10 -- 2023-12A Guide to Plastic and Reconstructive SurgeryUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Advanced Seminar in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Advanced Seminar in Medical SciencesUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Seminar in Surgery IUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Lecture and Discussion in Surgery IUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Practice in Surgery IIUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Lecture and Discussion in Surgery IIUniversity of Tsukuba.
2023-04 -- 2023-08Practice in Surgery IUniversity of Tsukuba.
2023-10 -- 2024-02Seminar in Surgery IIUniversity of Tsukuba.
2022-10 -- 2022-12A Guide to Plastic and Reconstructive SurgeryUniversity of Tsukuba.
more...
Talks
  •  Sientraを用いた乳房再建の工夫 ネオベール®シートの使用経験
    関堂 充
    乳房再建 Winter Seminar/2023-02-15--2023-02-15
  • 乳房再建の現状と術後創治癒について
    関堂 充
    乳房再建セミナー/2022-11-22--2022-11-22
  • 教育セッション2 再建と照射 乳房再建における放射線照射の影響
    関堂 充
    第10回日本乳房オンコプラスティックサージャリー/2022-10-27--2022-10-28
  •  保険収載による乳房再建と当大学における実際
    関堂 充
    第77回東海形成外科学会/2022-10-22--2022-10-22
  • 特別講演:当科におけるMEEKの使用経験
    関堂 充
    第4回WOUND BED PREPARATION研究会/2022-08-06--2022-08-06
  • 乳房下溝の形成
    関堂 充
    第2回関東オンラインサロン/2021-03-09--2021-03-09
Professional activities
2008 -- (current)形成外科手術手技研究会理事
2005 -- (current)JAPANESE SOCIETY OF RECONSTRUCTIVE MICROSURGERYMember

(Last updated: 2023-11-30)